Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

無酸素性競技のアスリートにとって長時間の有酸素性運動は必要か?(Pcrの再合成を促進して疲労に達する時間を引き伸ばし、筋の毛細血管を著しく増加させる)

…さず、しかも運動間の回復能力を向上させることで、短時間の無酸素性トレーニングから得られる効果を高めることができます。 エリスロポエチンと回復能力 トップレベルの陸上や競泳の短距離選手の中には、無酸素系アスリートであるにもかかわらず、エリスロポエチンのドーピング疑惑をかけられた選手もいました。 ※エリスロポエチンとは通常、長時間にわたって競技を行う持久系アスリートが、血液の酸素運搬能力を向上させるために使用される薬物になります。 ここで、ひとつの疑問は、一流の無酸素系アスリート…

格闘技競技における体重調整(水分補給状態を確認し、トレーニングによって起こる急性の体重減少、尿の色と重量オスモル濃度、ヘモグロビンとヘマトクリット値のモニタリングすることがパフォーマンスを低下させないことにつながる)

体重調整の方法 格闘技競技で慣例となっていることの一つに、体重調整の方法として選手が短期および長期の水分制限に依存する傾向があります。 この点を考慮すると、トレーニング前、トレーニング中およびトレーニング後に水分補給を推励するトレーニング分化を広めるために、コーチやアスリートの教育に重点を置く必要があります。 www.nakajimabonesetter.com

トレーニングのプログラムデザインと変数(マルチセットはより大きな過負荷をもたらすため、結果として、より大きな筋力向上をもたらす)

シングルセットVSマルチセット 最大限の筋力向上を達成するために、適切なセット数はいくつであろうか?最大限の筋力向上を生じさせるのはシングルセットなのかマルチセットなのか?という議論は頻繁に論じられています。 1960年代初頭にBergerは、大学生の初級アスリートを対象として一連の実験を行い、週3回のトレーニングを実施する場合、3~9レップ×3セットが筋力の向上には最適であると結論づけました。 さらにBergerは、最大反復回数(RM)によるトレーニングは週に1回しか必要な…

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法{RWL}が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

急速減量法が引き起こす徴候や症状 急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。 パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。 また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。 クライアントはただ不適…

低エネルギー供給率が月経異常と骨密度に関係する(エネルギーの不足により、視床下部からGnRHが抑制され、LHの正常な血中濃度が撹乱されると、低エストロゲン状態になり最終的に、不規則な月経周期や、月経が停止する無月経に陥る)

…加させることによって回復に向かう場合は、機能性視床下部無月経と呼ばれます。 ホルモンの撹乱が発生するということは、低エネルギー供給率が臨界値に達しているということになり、低エネルギー供給率が臨界値に達して、その状態が続くと、わずか5日間でホルモンの撹乱が生じます。 栄養不足と骨密度 栄養およびホルモンの不足は、最終的には骨の健康状態に影響を及ぼす可能性があり、特に骨の形成には、適切な量のカルシウム、ビタミンD、エストロゲン、その他の微量栄養素が欠かせません。 思春期には、骨格…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…激が過度である場合や回復時間が不十分である場合、あるいはその両方の場合は負の結果をもたらすことをジュニアスポーツ指導者は強く認識しておかなければなりません。 傷害発生予防のための注意点 ジュニアスポーツにおける傷害および傷害発生率要因を十分に理解し、特にオーバーユース障害の兆候を見逃さないようにする 子供の体力レベルはばらつきが大きいため、疲労を招くようなウォームアップを行わない ウォームアップ後、3~5分程度の休息を設け、回復してからメイン練習を開始する 練習は、長時間の集…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…時間以内に、試合後の回復を増進するためにスリーパーストレッチングを実施することにより軽減できるとされています。 スリーパーストレッチングのROMAでは、アスリートは床面につけた肩甲骨を安定させて側臥位をとり、一方、検者は肩関節が90°になるように屈曲させ、肘関節も90°に屈曲させて保持し、次に前腕を可動域の末端にまで徐々に(地面に向かって)内旋させます。 肩関節の内旋角度は、スリーパーストレッチングの姿勢における静止位置から可動域末端までの腕の角度と解釈されます。 ※可動腕は…

トレーニング年齢と量(初級クライアントに対しては、1つのエクササイズにつき6~15レップ×1~3セットの量で十分に筋力の向上が可能で、なぜならば、神経筋系のコーディネーションが向上し、筋内の運動単位の動員が増加するからである)

…度、エクササイズから回復速度が、ある程度決定されるからです。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング年齢を漸進するには 一般にクライアントのトレーニング年齢は漸進するにつれ、トレーニングの全体量の増加に対処する能力もまた漸進します。 通常、初級者とは、ストレングストレーニングの経験が6ヶ月以下のクライアントを指します。 中級者は6~12ヶ月、上級者は最低1年以上のストレングストレーニング経験を有するクライアントを指します。 エクササイズプログラムの…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

フィールドスポーツと陸上選手 第二の誤解は、フィールドスポーツでは短い距離の全力疾走だけが求められ、したがって、最大スピードに達するためにはより長い距離(50~60m)が必要である以上、トップスピードは達成されないというものになります。 Vescoviらは、27mのあとの9.1mのスプリットタイムが変化しないことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピ…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

…理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息を摂る事を前提に組まれています。 化学的な裏付けはありませんが、投球練習とトレーニングセッションを同じ24時間内の別々の時間に行う場合(プロ野球やサマーリーグ野球でこのようなことが起こる)、トレーニングと投球練習との間に最低6時間の休息を設けて、短期的なエネルギー回復(クレアチンリン酸の補充と乳酸除去)を図ることが推奨されています。 夜の試合のために、投手は午前中と午後早い時間にトレーニングを行う必要があります。 実戦の前…

睡眠に関するアスリートの認識の向上の重要性(睡眠に関する認識の向上は、認知的パフォーマンスと身体的パフォーマンスのどちらとも関連しており、競技パフォーマンスにとって重大な意味を持つ)

アスリートの回復方法 エリートアスリートは、トレーニングや試合からの最も効果的な回復方法を絶えず探しています。 生理学的および心理的回復を促す実用的介入として、睡眠衛生方策による睡眠(量と質)の改善が挙げられます。 しかし、睡眠は回復の重要な側面であるとみなされているにも関わらず、エリートクラスの競技における実戦方法の情報は、他の回復方法と比べて多くありません。 www.nakajimabonesetter.com 睡眠の質の改善 Tengらは、睡眠の改善と、特に睡眠に関する…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

回復の個人差 トレーニングと投球セッションの間の回復時間は非常に個人差が大きくなります。 回復力は、選手に処方されるエクササイズの様式、強度、継続時間、および量に影響されます。 使用されるエネルギー源、微細損傷への抵抗性、神経の動員、トレーニングステータスおよび栄養などの要素があいまって、代謝の神経筋の回復に必要な時間の長さが決まります。 www.nakajimabonesetter.com 投球に用いるエネルギー供給系 Potterigerらの研究が示すところによると、投球…

睡眠の推奨基準(1日に4~6時間のトレーニングを実施するエリートアスリートには、10~12時間の睡眠時間が必要になる)

…や試合のストレスから回復と修復を促すには、より多くの睡眠時間を必要とします。 例えば、青少年アスリートが高負荷トレーニングを実施する場合は、1日10時間の睡眠を必要とすると考えられます。 しかし、Scottらによると、1日に4~6時間のトレーニングを実施するエリートアスリートには、10~12時間の睡眠時間が必要になると述べています。 いずれにせよ、アスリートが翌日眠気を感じずに、機敏でいられる睡眠時間を確保することが適切なアプローチとなります。 www.nakajimabon…

膝関節置換術後の機能的転帰に影響を及ぼす因子(機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがある)

…側の大腿四頭筋の筋力回復が、残念ながら術前レベルに留まることが多く、そのため、UTKRを受けたクライアントは苦痛を訴えることは少ないものの、機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがあります。 これらに加え、UTKR後30日以内では、機能的な活動中の非術肢の負荷が増大し、座位から立位へと姿勢を変える際に、クライアントが非術肢に繰り返し大きな負担をかけ、これは手術後1年に及んで繰り返されます。 非術肢側への負担 日…

急速減量法が及ぼしうる副作用(体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まる)

急速減量法(RWL) 急速減量法(RWL)は、生理的、心理的に多くの影響を及ぼすことが考えられており、特に深刻な影響を及ぼしうる副作用は、重度の脱水になります。 体重のわずか2%の水分喪失で、精神疲労、眠気、悪心、嘔吐、および無気力などの症状が生じうることが明らかになっており、極度の脱水状態では、暑熱関連疾患、入院、さらには死亡のリスクが高まります。 1997年には、大学レスリング選手3名が、試合前の減量に伴う高体温症と脱水により死亡する事例が発生しています。 また、それほど…

30-15間欠的体力テスト(最終的な到達速度{vIFT}はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係がある)

…さらに、15秒という回復時間は、ホスフォクレアチンなどのエネルギー基質の完全といはわないまでも次動作にとって十分な回復を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com 生理学的応答 40mのシャトルの距離は20mシャトルと比較すると、血中乳酸濃度の低下に役立つと考えられています。 方向転換能力がシャトルのスピードに及ぼす影響により、走時間から0.7秒の値を各方向転換から差し引きます。 例えば、11.5km/時の速度で走ると直線では30秒で96m進むことに…

Yo-Yo間欠的回復テスト(スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成された)

Yo-Yo間欠的回復テスト Yo-Yo間欠的回復テスト(YYIRT:Yo-Yo Intermittent Recovery tests)は、スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成されました。 テストは、各アスリートの体力レベルに応じて、低い場合の「レベル1」(YYIRT1)と高い場合の「レベル2」(YYIRT2)が用意されています。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yo間欠的持久力テスト Yo-Yo間欠的持久力テスト(Yo…

膝関節置換術後に機能的パフォーマンスを向上させる戦略(通常の施術を受けたクライアントと比較すると、特異的レジスタンストレーニング、またはレジスタンストレーニングとNMESの併用を処方されたクライアント群は、時限性の動作テストにおいて速度で勝り、大腿四頭筋による等尺性筋力が大きくなる)

…た場合、同様の機能的回復が手術後最大12週間まで報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Petterson SC.Mizner RL,Stevens JE Paisis L,Bodenstab A,NewcombW,and Snyder-Mackler L,Improved function from progressive strengthening interventions after total knee arthropla…

トレーニングと一酸化窒素:NOの生理学(血小板粘着や白血球付着を低減し、平滑筋の細胞増殖を抑え、神経伝達と筋萎縮/肥大を調節し、衛星細胞の増殖を刺激し、血流と免疫防御を向上させる)

…、エクササイズからの回復も向上させ、筋肥大をもたらします。 一酸化窒素とエクササイズ エクササイズトレーニングと食事摂取に絶えず適切に気を配ることが体格の発達と身体能力における成功の大部分を左右します。 また、NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応としてとして増加することも理解するべきとされています。 十分なトレーニング経験者は、非活動的な人に比べ、安静時循環NO濃度が高い可能性があり、このような傾向は、NOそのものは半減期がわずか3~4秒である…

競技のための一酸化窒素補給(一酸化窒素:NOは、平滑筋の血管弛緩をもたらすことが発見された為、当初は内皮由来血管弛緩因子と呼ばれていた)

…1点、すなわち最適な回復の為の適切な睡眠その他のライフスタイルが、目標達成の可能性の90~95%まで左右するといわれています。 そして、栄養補助食品は、アスリートをその少し先へ進ませる可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 一酸化窒素 一酸化窒素(NO)は、平滑筋の血管弛緩をもたらすことが発見されました。 その為、当初は内皮由来血管弛緩因子と呼ばれていました。 NOは、一酸化窒素合成酵素として知られる酵素群により、アミノ酸の一つであるL-アル…

最大超トレーニングのための走速度の設定(高強度での疲労困憊までの時間は、vVO2maxよりも無酸素性速度予備力とより強い相関関係がある)

…産生が十分に運動中の回復プロセスを助けることができないために、休息中に疲労が生じることを意味します。 vVO2maxと最大スプリント速度の独立した変化およびそれらが無酸素性速度予備量の計算に及ぼす影響により、無酸素性速度予備量だけでは反復スプリントの平均タイムを改善を予測できないことが報告されています。 したがって、vVO2maxに無酸素性速度予備量の割合(%)を加えることによってトレーニングを個別化することが、無酸素性体力の向上にとって有益であると思われます。 vVO2ma…

股関節形成術後リハビリテーション後のエクササイズ(身体の正中線を超えて股関節の内旋や内転を同時に行うことは避け、外旋筋群の強化は股関節の安定性とパフォーマンスにとって重要である)

…トの正常な身体機能の回復を手助けできます。 股関節外転筋を目標とする場合、前額面(股関節の屈曲0°)で行うエクササイズが水平面で行う運動(屈曲90°)より望ましいとされています。 それは、後者では力学的有意性が変わり、外旋筋が外転筋より優位に働き、理論的には股関節が同時に屈曲、内転、内旋した位置に置かれ、クライアントが脱臼を起こしやすくなるからです。 立位での外転運動はトレーニング効果を最適化するために、ケーブル、バンド、マシーンおよびアンクルウェイトを使用し行うことが推奨さ…

睡眠と回復(アスリートに疲労や倦怠の主な原因を問うと、最大の問題として睡眠{質と量}が挙がるだけではなく、一時的疲労の重要な要因としてもやはり睡眠(質と量)が1位に挙がると報告している)

…トレス、疲労、そして回復のバランスに焦点を当てていくことといえます。 www.nakajimabonesetter.com ストレス/疲労状態を回復する睡眠 Kentta&Hassmenらのよるとストレス/疲労状態とは心理的・社会的・生理的な統合現象であり、心理的、社会的、そして生理的要素がこの状態に非常に大きな影響を与えます。 そのためアスリートには、回復を促進することで、ストレス/疲労状態が緩和できる方策が必要になります。 そして、その方法のひとつは睡眠になります。 しか…

トレーニング後に適切な栄養摂取を行うこと必要性(糖質-タンパク質摂取によりミオグロビンとクレアチンホスホキナーゼの血中への出現が減少する)

…れず、グリコーゲンの回復を数日間にわたって制限することになります。 www.nakajimabonesetter.com Batyらの研究 Batyらの研究によると、糖質-タンパク質のサプリメントをレジスタンスエクササイズの実施前、実施中、および実施直後に摂取した場合、運動中および運動後にみられるミオグロビンとクレアチンホスホキナーゼ(CPK)の血中への出現が減少しました。 これらのタンパク質は骨格筋に存在し、筋損傷が起こると血液中に漏れ出します。 上記の研究は、糖質-タンパ…

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

…酸素性能力と持久力を回復し、生活の質を向上させることができるように、心臓血管系の強化を狙ったエクササイズを実施することが有益とされています。 特異性の原理に従うと、特に、歩行を中心とするトレーニングは、HA後のクライアントの正常な歩行運動を回復し機能的能力を復活させる上で適しています。 www.nakajimabonesetter.com 早期回復段階のエクササイズ エクササイズに関連した心臓血管系の変化を直接評価した研究は少なく、Hesseらは、HA後の早期回復段階の被験者…

亜硝酸塩の摂取(血中硝酸塩を増加させることは、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されている)

…補給も増加するため、回復を促進する可能性もあります。 このような潜在的理由から、一酸化窒素の産生促進効果があるとされるL-アルギニンのサプリメントの人気は、この10年間で特に高まってきています。 しかし、研究では、L-アルギニンの摂取により血管拡張が増大することは裏付けられていません。 対照的に、ビーツジュースなどの硝酸塩濃度の高い食物を摂取することは、血中硝酸塩を増加させ、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されて…

成長ホルモン(筋細胞の受容体との相互作用の強化をもたらし、筋線維の回復を促進し筋肥大反応を刺激する)

…をもたらし、筋線維の回復を促進し筋肥大反応を刺激するとされます。 GHはまた、トレーニングによって起こる局所的なIGF-1の発現増加にも関わっていると考えられ、高強度エクササイズと組み合わせた場合、GHの放出は筋のIGF-1遺伝子を著しく増加させる上方制御に関与し、その多くがMGFアイソフォームに接合されます。 GHアイソフォーム GHはこれまで、100以上のアイソフォームが見つかっています。 しかし、レジスタンストレーニング研究の大多数は、例外なく22-kDaアイソフォーム…

ロッククライミングの生理学的要求(握力の持久力低下と相関しているクライミング中の血中乳酸濃度は3~10mmol/Lに達すると報告されている)

…ーはそこで有酸素的に回復し、チョークを手につけ、次のムーブを計画します。 ただし、クライミング中の休息時間の長さは個々のルートの状況によって異なり、例えば、簡単なホールド(壁にとりついた状態を保つのに高強度の等尺性筋活動を必要としない)の上では30秒以上休息するかもしれませんが、すべてのホールドが高強度の等尺性筋活動を要するような高難度のルートで休息する場合は、登攀することに最大限の代謝エネルギーを費やすために、チョークをつけるのに使う時間を最小限に抑えがちになります(例えば…

収縮特性と年齢(子どもの単収縮の時間(2~16歳、n=19)はすでに成人と同じ範囲になり、同様の観察結果が筋横断面積に対する筋力の割合に関してもみられ、これも子どもの収縮特性がすでに成熟に達していることを示す証拠とされている)

収縮特性と年齢 若干の収縮特性は、年齢とともに向上しますが、その他の筋の収縮特性は幼児期までにすでに成熟に達しているとの仮説があります。 McComasらの観察によると、子どもの単収縮の時間(2~16歳、n=19)はすでに成人と同じ範囲になり、同様の観察結果が筋横断面積に対する筋力の割合に関してもみられ、これも子どもの収縮特性がすでに成熟に達していることを示す証拠とされています。 www.nakajimabonesetter.com

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

… 肘の傷害からの回復には、平均3ヶ月のリハビリテーションが必要であり、その間のスポーツへの参加は禁止されており、成人のUCL(内側側副靭帯)を断裂した場合、回復には1年必要になります。 成人は骨端軟骨の炎症や動揺よりもむしろ靭帯の損傷が起こりやすいために、外反ストレスに対する反応が異なります。 外反ストレスに対するUCLおよび肘関節内側の筋組織の反応を検証した死体研究では、UCLは主要な静的スタビライザーであるとされ、90°に肘関節を屈曲した際にかかる外反負荷の50%に耐える…