Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

リハビリテーション の検索結果:

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

…態)を予防するためのリハビリテーションも大切です。 回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。 Tinelサイン Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。 知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。 www.nakajimabonesetter.com 橈骨神経 橈骨神経の運動性の線維は、上腕~前腕後面の伸筋を支配しています。 橈骨神経は脊髄せきずいに端を発し、感覚…

梨状筋症候群

股関節を支える筋肉、梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経が骨盤出口部で傷害されることによっておこる絞扼性神経障害です。 筋肉は通常柔らかいですが、なんらかの原因で硬くなり、これが圧迫の原因になり疼痛が起きている状態のことです。 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。 原因 日常生活やスポーツで繰り返し負担がかかった場合や、腰部・臀部の外傷や梨状筋・坐骨神経の破格(機能的な問題を生じない範囲でみられる、解剖学的な個体差のこと)などがあります。 股関節を…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

脊髄損傷とトレーニング 脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧があり、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。 Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。 これ以外にも、SCIのお客が日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…筋骨格の強化、障害のリハビリテーション、様々な健康や体力にもたらす利益などを実現する手段として提唱されてきました。 RTに起因する障害の発生率は過去10年間増加傾向にあり、RT参加者の25~30%が施術を要する重度の傷害を負ったことが報告されています。 さらに過去数十年の間に、ウェイトリフティングに関連した救急科への搬送または来院の件数は35%増加し、それらの傷害の約4分の1は不適切なトレーニングが原因とされています。 特に肩関節複合体は、RTに起因する傷害の中でもかなり高い…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面(前額面、矢状面、水平面)全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…いるトレーニングは、リハビリテーションの現場では広く行われていますが、健康でレベルの高いアスリートにも有益なものであり、オフシーズンおよびプレシーズンの時期の固有感覚のウォームアップとして、またワークアウト後のエクササイズとして利用できます。 さらに、これらのエクササイズは修正して試合期にも適用可能になります。 筋組織の損傷を最小限に抑えつつ筋力を維持するバリエーションとしてこれらのエクササイズを活用できますが、そのような場合、負荷や筋の総収縮回数を調整し、総仕事量を削減する…

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…ります。 「プレリハビリテーション」エクササイズ(傷害予防のためのトレーニングルーティンに広く適用されているリハビリテーション的なエクササイズ)を漸進させても、パワー発揮にはすぐには成果をもたらさないかもしれませんが、負荷の伝達効率が改善されることで、結果的にパワー発揮やスピードの向上につながる可能性があります。 基礎的な固有感覚テクニックを重点的に行なうことは、アスリートが身体の諸構造を、様々な角度で、コントロールしながら、高速度で正確な位置に置くことを可能にします。 基礎…

殿筋の活性化(外転と外旋は運動の重要な要素であり、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは傷害予防の観点からも重要になる)

…旋可動性 傷害予防やリハビリテーションでは股関節外転筋や外旋筋の強化に大きな比重が置かれるため、股関節内転筋と内旋筋の筋力不足は見落とされがちになります。 しかし、股関節の内転および内旋可動性(HIRM:hip internal rotion mobility)の不足は、決して珍しいことではなく、注意を怠ると、他の関連症状を引き起こすこともあります。 このような合併症は、女子より男子に多く認められます。 しかし、このHIRMの典型的な増加は、女子アスリートの外傷性の非接触性膝…

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

…ングや試合とは別に、リハビリテーションやプレリハビリテーションの運動セッションを完了するよう指示されることが多く、修正エクササイズと実際のパフォーマンスの隔たりが大きいと、パフォーマンスにおいてより効果的な方策を取り入れるアスリートの能力が妨げられる可能性があります。 このような修正エクササイズをウォームアップの時間に取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になります。 青少年アスリートのための可動性トレーニン…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション(機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス)の効果がある) 引用・索引Marsh D(2010)Little league elbow:Risk factors and prevention strategies Strength and Cond J.32(6):22-37 (adsbygoogle = win…

臨床環境におけるバックスクワット(結合組織に害を及ぼすことなく、下半身の筋組織、後部キネティックチェーンの筋力と動員パターンを強化することができる)

…るのを避けるために、リハビリテーション過程を通じてよく実施され、スクワットはリハビリテーションで行う有用なエクササイズとなっています。 外部負荷を用いるスクワットやプライオメトリックトレーニングなど、高強度のバリエーションに進む前に、まず自重だけのバックスクワットで高いスキルを獲得することが推奨されています。 パワー向上法としての混合トレーニング(バックスクワットは筋力と同時に、力-速度関係の大きな力と低速の領域の向上に利用でき、パワークリーンは力-速度曲線の大きな力と高速の…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるお客では、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

リハビリテーション後の重要な要素 レジスタンストレーニングは、人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後のお客のためのリハビリテーション後における重要な要素になります。 多くのお客はまだ筋力が十分に回復していないため、特定の筋群に照準を合わせたプログラムや、リハビリテーション中に増大した筋力を単に維持するためだけの定期的なプログラムから利益を得られ、リハビリテーションの後期でさえも、お客の肩の慢性症状やローテーター…

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

…の肩の状態と手術後のリハビリテーションの努力で達成可動性によって変わっていきます。 この可動域目標の相違ことが、それぞれのお客に関して理学療法士とS&C専門職のコミュニケーションが重要となる理由になります。 許容できる軟部組織の管理には、筋膜リリース、軟部組織の可動化などが含まれますが、人工関節のストレッチは含まれるべきではないとされています。 そのため、クライアントが、ミリタリープレス(首の後ろまたは前で行う)、伝統的なバックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベ…

人工逆肩関節置換術後の合併症(前方脱臼は肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と外旋を組み合わせた位置で最も起こりやすくなる)

…こりやすく、これらはリハビリテーション初期にみられ、軟部組織の脆弱性による、関節の不十分な保護が原因になります。 手術前の肩甲下筋の安定性は、rTSAを受けたお客ごとに異なり、肩甲下筋が損傷していて、修復できない場合には、肩前部の安定性に寄与することはできません。 人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある) 人工逆肩関節置換術…

人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある)

…工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする) 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze MR and KolberMJ Postrehabilitation exercise considerations following hip arthroplasty,Strength Cond J 35:19-30.2013 (adsbygoogle…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズ(前方脱臼に抵抗する安全装置となる肩甲下筋に負荷をかけた内旋は避け、また外転、水平伸展、外旋を合わせた姿勢、90/90またはハイファイブと呼ばれる姿勢も避ける必要がある)

…を受けたお客のためのリハビリテーション後のプログラムを計画する際に、rTSAの術後において最も発生率の高い後遺症について、十分に理解しておくことがきわめて重要になります。 rTSAを受けたお客の大多数は、外科的には施術できない、後部ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、場合によっては小円筋)の損傷があり、これらのお客では、損傷していないのは小円筋と肩甲下筋だけとされています。 そのためにお客は、肩を挙上する動作を行う際は主に三角筋の筋組織に大きく依存しなければならず、また能動的に…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

漸進的なリハビリテーションプログラム 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後の漸進的なリハビリテーションプログラムは、主として手術中に切開され、後に修復された肩甲下筋の腱を保護するように計画されます。 リハビリテーションの進捗が遅く長期間かかるのは、人工装具に置換したこと以外の多くの場合、肩関節に到達するために切開され傷んだ軟部組織構造を修復するためとされています。 合併症もなく手術を終了したお客の人工関節は安…

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

… 股関節形成術後リハビリテーション後のエクササイズ(身体の正中線を超えて股関節の内旋や内転を同時に行うことは避け、外旋筋群の強化は股関節の安定性とパフォーマンスにとって重要である) 早期回復段階のエクササイズ エクササイズに関連した心臓血管系の変化を直接評価した研究は少なく、Hesseらは、HA後の早期回復段階の被験者に、理学療法を補うために、部分的な体重支持運動としてトレッドミルを実施したところ、機能的に有意な向上が認められたことを明らかにしました。 被験者は「ハリス股関節…

股関節形成術後リハビリテーション後のエクササイズ(身体の正中線を超えて股関節の内旋や内転を同時に行うことは避け、外旋筋群の強化は股関節の安定性とパフォーマンスにとって重要である)

…成術(HA)後に続くリハビリテーション後 股関節形成術(HA)後に続くリハビリテーション後の段階において、下半身の多関節運動は、レジスタンストレーニングを主体としたお客のためのエクササイズプログラムの基盤となります。 スクワットやランジおよびレッグプレスなどのエクササイズは、(関節可動域に関する注意が守られているという前提で)身体機能にとって重要な大筋群に重点を置いた、安全で効果的な選択になります。 股関節形成術後の脱臼の50%は術後最初の3ヶ月間に起こる(股関節の臀筋群と外…

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したお客やローテーターカフに修復不能な損傷のあるお客のために考案された複雑な手術法である)

…自由は、お客が施術とリハビリテーションを終えて退院してからも長期間続くために、病院での正規のリハビリテーションが終了してからも、お客はエクササイズの知識をもつことが重要になります。 肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる) 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze MR and KolberMJ …

股関節形成術後の脱臼の50%は術後最初の3ヶ月間に起こる(股関節の臀筋群と外旋筋の不安定性、屈曲、内転、内旋などの動作が多いお客ほど脱臼しやすい)

…。 股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する) 股関節形成術とリハビリテーション(人工関節の固定にセメントを用いた術式では手術後でも自重負荷に耐えられるのに対して、セメントレス法は最長6週間程度自重負荷を制限されるのが一般的) 引用・索引American Academy of Orthopaedic Surgeons The Burden of Musculos…

両側膝関節置換術を受けたお客は片側処置を受けたお客に対し、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性があるが、片側膝関節置換術を受けたお客は非術肢に対して術肢の大腿四頭筋の筋力低下を示し、術後、数ヶ月、数年継続する

…ニングと高強度機能的リハビリテーション(膝関節のスティフネスが減少し、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加する) 膝関節置換術後の身体パフォーマンス評価 膝関節置換術後の身体パフォーマンスを評価するにあたっては、年齢、女性、高い体格指数、併存疾患の多さ、手術の遅れ、術前の大腿四頭筋の筋力の弱さなどの個人特性を考慮にいれるべきであり、実際の身体活動性はお客の認識よりもはるかに低く、また、手術後は体重が増加する傾向にあります。 膝関節全置換術(TKR)後は、膝の痛みが…

股関節形成術後の初期のエクササイズプログラムの作成(理学療法にレジスタンストレーニングを補った実験群は低強度の理学療法群よりも筋力と力の立ち上がり速度が約30%向上した)

股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズプログラム 股関節形成術(HA)の初期と後期の身体機能障害を改善する際、一人ひとりのクライアントに合わせたエクササイズプログラムが効果的であることが明らかになっています。 股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する) レジスタンストレーニングの介入 レジスタンストレーニングはHA後リハビリテーション後のエクササイズプロ…

股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する)

…クライアントのためのリハビリテーション後のプログラムを作成する際には、最も可能性の高い後遺症とその予防措置に関する実践的知識が計画の枠組みに必要になってきます。 障害の程度をみると、多くのエビデンスから、前方アプローチで手術を受けたクライアントは、リハビリの早期に、身体機能がより高いレベルまで回復することが示唆されています。 しかし、術後の正規のケア(理学療法)から解放されるまでには、術式による機能の差はわずかになり、退院後から次の数年かそれ以上にわたり、どの術式を受けたお客…

股関節形成術とリハビリテーション(人工関節の固定にセメントを用いた術式では手術後でも自重負荷に耐えられるのに対して、セメントレス法は最長6週間程度自重負荷を制限されるのが一般的)

…後遺症の可能性を考えリハビリテーション後の安全で効果的なエクササイズプログラムを作成するためには、手術法や注意事項、リハビリテーションの原則および後遺症などに関する理解が必要になります。 関節置換術(関節形成術)はアメリカ整形外科学会によると、アメリカでは2008年に23万件の股関節形成術が行われ、最新の人工関節置換術は成功率が高く、現代の人工関節の寿命が長くなっているために、手術件数は2030年までに年間57万2,000件に増加すると予測されています。 膝関節置換術後の機能…

肩甲上腕関節と肩甲骨の一連の運動をタイミングよく行うには(外旋動作は正常なバイオメカニクスとローテーターカフへの十分な血液供給を確保するため、僧帽筋中部線維を活性化させ、側臥位で腕を30°に外転させて行うことが推奨される)

…CT)関節とGHJのリハビリテーションに用いられる12種目のエクササイズを調べた結果、以下の4つがSCT関節のバランス維持に役立つを結論付けました。 側臥位での外旋 側臥位での屈曲 伏臥位での外旋 伏臥位での伸展 伏臥位での伸展、側臥位での外旋、およびTレイズにおいては、先に僧帽筋中部線維と下部線維が活動し、次いで三角筋後部と僧帽筋上部線維が活動することが明らかになっています。 僧帽筋のこられの部分が活動すると、GHJの自動運動において肩甲骨が安定化されます。 肩甲胸郭関節の…

膝関節置換術後の水中レジスタンストレーニングと高強度機能的リハビリテーション(膝関節のスティフネスが減少し、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加する)

…KR)を受けたお客のリハビリテーションに利用可能なもうひとつの戦略であると考えられています。 膝関節置換術後の機能的転帰に影響を及ぼす因子(機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがある) 膝関節置換術後のレジスタンストレーニングの重要性 最近のある症例では、両側膝関節置換術を受けたお客を対照として、レッグプレスを含むクローズドチェーンエクササイズに焦点を置いた一連の運動が利用されました。 トレーニングは同時的両…

肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる)

…めに導入しているプレリハビリテーションおよびリハビリテーションエクササイズは「肩甲骨のポジションを制御する筋群」に焦点を当てたものではならないとされ、このようなエクササイズは、GHJの動作における肩甲上腕リズムを維持するのに役立つとされています。 野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する) 引用・索引Strength & Conditioning Journal Volumes…

膝関節置換術後の機能的転帰に影響を及ぼす因子(機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがある)

…が低下する者がおり、リハビリテーションが終了して(6~8週間)、指導者のいる医療機関を退院する時点では、全身の動作性と患側の大腿四頭筋の筋力回復が、残念ながら術前レベルに留まることが多く、そのため、UTKRを受けたお客は苦痛を訴えることは少ないものの、機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがあります。 これらに加え、UTKR後30日以内では、機能的な活動中の非術肢の負荷が増大し、座位から立位へと姿勢を変える際に…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩(過剰な動き)を引き起こし、不安定性をもたらす)

…見出し、さらに臨床検査を行なった結果、WT実施者の22%が肩前部不安定性に関して陽性でした。 野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する) 引用・索引Strengh & Conditioning Journal Volumes32 Number4 pages52-55 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

膝関節置換術のタイプ(患側の膝を金属、プラスチック、チタン合金などのコンポーネントに置き換える膝関節全置換術(TKR)と単顆膝関節置換術が主となる)

… 膝関節置換術およびリハビリテーション後の評価では、術後の大腿四頭筋が衰えます。 同年代の対照群と比較すると、動作性テストにおいて筋力と速度の低下を示し、支持において非術肢への依存が増加します。 膝関節置換術後に機能的パフォーマンスを向上させる戦略(通常の施術を受けたお客と比較すると、特異的レジスタンストレーニング、またはレジスタンストレーニングとNMESの併用を処方されたお客群は、時限性の動作テストにおいて速度で勝り、大腿四頭筋による等尺性筋力が大きくなる) 膝関節置換術後…