Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

リハビリテーション の検索結果:

膝関節周囲の筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチ…

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチ…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…上肢投球障害に対するリハビリテーション (MB Medical Rehabilitation(メディカルリハビリテーション))作者: 森原徹出版社/メーカー: 全日本病院出版会発売日: 2019/08/16メディア: ムックこの商品を含むブログを見る パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~作者: 森原徹,松井知之,高島誠出版社/メーカー: 全日本病院出版会発売日: 2014/04/10メディア: 単行本この商品を含むブロ…

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11)作者: 大見頼一出版社/メーカー: ブックハウス・エイチ…

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

…性腰痛のメカニズムとリハビリテーション (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 加賀谷善教,吉田 真,山本大造,鈴川仁人,福林 徹,蒲田和芳出版社/メーカー: ナップ発売日: 2010/03/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 2回この商品を含むブログを見る NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル作者: NSCAジャパン,福永哲夫出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発売日: 2019/01/01メディア:…

大腿四頭筋とハムストリングスにおける内側外側の筋活性化のアンバランス(筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子である)

…見る スポーツ傷害のリハビリテーション 第2版: Science and Practice作者: 山下敏彦,武藤芳照出版社/メーカー: 金原出版発売日: 2017/05/12メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 足部スポーツ障害治療の科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)作者: 蒲田和芳,福林徹,山内弘喜,吉田昌弘,横山茂樹,鈴川仁人出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/09/01メディア: 単行本この商品…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…09 スポーツ傷害のリハビリテーション 第2版: Science and Practice作者: 山下敏彦,武藤芳照出版社/メーカー: 金原出版発売日: 2017/05/12メディア: 単行本この商品を含むブログを見る スポーツ傷害の予防・診断・治療 (別冊整形外科)作者: 安達伸生出版社/メーカー: 南江堂発売日: 2018/04/26メディア: 大型本この商品を含むブログを見る スポーツ外傷・障害ハンドブック 発生要因と予防戦略作者: Roald Bahr,陶山哲夫,赤坂…

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(大腿四頭筋優位と呼ばれている神経筋制御は、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義される)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 一次診療で使える外科テクニック~わたしの手術法~vol.5 前十字靭帯断裂整復術作者: 藤井聖久出版社/メーカー: インターズー発売日: 2019/…

前額面の膝のコントロール:動的外反(膝関節のバイオメカニクスの変化、特に着地やカッティング動作および減速中の膝の前額面のコントロールの欠陥は、ACL断裂を含む膝の傷害や膝蓋大腿疼痛症候群の大きなリスク因子である)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 一次診療で使える外科テクニック~わたしの手術法~vol.5 前十字靭帯断裂整復術作者: 藤井聖久出版社/メーカー: インターズー発売日: 2019/…

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会出版社/メーカー: 南江堂発…

前十字靭帯損傷と筋の共収縮(大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を23%減少させた)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 膝サポーター 膝バンド 膝固定 怪我防止 前十字靭帯 半月板 関節靭帯保護 十時靭帯膝関節サポーター (Right-M)出版社/メーカー: Orth…

女性選手の非接触型前十字靭帯損傷を防ぐには(体幹の安定性を重視し、中殿筋と股関節の外旋筋を発達させ、大腿四頭筋とハムストリングスの筋組織を強化する事は、着地時の外反トルクの有意な減少と、膝屈曲の有意な増加を促す)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser) 作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治 出版社/メーカー: ナップ 発売日: 2012/01/01 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 選手の膝をケガから守る チームで取り組む傷害予防トレーニング (TJスペシャルファイル11) 作者: 大見頼一 出版社/メーカー: ブック…

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

…ングや試合とは別に、リハビリテーションやプレリハビリテーションの運動セッションを完了するよう指示されることが多く、修正エクササイズと実際のパフォーマンスの隔たりが大きいと、パフォーマンスにおいてより効果的な方策を取り入れるアスリートの能力が妨げられる可能性があります。 このような修正エクササイズをウォームアップの時間に取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になります。 www.nakajimabonesett…

膝関節の内旋は外反モーメントを増加させる(膝の外反角度の増加は、膝蓋骨を正中線の内側に傾け、この膝蓋骨が変化した膝の状態はQアングルを大きくする)

…る実践法)作者: 赤羽根良和,津田佳彦出版社/メーカー: 運動と医学の出版社発売日: 2018/03/29メディア: 大型本この商品を含むブログを見る 膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)作者: 福林徹,金岡恒治,蒲田和芳,玉置龍也,永野康治,鈴川仁人,加賀谷善教,吉田昌弘,渡邊裕之,小林匠出版社/メーカー: ナップ発売日: 2016/09/10メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…ります。 「プレリハビリテーション」エクササイズ(傷害予防のためのトレーニングルーティンに広く適用されているリハビリテーション的なエクササイズ)を漸進させても、パワー発揮にはすぐには成果をもたらさないかもしれませんが、負荷の伝達効率が改善されることで、結果的にパワー発揮やスピードの向上につながる可能性があります。 基礎的な固有感覚テクニックを重点的に行なうことは、アスリートが身体の諸構造を、様々な角度で、コントロールしながら、高速度で正確な位置に置くことを可能にします。 基礎…

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

… ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る 前十字靭帯(ACL)損傷診療ガイドライン作者: 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会,ACL損傷ガイドライン策定委員会出版社/メーカー: 南江堂発…

臀筋の活性化(外転と外旋は運動の重要な要素であり、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは傷害予防の観点からも重要になる)

…旋可動性 傷害予防やリハビリテーションでは股関節外転筋や外旋筋の強化に大きな比重が置かれるため、股関節内転筋と内旋筋の筋力不足は見落とされがちになります。 しかし、股関節の内転および内旋可動性(HIRM:hip internal rotion mobility)の不足は、決して珍しいことではなく、注意を怠ると、他の関連症状を引き起こすこともあります。 このような合併症は、女子より男子に多く認められます。 しかし、このHIRMの典型的な増加は、女子アスリートの外傷性の非接触性膝…

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

… Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser)作者: 福林徹,蒲田和芳,渡邊裕之,鈴川仁人,片寄正樹,大見頼一,加賀谷善教,永野康治出版社/メーカー: ナップ発売日: 2012/01/01メディア: 単行本 クリック: 1回この商品を含むブログを見る

下肢間の筋力の非対称性とスポーツ傷害(股関節の外転、外旋および股関節の伸展と組み合わせた膝周囲の筋の筋力不足は、膝蓋大腿疼痛症候群、ACL損傷、および腸脛靭帯症候群のリスク因子になる)

…ポーツ活動における筋の反応速度の低下をもたらします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 新スポーツ外傷・障害とリハビリテーション イラストでわかるリハビリテーション作者: 魚住廣信出版社/メーカー: ナップ発売日: 2013/12/09メディア: 単行本この商品を含むブログを見る

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

…態)を予防するためのリハビリテーションも大切です。 回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。 Tinelサイン Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。 知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。 www.nakajimabonesetter.com 橈骨神経 橈骨神経の運動性の線維は、上腕~前腕後面の伸筋を支配しています。 橈骨神経は脊髄せきずいに端を発し、感覚…

梨状筋症候群

股関節を支える筋肉、梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経が骨盤出口部で傷害されることによっておこる絞扼性神経障害です。 筋肉は通常柔らかいですが、なんらかの原因で硬くなり、これが圧迫の原因になり疼痛が起きている状態のことです。 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。 原因 日常生活やスポーツで繰り返し負担がかかった場合や、腰部・臀部の外傷や梨状筋・坐骨神経の破格(機能的な問題を生じない範囲でみられる、解剖学的な個体差のこと)などがあります。 股関節を…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

脊髄損傷とトレーニング 脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧があり、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。 Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。 これ以外にも、SCIのお客が日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…筋骨格の強化、障害のリハビリテーション、様々な健康や体力にもたらす利益などを実現する手段として提唱されてきました。 RTに起因する障害の発生率は過去10年間増加傾向にあり、RT参加者の25~30%が施術を要する重度の傷害を負ったことが報告されています。 さらに過去数十年の間に、ウェイトリフティングに関連した救急科への搬送または来院の件数は35%増加し、それらの傷害の約4分の1は不適切なトレーニングが原因とされています。 特に肩関節複合体は、RTに起因する傷害の中でもかなり高い…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面(前額面、矢状面、水平面)全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…いるトレーニングは、リハビリテーションの現場では広く行われていますが、健康でレベルの高いアスリートにも有益なものであり、オフシーズンおよびプレシーズンの時期の固有感覚のウォームアップとして、またワークアウト後のエクササイズとして利用できます。 さらに、これらのエクササイズは修正して試合期にも適用可能になります。 筋組織の損傷を最小限に抑えつつ筋力を維持するバリエーションとしてこれらのエクササイズを活用できますが、そのような場合、負荷や筋の総収縮回数を調整し、総仕事量を削減する…

臨床環境におけるバックスクワット(結合組織に害を及ぼすことなく、下半身の筋組織、後部キネティックチェーンの筋力と動員パターンを強化することができる)

…るのを避けるために、リハビリテーション過程を通じてよく実施され、スクワットはリハビリテーションで行う有用なエクササイズとなっています。 外部負荷を用いるスクワットやプライオメトリックトレーニングなど、高強度のバリエーションに進む前に、まず自重だけのバックスクワットで高いスキルを獲得することが推奨されています。 パワー向上法としての混合トレーニング(バックスクワットは筋力と同時に、力-速度関係の大きな力と低速の領域の向上に利用でき、パワークリーンは力-速度曲線の大きな力と高速の…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるお客では、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

リハビリテーション後の重要な要素 レジスタンストレーニングは、人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後のお客のためのリハビリテーション後における重要な要素になります。 多くのお客はまだ筋力が十分に回復していないため、特定の筋群に照準を合わせたプログラムや、リハビリテーション中に増大した筋力を単に維持するためだけの定期的なプログラムから利益を得られ、リハビリテーションの後期でさえも、お客の肩の慢性症状やローテーター…

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

…の肩の状態と手術後のリハビリテーションの努力で達成可動性によって変わっていきます。 この可動域目標の相違ことが、それぞれのお客に関して理学療法士とS&C専門職のコミュニケーションが重要となる理由になります。 許容できる軟部組織の管理には、筋膜リリース、軟部組織の可動化などが含まれますが、人工関節のストレッチは含まれるべきではないとされています。 そのため、クライアントが、ミリタリープレス(首の後ろまたは前で行う)、伝統的なバックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベ…

人工逆肩関節置換術後の合併症(前方脱臼は肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と外旋を組み合わせた位置で最も起こりやすくなる)

…こりやすく、これらはリハビリテーション初期にみられ、軟部組織の脆弱性による、関節の不十分な保護が原因になります。 手術前の肩甲下筋の安定性は、rTSAを受けたお客ごとに異なり、肩甲下筋が損傷していて、修復できない場合には、肩前部の安定性に寄与することはできません。 人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある) 人工逆肩関節置換術…

人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある)

…工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする) 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze MR and KolberMJ Postrehabilitation exercise considerations following hip arthroplasty,Strength Cond J 35:19-30.2013 (adsbygoogle…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズ(前方脱臼に抵抗する安全装置となる肩甲下筋に負荷をかけた内旋は避け、また外転、水平伸展、外旋を合わせた姿勢、90/90またはハイファイブと呼ばれる姿勢も避ける必要がある)

…を受けたお客のためのリハビリテーション後のプログラムを計画する際に、rTSAの術後において最も発生率の高い後遺症について、十分に理解しておくことがきわめて重要になります。 rTSAを受けたお客の大多数は、外科的には施術できない、後部ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、場合によっては小円筋)の損傷があり、これらのお客では、損傷していないのは小円筋と肩甲下筋だけとされています。 そのためにお客は、肩を挙上する動作を行う際は主に三角筋の筋組織に大きく依存しなければならず、また能動的に…