Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード の検索結果:

野球のバッティングパフォーマンスに関する補足レジスタンストレーニング(手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング速度、手の速度、およびバット-ボールコントロールまでの時間に有意に増加させる)

野球における手関節と前腕、手のトレーニング研究 野球のバッティングパフォーマンスに関する補足的なレジスタンストレーニングの効果を明らかにするために、最近、前腕および手のトレーニング研究が実施されました。 www.nakajimabonesetter.com

野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる)

…の加速期における腕のスピードに大きな影響を及ぼします。 手をボールの真上におく 第二の重要な特徴は、ストライド期にボールをグラブから出すときに手をボールの真上に置くことになります。 手をボールの真上に置くことで前腕の回内と肩関節の内旋が促進されます。 前腕と肩関節が早い段階でこの位置にあると、その後のピッチング動作において肩関節の適切な外転と外旋が促進されます。 腕を投球位置まで挙上する 第三に重要な特徴は、腕を投球位置まで挙上することになり。 体幹を大きく回旋させる前に、肘…

βヒドロキシβメチルブチレートと無酸素性運動(ロイシンの代謝産物であるHMBは骨格筋の損傷修復のスピードを速め、レジスタンストレーニング後の筋力やパワーおよび筋肥大を増大させる)

…が骨格筋の損傷修復のスピードを速めること、また、長期間のレジスタンストレーニング後の筋力やパワーおよび筋肥大を増大させることが研究により証明されています。 そのメカニズムのひとつは、筋を損傷させる新たな高強度エクササイズを行なった後に、筋線維膜を形成、修復、安定させるためのコレステロールの合成に対し、HMBが容易に利用可能な基質を提供することであると思われています。 しかし、最近のエビデンスは、HMBがタンパク質の合成を促進すること、またユビキチン-プロテオーム経路を抑制する…

女子サッカーにおけるGPSの利用(GPS分析は、モニタリングやトレーニングに役立つ他、トレーニング目標が達成されていないことをコーチやトレーニングスタッフが知る手がかりとなる可能性がある)

GPSトレーニング GPSは、トレーニングにおける動作パターンの追跡と分析を可能にします。 トレーニングは多くの場合、スタジアム以外で行われ、また実施回数が多いため、ビデオ分析には時間を要します。 Maraらは、エリート女子サッカーチームのトレーニングを1シーズン全体にわたって分析したところ、プレシーズンからシーズン終盤にかけて総移動距離が低下していることから(6.646±111mから4604±110m)、仕事率は低下したと推測されています。 これは試合のスケジュールに伴いト…

投手の投球障害予防を考える(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引{高力橈骨小頭接触}、および後部内側剪断{骨棘形成}を制御する)

…投球法を習得する。 スピードガンは使用しない。 投手が捕手を兼ねてはならない。 投手と捕手の組み合わせは投球数を増やし障害リスクを増大させる。 投球が肘の痛みを訴えた場合は、スポーツ専門医の診察を受けさせる。 青少年の投手に対しては、野球や野球以外のスポーツに楽しく参加するように動機付ける。 様々な運動に楽しく参加することにより、青少年のスポーツに対する情熱や関心を高める。 上記の表は少年野球の投手における肘関節の傷害予防のために、現在推奨されているガイドラインの要約になりま…

GPSによるポジション間の差(ミッドフィルダーとフォワードはいずれも、スプリント速度{>19km/h}での移動距離がディフェンダーを有意に上回っている)

…度での移動距離と最大スピードはミッドフィルダーを上回っていました。 同一競技のポジション間でランニングパフォーマンスの指標に差があることは、競技レベルによってその内容は異なる可能性はあるものの、ポジション別のトレーニングに示唆を与えます。 サッカーの場合、一般的にミッドフィルダーの総移動距離が最も多いことは理に適っているとされており、フォワードは、他のポジションよりも高速かつ高頻度でスプリントする傾向がみられます。 ディフェンダーは相手選手の動作に左右されるため、総移動距離も…

スプリットオルタネイティングフットスナッチの効果(スナッチではクリーンよりも軽いウェイトが利用されるにもかかわらず、発揮パワーが同等であるのは、スナッチのほうがバーの速度が速いことが挙げられる)

…速いため、様々な動作スピードでトレーニングする機会が得られる パワーの向上 トレーニングプログラムにおけるクリーンの実施には際立った利点があります。 主な利点のひとつは、大きなパワー(単位時間あたりに行われる仕事量)が発揮されることになり、Wallerらが指摘するように、3つのウェイトリフティング動作(クリーン、ジャーク、スナッチ)とそのバリエーションは、パワー、筋力、スピードの向上にとって有効になります。 しかし、多くのS&Cコーチはスナッチ(付言すればジャークも)の際に発…

高強度ランニングおよびスプリントの分析(高強度ランニングは、試合結果に決定的な影響を及ぼし、実行量、繰り返す能力は、エリート選手と下位レベルとを分けるパフォーマンス特性であるとされている)

…er.com 高強度スピードでの移動距離 Clarkeらは、国際レベルの7人制ラグビー選手12名を対象に、最大有酸素性ランニング能力のテスト(VO2maxテスト)を実施し、その上で、第二の換気性作業閾値におけるスピード(VT2speed)を用いて高強度ランニングを定義しました。 VT2speedに基づく個々の選手の閾値を試合のランニングデータに適用したところ、高強度スピードでの移動距離はHIR能力と強く相関していました。 この相関は、群の平均閾値である12.6km/h(3.5…

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

…性 大学野球の試合のスピードと性質を考えると、大学野球の選手があらゆる動作平面におけるクイックネス、筋力、パワー、スピードの向上を目指して毎年トレーニングする必要があります。 投手は時速86~90マイル(約130~145km)以上でボールを投げ、野手は本塁から1塁まで通常3.9秒から4.4秒で走ることを考慮すると、大学レベルで戦うためには、大きな力パワー、効率、力の立ち上がり速度(RFD)が動作に要求されます。 www.nakajimabonesetter.com 同時的複合…

グローバル・ポジショニング・システム:GPS(主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査している)

…おいて移動距離、最大スピード、高強度ランニングに関する特性の分析に焦点を当てています。 www.nakajimabonesetter.com 移動距離 総移動距離は、試合中に身体が受ける外的負荷の包括的指標のひとつになります。 試合時間が規定されている場合、その試合中の移動距離はランニングパフォーマンスに関する目標値の基準となります。 しかし、規定時間は競技によって異なり、また交代によって個々の選手の出場時間も異なるため、総移動距離の報告値は常に比較はできません。 したがって…

高速エクササイズとスピードとクイックネスを必要とするアスリート(生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっている)

スピード筋力のトレーナビリティ 高速エクササイズは、スピードとクイックネスを必要とするアスリートを対象とした筋力トレーニングの期分けプログラムに組み込むことが有意義であるとされています。 また、生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 若年アスリートにとって有益なアシスティッドジャンプスクワット アシスティッド・ジャンプスクワットは、トレーニングに対す…

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

…om バットスイングスピードと体力的要因 バットスイングに影響する体力的な要因として測定される項目として、体重(kg)、除脂肪体重(kg)、体脂肪率(%)、握力(kg)、背筋力(kg)、素振りでのバットスイングスピード(km/h)が挙げられます。 大学野球選手95名を対象とした研究では、バットスイングスピードと体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められました。 バットスイングスピードと体重の間に有意な相関関係(r=0.681、p<0.001)が認められ、除…

大学野球選手のトレーニングプログラム(ウェイトルームでは筋力-パワーの向上、フィールドトレーニングでは始動速度:RFD、1~6秒間のエネルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかける)

…ム 基本的には筋力-スピード(負荷55~90%)の複合的トレーニング様式を用いることによって、力-速度曲線を日毎あるいは週ごとに上げ下げすることができ、一度に一つのための変数のためのトレーニングを実施するのではなく、プログラムに多様な幅をもたせることができます。 www.nakajimabonesetter.com オフシーズンの一般的トレーニング ブロック 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 A MEプライオメトリックコアスタビリティ 直線的加速 ME UBプッシュコアスタビリテ…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(サッカーにおいては非線形のアプローチを採用しセッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが最も有益な解決策であると考えられている)

ピリオダイゼーション方策 伝統的な線形のピリオダイゼーション方策とは、週ごとに強度を漸増し、間に回復の週を挟むものですが(多くの場合、比率は3:1)、これは非線形ピリオダイゼーションプログラムよりも優れた結果をもたらすことが明らかになっています。 しかし、線形のピリオダイゼーションを試合が多く、スケジュールの変動しがちなシーズン中のサッカーチームに適用することは困難な可能性があります。 そのため、非線形のアプローチを採用し、セッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させる…

プロサッカーにおいてシーズン中は維持か向上か?(シーズン中の負荷設定によっては、疲労のレベルを高める可能性があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがある)

…と40mスプリントのスピード週1回のみのトレーニングセッションで維持することが可能であるが、トレーニング頻度を2週に1回に減らすと能力が低下すると報告しています。 Alvesらも、サッカー選手における週1回と週2回のトレーニングセッションを比較したところ、5mおよび15mスプリントのタイムとスクワットジャンプの向上に有意差は無かったと報告しています。 量と強度 最大限の筋力向上を得るのに必要な負荷は80%1RM以上であると報告しています。 しかし、シーズン中の負荷は注意が必要…

パフォーマンス向上のための負荷(発揮パワーは効率的な神経筋プロセスの結果、競技力に重要な要素である為、疲労がレップの質にマイナスの影響を及ぼさないように注意すべきである)

発揮パワーを最大化するには パフォーマンス向上のために、トレーニング経験を積んだ選手は、発揮パワーを最大にする負荷を用いるべきとされています。 力と速度の逆相関関係を前提とすると、比較的重い負荷を用いることは低速での大きな力発揮を引き出し、その逆もまた同様です。 www.nakajimabonesetter.com

試合期における疲労(この疲労は、選手が試合中に様々な様式で実施する移動、運動の強度や時間、移動距離によって引き起こされる)

…son) スプリントスピード 72時間までパフォーマンスが低下 5時間後までパフォーマンスが低下 DOMS/主観的筋痛 72時間後まで増加 69時間後まで増加 クレアチンキナーゼ(CK) 72時間後まで増加 69時間後まで増加 ハムストリングスと大腿四頭筋のトルク 72時間後まで低下 27時間後まで膝関節伸展トルクが低下51時間まで膝関節屈曲トルクが低下 カウンタームーブメントジャンプ(CMJ) 測定せず 69時間後もなお低下 試合後最大72時間にわたって指標が悪化したことを…

グリップ幅とグリップの向きが筋活動に及ぼす影響(バックスクワットではナロウスタンスよりもワイドスタンスのほうが大殿筋の筋活動が297%大きくなり、さらに深く行うにつれて大殿筋の貢献度が増大した)

グリップ幅やグリップの向きが筋に与える影響 特定の筋群を集中的にトレーニングしたり、運動を競技的特異的なものにしたりするために、しばしばグリップの向き(スピネイティッド、ニュートラル、プロネイティッド)やグリップ幅が変更されます。 バックスクワットのバリエーションにおける下肢の筋活動を調査した研究によると、0~70%1RMで、ナロウスタンスよりもワイドスタンスのほうが大殿筋の筋活動が297%大きくなりました。 また、スクワットを深く行うにつれて(膝関節の屈曲角度が45°のハー…

プル動作時のバーベルの最大速度はクリーンよりもスナッチのほうが約10~20%大きい(ジャーク175.2cm/s、クリーン166.6cm/s、スナッチ196.2cm/s)

スナッチの動作スピード エクササイズの種類に加えて、トレーニングに導入する必要のあるもうひとつのバリエーションとしては動作スピードがあげられます。 動作スピードが変化すると、トレーニング中に動員される筋線維も変化します。 クリーンはウェイトリフティング競技以外のアスリートのトレーニングプログラムにおいて、最もよく実施されるウェイトリフティング動作になりますが、クリーンと比較してスナッチにはバーの速度が速いという利点があります。 www.nakajimabonesetter.c…

ジュニア野球選手のトップアスリートとしてスキル向上を目指す際に重要とされる能力(「完成像、理想像を明確にもつ」「運動観察眼をもつ」「動きのコツを明確に挙げることができる」「指導者や仲間の「ことば」を理解できる」)

調整能力 競技の中では、より速く、より強くといった出力の最大値だけではなく、場面によっては、出力の調整を含めた様々な調整能力が求められます。 このような調整能力は、守備や走塁においても様々な場面で求められ、さらに、こうしたプレー中での動作そのものに対する調整能力に加え、ジュニアの野球選手は、成長とともに使用するバットやボールの種類(軟式・硬式)、グラウンド(塁間、広さ、サーフェス)などの変化に対しても都度適応することが求められています。 www.nakajimaboneset…

福利厚生で企業様へマッサージ訪問

企業様で福利厚生として、働く社員のためにリラクゼーションやメンテナンスでマッサージを導入する会社が増えてきている中で、当院も少しでも企業様のお力になれるようリラクゼーションを取り入れたマッサージの訪問をしております。 詳しい内容等は下記をお読み下さい。 www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com www.youtube.com お問い合わせお待ちしております。 中島恵

フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になる)

スピード筋力とパフォーマンス Hedrick&Wadaはスピード筋力(パワー発揮能力)の向上は、多くのアスリートにおけるパフォーマンスを成否を決定する主要な生理学的要因であると述べています。 ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になることが研究によって明らかにされています。 さらに、ハングクリーンのパフォーマンスは、フロントスクワット(FSq)の1RM値と正の相関関係にある…

トレーニングのプログラムデザインと変数(マルチセットはより大きな過負荷をもたらすため、結果として、より大きな筋力向上をもたらす)

シングルセットVSマルチセット 最大限の筋力向上を達成するために、適切なセット数はいくつであろうか?最大限の筋力向上を生じさせるのはシングルセットなのかマルチセットなのか?という議論は頻繁に論じられています。 1960年代初頭にBergerは、大学生の初級アスリートを対象として一連の実験を行い、週3回のトレーニングを実施する場合、3~9レップ×3セットが筋力の向上には最適であると結論づけました。 さらにBergerは、最大反復回数(RM)によるトレーニングは週に1回しか必要な…

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

…筋力、爆発力、およびスピードのいずれかのカテゴリに該当するかを見極める。 漸進法と過負荷の原理に基づいて、指導する各選手のトレーニングレベルを決定し、オフシーズンとプレシーズンにおける各自の目標を設定する。 自身が持つ情報とエクササイズのライブラリを駆使して、漸進性のあるコンプレックス(複合)サーキットを作成し、また、運動能力向上のあらゆる原理を安全かつ効果的に改善し続けられるよう、多方面なアプローチを計画する。 能力向上やパフォーマンスにおける個々の成果に基づき、常に自身の…

最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数とは(ピークフォース出力は動かせる外的負荷の限界を定める変数であり、その限界がすなわち最大筋力であるためには、高出力でのピークフォース発揮を要する負荷を用いなければならない)

…変数(筋力、パワー、スピード)が負荷の操作によっていかに変化するかを理解することは、トレーニング刺激を決定する上でストレングス&コンディショニングコーチの大きな助けとなります。 ただし、プログラム全体を計画するにあたって休息時間や頻度といった他のトレーニング変数も考慮しなければならず、その点には注意が必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数 最大筋力において最も重要なバイオメカニクス的変数は、ピー…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…れ、したがって、最大スピードに達するためにはより長い距離(50~60m)が必要である以上、トップスピードは達成されないというものになります。 Vescoviらは、27mのあとの9.1mのスプリットタイムが変化しないことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピードが36mで発生したデータを裏付けています。 さらに、Coleman&Duplerは、野球の1…

ジャンプシュラッグの現場への応用(ピークパワー発揮能力の向上のためにはハングクリーンの30~45%1RMの負荷を利用する)

…力の向上である爆発的スピードブロック、または維持ブロックにおいてもJSを実施することができ、このトレーニングブロックでは量(3セット×3レップ、3セット×2レップ、2セット×2レップ)だけではなく、負荷も減少させます。 これまでの研究によると、ピークパワー発揮能力の向上のためにはハングクリーンの30~45%1RMの負荷を利用するとよいとされますが、負荷の選択はアスリートのテクニックの熟練度と筋力に基いて行うべきであり、筋力が弱く、テクニックレベルも低いアスリートには、ピークパ…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…試合期には最大努力、スピード、およびパワーの繰り返しに重点を置いた高強度インターバルトレーニングを通じて、有酸素性能力を維持します。 インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息および、競技シーズン中の回復期間における投手の有酸素性能力を高める上で役立ちます。 有酸素性能力はトレーニング初期に重点を置き、プレシーズンに向けて筋パワーがトレーニングの主眼となるこの時期に、細胞の回復を最大限に向上させることが望ましいです。 Szymanskiは、ブルペ…

間欠的テストと持続的テストとの比較(間欠的テストは、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適している)

…り大きな「爆発的」なスピードに達することができるからです。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Berthon P, Fellmann N, Bedu M, Beaune B, Dabonneville M, Coudert J, and Chamoux AA. 5-min runningfield test as a measurement of maximal aerobic velocity. Eur J Appl Physiol Occup…

30-15間欠的体力テスト(最終的な到達速度{vIFT}はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係がある)

…転換能力がシャトルのスピードに及ぼす影響により、走時間から0.7秒の値を各方向転換から差し引きます。 例えば、11.5km/時の速度で走ると直線では30秒で96m進むことになりますが、40mのシャトルを用いると、2回の方向転換が必要であるため(0.7×2)、走距離は91.6mに減少します(11.5m/時で28.6秒走る)。 この変換が30-15IFTが多方向スプリントのパフォーマンスの妥当かつ信頼できる尺度の提供に役立っています。 vIFTはまた、異なる生理学的プロフィールを…