Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

トレーニング の検索結果:

バランストレーニング(バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成される)

バランストレーニングと成熟段階 バランストレーニングと神経筋パフォーマンス バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成されます。 青少年の動的安定性は、正しい姿勢と下肢のアライメントを強調する静的バランスエクササイズから始めるべきとされています。 アスリートが静的バランスの正しいパフォーマンスを行うことができるようになってから、指導者は動的バランスや動的安定性のエクササイズなど、より複雑なバランス課題へとトレーニングを進めるこ…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

身体能力テスト 身体能力テストを行う際のガイドライン 一般的には、特異性、妥当性、信頼性の高いテストを利用するべきです。 例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。 コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当…

筋タンパク質の合成を活性化させるためには(「筋収縮」「血中アミノ酸濃度の上昇」「インスリン応答の上昇」の3つの要因が同時に起こらなければならない)

…れなかった)。 トレーニングや練習を行う日に関しては、何もないオフの日などと比較して多めに付加する必要があると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引1)Burk LM Et al Carbohydrate for training and compretition.J Sports Sci.29:17-27.2011 2)独立行政法人国立健康・栄養研究所監修・健康・栄養食品アドバイザリースタッフ・テキストブック.東京.第一出版:3…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

…え、あるいは遊脚期はトレーニングによって改善されるという考えを支持するエビデンスは存在しないと考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Kinesiology and Health Science York University Toronto Ontario ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett出版社/メ…

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…ズ(傷害予防のためのトレーニングルーティンに広く適用されているリハビリテーション的なエクササイズ)を漸進させても、パワー発揮にはすぐには成果をもたらさないかもしれませんが、負荷の伝達効率が改善されることで、結果的にパワー発揮やスピードの向上につながる可能性があります。 基礎的な固有感覚テクニックを重点的に行なうことは、アスリートが身体の諸構造を、様々な角度で、コントロールしながら、高速度で正確な位置に置くことを可能にします。 基礎が獲得できたら、より爆発的(プライオメトリック…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…よるが6~8週間)のトレーニングの質に依存すると考えられています。 ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチにとってこの時期は、最大パフォーマンスを生み出し、傷害リスクを低減させるために、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処するトレーニング処方を開発し、監督する必要がある一方で、チームの身体能力およびスキルレベルを検討する必要があります。 www…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

…d and Agility of Soccer Players スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者: 日本トレーニング科学会出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含むブログ (1件) を見る ミニハードルを用いたスプリントトレーニング?あらゆる競技のレベル向上につなげよう!![DVD番号 666]発売日: 2013メディア: DVDこの商品を含むブログを見る

視覚 眼球の働きを助ける副眼器

視覚 眼球の働きを助ける副眼器 複眼器とは、眼球の働きを助け、眼球を保護するものです。 眼球の周りにある眼瞼、結膜、涙器、眼筋、眉毛などが複眼器となります。 ①眼瞼(まぶた) カメラでいえばシャッターに当たり、眼球の前にある可動性の皮膚のひだで、眼球の保護や光刺激を遮断します。 ②結膜 まぶたの運動を円滑にする働きをしていて、血管や神経に富み、貧血の有無を見るのに便利なところです。 結膜炎 結膜が、静菌・ウイルスの感染や外傷などによって炎症を起こしたののを結膜炎といいます。 …

筋トレと脳機能(インスリン様成長因子(IGF-1)は、認知機能改善に関与するもう一つの神経栄養因子であり、運動でIGF-1レベルが増加するが、認知機能が低下した高齢者ではIGF-1は定値を示す)

…示します。 筋力トレーニングはテストステロンとIGF-1レベルを増加させるので、研究者によっては、筋力トレーニングのほうが心臓循環系トレーニングより有効であると議論する人もいます。 www.nakajimabonesetter.com 筋力トレーニングと認知機能の改善 Cassilhasらは、高齢者群の6ヶ月間の筋力トレーニング後に認知機能の改善と高いIGF-1レベルを観察しています。 また、Nottebornらはテストステロンの高い脳由来神経栄養因子(BDNF)レベルのカギ…

熱と水分補給と労作性熱痙攣(運動誘発性の筋疲労、体内の水分の損失、発汗によるナトリウムの多大な損失の3つの素因が筋痙攣にて観察される)

…の場合、2~3時間のトレーニングや試合中に、重大な体内水分の損失が発生する可能性があります。 汗に含まれる塩分(塩化ナトリウムすなわち食卓塩:化学式NaCl)の濃度が低い場合も、驚くべきことに、1時間につき5~12gもの塩分が青年や成人において失われます。 以上のことを念頭において考えてみると、アメリカ人の平均的な塩分摂取量は1日あたり約8gになります。 したがって、食事において適切な塩分摂取が行われなければ、体内の総ナトリウム量不足が進行する可能性があります。 脱水症状や、…

サッカーの指導現場でのYo-Yo IRテスト(Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関がある)

…6歳)選手や中程度にトレーニングされた選手にはLevel1の実施を、プロサッカー選手にはLevel2の実施を推奨しています。 しかし、Yo-YoテストのCDに添付された説明書にはYo-Yo IR1テストの結果が800m以上の選手には、Yo-Yo IR2テストを実施するようにとも指示されています。 JリーグクラブのU-13のサッカー選手を対象に、Yo-Yo IR1テストを実施したところ、その結果は最小値が1,600m(平均1,963m)であり、このグループにYo-Yo IR1テ…

アスリートの水分補給(糖質4に対してタンパク質1の割合を加えて摂取することで、水分補給と再補給、筋タンパク質の合成、グリコーゲンの再蓄積を促し、筋損傷マーカーを抑制する)

…年の研究では、持久力トレーニング経験のある男性10名を対象に、カロリーの等しい糖質飲料(CHO、152.7g)および糖質-タンパク質飲料(CHO-PRO、CHO=112g、PRO=40.7g)をグリコーゲンが低下させる食事と運動の後に摂取した場合、それぞれの飲料はカウンターバランスをとった二重盲検法をとり、グリコーゲンを低下させる食事とランニングの実施後、60分間の間隔をおいて2度実施されました。 CHO-PROを投与された試験では、CHOのみの試験に比べて、回復期90分にお…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

… 神経筋課題の高強度トレーニングは、特に疲労した状況では、スポーツの状況を模倣し、神経筋系を安全で効率的な方法で、トレーニングすることが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gr…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

…期に積極的に有酸素性トレーニングに取り組み、有酸素性能力を高めておくことが、将来の間欠的運動能力の高さに効いてきます。 確かに、中学生年代の選手に対してそのときのサッカーの持久力をみるためだけならば、Yo-Yo IR2テストだけでも、選手の試合での間欠的運動能力を憶測することは可能になります。 しかし、時点での有酸素性能力をきちんと把握し、個々のレベルにあった有酸素性トレーニングが必要になり、そのために、Yo-Yo IR2テストに加えて別のテストが必要となります。 www.n…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

…られています。 トレーニング研究によると、高強度の身体能力において向上を示し、試合による疲労が低下しました。 したがって、サッカー選手の無酸素性能力レベルを評価した上で、トレーニングを行うことは、きわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com サッカーのパフォーマンスとパワー発揮 サッカーが、キック、スプリント、タックル、ジャンプなどのパワフルな動作の反復を要求する競技であることは、すでに数多く報告されています。 スプリント能力やジャンプ能力な…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

減速動作 競技において重要な減速動作 様々な競技において、停止時あるいは方向転換に先行して急速な減速がみられます。 このような急激な速度の変化は、多くの場合、最小限の距離と時間で発生し、相手の動作や境界線などの外的刺激への反応であることが多くなります。 多くの競技において、身体の速度を素早く落とす活動(減速)が動作の成功において非常に重要であり、減速は即座のあるいは段階的な停止や、方向転換(水平、側方、垂直)の前に身体速度を低下させることが要求される競技において行われ、減速時…

カフェインと脳(カフェインがアデノシン拮抗薬として働くことにより、中枢神経系(CNS)の興奮作用が疲労を遅らせる)

…高強度のレジスタンストレーニングやスプリントなど、タイプⅡ線維(速筋)に依存する活動におけるパフォーマンス向上の可能性を低下させる可能性はあります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes32 Number1 pages15-20 グリコ パワープロダクション エキストラ バーナー サプリメント 180粒【使用目安 約30日分】出版社/メーカー: 江崎グリコメディア: ヘルスケ…

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

カフェイン 反応時間とアジリティ カフェインの摂取が最大筋力に及ぼす影響はわずかですが、カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性があります。 過去数十年間に行われた研究は、単純な手の運動を使って、カフェインが刺激に対する反応時間に及ぼす効果を調べたものに限られていますが、研究結果からは、カフェインのプラスの効果が認められました。 反応時間と関係のあるもうひとつの分野はアジリティになります。 アジリティは爆発的な減速と方向…

パワーパフォーマンスとカフェイン(カフェインの血漿濃度は摂取後約60分でピークに達するため、試合あるいは高強度トレーニングのおよそ1時間前にカフェインを摂取することが適切になる)

…た研究では、被験者のトレーニングステータスによって説明できると思われる同様の結果が明らかとなりました。 例えば、カフェイン摂取がパワーパフォーマンスを改善しないことを示した研究もありますが、それらはレクリエーションレベルのアスリートを対象に行われた研究になります。 競泳選手を対象にカフェインの摂取(250mg)の効果を調べた研究では、100mのスプリントを反復する間のスプリントタイムが平均3%向上しました。 カフェインの摂取とパワーパフォーマンスに関する諸研究を総括したHof…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

…y of Soccer Players スプリント学ハンドブック: すべてのスポーツパフォーマンスの基盤作者: 日本スプリント学会出版社/メーカー: 西村書店発売日: 2018/02/15メディア: 単行本この商品を含むブログを見る スプリントトレーニング―速く走る・泳ぐ・滑るを科学する (シリーズ・トレーニングの科学)作者: 日本トレーニング科学会出版社/メーカー: 朝倉書店発売日: 2009/11メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を含むブログ (1件) を見る

サッカー選手の間欠的運動能力の発達とその評価(近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Yo Intermittent Recovery(Yo-Yo IR)テストが世界的に広く利用されるようになってきている)

間欠的持久力とYo-Yo Intermittent Recoveryテスト Yo-Yo Intermittent Recoveryテスト サッカー選手の間欠的運動能力を評価する上では、休息を挟みながら高強度運動を繰り返すタイプの、サッカーに特有なテストが必要になります。 これまでに、このような目的で様々なテストが開発され利用されており、日本ではブルガリアンシャトルラン、VMAなどがあります。 しかし、近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Y…

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

前十字靭帯と外反モーション 女子アスリートと外反モーション Malinzaらは、女子アスリートはすべてのカッティング課題中に一貫して外反モーションを示し、これはランニング動作に関しても同じであることを見出しました。 また、女子アスリートが男子よりも外反モーションを示す傾向は、男女差のある身長などの因子とは無関係に一貫していました。 例えば、身長に関して数値を正規化しても、女子バスケットボール選手は男子と比べて、着地中に有意に多くの外反モーションを示す傾向にありました。 しかし…

若年アスリートにおける傷害予防(アスリートに固有の神経筋の欠陥を確認し、 確認された欠陥に関連づけられる神経筋コントロールとコーディネーションを改善する生理学的適応の促進に目標を定めたエクササイズを取り入れる必要がある)

… INTは傷害予防トレーニングに重点を置きますが、トレーニングによる身体適応は、競技パフォーマンスのスキルや能力向上の要因でもあります。 INT導入は、青少年アスリートにとって多くの場合、傷害予防というよりもパフォーマンスの向上が主な動機になります。 INTプログラムは、複雑なスポーツ活動起因する急性傷害の予防を促進します。 www.nakajimabonesetter.com 急性外傷の減少には これまでのエビデンスは、急性傷害の減少には以下の段階が必要になります。 アスリ…

睡眠不足と競技パフォーマンス(睡眠不足のアスリートにしばしば観察される現象として、認知パフォーマンスや運動パフォーマンスの低下、反応時間の遅延、気分の状態/情緒の不安定化が挙げられる)

…眠の質の低下は、特にトレーニングの高負荷期や試合期においては、アンダーリカバリー(回復不足)の指標であり、オーバーリーチングの初期兆候になります。 したがって、コーチはアスリートの睡眠の質を監視して、ストレス/疲労状態の程度をチェックすべきです。 なぜなら睡眠は、心理的および生理的回復をもたらし疲労管理に重要な役割を果たし、また、競技パフォーマンスに対して直接的および間接的影響を及ぼす可能性があると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 仮眠…

子どものジャンプパフォーマンス(思春期前の子どもは、反動作中にかがみ込む深さに違いがみられること、離地の際に(重心線に対して)より後方に傾いた姿勢をとることに、このような違いは、かがむ際に可動域(ROM)が制限されている)

…ている可能性もあります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Strength&Conditioning Journal35 Numbers3 pages77-88 SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者: 日本SAQ協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログを見る

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

… それは、「一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである」というものになります。 この推奨基準は、個人的ワークアウト中であっても、この強度で運動しているすべてのアスリートに当てはまります。 しかし、間欠的運動(テニスなど)の場合は必要量が少々異なります。 なぜならば、ジムで利用する一般的な運動様式(一定ペースで行うトレッドミルランニングなど)よりも間欠性が高いからです。 間欠的運動は短…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

…rは、このテストが、トレーニング経験有および無の若年および中年男女のVO2maxを予測するにあたって妥当性が高く(r=0.96、標準推定誤差:SSE=2.81ml・kg-1,min-1)、信頼性が高い(r=0.97、SSE=1.92ml・kg-1,min-1)ことを見出しています。 被験者は競技サッカーに参加する可能性が高い層であり、したがって適切なテストであると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field T…

最大酸素摂取量と年齢変化(最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示した)

最大酸素摂取量と年齢変化 プロサッカー選手と最大酸素摂取量 Jリーグクラブに所属する選手では、最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示しました。 この最大酸素摂取量の年齢変化は、上述したYo-Yo IR2テストの結果が暦年齢とともに上昇し続け、暦年齢の強い影響下にあることと大きく異る結果になりました。 さらには、年齢カテゴリーごとにYo-Yo IRの結果と最大酸素摂取量との相関関係を調べたところ、U-13では両者に関係性…

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

…の調査から、バランストレーニングによる介入を通して、傷害と傷害リスク因子が減少したこと、また競技パフォーマンスが向上したことが明らかになっています。 したがって、成長期に固有感覚の強固な基礎を築くことは、競技選手としての長期的な成功と健康の促進にきわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 下肢の動的安定性のトレーニング目標 下肢の動的安定性のトレーニング目標を定めて提案されたエクササイズ中は、体幹-股関節-膝関節-足関節複合体の正しい屈曲に…

サッカーにおける間欠的運動能力(サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われるが、 勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になる)

サッカーの試合におけるエネルギー需要 間欠的運動能力 サッカー選手は、1試合(90分間)を通して9~12km程度の距離を移動しますが、試合時間の70%以上はウォーキングやジョギング、あるいは静止に費やされ、それらを休息としながらスプリントやジャンプなどの高強度運動が繰り返されます。 したがって、サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われます。 しかし、サッカーで勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高…