Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

バスケットボール の検索結果:

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

… 特に、サッカーやバスケットボールなどの競技の場合、プレシーズン期に特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com 乳酸耐性トレーニング(LAT)無酸素耐性トレーニング(ATT) LATは、アスリートを乳酸の酸性効果に適応させるものであり、継続時間1分未満で複数レップを行う必要があります。 つまり、最大下強度によるワー…

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響(3%の体重減少によって、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度の上昇、およびレップ数の低下がみられた)

…、水分欠乏によって、バスケットボールとサッカーのスキルパフォーマンスが低下したとする研究もあり、また、筋力とパワーが脱水の悪影響を受けたとする研究もあります。 www.nakajimabonesetter.com パフォーマンスに影響を与える因子 Hayes&Morseは、垂直跳びと120°/秒の等速性レッグエクステンションには脱水の影響はみられませんが、等尺性および30°/秒レッグエクステンションは脱水によってパフォーマンスが低下したことを明らかにしています。 Jonesら…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

…サッカー、ラグビー、バスケットボールなど)には、数多くの選手を特定のエリアに留めておくための明確な境界線が存在し、そのような競技における減速は、他の選手の動作(マークする、マークを外す、衝突を回避する)に対する反応として発生したり、競技エリアに留まるために発生し、このような条件下では、様々な距離や時間にわたって、異なる速度からの減速が要求されます。 www.nakajimabonesetter.com 個人競技 対照的に個人競技(テニス、バドミントン、スカッシュなど)では、主…

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

…を正規化しても、女子バスケットボール選手は男子と比べて、着地中に有意に多くの外反モーションを示す傾向にありました。 しかし、Hewettらによると、思春期前の男女に関しては、「内側へ向かうモーション」においていかなる差異も認められなかったと報告しています。 この点を考慮すると、このような男女差が青年期に発生し、女子は加齢につれて外反モーションが増加している可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 内側へ向かうモーション 内側へと向かうモーション…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

…shらは、サッカーとバスケットボール選手を対象として、CHOの摂取が間欠的運動構造をもつシャトルランのパフォーマンスに対して及ぼす影響を調査しました。 また、特に疲労開始時にCHOが精神適正に及ぼす影響を調査するために、認知機能に関する複数のテストを実施しました。 テストは強度に大きく差をつけて、運動時間と休息時間が明確に区別されるようにし、被験者の半数は定期的な休息時間にCHOを補給し、他の半数は偽薬ドリンクを摂取しました。 調査の結果、CHO補給群は疲労に至るまでのランニ…

トレーニング後の適切な回復と睡眠(冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性がある)

…用によって、3日間のバスケットボールのトーナメント戦(1日に1試合フル出場で48分間)による筋痛と炎症が減少しました。 またJeffreysは、神経、筋、基質および生理的回復に焦点を合わせ、複数のワークアウト/試合後の方策を用いた多次元的アプローチに予防的回復(Proactive recovery)を行うことを推奨しています。 アスリートがこの予防的回復を実施するには、週間回復チェックリストを利用して自分の回復状況を確認します。 これは、個々の回復方策にスコアを割り当てて10…

下肢における筋挫傷および慢性障害予防(障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善、さらに適切なアライメントには、骨盤周囲の体幹筋群の安定性が重要になる)

…ッカーのキック動作、バスケットボールのドリブル動作やチェストパスなど、不安定な状況における競技特性動作の実施により、バランス能力向上に加えて傷害予防効果が期待できます。 重症度の高い足関節捻挫の発生と既往歴との間には有意な相関関係がある(バランスが悪い(姿勢動揺大きい)選手は、バランスが良い(姿勢動揺小さい)選手に比べて足関節捻挫の受傷率が約7倍高い) www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Benjaminse A.& Otten .ACL inju…

ジュニア競技選手の傷害予防プログラム(FIFA-11プログラムは体幹の安定化、ハムストリングのエキセントリックトレーニング、バランスエクササイズによる固有感覚受容器の向上、下肢筋群の動的安定化とプライオメトリックによる神経筋コントロールの要素を含んでいる)

…は女子サッカーや女子バスケットボールのチームで用いられ、それは特別な用具やトレーニング時間を設けることなく、通常の練習ルーティンやウォーミングアップの中に導入できる下肢の傷害予防プログラムであり、その効果が検証されています。 プログラムは、ジョギングを含めたウォーミングアップランニング(3種目)、静的ストレッチ(5種目)、自体重による筋力強化(3種目)、プライオメトリックトレーニング(5種目)アジリティランニング(3種目)で構成された20分のウォーミングアッププログラムであり…

半月板損傷

…転換を行うサッカーやバスケットボールなどで好発します。 靭帯損傷に合併して生じることもあります。 加齢変性 加齢により変性した半月板の損傷です。 立ち上がる動作などの小さな外力で生じうる。 円板状半月板 正常では三日月状である半月板が先天的に円板状を呈するもので、日本人などのアジア人は欧米人に比べて外側半月板が円板状半月板である率が高いです。 www.nakajimabonesetter.com 病態 半月板は膝関節の大腿骨と脛骨の間に存在する繊維軟骨であり、膝にかかる荷重の…

基礎的運動スキル(FMS:Fundamental movement skill)と基礎的運動能力(FMC:Fundamental movement competence)

…、ゴルフのスイング、バスケットボールのドリブルなど)を含む一層複雑な活動に必要な土台となります。 青少年期の身体活動はエネルギー消費の増大に寄与しますが、より重要なことは、FMSの十分な蓄積をもたらすことになります。 www.nakajimabonesetter.com 基礎的運動能力(FMC:Fundamental movement competence) FMSは基礎的運動能力(FMC:Fundamental movement competence)ともいわれます。 FM…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…う3分×5セットとのバスケットボール)になります。 機能的方法と関連づけて、直線スプリントを反復スプリント能力(RSA:repeated sprint ability)を高めるために行なうこともできます。 チームスポーツで領域では、高強度トレーニングを行なう際には方向転換課題を用いる必要があります。 適応の特異性は、与えられた刺激の種類によって決まるからです。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Krieger JW.Single versus m…

滑膜ひだ障害(タナ障害)

…とになります。 バスケットボール、野球などの膝の屈伸を頻繁に行う球技やマラソンや、膝をよく地面につくスポーツに多くみられます。 また、体質的にタナに厚みがあったり大きかったりする人は、膝を酷使した状態(オーバーユース)で膝を強打したりすると症状が現れやすくなります。 特に太ももの筋肉が疲労していると、筋肉が緊張しているためタナの摩擦が強くなり症状が出やすくなります。 10~20歳代に多く、男性よりも女性の割合が高いです。 症状の現れ方としては、膝関節を曲げ伸ばしする際に内側に…

アジリティの定義(アジリティとは本質的に多くの因子が関与するものであり、主としてテクニック、身体、および知覚の3つの要素でなりたっている)

…ー、アイスホッケー、バスケットボール、およびネットボールのような多くのチーム競技で行われます。 CODは物体(ボールバック、境界線など)や選手(チームメイトなど)の動きに対する反応として、または対戦相手を避けようとする場合に起こります。 www.nakajimabonesetter.com アジリティの定義 アジリティの定義は様々であり、例えば、刺激に対する反応として速度変化または方向転換を伴う素早い全身動作、素早い方向転換またはスタートとストップを行なう能力、またはスタート…

コンプレックストレーニングの即時的効果に関する研究(CTの実行に際して考慮すべき非常に重要な要素は、コンプレックス内の休息時間(Intracomplex rest interval:ICRI)、すなわち高強度エクササイズと低強度エクササイズの合間の時間になる)

…ベンチプレススロー、バスケットボールのプッシュパス、アイスホッケーのスプリント、および陸上スプリントなどになります。 CTが有効であることを示した研究もある一方、CTがCT以外の手法に比べて大きなパワーを引き出すという結果を示さなかった研究もあります。 ただし、注目すべき点として、CTによるパワーの有意な増大を認めなかった研究も、そのほとんどはCTがマイナスの効果を生じなかったと報告していることになります。 したがってCTは、筋力とパワーを同一セッション内で強化し、ワークアウ…

CMJは定義上、「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う。

…ーツにおいて、例えばバスケットボールのリバウンドやサッカーのゴール上部でのボールのブロックなど、特定の運動でよくみられる特異的な運動になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-9262 CMJのメカニズム CMJがなぜSJよりはるかに大きな垂直方向の変位をもたらすことができるのか、そのメカニズムには多くの仮説があります。 筋間コーディネーションの増加説から、蓄積された弾性エネルギーのRFD増大への再利用説まで様々です。 力発…

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

…技におけるジャンプ バスケットボール選手は、レイアップシュートやダンクシュートを行う際に、バスケットゴールに向かって垂直跳び(VJ)を行います。 バレーボール選手は、ブロックしたりスパイクを打ったりする際に、素早いカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)を用います。 また、競泳選手は、スタートの静止状態からブロックを蹴って推進する際に、VJで行う股関節、膝関節、足関節の伸展(トリプルエクステンション)を行います。 ラグビー選手も、パスされたボールをキャッチするためにジャンプが…

睡眠時間の延長と競技パフォーマンス(睡眠時間の延長によって睡眠欲求を至適化することは競技パフォーマンスにプラスの影響を及ぼす)

…ンフォード大学の男子バスケットボール代表チームを対象としてある実験が行われ、11名の選手に、1日の睡眠時間が10時間に達するように5~7週間にわたって睡眠時間を延長させました。 このように習慣として睡眠時間を延長させた結果、測定されたバスケットボールのパフォーマンスに関連するすべての項目において、有意な向上を示しました。 合計睡眠時間の増加は110.9±79.7分であり、スプリントタイム(282フィートスプリントで16.2秒から15.5秒へ)、フリースローの精度(10本中7.…

フィードバック(練習やトレーニングで行われる活動に関して、フィードバックという形で情報を提供することは、運動技能の獲得において最も影響力の大きい要素のひとつになる)

…結果の知識は、例えばバスケットボールでシュートを決める、的に当てる、三段跳びで決まった距離を跳ぶなど、その課題の目標に対する動作の結果を伝えるフィードバックになります。 一方、パフォーマンスの知識は、当該パフォーマンスの結果をもたらした動作パターンについての情報であり、例えば、特定の運動学的または運動力学的要素(パフォーマンス中の発揮パワーや速度、発揮筋力など)に関してフィードバックを提供するものになります。 この2種類の付加的フィードバックは、分類上区別されていますが、実際…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…ビー、ネットボール、バスケットボール、サッカーなど)には、数多くの選手を特定のエリアに留めておくための明確な境界線が存在します。 そのような競技における減速は、他の選手の動作(マークする、マークを外す、衝突を回避する)に対する反応として発生したり、競技エリアに留まるために発生します。 このような条件下では、様々な距離や時間にわたって、異なる速度からの減速が要求されます。 対照的に、個人競技(テニス、スカッシュ、バドミントンなど)では、主として敵が行うショットの選択に応じて、き…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

…サッカー、および女子バスケットボールチームでは、「ビープ」テスト(20mシャトルラン)を好んで実施しており、また、サッカーチームは男女とも、今なお1マイル走や「クーパー」テストを行っています。 オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる) 引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes33 Numbers2 pages36-38 (ad…

テストを考える(垂直跳びテストでは、下半身の爆発的パワーを測定することにより、期分けトレーニングプログラム最大の目標である、パワーの向上を評価する)

…ジャンプを繰り返し、バスケットボールとバレーボールの選手はさらに、1歩助走でのジャンプも測定します。 オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる) 引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes33 Numbers2 pages36-38 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({})…

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

…四頭筋の優位性 女子バスケットボール選手とサッカー選手に対してプレシーズンに動的筋力の測定を行ったところ、その後ACLを損傷した選手は、男子と比べてハムストリングスの筋力は低下していましたが、大腿四頭筋の筋力は低下していませんでした。 つまり、大腿四頭筋の筋力は男子選手の状態と変わらず、一方、ハムストリングスの筋力は低下していたために、ハムストリングスよりも大腿四頭筋の筋力が高くなっていました。 この不均衡が、ハムストリングスに対する大腿四頭筋の優位を招いてACLに負荷を与え…

前十字靭帯損傷と股関節の動き(股関節の内転角の増大、股関節の屈曲角の減少、そして内旋角もACL損傷リスクを高める可能性のある動きになる)

…の股関節の角度 女子バスケットボール選手とサッカー選手はまた、着地中の股関節の内転角も大きく、これが膝関節の外反モーションを招いているとも考えられています。 しかし、股関節の内転モーメント単独では、ACL損傷の危険因子にはならないとみられています。 さらに、男子と比べて女子アスリートは、カッティング時の股関節の屈曲角の小ささは敵選手がいる場合でも認められています。 着地時の股関節の屈曲角の大きさはある程度とはいえ、膝関節にかかる力の大きさを左右します。 なぜならば、股関節の屈…

膝のアライメントとACL閾値の評価(前十字靭帯損傷閾値はニュートラルなアライメントにおいて最も高く、自重の5.1倍になり、アライメントが外反または内反になると、ACL損傷閾値はそれぞれ自重の2.2倍と2.1倍に低下した)

…が示されており、女子バスケットボールおよびサッカー選手は男子と比べて、特に着地中とカッティング中に膝関節の外反モーションを大きく示す傾向があります。 したがって女子バスケットボールおよびサッカー選手は、これによってもたらされるACL損傷リスクが高いと考えられています。 女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(大腿四頭筋優位と呼ばれている神経筋制御は、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義される) 女性選手の非接触型前十字靭帯損傷を防ぐには(体幹の安定性…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折である脊椎分離症は、器械体操や捻り動作を繰り返すバレーボール、テニス、野球のピッチャーによくみられます。 このようなオーバーユース障害は、十分な休養を設けずに、投げる、走る、跳ぶ、泳ぐなどの動作を繰り返すことが原因になります。 適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強く…

力発揮の諸特性(スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似している)

…ェイトリフティングがバスケットボール、フットボール、バレーボール、陸上競技などのスポーツパフォーマンスにプラスの影響を及ぼすことを明らかにしました。 また、抵抗に対して素早い加速を要求する運動が、選手に利益をもたらすことを示唆し、実際、スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似しています。 諸研究によると、ウェイトリフティングとバーティカルジャンプのパフォーマンスとの間には相関関係が存在します。 バーティカ…

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

男女の障害発生率 バスケットボールに関連する傷害の大多数は男女共通であり、男子選手と女子選手の傷害発生率も同等になります。 しかし、前十字靭帯(ACL)損傷は別であり、女子選手におけるACL損傷の発生に関しては、詳しい調査が行われています。 事実、カッティングやジャンプを行う競技に参加する女子選手は、男子選手と比べて膝を損傷する可能性が4~6倍に上ることが示されています。 プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸…

パフォーマンスの為のコアエクササイズ(脊椎におけるパワー(力×速度)の発揮は、通常極めて危険だが、代わりにパワーを肩と股関節周りで発揮し、パフォーマンスを向上させ、同時に脊椎と関連組織のリスクを最小限に留めることが必要になる)

…サイズは、大学生女子バスケットボール選手の膝の傷害も予防することが示されています。 脊椎系の機能とコア(体幹)トレーニング(上肢および下肢動作中、上肢および下肢の筋が活動する前に、「腹横筋」が先行して活動する) クランチによる筋肥大と伸張性筋収縮(伸張性エクササイズは筋のより大きな損傷を伴い、乳酸、水素イオン、無機リン酸などの代謝産物が増加することにより、筋肥大が誘発される) 引用・索引Strength&Conditioning Journal Numbers32 Volum…

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

…ン三リン酸 試合中のバスケットボール選手の心拍数応答は、酸化経路を向上させるために必要とされる強度を上回っていることが多くなります。 最大酸素摂取量(VO2max)とは、ATPを産生するために身体がどれほど効率よく酸素を摂取し、利用しているかを示す指数ですが、バスケットボールの試合後には増加は認められません。 Castagnaらは、最大有酸素性パワーが、試合を模倣した反復的ショートスプリント能力に及ぼす効果を検証しました。 その結果、反復的スプリント能力を予測するものは、最大…

スプリットオルタネイティングフットスナッチの利点(アスリートに様々な姿勢における両側性の筋力、バランス、パワーを教えるエクササイズになる)

…ばなりません。 バスケットボール、サッカー、バレーボール、レスリングなど、その他のほとんどの競技も同じであり、試合の流れによって必要な動作パターンが変化します。 このオープンな環境はアスリートに様々な姿勢における両側性の筋力、バランス、パワーを要求します。 また、このようなオープンな競技に参加するアスリートは、左右どちらを前脚にしてもレベルの高いプレーができなければなりません。 SAFSは、左右どちらが前脚であっても、バランスをとって最大の筋力とパワーを発揮することをアスリー…