Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

スピード の検索結果:

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10m地点(加速力)、30m地点(最大速度は10mと3…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

…ト 脚のリカバリーとスピード 遊脚期の脚のリカバリーがスピードにとって重要になります。 ストライドサイクルは2つの局面に分けられます(遊脚期と支持期)。 支持期とは足が地面に接地しているときであり、遊脚期とはつま先が地面を離れたときから対側の脚による次の支持期の開始までを指します。 支持期中に大きな水平パワーを生み出し、遊脚期中に脚を素早くリカバリーすることが重要になります。 したがって、どちらの局面も直線スプリントの最大スピードにとっては重要になります。 www.nakaj…

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…結果的にパワー発揮やスピードの向上につながる可能性があります。 基礎的な固有感覚テクニックを重点的に行なうことは、アスリートが身体の諸構造を、様々な角度で、コントロールしながら、高速度で正確な位置に置くことを可能にします。 基礎が獲得できたら、より爆発的(プライオメトリックス)な要素をこれに加え、同じ動作をより高負荷、高速度で行わせます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Peri…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…ダッシュ:加速、最大スピード、スピード持久力を測定する。 競技特異的適応を促すトレーニング 特異的要求は特異的適応を換気するため、プレシーズンのコンディショニングは、試合状況を模倣して、競技会前の選手にとって適切な準備となるようにするべきとされています。 特に、サッカーやバスケットボールなどの競技の場合、プレシーズン期に特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨されます。 ww…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

…5:111-121 スピード、クイックネス&リアクションドリル(日本語字幕付) [DVD]出版社/メーカー: 株式会社イースポーツラボ発売日: 2010/06/01メディア: DVDこの商品を含むブログを見る ストレッチ・トゥ・ウィンースポーツパフォーマンス向上のための柔軟性プログラム作者: Ann Frederick,Chris Frederick,中丸宏二,小山貴之,瓦田恵三,徳永涼,山内智之出版社/メーカー: ナップ発売日: 2019/01/23メディア: 単行本この商…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

…のマーカーの間を走るスピードを漸進させる)と、呼気を採取してVO2maxを直接測定する実験室でのトレッドミルテストを比較しました。 その結果、2つのテストにはr=0.92(SEE=3.5ml・㎏-1・min-1)の相関関係があることが見いだされました。 しかし、Metaxasらは、同様のシャトルランテストを、後述の間欠性シャトルランテストや実験室でのトレッドミルテストと比較した結果、連続的シャトルランランテストは最も低いVO2max(p≤0.05)を示し、間欠性シャトルランテ…

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

…の能力と定義される、スピードと反応時間が関与するスキルになります。 www.nakajimabonesetter.com カフェインとパフォーマンス 最初の研究では、研究者は、ラグビー選手にジグザグパターンのアジリティスプリント(22,33,31m)を3回行わせてアジリティ能力を調査しました。 カフェイン(体重1㎏当たり6mgを服用)はプラセボと比較すると、アジリティスプリントのパフォーマンスが3回とも約2%向上しました。 www.nakajimabonesetter.com…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

…れているだけなので、スピードテストとしては依然として妥当性があります(r=0.92、p<0.01)。 Sayerらは、国内レベルの大学生選手のFIが0.415±0.213であることを見出し、またMeckelらは、ファーストディビジョンのユースリーグのサッカー選手のPDは約5.0±2.0であることを見出しました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of …

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御 フィードフォワード制御とフィードバック制御 フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されています。 この理由から、フィードフォワードは着地や減速またカッティング時の動的な安定…

姿勢安定性の不足と傷害リスク(ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存している)

姿勢安定性 姿勢安定性とは ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存します。 現在のところ、バランスと下肢の傷害リスクとの関係は特に傷害歴のある人では、姿勢安定性の不足と傷害の発生頻度との間に有意な相関関係を見出しています。 姿勢安定性を評価するために使われる方法は、様々であり、先行研究と比べて対照的な結果となることもあります。 www.nakajimaboneset…

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

空腹時に行う有酸素性エクササイズ 脂肪の減少を促進させるために空腹時に有酸素性エクササイズを行うという概念は、エクササイズセッション中に燃焼する脂肪量へと効果だけを考えても誤っていると言わざるを得ません。 確かに非鍛錬者においては、複数の研究により、低強度の有酸素性エクササイズ(約60%VO2max)の前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少することが示されています。 その原因は、インスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量…

コーディネーション能力(思春期前期は適切なコーディネーション能力をしっかりと身に付ける最適な期間であり、一方、より遅い段階(成人期)は、このスキルを最大限に向上させるには、比較的困難な時期になる)

コーディネーション能力 コーディネーション能力とは コーディネーション能力は様々に定義され、また様々に異なり、複雑な運動スキルを実行する能力を含んでいます。 複雑な運動スキルを実行する能力、動作をコントロールし調節する能力、そして環境にある物質や事象のパターンに関連付けて身体と四肢を配置する能力は、ヒトがコーディネーション能力を発揮できる方法の一部になります。 行われた動作に対するスキルの要求が、高レベルの知覚的また認知的な特性を必要とする活動において、環境と関連付いたコーデ…

青少年アスリートを対象としたパフォーマンスと傷害予防には(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれている。

…ックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれています。 したがって、それぞれの構成要素の貢献を評価することは難しくなりますが、青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)は、6つの必須構成要素に分類できます。 www.nakajimabonesetter.com 青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)の6つの必須構成要素 動的安定性 コーディネーション 筋力 プライオメトリックス スピード&アジリティ 疲労耐性(心肺系と反復持久力など)…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…習得し、その後運動のスピードや負荷を適切に漸進させることが重要になります。 筋パワーも子ども時代に鍛えることが可能になり、筋パワーを考慮したレジスタンストレーニングのために、Faigenbaumらは、強度(30~60%1RMで中速から高速)、量(1~6レップで1~3セット以上)、頻度(週2~3回)、エクササイズの種類(多関節エクササイズ)を推奨しています。 筋力エクササイズが直接競技スキルと関係がない場合は、(適用負荷と実行するエクササイズのバリエーションに関して)トレーニン…

プライオメトリックエクササイズの注意事項(競技パフォーマンスの分野では、力発揮の閾値の限界が250ミリ秒であるため、遅いSSCエクササイズは反射による増強を最大限に利用するために十分とはいえない)

プライオメトリックエクササイズの注意事項 プライオメトリックエクササイズの注意事項は、プライオメトリックトレーニングを処方し指導する際の遅いSSCと速いSSCの相違になります。 遅いSSCエクササイズは、カウンタームーブメントジャンプのように、ジャンプする際の筋の短縮時間が比較的長く(>0.25秒)、下肢関節の大きな角変位が特徴になります。 一方、速いSSCは、トリプルジャンプアクションなどの例からもわかるように、比較的小さな角変位と短時間の伸張-短縮の組み合わせ(<0.25…

INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点(方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加する)

…ラムに関しては、速いスピードでの方向転換能力のトレーニングを行なう際、下肢のバイオメカニクスに特別な注意を払う必要があり、特にカッティング動作を行なう際の前額面での膝関節のバイオメカニクスのコントロールを誤ると、ACL(前十字靭帯)剪断などの傷害の主要リスクとなります。 方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加します。 予測不能なカッティング動作中の動的外反が通常男子よりも大きい思春期の女子では、この影響は…

青少年のアジリティトレーニング(思春期直前の技術的能力が不足している子どもの場合、第一の焦点はFMSの発達に、第二の焦点はCODSとRATに置くべきとされている)

…、FMSと方向転換のスピード(CODS)および反応アジリティトレーニング(RAT:reaction agilit training)に基づいた技術的能力の各段階の漸進例を作成しました。 方向転換のスピードは、オープン様式で非計画的な反応的アジリティとは対照的なスキルであり、本質的にクローズド様式で事前に計画されたスキルであると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com アジリティにおけるトレーニング要素 これらの研究の著者は、児童と思春期の若者は…

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

スピードの向上を図るには スピードの向上に関しては、8~18歳の男性を対象として、スプリントタイムの様々なトレーニング方法が研究されています。 その結果、身長発育速度(Peak height velocity)がピーク前または中程度の参加者では、プライオメトリックトレーニングがスプリントタイムに対する効果が最も大きく、一方、身長発育速度がピークを過ぎた参加者では、統合的なトレーニング方法(スプリントとプライオメトリックスと筋力トレーニング)が最も効率的であったことが示されてい…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

…切です。 回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。 Tinelサイン Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。 知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。 www.nakajimabonesetter.com 橈骨神経 橈骨神経の運動性の線維は、上腕~前腕後面の伸筋を支配しています。 橈骨神経は脊髄せきずいに端を発し、感覚性の線維は、上腕の後面、上腕下部の外側面、…

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)と基礎的運動能力(FMC:Fundamental movement competence)

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill) INTでは、最初に基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)を身につけることによって、パフォーマンスの土台を作る必要があります。 FMSは運動の基本単位であり、通常、移動運動(走る、ジャンプ、ホップなど)、操作すなわち物体のコントロール(キャッチ、投動作など)、および安定性スキル(バランスをとる、捻るなど)のカテゴリーに分けられます。 これらのスキルは競技特…

踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

踵骨骨端部に生じる骨端症で、10歳前後の男児に多く、明らかな誘因はなく踵骨結節部に痛みを訴えます。 成因は、繰り返されるアキレス腱の牽引力によって発生します。 おもに、発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着しているところ)にダッシュやジャンプなどの運動を繰り返すことで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核の壊死、または骨軟骨炎を発症します。 いわゆる骨端症のうち、オスグット・シュラッター…

加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)と栄養(最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきた)

…成は若年者に比べるとスピードが遅く、高強度ではなくても、骨格筋タンパク質代謝は回復、維持されることも明らかとなっています。 www.nakajimabonesetter.com 若年者と高齢者のタンパク質同化 一方、タンパク質同化作用についての研究では、健康な若年者および高齢者において、一度に多くのタンパク質(90g)を摂取しても、その1/3の量(30g)を摂取したときよりも、タンパク質同化作用は促進されませんでした。 この結果は、一度の食事で30g程度のタンパク質を摂取すれ…

ピリオダイゼーションにおける負荷(エクササイズの種類によっても異なるが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなる)

…イトトリフティングとスピードトレーニングにおけるパワー出力 ウェイトリフティング動作は他と異なり、高負荷において高いパワー出力が得られます(60%1RM以上)。 非常に筋力の大きいアスリートは示されている負荷よりも高負荷でパワー出力を最適化できる場合があるために、その点にも注意が必要になります。 パワートレーニングの負荷を選択する際には筋力の個人差も考慮に入れなければなりません。 また広範な負荷を用いてのトレーニングは、ひとつの決まった負荷のみ用いるトレーニングに比べ、パワー…

筋力および持久力トレーニング(筋力トレーニングにより運動単位の同期化と動員にかかわる神経筋系の変化が生じた結果、地面に対して素早く力を吸収し発揮する能力が向上した)

ランニングスピードと筋力トレーニング Damascenoらの近年の研究において、8週間の筋力トレーニングを実施したところ、10km走の中盤から終盤にかけてのランニングスピードが向上し、ひいては全体的なパフォーマンスが改善しました。 この研究において、筋力トレーニング群の被験者は下肢を対象とした一連の筋力トレーニングエクササイズを週2回、8週間にわたって実施し、実施後のテストでは、漸進過負荷試験におけるトレッドミルのピーク速度が、筋力トレーニング群で向上しています。 著者らは、…

プライオメトリックスと持久力の同時トレーニング(RFDが向上すると、標準的な最大下運動の強度が相対的に低下し、結果的にエネルギー消費量が低下する可能性がある)

…について、ランニングスピードが上がると、運動への寄与度において筋腱構造の弾性機構がが収縮機構を上回る可能性を示唆しています。 そのため、プライオメトリックストレーニングが神経筋系にもたらす有益な効果は、低いランニングスピードにおけるREには影響を及ぼさないと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Effects of Performing Endurance and Strength or Plyometric Training C…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

…18kmのランニングスピードにおけるREの向上、および2.4km走、3km走、および5km走におけるタイムの向上をもたらすことが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性エネルギーと無酸素性エネルギー Paavolainenらは、プライオメトリックストレーニングを実施した結果、一定速度でのランニングテストにおける足の接地時間が時短したと報告しています。 著者らは、その理由として、下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と…

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

青少年におけるスピード&アジリティトレーニング スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。 スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。 www.nakajimabonesetter.com アジリティの多因子の概念 スピードは、状況に左右される競技場面においてアジリティはさらに多因子の概念であり、…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…コーディネーション、スピード&アジリティ、および疲労耐性がトレーニングの必須要素になります。 その目標は、傷害に対する抵抗性を高め、青少年集団の競技パフォーマンスと運動パフォーマンスの能力を高めることになります。 青少年のためのINTでは、最初に、FMS能力を育成することによって重要な土台を形成し、次にそれらの基礎的スキルの上に、競技特異的なスキルセットを形成しなければなりません。 適切に計画されたINTプログラムの鍵となるのは、これらのすべての要素を個々のアスリートに合わせ…

プライオメトリックストレーニングと持久力強化(プライオメトリックストレーニングは、2.4㎞、3㎞、5㎞のランニングパフォーマンスにも有益な効果をもたらしたことが明らかになっている)

…グでは低いランニングスピードにおけるREを向上させるのに不十分である可能性を示唆しています。 また、研究結果が異なるもうひとつの理由として、両研究のランニング量の違いが考えられます。 www.nakajimabonesetter.com ランニングパフォーマンスとプライオメトリックストレーニング Saundereらの研究の被験者は週60~80㎞であり、この研究ではより多量の持久走が実施されていたことが干渉作用を引き起こした可能性があります。 このことは、プライオメトリックスト…