Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニング の検索結果:

水平方向vs鉛直方向の力発揮(速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければならない)

…tion スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者: 日本トレーニング科学会出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含むブログ (1件) を見る スプリント・トレーニング・マニュアル作者: 阿部征次出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2004/03メディア: 単行本 クリック: 15回この商品を含むブログ (2件) を見る 陸上競技を科学する作者: …

膝関節周囲の筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

…品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2014/11/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会出版社/メーカー: 南江堂発売日: 2006/06メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

パワーを増大させるためには最大筋力を向上させることが重要になる(70~120%1RMの負荷で行った24週間の高強度の筋力トレーニングの後、パワー発揮能力の代表的指標である垂直跳びのパフォーマンスが7%向上した)

…4週間の高強度の筋力トレーニングの後、パワー発揮能力の代表的指標である垂直跳びのパフォーマンスが7%向上したというエビデンスを提供しています。 さらに、Cormieらの研究においても、筋力の劣る人が負荷または無負荷のジャンプ中のパワーを増大させるために、最大筋力を向上させることがより効果的なトレーニング様式であることが示されました。 これらのデータを統合すると、筋力の小さいアスリートの場合、総合的な筋力レベルの最大化を目標とする筋力トレーニングにより、筋パワーが有意に向上する…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

…1.2009 SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者: 日本SAQ協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る スピード、クイックネス&リアクションドリル(日本語字幕付) [DVD]出版社/メーカー: 株式会社イースポーツラボ発売日: 2010/06/01メディア: DVDこの商品を含むブログを見…

アスリートのスティフネスとコンプライアンス(人体器官におけるスティフネスの大きさとスポーツパフォーマンスの様々なパラメータの間には、強い相関関係が存在するとされている)

…オメトリックスなどのトレーニングにより、筋は大きな張力を発揮し、腱スティフネスを越えた高レベルのスティフネスを維持することができます。 そのような状態では、筋は伸張しないため、腱が伸張せざるをえません。 これは前述したように、主に腱にEEを蓄える能力に優れた上級アスリートがきわめて有利であることを示しています。 脚スティフネスは、立脚期半ばにおける下肢の最大圧縮力に対する最大地面反力の割合として定義できます。 または筋力の変化を筋長の変化で除して求めることができます。 www…

青少年におけるスポーツ傷害(成長と発達、低い体力レベル、不十分な身体準備、低い運動能力、および基本的な運動スキルの不足などに関連性がある)

…効果的な統合的神経筋トレーニング(INT:Integrative Neuromuscular Training)プログラムを通じて修正可能であり、青少年アスリートの傷害頻度を直接低下させることが示唆されています。 このINTは、傷害に対する抵抗力の向上と競技スキルや運動パフォーマンススキルの強化を目標としたトレーニングプログラムが必要であり、それには、一般的また特異的なストレング&コンディショニングの課題も含まれます。 最適な神経筋トレーニングプログラムとは何かに関する一致し…

力の立ち上がり速度は力-時間曲線の傾きから決定される(50~250ミリ秒の短縮時間は、ジャンプ、スプリント、方向転換などの素早い動きに関連する)

…エクササイズ 様々なトレーニング介入を考察する際、高重量の負荷を用いるレジスタンスエクササイズが、等尺性の最大筋力を増大させることは明らかであり、また力が弱く、トレーニングを行っていない力の立ち上がり速度を高めることも確実です。 高重量のレジスタンストレーニングがアスリートの筋力を増大させ力の立ち上がり速度にプラスの効果を及ぼすことができますが、より筋力があり経験を積んだアスリートの場合、力の立ち上がり速度の最適化とそれに続くパワー発揮の最適化は、爆発的、バリスティックなエク…

思春期前のトレーニングの重点(脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している思春期の子供に基本的運動スキル、基本的スポーツスキルを習得させる事は非常に重要である)

思春期前のトレーニング 基礎および学習するためのトレーニング 若年アスリートが様々な競技場面において、熟練した動作を発揮するためには「歩行」「ランニング」「ジャンプ」などの基本的運動スキル(FMS:Fundamental Movement Skill)と、「キャッチ」「ホップ」「ギャロップ」などの基本的スポーツスキル(Fundamental Sport Skill)の能力を発達させることと提唱されています。 www.nakajimabonesetter.com FMS(ファン…

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

…品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2014/11/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会出版社/メーカー: 南江堂発売日: 2006/06メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

パワーのためのトレーニング原理(パワー発揮能力の向上を図る際、外部負荷が減少するにつれて最大筋力の影響が低下し、力の立ち上がり速度への依存度が高まる)

パワーのためのトレーニング原理 筋の立ち上がり速度は、アスリートの総合的な能力に関連する 多くの競技において、短時間に大きな力を発揮する能力が必要とされ、高い力の立ち上がり速度を発揮する能力は、アスリートの総合的な筋力レベルと大きなパワーを発揮する能力とに関連することが多くなります。 Stoneらは、高い力の立ち上がり速度と大きなパワーを発揮する能力が、大抵のスポーツ競技の成功において中核をなす重要なパフォーマンス特性であると示唆しています。 これらの能力は最も重要な競技パフ…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

… 指導者は、練習やトレーニングには良い面と悪い面があることを認識し、特に「休養する」「回復させる」という側面は軽視されがちであり、その結果、オーバーユース障害を引き起こす可能性が高くなります。 オーバーユース障害には内的因子と外的因子があり、子供や青少年におけるオーバーユース障害の約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強いことを指導者は理解することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com ジュニアスポーツ…

性別と年代における筋疲労の蓄積(思春期の男子は成人男性よりも疲労耐性が大きいのに対し、思春期の女子(思春期半ば14~15歳)と成人女性の間には差がないことが明らかになっている)

…スリートアスリートのトレーニングに関する最後の注意事項は、彼らの筋疲労に対する抵抗力であり、高強度の間欠的エクササイズ中の回復力になります。 思春期直前の子どもたちは1回から数回の反復的高強度運動に対しては、思春期の若者や成人よりも急性疲労に対する抵抗性があります。 正確なメカニズムは知られていませんが、子どもの筋量は成人よりも少ないため、高強度エクササイズ中に発揮するパワーの絶対値も低く、さらに思春期が始まって以降は、高強度の間欠運動中の疲労抵抗性には、成熟度と性別の重要な…

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

…の商品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2014/11/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る 一次診療で使える外科テクニック~わたしの手術法~vol.5 前十字靭帯断裂整復術作者: 藤井聖久出版社/メーカー: インターズー発売日: 2019/07/01メディア: DVD-ROMこの商品を含むブログを見る

皮膚とビタミン

皮膚とビタミン 皮膚は、前表面を覆う被膜で、面積は成人で1.5㎡、重さは、肝臓の約3倍、人体で最も大きな臓器で、全身の健康を図るバロメーターといわれます。 皮膚は表皮・真皮・皮下組織の3層に分けられ、さらに、付属器官として皮膚腺(脂腺・汗腺)と、角質器(毛・爪)があり、以上を合わせて外皮といいます。 また、皮膚は、痛覚・触覚・圧覚・温度覚(温覚・冷覚)などをキャッチする感覚器として、重要な働きをするだけでなく、全身の保護、体温調節をはじめ、汗や皮脂の分泌、排泄、呼吸、栄養貯蔵…

デプスジャンプ(デプスジャンプはプライオメトリックエクササイズの1種目で、筋や腱にエネルギーを蓄えるために、特に位置エネルギーと重力を利用する運動になる)

…ance 瞬発力トレーニングアナトミィ―プライオメトリックエクササイズで爆発的な力を引き出す―作者: デレク・ハンセン,スティーブ・ケネリー,山地輝幸,東出顕子出版社/メーカー: ガイアブックス発売日: 2018/05/25メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る プライオメトリック・トレーニング作者: Donald A. Chu,Gregory D. Myer,鈴木俊一,日暮清出版社/メーカー: ナップ発売日: 2016/02/18メディア: 単行本この…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

…とアスリートの能力やトレーニングレベルに応じて異なり、例えば、40mスプリントの加速距離は約10mであり、100mスプリントの加速距離は約30~40mになります。 しかし、100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速しします。 これが最大スピードの上昇と減速の低下を生んでいると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com ランニング動作とパワー発揮 持久系競技も含めてすべての競…

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

水分補給 脱水とは 脱水とは、体水分正常時の体重の2%が失われた状態と定義され、競技パフォーマンスに悪影響を及ぼします。 脱水はパフォーマンスに多大な影響を及ぼす可能性があり、特に暑熱環境下(熱中症)においてそれが懸念されます。 また、脱水は、筋力や持久力、コーディネーション、知力、および体温調節過程に減退効果や悪影響をもたらすと考えられています。 運動中の水/水分の喪失は、多くの変数の影響を受け、発汗率は個人差が大きいために、万人に適用される水分補給の推奨基準はありません。…

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

…ョン (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 加賀谷善教,吉田 真,山本大造,鈴川仁人,福林 徹,蒲田和芳出版社/メーカー: ナップ発売日: 2010/03/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログを見る NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル作者: NSCAジャパン,福永哲夫出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2019/01/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

水分補給状態の実用的測定法(体水分の代謝回転は、体液と電解質の移動によって水分が失われることで起こるほか、肺や皮膚、腎臓からの水分喪失によっても生じる)

…、冬季、フィールドやトレーニングエリア全般の水分補給所を設置し、アスリートが一定間隔で利用できるようにすることは、熱中症対策、体水分正常状態を維持しやすくなる上で有益であると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Armstrong LE,Ganio MS Casa DJ,Lee EC,McDermott BP,Klau JF,JimenezL,Le Bellego L,Chevillotte E,and Lieberman HR M…

ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)

…用いる場合と、筋肥大トレーニングのように複数回のワークアウトで反復的に用いる場合がありますが、それらのストレッチが筋のパフォーマンスに影響を及ぼすことを理解することも重要になります。 Robiniらはストレッチ後の一時的な筋力(等尺性、等張性、等速性)の低下(-4.5~-28%)とジャンプパフォーマンスの低下(-7.3~-3.2%)を明らかにしました。 しかし、上記の低下減少は、ストレッチのプロトコルの長さ、エクササイズ数とセット数、各セットの持続時間などと相関関係があり、大…

至適負荷と筋力およびパワーの向上(高負荷のトレーニング(>80%1RM)は、中程度から低負荷の介入(60%1RM)において、より優れたパワー発揮をもたらす)

…、逆に、至適負荷でのトレーニングは、パワー発揮能力の向上を図る上で、高重量トレーニングや混合負荷モデルよりも効果的であるといえないと示唆する研究もあります。 www.nakajimabonesetter.com アスリートにおいてのパワー発揮 例えば、ラグビーリーグでは、選手の所属レベルを区別する重要な要素は、アスリートの総合的な筋力と負荷をかけた状態での高いパワー発揮能力になり、このタイプのアスリートにおいては、単に大きな力を発揮するだけではなく、負荷の下で大きなパワーを発…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(投球中の外反モーメントは120Nmで、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されている為、肘内側の主要な動的スタビライザーの筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

肘関節外反モーメントと内反モーメント UCLの損傷は34Nmで報告されている 投球のたびに肘関節内側部の開口に反応して、内側開口を引き起こす外反モーメントに抵抗する内反モーメントが肘関節内側全体に発揮されます。 内反モーメントは引張応力を軽減し、肘関節外側周辺の圧迫を抑制し、ボールをリリースするまで前腕、手、ボールの加速を助けます。 投球中の外反モーメントは120Nmであることがわかっていますが、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されており、バイオメカニクスのトル…

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

…ています。 筋力トレーニングの方法論としては、まず、エクササイズの正しいやり方(動作のコントロール、適切な呼吸法など)と、トレーニング機器に関する安全教育を確実に行う必要があります。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズの安全性を促進するためには 外部負荷を用いるエクササイズを行う場合には、安全性を促進するために、姿勢のコントロール(コア:体幹と下肢の姿勢と安定性)とリフティングテクニックに特別な注意を払う必要があります。 すべてのセッションは神…

レジスタンストレーニングと青少年の運動発達(一般的にこの種の動作は、大きな努力を要すること、伸張性と短縮性の筋活動を組み合わせた伸張-短縮サイクルを利用すること、そして筋骨格系に漸進的負荷を加えることが特徴になる)

レジスタンストレーニングと発達 「レジスタンストレーニング」と「運動発達」 発達的知見から理解しておくべき重要な概念は「レジスタンストレーニング」と「運動発達」の文献において用いられる用語、特に神経筋コーディネーション向上に関連する用語は、それが青少年向けトレーニングの漸進に対して用いられる場合、両者とも基本的に同じであるというものです。 例えば、基本的な移動系および操作系スキルは、様々な形式のジャンプ、ホップ、スキップ、スローイング、および打撃動作からなりますが、これらの複…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…、高強度インターバルトレーニング(HIIT:high intensity interval training)が青少年や成人のアスリートの心肺系や代謝系および神経筋の能力向上を図る、最も効果的でよく用いられる方法となっています。 HIITは、トレーニングを積むことで、高強度の能力向上を反復する能力を改善するための基礎となります。 www.nakajimabonesetter.com HIITの方法 HIITの方法は、短時間から長時間の高強度エクササイズを積極的または消極的な休…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…における傷害リスクとトレーニングの漸進 傷害リスクとトレーニングの漸進 漸進性の原則に関連し、トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければなりません。 トレーニング負荷は、予め決定されたレップ数を一貫して正確に行うことができるようになった場合に、重量を5~10%ずつ増加させねばなりません。 さらに、トレーニングプログラムはそれぞれの参加者の要求や目標、さらに能力を考慮して織り込まなければなりません。 www.nak…

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(大腿四頭筋優位と呼ばれている神経筋制御は、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義される)

…の商品を含むブログを見る 一次診療で使える外科テクニック~わたしの手術法~vol.5 前十字靭帯断裂整復術作者: 藤井聖久出版社/メーカー: インターズー発売日: 2019/07/01メディア: DVD-ROMこの商品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2014/11/26メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

パワー発揮を最大化するための混合法(バックスクワットでは、パワーの向上は負荷が30~70%1RMの間で起こり、筋力の向上のためには高負荷(>75%1RM)を用いる必要がある)

…わせただけの一元的なトレーニング法では、パワーや筋力を最大に増大はできず、総合的な競技パフォーマンス能力を最大限に高めることもできません。 したがって、パワー発揮能力の最大化には混合アプローチが推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com 混合トレーニングの活用 パワー発揮能力を最適化するための混合トレーニングの活用は、力-速度関係の一層調和をとれた包括的な向上をもたらし、それにより、最大発揮パワーの一層の向上とトレーニング効果のより大きな転移が可能と…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…ップというより、体力トレーニングに位置付けられ、そして、このウォームアップ後にチーム練習が長時間続くことになりますが、疲労した状態でメイン練習は怪我の発生が強く予測されます。 このようなプロチームの手法を参考に同様な方法を導入しているジュニアスポーツ指導者は少なくありません。 www.nakajimabonesetter.com ジュニア選手におけるウォームアップ ジュニアスポーツにおいては、プロ野球のようにある一定の体力レベルに到達しているわけではなく、子供の体力レベルにか…