Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニング の検索結果:

長距離選手のプライオメトリックトレーニングの利点(高い着地衝撃に対応することを助け、筋のコンプライアンス(柔らかさ)を左右するゴルジ腱紡錘を徐々に抑制して、推進力とRE、RFDの向上を促す)

…のプライオメトリックトレーニング ランニングエコノミーとスティフネス ランニングエコノミー(RE)が筋腱スティフネス(硬さ)に大きく影響することはよく知られており、このスティフネスを向上させるにはプライオメトリックトレーニングが最も適していることは数多くの研究が認めています。 www.nakajimabonesetter.com レジスタンストレーニング、プライオメトリックトレーニングのインターバルにおいての基本 プライオメトリック(SSC)とキャリーオーバードリル 下半身の…

バイオバンディング(暦年齢ではなくむしろ体格や成熟度に基づいてアスリートをグループ分けしたり評価したりすることを意味している)

…除する概念ではなく、トレーニングや試合のためにアスリートを体格や成熟度に応じてグループ分けする際には、それらの特性も同時に考慮すべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Olympic…

股関節、膝関節伸展モーメントの関連変数(パワートレーニングのための最適な負荷は、全身の発揮パワーを最大にする負荷であると強調してるが、股関節の発揮パワーを最大にする負荷でトレーニングするほうが効果が大きい)

…なわち、アスリートがトレーニングにより最大パワーと最大スピードを発揮できるようになるためには、矢状面でもまた前額面でも、主要な股関節伸展筋群(大臀筋とハムストリングス)の筋力を発揮させることが一番の関心事でなければならないということを意味します。 www.nakajimabonesetter.com 競技動作に似たエクササイズと各関節の伸展モーメント 競技動作にきわめてよく似たエクササイズ(スプリンタ、ーのスプリント、パワーリフターのスクワットなど)でトレーニングを行うアスリ…

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

…意に向上させたため、トレーニングセッション後半においてスプリントタイムを短縮することができ、このことから、無酸素的解糖系を刺激して、血中乳酸濃度が高くとも最大努力を維持する能力を増大させるようなトレーニングプロトコルが推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.…

アスリートの支持期の接続時間(短い接地時間で長い距離にわたって身体を推進させるということは、支持期の120~200ミリ秒間に、より大きな水平力/パワーが発揮されていることを示唆している)

… York University Toronto Ontario スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者:出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 スプリント・トレーニング・マニュアル作者:阿部 征次出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2004/03メディア: 単行本 陸上競技を科学する作者:関岡 康雄出版社/メーカー: 道和書院発売日: 1999/03/30メディア: 単行本

最大走速度を向上させるには(最大走速度を向上させるためには、鉛直と水平両方の地面反力(GRF)を増大させなければならないことが明らかになっている)

…る本作者:出版社/メーカー: メイツ出版発売日: 2015/06/25メディア: Kindle版 スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者:出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 ジュニアアスリートのための走り方の強化書 スポーツに活きる走力アップのコツ55 (コツがわかる本!ジュニアシリーズ)作者:出版社/メーカー: メイツ出版発売日: 2019/03/05メディア: 単行本(ソフトカバー)

伸張-短縮サイクル:SSC(伸張反射による短縮性筋活動が生む収縮力が増強され、この反射は運動神経の興奮レベルと動作の振幅の小ささに影響する)

…マンスのための伸張性トレーニング 筋が抵抗に打ち勝つことを求められる際(短縮性筋活動によって収縮することを求められるとき)、それを実行する能力は、短縮性筋活動の前に伸張性活動が行われているかどうかにより決まるとされています。 短縮性筋活動だけによる発揮筋力は、先行的に伸張性筋活動を伴う短縮性筋活動よりも低いことが研究によって示されています。 www.nakajimabonesetter.com SSC(Stretch Shortening Cycle:伸張-短縮サイクル) 伸…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

…6.2006 SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者:出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(ソフトカバー) クレーマージャパン SAQトレーニングDVD 2巻セット SC000600メディア: その他 SAQトレーニング―スポーツ・パフォーマンスが劇的に向上する (BBMDVDブック)作者:出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2007/01メデ…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…ツ財団発売日: 2018/03/01メディア: 大型本 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー) SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者:出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(ソフトカバー)

スクワットにおけるキューイングと補完(抵抗を刺激として用いた際にアスリートのテクニックが改善される場合は、神経筋の弱点が原因もしくは、課題の理解不足により制限されている可能性が高い)

…抗は、筋力と安定性のトレーニングの主要な目的に対して、アスリート自身に備わる筋力と可動性を打ち消す刺激を提供します。 さらに、レジスタンストレーニングは単に筋力を強化するだけではなく、アスリートに自分のテクニックに気づかせ、修正を促すための身体的な刺激を提供する可能性があります。 例えば、フロントスクワット中に、体幹を屈曲させようとする負荷に気づかせると、この抵抗に対処するために、アスリートは後部の筋構造を動員することに集中し、その結果、アスリートは身体的な刺激により、望まし…

若年アスリートにおける脊椎の整合性(アスリートが不安定なサーフェス上で膝立ちで行うコアの安定性エクササイズは、深部組織の活性化とコアのバランスを効果的にトレーニングするために実施できる)

…コア(体幹)活性化のトレーニングを行う際には、下肢(足関節など)から提供されるバランスの支えを取り除くために、アスリートは、四足歩行の姿勢や膝立ちまたは仰臥位などの姿勢でコアの筋群を刺激することが有益であるとされています。 例えば、アスリートが不安定なサーフェス上で膝立ちで行うコアの安定性エクササイズは、深部組織の活性化とコアのバランスを効果的にトレーニングするために実施できます。 www.nakajimabonesetter.com 若年アスリートに対してのコアトレーニング…

運動と酸素の生理学的指標(無酸素性作業閾値と乳酸性作業閾値)

…6/08メディア: スポーツ用品この商品を含むブログ (2件) を見る 最大酸素摂取量の科学作者: 山地啓司出版社/メーカー: 杏林書院発売日: 2001/03/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2018/01/30メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

Yo-Yo Intermittent Enduranceテストとは(Yo-Yo IEテストは、Yo-Yo IRテストと同様に間欠的に20m区間の往復ランニングを行なう)

…N(ガーミン) ランニングウォッチ 時計 GPS ライフログ ForAthlete 230J パープル×ストライク 【日本正規品】 FA230J 371788発売日: 2016/06/08メディア: スポーツ用品 最大酸素摂取量の科学作者:山地 啓司出版社/メーカー: 杏林書院発売日: 2001/03/01メディア: 単行本 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者:出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2018/01/30メディア: 単行本

跳躍高の増加に伴い、股関節伸展モーメントはどのように変化するか?

…: 単行本(ソフトカバー) クリック: 5回この商品を含むブログを見る 記録が伸びる! 陸上競技 跳躍 ?走り幅跳び・三段跳び・走り高跳び・棒高跳び? コツがわかる本出版社/メーカー: メイツ出版発売日: 2016/01/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル作者: NSCAジャパン,福永哲夫出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2019/01/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

バイオバンディングとは(暦年齢により発育や成熟に関連する属性に基づきアスリートをグループ分けする手法になる)

…リートは従来、試合やトレーニングなどの目的に応じて、暦年齢(生年月日に基づく年齢)でグループ分けされます。 しかし、同年齢の子どもであっても、生物学的な成熟はそれぞれ大きく異なり、成熟はそれぞれ大きく異なり、成熟の早い子もいれば遅い子もいます。 www.nakajimabonesetter.com 成熟とは 成熟とは、成人または成熟した状態に向かって発達することを意味し、成熟度(思春期前、思春期、思春期後など)を意味するのに対し、タイミングとは、例えば身長最大速度(PHV:p…

股関節の発揮パワー(ジャンプスクワットでは、股関節の発揮パワーは42%1RMで最大になるのに対して、全身の発揮パワーは負荷のない場合(0%1RM)に最大になった)

…し、その負荷を用いてトレーニングすることが、全身パワーに最適な負荷でトレーニングするよりもパフォーマンスに役立つ可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 力が増すことで股関節伸展筋群の働きが増す 股関節対膝関節の伸展モーメント比や関連変数は、スクワット、ランジ、デッドリフト、ヘックスバーデッドリフト中の負荷の増加に伴い増大します。 さらに、股関節対膝関節の伸展モーメント比や関連変数は、ランニングのスピードが速くなり、ジャンプの高さが高くなるにつ…

筋の適応の最大化と有酸素性運動(有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献している(30秒間の短いスプリントでは20%))

…性運動 レジスタンストレーニングと有酸素運動 Lundbergらの研究では、6時間の休息を挟んでレジスタンストレーニングとサイクリングエクササイズを行うと、筋機能は損なわれず、またレジスタンストレーニングを単独で実施した場合よりも筋全体のサイズを増大させました。 しかも、速筋線維(遅筋線維の5~6倍の力を発揮する)の適応が狙いであったにもかかわらず、筋の有酸素性能力も向上しました。 したがって、2つの運動様式の間に適切な休息時間が設けられていれば(6時間超)、同時トレーニング…

長距離選手の筋力向上のメリット(筋力の向上により接地時間の負荷局面中に適用される相対的な力(%max)が減少、それにより力発揮代謝要求が減少、付加的な仕事に利用できる予備の運動単位が生じる)

…ト 筋力およびパワートレーニングはREを向上させるか? 筋力の向上は、有酸素性持久的パフォーマンスを向上させる可能性があります。 根拠として、筋力の向上によって接地時間の負荷局面中に適用される相対的な力(%max)が減少し、それによって同じ力発揮に対する代謝要求が減少して付加的な仕事に利用できる予備の運動単位が生じるからです。 www.nakajimabonesetter.com ランニングエコノミーに関わる筋の立ち上がり速度と代謝産物 さらに筋力の向上は、パワーと力の立ち上…

バックスクワットにおける修正:胸部のポジション(アッパークロスシンドロームでは、胸筋や僧帽筋上部が硬く、深部の頸部屈筋群や菱形筋、僧帽筋下部が弱いために姿勢に影響が出てしまい、頚椎前弯と胸椎後弯が増し、肩が上がり、前に出て、肩甲骨が回旋または外転し安定しない)

…とができます。 トレーニングテクニックとして、アスリートの左右の肩甲骨の間に指を置き、その指をスクワット中ずっと肩甲骨で挟むように指示することもできます。 www.nakajimabonesetter.com 正しい胸と肩のポジションをとるために さらに、この評価で用いたウッドバーも、アスリートが正しい胸と肩のポジションをとるために有用になります。 胸のポジションが不適切なままバックスクワットを続けるようであれば、上背部の筋力の制限および、可動性の不足が原因がある可能性があり…

身体前面および背面のセラーぺ:回旋動作のコア(競技動作において、大部分のパワーを生み出すのは股関節の筋群になり、このパワーは運動連鎖によって上へ向かい「硬く」なったコアを通じて腕に伝達される)

…論を唱え、また様々なトレーニング方法を提案しています。 一部のグループは、脊柱を安定化して疼痛を抑える上で、例えば、腹横筋(TVA)や腰筋などの単独の筋が、歩行やリフティングのパターンに重要な役割を果たしているとの説を唱えました。 その後、一部の臨床家や教育者によって、「ドローイン」動作やTVAの活性化など、特異的なコアトレーニング方法が提案されました。 これらのアプローチをめぐっては賛否が分かれますが、その妥当性や有効性についてはMcgillが幅広い議論を行っています。 そ…

脊椎系の機能とコア(体幹)トレーニング(上肢および下肢動作中、上肢および下肢の筋が活動する前に、「腹横筋」が先行して活動する)

…椎の機能とコア コアトレーニングの目的とは 理論的には、コアトレーニングはパフォーマンスを向上させ、障害を予防し、腰椎の損傷を治癒するために行われます。 McGillによると、「よく鍛錬されたCoreは至適パフォーマンスと障害予防に欠かせない」と言われています。 www.nakajimabonesetter.com 構造と機能 コアの漸進的トレーニングプログラムを提案する研究数は数多く、そしてそれらの提案は、1992年に発表されたPanjabiの2本の論文と1997年に発表さ…

素早い動きと爆発力を兼ね備えたアスリートになるには(基本的なダイナミックウォームアップドリルは、運動能力を高める上で基礎となる重要な要素になるものが多くなる)

アジリティトレーニング 加速と減速 次のレベルでは、フットワークのパターンに重点を置き、加速と減速の方法を習得します。 ここでは、前方および側方のストップアンドゴードリルを行います。 これは5ヤードのスプリントと停止(前方および側方移動)を繰り返すという方法になります。 フットワークのパターンを習得するため、ツーフィートインエブリホールによる前進やワンフットインエブリーホールによる側方移動、1-2-3スピンカット、1-2-3-4イン&アウトオブザラダーによる側方移動など、さら…

ハムストリング損傷と神経筋トレーニングの重要性(固有受容器および腰椎-骨盤の神経筋制御強化が障害を予防・減少させる)

…リングス損傷と神経筋トレーニングの重要性 ハムストリング損傷と神経筋制御 ハムストリングの再損傷予防について、腰椎-骨盤の神経筋制御が関わっているということが報告されています。 www.nakajimabonesetter.com Cameronら研究 Cameronらは、平均以下の神経筋制御がハムストリング損傷を招きやすいことを示しました。 彼らは28名のオーストラリアンフットボールリーグの選手を対象として、荷重負荷姿勢での脚の振り上げ動作に関する識別テストを用いて脚の神経…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

プライオメトリックトレーニングの実施 プライオメトリックスとランニングパフォーマンス プライオメトリックストレーニングは爆発的な形式の筋力トレーニングであり、爆発的な動作を用いて筋パワーを向上させます。 プライオメトリックスエクササイズでは、素早い伸長性動作から短い償却局面を経て爆発的な短縮性動作を行い、伸長-短縮サイクルにおいて共同筋に伸張反射を起こさせます。 このトレーニング様式は、筋肥大を抑制しながら力の立ち上がり速度を向上させるといった、特異的な神経筋の適応を起こすこ…

高強度の複合下半身動作と爆発的競技動作に伴う股関節伸展筋群の役割(ジャンプやランニングでは、負荷の増加に伴って股関節の関与の比率が高まるだけではなく、低強度での膝関節優位から高強度での股関節優位への変化も示す)

…おいては、股関節伸展トレーニングは優先すべきとされています。 そのため、アスリートのためのプログラムでは、股関節優位のエクササイズを用いること、複合下半身レジスタンスエクササイズを用いること、複合下半身レジスタンスエクササイズでは、アスリートが上達するにつれて重い負荷を強調すること、そして爆発的な下半身のトレーニング中に、股関節伸展モーメントを最大化する負荷を用いることが重要になります。 競技動作とレジスタンストレーニングでは、負荷や速度にかかわらず、股関節と膝関節の筋群は、…

スプリントの筋活動パターン(足関節後面の筋の優位性は支持期前半に伸張性筋活動が行われ、後半では短縮性筋活動が低下するという特徴が見出された)

スプリントの筋活動 短距離走者の筋活動 Mann&Spragueは、高い技術を有する短距離走者の股関節、膝関節、足関節の筋活動を検証しました。 足関節後面の筋の優位性は支持期前半に伸張性筋活動が行われ、後半では短縮性筋活動が低下するという特徴が見出されました。 この結果を裏付ける証拠は他の複数の研究者グループによって提供されています。 支持期が進行するにつれて腓腹筋の筋活動が弱まり、つま先が地面を離れるまでには消滅している可能性のあることが報告されています。 また、股関節伸展…

ストライド頻度を増やすには(単純なバットキックドリルでも同じことができ、踵を素早く引き上げる練習をすればストライド頻度を増やすことができる)

…組んでハーネスを使うトレーニングも重点的に行います。 1人のアスリートがパートナーと反対方向にコードを引けば減速力が生じ、パートナーは抵抗付きで加速力を加えることができます。 これは、20ヤード走った後、役割を交代します。 www.nakajimabonesetter.com ストライド頻度を増やすには 最後に、すべてのレベルに重複する部分があることを忘れてはいけません。 例えば、単純なハイニードリルでも有酸素性コンディショニングとスプリントのフォーム作り、ストライド長のトレ…

パフォーマンスの為のコアエクササイズ(脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険だが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になる)

…ス向上のための背部のトレーニングは(運動競技または職業への応用)、リハビリの目的を達成するためのトレーニングとは異なる方法や目標を必要としています。 これらは適切なコレクティブエクササイズ(各関節がスムーズに動き、四肢の筋肉が連動して動くエクササイズ)を行った後の運動パターンの確立から、さらに安定性、持久力、筋力、スピード、パワー、アジリティへの漸進が含まれます。 ここで注意が必要な項目は、脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険ですが、代わりにパワーを肩と股関…

サッカーにおける心拍計の活用(シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心拍数は異なるので、運動直後の回復力(乳酸クリアランス)に注目する)

…た、選手個人におけるトレーニング負荷のデータを得ることも可能にするので、オーバーワークや怪我の予防にも大いに役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com データの活用がトレーニングに活きる 現在ではヨーロッパを中心に多くのプロクラブがこの心拍計や試合中の走行距離、スプリント数を計ることができるテクノロジーを活用しています。 今後、こういったテクノロジーの利用が普及し一般化することで、より安全で質の高いトレーニングが多くの選手に提供されることが期待されます…

バックスクワット不正確動作の修正(エクササイズ指導に対する誤った理解、神経筋のコーディネーションと動員の不足、あるいは関節の硬直性など)

… 高校生のための体力トレーニングマニュアル作者: NSCAジャパン,福永哲夫出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2019/01/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る ストレングストレーニング&コンディショニング ― NSCA決定版 (第3版)作者: Thomas R.Baechle,Roger W.Earle,金久博昭,岡田純一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2010/02/26メディア: ハードカバーこの商品を含むブログを見…