Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード の検索結果:

水平方向vs鉛直方向の力発揮(速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければならない)

スプリント速度 速度の決定因子 速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければなりません。 速度がストライド頻度とストライド長の積にすぎないのであれば、最大速度の向上は単にストライド頻度を高めるだけで実現できるはずです。 www.nakajimabonesetter.com

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

…刺激に対して、方向やスピードの変化を伴う素早い全身運動を行う能力」と定義することができます。 www.nakajimabonesetter.com Sheppard&Youngらの研究 Sheppard&Youngはこの定義を拡大して、アジリティパフォーマンスの重要な下位構成要素として、方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程に注目しました。 CODSに関しては、テクニック、直線走の速度、下肢の筋パワー、そして形態が変数として大きな影響力をもち、認知的意志決定過程に関して…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

パワー発揮とスピード スピードとは スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。 ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。 www.nakajimabonesetter.com 加速期と最大スピード期 スピードとは、「ある距離の移…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

…etter.com スピード及びスプリント能力の測定 一定の距離を走るために要する時間を測定することは、選手のスピードおよびスプリント能力の測定方法としては妥当になります。 スピードテストの実施には、電子計測ゲートを利用することが理想になります。 ストップウォッチの利用も可能ですが、人的エラーがテストの信頼性と妥当性を減らしていき、最大0.24秒速く計測される可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field T…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

テストと休息時間 テストの順序と休息時間 運動生理学、特に生体エネルギー機構に関する知識は、テストの順序と休息時間を適切に決定することに役立ち、これによってテストの信頼性を高めることができます。 コーディネーションが必要な動作や、「フォーム」への注意を要求するような技術度の高い課題を求めるテストは、疲労をもたらすテストによって結果が歪曲されないように、先に実施します。 National Strength and Conditioning Association(NSCA)は、…

平衡感覚 身体の位置が分かる

平衡感覚 身体の位置が分かる 平衡感覚に関与する器官は、耳の内耳に属する前庭と半規管というところです。 ここでキャッチされる情報は、前庭神経によって延髄と橋にある前庭神経核に伝えられ、大脳皮質で体位の変化の感覚が起こります。 前庭 前庭内には、膜性の管の膜迷路に属ずる卵形嚢と球形嚢があり、この中には内リンパが流れています。 袋の中には平衡斑(卵形嚢斑・球形嚢斑)というものを作り、平衡斑は、頭が傾くと、平衡砂が移動し、その圧力の方向変化によって、有毛細胞という感覚細胞が刺激され…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

有酸素性能力 身体能力テストとゲームパフォーマンス ストレングス&コンディショニングプログラムを開始する前に、あるいは試合前、すなわちオフシーズンかプレシーズン中に(基準値を測定するため)身体能力テストを実施することはきわめて重要になります。 アスリートの進歩を評価して、必要に応じてプログラムを変更するためには、シーズン中に複数回のテストを実施することが望ましく、試合期に実施するには、疲労がテストにもゲームパフォーマンスにも影響を及ぼさないように、試合前後2日以内はテストを実…

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、サッカーにおける加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性がある)

…ter.com 最大スピードの分析 最大速度によるスプリントは、選手がすでに動作に入っている際に始まることが多く、したがって最大速度は、通常の時間と距離において、可能であるよりも速く達成されます。 静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性があります。 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 …

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

…減速と方向転換を含むスピードテストになります。 直線的スピードテストとアジリティテストの結果を比較することによって、アスリートのスピード能力を包括的にとらえることが可能になります。 スプリントテストと同様にアジリティテストの完了に要する時間が少ないほど、パフォーマンスが優れています。 プロアジリティテスト、Tテスト、ヘキサゴンテストなど、多くのフィールドアジリティテストがあります。 www.nakajimabonesetter.com スピードと加速を測定する Taskinは…

スプリントで水平推進力を生み出すのは足関節の活動である(腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱複合体(GSAC)は、弾性エネルギーを蓄えてスプリント中の身体の素早い前進を助けているとみなされ、水平推進における立役者と考えられている)

…的動作による最大水平スピードを達成しています。 股関節、膝関節、足関節の運動を担う筋群は支持期に特定の役割を果たして、身体を前方へ効率よく推進させています。 残念ながら重要な構成概念は誤解されたまま、水平推進、つまり最大スプリントの達成に関与しているとみなされています。 例えば、腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱複合体(GSAC)は、弾性エネルギーを蓄えてスプリント中の身体の素早い前進を助けているとみなされ、水平推進における立役者と考えられています。 www.nakajimabon…

競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができる)

…および爆発力、およびスピードを最大限に向上させることを目的とした、漸進的で競技特異的なトレーニングルーティンを作成することになります。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズの戦略 トレーニングの量や過負荷の調整だけではなく、エクササイズの戦略的な適用が必要になります。 1年間のサイクルを通じて、競技力向上のあらゆる原則に適切に対処していく方法を学ぶことが、選手の健康と身体パフォーマンスを漸進的に向上させていくカギになります。 www.nakaji…

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

スピード持久力 スピード持久力の測定 スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定されることが多くなります。 被験者はどのレップも全力で走ることを要求されます。 研究者が提案するテスト距離には20mから40mの幅があり、レップ数にも6回から15回の幅があります。 Balsomらは回復時間を30秒以上にすると、スプリントパフォーマンスの全構成要素、特に加速の測定を目的とするこのテストの妥当性が、低下することを見出しました。 このテストによ…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

…この能力は加速と最高スピードにも関連しているものの、それらは決定的な係数としては弱く、したがってアジリティに関しては、アジリティは独立したテストを行なうべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com なぜフィールドテストなのか? 1人のアスリートに、生理学的ラボテストを一通り受けさせることは無論のこと、適切なテストを一つ受けさせることも、現実的には非常に困難になります。 ラボテストはそれ自体として、妥当性と信頼性の高いものが多くなりますが、費用の問…

プライオメトリックスによる収縮性フィラメントと構造タンパク質(クロスブリッジが保持される時間は、15~120ミリ秒の範囲であると推測されているため、エネルギーはその結合が分離した瞬間に失われるため、クロスブリッジ構造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要がある)

プライオメトリックトレーニング クロスブリッジとプライオメトリックス クロスブリッジが保持される時間は、15~120ミリ秒の範囲であると推測されています。 エネルギーはその結合が分離した瞬間に失われるため、クロスブリッジ構造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要があります。 反対にFleck&Kraemerは、償却局面が30ミリ秒の範囲内であると推定されるため、あまりにも長すぎてクロスブリッジの保持からはいかなる有意な貢献も得られないと仮定しまし…

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

アジリティテスト サッカーに対してより特異的なアジリティテストとは サッカーに対してより特異性の高いアジリティテストが開発されており、簡単で、よく利用されるものにジグザグテストがあります。 このテストでは、1区画5m×4区画を100°の方向転換を行わせながらジグザグに走らせます。 Mirkovらは、ボールを保持せずに走るのに要する時間と、ボールをドリブルしながら走るのに要する時間の両方を測定することを提案し、そして、ボール無しの場合と有りの場合とのタイムを比較して、その比をス…

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

最大スピードとフィールドスポーツ 最大スピードはフィールドスポーツにおいて重要か? 最大スプリントスピードは大多数の競技にとって重要な領域になります。 フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。 これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

サッカー選手の有酸素性能力 ヨーヨー間欠性テストとVO2peak Castagnaらは、YYIE(ヨーヨー間欠性持久力テスト)L1中のVO2を調査して、VO2peakにおいて多段階的なトレッドミルテストと有意差がないことを見出しました。 また、最近のレビューでは、特にYYIR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)L1テスト中のVO2を分析した研究が欠如していることが指摘されています。 Castagnaらは同時期に、YYIEL2、YYIRL1、トレッドミルテストの比較を行なっていますが…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になる 直線的スピードは、サッカーに対する特異性が最大になるように、距離を30m以上として、10m地点(加速力)、30m地点(最大速度は10mと3…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

…ト 脚のリカバリーとスピード 遊脚期の脚のリカバリーがスピードにとって重要になります。 ストライドサイクルは2つの局面に分けられます(遊脚期と支持期)。 支持期とは足が地面に接地しているときであり、遊脚期とはつま先が地面を離れたときから対側の脚による次の支持期の開始までを指します。 支持期中に大きな水平パワーを生み出し、遊脚期中に脚を素早くリカバリーすることが重要になります。 したがって、どちらの局面も直線スプリントの最大スピードにとっては重要になります。 www.nakaj…

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…結果的にパワー発揮やスピードの向上につながる可能性があります。 基礎的な固有感覚テクニックを重点的に行なうことは、アスリートが身体の諸構造を、様々な角度で、コントロールしながら、高速度で正確な位置に置くことを可能にします。 基礎が獲得できたら、より爆発的(プライオメトリックス)な要素をこれに加え、同じ動作をより高負荷、高速度で行わせます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Peri…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…ダッシュ:加速、最大スピード、スピード持久力を測定する。 競技特異的適応を促すトレーニング 特異的要求は特異的適応を換気するため、プレシーズンのコンディショニングは、試合状況を模倣して、競技会前の選手にとって適切な準備となるようにするべきとされています。 特に、サッカーやバスケットボールなどの競技の場合、プレシーズン期に特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨されます。 ww…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

…5:111-121 スピード、クイックネス&リアクションドリル(日本語字幕付) [DVD]出版社/メーカー: 株式会社イースポーツラボ発売日: 2010/06/01メディア: DVDこの商品を含むブログを見る ストレッチ・トゥ・ウィンースポーツパフォーマンス向上のための柔軟性プログラム作者: Ann Frederick,Chris Frederick,中丸宏二,小山貴之,瓦田恵三,徳永涼,山内智之出版社/メーカー: ナップ発売日: 2019/01/23メディア: 単行本この商…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

…のマーカーの間を走るスピードを漸進させる)と、呼気を採取してVO2maxを直接測定する実験室でのトレッドミルテストを比較しました。 その結果、2つのテストにはr=0.92(SEE=3.5ml・㎏-1・min-1)の相関関係があることが見いだされました。 しかし、Metaxasらは、同様のシャトルランテストを、後述の間欠性シャトルランテストや実験室でのトレッドミルテストと比較した結果、連続的シャトルランランテストは最も低いVO2max(p≤0.05)を示し、間欠性シャトルランテ…

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

…の能力と定義される、スピードと反応時間が関与するスキルになります。 www.nakajimabonesetter.com カフェインとパフォーマンス 最初の研究では、研究者は、ラグビー選手にジグザグパターンのアジリティスプリント(22,33,31m)を3回行わせてアジリティ能力を調査しました。 カフェイン(体重1㎏当たり6mgを服用)はプラセボと比較すると、アジリティスプリントのパフォーマンスが3回とも約2%向上しました。 www.nakajimabonesetter.com…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

…れているだけなので、スピードテストとしては依然として妥当性があります(r=0.92、p<0.01)。 Sayerらは、国内レベルの大学生選手のFIが0.415±0.213であることを見出し、またMeckelらは、ファーストディビジョンのユースリーグのサッカー選手のPDは約5.0±2.0であることを見出しました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of …

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御 フィードフォワード制御とフィードバック制御 フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されています。 この理由から、フィードフォワードは着地や減速またカッティング時の動的な安定…

姿勢安定性の不足と傷害リスク(ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存している)

姿勢安定性 姿勢安定性とは ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存します。 現在のところ、バランスと下肢の傷害リスクとの関係は特に傷害歴のある人では、姿勢安定性の不足と傷害の発生頻度との間に有意な相関関係を見出しています。 姿勢安定性を評価するために使われる方法は、様々であり、先行研究と比べて対照的な結果となることもあります。 www.nakajimaboneset…

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

空腹時に行う有酸素性エクササイズ 脂肪の減少を促進させるために空腹時に有酸素性エクササイズを行うという概念は、エクササイズセッション中に燃焼する脂肪量へと効果だけを考えても誤っていると言わざるを得ません。 確かに非鍛錬者においては、複数の研究により、低強度の有酸素性エクササイズ(約60%VO2max)の前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少することが示されています。 その原因は、インスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量…