Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

バドミントン の検索結果:

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…テニス、スカッシュ、バドミントンなど)では、主として敵が行うショットの選択に応じて、きわめて短い距離での素早い加速と減速が要求されます。 競技にかかわりなく、団体競技のパフォーマンスにおいても、減速が重要な役割を果たすことは明らかになっています。 7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されてい…

身体の速度を素早く落とす活動動作(減速)テクニックは傷害リスクを低下、さらにバランスを制御し、蓄積された弾性エネルギーをその後の動作へと効率よく移行する

…に個人競技(テニス、バドミントン、スカッシュなど)では、主として敵が行うショットの選択に応じて、きわめて短い距離での素早い加速と減速が要求されます。 思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる) 競技における加速と減速の目的(最小限の時間でできるだけ大きな力を用いて身体の推進力(質量×速度)を減少させ、完全な停止か新たな方向への運動を生じさせる(力×時間=質量×速度)…

競技における選手の柔軟性の定義【関節可動域、関節弛緩性、筋柔軟性】

…一方、野球、テニス、バドミントンなどの上肢を多用する競技種目では、前腕や上腕の筋柔軟性を評価する必要があり、上腕二頭筋では肘の伸展角度で、手関節の伸筋・屈筋はそれぞれの屈曲・伸展角度を用いて評価します。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6895 引用・索引アスレティックトレーナーテキスト 【送料無料】IDストレッチング第2版 [ 鈴木重行(医学博士) ] 価格:4,725円(税込、送料込) (adsbygoogle = wi…