Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニング の検索結果:

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

…GARMIN(ガーミン) ForeAthlete® 235J BlackRed フォアアスリート235J ブラックレッド + TRAN(R) トラン - ガーミン フォアアスリート 230J/235J 対応 液晶保護用ガラスフィルム セット (ネットプランニング(R))メディア: その他 毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80kmで2時間46分!超効率的トレーニング法 (SB新書)作者:吉岡 利貢発売日: 2012/06/18メディア: Kindle版

のどの腫れや痛みはなぜ起こる?

…が、ひどくなると強い痛みを感じるのは、こうしたメカニズムのためです。 www.nakajimabonesetter.com 【指定第2類医薬品】新コンタック かぜ総合 24カプセル ※セルフメディケーション税制対象商品 発売日: 2017/08/28 メディア: ヘルスケア&ケア用品 中島恵 Nakajima整骨院ホームページはこちら INDIBA(インディバ)について 酸素カプセルについて パーソナルトレーニングについて www.nakajimabonesetter.com

運動誘発性筋痙攣とは(疲労の結果、神経の興奮により閾値周波数に到達、活動中の筋からのフィードバックメカニズムに異常が生じる)

…る 競技中のペースがトレーニング中のペースより速い また、筋痙攣は二関節筋でより多く起こり、痙攣を起こしやすい人は痙攣に対する閾値周波数(15Hz)が、痙攣を起こしにくい人の閾値周波数よりも低いことが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 閾値周波数 閾値周波数とは、神経の興奮により痙攣が誘発される最小周波数になります。 痙攣を起こしやすい人にとって、運動誘発性筋痙攣が始まる閾値周波数が低いという事実は痙攣の神経学的起源の妥当性を裏付けて…

トレーニングのためのバイオバンディング(統合的な発達を重視すること、科学的エビデンスと実践現場や包括的スポーツパフォーマンスチームの専門職に基づいて行うべきである)

バイオバンディング トレーニングのためのバイオバンディング 成熟度に基づいてアスリートを異なる集団に割当るときに、はじめに一人ひとりのアスリートレジスタンストレーニング能力や心理的成熟度(すなわち認知的および情緒的発達)を考慮することが重要になります。 例えば、トレーニングを目的としたアスリートのバイオバンディングを行うために、総合的な3段階の手順が提唱されています。 それには、アスリートを特定のトレーニンググループに割当る前に、技術的発達、心理的発達、成熟上の発達を評価する…

回内足における足部強化(クライアントが足関節の後方に位置する下腿三頭筋の拘縮を適切にストレッチした後は、足部に内在する筋群および前・後脛骨筋(これらは、足関節の前方に位置する筋群になる)を強化するタイミングになる)

…用いて、レジスタンストレーニングを行なうことは可能になります。 www.nakajimabonesetter.com 運動処方 運動処方は、筋持久力およびパフォーマンスの向上を図ることができるように、10レップを3セットとします。 この際に注意しなければならないのは、クライアントがすべて適切なテクニックで10レップを3セット実施できる負荷から始めることです。 負荷が高まるに従ってテクニックが処方されたレップ数を適切なテクニックが実施できるよう、低い負荷に設定します。 これらの…

過回内:Hyperpronation,overprona-tionが身体に与える影響(足部回内の下肢キネティックチェーンへの影響は、トレーニングや競技、機能的な動作の妨げとなり、この足部アーチの変化はアーチの変化はアーチサポートを減衰させ、脛骨の内旋をもたらす)

…チェーンへの影響は、トレーニングや競技、機能的な動作の妨げとなり、この足部アーチの変化はアーチの変化はアーチサポートを減衰させ、脛骨の内旋をもたらします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Adan RA Mechanisms Underlying current and future antiobesity drugs Trends in Neurosciences 133-137,2013 かんテキ 整形外科: 患者がみえる新しい「病気の教科…

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

障害予防に関する子どもや思春期の研究 MSF(筋骨格系能力)の他の要素と同じく、障害予防についても、子どもや思春期の若者に関する研究は成人に比べて少なく、しかもそのような研究の大多数が、思春期後期の若者の膝の傷害予防に関するものになります。 そのような研究の多くは、筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆しており、このような研究は有用であり、実戦にも確実に影響を及ぼしています。 現在では、複数の公式、…

発熱はなぜ起こる?

発熱はなぜ起こる? まず、脳の視床下部というとろは体温の調節、血圧や水分の調節、内臓のはたらきなどを支配しています。 普通、体温は平熱と言われる36~37度にセットポイントが設定されていて、からだは快適に機能することができます。 発熱 ところが、風邪ウイルスに感染すると、脳の体温調節中枢に発熱物質のプロスタグランジンが産生され、セットポイントを平熱より高く設定して、体温を上げ始めます。 風邪ウイルスに感染したときに発熱するのには、大きく2つに分けられます。 一つは、ほとんどの…

必須アミノ酸およびアミノ酸群(体内プロテインバランスやホルモン分泌、免疫機能、タンパク質同化作用や抗異化作用を有する代謝産物への転換に関わる)

…べると、レジスタンストレーニング後のより大きな筋肥大とタンパク質合成をもたらします。 いくつかの研究により、EAAだけを摂取した場合でも、同量のEAAを含む完全タンパク質と同程度にタンパク質合成を促進することが示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com Borsheimらの研究 BorsheimらはEAA6gだけを摂取すると、NEAA3gとEAA3gからなる混合タンパク質に比べ、タンパク質の合成量が2倍に増えた事を明らかにしました。 さらに、EA…

慢性的背部痛に対する脊椎トレーニングプログラム(異常な運動様式は、グルートアムネシア(Gluteal amnesia:殿筋群を適切に動員できなくなった状態)として知られている)

脊椎トレーニングプログラムの目的 トレーニングプログラムの多くは、筋を鍛え、脊椎の可動域を拡げることを目的にしています。 しかし、背部疾患をもっているお客によっては、問題となることもあり、背部をより多く動かすクライアントほど、将来背部に異常が生じるリスクが高いとされています。 www.nakajimabonesetter.com グルートアムネシア(Gluteal amnesia) コントロールと持久力が伴っていない場合、完璧なフォームで筋力発揮を繰り返し行うことができないリ…

選手のトーナメント管理と回復戦略(トレーニングへの適応が最終的に確実にプラスへの結果をもたらし、マイナスの効果:オーバートレーニングの徴候を最小化することが重要になる)

…バーは短期間の集中的トレーニングと競技会のために集合します。 このような状況における疲労の残余は、どのような大会の試合においてもチームパフォーマンスを損なうであろうことは明らかです。 長時間の移動やなじみの環境から離れることから生じる問題(睡眠パターンの混乱、食事内容や食事時間の変化、新しい環境に置かれることによる注意力散漫、気温や湿度などの環境条件など)によって、この状況は選手にとってもサポートスタッフにとっても悪化する可能性があります。 下記は、IRB(国際ラグビー評議会…

運動後のタンパク質同化としては大豆より牛乳が優れている(筋タンパク合成率は無脂肪乳摂取後のほうが34%も高くなった)

…、少なくとも週に4日トレーニングする)8名の若齢男性を対象として、片側性レジスタンスエクササイズを利用して大豆と無脂肪乳を摂取するクロスオーバー法で調査した研究があります。 規定の朝食を終えた後、動脈血と静脈血および筋生検サンプルを採取し、その後、被験者に規定のレジスタンストレーニング(レッグプレス、レッグカール、レッグエクステンションを80%1RM×10レップ×4セット、セット間の休息時間2分)を実施させ、その後、直ちに、2回目の血液および筋生検サンプルを採取します。 次に…

成熟度とバイオバンディング(トレーニングや試合でアスリートを観察することも、競技特異的なスキルのパフォーマンスや傷害リスクの増加に影響を及ぼす変化の程度を見極めることに役立つ)

…要になります。 トレーニングや試合でアスリートを観察することも、競技特異的なスキルのパフォーマンスや傷害リスクの増加に影響を及ぼす変化の程度を見極めることに役立ちます。 しかし、思春期の成長スパート中にすべてのアスリートがパフォーマンスの低下を経験するわけではないことに注意が必要になります。 同様にパフォーマンスの低下のすべてが成長スパートが原因だとはいえず、過剰なトレーニング負荷、利害の相反、動機付けの不足、あるいは不十分な指導などが原因の可能性もあります。 また、急成長段…

脳と認知機能における運動の役割(運動により学習・記憶を司る海馬での脳由来神経栄養因子(BDNF;Brain Derived Neurotrophic Factors)が増加することが明らかされている)

…この実験では、持久性トレーニングが頸動脈と静脈の採血で同定した人の脳からのBDNF放出を更新させたことを報告しています。 実際にはランダム化試験で、12名の健常男性が3ヶ月の持久性トレーニング群とコントロール群に分けられ、3ヶ月間の持久性トレーニングは安静時のBDNFを有意に増加させましたが、コントロール群では有意差は認められませんでした。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Irrcher I Ljubicic V Hood DA Interac…

脊椎屈曲エクササイズの利点(脊椎の屈曲は椎間板後部の厚さを37%減少させるため、椎間板後部全体へのグルコースの十分な供給が保証され、小さな溶質の拡散と大きな溶質の流入が増加する)

…える超科学的な理由作者:Testosterone,久保孝史,福島モンタ出版社/メーカー: 文響社発売日: 2018/04/27メディア: Kindle版 アナトミー・トレイン [Web動画付] 第3版: 徒手運動療法のための筋筋膜経線作者:板場 英行出版社/メーカー: 医学書院発売日: 2016/05/30メディア: 単行本 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者:出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2018/01/30メディア: 単行本

運動と食事摂取における代謝調節の概要(65%VO2max{最大酸素摂取量}以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少する)

運動と摂食の間における基質の利用調節 運動と摂食の間における基質の利用調節は、生化学者の間でも長年研究されている分野になります。 従来のグルコース-脂肪酸回路とは対照的に、現在では、インスリンが脂質の酸化を制限するだけではなく脂質の分解も抑制するという事実から、運動中の脂質の酸化は主として糖質(CHO)の利用可能量によって制御されるということが広く認められています。 さらに、運動前のCHOの摂食が脂質の分解率と酸化に及ぼす抑制効果は、食事の摂取後最大4時間継続します。 この点…

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーに及ぼすパフォーマンスの改善は、クレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、分岐鎖アミノ酸(BCAA)とされる)

…おいて、レジスタンストレーニングへの適応を促す最も強力な効果を有します。 一例を挙げれば、体重1kg当たり0.1gのクレアチンを8週間のインシーズンのトレーニング中に補給したところ、ラグビー選手のベンチプレスとレッグプレスのレップ数が、プラセボ群と比較して有意に増加したことが明らかになりました。 www.nakajimabonesetter.com βアラニン また、βアラニンの補給は筋カルノシン濃度を高めるため、高強度運動中の水素イオン緩衝能の改善を促すことが明らかになって…

EMSトレーニングが筋力に及ぼす効果(筋力の増加を媒介するものは、主として筋の活性化増大などの神経系の適応がある)

EMS

…筋においては、EMSトレーニングによって引き起こされる筋力の増大は、従来の随意的なトレーニングによって達成されるものと同程度(かつ補助的位置付け)であり、それを上回ることはありません。 Baxらの研究によると、大腿四頭筋が損傷している(受傷後または手術後)場合、EMSトレーニングは随意的トレーニングよりも有効な可能性があるが、大腿四頭筋が損傷していない(健常)場合は、EMSトレーニングの効果は随意的トレーニング様式よりも低いと示されました。 www.nakajimabones…

バイオバンディングの応用(女子体操選手における成熟の遅れは、成長板が反復的な圧力や極小外傷、また衝撃などの不都合な力学的要因に長期的にさらされる結果、慢性脊椎傷害の潜在的危険因子となることが確認されている)

…入れて、それに応じたトレーニングや評価を調節し実施することは可能であるとされています。 成長スパートの過程にあるダンサーたちのためには、トレーニング負荷を調節し、量ではなく質や多様性により重点を置き、一方、晩熟なダンサーの場合は、対応する調節と評価を成長スパートの後まで延期するとよいとされます。 バイオバンディングはまた、思春期の成長スパート中に運動スキルの低下を経験するアスリートを適切に特定し、彼らに便宜を図るために用いることもできます。 www.nakajimabones…

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

長距離選手と筋力トレーニング 適切な種類の筋力トレーニングプログラムを用いれば、長距離走のパフォーマンスを向上させる可能性があります。 筋力の向上は、力(筋力)とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率に…

グルタミンの役割(高強度運動時の免疫低下現象の予防、試合期の骨格筋維持、アンモニア蓄積による中枢性疲労の軽減につながる)

グルタミンの役割 グルタミンは、筋力系および持久系アスリートに向けて販売されている製品に含まれる一般的なアミノ酸になります。 グルタミンはグルタミン合成酵素の働きによりグルタミン酸塩とアンモニアから生合成されるため、大抵の状況では必須アミノ酸ではありません。 しかし、大きなストレスのかかる状況ではグルタミンの合成が阻害されるため、条件的に必須アミノ酸となります。 骨格筋はグルタミンの合成にかかわる主要な組織であり、高い確率でグルタミンを放出することが知られており、この事実によ…

必須アミノ酸と障害リハビリテーション(EAA摂取により筋タンパク質のターンオーバーが維持されることで、筋の機能的な筋原線維が多く生み出され、筋の機能が維持された)

必須アミノ酸 必須アミノ酸(EAA)の摂取の利点は、外科的手術後の入院期やリハビリテーション期のように、不活動を余儀なくされる時期に骨格筋量と機能を維持する能力にあります。 重要な事として、EAA摂取に対する筋タンパク質同化の急性反応は、異化作用の条件となる安静期にわたって、継続的に転移され、維持されることになります。 www.nakajimabonesetter.com

クレアチンの摂取とトレーニング(筋クレアチンとクレアチンリン酸の濃度が上昇し、除脂肪体重、筋力、スプリントパフォーマンス、パワー、力の立ち上がり速度、筋の直径などが増大する)

…、クレアチンの摂取とトレーニングを組み合わせた場合に、筋クレアチンとクレアチンリン酸(PCr)の濃度が上昇し、除脂肪体重、筋力、スプリントパフォーマンス、パワー、力の立ち上がり速度、筋の直径などが増大します。 数週間あるいは数か月間トレーニングを継続すると、クレアチンモノハイグレードの摂取群は、大概、体重および/または除脂肪体重がプラセボ群のほぼ2倍増加します(4~12週間のトレーニング中に2~4ポンド(0.9~1.8kg)体重や筋量が増加する)。 筋量の増加は、利用可能なP…

RPEスケールによる選手ごとの評価の重要性(試合終了後、能動的(スローペースのクールダウンジョギング/運動やストレッチングなど)および受動的(交代浴/シャワー)回復戦略を実施させるとともに、栄養的にも回復/リカバリーを図る)

試合間の計量の重要性 試合間の空き時間が長い場合は、低脂肪高糖質高タンパク質の食事を控室で摂取し、試合後は、タオルで汗を落としてからショーツ姿で計量し、何よりも脱水状態に陥ってないかどうかをチェックします。 計量は試合後のできるだけ早い時間に実施し、その後の水分摂取をさせ、次の試合の試合前計量から水分補給率を算出し、それに従って必要な分だけ摂取させます。 www.nakajimabonesetter.com

男女の水泳時における腹腔内圧の比較(女子の絶対的な筋力は、男子の3分の2程度であり、特に体幹部では男子の63.8%になる)

…m16:669-89 トップアスリートが実践 人生が変わる最高の呼吸法作者:パトリック・マキューン出版社/メーカー: かんき出版発売日: 2017/10/16メディア: 単行本(ソフトカバー) 体幹×呼吸トレーニング 呼吸から体のコアを変える!作者:出版社/メーカー: 朝日新聞出版発売日: 2016/09/20メディア: 単行本 世界一効く体幹トレーニング作者:中野ジェームズ修一出版社/メーカー: サンマーク出版発売日: 2019/11/26メディア: 単行本(ソフトカバー)

バイオバンディングにおける成熟の個人差と発達上適切なトレーニングプログラムの提供(思春期の成長スパートは、青少年がオーバーユース傷害と成長に関連のある傷害を一層負いやすくなる期間である)

…バンディング 発達とトレーニング負荷 成熟の個人差と発達上適切なトレーニングプログラムの提供の考察を通して、現場指導者は、発達とトレーニング負荷に伴う傷害リスクを低減できるとされています。 思春期の成長スパートは、多くの場合、青少年がオーバーユース傷害と成長に関連のある傷害を一層負いやすくなる期間であることが示唆されています。 少年サッカー選手の間でみられるオスグッド・シュラッター病やシーバー病などの骨端関節外傷のお客数の増加は、思春期の成長スパート中かその直前でそれぞれ最大…

デプスジャンプ(DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性がある)

…ワーとスピード DJトレーニングは、下肢のパワーとスピードを改善するためによく用いられるトレーニング様式になります。 VJで測定されるパワーがDJトレーニングにより増大することは、すでに証明されています。 前述したように、DJでは、より優れたトレーニング効果を引き出すために、筋系と神経系の伸張反射による増強効果だけではなく、筋の弾性特性も利用されます。 Bosco&Komiは、DJ後のVJ能力の向上は、弾性エネルギーとSSC要素の活用に起因することを明らかにしています。 この…

固有感覚と爆発力(アイソメトリック:等尺性における安定性の優れた基礎が構築されていると、動作の必要性が生じた場合に、固有感覚、すなわち動作を伴う関節安定化の作用によって、より素早く効率的な反応が調整される)

…で、望ましい無酸素性トレーニング効果を促進させることも可能になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522 Hip…

加速と減速(身体が地面と接地している時間が長いほど、脚筋がより大きな負の力積と仕事を生み出し、身体の推進力と運動エネルギー(KE)を減少させる脚の力が大きくなる)

…hanism Am J Sports Med 5:111-121 スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者:出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 陸上競技を科学する作者:関岡 康雄出版社/メーカー: 道和書院発売日: 1999/03/30メディア: 単行本 スプリント・トレーニング・マニュアル作者:阿部 征次出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2004/03メディア: 単行本

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…versity of Technology,2005.49-51 スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者:出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 スプリント・トレーニング・マニュアル作者:阿部 征次出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2004/03メディア: 単行本 陸上競技を科学する作者:関岡 康雄出版社/メーカー: 道和書院発売日: 1999/03/30メディア: 単行本