Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

トレーニング の検索結果:

青少年アスリートを対象としたパフォーマンスと傷害予防には(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれている。

…上を目的とした神経筋トレーニングを考察した大多数の研究には、多くの要素(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれています。 したがって、それぞれの構成要素の貢献を評価することは難しくなりますが、青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)は、6つの必須構成要素に分類できます。 www.nakajimabonesetter.com 青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)の6つの必須構成要素 動的安定性 コ…

なぜ風邪をひくのか。

なぜ風邪をひくのか。 かぜは、呼吸器症状と全身症状が組み合わされて起こるかぜ症候群のことをいいます。 【呼吸器症状】・・・くしゃみ、鼻汁、鼻閉(鼻づまり)、喉の痛み、咳、痰など 【全身症状】・・・発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感など かぜ かぜは主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称で、数日~数週間程度で自然緩解し、予後は良好です。 流行原因のウイルスには、活動に適した環境があり、季節や時期によりウイルスの種類が違いますが、いずれも上気道の粘膜から感染し…

コーディネーションエクササイズの漸進(INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになる)

INTトレーニング INT(神経筋統合)トレーニングの目的 INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになります。 基本的な運動能力とSSSに必要とされるコーディネーション能力を発達させるために、先行研究に基づいて、包括的なトレーニング指針を実施することになります。 この方法論に関連して、スキルが結合した複雑な活動(ジャンプ-方向転換-ジャンプなど)を分析した他の研究も、この種の課題遂行能力を正しい方法で発達させる難しさに関して、さらに多くの情…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…におけるレジスタンストレーニング 筋力トレーニングの漸進 科学的な研究に基づいた、青少年のための筋力トレーニングの漸進に関係のあるもうひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になります。 始めは、低負荷から中程度の負荷を用いて、低速から中程度の速度でレジスタントレーニングを行う必要があります。 幼年期の高い神経可塑性を考えると、若年アスリートはまず低強度のエクササイズでしっかり確実な技術を習得し、その後運動のスピードや負荷を適切に漸進させることが重…

プライオメトリックエクササイズの注意事項(競技パフォーマンスの分野では、力発揮の閾値の限界が250ミリ秒であるため、遅いSSCエクササイズは反射による増強を最大限に利用するために十分とはいえない)

…、プライオメトリックトレーニングを処方し指導する際の遅いSSCと速いSSCの相違になります。 遅いSSCエクササイズは、カウンタームーブメントジャンプのように、ジャンプする際の筋の短縮時間が比較的長く(>0.25秒)、下肢関節の大きな角変位が特徴になります。 一方、速いSSCは、トリプルジャンプアクションなどの例からもわかるように、比較的小さな角変位と短時間の伸張-短縮の組み合わせ(<0.25秒)になります。 競技パフォーマンスの分野では、力発揮の閾値の限界が250ミリ秒であ…

プライオメトリックストレーニングの漸進に関する留意点(筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要がある)

プライオメトリックトレーニングの留意点 プライオメトリックストレーニングに関するこれらのすべての留意点により、筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要があります。 スティフネスが高ければ、予備活性が増大し、その結果、筋は接地局面で一層効率的な方法で高衝撃の負荷に耐え、衝撃を吸収できます。 したがって、スポーツ選手の漸進は、より低強度で低速のドリルから開始し、次第により高強度で高速のエクササイズに進むように計画しなければなりません。 Lloydらは、青少…

肩鎖関節脱臼

肩鎖関節脱臼は、肩鎖関節の安定化に関わる肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯が損傷することによって生じる脱臼です。 ラブビーや柔道などのコンタクトスポーツ時や交通事故で、肩を下にして転倒した際に受傷することが多いです。 病態 肩を下にして(内転位)転倒した際、肩峰の上方に外力が加わる(直達外力)ことによって、肩鎖靭帯、烏口鎖骨靭帯の損傷により鎖骨が転移します。 損傷程度によって捻挫(Ⅰ度)、亜脱臼(Ⅱ度)、脱臼(Ⅲ度)と分類されます。 捻挫(Ⅰ度):肩鎖関節の捻挫で、靭帯の損傷はない。 亜…

INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点(方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定プロセスに伴い増加する)

INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムの方向転換における注意すべき点 INT(統合的神経筋トレーニング)プログラムに関しては、速いスピードでの方向転換能力のトレーニングを行なう際、下肢のバイオメカニクスに特別な注意を払う必要があり、特にカッティング動作を行なう際の前額面での膝関節のバイオメカニクスのコントロールを誤ると、ACL(前十字靭帯)剪断などの傷害の主要リスクとなります。 方向転換時(COD:change of direction)の靭帯への負荷は、疲労や意思決定…

青少年のアジリティトレーニング(思春期直前の技術的能力が不足している子どもの場合、第一の焦点はFMSの発達に、第二の焦点はCODSとRATに置くべきとされている)

…年におけるアジリティトレーニング 青少年のアジリティトレーニングに関する科学的な研究の不足にもかかわらず、Lloydらは、最近、FMSと方向転換のスピード(CODS)および反応アジリティトレーニング(RAT:reaction agilit training)に基づいた技術的能力の各段階の漸進例を作成しました。 方向転換のスピードは、オープン様式で非計画的な反応的アジリティとは対照的なスキルであり、本質的にクローズド様式で事前に計画されたスキルであると考えられています。 www…

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

…リントタイムの様々なトレーニング方法が研究されています。 その結果、身長発育速度(Peak height velocity)がピーク前または中程度の参加者では、プライオメトリックトレーニングがスプリントタイムに対する効果が最も大きく、一方、身長発育速度がピークを過ぎた参加者では、統合的なトレーニング方法(スプリントとプライオメトリックスと筋力トレーニング)が最も効率的であったことが示されています。 しかし、著者は、これらの分野では知識が限られているため、様々なトレーニング方法…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

傷害リスクとトレーニングの漸進 漸進性の原則に関連し、トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければなりません。 トレーニング負荷は、予め決定されたレップ数を一貫して正確に行うことができるようになった場合に、重量を5~10%ずつ増加させねばなりません。 さらに、トレーニングプログラムはそれぞれの参加者の要求や目標、さらに能力を考慮して織り込まなければなりません。 www.nakajimabonesetter.com …

胸郭出口症候群

胸郭出口部において、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで、上肢の感覚障害や運動麻痺をきたす疾患です。 牽引型と圧迫型、混合型に分類されます。 ①好発:首が長いなで肩の20~30歳代女性(牽引型)または、筋肉質の30歳代男性(圧迫型)で男女比は1:2~3です。 ②上肢の疼痛、しびれ、だるさ、肩こり、握力低下などの感覚障害、運動麻痺があります。 ③誘発テスト(アドソンテスト、ライトテスト、モーレイテスト)で陽性となります。 必要に応じて画像検査などをおこないます。 日…

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

…けやすく、したがってトレーニング的観点最も改善が可能になります。 このレビューの目的は「様々な筋と関節組織の圧力、張力と長さの変化を検出することによって達成され、動的な関節安定性の維持に貢献する感覚運動の感度」と定義しています。 www.nakajimabonesetter.com 固有感覚の低下 固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなります。 固有感覚の低下は、ACL断裂、質外大腿疼痛症候群、慢性足関節不安定症などを含む…

筋力と筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

筋力不足 動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。 能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。 筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。 研究によると、筋力不足は急性(ACL断裂やハムストリングスの肉離れ)と慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。 www.nakajimabonesetter.com

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

…での傷害リスク KBトレーニングのために利用可能な多くの教育情報源の欠点として、ニュートラルではない脊椎(例えば、胸椎、頚椎または腰椎の過伸展など)でKBを実施していることが挙げられます。 エクササイズ中に腰椎を屈曲することは腰部の傷害リスクを高めます。 腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになります。 これは、KBをエクササイズ中の脊椎の自然な弯曲を…

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

バランストレーニングと不安定なレジスタンストレーニング 多くのスポーツ活動では、バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮することが必要であるため、不安定なレジスタンストレーニング(BOSU上でのスクワットなど)は、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促す(体幹の筋の活性化、共収縮、四肢筋群の活性化をより高める)ことが明らかになっています。 さらに、不安定性トレーニングは関節に与えるストレスがより少ない状態で筋の高い活性化を達成できるため、有益にな…

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)と基礎的運動能力(FMC:Fundamental movement competence)

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill) INTでは、最初に基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)を身につけることによって、パフォーマンスの土台を作る必要があります。 FMSは運動の基本単位であり、通常、移動運動(走る、ジャンプ、ホップなど)、操作すなわち物体のコントロール(キャッチ、投動作など)、および安定性スキル(バランスをとる、捻るなど)のカテゴリーに分けられます。 これらのスキルは競技特…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…、高強度インターバルトレーニング(HIIT:high intensity interval training)が青少年や成人のアスリートの心肺系や代謝系および神経筋の能力向上を図る、最も効果的でよく用いられる方法となっています。 HIITは、トレーニングを積むことで、高強度の能力向上を反復する能力を改善するための基礎となります。 www.nakajimabonesetter.com HIITの方法 HIITの方法は、短時間から長時間の高強度エクササイズを積極的または消極的な休…

頚部痛:エクササイズの留意点(頭頸部の滑らかな運動と方向性は、環境に対する位置覚に必要になり、これらのメカニズムが機能するためには、筋と感覚の制御が少なからず必要になる)

…部の重要性を考慮し、トレーニングや施術を調整することが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com むち打ち症 むち打ち症は交通事故や転倒などによる外傷の後に発症することが多く、この傷害は、頭部がある方向に、続いて逆方向に強い力で一気に動かされた場合に起こります。 このとき下層の軟部組織の損傷が起こることも多く、大きな痛みを伴う可能性があります。 クライアントは激しい疼痛を訴えることが多くなりますが、時間の経過に伴い痛みは軽減します。 症状は両側性の…

青少年アスリートにおける神経筋傷害リスク因子の分析(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位性(動的外反)、下肢の神経筋のアンバランス、不十分な筋スティフネス、姿勢安定性の不足、固有感覚の変化、そしてフィードフォワードコントロール等がある)

…害リスク因子と神経筋トレーニングの関連要素 青少年の神経筋傷害の潜在的リスクの潜在的リスク因子 神経筋トレーニングの焦点 筋疲労 筋力とパワー 筋持久力 高強度インターバルトレーニング 疲労状態でのトレーニングへの漸進 筋の活性化のタイミングと大きさの変化 筋力/パワー(プライオメトリックトレーニング) 腓骨筋の反応時間の遅れ 動的スタビライゼーション 大腿四頭筋とハムストリングスの内側と外側の活性化のアンバランス 固有感覚 主働筋と拮抗筋の同時活性化の減少 筋の自覚的活性化…

青少年アスリートのコーディネーション能力とは(空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になる)

青少年におけるコーディネーション能力の発達 青少年におけるコーディネーション能力の発達に関して、研究により、多種多様なコーディネーションの分類が提供されています。 特に、Meinel&Schnabel'sによるコーディネーションの分類は、適切なコーディネーション能力の包括的なリストを提供しています。 すなわち、空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になります。 www.nakajimabonesetter.com…

ケトルベルトレーニング(外的負荷を素早く加速したり減速したりすることを要求されるKBトレーニングは神経筋系に過負荷をかける研究では、結果として筋力とパワーの増加が認められた)

…ことを要求されるKBトレーニングは一層大きな筋活動をもたらします。 被験者に対し筋骨格系と神経筋系に過負荷をかけるより困難なエクササイズを行わせる研究では、結果として筋力とパワーの増加が認められました。 Lake&Lauderによる研究では、介入群(KB)とコントロール群(ジャンプスクワット)に週2回、6週間のエクササイズを行わせました。 KB群の介入は、30秒の運動と30秒の休息からなるKBスイングを12ラウンド(6レップ3セット)と、加速KBスイング(6レップ4セット)で…

踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

踵骨骨端部に生じる骨端症で、10歳前後の男児に多く、明らかな誘因はなく踵骨結節部に痛みを訴えます。 成因は、繰り返されるアキレス腱の牽引力によって発生します。 おもに、発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着しているところ)にダッシュやジャンプなどの運動を繰り返すことで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核の壊死、または骨軟骨炎を発症します。 いわゆる骨端症のうち、オスグット・シュラッター…

持久力トレーニングと筋力トレーニングによる干渉作用とは(筋力と持久力の同時トレーニングを実施した場合には、筋力の向上効果が抑制されますが、一方で持久力パフォーマンスには悪影響が生じないことが明らかになっている)

持久力トレーニングと筋力トレーニング 持久力トレーニングと筋力トレーニングは、それぞれがもたらす適応の種類が異なります。 持久力トレーニングがもたらす主な適応は、心拍出量、ミトコンドリア密度、酵素濃度と酵素活性、および毛細血管密度の増大によるVO2maxの向上であるのに対し、筋力トレーニングの主な目的は、神経筋活性と筋肥大の促進による最大筋力の向上になります。 www.nakajimabonesetter.com 干渉作用 このような適応の違いにより、筋力と持久力の同時トレー…

加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)と栄養(最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきた)

サルコペニアの予防と栄養管理 サルコペニアの予防と栄養管理におけるタンパク質の役割についての最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきました。 また、ロイシン摂取は若年者と高齢者の運動後6時間の骨格筋タンパク質合成を促進させることが報告されています。 ただし、高齢者の骨格筋タンパク質合成は若年者に比べるとスピードが遅く、高強度ではなくても、骨格筋タンパク質代謝は回復、維持されることも明らかとなっています…

ケトルベルの安全性(ケトルベルによる最大心拍数(HRmax)の少なくとも76%に達する活動は、心臓血管系の健康向上に利益をもたらす「活発な」エクササイズに分類される)

… したがって、このトレーニング用具による利益とその利用には、エビデンスに基づくアプローチが必要になります。 KBの構造は非常に単純ですが、KBを用いて実施するエクササイズは単純な動作ではありません。 したがって、傷害リスクを低減する適切なテクニックを用いて各動作を完了することを学習目標として、それぞれのエクササイズに取り組む必要があります。 www.nakajimabonesetter.com ケトルベルの利益 アメリカスポーツ医学会のガイドラインによると、最大心拍数(HRm…

変形性股関節症

変形性膝関節症と同様に、関節軟骨の退行変化をきっかけに股関節の関節破壊・変形をきたす疾患です。 わが国では寛骨臼外形成不全(臼蓋形成不全)などに続発する二次性のものが大半を占めます。 40~50歳以上の女性、荷重物取り扱い業者の従事者、寛骨臼形成不全や発育せ股関節形成不全の既往のある人に多く、男女比は1:1~4となっています。 症状・所見 初期には、運動開始時や荷重時の疼痛が特徴的です。 進行すると股関節の可動域制限が出現し、さらに、跛行、関節変形をきたします。 疼痛 ・鼠…

自身のボディメカニクスを知る(力学的荷重が不適切、つまり間違ったテクニックのままエクササイズを行えば、いつか必ず傷害を受けることになる)

…で、これは、ウェイトトレーニングにも当てはまります。 力学的荷重が不適切、つまり間違ったテクニックのままエクササイズを行えば、いつか必ず傷害を受けることになります。 しかし、傷害が生じるのはトレーニングでリフトやエクササイズを行っている最中だけではなく、身体を捻ったり、飲料水のボトルを拾おうとして手を伸ばしたり、バーやウェイトラックにプレートをのせるなど、様々な機械的動作の結果として傷害が生じることもあります。 ジムでトレーニングのリフトを行う間だけではなく、プレートを運んだ…

ピリオダイゼーションにおける負荷(エクササイズの種類によっても異なるが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなる)

…きます。 パワートレーニングは最大または最大に近いパワー出力が得られる負荷でトレーニングすることによって効果が最適化されます。 エクササイズの種類によっても異なりますが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなります。 www.nakajimabonesetter.com ウェイトトリフティングとスピードトレーニングにおけるパワー出力 ウェイトリフティング動作は他と異なり、高負荷において…

思春期の成長(小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされている)

…er.com 神経筋トレーニングと思春期 専門職は、若年アスリートがFMSの正確で強固なパフォーマンスを実演できるようになってから、より複雑だが安全な神経筋トレーニング課題へと適切に漸進させることにより、さらにスキルを蓄積できます。 FMSとSSSの能力を開発する年齢は、それぞれの子どもが前段階のエクササイズを実演できる能力によって一定ではありません。 まず、小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされています。 www.nakajimabon…