Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード の検索結果:

筋力およびパワーの適応を競技パフォーマンスに転移させる(速度を最大限に向上させる上で重要な要素は、力の発揮と発揮時間であることを意味する)

短距離における走速度 短距離における走速度は、ほとんどのチーム競技において優れたパフォーマンスを発揮するための重要な要素になります。 速度はストライド長とストライド頻度(ピッチ)の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でも、いずれか一方は向上させなければなりません。 速度の決定論的モデルをみると、ストライド長とストライド頻度はいずれも元をたどれば力の発揮される量と時間の産物であることがわかります。 これは、すなわち、速度を最大限に向上させる上で重要な要素は、力…

ベアフットランニングとランニング傷害(ベアフットランニングにおける足前部による接地、ストライド長の減少、ストライド頻度の増加、固有感覚の強化は衝撃力低下を助け、下肢の傷害発生率低下に役立つ)

ベアフットランニングとショッドランニングの主な差異 文献において、ベアフットランニングとショッドランニングの主なバイオメカニクス的差異が確認されています。 ベアフットランニング ショッドランニング 接地初期 足中央部~前部による接地 足後部(踵)による接地 ストライド長 短い 長い ストライド頻度 高い 低い 固有感覚足 足で直接接地することにより向上 シューズによって妨げられるために低下 足の保護 無し 有り 足の制御 筋組織により内在的 シューズの安定性により外在的 それ…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…ショニングを維持し、スピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com 代謝コンディショニング サッカー選手においてきわめて重要な要素であり、そのレベルは試合への貢献度を決定し、制限する因子でもあります。 有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数など、サッカーのパフォーマンスにおけるパラメータと正の相関があります。 Helgerudらの報告によ…

筋力/加速度トレーニングの概念(ニュートン第二法則:加えた力が物体を加速させる為、力{F}は質量{m}×加速度{a}に等しい)

…ある。 第二に、挙上スピード(速度)と発揮筋力の間には、実際に逆相関の関係が存在する。 これらの要点から想定されることは、最大または最大下の負荷を挙上している際、選手は最大努力を発揮しているということになります。 例えば、レジスタンエクササイズの動作を行う際には比較的速い速度で最大下の負荷を挙上するアスリートは、同じ人が同じ最大下の負荷を遅い速度で挙上する場合に比べて大きな力を発揮しているということです。 www.nakajimabonesetter.com 力の大きさが大き…

7人制ラグビーの傷害発生調査(15人制よりもプレーのスピードと強度が高く、高頻度で高強度のランニング、ステッピング/カッティング、方向転換動作が行われることが、足関節と膝関節の高い傷害発生率を生んでいる可能性がある)

…5人制よりもプレーのスピードと強度が高いこと、理論上は、選手のインパクト時(タックル時など)により大きな力が伝わることになり、したがって、重度の損傷がもたらされる可能性が高いことになります。 さらに、高頻度で高強度のランニング、ステッピング/カッティング、方向転換動作が行われることが、足関節と膝関節の高い傷害発生率を生んでいる可能性があります。 ハイインパクトを生むコリジョンスポーツの大多数がそうですが、7人制ラグビーもゲームの性質上、場合によってはほぼ予防不可能な傷害リスク…

足部回内の機能的影響(足部回内時には、通常の足部アーチと比べて下腿三頭筋の筋活動が活発であることが明らかになっている)

足部機能と回内の影響 回内により、足部の機能が影響を受けます。 歩行周期において、足部の構造が姿勢を制御しており、足部が接地した際、足部アーチは速やかに床反力(足部に作用した地面からの力)を吸収します。 足部における弾性要素がてこと作用し、それが下肢の安定につながり、そして次の歩行周期に向けた足部離地の準備となります。 足部内側アーチが失われると、これらの力を吸収する能力も実質的に消失し、すると地面からの力は脛骨を通じ、膝関節において吸収されます。 この一連のプロセスにより、…

長距離走のパフォーマンス向上のポイント(運動中の筋への酸素供給量を高めて需要量の増大に対応する必要がある)

…ス向上のカギ 筋力、スピード、そしてパワーのが成功のカギを握る大半の競技とは異なり、長距離走は主に酸素の運搬と利用がその限界を決めます。 クライアントの走速度が上がれば酸素需要は高まり、スピードを有酸素性運動の範囲内に留め、それによって速いペースを維持できるようにするためには、運動中の筋、および心臓それ自体への酸素供給量が、酸素需要量と等しいかそれ以上でなければなりません。 酸素需要量が供給量を上回ると、運動は酸素非依存性(無酸素性)になり、たちまち疲労が生じます。 したがっ…

7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている)

…大の魅力は、プレーのスピード感とスキルに対する要求になります。 例えば、7人制の選手には、高スピードで走りながら、15人制の場合よりもはるかに遠い距離から正確にパスする能力が必要であり、守備範囲も15人制の約2倍に上るため、守備の重圧は相当なものになります。 そのため、自陣のゴールラインを守るために、より広範囲をカバーできることがプレーに欠かせない特徴になります。 したがってプレーはきわめて高強度で行われ、短い回復時間を挟んで何度も反復して高強度運動を実施することが要求されま…

アップヒル&ダウンヒルスプリントトレーニングはランニングパフォーマンスを向上させるか?(組み合わせたトレーニングはランニングパフォーマンスとランニングに関連する特定の運動学的変数を有意に向上できることが示唆された)

…%)、最高ランニングスピード(4.3%)、ステップタイム(-3.9%)の有意な向上が確認されました(p〈0.01)。 UDT群に比べて向上率は小さいですが、H群にもステッププレート(1.2%、p〈0.01)とコンタクトタイム(-1.7%、p〈0.01)最高ランニングスピード(1.7%、p〈0.01)、ステップタイム(-1.2%、p〈0.01)の向上が認められました。 この調査の結果、水平とアップヒル、ダウンヒルのランニングの組み合わせれば、ランニングパフォーマンスとランニング…

漸進のモデルピリオダイゼーション(トレーニング反応に影響を及ぼすものは負荷だけではなく、量的負荷のほうが及ぼす影響はむしろ大きい可能性がある)

ピリオダイゼーションを組み立てるには ピリオダイゼーションモデルを組み立て完成させるにあたっては多くの変数を操作することが可能であり、また操作すべきであるということが大切になります。 そのような変数とは例えば、ミクロサイクルにおいて考えられる他の変動要素や1回のワークアウトで行うレップ数などになります。 さらにトレーニング反応に影響を及ぼすものは負荷だけではなく、量的負荷のほうが及ぼす影響はむしろ大きい可能性があります。 量的負荷とは一定の負荷(強度)と一定の量(レップ)を組…

小児・青少年のスピードトレーニングの意義(思春期直前期の急成長は主に神経系の発達、思春期の急成長は内分泌系を介した発達をする)

…、成人両方において、スピードは競技の基本的構成要素であり、スプリント能力がパフォーマンスの成否を左右することが判明しています。 そのため、多くのコンディショニングプログラムは、そのスピードの向上を主要な目的に掲げています。 www.nakajimabonesetter.com 基本的運動スキル(FMS) 基本的運動スキル(FMS)は、子供が習得すべき物体制御スキルと移動運動スキル(ホップ、ジャンプ、ラン、そしてスプリント)を指します。 小児期には、スプリントに関連する動作スキ…

アジリティの定義とトレーニング方法(アジリティを単純に定義すれば、方向転換になり、また、敏捷性はコントロールされた減速力といえる)

アジリティの定義 アジリティを単純に定義すれば、方向転換になり、また、敏捷性はコントロールされた減速力といえます。 アジリティを向上させるためには、加速力と減速力を高め、さらに方向転換の能力を向上させることが必要になります。 加速力を向上させても、減速力を向上させるための努力を怠っているトレーニングが非常に多くこれは大きな間違いとされています。 体重が重くても動きの素早いアスリートについて考えた場合、スポーツの世界では、前十字靭帯断裂や足関節の捻挫、膝関節の捻挫など、非接触性…

競技における加速と減速の目的(最小限の時間でできるだけ大きな力を用いて身体の推進力(質量×速度)を減少させ、完全な停止か新たな方向への運動を生じさせる(力×時間=質量×速度))

… Sports Med 5:111-121 Speed and Agility Drills with NFL Players SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(ソフトカバー) スポーツスピード養成SAQトレーニング発売日: 1999/04/01メディア: 単行本 SAQトレーニング―スポーツ・パフォーマンスが劇的に向上する (BBMDVDブック)メディア: 単行本

アップヒルトレーニングをすることでハムストリング損傷率を低下させる(アップヒルランニングでは、大腿四頭筋の高い活性化が引き起こり相反抑制によりハムストリングが弛緩する)

アップヒルトレーニング スプリントパフォーマンスの向上に、傾斜角つきの高速トレッドミルトレーニングを行うアスリートは、ハムストリング挫傷の発生率を低下させると考えられています。 本来、アップヒルランニングでは、水平面でトレーニングを行う場合に比べて、ハムストリングの挫傷の発生率は高まる傾向にあります。 これは、アップヒルランニング中にハムストリングの活性化が低下することと、アップヒルランニング中の運動学的差異と相反抑制の複合が原因であると考えられています。 www.nakaj…

若年サッカー選手の傷害危険因子と生理学的システムの成長と発達(骨と筋腱複合体の成長速度のずれは、弛緩時に関連組織が受ける力を増大させ、骨端線の牽引損傷を引き起こす要因の一つとなる)

生理学的システムの成長と発達 各種の生理学的システムの成長と発達にばらつきがあることは、特に成長が加速する時期において、傷害の主要な危険因子の一つと考えられます。 例えば、骨格構造が急速に成長するのに伴い、筋系はそれに合わせて長さ(骨の成長がもたらす張力を正常化するため)と大きさを増大させ、力の発揮能力を向上させることで、大きく重くなった骨格を支持し、動かせるようにしなくてはなりません。 ところが、実際には、先に骨格構造が成長することによって、筋組織の形態学的適応が刺激されま…

ピリオダイゼーションとは(トレーニング変数を連続的かつ理論的に操作することによってパフォーマンスを最適化するプロセスになる)

…ありますが、パワーとスピードの漸進的向上には必ずしも効果をもたらさず、そしてパワーは力と速度両方の積になります。 ただし、筋力のみでも、力発揮能力を高めることでパワーを向上させることはでき、したがって、筋力もまた考慮にいれるべき変数になります。 www.nakajimabonesetter.com 競技パフォーマンスを高めるには 強度を高めることはすなわち負荷を増大させることであり、負荷の増大はスクワットやジャンプスクワットにおける動作速度の低下をもたらします。 したがって、…

筋肥大とレップ速度(伸張性エクササイズは、短縮性エクササイズに比べ、タンパク合成のより早い増加、およびIGF-1mRNAの発現増加を伴う)

…挙上者がレップを行うスピードは筋肥大反応に影響を及ぼすとされています。 www.nakajimabonesetter.com 速いレップ速度 短縮性レップに関しては、より速いレップ速度が筋肥大に有益であるとされるエビデンスがあります。 Nogueiraらによると、3秒ではなく1秒のリズムで短縮性筋活動を行うことは、高齢男性の上下肢の筋厚により大きな効果を与えることが明らかになりました。 これは、運動単位(MU)の動員が増加し、それに対応した高閾値MUの疲労に起因するとされます…

青少年におけるスピード決定因子(思春期直前期と思春期直後期の子供における最大ランニングスピードの変化は「パワー」と「水平方向への力」による)

…ワーが青少年におけるスピード決定因子である Chelly&Denisは、青少年におけるスピードの決定因子を検証した数少ない研究を行い、「筋パワー」が加速および最大スピードの鍵を握る重要な決定因子であり、さらに脚のスティフネスも最大スピードの向上に貢献していると報告しました。 また、Oliverらは、思春期直前期と思春期直後期の子供における最大ランニングスピードの変化は「パワー」と「水平方向への力」によってすべてが説明できるとしました。 これは、パワーが増大することにより、スト…

オフシーズンのトレーニングプログラム(トレーニングの時間配分に関しては、高強度の筋力トレーニングに重点を置きながらも、スポーツパフォーマンスのほかの側面に関するトレーニングを行うプログラムが推奨される)

…ことにより、パワー、スピード、体力が必要になったときに、アスリートの準備は確実に整っていくはずです。 しかし、筋力だけに集中するあまり、スキルレベルを放っておくと、インシーズンのトレーニング効果が低下する恐れがあるため、トレーニングの時間配分に関しては、高強度の筋力トレーニングに重点を置きながらも、スポーツパフォーマンスのほかの側面に関するトレーニングを行うプログラムが推奨されています。 単純で個々に独立した期で構成される伝統的な線形プログラムよりも、トレーニングの各段階にお…

スポーツにおける減速を考える(急激な速度の変化は、多くの場合、最小限の距離と時間で発生し、敵の動作や境界線などの外的刺激への反応である)

競技と減速 様々な競技において、停止あるいは方向転換に先行して急速な減速がみられます。 このような急激な速度の変化は、多くの場合、最小限の距離と時間で発生し、敵の動作や境界線などの外的刺激への反応であることが多く、これまでの研究では、ランニング中の減速に関する運動学と運動力学が数多く存在します。 多くの競技においては、身体の速度を素早く落とす活動(減速)が動作の成功にとってきわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

…向上は、力(筋力)とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率になります。 走っているとき、足は地面にほんの一瞬しかつかず、そのような短時間ではとても最大の力発揮はできず、これは、力の立ち上がり速度(RFD…

デプスジャンプ(DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性がある)

…ャンプと下肢パワーとスピード DJトレーニングは、下肢のパワーとスピードを改善するためによく用いられるトレーニング様式になります。 VJで測定されるパワーがDJトレーニングにより増大することは、すでに証明されています。 前述したように、DJでは、より優れたトレーニング効果を引き出すために、筋系と神経系の伸張反射による増強効果だけではなく、筋の弾性特性も利用されます。 Bosco&Komiは、DJ後のVJ能力の向上は、弾性エネルギーとSSC要素の活用に起因することを明らかにして…

固有感覚と爆発力(アイソメトリック:等尺性における安定性の優れた基礎が構築されていると、動作の必要性が生じた場合に、固有感覚、すなわち動作を伴う関節安定化の作用によって、より素早く効率的な反応が調整される)

…、パワー発揮、およびスピード向上を最大限に引き出す重要な前駆としての役割も果たします。 スタビリティボールを用いたエクササイズは、コアの安定性を向上させ得られますが、身体パフォーマンスの向上には直接結びつかない可能性のあることが、Stantonらによって明らかにされています。 スタビリティボールを用いた様々なエクササイズは、それぞれを単独で実施しても、スプリントの到達速度の向上という望ましい結果にはつながりませんが、殿筋群を刺激する各種のヒップエクステンションエクササイズは、…

加速と減速(身体が地面と接地している時間が長いほど、脚筋がより大きな負の力積と仕事を生み出し、身体の推進力と運動エネルギー(KE)を減少させる脚の力が大きくなる)

減速に使用される筋群 減速に使用される主な筋群は大腿四頭筋と腓腹筋になります。 しかし、加速局面の短縮性筋活動とは異なり、この2つの筋群は慣性による推進力が吸収され、分散されるようになり伸張性筋活動を通じて働きます。 推進力によって伸張された脚は、身体に対して作用する純粋な前方後方の力と結びついて、潜在的な危険な体勢となりますが、接地前に発生する大きな伸張性の力の吸収に役立ます(負の仕事=伸張性の力×COMの下方変位)。 減速局面中、身体の運動エネルギー(KE=1/2mv2)…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

身体の質量と減速 減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとに必要とされます。 COMの速度を低下させるために割り当てられる時間/速度の量は、多様な因子に依存し、競技の個々の要件によって決定されます。 www.nakajimabonesetter.com

バイオバンディングにおける「相乗的適応(Synergistic Adaptation)」(アスリートのトレーニングプログラム(技術要素が獲得されていると仮定する)と、成熟段階を補完するトレーニング刺激をアスリートに経験させる必要がある)

…グラムは主に、筋力とスピードとパワーを高めるために神経適応を促進するように作成することが望ましいとされます。 PAHの85~95%の間にいる青少年は、思春期の半ばから後半の段階になります。 したがって、プログラムは、神経的変化と構造的変化の両方を促進するように調節すべきになります。 PAHの95%以上の青少年は、思春期後期であり、筋肥大を通して実質的なパフォーマンスの向上を達成することがより一層可能になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引…

クランチによる筋肥大と伸張性筋収縮(伸張性エクササイズは筋のより大きな損傷を伴い、乳酸、水素イオン、無機リン酸などの代謝産物が増加することにより、筋肥大が誘発される)

クランチのバリエーション クランチとそのバリエーションは、他のコア(体幹)の筋群よりも腹直筋に特に的を絞ったエクササイズであることが知られています。 McGillによると、クランチのバリエーションは腹直筋の最大随意収縮(MVC)の約50%を活性化ましたが、これに対して、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、大腰筋はそれぞれMVCの20%、10%、10%、10%だけ活性化したことが示されました。 筋の横断面積と筋力との直接的な相関関係が指摘できるとすれば、筋肥大は、広範囲なコアの筋力を必…

長期的アスリート育成モデル(若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切なトレーニング刺激を実行することにより加速され、最適化すると提案されている)

長期的アスリート育成モデル 長期的アスリート育成モデル(LTAD:Long Team Athlete Development) 長期的アスリート育成モデル(LTAD:Long Team Athlete Development)は、世界的に認められた最初のアスリート育成モデルであり、若年アスリートを指導する多数の組織が採用し、実施しています。 LTADモデルは、若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切な…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

スピードとアジリティ スピードとは スピードとは、単純にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)の積になります。 ストライドの距離と素早さで決まります。 スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければなりません。 そのためには、ストライド長とストライド頻度にそれぞれ特化した各種のドリルを利用したトレーニングが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 勝つためのスピードカリキュ…

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

…、小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成される一方、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、より強く、より速くなり、パワーを増大させることができます。 www.nakajimabonesetter.com 思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスク また、思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスクが増大する期間でもあり、この急激な成長段階には、トレーニングと回復を一層注意深くモニタリン…