Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

プライオメトリックスにおけるエネルギーの貯蔵とは(腱に蓄えられる弾性エネルギーはストレッチショートニングサイクル現象を支える重要なメカニズムとされている)

…はエネルギーの貯蔵と回復において効率的とはいえませんが、筋と腱は連続構造であるため、両者は同じ力を受けます。 したがってこれらの組織間の貯蔵エネルギーの分布はその変形に依存しており、その変形は、さらにスティフネス(剛性)またはその逆の値であるコンプライアンス(伸展性)の関数になります。 簡単に言えば、より大きく伸展したどちらかの組織構造が最も多くのEEを貯蔵します。 例えば、受動的スティフネスは腱のスティフネスの100倍以下であるため、大多数の変形が並列弾性要素(PEC)のス…

亜硝酸塩摂取とパフォーマンス(BRを使って一時的に食事から硝酸塩を補給することにより、準上級サイクリストの4kmおよび16.1kmのTTパフォーマンスに、有意かつ実質的な意味をもつ向上をもたらした)

…運動パフォーマンスや回復に及ぼす影響については、今後の解明がまたれています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bailey SJ Fulford J Vanhatalo A Winyard PG Blackwell JR Dimenna Fj Wilkerson DP Benjamin N and Jones AM Dietary nitrate supplementation enhances muscle contractile ieffi…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズ(前方脱臼に抵抗する安全装置となる肩甲下筋に負荷をかけた内旋は避け、また外転、水平伸展、外旋を合わせた姿勢、90/90またはハイファイブと呼ばれる姿勢も避ける必要がある)

… rTSA後の可動域回復を検討する際、最も発生率が高い術後の合併症のひとつが前方脱臼であり、これは、前部切開術および手術による軟部組織の脆弱性が原因であり、それが肩関節の前部脱臼に結びつきます。 実際、術後合併症に関して、関節の不安定性の発生率は2.4%から31%の間と報告されています。 肩甲下筋の大部分は、前方脱臼に抵抗する安全装置となり、前方脱臼は肩甲下筋の下部の機能が不十分であることに関連付けられています。 手術中に1つないし2つの主要な肩関節内旋筋である肩甲下筋(まだ…

シトルリン(L-シトルリンは、パフォーマンスの増強よりも運動後の回復に一層効果的であるとされ、その効果は、栄養やホルモン、酸素などの運搬を促進するだけではなく、アンモニアのような廃棄物を除去する)

…の増強よりも運動後の回復に一層効果的であると思われます。 その効果は、栄養やホルモン、酸素などの運搬を促進するだけではなく、アンモニアのような廃棄物を除去することによります。 高強度の無酸素性運動中には、アンモニアが産生することが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 副次効果 しかし近年、シトルリンリンゴ酸が筋力パフォーマンスを改善することが明らかになっています。 シトルリンリンゴ酸8gを1回投与すると、若年男性のフラットバーベルベンチプレス…

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

…称は一般的に、十分な回復時間をとらずに高い生理学的ストレスを受け続けることで生じると思われる慢性障害を指して用いられます。 オーバーユース障害 オーバーユース障害は通常、次の4つのステージに分けられます。 身体活動を行った後に患部に痛みが生じる 活動中に痛みにが生じるがパフォーマンスは制限されない 活動中に痛みが生じ、パフォーマンスが制限される 休息時も絶えず慢性的な痛みが生じる 若年の野球投手は成長軟骨を有するために、肘にオーバーユース障害を発症するリスクが高くなります。 …

ベタイン(BETの補給は、タンパク質合成に関与するシグナルタンパク質{Akt,p70,S6k,AMPKなど}を増やすことによって、タンパク質同化シグナル伝達を促進する)

副次効果 ベタイン(BET)は、メチオニン回路できわめて重要なメチル基を提供する役割も果たします。 この代謝回路では、メチル基が、ベタインホモシステイン基転移酵素によってBETからホモシステインへと移され、メチオニンが生成され、それがさらにS-アデノシルメチオニン(SAM:S-adenosylmethionine)に転換されます。 最終的に、SAMはクレアチン合成におけるメチル基寄与体として役割を果たしますが、この働きは爆発的エネルギーにとって重要になります。 しかし、BET…

野球における投球時の外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…努力の測定、投球腕の回復状態の評価、および骨棘発生と遊離体エントラップメントなど、肘関節のインピンジメントの病態の把握を行うことができます。 肘関節のROMAは、アスリートが側臥位をとり、肩峰突起と肘外側上顆を一直線にして、最大伸展位で肘関節をロックし、母指を上に向け(手関節の回外)、反対側の腕で頭部を支えます。 上腕骨の外側上顆(肘関節のほぼ中央)にゴニオメーターの支点を合わせ、ゴニオメーターの固定アームを上腕骨外側上顆から肩峰突起に合わせ、可動アームを橈骨に沿って橈骨茎状…

βヒドロキシβメチルブチレートと無酸素性運動(ロイシンの代謝産物であるHMBは骨格筋の損傷修復のスピードを速め、レジスタンストレーニング後の筋力やパワーおよび筋肥大を増大させる)

…が非鍛錬者の骨格筋の回復と筋力に好ましい効果を与えると結論づけていますが、トレーニング経験者を対象とした研究ではそれほど決定的な結論は得られていないため、非鍛錬集団に対するHMBの効果については多くの議論が行われています。 Wilsonらは、このような矛盾した結果が存在する理由をいくつか考察しました。 第一に、HMBを利用するアスリートは一般的に、期分けされた高強度トレーニングを行なっていないことが挙げられ、概念的には、筋損傷を誘発し、タンパク質の分解を促進するためには、アス…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

…異的フィットネスへの回復を目的とする、第三段階の伝統的な筋力トレーニングまで含まれます。 リハビリテーションの段階 第Ⅰ段階 第Ⅱ段階 第Ⅲ段階 リハビリの重点 DAPRE 持久力と筋肥大 筋力とパワー 目標 ROMの向上 (受動的) 第Ⅰ段階のエクササイズの継続 第Ⅱ段階のエクササイズの継続 筋力とパワーの向上 競技特異的な運動スキルの再導入 基本的な筋持久力の向上 筋持久力と筋量の増加 機能的な競技動作とスポーツ/活動への復帰 負荷の割合 %WW、アスリートが耐えられ、身…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

…もたらすため、傷害が回復するかどうかは、ローテーターカフ上部(棘上筋)および後部(棘下筋、小円筋)の筋力向上と、動的な筋バランスの修復にかかっています。 ローテーターカフの筋力とバランスに関するこれらの原則は従来、GH関節の不安定性からインピンジメントおよびローテーターカフの疾患まで様々な肩の傷害や手術に伴うリハビリの成否に関与します。 肩関節の安定性とリズム 肩関節複合体において重点を置くもうひとつの解剖学的領域は、肩甲胸郭関節になります。 肩甲胸郭関節は、胸郭上での肩甲骨…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるクライアントでは、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

…トはまだ筋力が十分に回復していないため、特定の筋群に照準を合わせたプログラムや、リハビリテーション中に増大した筋力を単に維持するためだけの定期的なプログラムから利益を得られ、リハビリテーションの後期でさえも、クライアントの肩の慢性症状やローテーターカフの関節症状が残っていることを前提とすると、肩関節は全体として脆弱性があります。 rTSA後の強化が適切であれば、総合的な肩の機能を改善し、そしてほとんどの場合80~120°の能動的な挙上を達成することを目的として、三角筋と肩甲骨…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

…ため、体幹回旋の早期回復は遠心力を増強すると考えられます。 それに関連して、体幹回旋の開始が遅い投手では、肩回旋トルクが小さくなることが明らかになっています。 上腕骨の肩筋群から生じる近位部のトルクが減少すると、上肢遠位部のトルクが減少すると、上肢遠位部の運動エネルギー作用が減少する可能性があり、その結果、弾性エネルギーの伝達量が減ることによって、外反負荷量速度が上昇し、安定化要求が低減されます。 サイドスロー投手は、肘の外反ストレスがピークに達する時点(レイトコッキング期お…

NO3-の補給によるパフォーマンス増強(NO3-の補給による利益は、上級アスリートよりも非鍛錬者から中程度の鍛錬者で最も効果が高いとされている)

…することにより、筋の回復に対する利益に関しては裏付けとなる広範囲なエビデンスがあります。 この効果は、時間が経過するにつれて弱まることに注目すべきであり、筋痛のレベルは運動後24時間経過するとプラセボ群とNO3-群の間で平準化されることが知られています。 www.nakajimabonesetter.com PJが筋力の低下を緩和する またPJは、高強度の伸長性エクササイズを複数回行った後に通常起こるとされる筋力の低下を緩和するとされています。 総合的にみると、BRJとPJに…

スタチン服用者へのトレーニングプログラム作成の留意点(筋痛を回避または最小化するために低量かつ低強度{≦60%}から開始し、十分な回復時間{セット間に約2分}を設けながら段階的に複数セットへと漸進させる)

…耐性に応じて、十分な回復時間(セット間に約2分)を設けながら段階的に複数セットへと漸進させます。 またトレーニング頻度も、適切な回復が行われる間隔(最低48~72時間)をおいて設定します。 そしてトレーニングプログラムの初期段階では、大きな力のかかる伸張性筋活動(ダウンヒルウォーキング、スティフレッグ・デッドリフトなど)は避けるべきですが、できる限りスタチンの服用開始前にトレーニングを始めることが重要になり、そのようにすることで、ミオパシーを回避するプレコンディショニング効果…

エナジードリンクと競技パフォーマンス(Red Bullは、注意力を向上させることにより、選択的反応時間や集中力や記憶力を向上、認知的パフォーマンスを改善させる)

栄養ドリンクが競技能力を向上させるのはなぜか? 栄養ドリンクは、ワークアウトの質や競技パフォーマンスを向上させる目的で、エクササイズの前や試合前の栄養補給として利用されることが多く、カフェインは長年にわたり運動能力増強物質として利用されています。 しかし、カフェインが効果が認められているのは、持久系競技においてになり、持久系競技においては、疲労までの時間が延長されることが報告されています。 このような疲労の遅延は、脂肪酸化を増加させ、それにより筋グリコーゲン濃度を保つことで、…

サッカー選手の競技パフォーマンスをうまく向上させる方法(強化する体力要素ごとに、トレーニング目的を負荷増大、維持、負荷低減のいずれかに切り替えるやり方が提案されている)

…ッション間に最大限の回復時間を設ける。筋力/パワートレーニングは技術/戦術の要求が最も低い日に処方する。 伸張性負荷:可能な範囲で伸張性負荷の低減を図る。ただし、トレーニングから完全に排除しない。 トレーニングの焦点:個々の体力要素ごとに、負荷増大、維持、負荷低減をスケジュールに合わせて切り替える。 失敗するまで行なうトレーニング:失敗するまで行なうトレーニングは避ける。 モニタリング:選手各自の「トレーニングの準備状態」をモニタリングし、必要に応じてトレーニングセッションを…

一酸化窒素とエクササイズにおける血流(血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっている)

…イズパフォーマンスと回復にどのような影響を及ぼすのか、あるいはそもそも影響を及ぼすのかどうかを見極める必要があります。 事実、高強度エクササイズにおける血流の至適再配分と充血は、主としてNO以外の機序によって促され、NOは脇役を務めるにすぎないことが示唆されています。 エクササイズと食事 エクササイズトレーニングと食事摂取に絶えず気を配ることが、体格の発達と身体能力における成功の大部分を左右します。 また、NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応と…

高速エクササイズとスピードとクイックネスを必要とするアスリート(生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっている)

スピード筋力のトレーナビリティ 高速エクササイズは、スピードとクイックネスを必要とするアスリートを対象とした筋力トレーニングの期分けプログラムに組み込むことが有意義であるとされています。 また、生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

野球においてバットスイングの重要性 野球は投げる、打つといった技術的な要素が強く関与するだけに、体力特性のみで競技パフォーマンスの良し悪しを比較するのは困難であり、実際、バッティング能力における先行研究においては、バットの軌道や下肢から骨盤の捻転動作などにおける力学的分析に関する知見は存在しますが、競技レベルが高い選手の体力特性や特に優れている運動機能、プロ野球選手の体格の推移などの体力科学的知見が若干あるだけになります。 www.nakajimabonesetter.com…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

…動を保証できるまでに回復するにはかなりの時間が必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 関節の保護 Boudreauらの論文によると、3つの主要な目標を掲げた4段階からなるリハビリテーションプログラムの概要を示しています。 目標は「関節の保護」、「三角筋の活性化」、そして「機能的な可動域の確立」になります。 最初の段階は、手術直後から始まり術後第6週まで続き、クライアントの多くが、肘と体側との間に補助枕(外転ピロー)を入れた状態で、三角巾をつけて…

メゾサイクル、マクロサイクルでのトレーニング計画(重要なのは、いずれの試合頻度の期間でも、レジスタンエクササイズを試合の前に実施しないことになる)

…72時間)に最大限の回復時間がとれます。 また、パワートレーニングセッションは木曜に実施し、試合前と筋力トレーニングセッション後にそれぞれ48時間の回復を確保します。 パワートレーニングセッションは、筋力トレーニングセッションに比べて生じる疲労レベルがはるかに低いと考えらます。 用いる外的負荷が大幅に小さく、量も少なく、また高速で動作するため、筋収縮の総時間がはるか少なく済むことが理由になります。 これを裏付けるように、Howatsonらは、最大筋力発揮能力の低下は筋力トレー…

先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力(先発投手は試合においてより長いイニングを受け持つために、より高いレベルの基礎有酸素性能力が必要になる)

酸素消費量の回復による2つの回復 上昇した酸素摂取量の基準値へ戻る速度が速いものと遅いもので2つの回復メカニズムがあります。 運動後の酸素摂取量は、運動のエネルギー要求に応じて使用されたエネルギー源の種類を表しており、その人の運動からの回復能力を推測できます。 EPOC(Excess Post-exercise Oxygen Consumption):運動後過剰酸素消費の数値はまた、運動後に必要な生理学的修復(構造タンパク質の形成、コラーゲンの合成、免疫学的機能)の程度を示し…

サッカーにおける1日のトレーニング計画(有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために計画する必要がある)

…ニングの間に最も長く回復時間を挟むことが推奨されています。 その場合、先行研究が推奨する回復時間は6時間以上ですが、これは、プロのサッカー競技においては現実的ではない可能性があります。 それでも、これらのトレーニング間に最長の回復時間がとれるように計画することは有益であると考えられています。 したがって、午後の有酸素性トレーニング実施後、選手が休息、チーム/個人単位のミーティング、および昼食に充てる時間を挟んでから、午後に筋力トレーニングをするのが賢明です。 www.naka…

タウリン(骨格筋の機械的な収縮閾値を引き上げ、細胞内膜の安定性を促進、筋小胞体からのCa2+の放出を増加させ力発揮を増大させる)

タウリンとは タウリンは心筋および骨格筋における生物学的利用能(Bioavailability)により、また摂食状態により、条件付きでのEAA(必須アミノ酸)になります。 タウリンは、アミノ酸に通常存在するカルボキシ基をもたない、イオウを含む抗酸化特性だけではなく、パフォーマンス増強効果があるとして、多くのエネルギードリンクに添加、また、動物や魚などのタンパク質源にも含まれています。 タウリンの骨格筋濃度は、非鍛錬者では乾燥重量で50mmol、持久系トレーニングを積んだ男性で…

トレーニング前の食物摂取(IMTGの貯蔵量は、タイプⅠ筋線維のほうがタイプⅡ筋線維に比べ、約3倍多く、またそれらの貯蔵量の脂肪分解は65%VO2maxで運動を行ったときに最も促進される)

食物摂取と熱作用 トレーニング前の食物摂取がエクササイズの熱作用を高めることにも注意を要します。 Leeらは、絶食状態と、グルコース(ブドウ糖)/牛乳を含むGM飲料摂取後の状態において、エクササイズの脂肪分解効果を比較しました。 クロスオーバーデザインで4回の実験条件を調査し、それはGM飲料を摂取した低強度、長時間のエクササイズ、GM飲料を摂取した高強度、短時間のエクササイズ、そしてGM飲料を摂取しない高強度、短時間のエクササイズ群に分け、被験者は10名の大学生で、同じ日に順…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(サッカーにおいては非線形のアプローチを採用しセッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが最も有益な解決策であると考えられている)

…に強度を漸増し、間に回復の週を挟むものですが(多くの場合、比率は3:1)、これは非線形ピリオダイゼーションプログラムよりも優れた結果をもたらすことが明らかになっています。 しかし、線形のピリオダイゼーションを試合が多く、スケジュールの変動しがちなシーズン中のサッカーチームに適用することは困難な可能性があります。 そのため、非線形のアプローチを採用し、セッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが、最も有益な解決策であると考えられます。 www.nakajimabon…

サプリメントとしての重炭酸ナトリウム(重曹の補給{0.3~0.49g/kgを投与}は、短時間の高強度エクササイズのパフォーマンスとトレーニングを向上させる)

…クササイズと最小限の回復時間で構成されたワークアウトを行うときであるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 重曹の利点 サプリメントとしての重曹の利用について要点をまとめると、Hoffman&Stoutは、重曹の補給(0.3~0.49g/kgを投与)は、短時間の高強度エクササイズのパフォーマンスとトレーニングを向上させるとされています。 しかし、この投与量は下痢、吐き気、嘔吐などの不快な副作用を伴いました。 これらの副作用を避けるために投与量を…

プロサッカーにおいてシーズン中は維持か向上か?(シーズン中の負荷設定によっては、疲労のレベルを高める可能性があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがある)

…があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがあります。 多量の負荷(例:多くのセット数とレップ数)も、高強度の負荷(1RMに近い負荷を用いて、レップ数とセット数は抑える)に比べて疲労を増大させる可能性があるため、処方を避けるべきです。 パワートレーニングは多角的な性質を有することから、力−速度曲線の全体を強化するには幅広い負荷を用いる必要があります。 バリスティックエクササイズの場合は0〜50%1RM、ウェイトリフティング系エクササイズの場合は50〜90%1RMを処方しま…

窒素性食物の中のフェノール化合物(窒素性食物の中には、フェノール化合物として分類される食物があり、それらは心臓血管や筋組織を保護することが知られている抗酸化物質になる)

…性エクササイズからの回復にプラスの効果を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com PJ(95%のエラジタンニン)を補給した研究 2セットの最大伸長性肘関節屈曲エクササイズを行わせた後、PJ(95%のエラジタンニン)を補給した被験者は、運動後、プラセボと比較して著しい筋力の回復を示し、この結果は後の研究でも確認されました。 しかし、PJ抽出物には、ビタミンCやビタミンEなど、類似の抗酸化特性を有する多くの活性成分が含まれていることを指摘しておくことは重…

プロピオニルL-カルニチンによるNOの増加(PLCとGPLCによる明らかなNO増加作用の機序は、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸オキシダーゼ活性の低下によって媒介される)

プロピオニルL-カルニチン(PLC)とは プロピオニルL-カルニチン(PLC)は、間欠性跛行の施術に用いられており、ヨーロッパでは処方薬になります。 PLCは、1日あたり6gの静脈内注射に反応して血中NOを増加させることが示されています。 グリシンプロピオニルL-カルニチン(GPLC)は、PLCとアミノ酸であるグリシンとが分子結合したものであり、現在は食品成分/サプリメントとして販売されています。 1日あたり4.5gのGPLCを経口摂取すると、血中NO(NO3-+NO3-によ…