Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…、特に「休養する」「回復させる」という側面は軽視されがちであり、その結果、オーバーユース障害を引き起こす可能性が高くなります。 オーバーユース障害には内的因子と外的因子があり、子供や青少年におけるオーバーユース障害の約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強いことを指導者は理解することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com ジュニアスポーツにおけるオーバーユース障害因子 内的因子 解剖学的なアライメント異…

水分補給(アスリートは、ホルモン分泌、アルドステロン系の刺激、交感神経、腎溶質と水分排出量の影響を理解することが重要)

水分補給 水分と人体 水は人体の最大の構成成分で、人体の容積の60%を占めています。 ※例えば、筋肉は約73%、血液は93%、脂肪は10%の水を含んでいます。 水は恒常性に不可欠であり、生理学的および生化学的機能に重要な役割を果たしています。 1日の必要水分量や身体が水分補給状態を維持する能力には、多くの要素が影響を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com

性別と年代における筋疲労の蓄積(思春期の男子は成人男性よりも疲労耐性が大きいのに対し、思春期の女子(思春期半ば14~15歳)と成人女性の間には差がないことが明らかになっている)

…欠的エクササイズ中の回復力になります。 思春期直前の子どもたちは1回から数回の反復的高強度運動に対しては、思春期の若者や成人よりも急性疲労に対する抵抗性があります。 正確なメカニズムは知られていませんが、子どもの筋量は成人よりも少ないため、高強度エクササイズ中に発揮するパワーの絶対値も低く、さらに思春期が始まって以降は、高強度の間欠運動中の疲労抵抗性には、成熟度と性別の重要な相互関係があります。 www.nakajimabonesetter.com 各々の疲労耐性とは 思春期…

水分補給状態が生理学的機能と運動パフォーマンスに及ぼす影響(体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じる)

…べて有意に高くなり、回復速度が遅くなりました。 同様に、脱水がレジスタンスエクササイズに及ぼす影響を調査した研究では、体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じました。 このようなフィールド研究でと実験室研究の不一致は、水分補給がパフォーマンスに及ぼす影響についても認められています。 ACSM(アメリカスポーツ医学会)では、運動と水分補給に関する見解の中で、パフォーマンス低下を防ぐために、2%以上の体重減少を避けることを推奨しています。 ww…

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

水分補給 脱水とは 脱水とは、体水分正常時の体重の2%が失われた状態と定義され、競技パフォーマンスに悪影響を及ぼします。 脱水はパフォーマンスに多大な影響を及ぼす可能性があり、特に暑熱環境下(熱中症)においてそれが懸念されます。 また、脱水は、筋力や持久力、コーディネーション、知力、および体温調節過程に減退効果や悪影響をもたらすと考えられています。 運動中の水/水分の喪失は、多くの変数の影響を受け、発汗率は個人差が大きいために、万人に適用される水分補給の推奨基準はありません。…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…イズ-30秒の積極的回復)、反復スプリントトレーニング(RST:repeated sprint training)(例えば30秒×10セットで30秒の回復を挟む)、あるいはスモールサイドゲーム(SSG:small side games)(例えば、3対3でハーフコートで行なう3分×5セットとのバスケットボール)になります。 機能的方法と関連づけて、直線スプリントを反復スプリント能力(RSA:repeated sprint ability)を高めるために行なうこともできます。 チ…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…分程度の休息を設け、回復を図った後にチーム練習を開始することが推奨されます。 ウォームアップ以外のメイン練習や体力トレーニングにおいても、最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)年齢に達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高めるだけではなく、運動学習効果の低下にもつながり可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com ジュニアスポーツにおけるオーバーユース障害因子 内的因子 解剖学的な…

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

筋力とパワー発揮 筋力の最大化とパワー発揮 筋力の最大化は、パワー発揮能力の最大限の向上を計画された、あらゆるトレーニングプログラムにおいて明らかに重要な要素になります。 しかし、十分な筋力レベルが実際にいつ達成されたかを判断すること、そしてトレーニングの重点をいつ、より専門的なパワー発揮能力の向上を含むトレーニングに移すのかを決定することは難しい場合が多く、研究文献を慎重に考察すると、その目安としてスクワットで体重の2倍挙上できるようになれば、筋力の劣るアスリート(体重の1…

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

…能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。 したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。 選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてスプリントをしては直ちに守備位置へ戻ることを繰り返す際、消耗されたアデノシン三リン酸の回復効率が高いほど、その後のスプリントが最大に近くな…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

テストと休息時間 テストの順序と休息時間 運動生理学、特に生体エネルギー機構に関する知識は、テストの順序と休息時間を適切に決定することに役立ち、これによってテストの信頼性を高めることができます。 コーディネーションが必要な動作や、「フォーム」への注意を要求するような技術度の高い課題を求めるテストは、疲労をもたらすテストによって結果が歪曲されないように、先に実施します。 National Strength and Conditioning Association(NSCA)は、…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

有酸素性能力 身体能力テストとゲームパフォーマンス ストレングス&コンディショニングプログラムを開始する前に、あるいは試合前、すなわちオフシーズンかプレシーズン中に(基準値を測定するため)身体能力テストを実施することはきわめて重要になります。 アスリートの進歩を評価して、必要に応じてプログラムを変更するためには、シーズン中に複数回のテストを実施することが望ましく、試合期に実施するには、疲労がテストにもゲームパフォーマンスにも影響を及ぼさないように、試合前後2日以内はテストを実…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…IR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)は、どちらも信頼性と精度が高く、再現可能なテストであり、サッカーの競技特性、ならびにスポーツにおける選手の身体能力の詳細な分析を可能にすることが、研究者たちによって保証されています。 ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプは、選手に応じて選択するとよく、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 www.nakajimabonesetter.com YYIEテストとYYIRテスト …

統合的神経筋トレーニング(INT:integrative neuromuscular training)

…ーニングは、傷害から回復力の向上と競技および運動スキルのパフォーマンス促進を目的に、一般的な課題(基本的運動)および特異的なストレングス&コンディショニング課題(レジスタンス、バランス、アジリティ、プライオメトリックスなど)を組み込んだトレーニングプログラムになります。 また、このトレーニング介入モデルは、スポーツパフォーマンスと傷害予防に対する統合的な視点を確立するために、スポーツの状況下でアスリートの知覚的、認知的な能力を開発することも意図してます。 www.nakaji…

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

… スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定されることが多くなります。 被験者はどのレップも全力で走ることを要求されます。 研究者が提案するテスト距離には20mから40mの幅があり、レップ数にも6回から15回の幅があります。 Balsomらは回復時間を30秒以上にすると、スプリントパフォーマンスの全構成要素、特に加速の測定を目的とするこのテストの妥当性が、低下することを見出しました。 このテストによって得られたデータを分析することによ…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

…かもテスト間に十分な回復時間を設けられるように、時間を最大限に活用して実施することが重要になります。 この目的のためには、臨床検査よりも、競技特異的フィールドテストのほうが適切になります。 なぜならば、後者で必要とされる器具は基本的なもの、あるいは器具を必要としないからであり、フィールドテストはコーチにも選手にもよく利用されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the As…

プライオメトリックスによる収縮性フィラメントと構造タンパク質(クロスブリッジが保持される時間は、15~120ミリ秒の範囲であると推測されているため、エネルギーはその結合が分離した瞬間に失われるため、クロスブリッジ構造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要がある)

…造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要があります。 反対にFleck&Kraemerは、償却局面が30ミリ秒の範囲内であると推定されるため、あまりにも長すぎてクロスブリッジの保持からはいかなる有意な貢献も得られないと仮定しました。 したがって、彼らは、SSC現象の原因としてクロスブリッジに代わるメカニズムが存在していると示唆しています。 しかし、Boscoらは、速筋(FT)線維と遅筋(ST)線維ではクロスブリッジの保持時間に違いがあり、両線維の…

タンパク質摂取の重要性(BCAAは安静時およびレジスタンスエクササイズ後の骨格筋において、翻訳開始(タンパク質の合成調節の重要段階)にかかわる様々な酵素を活性化することによって同化効果を有する)

タンパク質摂取と回復メカニズム タンパク質摂取と回復 運動後のタンパク質の合成を増進することは回復の重要な要素であると考えられています。 研究によるとレジスタンスエクササイズの後、40gの必須アミノ酸を摂取すると、40gの混合アミノ酸(必須アミノ酸21.4gと非必須アミノ酸18.6gを含む)と同程度に、タンパク質の合成を促進できることが証明されています。 換言すれば、単にタンパク質の合成を促進することだけが目的であれば、必要なのは必須アミノ酸だけであることが明らかになりました…

嗅覚 においが分かる

嗅覚 においが分かる においが分かるしくみ 嗅覚器の位置 嗅覚器は、呼吸器に属する鼻腔粘膜の上部の嗅部にあります。 嗅覚は、有害なガスや腐敗した食べ物を意識して危険から身を守ったり、ある種の動物のように、異性が出す臭いや獲得の位置を知るといった固体保持・種族の保存にも役立ちます。 においの受容器、嗅細胞 嗅細胞は、感覚細胞であるとともに、脳自体から発生した、外界に最も近いところにある、知覚性の双極神経細胞です。 細胞の先端から鼻腔に向かって嗅毛を出し、基底面から延びる突起が嗅…

回復のためのサプリメント(BCAAを毎日摂取した被験者は、レジスタンストレーニング中も終了後もテストステロン濃度が有意に高く、コルチゾールとクレアチンキナーゼの濃度が低くなった)

BCAA BCAAと回復 Shimomuraらの報告によると、非鍛錬者の女性被験者において、スクワットエクササイズの前にBCAA(100mg/㎏)を摂取した場合には、プラセボとは対照的に、スクワット後の筋痛が緩和されました。 同じ研究において、プラセボを摂取した女性被験者は、スクワットによるワークアウトの2日後に行った随意最大等尺性筋活動において、下肢の発揮筋力が低下したことが報告されています。 対照的にBCAA群の被験者は、随意最大等尺性筋活動の力発揮にあまり大きな低下はみ…

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

最大スピードとフィールドスポーツ 最大スピードはフィールドスポーツにおいて重要か? 最大スプリントスピードは大多数の競技にとって重要な領域になります。 フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。 これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント…

体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)

…したがって、運動中と回復中の両方において、脂質酸化能を最大限に高め、同時に脂質貯蔵能を最小限に制限するためには、現場における栄養摂取の方法を1日のトレーニングセッションのスケジュールに従って計画する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 糖質、飽和脂肪酸の摂取方法 最初に実施すべき論理的な方法は(脂質の代謝を制限する糖質(CHO)の役割を前提とすると)、特に、1日の遅い時間になればなるほど糖質の摂取を減らし(ただしゼロではない)、同時に飽和脂肪…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

…IR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)L1テスト中のVO2を分析した研究が欠如していることが指摘されています。 Castagnaらは同時期に、YYIEL2、YYIRL1、トレッドミルテストの比較を行なっていますが、VO2を直接測定したデータは含まれてはいません。 www.nakajimabonesetter.com YYIEL2とYYIRL1テスト YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関しており(r=0.75、p=0.00002)、さらにYYIEL2…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…を最小限にするため、回復時間約20秒、レップ数6とします。 アジリティ能力は、Balsomのサッカー特異的コースを利用して測定し、このコースでボールをドリブルするテストとしないテストを実施すれば、スキル指数が獲得できます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

プレシーズン期の準備とは プレシーズン期における質の重要性 シーズンで勝利を収められるかどうかは、プレシーズン期(競技にもよるが6~8週間)のトレーニングの質に依存すると考えられています。 ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチにとってこの時期は、最大パフォーマンスを生み出し、傷害リスクを低減させるために、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処す…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になり、それぞれのテストは2つの種類が設けられています。 一方は若年選手または非エリート選手は向けのレベルであり(L1)、もう一方は、L1の全段階をクリアしたエリート選手向けの上級レベルになります(L2)。 したがって、実際には4つのバージョンが存在することになります。 www.nakajimabonesetter.com ヨーヨー間欠性テストの信頼性と妥当性 どのヨーヨー間欠性…

サッカーの指導現場でのYo-Yo IRテスト(Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関がある)

Yo-Yo テストと持久力 Yo-Yo IEテストとYo-Yo IRテスト 現在のサッカーの指導現場においては、Yo-Yo IEテストよりもYo-Yo IRテストのほうが広く利用されています。 それは、後述するように、Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関があるということが選手と指導者も納得できるからになります。 さらに、Yo-Yo IRテストにはLevel1(Yo-Yo IR 1テスト)とLevel2(Yo-Yo IR2テスト)のテストが…

アスリートの水分補給(糖質4に対してタンパク質1の割合を加えて摂取することで、水分補給と再補給、筋タンパク質の合成、グリコーゲンの再蓄積を促し、筋損傷マーカーを抑制する)

…om 水分補給状態を回復させるには 2001年の研究では、持久力トレーニング経験のある男性10名を対象に、カロリーの等しい糖質飲料(CHO、152.7g)および糖質-タンパク質飲料(CHO-PRO、CHO=112g、PRO=40.7g)をグリコーゲンが低下させる食事と運動の後に摂取した場合、それぞれの飲料はカウンターバランスをとった二重盲検法をとり、グリコーゲンを低下させる食事とランニングの実施後、60分間の間隔をおいて2度実施されました。 CHO-PROを投与された試験では…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

筋疲労 筋疲労とは 筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。 したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。 疲労はスポーツ課題を実行中の神経筋コントロールの変化と下肢の動的な関節安定性の低下に関連します。 さらに、疲労はコーディネーションの低下、固有感覚の変化、膝や股関節の屈曲の減少など、下肢のバイオメカニクスの変化、膝の動的外反、地面反力の増加、関節が安定するまでの時間の増加などとも関連があります。 www…