Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニング の検索結果:

コンプレックストレーニングとは(神経系、筋系、精神運動系の特性を引き出すことによって、後に続くエクササイズの発揮パワーを増大させる)

…ンスとコンプレックストレーニング 多くの競技では、最適なパフォーマンスを発揮するために筋力とパワーの両方が求められます。 しかし時間の節約により、筋力とパワーの向上を促すトレーニングと回復に十分な時間を割くことは困難な場合が多く、コンプレックストレーニング(CT)は、筋力とパワーを同一セッション内で強化できる、効率的なトレーニング方法になります。 www.nakajimabonesetter.com コンプレックストレーニングとは 1986年に当時のソ連を訪問した後、Flec…

競技パフォーマンスと活動後増強効果との関係(爆発的ウォーミングアップでパフォーマンスが向上する)

…強度で(コントラストトレーニングやコンプレックストレーニング以外)持続時間の短い前負荷によるレジスタンスウォーミングアップの後、爆発的なジャンプパフォーマンスが増大することが報告されています。 この一時的な筋パフォーマンスの増強は、活動後増強(Postactivation Potentiation:PAP)として知られている現象で、筋の収縮活動の結果として、一時的に発揮筋力が増大する状態を指します。 試合前のウォームアップが適切なプロトコルで構成され、爆発的競技の前にタイミン…

サッカーのミニゲームに基づくピリオダイゼーション(ランニングインターバルトレーニングの効果が類似しており、統計的有意差は認められなかったことを報告している)

…ン ミニゲームは競技トレーニングとして多くの利点が世界に再認識されています。 ミニゲームは、身体的、生理学的、技術的、戦術的なパフォーマンスの質を高め、様々な利益を提供する可能性があります。 また、チームスポーツであるサッカーがもつ特異的な要求に応えることで、公式戦に対する貴重な準備を提供できます。 一方、予測不可能な状況を最適なレベルで保証することもできるため、学習の多様性を高め、意思決定と創造性を発達させることもできます。 しかもミニゲームは、選手の動機づけや取り組みレベ…

主働筋-拮抗筋ペア(拮抗筋群の相反抑制を増強させると神経作用によって力発揮がいくらか向上するのであれば、拮抗筋群を対象的に鍛える方法は、発揮パワーの向上にも有効な可能性がある)

…CT(コンプレックストレーニング)とは、高強度レジスタンスエクササイズの後にバイオメカニクス的に近い動作パターンの低強度エクササイズを行い、PAPを引き起こすものになります。 これに対して、一部の研究は、主働筋-拮抗筋ペアセット(Agonist antagonist paired set:APS)を用いる形式のCTを提案しています。 しかし、一方で、強化する筋が異なる2つの動作は似ていないためAPSに言及する際はCTという用語を用いないほうがよいとする研究もあります。 このよ…

活動後増強:Post Activation Potentiation(プレコンディショニングプロトコル後に、PAPによるパフォーマンス増大期間が得られるかどうかは、回復時間における増強作用と疲労とのバランスによる)

…を知らしめることも、トレーニングの現場にとっては同じくらい重要です。 この分野における先行研究の結果が曖昧であったことに対して、本研究は、PAPが及ぼす影響にはかなりの個人差があることを示しており、ストレングス&コンディショニングコーチ、生理学者、応用スポーツ科学者に対して、特定のアスリートや環境におけるコンプレックストレーニングプログラムや試合前のウォームアッププロトコルを至適化するためには、継続的に「自家研究」を実施する必要性があることを主張しています。 www.naka…

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御{非特異的免疫}と適応防御{特異的免疫}という2つの主要な免疫系で成り立っている)

…アスリートが体系的なトレーニングと効果的な回復の実施によりパフォーマンスの向上を促進しながら、トレーニングが原因の疾病や傷害を予防するためには、この免疫系と炎症との関連性を理解することが重要になります。 免疫系、脳、骨格筋の間には相互間系があり、その関係を十分に理解していなかったり、モニタリングを怠ったりすると、パフォーマンスの低下を招き、心理的な抑鬱などの羅漢率が高まる可能性があります。 そのような関係にはサイトカインが働いているとされており、OTSは循環サイトカイン濃度の…

睡眠前の心配と不安(トレーニング/試合に関連する過度の心配と不安は、深刻な情緒反応を引き起こして睡眠の質を低下させる可能性がある)

…リートアスリートは、トレーニング、試合、そして競技以外の生活因子に反応して、就寝時に心配や不安を感じることがあります。 そして、トレーニング/試合に関連する過度の心配と不安は、深刻な情緒反応を引き起こして睡眠の質を低下させる可能性があります。 Fletcher&Hantonは、特に競技に関する不安反応に有効な手段として、リラクセーション、目標設定、イメージング、セルフトークなどの精神スキルを挙げています。 競技における至適パフォーマンスを心の中でリハーサルさせることは、アスリ…

線維筋痛症の薬理学介入の理解(エクササイズプログラムを計画する際は、投薬の相互作用に留意する理由として、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり{筋弛緩薬など}、疼痛レベルを隠したり{鎮痛薬など}、服用者を不活溌にする{鎮静薬など}可能性がある)

…労があります。 トレーニング指導者は線維筋痛症のお客の身体活動に投薬がどのように影響するかの理解を深めることが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Adsuar JC Del Pozo-Cruz B Parraca JA Olivares PR Gusi N Whole Body vibration improves the single-Stance static barance in woman with fibromyalgi…

サッカー選手における傷害予防(筋力の増大{および結合組織の適応に対して同時に生じる利益}、筋のアンバランスへの対処{特に大腿}、運動メカニクスの改善{ランニング、方向転換、着地}などの傷害予防策を目的としたエクササイズやドリルは非常に重要になる)

…報告され、その結果、トレーニングや試合に参加できない日数は平均24.2日に達します。 これらの避けられない傷害はトレーニング中よりむしろ試合中に起こる可能性が高いと思われます。 Arnasonらは、上級男子サッカー選手のおいて、負傷で失われた日数の多さとチームの成績不振に似た傾向があることを見出しています。 www.nakajimabonesetter.com 下肢の傷害 下肢は最も負傷するリスクが高く、なかでも膝、足関節、大腿、鼠径部、下腿(ふくらはぎ)が負傷しやすい部位に…

力発揮の諸特性(スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似している)

… プライオメトリックトレーニングと並んで、ウェイトリフティングも、選手のパワー出力を向上させるトレーニング様式のひとつとして人気が高いものとなっています。 Horiらは、スナッチ、クリーン、ジャークのバリエーションを含むウェイトリフティングがバスケットボール、フットボール、バレーボール、陸上競技などのスポーツパフォーマンスにプラスの影響を及ぼすことを明らかにしました。 また、抵抗に対して素早い加速を要求する運動が、選手に利益をもたらすことを示唆し、実際、スナッチとクリーンのプ…

ファーストプル開始局面(静的開始は等尺性動作であるために、セットポジションの体勢を支える下肢と股関節が疲労するが、必ず実行しなければならない為、テクニックと基礎筋力を獲得することが不可欠になる)

…ないものであるため、トレーニング初期に静的開始のテクニックと基礎筋力を獲得することが不可欠になります。 股関節の下降を伴う開始 動的開始の主要なスタイルのひとつは「股関節の下降を伴う開始」になります。 この開始方法には2つの異なるバリエーションがあり、第1のバリエーションは足を適切な位置に置き、バーを掴んたところから始まり、続いて股関節をセットポジションより高く上げ、一瞬動きを止めた後に、股関節を下げて直ちにバーを床から持ち上げます。 第2のバリエーションはセットポジションを…

ベアフットランニングとショッドランニングのバイオメカニクス的差異(ベアフットでは股関節、膝関節、足関節におけるピークトルクが低下、足底の固有受容器のフィードバックを増大させる)

ベアフットとショッドランニングの差異 ベアフットランニングとショッドランニングの最も基本的な差異のひとつは、接地期の足にみられます。 ショッドランニングでは足後部(踵)接地が利用されるのに対して、ベアフットランニングでは足中央部~前部の接地パターンが利用され、ベアフットランナーのこの接地姿勢はストライド長を短縮し、ストライド頻度(ピッチ)を増加させます。 ストライドの違いは、衝撃による制動を受ける前の足底屈筋群の予備緊張を高めて、初期衝撃力を低下させる可能性があり、また腓腹筋…

プライオメトリックトレーニングの重要性(ストレッチ・ショートニング・サイクルは神経、筋の機能改善に伴う爆発的パワーの向上により、多くの種目の競技パフォーマンスに影響を与える)

プライオメトリックトレーニングの目的 多くのコーチやアスリートが、プライオメトリックスはリフティング速度に効果があるため、筋力の向上とパワーリフティングのパフォーマンスの改善にとって欠くことのできないトレーニングとして取り入れられています。 プライオメトリックトレーニングは、スピードとパワーの向上を目的としてウェイトリフティングプログラムに取り入れられています。 1970年代に東欧諸国のオリンピック選手が、より大きなパワーの獲得を目的に初めてプライオメトリックトレーニングを用…

成熟度とプライオメトリックトレーニング(子ども時代{6~13歳、n=10}と青年期{15~18歳、n=8}の足関節の収縮特性の変化を測定する研究を行い、その結果、年齢と、足関節の背屈{r=0.78}および底屈{r=0.81}におけるMVCトルク値との間には、強い正の相関関係がある)

…Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]発売日: 2018/01/30メディア: 単行本 NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識作者:ジャレッド・W.コバーン,モー・H.マレクメディア: 単行本 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)

レジスタンストレーニングと末梢神経損傷(末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではあるが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなる)

… RT(レジスタンストレーニング)により、慢性・急性両方のメカニズムの結果、末梢神経損傷が起こる可能性があります。 その原因としては様々な因子が推測されていますが、不適切なテクニック、オーバートレーニング、直接的外傷、可動域末端での伸展損傷、筋肥大などが含まれます。 末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではありますが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなります。 www.nakajimabonesetter.co…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

…5週続くことがあり、トレーニングの強度と量は様々で、競技日程にい応じて容易に変更できます。 この期の目的は、身体的なピークに近い状態に選手を維持することですが、シーズンを通して筋力レベルをさらに高めることさえできるという主張もあります。 Hofman&Kangらは、アメリカンフットボール選手の筋力(1RMスクワットとベンチプレス)がシーズン中に有意に向上したことを報告しています(n=53名、シーズン中のレジスタンストレーニングを>80%1RMの強度で週2回)。 しかし、アメリ…

脊髄損傷(脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になる)

脊髄損傷 脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になります。 神経伝達を阻害するようなダメージが脊髄に加わると、それらの神経によって刺激される筋の収縮が妨げられる可能性があります(あるいは極度に弱められる)。 脊髄損傷(SCI)の発生率は1年間に約1万1千件に上り、そのうちの約47%が四肢麻痺に、52%が対麻痺に至ると推定されています。 四肢麻痺(Tetraplegiaと呼ばれることが多いですが、正式にはQuadriplegia)とは、呼吸…

ベアフットランニング移行のために必要なプログラム(衝撃力を制御する際に下肢は神経筋系の制御増大を要求するため、移行準備プログラムに固有受容性エクササイズ、足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要性がある)

…に対して特異的な足のトレーニングとなります。 www.nakajimabonesetter.com 足関節の柔軟性エクササイズ ベアフットランナーは足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要があります。 従来のカーフストレッチを壁または階段の端を利用して行い、伸張している間、ニュートラルなアーチを維持することを心がけます。 通常は30秒間の伸張を片足につき3~5回繰り返します。 またコントラクト・リラックス&アゴニスト・コントラク…

自重トレーニングの利点(ほとんどの自重エクササイズは、多関節を用いて固定した身体部位から負荷を遠ざけたり近づけたりするクローズドチェーンエクササイズになり、クローズドチェーンの動作のほうがより機能的であり、一度に複数の筋群を強化できる)

ウェイトトレーニングと自重トレーニング フリーウェイトやマシンなどの伝統的なトレーニング方法は、筋力向上に確実な効果をもたらしますが、バイセップスカールなどのポピュラーなエクササイズは単関節のみが関与するオープンチェーンエクササイズであり、自由に動く四肢を用いて負荷を身体から遠ざけたり近づけたりしながら、関与する関節に伝えられる力を増大させる類のものになります。 筋力トレーニング用のマシンに関しては、使用者の体格や筋力に個人差があるため、すべての人の身体に適合するようなマシン…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷{SCI}のクライアントは起立性低血圧{姿勢によって発生する低血圧}および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

脊髄損傷とトレーニング 脊髄損傷(SCI)のクライアントは起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧があり、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。 Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。 これ以外にも、SCIのクライアントが日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合…

ランニングの力、パワー、力積関係(ニュートンの法則では垂直方向(dv)と水平方向(dH)の変位により加速度が決まる)

…いるからです。 トレーニング経験のあるスプリンターが生み出す力積は約215Nsであるのに対して、一流のスプリンターが生み出す力積は約276Nsでした。 ランナーのストライド長/ステップ長(DLS)の最大値は、地面に適用される力によって決定されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Effects of Performing Endurance and Strength or Plyometric Training Concurrently on…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(有効なトレーニング環境にするために一般的準備期、競技特異的準備期の組み方がある)

…ョンの期分け 有効なトレーニング環境にするための、一般準備期、競技特異的準備期の例を下記に記します。 一般準備期 このブロックは、通常2~6週間続き、比較的多量で低強度(特に筋持久力/筋肥大)のトレーニングを伴います。 競技特異的ではなく、この段階の主な目的は、連続的に増大するトレーニングや試合の要求に対する選手の不十分な機能に対処することにあります。 この段階で処方されるエクササイズは選手一人ひとりのニーズに焦点を合わせる必要があります。 オフシーズンのメゾサイクルの例 オ…

バックスクワットにおける脛骨移動角度(脛骨の前方移動角度は、下腿部における筋構造の柔軟性と足関節の可動性から影響を受ける)

…educe injury risk J Orthop Sports Phys Ther2015 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]発売日: 2018/01/30メディア: 単行本 NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識作者:ジャレッド・W.コバーン,モー・H.マレクメディア: 単行本 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)

CMJの定義(「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う)

… Styles for Improvement of Vertical Performance ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]発売日: 2018/01/30メディア: 単行本 NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識作者:ジャレッド・W.コバーン,モー・H.マレクメディア: 単行本 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)

小児期におけるスピード向上のバイオメカニクス的因子(スプリントの鍵を握る局面は「接地時間」であると考えられている)

…SFとSLそのものをトレーニングすることは見当違いの可能性があり、それよりも、「高SF」「高SL」を生み出すことに貢献する諸因子を検討し、それが小児期を通じてどのように発達するのか、基礎となるメカニズムがどの程度までトレーニング可能かを考察することが必要になります。 スピードの決定因子 スプリントの鍵を握る局面は「接地時間」であると考えられます。 これはスプリンターが地面に対して力を発揮して、速度に影響を及ぼすことのできる唯一の局面だからです。 したがって、スピードの主要な決…

コンプレックストレーニングと活動後増強(PAP:Postactivatiation potentiation)(PAPは筋の最大または最大に近い収縮の後に爆発的筋力が増大する現象を指す)

コンプレックストレーニング コンプレックストレーニング(CT)においては、レジスタンスエクササイズの後に、バイオメカニクス的にそれと類似したプライオメトリックエクササイズを行ないます。 CTは筋パワーの効果的な向上手段になりうるとの説が唱えられています。 この説については研究間で必ずしも意見が一致していませんが、近年の研究結果はCTが生理学的適応を説明すると考えられている理論がいくつかあります。 www.nakajimabonesetter.com 活動後増強(PAP:Pos…

人が効率よく速く走るためには(複合関節動作は、各関節にかかわる多くの筋が協調(コーディネーション)して働くことにより円滑に動作が遂行され、単一の筋では不可能な大きな力を発揮することが可能になる)

…節運動の具体例 筋力トレーニングにおけるそれぞれの例として、単関節動作には膝屈曲のレッグカールや膝伸展のレッグエクステンション、肘屈曲のアームカール、肘伸展のアームエクステンションなどが挙げられ、この動作では特定の筋を個別に狙って鍛えることができます。 リハビリテーションの初期の段階で、他の筋と比べて著しく衰えた筋を個別に集中して鍛える時などに適しています。 ただし、単関節動作で鍛えた筋は実際のスポーツパフォーマンスや日常動作に直接的な効果を与えにくいですが、複合関節運動には…

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

…com レジスタンストレーニングvs有酸素性トレーニング 低血糖になるという恐怖心から、アスリートは運動強度を上限まで上げるのを抑えてしまうかもしれませんが、最近の研究において、運動時にはどの程度、そしていつ低血糖が生じるのか、またその影響について検討されています。 オワタ大学の人間環境生理学研究部により、1型糖尿病お客におけるレジスタンストレーニングおよび有酸素性トレーニングによる影響について研究が行われ、この結果、レジスタンストレーニングでは血糖が緩やかな減少を示したのに…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…選手が、シーズン前のトレーニングでピークに到達したとするならば、その後、最長35週間もその状態を維持しなければならないからです。 そのため、伝統的なピリオダイゼーションは、オフシーズンやプレシーズン中には適していますが、シーズン中のチームスポーツには、非伝統的な(非線形の)ピリオダイゼーション形式がより適切であることが示唆されています。 この種のピリオダイゼーションは、同時に複数の目標を達成するためにセッションごとの多数のトレーニング処方と量負荷を取り入れます。 このシステム…

コンプレックストレーニング実施における注意点(スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要がある)

コンプレックストレーニング(CT)を実行するにあたって CTを実行するにあたっては、ストレングスコーチは、ICRI(コンプレックス内の休息時間)、トレーニング年齢、トレーニング歴、絶対的筋力のレベル、エクササイズ選択、負荷、セッションの長さ、回復日数、さらには、どのアスリートのコンディショニング活動に反応するのかを考慮する必要があります。 また、Mattahews&Comfortは、スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲…