Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

バスケットボール の検索結果:

カウンセリングによる障害予防とは(オーバートレーニングの兆候を認識すること、オーバーユース障害に注意を払うこと、思春期半ばまでは、1種目の競技に特化しないことなどが必要になる)

…水泳とクラブチームのバスケットボールを行わない)。(SORT C) ・ある種目の試合からは、1年を通じて少なくとも3ヶ月の休養をとる(必ずしも連続して取る必要はない)。(SORT C) ・ある種目に参加したシーズンの終了後、少なくとも1ヶ月の休養をとる(例えば、水泳のシーズンが1月に終了した後、1ヶ月の休みを取ってから春の野球のシーズンに参加する)。(SORT C) ・思春期の中期または後期まで、ひとつの競技種目だけに特化しない。(SORT B) ・団体競技(トレーニング、練…

女子アスリートの競技特化リスクとは(ひとつの競技種目に特化した練習やトレーニングは、オーバーユース障害と燃え尽き症候群のリスクを高める可能性がある)

…カー、バレーボール、バスケットボールの女子選手546名を調査した研究では、競技種目の特化と膝蓋大腿疼痛との間に相関が認められ、この割合を膝前部痛の他の原因(膝蓋腱炎、骨端炎など)についてみると、1種目への参加を報告した女子との差はさらに広がり、4倍にも達します。 Myerらも、膝蓋大腿疼痛の有病率が女性アスリート100名あたり16.3名であることを明らかしました。 これらの症状のあるアスリートは将来的にACLの損傷リスクが高いことを示唆するエビデンスがあるため、膝蓋大腿疼痛を…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折である脊椎分離症は、器械体操や捻り動作を繰り返すバレーボール、テニス、野球のピッチャーによくみられます。 このようなオーバーユース障害は、十分な休養を設けずに、投げる、走る、跳ぶ、泳ぐなどの動作を繰り返すことが原因になります。 適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強く…

代謝コンディショニングを測定するフィールドテストのまとめと現場への応用(信頼性の高いMRSを提示する能力、求めたい生理学的状態を測定する妥当性について、テストを比較する必要がある)

…ドボール、ラグビー、バスケットボールなどのチームスポーツに適している可能性が最も高くなります。 www.nakajimabonesetter.com テスト実施の運用上の特徴 トラックで行なう走競技や最大超トレーニングの準備など、線形で最大下の持続的トレーニングを個別化するためには、有酸素性機構が優位なプロトコルをvVO2maxとの関係に基づいて選択しなければなりません。 したがって、テスト手順の実施上の制約(必要なスペースなど)に基づいて、タイムトライアルかUMTTを用いる…

フィードバック(練習やトレーニングで行われる活動に関して、フィードバックという形で情報を提供することは、運動技能の獲得において最も影響力の大きい要素のひとつになる)

…結果の知識は、例えばバスケットボールでシュートを決める、的に当てる、三段跳びで決まった距離を跳ぶなど、その課題の目標に対する動作の結果を伝えるフィードバックになります。 一方、パフォーマンスの知識は、当該パフォーマンスの結果をもたらした動作パターンについての情報であり、例えば、特定の運動学的または運動力学的要素(パフォーマンス中の発揮パワーや速度、発揮筋力など)に関してフィードバックを提供するものになります。 この2種類の付加的フィードバックは、分類上区別されていますが、実際…

30-15間欠的体力テスト(最終的な到達速度{vIFT}はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係がある)

…テストは、サッカーやバスケットボール、ラグビーなどの多方向に間欠的な運動を行なうスポーツにおいて、最大超コンディショニングを個別化することにきわめて適しています。 www.nakajimabonesetter.com 最大超トレーニング処方のためのテストプロトコル テスト プロトコル 開始速度(km/時) 速度の上昇 シャトル の距離(m) 回復時間(秒) 最終速度の測定 YYIRT1 2×20mのシャトルを完了後、2×5mの積極的休息をとる。 10 20 10 最後に完了し…

睡眠時間の延長と競技パフォーマンス(睡眠時間の延長によって睡眠欲求を至適化することは競技パフォーマンスにプラスの影響を及ぼす)

…ンフォード大学の男子バスケットボール代表チームを対象としてある実験が行われ、11名の選手に、1日の睡眠時間が10時間に達するように5~7週間にわたって睡眠時間を延長させました。 このように習慣として睡眠時間を延長させた結果、測定されたバスケットボールのパフォーマンスに関連するすべての項目において、有意な向上を示しました。 合計睡眠時間の増加は110.9±79.7分であり、スプリントタイム(282フィートスプリントで16.2秒から15.5秒へ)、フリースローの精度(10本中7.…

パフォーマンステストを考える(垂直跳びテストでは、下半身の爆発的パワーを測定することにより、期分けトレーニングプログラム最大の目標である、パワーの向上を評価する)

…ジャンプを繰り返し、バスケットボールとバレーボールの選手はさらに、1歩助走でのジャンプも測定します。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Dietz V Noth J.Schmidtbleicher D.Interaction Between Preactivity and stretch reflex in human triceps brachiiduring landing from forward falls.J Physiol311:11…

コンプレックストレーニングの即時的効果に関する研究(CTの実行に際して考慮すべき非常に重要な要素は、コンプレックス内の休息時間{Intracomplex rest interval:ICRI}、すなわち高強度エクササイズと低強度エクササイズの合間の時間になる)

…ベンチプレススロー、バスケットボールのプッシュパス、アイスホッケーのスプリント、および陸上スプリントなどになります。 CTが有効であることを示した研究もある一方、CTがCT以外の手法に比べて大きなパワーを引き出すという結果を示さなかった研究もあります。 ただし、注目すべき点として、CTによるパワーの有意な増大を認めなかった研究も、そのほとんどはCTがマイナスの効果を生じなかったと報告していることになります。 したがってCTは、筋力とパワーを同一セッション内で強化し、ワークアウ…

力発揮の諸特性(スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似している)

…ェイトリフティングがバスケットボール、フットボール、バレーボール、陸上競技などのスポーツパフォーマンスにプラスの影響を及ぼすことを明らかにしました。 また、抵抗に対して素早い加速を要求する運動が、選手に利益をもたらすことを示唆し、実際、スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似しています。 諸研究によると、ウェイトリフティングとバーティカルジャンプのパフォーマンスとの間には相関関係が存在します。 バーティカ…

CMJの定義(「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う)

…ーツにおいて、例えばバスケットボールのリバウンドやサッカーのゴール上部でのボールのブロックなど、特定の運動でよくみられる特異的な運動になります。 www.nakajimabonesetter.com CMJのメカニズム CMJがなぜSJよりはるかに大きな垂直方向の変位をもたらすことができるのか、そのメカニズムには多くの仮説があります。 筋間コーディネーションの増加説から、蓄積された弾性エネルギーのRFD増大への再利用説まで様々です。 力発揮に寄与すると思われる、CMJの運動と…

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

…技におけるジャンプ バスケットボール選手は、レイアップシュートやダンクシュートを行う際に、バスケットゴールに向かって垂直跳び(VJ)を行います。 バレーボール選手は、ブロックしたりスパイクを打ったりする際に、素早いカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)を用います。 また、競泳選手は、スタートの静止状態からブロックを蹴って推進する際に、VJで行う股関節、膝関節、足関節の伸展(トリプルエクステンション)を行います。 ラグビー選手も、パスされたボールをキャッチするためにジャンプが…

急性労作性横紋筋融解症(ミオグロビンやその他の細胞性酸素を血液中に放出すること腎不全を引き起こし、電解質と酵素の不均衡が筋衰弱を引き起こし、場合により心停止に至る)

… フットボール選手とバスケットボール選手の血液サンプルを調査した研究では、被験者の多くは自身がキャリアであることをしらず、また合併症を経験することのないまま、何年も高い競技レベルで活躍していることが明らかになっています。 1973年にNational Football League(NFL)に所属する黒人選手579名にSCT検査を行なったところ、全体の6.7%にあたる39名が陽性であり、テネシー州の研究チームは、高校生のバスケットボールとフットボール選手142名の血液サンプル…

若年サッカー選手における動作スキルのレベルと傷害の関連(神経路を刺激することは、運動プログラミング、予備的な筋活動、反射的な神経筋応答の向上をもたらし、動的な関節の安定性と運動スキルが向上する)

…Dickらは、男女のバスケットボール選手とサッカー選手を対象にした7年分の調査において、選手のスキルレベルと前十字靭帯(ACL)損傷の発生リスクの間に関連性がなかったことを明らかにしています。 また、女子選手の場合、スキルレベルが高いことは、下肢と背部の傷害の危険因子であることが報告されています。 対照的に男子サッカー選手のスキルレベルと傷害の関連性については、下肢の傷害の発生率が低スキルで2倍に上り、得に膝関節と足関節の傷害が多いと報告されています。 www.nakajim…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…ビー、ネットボール、バスケットボール、サッカーなど)には、数多くの選手を特定のエリアに留めておくための明確な境界線が存在します。 そのような競技における減速は、他の選手の動作(マークする、マークを外す、衝突を回避する)に対する反応として発生したり、競技エリアに留まるために発生します。 このような条件下では、様々な距離や時間にわたって、異なる速度からの減速が要求されます。 対照的に、個人競技(テニス、スカッシュ、バドミントンなど)では、主として敵が行うショットの選択に応じて、き…

EMSトレーニングが競技パフォーマンスに及ぼす効果(最大筋力、無酸素性発揮パワー:垂直跳びとスプリント能力の有意な向上が認められた)

EMS

…illoughby バスケットボール BB 6(3) I-PC;2500 ↑筋力 1998 Willoughby 陸上競技 Q 6(3) C/E-LE;2500 ↑筋力、ジャンプ 2000 Maffiuletti バスケットボール Q 4(3) I-LE;100 ↑筋力、ジャンプ 2002 Maffiuletti バレーボール Q+TS 4(3) I-S;105-120 ↑筋力、ジャンプ 2002 Maffiuletti バレーボール Q+TS 4(3) I-LE/SC;12…

高校生アスリートのにおけるウェイトリフティング(女子アスリートにおいてはクリーンやスナッチ等の「キャッチ」局面での減速が前十字靭帯損傷の予防に有効である)

…、女子バレーボールとバスケットボールの選手に関して、Robertらのプログラムでは、あるプログラムにおいて起きている非接触型の前十字靭帯損傷(断裂)が起きておらず、これは、減速トレーニングの量に起因していると考えられています。 すなわち彼らのプログラムでは、通常トレーニングとして、パワースナッチ、パワークリーン、スプリットスナッチ、スプリットクリーン、パワージャーク、スプリットジャークを行ないますが、いずれも「キャッチ」局面で減速が発生します。 また、フルバックスクワットとフ…

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

…ン三リン酸 試合中のバスケットボール選手の心拍数応答は、酸化経路を向上させるために必要とされる強度を上回っていることが多くなります。 最大酸素摂取量(VO2max)とは、ATPを産生するために身体がどれほど効率よく酸素を摂取し、利用しているかを示す指数ですが、バスケットボールの試合後には増加は認められません。 Castagnaらは、最大有酸素性パワーが、試合を模倣した反復的ショートスプリント能力に及ぼす効果を検証しました。 その結果、反復的スプリント能力を予測するものは、最大…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

…サッカー、および女子バスケットボールチームでは、「ビープ」テスト(20mシャトルラン)を好んで実施しており、また、サッカーチームは男女とも、今なお1マイル走や「クーパー」テストを行っています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Strength Cond Res2…

バイオバンディング(心理的な観点からは、早熟な少年は身体的自己、すなわち身体的な強さや魅力、体力そして競技能力などに関してより高い認知とより大きな自尊心をもつために、より適応的な動機特性を示す)

…サッカー、ラグビー、バスケットボール、水泳など、大きな体格や筋力そしてパワーが望ましい特性とされるスポーツに魅力を感じ、また実際に選手として選抜される可能性が高くなります。 www.nakajimabonesetter.com 女子の成熟のタイミング 女子の成熟のタイミングが身体的および、心理的に及ぼす影響は、男子で観察されるほど直接的ではなく、少年らと同様、仲間より早く成熟する少女は、より背が高く、より体重が重く、そして急激な思春期の成長スパートを経験します。 しかし、女子…

パフォーマンスの為のコアエクササイズ(脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険だが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になる)

…サイズは、大学生女子バスケットボール選手の膝の傷害も予防することが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society for Exercise Physiology Position Stand The use of insability to train the core in athletic and non at…

前十字靭帯損傷(ACL)と神経筋トレーニング(着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節屈曲モーメント、外反モーメントを減少、膝関節の最大外反角を減少させる)

…女子アスリート(特にバスケットボール、サッカー)において、着地中の膝関節の屈曲角を増大させ、膝関節の屈曲モーメントと外反モーメントを減少させ、さらに膝関節の最大外反角を減少させることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋系トレーニングとパフォーマンス また、神経筋トレーニングは、パフォーマンスを向上させることも示されています。 ある研究では、バスケットボール、サッカー、バレーボールの選手を対象として、プライオメトリックトレーニング、コ…

前十字靭帯(ACL)損傷

…損傷 ACL損傷は、バスケットボール、サッカー、スキーなどのスポーツ中に発生することが多く、ジャンプから着地、方向転換、急停止時に発生しやすいです。 コンタクトスポーツによる接触損傷や交通事故などでもACL損傷は発生します。 受傷時は、プツっという断裂音、膝の疼痛で競技を続行できないことがほとんどで、その後、膝の腫脹、可動域制限(完全伸展不能)が出現します。 関節穿刺で、関節血症がみられます。 半月板損傷やMCL損傷のほか、脛骨外側顆の裂離骨折や脛骨顆間隆起の骨折をともなうこ…

前十字靭帯(ACL)損傷と女性選手(解剖学的因子:顆間切痕幅と膝関節の弛緩、ACL伸張強度や月経状態などの成長因子、性ホルモン因子とバイオメカニクス的因子:動作パターン、筋力不均衡、筋活動パターン)

…おり、特にサッカー、バスケットボール、フットボールなど、ピボットやカッティング(切り返し)動作が頻繁に行われるスポーツに多くみられます。 そしてACL損傷の大多数は他の選手との激しい接触が原因ではなく、減速、加速、踏み込み+カッティング動作、突然の方向転換、ジャンプの着地中などの膝関節に過剰な負荷がかかる動作において発生しています。 www.nakajimabonesetter.com 女性アスリートと膝関節 一般に女子アスリートには、膝関節の外反が起こり着地中の膝関節の屈曲…

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

…の股関節の角度 女子バスケットボール選手とサッカー選手はまた、着地中の股関節の内転角も大きく、これが膝関節の外反モーションを招いているとも考えられています。 しかし、股関節の内転モーメント単独では、ACL損傷の危険因子にはならないとみられています。 さらに、男子と比べて女子アスリートは、カッティング時の股関節の屈曲角の小ささは敵選手がいる場合でも認められています。 着地時の股関節の屈曲角の大きさはある程度とはいえ、膝関節にかかる力の大きさを左右します。 なぜならば、股関節の屈…

ランディングとカッティングの女子アスリートパターンと前十字靭帯損傷(着地中のアライメント不全は、膝関節過伸展、脛骨内旋が起こり、膝関節最大屈曲角が10.5°減少する)

…傷リスクは、若年女子バスケットボール選手、サッカー選手、バレーボール選手を対象とした研究では認められており、シーズン中にACLを損傷した女子アスリートは、そうでないアスリートよりも、着地中の膝関節の最大屈曲角が10.5°小さいとされ、接地初期には膝関節の屈曲角に差異はみられませんでした。 ※接地初期とは足が十分に押し付けられて床反力が発生する瞬間を指し、床反力とは地面が身体に対して行使する力であり、自重の大きさに等しくなります。 ジャンプの着地では、地面に対して足を押し付ける…

前十字靭帯(ACL)損傷と大腿四頭筋とハムストリング(膝関節の屈曲角が0°(完全伸展)~45°で大腿四頭筋が強く収縮する際、ハムストリングの収縮(共収縮)がその強さに見合わない場合、前向きの力が発生しACLの負担が増える)

…グの筋力の差異 女子バスケットボール選手とサッカー選手に対してプレシーズンに動的筋力測定を行い、その後ACLを損傷した選手は、男子と比べてハムストリングの筋力が低下していましたが、大腿四頭筋の筋力は低下していませんでした。 つまり、大腿四頭筋の筋力は男子選手と変わらず、一方、ハムストリングの筋力は低下していたため、ハムストリングよりも大腿四頭筋の筋力が高い状態になっていました。 この不均衡が、ハムストリングに対する大腿四頭筋の優位を招いてACLに負荷を与え、それがACL損傷の…

膝のアライメントとACL閾値の評価(前十字靭帯損傷閾値はニュートラルなアライメントにおいて最も高く、自重の5.1倍になり、アライメントが外反または内反になると、ACL損傷閾値はそれぞれ自重の2.2倍と2.1倍に低下した)

…が示されており、女子バスケットボールおよびサッカー選手は男子と比べて、特に着地中とカッティング中に膝関節の外反モーションを大きく示す傾向があります。 したがって女子バスケットボールおよびサッカー選手は、これによってもたらされるACL損傷リスクが高いと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

…フットサル テニス バスケットボール 練習 エクササイズ フィットネス 速度 スピード 敏捷性 瞬発力 アップ 陸上 連結可能 小学生 収納袋付き (イエロー, 5M)出版社/メーカー: Kodiメディア: その他この商品を含むブログを見る SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者: 日本SAQ協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2015/05/29メディア: 単行本(…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

… 特にサッカー、バスケットボール等において重要性が指摘されていますが、いずれも間欠的かつ多方向への移動を伴う性質をもった競技であり、様々な刺激に反応して素早い方向転換を行うことが必要とされます。 またアジリティは、様々な競技パフォーマンスを左右する体力要素である重要な要素でもかかわらず、若年アスリートにおけるアジリティの長期育成モデルは知られておらず小児分野において最も研究が遅れている体力要素であることが指摘されています。 www.nakajimabonesetter.com…