Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

ソフトボール の検索結果:

パワーのためのトレーニング原理(パワー発揮能力の向上を図る際、外部負荷が減少するにつれて最大筋力の影響が低下し、力の立ち上がり速度への依存度が高まる)

…ール、バレーボール、ソフトボールなどの競技を調べれると、最大筋力とピークパワー(r=0.719)、およびTテスト(r=-0.408)との間に有意な相関関係が認められました。 また、様々な競技から男子(バスケットボール、バレーボール)と女子(バスケットボール、バレーボール、ソフトボール)をひとつの被験者群にまとめると、バックスクワットの筋力は、ピークパワー(r=0.917)およびTテスト(r=-0.784)の結果と高い相関関係が明らかになりました。 概念的には、外部負荷が減少す…

ベンチプレステスト(安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法が推奨される)

…いない選手もいます(ソフトボールの投手や槍投げ選手など)。 しかし、トレーニングプログラムで行われるオーバーヘッドのウェイトリフティング動作(スナッチ、プッシュジャーク、オーバーヘッドスクワットなど)はいずれも、ベンチプレス動作をプログラムに取り入れていない選手も含めて、ほとんどのアスリートに上半身の筋力の大幅な向上をもたらします。 プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数(挙上重量を体重比で示す)との間には、高い相関関係が存在する) …

健全な体幹強化のルーティンでは60レップを超えないことが推奨される(椎間板は血管が少なく、代謝産物の運搬レベルも低く、他の骨格組織に比べリモデリングが遅れるため、回復により多くの時間が必要である)

…学的研究では、野球、ソフトボール、ゴルフ、水泳、ダイビング、ジョギング、エアロビクス、ラケットスポーツ、ウェイトリフティングなどのスポーツへの参加は、椎間板ヘルニアの増加リスクとは関連がなく、むしろヘルニアに対する予防効果すら提供することが明らかになっています。 Kelseyらは、椎間板脱出に関しても類似の結果を報告し、これらのスポーツの多くは、屈曲を含む脊椎の運動を高頻度で行うが、その事実は人の脊椎の屈曲回数には上限があるという理論に疑問を投げかけています。 脊椎屈曲エクサ…

パワーはオーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながる

…を果たし、特に野球、ソフトボール、フットボール(クォーターバック)、ハンドボール、クリケット、投擲、水球などの競技では、投球速度を向上させ、強化し、維持することが試合や競技の結果を左右するために、重要視されます。 野球選手におけるオフシーズンからプレシーズンへのトレーニング(筋力と爆発力をともに訓練するエクササイズを組込まなければならない) オーバーハンドスローイング選手におけるストレングストレーニング 投球速度を目指すレジスタンストレーニングプログラムは、漸進的過負荷とトレ…

前十字靭帯(ACL)損傷と女性選手(解剖学的因子:顆間切痕幅と膝関節の弛緩、ACL伸張強度や月経状態などの成長因子、性ホルモン因子とバイオメカニクス的因子:動作パターン、筋力不均衡、筋活動パターン)

…ケットボール、野球、ソフトボールにおける重度の傷害発生率を検証した研究によると、すべての競技を合算した場合、男子(r=0.45)は女子(r=0.26)よりも重度の傷害の発生率は高くなりました。 しかし、同研究においては、競技毎における重度の傷害発生率を男女で比較すると、バスケットボールおよびサッカーにおいては、女子は男子よりも傷害発生率は高いことが示されています。 男女の障害発生率の差は、膝関節においても存在し、膝は高校生アスリートにおいて一般的な障害部位になり、外科的対応を…