Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

トレーニング の検索結果:

サッカーのミニゲーム(SSG:small sided game)とは(4対4の場合、相対的VO2maxの平均値は82%、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、試合よりも各選手の高強度運動の回数は多く、ボールの支配時間も長くなる)

…されるスポーツでは、トレーニング刺激が競技の要求と類似しているときに刺激が最大となります。 ミニゲーム(以下SSG)は、技術的、戦術的、身体的能力の向上を意図して開発されたサッカーに特異的なトレーニングプロトコルになります。 このようなSSGは通常、複数回のインターバル形式で行われ、選手の数もピッチ位の大きさも様々に異なり、ルールも変更されます。 SSGでは、選手に相当大きな有酸素性、無酸素性の負荷がかかることが報告されています。 4対4の試合の場合、相対的VO2maxの平均…

筋力およびパワーの適応を競技パフォーマンスに転移させる(速度を最大限に向上させる上で重要な要素は、力の発揮と発揮時間であることを意味する)

…Sprint 30m - JKT48 Sports Competition NSCAパーソナルトレーナーのための基礎知識作者:ジャレッド・W.コバーン,モー・H.マレクメディア: 単行本 アスリートのための最新栄養学(上)作者:山本義徳発売日: 2017/09/09メディア: オンデマンド (ペーパーバック) NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー)

ストラクチュラルエクササイズと代替エクササイズ(スクワットやデッドリフトなどのストラクチュラルエクササイズでは立位で脊柱にストレスがかかるが、レッグプレスではそれが実施できない)

…レスでは、下肢筋群をトレーニングすることができますが、それと同時に体幹を一緒に使うコーディネーション能力に関してあまり向上させることができないという大きなマイナス面が指摘されています。 チェストプレスに関しても、レッグプレスのマイナス面と同様に、ベンチプレスに比べて体幹と下肢を一緒に使うコーディネーション能力を高める効果が得られにくいと考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 競技特性を活かすトレーニングの重要性 特に、フットボール選手や競技特性で…

スクワットの前額面における修正(中殿筋と大殿筋の脆弱性がスクワット中の大腿部の内旋と内転を同時にもたらし、ハムストリングスに対して大腿四頭筋が優位に動員されることも膝の外反と結びつく)

…を取り入れた神経筋のトレーニングで改善できます。 トリプルエクステンションのためのレジスタンスエクササイズの漸進および漸進的なプライオメトリックトレーニングにより、膝の外反モーメントが減少することが知られています。 アスリートに上がる動作と下ろす動作の両段階で、膝を離しておくように指導することが推奨されます。 膝の周りにエラスティックバンドを巻くことは、スクワット中に膝を外側に向かって押すことで、適切な膝のメカニクスを保持することを強く要求されるため、アスリートにとって感覚に…

ベンチプレステスト(安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法が推奨される)

…チームのいくつかは、トレーニングルーティンにおいてベンチプレス系の動作をほとんど行っておらず、なかには全く行っていない選手もいます(ソフトボールの投手や槍投げ選手など)。 しかし、トレーニングプログラムで行われるオーバーヘッドのウェイトリフティング動作(スナッチ、プッシュジャーク、オーバーヘッドスクワットなど)はいずれも、ベンチプレス動作をプログラムに取り入れていない選手も含めて、ほとんどのアスリートに上半身の筋力の大幅な向上をもたらします。 www.nakajimabone…

有酸素性運動のための分岐鎖アミノ酸(持久系エクササイズ中にBCAAを補給すると、トリプトファンの吸収が相対的に減り、セロトニン中枢性疲労が軽減する)

…給は、長時間の自転車トレーニング中における疲労困憊までの時間を延長する可能性があります。 1周間に最高12回のトレーニングを行う持久系アスリートにとって、グリコーゲンの迅速な再貯蔵は極めて重要になります。 エクササイズ後に糖質と組み合わせてBCAAを摂取すると、インスリン反応を高め、グリコーゲンが一層速く再貯蔵されることを示しており、BCAAの補給に関しては、持久系エクササイズも筋力系アスリートと同様の摂取法に従うべきとされています。 www.nakajimabonesett…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

高強度インターバルトレーニング サッカーは高強度運動を繰り返し行う間欠的なスポーツとして特徴づけられます。 そのため、トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要があります。 高強度インターバルトレーニング(HIIT:High-intensity interval training)は、同じ力学的運動と持続時間を使って連続的に行うトレーニングに比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告され…

失敗するまでのトレーニングは果たして有益か?(頻繁に実施すると安静時テストステロン濃度を低下させ、オーバートレーニング症候群を引き起こすおそれがある)

失敗するまでのトレーニングは果たして有益であるのか レジスタンスエクササイズのセットにおいて、意図的にセットを失敗するまでレップを繰り返すトレーニング法は広く用いられており、筋肥大の刺激にも有益でな手法である可能性が考えられます。 しかし、失敗するまで行うトレーニング法は、あまり頻繁に実施すると安静時テストステロン濃度を低下させ、オーバートレーニング症候群を引き起こすおそれがあります。 アスリートのトレーニングステータスや目標、年間トレーニングサイクルのどの時点に当たるかを考…

NHK Eテレ「にっぽんの芸能」幸四郎プロジェクト

本日、23時から放送予定の「にっぽんの芸能」の「幸四郎プロジェクト」是非ご覧ください! 当院に施術、トレーニングに来て頂いている舞踊家の先生も出演されるそうです! コロナウイルスで大変な中でも周りに元気を与えることを考えて下さる。 本当に、感謝です。 放送が、とても楽しみです! spice.eplus.jp 中島恵

青少年の伸張-短縮サイクル能力に関する理解を深める(ランニング、ホップ、ジャンプなどの移動運動は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch shortening cycle)と呼ばれる)

…n プライオメトリック・トレーニング作者:Donald A. Chu,Gregory D. Myer発売日: 2016/02/18メディア: 単行本 爆発的パワー養成 プライオメトリクス作者:ラドクリフ,J.C.,ファレンチノス,R.C.発売日: 2004/11/01メディア: 単行本 瞬発力トレーニングアナトミィ―プライオメトリックエクササイズで爆発的な力を引き出す―作者:デレク・ハンセン,スティーブ・ケネリー発売日: 2018/05/25メディア: 単行本(ソフトカバー)

ベアフットランニングとランニング傷害(ベアフットランニングにおける足前部による接地、ストライド長の減少、ストライド頻度の増加、固有感覚の強化は衝撃力低下を助け、下肢の傷害発生率低下に役立つ)

…た。 マラソンのトレーニングを行っているランナーの傷害発生率は90%にも上り、男性ランナーにおける週あたりの走行距離の多さとランニングによる過去の既往歴は、傷害の危険因子であることが判明しています。 www.nakajimabonesetter.com ランニングと下肢傷害 通常、ランニングによる傷害は下肢に現れ、骨、靭帯、腱、筋に影響を及ぼし、ランニングによる傷害の中で報告件数が多いものは、足関節捻挫、足底腱膜炎、シンスプリント/脛骨疲労性骨膜炎、腸脛靭帯炎、アキレス腱炎、…

リン酸ローディングによる持久的能力の向上(最大酸素摂取量{VO2max}、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間などの改善がされる)

…れらの測定値の向上がトレーニングを試合に有利であることは疑いはありません。 さらに生理学的検査や臨床試験によれば、、リン酸の補給は、標高への生理学的適応を助けるといわれています。 その中には、血漿リン酸および2,3ジフォスフォグリセリン酸(2,3-DPG)の増加が含まれ、また主観的な健康状態も改善します。 したがって、リン酸は、数週間におよぶ高強度パフォーマンスに直接的な利益をもたらし、高地でのパフォーマンスにも好影響を及ぼす可能性があります。 www.nakajimabon…

6月30日

6月も最後です。 6月もあっという間に過ぎていきました。 6月の記録として… インディバ 施術ではインディバを使用しています。 チューブ 施術後は自宅でも出来るストレッチやトレーニングを。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング風景 パーソナルトレーニングの風景 練習風景 仕事終わりに練習をしている風景 ソーシャルディスタンス 身体のことでお悩みの方、お問い合わせお待ちしております。 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

現場への応用としてのアシスティッドジャンプスクワット(このエクササイズの最も興味深い点のひとつは、バンドが動作を補助する結果、速度特性が変化する)

…ートに通常のウェイトトレーニングよりも高速で力を発揮させる効果があります。 これは広く用いられているアシスティッドスプリントのトレーニング手法を応用したものになります。 バーベルに補助を加えることで得られる動作速度の変化と、それを一部の伝統的なトレーニング方法および負荷と比較したデータが下記になります。 筋力向上およびジャンプエクササイズにおける速度連続体 動作 負荷(kg) ピーク速度(m/秒) スクワット 100 1.0 ウェイトリフティング 100 1.6~2.0 ジャ…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…有酸素性インターバルトレーニング(最大心拍数[HRmax]の90~95%で4分づつ4回のインターバル走、間は3分のジョギングを挟む)を行ったところ、選手は以下を達成しました。 有酸素性能力の向上。VO2maxが58.1±4.5から64.3±3.9ml/kg/分に改善(P<0.01)。 走行距離が20%増加した(P<0.01)。 平均運動強度が82.7±3.4%から85.6±3.1%に上昇した*1。 スプリント回数が100%増加した(P<0.01)。 乳酸性作業閾値が47.8±…

亜硝酸塩の摂取によるパフォーマンス向上(硝酸塩の摂取が血中乳酸を増加させずに運動中の酸素需要を低下させ、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善した)

…m 亜硝酸塩の摂取とトレーニング刺激に対する適応 現在のところ、BRのを毎日摂取することによりトレーニング量や運動強度の増加について調査した研究は不足しており、BRの摂取は、トレーニング刺激に対する適応を漸増する可能性があるため、この分野のさらなる研究が必要になります。 同様に、無酸素性エネルギー機構を用いるレジスタンスエクササイズ中の複数回のエクササイズの実施に関して、BRの効果を調査した研究もまだ行われていませんが、Barleyらは、6日間BRを補給した後、プラセボと比較…

トレーニング負荷/ストレスのモニタリングの重要性(トレーニングプログラムの効果に関する情報を取得し、長所・短所を見極め、そして結果とパフォーマンス両方のフィードバックを提供することが可能になる)

トレーニング負荷またはストレスをモニタリングし、定量化する レジスタンストレーニングにおいて、選手各自のトレーニング負荷またはストレスをモニタリングし、定量化することは非常に重要になります。 そうすることで、トレーニングプログラムの効果に関する情報を取得し、長所・短所を見極め、そして結果とパフォーマンス両方のフィードバックを提供することが可能になるためです。 www.nakajimabonesetter.com 期分けされたトレーニングプログラムを導入する レジスタンストレー…

筋力/加速度トレーニングの概念(ニュートン第二法則:加えた力が物体を加速させる為、力{F}は質量{m}×加速度{a}に等しい)

…ーリフティング競技のトレーニング様式 パワーリフティング競技でよくみられるトレーニング様式は「加速度/筋力トレーニング」と呼ばれます。 このトレーニング様式の要点は、力(F)は質量(m)×加速度(a)に等しいという法則を理解することが重要になります。 挙上中の質量は一定であるために、力は常に一定であるため、力は加速度に比例します。 ※このトレーニング様式は、等式 F=maで表され、選手がリフティングの速度を上げれば、比例して筋力が増大するということになります。 www.nak…

アスリートのパワー向上のカギとは(膝関節と股関節、足関節の爆発的な伸展はトリプルエクステンションと呼ばれ、パワーや爆発性{Explosiveness}の重要な要素になる)

…法は様々あり、また、トレーニング法によりフォームに違いがあります。 トリプルエクステンションのトレーニングは、基本的に主な3つの下肢関節の爆発的な動作であり、両脚または片脚を使い全方向で行います。 トリプルエクステンションの基本的なトレーニング法の一つは、ウェイトリフティングを利用した方法で、ウェイトトレーニングとは別物です。 ウェイトリフティングは「スナッチ」および「クリーン&ジャーク」という2種類のリフトを競い合うスポーツになります。 これらのリフトによって、床から頭上へ…

エラスティックバンドが神経筋系に与える影響(動作の伸張性局面と短縮性局面の両方における運動単位の増加という形であらわれる)

…ィックバンドを用いたトレーニングは、動作の可動域にわたり抵抗を加速させる能力にも負担をかけることができます。 これは、フリーウェイトを用いるトレーニングとは対照的で、なぜならば、フリーウェイトを動かすために必要な力と、フリーウェイトを動かし続けるために必要な力は、後者の場合、力積を考慮する必要があるため、同じではないからです。 そして、フリーウェイトに対するエラスティックバンドの比率が高くなると力積の量に影響が生じます。 筋肉の収縮要素を助けるのは動作速度の速さになります。 …

7人制ラグビーの傷害発生調査(15人制よりもプレーのスピードと強度が高く、高頻度で高強度のランニング、ステッピング/カッティング、方向転換動作が行われることが、足関節と膝関節の高い傷害発生率を生んでいる可能性がある)

…傷害の重症度(選手がトレーニングや大会に参加できない日数)もまた高い傾向にあり、トレーニングや試合に参加できない日数が平均45日間であることです。 www.nakajimabonesetter.com 傷害の原因とは Fullerらは、578試合のシリーズ中に合計104件の傷害が発生したことを報告しています。 これは、1大会あたり1チームにつき0.96件の傷害発生率に相当します(試合時間1,000時間あたり106.2件、95%信頼区間0.15~128.9)。 このような傷害の…

運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ腱器官からの入力が低下すると、結果的に運動ニューロン細胞体で弛緩を命じるシグナルが受信されなくなる)

筋痙攣のメカニズムの違い 運動誘発性筋痙攣に対する中枢神経の刺激が存在することは、研究者により根拠を持って一般的に取り入れられていますが、神経性刺激自体の起源については議論があります。 中枢起源説(Central Origin Theory)の支持者は、運動ニューロンの過剰興奮から痙攣が始まると示唆しています。 一方、末梢起源説(Peripheral Origin Theory)の支持者は、痙攣は運動筋の無髄軸索終枝の異常興奮による運動ニューロンの自発放電の結果であると主張し…

YouTube紹介

Nakajima整骨院で作ったYouTube紹介します。 Nakajima整骨院パーソナルトレーニング動画 www.nakajimabonesetter.com 2020/5/27 第2回Nakajima整骨院トレーナー研究会Zoom座談会ゲスト新井瑞希選手(元SVホルン) テーマ「育成世代のフィジカル・コンディショニング」ダイジェスト Nakajima整骨院 indiba(インディバ)紹介 是非ご覧ください! www.nakajimabonesetter.com 中島恵

プッシュアップのバイオメカニクス(大胸筋は水平屈曲動作における主働筋であるため、肘を開くと筋の長さ-張力関係が向上する)

…tocol Meas Phys Educ Exerc Sci6:225-242:2002 ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]発売日: 2018/01/30メディア: 単行本 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー) プロが教える 筋肉のしくみ・はたらきパーフェクト事典作者:荒川 裕志発売日: 2012/10/19メディア: 単行本

エクササイズによる高齢者の認知機能向上(エクササイズ量の多い人ほど、脳の前頭前野、頭頂葉、側頭葉における灰白質容積が大きく、脳梁の白質容積も大きい)

…レビューが、有酸素性トレーニング、およびレジスタンストレーニングの定期的実践によって、認知低下の進行を止めるだけではなく、すでに低下してしまった認知機能を、ある程度取り戻せることを示すエビデンスを提供しています。 脳は高齢になっても高い可塑性を保っており、定期的なエクササイズは加齢に伴う認知能力の維持に影響を及ぼすと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com レジスタンストレーニングには神経細胞の成長を促し、認知障害を予防する効果が期待できる レ…

初級クライアントのためのピリオダイゼーション(逆ピリオダイゼーションモデルは、低量であることによって、初級者のオーバートレーニングによってもたらされる過度の筋肉痛の予防に役立つ)

…アントのストレングストレーニングは、週に2~3回のセッションからはじめ、伝統的なピリオダイゼーションは負荷を日々変化させて、時間とともに多量低負荷から低量高負荷へと移行します。 ピリオダイゼーションプログラムの例は、クライアントが低量/中量&低負荷/中負荷から、多量中負荷へと移行する逆ピリオダイゼーションモデルになります。 逆ピリオダイゼーションモデルは、従来のピリオダイゼーションよりも初期が低量であることによって、初級者のオーバートレーニングによってもたらされる過度の筋肉痛…

足部回内と下肢キネティックチェーンの機能障害(足部回内状態では、足は体重が乗った際に内側縦アーチを失う、 内側縦アーチは、足部内側の骨、靭帯、および腱で形成されており、足部縦アーチの役割は、足部が地面に接地した際に床反力を分散させる)

… 下肢の不適切なトレーニングを実施する、もしくは不適切な力が加わった際には、足部にはアライメントの不良が生じ、傷害の危険性が増したり、コンディションに影響します。 そのような状態のひとつに足部回内が挙げられます。 足部回内は、体幹下部を含めた下肢の筋力および筋パフォーマンス、関節に躊躇な負の影響をもたらし、下肢キネティックチェーンの機能障害を引き起こします。 足部回内状態では、足は体重が乗った際に内側縦アーチを失います。 内側縦アーチは、足部内側の骨、靭帯、および腱で形成され…

エラスティックバンド(ゴムバンド)利用の考察(最も大きな力を発揮することが可能な完全伸展時に、最大の抵抗を与えることを狙いとしている)

…エラスティックバンドトレーニングのひとつの様式として広く使用されています。 エラスティックバンドを用いると、動作の可動域にわたり、筋組織の力発揮に応じた負荷を与えることができるために、有効なトレーニングと位置づけられています。 近年は、固有受容器性運動制御能力を向上させるために、スポーツおよび健康に関する専門職により利用されています。 さらに、パフォーマンス向上ツールとしての人気も高まっており、パフォーマンス向上を理解するために体系的な研究も行われています。 www.naka…

過回内足におけるストレッチングの重要性(足部回内にしばしば影響を及ぼす、もうひとつの解剖学的な構造は腸脛靭帯(ITバンド)の硬化になる)

筋のストレッチング まずは硬くなった筋のストレッチングを行っていきます。 フォームローラーを使用し、腓腹筋の起始部分から始め、クライアントは身体を床から持ち上げ、足に向かってフォームローラーをゆっくりと遠位方向に動かします。 クライアントは硬くなった筋群の筋腹にフォームローラーが当たると圧痛を感じます。 指導者はクライアントに、圧痛を感じるところで10~20秒ほど止めるように指示します。 その後、クライアントはフォームローラーを踵骨まで転がします。 指導者は両足のふくらはぎを…

ストレッチングが必要なスポーツ障害(鵞足炎,膝蓋靭帯炎,アキレス腱周囲炎,腰部痛などが挙げられる)

ストレッチが必要なスポーツ障害 スポーツ障害では特に柔軟性の低下が深く関与し、ストレッチングが重要と考えられている障害が多くあります。 大腿四頭筋の柔軟性の低下 膝蓋大腿関節障害や膝蓋靭帯炎などには、大腿四頭筋の柔軟性が低下していると考えれらています。 大腿四頭筋は、体重支持の主働筋であり、膝関節の動きや固定にも重要な役割を持っています。 その為、大腿四頭筋の柔軟性が低下すると体重支持、着地衝撃吸収の効率が悪くなり、筋や腱の骨付着部への負担が増大し、これらの障害の発生につなが…