Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

スピード の検索結果:

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

…向上は、力(筋力)とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率になります。 走っているとき、足は地面にほんの一瞬しかつかず、そのような短時間ではとても最大の力発揮はできず、これは、力の立ち上がり速度(RFD…

デプスジャンプ(DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性がある)

…ャンプと下肢パワーとスピード DJトレーニングは、下肢のパワーとスピードを改善するためによく用いられるトレーニング様式になります。 VJで測定されるパワーがDJトレーニングにより増大することは、すでに証明されています。 前述したように、DJでは、より優れたトレーニング効果を引き出すために、筋系と神経系の伸張反射による増強効果だけではなく、筋の弾性特性も利用されます。 Bosco&Komiは、DJ後のVJ能力の向上は、弾性エネルギーとSSC要素の活用に起因することを明らかにして…

固有感覚と爆発力(アイソメトリック:等尺性における安定性の優れた基礎が構築されていると、動作の必要性が生じた場合に、固有感覚、すなわち動作を伴う関節安定化の作用によって、より素早く効率的な反応が調整される)

…、パワー発揮、およびスピード向上を最大限に引き出す重要な前駆としての役割も果たします。 スタビリティボールを用いたエクササイズは、コアの安定性を向上させ得られますが、身体パフォーマンスの向上には直接結びつかない可能性のあることが、Stantonらによって明らかにされています。 スタビリティボールを用いた様々なエクササイズは、それぞれを単独で実施しても、スプリントの到達速度の向上という望ましい結果にはつながりませんが、殿筋群を刺激する各種のヒップエクステンションエクササイズは、…

加速と減速(身体が地面と接地している時間が長いほど、脚筋がより大きな負の力積と仕事を生み出し、身体の推進力と運動エネルギー(KE)を減少させる脚の力が大きくなる)

減速に使用される筋群 減速に使用される主な筋群は大腿四頭筋と腓腹筋になります。 しかし、加速局面の短縮性筋活動とは異なり、この2つの筋群は慣性による推進力が吸収され、分散されるようになり伸張性筋活動を通じて働きます。 推進力によって伸張された脚は、身体に対して作用する純粋な前方後方の力と結びついて、潜在的な危険な体勢となりますが、接地前に発生する大きな伸張性の力の吸収に役立ます(負の仕事=伸張性の力×COMの下方変位)。 減速局面中、身体の運動エネルギー(KE=1/2mv2)…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

身体の質量と減速 減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとに必要とされます。 COMの速度を低下させるために割り当てられる時間/速度の量は、多様な因子に依存し、競技の個々の要件によって決定されます。 www.nakajimabonesetter.com

バイオバンディングにおける「相乗的適応(Synergistic Adaptation)」(アスリートのトレーニングプログラム(技術要素が獲得されていると仮定する)と、成熟段階を補完するトレーニング刺激をアスリートに経験させる必要がある)

…グラムは主に、筋力とスピードとパワーを高めるために神経適応を促進するように作成することが望ましいとされます。 PAHの85~95%の間にいる青少年は、思春期の半ばから後半の段階になります。 したがって、プログラムは、神経的変化と構造的変化の両方を促進するように調節すべきになります。 PAHの95%以上の青少年は、思春期後期であり、筋肥大を通して実質的なパフォーマンスの向上を達成することがより一層可能になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引…

クランチによる筋肥大と伸張性筋収縮(伸張性エクササイズは筋のより大きな損傷を伴い、乳酸、水素イオン、無機リン酸などの代謝産物が増加することにより、筋肥大が誘発される)

クランチのバリエーション クランチとそのバリエーションは、他のコア(体幹)の筋群よりも腹直筋に特に的を絞ったエクササイズであることが知られています。 McGillによると、クランチのバリエーションは腹直筋の最大随意収縮(MVC)の約50%を活性化ましたが、これに対して、外腹斜筋、内腹斜筋、腹横筋、大腰筋はそれぞれMVCの20%、10%、10%、10%だけ活性化したことが示されました。 筋の横断面積と筋力との直接的な相関関係が指摘できるとすれば、筋肥大は、広範囲なコアの筋力を必…

長期的アスリート育成モデル(若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切なトレーニング刺激を実行することにより加速され、最適化すると提案されている)

長期的アスリート育成モデル 長期的アスリート育成モデル(LTAD:Long Team Athlete Development) 長期的アスリート育成モデル(LTAD:Long Team Athlete Development)は、世界的に認められた最初のアスリート育成モデルであり、若年アスリートを指導する多数の組織が採用し、実施しています。 LTADモデルは、若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切な…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

スピードとアジリティ スピードとは スピードとは、単純にストライド長(SL)とストライド頻度(SF)の積になります。 ストライドの距離と素早さで決まります。 スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければなりません。 そのためには、ストライド長とストライド頻度にそれぞれ特化した各種のドリルを利用したトレーニングが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 勝つためのスピードカリキュ…

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

…、小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成される一方、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、より強く、より速くなり、パワーを増大させることができます。 www.nakajimabonesetter.com 思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスク また、思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスクが増大する期間でもあり、この急激な成長段階には、トレーニングと回復を一層注意深くモニタリン…

矯正、施術目的のコアエクササイズ(慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げ、ハムストリングスを殿筋の代用として股関節を伸展させようとする)

…の向上 筋力の増強 スピード、パワー、アジリティの強化 適切なコレクティブエクササイズを作成する第一段階はすべての不安定な動作および運動パターンを特定することから始まります。 最初にエクササイズを行う際は、誘発試験とみなし、推測される実用的な診断の範囲内で各エクササイズを検討し、それらのエクササイズに耐えることができれば、クライアントは次の段階に進み、耐えられない場合は、テクニックを再検討し、修正してさらに耐えられるバリエーションを試します。 www.nakajimabone…

左右の両下肢における神経筋バランス(下肢の神経筋系の非対称性は傷害と結び付けられ、受傷の再受傷の危険のあるアスリートを検出するための予測ツールとして用いることができる)

神経筋とバランス 下肢の神経筋の非対称性 下肢の神経筋系の非対称性は傷害と結び付けられ、受傷の再受傷の危険のあるアスリートを検出するための予測ツールとして用いることができます。 健康なアスリートにみられる下肢の非対称性は正常ではありますが、両脚の筋力とパワーの差が傷害リスクを高める閾値は10~15%であることが研究により示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com

才能評価のためのバイオバンディングの事例(英国サッカーではElite Player Performance Planとして、全プレミアリーグとカテゴリー1の選手要請機関は、年に3回、標準化された一連の体力テストを実施している)

…、静的筋力、パワー、スピード)にも、大概は、少年や少女のPHVのタイミングに関連のある思春期スパートがあることを認識することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic ju…

試合開催地への到着からウォームアップの流れ(この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高める)

…給とタンパク質合成をスピードアップさせることができます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.New horizons for the methodology and physiology of training periodisation Sports Med 40:189-205.2010 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者:出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2018/01/30メ…

成人と比較する思春期前のプライオメトリックトレーニング(成人と比較すると、思春期前では、筋力トレーニングに対する適応のうち、運動単位の動員:神経適応が主な適応である可能性が高いことがわかってきた)

プライオメトリックトレーニング 成人と思春期前の子供の筋力トレーニングの適応 成人と比較すると、思春期前の子どもでは、筋力トレーニングに対する適応のうち、運動単位の動員すなわち神経適応が主な適応である可能性が高くなります。 Ozmunらは、筋電図(EMG)を用いて、8週間の筋力トレーニングの後に生じた思春期前の少年少女の変化を計測し、その結果、トレーニングに適応した筋量の有意な増加はみられなかったにもかかわらず、被験者の最大等尺性筋力(27.8%)と対応したEMGの総振幅の有…

ランニングスピード向上のためのトレーニング(パワーと力積の両方を左右する発揮筋力とテクニックドリルはスピードを向上させる重要項目になる)

ランニングスピード向上のためのトレーニング テクニックドリルの重要性 スピードを向上させるには、身体のコンディショニングを行う総合的な反復的スプリントだけではなく、テクニックドリルや筋パワーを向上させる運動も必要になります。 テクニックドリルはランニングメカニクスの改善と維持を目標としており、次のようなエクササイズが含まれています。 Aマーチ、Aスキップ、Bマーチ、Bスキップ、ファストレッグ左・エブリーサードステップ、ファストレッグ右・エブリーサードステップ、ファストレッグ左…

コアの安定性とスピードトレーニング(剛性をもたらすスーパースティフネスの収縮から素早く解放され、弾性が生まれる瞬間に最高のスピードが生まれる)

…アの安定性 筋収縮とスピード スピードトレーニングにおいて興味深い例がみられます。 大抵の人は、筋力の向上を目的としたレジスタンスエクササイズを使ってスピードを鍛えますが、スピードの技術には通常、素早い弛緩速度も必要になります。 このような一見矛盾した事実は、次のことからも実証できます。 ゴルフのスイングを例にしてみると、ダウンスイングの開始には筋収縮が必要ですが、あまりに収縮しすぎれば実際のスイングは遅くなります。 つまり、スピードには弾性と弛緩が必要になります。 世界中で…

スプリントスピードとは(スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力(伸張-短縮サイクル)をうまく利用し、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力により支配されている)

スプリントスピード スプリントの原則 遊脚期と支持期の接続時間には限界があるためWeyandらは、スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されていると結論づけています。 したがって、スピードを向上させるには、遊脚期の素早い脚のリカバリーよりに重点を置くよりも、短い接続時間で高いパワーを発揮できるようにトレーニング…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…コーディネーション、スピード&アジリティ、および疲労耐性がトレーニングの必須要素になります。 その目標は、傷害に対する抵抗性を高め、青少年集団の競技パフォーマンスと運動パフォーマンスの能力を高めることになります。 青少年のためのINTでは、最初に、FMS能力を育成することによって重要な土台を形成し、次にそれらの基礎的スキルの上に、競技特異的なスキルセットを形成しなければなりません。 適切に計画されたINTプログラムの鍵となるのは、これらのすべての要素を個々のアスリートに合わせ…

無酸素性トレーニング時のエネルギー供給機構(無酸素性エネルギーは疲労困憊にいたる供給時間の短いホスファゲン系(ATP-PCr系)と比較的長い供給時間の長く速い解糖系(乳酸系)にわかれる)

…経路のうち、最も供給スピードの速いのがフォスファゲン系(ATP-PCr:PCr=クレアチンリン酸)になります。 クレアチンリン酸はATP同様に高エネルギーリン酸化合物になり、クレアチンキナーゼ(酵素)によりクレアチンとリン酸に分解され、この分解反応に伴い高エネルギーを放出し、ATPの再合成に利用されます。 ※細胞内のクレアチンリン酸量はATPの約3~5倍と言われていますが、これでも5~10倍の高強度のエクササイズで使い果たしてしまいます。このため、フォスファゲン系のエネルギー…

SAID(Specific adaptation to imposed demands:課せられた刺激に対する特異的適応)

…筋力、爆発力、およびスピード(頭文字をとってB.A.S.E.S.)の5つになります。 人間の運動や筋力は、基本的な神経学的プロセスに沿って習得され、また向上します。 5つのスキルはそれぞれ、以下に挙げる3種のトレーニング分野に分けられます。 www.nakajimabonesetter.com 競技のための神経筋/固有感覚トレーニング ステップ1:バランス=静的または等尺性の筋収縮を通じて達成される、神経筋のコーディネーション/静的な関節安定性。 ステップ2:アジリティ=動作…

クイックネスと反応スピード向上と感覚刺激(視覚は見たものを直接認識するのではなく、形の検出、適合、形の情報、動きの情報の結合など様々な処理を行ってから初めて認識される)

クイックネスと反応スピード向上と感覚刺激 クイックネスの定義とメカニズム クイックネスとはあらゆる方向への身体移動を瞬間的に行う能力になります。 最大スピード時においてはスタート局面であり、アジリティ動作での切り換えの局面になります。 また、各部位の素早い動き、球技スポーツにおける投球動作、蹴動作、フェイク動作など対人スポーツにおけるパンチやキック動作もクイックネスの動きになります。 クイックネスの限定因子はパワー、可動性(各関節部位を素早くかつ効率よく動かせる能力)になりま…

バイオバンディングにおける晩熟な選手(競合する年齢グループ内の晩熟な選手や1年の最後の4カ月に生まれた選手(最も若い選手)は、選抜選手から外される可能性が20倍も高くなると報告されている)

…トは、身体の大きさやスピードやパワーが要求されるスポーツでは明らかに不利になります。 その結果、晩熟な選手は成功を体験する可能性が低く、またその才能を発見されるチャンスも少なくなります。 たとえ、晩熟な選手が選ばれたとしても彼らが重要なポジションを任されて、試合に大きな影響を及ぼす可能性は低くく、最も幼い選手であることや最も成熟度が低い選手であることに伴う大きな挑戦は、彼らが優れた選手の長期的な発達のための刺激を果たすことであるともいえます。 www.nakajimabone…

プライオメトリックストレーニングと持久力強化(プライオメトリックストレーニングは、2.4㎞、3㎞、5㎞のランニングパフォーマンスにも有益な効果をもたらしたことが明らかになっている)

…グでは低いランニングスピードにおけるREを向上させるのに不十分である可能性を示唆しています。 また、研究結果が異なるもうひとつの理由として、両研究のランニング量の違いが考えられます。 www.nakajimabonesetter.com ランニングパフォーマンスとプライオメトリックストレーニング Saundereらの研究の被験者は週60~80㎞であり、この研究ではより多量の持久走が実施されていたことが干渉作用を引き起こした可能性があります。 このことは、プライオメトリックスト…

股関節、膝関節伸展モーメントの関連変数(パワートレーニングのための最適な負荷は、全身の発揮パワーを最大にする負荷であると強調してるが、股関節の発揮パワーを最大にする負荷でトレーニングするほうが効果が大きい)

…リフト)、ランニングスピードが早くなるにつれて、また跳躍高が高くなるにつれて、股関節伸展モーメントや関連変数が膝関節伸展モーメントや関連変数よりも相対的に大きく動作に貢献することを示しています。 同様に、より速い側方動作でも、股関節外転モーメントよりも股関節伸展モーメントのより大きな増加が必要とされます。 すなわち、アスリートがトレーニングにより最大パワーと最大スピードを発揮できるようになるためには、矢状面でもまた前額面でも、主要な股関節伸展筋群(大臀筋とハムストリングス)の…

アスリートの支持期の接続時間(短い接地時間で長い距離にわたって身体を推進させるということは、支持期の120~200ミリ秒間に、より大きな水平力/パワーが発揮されていることを示唆している)

…に、同じアスリートがスピードを増大させて走っている際はストライド長が増加していると考えられます。 しかしどちらの環境においても、支持期の持続時間が劇的に減少します(約45~50%)。 つまり短い接地時間で長い距離にわたって身体を推進させるということは、支持期の120~200ミリ秒間に、より大きな水平力/パワーが発揮されていることを示唆しています。 対照的にストライド頻度は、4~8m/秒で走っている際はごくわずかしか増加せず、この際遊脚期の持続時間に変化は認められません。 つま…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

アジリティテスト スピード、加速、アジリティのテストとは スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。 40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが10および20ヤードスプリントを用いています。 1年のどの時期に当たるか、また選手達のやる気やコーチ陣の意向にもよりますが、ときには10/20ヤードのテストを1,2回行うこともあります。 方向転換の能力を評価するものとし…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…少女間で比較しても、スピードやアジリティおよび、パワーのパフォーマンスの違いはごくわずかになります。 早熟な少女はテニスや水泳などの体格や筋力が重視されるスポーツで平均以上の能力を発揮することが多く、美的特性や相対的筋力あるいは持久力など協調されるスポーツ、例えば、体操や飛び込み、長距離走、フィギュアスケート、自転車競技などでは、平均以上に優れていることは評価されにくくなります。 成熟度が進んだ少女たちは、適応的な心理特性は控え目で自尊心レベルが比較的低く、自分の身体的魅力や…

運動と酸素の生理学的指標(無酸素性作業閾値と乳酸性作業閾値)

…水泳選手における目標スピード設定に利用されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bangsbo J,Gollnick PD,Graham TE,Juel C,Kiens B,Mizuno M,Saltin B,Anaerobicenergy Production and O2Deficit Debtlelationship during exhaustive exercise in human J Physiologic422:539-5…

股関節の発揮パワー(ジャンプスクワットでは、股関節の発揮パワーは42%1RMで最大になるのに対して、全身の発揮パワーは負荷のない場合(0%1RM)に最大になった)

…変数は、ランニングのスピードが速くなり、ジャンプの高さが高くなるにつれて増大します。 すなわちこれらの動作では、低強度での膝関節優位から高強度での股関節優位への変化が起こることを意味します。 これらの動作中、強度が増すにつれて、股関節がより大きなモーメントを発揮することは驚くべきことではなく、股関節モーメントが膝関節モーメントよりも大きな割合で増加するという事実は、これらの動作中のメカニクス(フォームやテクニック)も、股関節への依存がより少ない方法へと変化することを示唆してい…