Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード の検索結果:

福利厚生で企業様へマッサージ訪問

企業様で福利厚生として、働く社員のためにリラクゼーションやメンテナンスでマッサージを導入する会社が増えてきている中で、当院も少しでも企業様のお力になれるようリラクゼーションを取り入れたマッサージの訪問をしております。 詳しい内容等は下記をお読み下さい。 www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com www.youtube.com お問い合わせお待ちしております。 中島恵

フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になる)

スピード筋力とパフォーマンス Hedrick&Wadaはスピード筋力(パワー発揮能力)の向上は、多くのアスリートにおけるパフォーマンスを成否を決定する主要な生理学的要因であると述べています。 ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になることが研究によって明らかにされています。 さらに、ハングクリーンのパフォーマンスは、フロントスクワット(FSq)の1RM値と正の相関関係にある…

トレーニングのプログラムデザインと変数(マルチセットはより大きな過負荷をもたらすため、結果として、より大きな筋力向上をもたらす)

シングルセットVSマルチセット 最大限の筋力向上を達成するために、適切なセット数はいくつであろうか?最大限の筋力向上を生じさせるのはシングルセットなのかマルチセットなのか?という議論は頻繁に論じられています。 1960年代初頭にBergerは、大学生の初級アスリートを対象として一連の実験を行い、週3回のトレーニングを実施する場合、3~9レップ×3セットが筋力の向上には最適であると結論づけました。 さらにBergerは、最大反復回数(RM)によるトレーニングは週に1回しか必要な…

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

…筋力、爆発力、およびスピードのいずれかのカテゴリに該当するかを見極める。 漸進法と過負荷の原理に基づいて、指導する各選手のトレーニングレベルを決定し、オフシーズンとプレシーズンにおける各自の目標を設定する。 自身が持つ情報とエクササイズのライブラリを駆使して、漸進性のあるコンプレックス(複合)サーキットを作成し、また、運動能力向上のあらゆる原理を安全かつ効果的に改善し続けられるよう、多方面なアプローチを計画する。 能力向上やパフォーマンスにおける個々の成果に基づき、常に自身の…

最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数とは(ピークフォース出力は動かせる外的負荷の限界を定める変数であり、その限界がすなわち最大筋力であるためには、高出力でのピークフォース発揮を要する負荷を用いなければならない)

…変数(筋力、パワー、スピード)が負荷の操作によっていかに変化するかを理解することは、トレーニング刺激を決定する上でストレングス&コンディショニングコーチの大きな助けとなります。 ただし、プログラム全体を計画するにあたって休息時間や頻度といった他のトレーニング変数も考慮しなければならず、その点には注意が必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数 最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数は、ピー…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…れ、したがって、最大スピードに達するためにはより長い距離(50~60m)が必要である以上、トップスピードは達成されないというものになります。 Vescoviらは、27mのあとの9.1mのスプリットタイムが変化しないことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピードが36mで発生したデータを裏付けています。 さらに、Coleman&Duplerは、野球の1…

ジャンプシュラッグの現場への応用(ピークパワー発揮能力の向上のためにはハングクリーンの30~45%1RMの負荷を利用する)

…力の向上である爆発的スピードブロック、または維持ブロックにおいてもJSを実施することができ、このトレーニングブロックでは量(3セット×3レップ、3セット×2レップ、2セット×2レップ)だけではなく、負荷も減少させます。 これまでの研究によると、ピークパワー発揮能力の向上のためにはハングクリーンの30~45%1RMの負荷を利用するとよいとされますが、負荷の選択はアスリートのテクニックの熟練度と筋力に基いて行うべきであり、筋力が弱く、テクニックレベルも低いアスリートには、ピークパ…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…試合期には最大努力、スピード、およびパワーの繰り返しに重点を置いた高強度インターバルトレーニングを通じて、有酸素性能力を維持します。 インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息および、競技シーズン中の回復期間における投手の有酸素性能力を高める上で役立ちます。 有酸素性能力はトレーニング初期に重点を置き、プレシーズンに向けて筋パワーがトレーニングの主眼となるこの時期に、細胞の回復を最大限に向上させることが望ましいです。 Szymanskiは、ブルペ…

間欠的テストと持続的テストとの比較(間欠的テストは、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適している)

…り大きな「爆発的」なスピードに達することができるからです。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Berthon P, Fellmann N, Bedu M, Beaune B, Dabonneville M, Coudert J, and Chamoux AA. 5-min runningfield test as a measurement of maximal aerobic velocity. Eur J Appl Physiol Occup…

30-15間欠的体力テスト(最終的な到達速度{vIFT}はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係がある)

…転換能力がシャトルのスピードに及ぼす影響により、走時間から0.7秒の値を各方向転換から差し引きます。 例えば、11.5km/時の速度で走ると直線では30秒で96m進むことになりますが、40mのシャトルを用いると、2回の方向転換が必要であるため(0.7×2)、走距離は91.6mに減少します(11.5m/時で28.6秒走る)。 この変換が30-15IFTが多方向スプリントのパフォーマンスの妥当かつ信頼できる尺度の提供に役立っています。 vIFTはまた、異なる生理学的プロフィールを…

Yo-Yo間欠的回復テスト(スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成された)

…終完了段階で到達したスピードを用いるか、すでに作成されている等式とYYIRT1の値を用いることによって得られます。 最終段階での速度の使用は、20SRTで論じたのと同じ問題をはらんでいます。 すなわち、アスリートが同じ段階に達しても、完了したシャトルの回数が異なる場合があります。 このテストは、VO2maxに比べるとパフォーマンスの変化を検出する感度が高いため、フットボールなどの間欠的なチームスポーツではよく用いられます。 www.nakajimabonesetter.com…

オーバーハンドスローイングにおけるパワー(オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数がパワーであり、この変数は投球速度につながる)

…、力×速度、あるいはスピードと筋力の積と定義されます。 ※パワーの同意語としてスピード筋力という言葉を用いることがあります。 パワーはオーバーハンドスローイングアスリートにおいてストレングスコーチが向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながります。 ※速度とは、ある方向を有するスピードのことであり、パワーの構成要素になります。 オーバーハンドスローイングは、数多くの競技において個人やチームの成功に欠かせない重要な役割を果たし、特に野球、ソフトボール、フットボール(クォ…

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

…除脂肪体重とスイングスピード そうした中でも打撃動作に対する評価のひとつとして用いられ、体力要素が比較的強く関連するのがスイングスピードになります。 スイングスピードを向上させることは、打球速度や飛距離の向上といった打球への影響とともに、投球が投手の手を離れてからの認知情報処理に要する時間を確保できるといった点にも寄与する可能性が考えられますが、こうしたスイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重とされています。 除脂肪体重量、つまり筋量が増加するのがPWV(Peek we…

20シャトルランテスト:20SRT(VO2maxを測定する目的で作成されたテストであり、速度が漸増する持続的なシャトルランテストになる)

…段階で到達した速度 スピードは予め録音した合図音でコントロールする 1分ごと0.5km/時 参加者者がペースについていけなくなり、3回連続でラインに到達できず、3m以上ラインから離れたらテストは終了する 引用・索引Ahmaidi S, Collomp K, and Préfaut C. The effect of shuttle test protocol and the resulting lactacidaemia onmaximal velocity and maxi…

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

股関節形成術後の有酸素性能力 股関節形成術(HA)を受けた多くのクライアントは長年にわたる身体障害と活動レベルの低下を経験しているために、有酸素性能力も低下しています。 したがって、これらのクライアントが有酸素性能力と持久力を回復し、生活の質を向上させることができるように、心臓血管系の強化を狙ったエクササイズを実施することが有益とされています。 特異性の原理に従うと、特に、歩行を中心とするトレーニングは、HA後のクライアントの正常な歩行運動を回復し機能的能力を復活させる上で適…

サスペンショントレーニングのテクニック(全身を一つのユニットとして動作を統合できるように、片脚の筋力とパワー、神経筋を鍛えることは、急な減速やカット、爆発的な加速は、試合の勝敗を決定づけるプレーの創造に必要なツールになる)

…で体重を支え、動作とスピードがより実戦に近い環境へ転移するのに極めて有効な運動になります。 サスペンショントレーニングには、トレーニングのセットまたはリアクションドリルとして、急速な連続動作を鍛える効果もあります。 片脚の反応性 試合中は、最適とはいえない姿勢でプレーせざるえない場面が少なからずあり、選手が理想的な姿勢を崩したり、方向転換に即座に反応しなければならない場面も多くなります。 それは姿勢の悪さを起因する異常な力を減速する選手の能力によって、勝敗を左右するパスやシュ…

モントリオール大学トラックテストUMTT:The University of Montreal Track Test(UMTTで達成された速度{vUMTT}は、実験室で行ったトレッドミル試験の測定値と同程度に正確なvVO2maxの推定値を提供する)

…段階で到達した速度 スピードは予め録音した合図音でコントロールする 1分ごと0.5km/時 参加者者がペースについていけなくなり、3回連続でラインに到達できず、3m以上ラインから離れたらテストは終了する www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Eston R and Reilly T. Kinanthropometry and Exercise Physiology Laboratory Manual: Anthropometry. London: T…

最大下のトレーニングのための走速度の決定(12分間クーパー走テストは、パフォーマンスがトレッドミルで限定されるVO2maxに有意に関連付けられる持続的フィールドテストになる)

…段階で到達した速度 スピードは予め録音した合図音でコントロールする 1分ごと0.5km/時 参加者者がペースについていけなくなり、3回連続でラインに到達できず、3m以上ラインから離れたらテストは終了する 引用・索引Castagna C, Impellizzeri F, Chamari K, Carlomagno D, and Rampini E. Aerobic fitness and yo-yocontinuous and intermittent test perform…

野球選手におけるオフシーズンからプレシーズンへのトレーニング(筋力と爆発力をともに訓練するエクササイズを組込まなければならない)

…レシーズンA(筋力-スピード)のエクササイズ選択 プレシーズンAの目的は、練習意欲、筋力、パワー、スピードの維持になります。 ブロック 月曜 水曜 金曜 A デッドリフト MB RDLスロー フロアプレス 全身によるバウンドプッシュアップ フロントスクワット デプスジャンプtoバーティカルジャンプ B CGロックアウト(1/2RDM):スピード エルボーブリッジwith Abd ポーズ・バックスクワット:スピード ダイナミックサイドブリッジ NGプルアップ:スピード リバース…

水中トレーニングの提案(適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃{着地時の衝撃と関節への応力}を軽減することが示されている)

…ールドトレーニング(スピード&アジリティドリル、競技スキル、テスト特異的トレーニングなど)、ウェイトルームでのストレングス&コンディショニング(高負荷のウェイトリフティング、サーキットトレーニングなど)、回復(マッサージ、冷水浴、理学療法など)が含まれます。 しかし、地上ベース(フィールドトレーニング、ウェイトルーム)のトレーニングプログラムは身体に極度の負担をかけるため、オーバートレーニングによって、重大な傷害やパフォーマンスの低下が生じかねないという欠点があります。 ww…

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

…上半身が水面に浮き、スピードを自在に変更して進むことができます。 筋力とテクニックが不適切な場合は、全身が水中に沈み、抵抗が増大して傷害リスクが高まります。 したがって、水泳選手のトレーニング処方に競技特異的筋力エクササイズを含めることによって、筋力、パワー、テクニックをバランスよく向上させられると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Fig G and Santana JC.Strength training for swimm…

年間トレーニング計画におけるパフォーマンステスト(パワーとスピードを正確に評価するパフォーマンステストを選択するにあたっては、その選手やチームが競技で成功するために重要なスキルを選択の基準としなければならない)

…ストの選択 パワーとスピードを正確に評価するパフォーマンステストを選択するにあたっては、その選手やチームが競技で成功するために重要なスキルを選択の基準としなければなりません。 この種のテストは、過去のテスト結果が資料として豊富に存在するはずであり、それを自分の選手やチームのスコアや記録と比較すれば、彼らがどのレベルにいるのかを効果的かつ正確に評価することができます。 豊富に記録が存在する標準的テストを用いれば、コーチは自分のプログラム内で年ごとの比較をしたり、他の知名度の高い…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…習得し、その後運動のスピードや負荷を適切に漸進させることが重要になります。 筋パワーも子ども時代に鍛えることが可能になり、筋パワーを考慮したレジスタンストレーニングのために、Faigenbaumらは、強度(30~60%1RMで中速から高速)、量(1~6レップで1~3セット以上)、頻度(週2~3回)、エクササイズの種類(多関節エクササイズ)を推奨しています。 筋力エクササイズが直接競技スキルと関係がない場合は、(適用負荷と実行するエクササイズのバリエーションに関して)トレーニン…

ジュニア選手の最も身長が伸びる時期PHV:Peak Height Velocityを考える(急激な骨の伸長により骨密度が一時的に停滞もしくは低下し、筋の組織形態が追いつかず張力の高い状態{柔軟性の低下}になる)

…リティ アジリティ スピード スピード スピード スピード パワー パワー パワー パワー 筋力 筋力 筋力 筋力 筋肥大 筋肥大 筋肥大 筋肥大 持久力&MC 持久力&MC 持久力&MC 持久力&MC トレーニング構成 非組織的 やや組織的 ある程度組織的 かなり組織的 きわめて組織的 ※FMS=基本的運動スキル(Fundamental Movement Skill)、MC=代謝のコンディショニング(Metabolic Conditioning)、PHV=身長の最大成長速度…

サスペンディッドプッシュアップ(標準的なプッシュアップよりも大きなコア筋群の筋活動を誘発する)

…付けています。 動作スピード 動作スピードの変更もプッシュアップのバイオメカニクスを変えます。 ピークフォース、力の立ち上がり速度、ピーク衝撃力に関して、様々な爆発的プッシュアップの比較が行われています。 Garcia-Massoらは、フォールプッシュアップ(背筋を伸ばした膝立ち姿勢から開始し、床に倒れこんでニープッシュアップを行い、再び膝立ち姿勢から開始し、床に倒れこんでニープッシュアップに戻る爆発的プッシュアップ)、ジャンププッシュアップ(標準的プッシュアップの姿勢から開…

フロントスクワットと競技力向上における役割(高強度で持続時間の短い前負荷によるレジスタンスウォーミングアップの後、爆発的なジャンプパフォーマンスが増大する)

…0~40mの両区間のスピードが速くなりました。 FSqの実行後は、スプリントのパフォーマンス向上は観察されませんでしたが、これは、FSqがPAPを引き起こさなかったのではなく、負荷に原因がある可能性があり、FSqの1RM値(113.8±25.7kg)は、直接測定されたBSqの1RM値(142.2±32.1kg)の80%相当として算出されたものであり、そのためFSqに用いられた負荷(30%1RM:34.1±7.7kg、50%1RM:56.9±12.9kg、70%1RM79.6±…

ピリオダイゼーションにおけるパワートレーニング(0%1RM負荷でのトレーニングはジャンプスクワットにおけるパワーを、50%1RM負荷はスクワットのパワーをそれぞれ最適化し、70%1RM以上の負荷はパワークリーンのパワー出力を最適化する)

…行して行ない、後からスピードトレーニングも組み合わせます。 www.nakajimabonesetter.com 競技パフォーマンスを最適化する変数 0%1RM負荷でのトレーニングはジャンプスクワットにおけるパワーを、50%1RM負荷はスクワットのパワーをそれぞれ最適化し、70%1RM以上の負荷はパワークリーンのパワー出力を最適化します。 ただしクリーン&ジャークやスナッチといった他のウェイトリフティング動作では、パワーを最適化する負荷は大きく異なる可能性があります。 また至…

コンプレックスペアに用いるエクササイズの選択(筋力エクササイズには、デッドリフト、スクワット、ベンチプレスまたはインクラインベンチプレス、スタンディングロウが用いられ、対応する爆発的なプライオメトリックエクササイズが組み合わされた)

コンプレックストレーニングエクササイズの選択肢 筋力 プライオメトリックトレーニング デッドリフト ボックスジャンプ デプスジャンプ メディスンボール・ジャンプスクワット 幅跳び スクワット ボックスジャンプ デプスジャンプ メディスンボール・ジャンプスクワット 幅跳び ベンチプレス メディスンボール・チェストパス クラップ・プッシュアップ プライオメトリック・プッシュアップ インクラインベンチプレス メディスンボール・チェストパス クラップ・プッシュアップ プライオメトリッ…

コンプレックストレーニングのペアに用いた筋力エクササイズ(経験の浅い選手向けにはトレーニングセッションを修正し、適切なテクニックが確実に遂行できるようにすることも大切になる)

…毎回、1時間におよぶスピード、アジリティ、コンディショニングセッションを行います。 ワークアウトは全部で3つのパートに分けられ、ウォームアップとコアエクササイズ、コンプレックスエクササイズのペア2組、そして筋力/パワー向上エクササイズの4種になります。 経験の浅い選手向けにはトレーニングセッションを修正し、適切なテクニックが確実に遂行できるようにすることも大切になります。 例えば、下級生の選手は、最初のうちはパワークリーンのかわりに、パワーシュラッグを行ない、そしてコーチと選…

サッカートレーニングにおける1週間のミクロサイクルの提案(運動量と運動強度を維持するという考え方に従って、刺激の特定の形式に基づき、標準的な週間パターンを示すことができる)

…ーニングに関しては、スピード持久力の維持が優先されます。 したがって、カウンターアタックの機会を増やすことができるように、1対1のミニゲームに1名の中立な選手を加え、そうすることで、ボールのポゼッションを失った選手を尻目に、活動のスピードを上げることができます。 www.nakajimabonesetter.com 試合前日 5日目の試合前日のセッションでは、主な目的は回復になります。 したがって、制約を設けたミニゲームを用い、両チームの選手に対してそれぞれスペースを限定し、…