Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

リハビリテーション の検索結果:

人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある)

…tions following hip arthroplasty,Strength Cond J 35:19-30.2013 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解くメジカルビュー社Amazon 肩関節手術のすべてメジカルビュー社Amazon ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly医歯薬出版Amazon *1:rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty

関節リウマチにおけるストレッチングと筋膜リリース(筋長と対称性を復活させ、関節可動域を広げ、関節リウマチのクライアントの痛みとこわばりと軽減する可能性があるとされている)

…れている論文は、手のリハビリテーション介入としてのストレッチに的を絞った研究で、ストレッチに的を絞った研究は非常に少ないです。 著者はアメリカスポーツ医学会(ACSM)のガイドラインを推奨しています。 ACSMは、主要筋群に対する中強度の運動(10ポイントスケールで5~10)を1週間に少なくとも2回行うことを推奨しています。 痛みの無い範囲で30秒保持する、ゆっくりとした静的ストレッチがダイナミックストレッチよりも好ましいとされています。 www.nakajimabonese…

野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係がある)

…ll pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる)

… sports Med37:2043,2009. www.youtube.com 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

人工逆肩関節置換術後のエクササイズ(前方脱臼に抵抗する安全装置となる肩甲下筋に負荷をかけた内旋は避け、また外転、水平伸展、外旋を合わせた姿勢、90/90またはハイファイブと呼ばれる姿勢も避ける必要がある)

…クライアントのためのリハビリテーション後のプログラムを計画する際に、rTSAの術後において最も発生率の高い後遺症について、十分に理解しておくことがきわめて重要になります。 rTSAを受けたクライアントの大多数は、外科的には施術できない、後部ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、場合によっては小円筋)の損傷があり、これらのクライアントでは、損傷していないのは小円筋と肩甲下筋だけとされています。 そのためにクライアントは、肩を挙上する動作を行う際は主に三角筋の筋組織に大きく依存しなけ…

関節リウマチと有酸素運動(身体活動の代謝コストは、関節のこわばり、機能障害{歩行異常など}のために増加する可能性がある)

…トレーニング、そしてリハビリテーションの標準測定手段となります。 ボルグスケールはエクササイズに対するクライアントの反応を伝える効果的な方法であり、将来のエクササイズセッションを方向づけるためにも役立つとされています。 11ポイントの痛み評価尺度(NPRS:numerical pain rating scale)は、0(まったく痛みはない)から10(考えられる最悪の痛み)までを評価し、クライアントに対するエクササイズの影響をモニタリングするもう一つの手段となります。 NPRS…

野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする)

…s load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon 投球障害:肩・肘の障害予防[DVD番号 ME84]Amazon

野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する)

…ll pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

Mポジション投手とは(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

…ll pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編(シーズン前のコンディショニングの重要性)

…ーター等をしましょう。」とされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編 新版 「野球医学」の教科書 《The Baseball Medicine》作者:馬見塚 尚孝ベースボール・マガジン社Amazon 高校球児なら知っておきたい野球医学―肩肘腰痛の予防と対処作者:馬見塚 尚孝ベースボールマガジン社Amazon スポーツリハビリテーションの臨床メディカル・サイエンス・インターナショナルAmazon

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…ased Bat Swing Velocity」 www.youtube.com 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

…は様々であり、休息とリハビリテーションによって改善する場合もある一方、外科的介入を必要とするアスリートもいることを複数の報告が示唆しています。 オーバーユースとLLE 1960年にBrogdon and CrowがLLEにおける最初の記述を発表して以来、多くの危険因子が調査されてきました。 そのうちいくつかは、LLE発症の主要な危険因子はオーバーユースであると特定されています。 「オーバーユース障害」という名称は一般的に、十分な回復時間をとらずに高い生理学的ストレスを受け続け…

野球における上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…側上顆炎の予防およびリハビリテーションプログラムを適切に作成するためには、回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければなりません。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:…

施術風景ユーチューブ更新しました。2

ユーチューブを更新しました。 施術風景です。 是非ご覧ください。 www.youtube.com www.nakajimabonesetter.com 中島恵

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション 上腕骨内側上顆炎におけるリハビリテーションにおいて重要な事項は、入念なストレッチと厳密なストレングスプログラムが推奨されています。 筋力およびパワーの向上を目指す前に、持久力トレーニングを最初のトレーニング目標とし、軽めの負荷と痛みのない関節可動域で行い、このような漸進は、負荷を次第に増加させることに役立ち、知覚、固有感覚、運動パターンの再教育を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズモデル エク…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

…rs. Am J Sports Med 37: 2043-2048, 2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるクライアントでは、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

リハビリテーション後の重要な要素 レジスタンストレーニングは、人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後のクライアントのためのリハビリテーション後における重要な要素になります。 多くのクライアントはまだ筋力が十分に回復していないため、特定の筋群に照準を合わせたプログラムや、リハビリテーション中に増大した筋力を単に維持するためだけの定期的なプログラムから利益を得られ、リハビリテーションの後期でさえも、クライアントの肩…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

… sports Med37:2043,2009. www.youtube.com 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

…の肩の状態と手術後のリハビリテーションの努力で達成可動性によって変わっていきます。 この可動域目標の相違ことが、それぞれのクライアントに関して理学療法士とS&C専門職のコミュニケーションが重要となる理由になります。 許容できる軟部組織の管理には、筋膜リリース、軟部組織の可動化などが含まれますが、人工関節のストレッチは含まれるべきではないとされています。 そのため、クライアントが、ミリタリープレス(首の後ろまたは前で行う)、伝統的なバックスクワット、ラットプルダウン、ストレート…

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントのために考案された複雑な手術法である)

…クライアントが施術とリハビリテーションを終えて退院してからも長期間続くために、病院での正規のリハビリテーションが終了してからも、クライアントはエクササイズの知識をもつことが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze MR and KolberMJ Postrehabilitation exercise considerations following hip arthr…

人工逆肩関節置換術後の合併症(前方脱臼は肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と外旋を組み合わせた位置で最も起こりやすくなる)

…こりやすく、これらはリハビリテーション初期にみられ、軟部組織の脆弱性による、関節の不十分な保護が原因になります。 手術前の肩甲下筋の安定性は、rTSAを受けたお客ごとに異なり、肩甲下筋が損傷していて、修復できない場合には、肩前部の安定性に寄与することはできません。 www.nakajimabonesetter.com 人工逆肩関節置換術後の前方脱臼 前方脱臼は、肩甲下筋の完全性の欠如に関連したもの、肩後部の緊張の結果になり、これは、肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と…

野球肘の機能解剖学(結合組織と筋群が肘関節の静的および動的安定化機構として作用する20~120°の肘屈曲角度において生じる)

… sports Med37:2043,2009. www.youtube.com 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

…ht training population J strength Cond Res23:148-157.2009 www.nakajimabonesetter.com 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解くメジカルビュー社Amazon 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹メディカ出版Amazon ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly医歯薬出版Amazon

両側膝関節置換術を受けたクライアントの特徴(片側処置を受けたクライアントに対して、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性がある)

片側と両側の膝関節置換術 変形性膝関節症の施術において保存療法が適応しない場合、痛みを和らげ、生活の質を向上させうる膝関節置換術には様々なタイプがあり、今日、非常に多く実施されているのは、片側膝関節置換術(UTKR)になります。 手術後の早い段階では両側処置を受けたクライアントは片側処置を受けたクライアントに対して、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性があります。 両側膝関節置換術を受けたクライアントは、時間の経過とともに、UTKRを受けたクライアントと同等の身体的機…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

漸進的なリハビリテーションプログラム 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後の漸進的なリハビリテーションプログラムは、主として手術中に切開され、後に修復された肩甲下筋の腱を保護するように計画されます。 リハビリテーションの進捗が遅く長期間かかるのは、人工装具に置換したこと以外の多くの場合、肩関節に到達するために切開され傷んだ軟部組織構造を修復するためとされています。 合併症もなく手術を終了したクライアントの人工…

膝関節置換術のタイプ(患側の膝を金属、プラスチック、チタン合金などのコンポーネントに置き換える膝関節全置換術:TKRと単顆膝関節置換術が主となる)

… 膝関節置換術およびリハビリテーション後の評価では、術後の大腿四頭筋が衰えます。 同年代の対照群と比較すると、動作性テストにおいて筋力と速度の低下を示し、支持において非術肢への依存が増加します。 www.nakajimabonesetter.com 膝関節置換術後必要な事とは 膝関節置換術は、リハビリテーション、投薬、補助具の利用などの保存療法によって痛みが最小化されない際に外科的介入があります。 膝関節置換術を受けたクライアントは動作性の低下を示し、重労作の家事、腰をかがめ…

肩関節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される)

…lation J strength Cond Res23:148-157.2009 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹発売日: 2017/07/06メディア: 単行本

肩関節に対するスリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチ(いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できる)

…lation J strength Cond Res23:148-157.2009 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹発売日: 2017/07/06メディア: 単行本 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本

急性および慢性の肩関節傷害のリスク因子(RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる)

…astern University Fort Lauderdale Florida 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 ガジェリー肩関節外科学 原著第2版 初診からリハビリテーションまで作者:D.F.Gazielly発売日: 2019/10/11メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節再建術: 腱板断裂,肩関節不安定症の治療戦略作者:末永 直樹発売日: 2017/07/06メディア: 単行本

股関節形成術後の柔軟性エクササイズ(腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されるために股関節の伸展および外旋可動域を回復させることが目標になる)

股関節形成術後の柔軟性エクササイズの重要性 股関節形成術(HA)後に可動性の制限が続いている場合は、機能的な可動域を回復することが目標になります。 理論的に、可動域に目標を定めた柔軟性トレーニングが有益になり、エビデンスによると、股関節の伸展および外旋可動域の不足が、HA後に長く残存する可能性が示唆されています。 さらに、HA後の2ヶ月間に股関節痛を訴えるクライアントでは、腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されています。 この研究において、研究者らは、柔軟…