Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード の検索結果:

股関節、膝関節伸展モーメントの関連変数(パワートレーニングのための最適な負荷は、全身の発揮パワーを最大にする負荷であると強調してるが、股関節の発揮パワーを最大にする負荷でトレーニングするほうが効果が大きい)

…リフト)、ランニングスピードが早くなるにつれて、また跳躍高が高くなるにつれて、股関節伸展モーメントや関連変数が膝関節伸展モーメントや関連変数よりも相対的に大きく動作に貢献することを示しています。 同様に、より速い側方動作でも、股関節外転モーメントよりも股関節伸展モーメントのより大きな増加が必要とされます。 すなわち、アスリートがトレーニングにより最大パワーと最大スピードを発揮できるようになるためには、矢状面でもまた前額面でも、主要な股関節伸展筋群(大臀筋とハムストリングス)の…

アスリートの支持期の接続時間(短い接地時間で長い距離にわたって身体を推進させるということは、支持期の120~200ミリ秒間に、より大きな水平力/パワーが発揮されていることを示唆している)

…に、同じアスリートがスピードを増大させて走っている際はストライド長が増加していると考えられます。 しかしどちらの環境においても、支持期の持続時間が劇的に減少します(約45~50%)。 つまり短い接地時間で長い距離にわたって身体を推進させるということは、支持期の120~200ミリ秒間に、より大きな水平力/パワーが発揮されていることを示唆しています。 対照的にストライド頻度は、4~8m/秒で走っている際はごくわずかしか増加せず、この際遊脚期の持続時間に変化は認められません。 つま…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

アジリティテスト スピード、加速、アジリティのテストとは スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。 40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが10および20ヤードスプリントを用いています。 1年のどの時期に当たるか、また選手達のやる気やコーチ陣の意向にもよりますが、ときには10/20ヤードのテストを1,2回行うこともあります。 方向転換の能力を評価するものとし…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…少女間で比較しても、スピードやアジリティおよび、パワーのパフォーマンスの違いはごくわずかになります。 早熟な少女はテニスや水泳などの体格や筋力が重視されるスポーツで平均以上の能力を発揮することが多く、美的特性や相対的筋力あるいは持久力など協調されるスポーツ、例えば、体操や飛び込み、長距離走、フィギュアスケート、自転車競技などでは、平均以上に優れていることは評価されにくくなります。 成熟度が進んだ少女たちは、適応的な心理特性は控え目で自尊心レベルが比較的低く、自分の身体的魅力や…

運動と酸素の生理学的指標(無酸素性作業閾値と乳酸性作業閾値)

…水泳選手における目標スピード設定に利用されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bangsbo J,Gollnick PD,Graham TE,Juel C,Kiens B,Mizuno M,Saltin B,Anaerobicenergy Production and O2Deficit Debtlelationship during exhaustive exercise in human J Physiologic422:539-5…

股関節の発揮パワー(ジャンプスクワットでは、股関節の発揮パワーは42%1RMで最大になるのに対して、全身の発揮パワーは負荷のない場合(0%1RM)に最大になった)

…変数は、ランニングのスピードが速くなり、ジャンプの高さが高くなるにつれて増大します。 すなわちこれらの動作では、低強度での膝関節優位から高強度での股関節優位への変化が起こることを意味します。 これらの動作中、強度が増すにつれて、股関節がより大きなモーメントを発揮することは驚くべきことではなく、股関節モーメントが膝関節モーメントよりも大きな割合で増加するという事実は、これらの動作中のメカニクス(フォームやテクニック)も、股関節への依存がより少ない方法へと変化することを示唆してい…

筋の適応の最大化と有酸素性運動(有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献している(30秒間の短いスプリントでは20%))

筋の適応の最大化と有酸素性運動 レジスタンストレーニングと有酸素運動 Lundbergらの研究では、6時間の休息を挟んでレジスタンストレーニングとサイクリングエクササイズを行うと、筋機能は損なわれず、またレジスタンストレーニングを単独で実施した場合よりも筋全体のサイズを増大させました。 しかも、速筋線維(遅筋線維の5~6倍の力を発揮する)の適応が狙いであったにもかかわらず、筋の有酸素性能力も向上しました。 したがって、2つの運動様式の間に適切な休息時間が設けられていれば(6時…

長距離選手の筋力向上のメリット(筋力の向上により接地時間の負荷局面中に適用される相対的な力(%max)が減少、それにより力発揮代謝要求が減少、付加的な仕事に利用できる予備の運動単位が生じる)

長距離選手の筋力向上のメリット 筋力およびパワートレーニングはREを向上させるか? 筋力の向上は、有酸素性持久的パフォーマンスを向上させる可能性があります。 根拠として、筋力の向上によって接地時間の負荷局面中に適用される相対的な力(%max)が減少し、それによって同じ力発揮に対する代謝要求が減少して付加的な仕事に利用できる予備の運動単位が生じるからです。 www.nakajimabonesetter.com

素早い動きと爆発力を兼ね備えたアスリートになるには(基本的なダイナミックウォームアップドリルは、運動能力を高める上で基礎となる重要な要素になるものが多くなる)

…も採用します。 スピードのレベルと同様、アジリティのレベルにも重複する部分があることを理解し、基本的なダイナミックウォームアップドリルは、運動能力を高める上で基礎となる重要な要素になるものが多く「speed to Win」の両カリキュラムを徹底的に実践すれば、スピードとアジリティ、爆発力を重ね合わせることで、素早い動きと爆発力を兼ね備えたアスリートになることができます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Speed and Agility:Wha…

クリーンプルとスナッチプルvs伝統的デッドリフト(最大に近い負荷のデッドリフトを観察した結果、発揮パワーとエネルギー消費量はオリンピックスタイルリフトの35%程度である)

…ます。 これらはスピード依存のエクササイズであり、動作速度が成功の度合いを決定づけます。 クリーンプルとスナッチプルは、多くの競技動作と密度に関連している多関節の複合エクササイズになります。 www.nakajimabonesetter.com デッドリフトとウェイトリフティング 伝統的なデッドリフトも実行に大きな筋力を要する多関節の複合動作ですが、最大に近い負荷で行う場合の発揮パワーはウェイトリフティングの派生動作に比べて小さくなります。 最大および最大に近い負荷のデッドリ…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

…18kmのランニングスピードにおけるREの向上、および2.4km走、3km走、および5km走におけるタイムの向上をもたらすことが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性エネルギーと無酸素性エネルギー Paavolainenらは、プライオメトリックストレーニングを実施した結果、一定速度でのランニングテストにおける足の接地時間が時短したと報告しています。 著者らは、その理由として、下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と…

高強度の複合下半身動作と爆発的競技動作に伴う股関節伸展筋群の役割(ジャンプやランニングでは、負荷の増加に伴って股関節の関与の比率が高まるだけではなく、低強度での膝関節優位から高強度での股関節優位への変化も示す)

…伴い、またランニングスピードや跳躍高、側方アジリティ運動の速度の増加に伴い、はるかに大きく増加します。 したがって競技コンディショニングにおいては、股関節伸展トレーニングは優先すべきとされています。 そのため、アスリートのためのプログラムでは、股関節優位のエクササイズを用いること、複合下半身レジスタンスエクササイズを用いること、複合下半身レジスタンスエクササイズでは、アスリートが上達するにつれて重い負荷を強調すること、そして爆発的な下半身のトレーニング中に、股関節伸展モーメン…

スプリントの筋活動パターン(足関節後面の筋の優位性は支持期前半に伸張性筋活動が行われ、後半では短縮性筋活動が低下するという特徴が見出された)

…(1件) を見る 陸上 短距離走パーフェクトマスター (スポーツ・ステップアップDVDシリーズ)作者: 高野進出版社/メーカー: 新星出版社発売日: 2008/10/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 23回この商品を含むブログ (1件) を見る 陸上競技 走跳投に必要なトップスピードを高める練習 (身になる練習法)作者: 柴田博之出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2017/06/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

ストライド頻度を増やすには(単純なバットキックドリルでも同じことができ、踵を素早く引き上げる練習をすればストライド頻度を増やすことができる)

…8m)の区間でトップスピードに切り替え、さらに10ヤードを全力疾走する練習を行います。 これは40ヤード(37m)ダッシュのテクニックを応用した30ヤード(27m)スプリントになります。 パートナーと組んでハーネスを使うトレーニングも重点的に行います。 1人のアスリートがパートナーと反対方向にコードを引けば減速力が生じ、パートナーは抵抗付きで加速力を加えることができます。 これは、20ヤード走った後、役割を交代します。 www.nakajimabonesetter.com ス…

パフォーマンスの為のコアエクササイズ(脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険だが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になる)

…定性、持久力、筋力、スピード、パワー、アジリティへの漸進が含まれます。 ここで注意が必要な項目は、脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険ですが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になります。 特に脊椎/コアの発揮する力が大きい場合は(デッドリフトなど)、脊椎の速度(筋長を変化させるための屈曲)を遅くしなければなりません。 逆に脊椎の速度が速い場合(ゴルフなど)は、(特に脊椎が…

Tabata protocolの研究(レジスタンストレーニングを併用する事で最大酸素借の量的側面である筋量を増やす事ができる)

…980年代に、当時のスピードスケート選手が用いたトレーニングを解析する機会を得ました。 分析法としては、無酸素性と有酸素性エネルギー供給系からのエネルギー定量法で分析し、その結果、2種類のトレーニング方法が検討されました。 www.nakajimabonesetter.com 2種類のトレーニング方法 2種類のトレーニング方法とは、IT1、IT2になり、入澤孝一氏(当時、スピードスケート日本代表チームヘッドコーチ、現在、高崎医療福祉大学教授)が考案されたトレーニング法で、IT…

競技における加速と減速のバイオメカニクス上の差異(初期の力を吸収するメカニズムとしての役割があるため、減速においては脚の運動学がきわめて重要になる)

…協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る クレーマージャパン SAQトレーニングDVD 2巻セット SC000600メディア: その他この商品を含むブログを見る スポーツスピード養成SAQトレーニング作者: 日本SAQ協会出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 1999/04/01メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見る

サイドステップなどの側方動作における股関節伸展筋群の役割とは(前額面における速い股関節伸展動作が爆発的な動作にとってより一層重要である)

…ように、異なる負荷やスピードにおいて、異なる運動方策が用いられている結果であるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Strength and Conditioning Research Limited Loughborough Leicestershire United Kingdom ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplet…

足部回内におけるスクワットトレーニング(前ならびに後脛骨筋の筋活動を全身の他の部位における動作スピードと合わせるために、この両筋群を特に強化した後に協働させる必要がある)

…他の部位における動作スピードと合わせるために、この両筋群を特に強化した後に協働させる必要があります。 クライアントは、スクワットを10レップ、3セット実施します。 バーベルスクワットのフォームは完全なものであることが求められ、すなわち、クライアントには大腿が地面に対して平行となるところまで下降させ、膝はつま先と交差せず、つま先が多少正面を向くように、そして脊柱は真っ直ぐなまま股関節に対してやや前傾している状態をとり、頭部は脊柱に対して真っ直ぐとなるようニュートラルポジションに…

ランニングスピードと筋力および持久力トレーニング(筋力トレーニングにより運動単位の同期化と動員にかかわる神経筋系の変化が生じた結果、地面に対して素早く力を吸収し発揮する能力が向上した)

ランニングスピード ランニングスピードと筋力トレーニング Damascenoらの近年の研究において、8週間の筋力トレーニングを実施したところ、10km走の中盤から終盤にかけてのランニングスピードが向上し、ひいては全体的なパフォーマンスが改善しました。 この研究において、筋力トレーニング群の被験者は下肢を対象とした一連の筋力トレーニングエクササイズを週2回、8週間にわたって実施し、実施後のテストでは、漸進過負荷試験におけるトレッドミルのピーク速度が、筋力トレーニング群で向上して…

小児期のスピード向上トレーニングにおいて重要視されるべき「接地時間」(自然には発達しないことが知られている因子(接地時間とストライド頻度))

… 推進力と接地時間 スピードは一般的にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)によって証明されますが、どちらも必ずしもトレーニングの焦点となるものではありません。 むしろ、スプリンターが推進力を発揮できる接地時間にトレーニングの焦点を置くことが重要になります。 接地時間の短縮がスピードの向上に果たす重要性は、数多くの研究者によって認められています。 www.nakajimabonesetter.com Lockieらの研究 Lockieらは、スプリントパフォーマンスを向上…

傷害予防プログラムの共通要素(ジュニア選手においては、股関節屈曲を強調し、大殿筋を使って衝撃吸収することにポイントを置いてトリプルフレクションによる着地動作をしっかりと習得させることが非常に重要)

傷害予防プログラム 傷害予防プログラムの共通項目 傷害予防プログラムの共通要素は下記のようになります。 ウォーミングアップのランニング ストレッチ(静的/動的) 自体重による下肢筋群や体幹筋群の強化 バランスやプライオメトリック 競技特性を含めたアジリティランニング www.nakajimabonesetter.com

前十字靭帯損傷(ACL)と神経筋トレーニング(着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節屈曲モーメント、外反モーメントを減少、膝関節の最大外反角を減少させる)

…タンストレーニング、スピードトレーニング(無負荷のインターバルスプリントとパートナーによる負荷スプリントからなる)を統合したトレーニングプログラムを実施しました。 その結果、筋力と跳躍距離と高さが向上し、スプリントタイムが短縮しました。 また、13~18歳の女子サッカー選手に対し、練習前に週3回の神経筋系トレーニングを実施したところ、スプリントタイムが速くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 多くの構成要素からなるプログラムと神経筋系トレーニング…

若年アスリートのパワー発揮(コンタクトスポーツのエリート選手は常に60%1RM以上の負荷でこの動作を行っていると報告されていますが、高校生アスリートに同様の相対的負荷を適用することは受傷リスクを大幅に高めるおそれがある)

爆発的パワー発揮 下肢の爆発的パワーを向上させるには 下肢の爆発的パワー向上に有効でありながら、あまり十分に活用されていないもう一つの特別なエクササイズがジャンプスクワットになります。 ジャンプスクワットはウェイトリフティングやプライオメトリックスのようなレベルの高い協調を必要としません。 バックスクワットをマスターしていて基礎筋力を獲得していれば、ほとんどのアスリートは問題なくこの動作を効果的に実施できます。 ウェイトリフティングにおいて起こりがちな失敗は、関節を完全伸展さ…

ストライド長を改善するには(柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、股関節屈筋(仰向けの姿勢)とハムストリングス(うつ伏せの姿勢)を鍛えることとが重要になる)

…的に行います。 スピードウォームアップと各種のストライド強化ドリルを利用して柔軟性を高め、フォームを改善します。 さらにヘビースレッドプルを取り入れ、ステップを踏み出す際にアスリートが低い姿勢を保ち、膝を高く上げてストライド長を稼げるようにすることで、スプリントのフォームを調整します。 www.nakajimabonesetter.com 段階的な流れ 次のレベルでは、ストライド長の改善に重点を置き、引き続き基本的なダイナミックウォームアップエクササイズを応用し、ハイニーグラ…

青少年期におけるアジリティの発達と認知的意志決定過程(シナプス回路の強化とシナプスの剪定が、反応時間短縮と総合的認知能力向上をもたらす)

…ブログを見る スポーツスピード養成SAQトレーニング作者: 日本SAQ協会出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 1999/04/01メディア: 単行本 クリック: 2回この商品を含むブログ (2件) を見る SAQトレーニング―スポーツ・パフォーマンスが劇的に向上する (BBMDVDブック)作者: 日本SAQ協会,ベースボールマガジン社出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2007/01メディア: 単行本 クリック: 8回この商品を含むブログ (1件) を見る

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

心臓血管疾患とインターバルトレーニング 高強度インターバルトレーニング インターバルトレーニング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレ…

ピリオダイゼーションにおけるスピードトレーニング(筋力トレーニングとパワートレーニングは、スピードトレーニングから最大限の適応を得るための下地となる)

スピードトレーニングにおける筋力とパワー スピードトレーニングとは 筋力トレーニングとパワートレーニングは、スピードトレーニングから最大限の適応を得るための下地となります。 これらの変数を向上させるトレーニングにおいて、力の立ち上がり速度は検討事項になります。 最も動作速度が発揮されるのはジャンプスクワットであり、それは0%1RM負荷において発揮されています。 www.nakajimabonesetter.com 伸張-短縮サイクル運動の伸張局面における筋の予備緊張を高めるに…

若年アスリートにおける代替え的なパワー向上法の選択(プライオメトリックスでは大きな床反力が生じるため、プログラムへの適用は慎重に行わないと、短期的には過負荷による傷害を、長期的にはオーバーユースの問題を引き起こすおそれがあり、特に成長期のアスリートにおいてはその懸念が大きくなる)

…トリックスは、筋力とスピードの格差を埋めるための効果的なトレーニング法であり、アスリートにおけるパワー発揮の向上と、ジャンプパフォーマンスおよび走速度の改善に有益であることが証明されています。 確かにプライオメトリックスはアスリートのパワー向上の優れた手法ですが、実践するためには力を発揮して減衰させる能力を相当に有していなければなりません。 しっかりとした基礎的筋力を獲得していない若年アスリートにとって、中~高強度のプライオメトリックスエクササイズは安全でない可能性があります…

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

スピード&アジリティ 青少年におけるスピード&アジリティトレーニング スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。 スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。 www.nakajimabonesetter.com アジリティの多因子の概念 スピードは、状況に左右される競技場面においてアジリティはさら…