Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

リハビリテーション の検索結果:

両側膝関節置換術を受けたクライアントの特徴(片側処置を受けたクライアントに対して、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性がある)

片側と両側の膝関節置換術 変形性膝関節症の施術において保存療法が適応しない場合、痛みを和らげ、生活の質を向上させうる膝関節置換術には様々なタイプがあり、今日、非常に多く実施されているのは、片側膝関節置換術(UTKR)になります。 手術後の早い段階では両側処置を受けたクライアントは片側処置を受けたクライアントに対して、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性があります。 両側膝関節置換術を受けたクライアントは、時間の経過とともに、UTKRを受けたクライアントと同等の身体的機…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

漸進的なリハビリテーションプログラム 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後の漸進的なリハビリテーションプログラムは、主として手術中に切開され、後に修復された肩甲下筋の腱を保護するように計画されます。 リハビリテーションの進捗が遅く長期間かかるのは、人工装具に置換したこと以外の多くの場合、肩関節に到達するために切開され傷んだ軟部組織構造を修復するためとされています。 合併症もなく手術を終了したクライアントの人工…

膝関節置換術のタイプ(患側の膝を金属、プラスチック、チタン合金などのコンポーネントに置き換える膝関節全置換術:TKRと単顆膝関節置換術が主となる)

… 膝関節置換術およびリハビリテーション後の評価では、術後の大腿四頭筋が衰えます。 同年代の対照群と比較すると、動作性テストにおいて筋力と速度の低下を示し、支持において非術肢への依存が増加します。 www.nakajimabonesetter.com 膝関節置換術後必要な事とは 膝関節置換術は、リハビリテーション、投薬、補助具の利用などの保存療法によって痛みが最小化されない際に外科的介入があります。 膝関節置換術を受けたクライアントは動作性の低下を示し、重労作の家事、腰をかがめ…

肩関節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される)

…lation J strength Cond Res23:148-157.2009 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹発売日: 2017/07/06メディア: 単行本

肩関節に対するスリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチ(いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できる)

…lation J strength Cond Res23:148-157.2009 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹発売日: 2017/07/06メディア: 単行本 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本

急性および慢性の肩関節傷害のリスク因子(RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる)

…astern University Fort Lauderdale Florida 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹発売日: 2017/07/06メディア: 単行本

股関節形成術後の柔軟性エクササイズ(腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されるために股関節の伸展および外旋可動域を回復させることが目標になる)

股関節形成術後の柔軟性エクササイズの重要性 股関節形成術(HA)後に可動性の制限が続いている場合は、機能的な可動域を回復することが目標になります。 理論的に、可動域に目標を定めた柔軟性トレーニングが有益になり、エビデンスによると、股関節の伸展および外旋可動域の不足が、HA後に長く残存する可能性が示唆されています。 さらに、HA後の2ヶ月間に股関節痛を訴えるクライアントでは、腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されています。 この研究において、研究者らは、柔軟…

野球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

…対する施術は、休息、リハビリテーション、または外科手術になります。 投球中に必要とされる協調的な高速の関節角度は、パフォーマンスに大きな影響を及ぼしますが、可動域を制限する不安定性あるいは他の筋骨格系の不適応の存在は、肘関節の完全性と健康にとって有害になります。 したがって、肘関節傷害の発生原因および原因となる競技特異的なバイオメカニクスを理解することは、リハビリテーションの方策と外科的施術の向上をもたらします。 関節運動の低下に伴う症状は、臨床的に検査する必要があり、疼痛や…

膝関節置換術後の水中レジスタンストレーニングと高強度機能的リハビリテーション(膝関節のスティフネスが減少し、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加する)

…受けたクライアントのリハビリテーションに利用可能なもうひとつの戦略であると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 膝関節置換術後のレジスタンストレーニングの重要性 最近のある症例では、両側膝関節置換術を受けたクライアントを対照として、レッグプレスを含むクローズドチェーンエクササイズに焦点を置いた一連の運動が利用されました。 トレーニングは同時的両側処置の16日後に開始され、理学療法終了後、クライアントはスクワット(30°と60°のスクワット)…

インピンジメント症候群を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…要になります。 リハビリテーションにおいて、今までは、棘上筋を強化するのに最も適したエクササイズは「エンプティカン(Empty Can:EC)エクササイズ」であると考えられていました。 エンプティカン(Empty Can:EC) ECは、肩関節の内旋を保持しながら腕を肩甲平面上(前額面の30°前方へ)で90°挙上する動作になります。 しかし、ECを行うと「肩関節に痛みを感じる」とアスリートやお客は訴えることがあり、この痛みは、肩峰下腔の狭小化によって生じる機械的圧迫とインピン…

股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する)

…クライアントのためのリハビリテーション後のプログラムを作成する際には、最も可能性の高い後遺症とその予防措置に関する実践的知識が計画の枠組みに必要になってきます。 障害の程度をみると、多くのエビデンスから、前方アプローチで手術を受けたクライアントは、リハビリの早期に、身体機能がより高いレベルまで回復することが示唆されています。 しかし、術後の正規のケア(理学療法)から解放されるまでには、術式による機能の差はわずかになり、退院後から次の数年かそれ以上にわたり、どの術式を受けたお客…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…筋骨格の強化、障害のリハビリテーション、様々な健康や体力にもたらす利益などを実現する手段として提唱されてきました。 RTに起因する障害の発生率は過去10年間増加傾向にあり、RT参加者の25~30%が施術を要する重度の傷害を負ったことが報告されています。 さらに過去数十年の間に、ウェイトリフティングに関連した救急科への搬送または来院の件数は35%増加し、それらの傷害の約4分の1は不適切なトレーニングが原因とされています。 特に肩関節複合体は、RTに起因する傷害の中でもかなり高い…

股関節形成術後の脱臼の50%は術後最初の3ヶ月間に起こる(股関節の臀筋群と外旋筋の不安定性、屈曲、内転、内旋などの動作が多いクライアントほど脱臼しやすい)

股関節形成術後の合併症(脱臼) 脱臼は股関節形成術(HA)後に最もよくみられる合併症であり、初回または再HA後のクライアントの最大11%で起こります。 最新の14件の研究結果を累積すると、初回の後外側手術の後、軟部組織が部分的に回復している場合に脱臼が発生する場合は平均4%であるのに対し、十分に回復した後は平均3%になります。 脱臼の発生リスクは、前部アプローチよりも後外側アプローチによる手術後のほうが最大6倍高くなります。 この差は後外側アプローチのより侵襲的な性質によるも…

レジスタンストレーニングにおける肩関節の傷害を避けるために必要な手段(可動性の制限とともに、ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の脆弱性など、関節や筋の異常な特性に対処するエクササイズを、現行のトレーニングルーティンに取り入れることが重要になってくる)

…versity Fort Lauderdale Florida 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)メディア: 単行本

レジスタンストレーニングにおける肩関節不安定症と脱臼(肩はハイファイブポジションで関節が外れることが多く、ハイファイブポジションが必要なエクササイズにおいて重い負荷を用いることにより、肩関節の脱臼を起こしやすくなる可能性がある)

…ngth Cond Res23:148-157.2009 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 肩関節拘縮の評価と運動療法 臨床編 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)作者:赤羽根 良和発売日: 2019/03/13メディア: 単行本 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー)

肩甲上腕関節と肩甲骨の一連の運動をタイミングよく行うには(外旋動作は正常なバイオメカニクスとローテーターカフへの十分な血液供給を確保するため、僧帽筋中部線維を活性化させ、側臥位で腕を30°に外転させて行うことが推奨される)

…CT)関節とGHJのリハビリテーションに用いられる12種目のエクササイズを調べた結果、以下の4つがSCT関節のバランス維持に役立つを結論付けました。 側臥位での外旋 側臥位での屈曲 伏臥位での外旋 伏臥位での伸展 伏臥位での伸展、側臥位での外旋、およびTレイズにおいては、先に僧帽筋中部線維と下部線維が活動し、次いで三角筋後部と僧帽筋上部線維が活動することが明らかになっています。 僧帽筋のこられの部分が活動すると、GHJの自動運動において肩甲骨が安定化されます。 www.nak…

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

… TR and Earle RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522 スポーツリハビリテーションの臨床発売日: 2019/09/03メディア: 単行本 新版 「野球医学」の教科書 《The Baseball Medicine》作者:馬見塚 尚孝発売日: 2019/02/04メディア: 単行本(ソフトカバー) スポーツ栄養学: 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる作者:寺田 新発売日: 2017/10/25メディア: 単行本

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

…on J strength Cond Res23:148-157.2009 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本 肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)作者:赤羽根良和(さとう整形外科病院)発売日: 2013/06/15メディア: 単行本(ソフトカバー)

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…Little league elbow:Risk factors and prevention strategies Strength and Cond J.32(6):22-37 臨床実践 スポーツ傷害膝の理学療法 (教科書にはない敏腕PTのテクニック)発売日: 2020/12/16メディア: 単行本 スポーツリハビリテーションの臨床発売日: 2019/09/03メディア: 単行本 スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド発売日: 2015/05/01メディア: 単行本

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

… J sports Med37:2043,2009. 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 続 運動機能障害症候群のマネジメント頸椎・胸椎・肘・手・膝・足作者:Shirley A.Sahrmann発売日: 2013/05/01メディア: 単行本(ソフトカバー) 適切な判断を導くための 整形外科徒手検査法−エビデンスに基づく評価精度と検査のポイント発売日: 2020/09/03メディア: 単行本

女性の腱スティフネス(女性は腱スティフネスが低いことに加え、活動中のハムストリングスにおける筋腱複合体のスティフネスも男性に比べて有意に低いことが明らかになっている)

…cises | Phase 4 OLD 前十字靱帯(ACL)損傷診療ガイドライン2019(改訂第3版) 作者:日本整形外科学会,日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 発売日: 2019/02/04 メディア: 単行本 ACL再建術前後のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Ser) 発売日: 2012/01/01 メディア: 単行本 スポーツリハビリテーションの臨床 発売日: 2019/09/03 メディア: 単行本

レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

… athletes.J Athl Train39:352-364,2004 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本 肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)作者:赤羽根良和(さとう整形外科病院)発売日: 2013/06/15メディア: 単行本(ソフトカバー) 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー)

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

… the recrational weight training population J strength Cond Res23:148-157.2009 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 整形外科 術後理学療法プログラム−第3版発売日: 2020/09/28メディア: 単行本 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

…ィカル・スキル・コンディショニングの架け橋に発売日: 2020/06/01メディア: 単行本 パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~作者:森原 徹,松井知之,高島 誠発売日: 2014/04/10メディア: 単行本 スポーツ障害「肩」の治療 −評価からリハビリテーション,競技復帰まで−【Web動画つき】作者:Todd S. Ellenbecker,Kevin E. Wilk発売日: 2018/05/16メディア: 単行本

膝関節置換術後の機能的転帰に影響を及ぼす因子(機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがある)

…が低下する者がおり、リハビリテーションが終了して(6~8週間)、指導者のいる医療機関を退院する時点では、全身の動作性と患側の大腿四頭筋の筋力回復が、残念ながら術前レベルに留まることが多く、そのため、UTKRを受けたクライアントは苦痛を訴えることは少ないものの、機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがあります。 これらに加え、UTKR後30日以内では、機能的な活動中の非術肢の負荷が増大し、座位から立位へと姿勢を変…

膝関節置換術後に機能的パフォーマンスを向上させる戦略(通常の施術を受けたクライアントと比較すると、特異的レジスタンストレーニング、またはレジスタンストレーニングとNMESの併用を処方されたクライアント群は、時限性の動作テストにおいて速度で勝り、大腿四頭筋による等尺性筋力が大きくなる)

…側に比べて、手術前にリハビリテーションを処方された患側では、苦痛が軽減し、術肢の膝関節の伸展筋力および屈曲筋力が大きくなりました。 Toppらも被験者を2群に分けた前向き研究において、術後機能のためのプレリハビリテーションエクササイズプログラム利用に焦点をあて、片側膝関節全置換術(UTKR:Unilateral Total Knee Replacement)前に第1群は通常の施術を受け、第2群はプレリハビリテーションを処方され、手術後は両群とも同じリハビリテーションを受けまし…

運動学習法としての集中法と分散法(疲労は、反応時間やコーディネーション能力、運動の緻密さや筋出力など低下させ、筋の衝撃吸収能力をも減退させるため、肉離れなどの傷害を誘発させる)

…gies Strength and Cond J.32(6):22-37 運動学習理論に基づくリハビリテーションの実践第2版in DVD作者:長谷公隆,浅井憲義発売日: 2016/06/01メディア: 単行本(ソフトカバー) 運動学習の脳・神経科学―その基礎から臨床まで (ヒトの動きの神経科学シリーズ 4)発売日: 2020/04/01メディア: 単行本 運動学習とパフォーマンス―理論から実践へ作者:リチャード・A. シュミット発売日: 1994/04/01メディア: 単行本

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

…training population J strength Cond Res23:148-157.2009 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本 肩のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)メディア: 単行本

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

…ll pitchers. Am J Sports Med 37: 2043-2048, 2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に発売日: 2020/06/01メディア: 単行本 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 投球障害肩 こう診てこう治せ―整形外科医と理学療法士からのアドバイス作者:広明, 筒井,光国, 山口メディア: 単行本

股関節形成術後リハビリテーション後のエクササイズ(身体の正中線を超えて股関節の内旋や内転を同時に行うことは避け、外旋筋群の強化は股関節の安定性とパフォーマンスにとって重要である)

…成術(HA)後に続くリハビリテーション後 股関節形成術(HA)後に続くリハビリテーション後の段階において、下半身の多関節運動は、レジスタンストレーニングを主体としたクライアントのためのエクササイズプログラムの基盤となります。 スクワットやランジおよびレッグプレスなどのエクササイズは、(関節可動域に関する注意が守られているという前提で)身体機能にとって重要な大筋群に重点を置いた、安全で効果的な選択になります。 www.nakajimabonesetter.com 股関節のトルク…