Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

主観的情報の収集と理解(カウンセリングは構造および機能を理解するうえで重要な情報であり、過去の傷害の原因となる機能不全・アンバランスを知ることもできる)

スポーツパフォーマンステストの概要 主観的情報の収集と理解 アスリートの目標、運動能力、ニーズを探し出し、競技に参加できる状態かを確認します。 例:PAR-Q(Physical Activity Readiness Questionnaire)カウンセリング等。 運動をどの活動レベルから始められるかを確認します(※心肺機能障害がないかを確認するためにも実施)。 www.nakajimabonesetter.com

アネロビックキャパシティー(30秒から10分程度で疲労困憊に至る運動では、運動時間が長くなるにつれて総酸素借が多くなり、そのピークが2~3分程度で疲労困憊に至る値を最大酸素借という)

アネロビックキャパシティーとは アネロビックキャパシティー Hermansen博士は、酸素需要量を測定できない超最大強度(最大酸素摂取量よりも高い強度)の酸素需要量を最大下の強度における運動強度(走運動であれば走速度{m/min}、自転車エルゴメーターならワット)と酸素摂取量の直線関係から、外挿し、酸素需要量を求めました。 www.nakajimabonesetter.com

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

インディバアクティブセラピー

…優れていてケガの早期回復やリハビリテーションとしてとても効果を発揮します。 世界中のアスリートも使用している治療機器です。 インディバアクティブとは インディバは0.44MHzという、安全で効果の高い周波数帯を使用し、容量の多い高周波電磁波エネルギーを体内に透過させられるのが特徴です。 高周波を体内に通電させることで組織中の分子(イオン)の移動による摩擦運動が起きるため、熱(ジュール熱)を発生します。 つまり、体の内部から熱を作り出すので、従来困難といわれてきた深部・局部加温…

歩行、ジャンプ走行などのプライオメトリックス(人が移動運動を行なう際には、収縮要素(CC)、直列弾性要素(SEC)、並列弾性要素(PEC)の3つの要素が相互に作用して、効率的な運動が生じる)

プライオメトリックトレーニング 人が移動運動を行う際の要素 歩行、走行、ジャンプなど、人が移動運動を行なう際には、収縮要素(CC)、直列弾性要素(SEC)、並列弾性要素(PEC)の3つの要素が相互に作用して、効率的な運動が生じます。 例えば、CMJの最初の伸張性局面では、CCが活性化し、SECとPECが引き伸ばされ、結果として弾性エネルギーが貯蔵されます。 それに続く短縮性筋活動では、CCで産生される収縮力と合わせて、蓄えられた弾性エネルギーが使われます。 www.nakaj…

プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因とされ、神経筋および神経内分泌系の適応を促し、除脂肪体重を増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にする)

…方した負荷に応じて、回復や無負荷を考慮して強度を変化させます。 たとえば、クリーンやスナッチを完全な形(スクワット姿勢でバーをキャッチする)で実施すると、負荷が大きくなりますが、パワースタイルのバリエーションは、負荷が小さく、したがって、高速度、高パワー出力での実施が可能になります。 またテクニックを改善し、トレーニングへの興味を維持し、停滞を避けるためにも、その他のバリエーションも含めます。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期における準備的…

高校生アスリートのためのシーズン中のトレーニング目標(最大筋力を維持し、パワーと高速の力発揮に転換し続けること)

…ションの合間に十分な回復期間を確保するため、連日を避けて週2、3回行うことが望ましく、さらに、頻度だけではなく、トレーニングの量や強度も重要になります。 量とは実際に行った仕事量の合計であり、強度とはエクササイズに使われた抵抗の度合を意味し、シーズン前にトレーニングの量を減らすと同時に強度を高める方法は、スポーツで一般的なトレーニング戦略の一つになります。 特にトレーニングの強度はレジスタンストレーニングプログラムで最も重要な構成要素の一つになりますが、エクササイズのテクニッ…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

…ング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレーニングの継続時間が短いことと、連続的な有酸素性エクササイズを上回る大きな適応が生じることに…

グルクロノラクトン(グルクロノラクトン300mgを含むエネルギー飲料の補給を1回限りしたことにより、合計挙上回数とレップ数の総仕事量が増加し、タンパク質同化ホルモンステータス(GHとインスリン)の増加とも関連づけられた)

…物の除去を通して疲労回復を促進する可能性があるといわれています。 グルクロノラクトンはエナジー飲料に多量に含まれているため(レッドブルの1回摂取量当たり600mg)、グルクロノラクトンの補給に関する大多数の研究はエネルギー飲料を補給する方法で行われます。 www.nakajimabonesetter.com タンパク質同化ホルモンステータスとの関係 レジスタンストレーニングの鍛錬者の男性は、グルクロノラクトン300mgを含むエネルギー飲料の補給を1回限りしたことにより、合計挙…

ウェイトリフティングの生理学的変化(ウェイトリフティング選手は、非鍛錬者よりも一層多くの機械的仕事を行い、より高い血中乳酸濃度に達することができる)

…エネルギーのリン酸を回復できるように、回復時間の長さと併せて、トレーニング活動の強度と持続時間を調節する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度エクササイズと血中乳酸濃度 高強度エクササイズを十分な回復時間を伴わずに反復すると、血中乳酸濃度が高まり、やがて最大発揮パワーが抑制されることになります。 したがって、あらゆる競技では、短時間に回復する能力が圧倒的に重要になります。 興味深いことに、トレーニングを積んだウェイトリフティング選手は、…

水分補給とバゾプレッシン(水泳時には、水圧による昇圧反射がバゾプレッシン分泌を抑制する)

…れています。 ※回復過程での代謝物を尿中に排出するために水分が不足しないようにするためです。 大量に脱水した場合の水分補給には、ナトリウムが必要になり、運動後に食事をする場合は通常、脱水状態の回復に必要なナトリウムは食事から摂取できると考えます。 しかし、運動後に食事をしない場合は飲料にナトリウムを含んでいる必要があり、飲料に必要なナトリウム量は約40~80mg/100ml、食塩換算で0.1~0.2%になります。 www.nakajimabonesetter.com バゾプレ…

バーナー症候群(バレ・リュウ症候群)

…識障害(6時間以内に回復する)と記銘力・見当識障害を特徴とします。 受傷時の記憶がなく、人・時・場所の見当識が障害されることが多いです。 記銘力障害のため同じ質問を繰り返すこともあります。 頭部CTでは異常が指摘されず、後遺症もなく回復することが通常です。 www.nakajimabonesetter.com 脳・脊髄外傷の治療 (新NS NOW 14) 作者: 菊田健一郎 出版社/メーカー: メジカルビュー社 発売日: 2018/05/24 メディア: 単行本 この商品を含…

アキレス腱障害と伸張性トレーニング(腱の疼痛知覚を低下、細胞間情報伝達を通じてコラーゲン沈着、基質成分回復を促がし治癒を向上させる)

…ーゲン沈着と基質成分回復を促して治癒を向上させます。 さらに、伸張性トレーニング後のアキレス腱には知覚神経ペプチドが見出され、これは炎症反応を促進し、血流を増加させ、したがって、腱の治癒を促す可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Alfredson H,The Chronic painful Achilles and patellar tenon Research on basic biology and treatment .…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…、特に「休養する」「回復させる」という側面は軽視されがちであり、その結果、オーバーユース障害を引き起こす可能性が高くなります。 オーバーユース障害には内的因子と外的因子があり、子供や青少年におけるオーバーユース障害の約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強いことを指導者は理解することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com ジュニアスポーツにおけるオーバーユース障害因子 内的因子 解剖学的なアライメント異…

水分補給(アスリートは、ホルモン分泌、アルドステロン系の刺激、交感神経、腎溶質と水分排出量の影響を理解することが重要)

水分補給 水分と人体 水は人体の最大の構成成分で、人体の容積の60%を占めています。 ※例えば、筋肉は約73%、血液は93%、脂肪は10%の水を含んでいます。 水は恒常性に不可欠であり、生理学的および生化学的機能に重要な役割を果たしています。 1日の必要水分量や身体が水分補給状態を維持する能力には、多くの要素が影響を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com

性別と年代における筋疲労の蓄積(思春期の男子は成人男性よりも疲労耐性が大きいのに対し、思春期の女子(思春期半ば14~15歳)と成人女性の間には差がないことが明らかになっている)

…欠的エクササイズ中の回復力になります。 思春期直前の子どもたちは1回から数回の反復的高強度運動に対しては、思春期の若者や成人よりも急性疲労に対する抵抗性があります。 正確なメカニズムは知られていませんが、子どもの筋量は成人よりも少ないため、高強度エクササイズ中に発揮するパワーの絶対値も低く、さらに思春期が始まって以降は、高強度の間欠運動中の疲労抵抗性には、成熟度と性別の重要な相互関係があります。 www.nakajimabonesetter.com 各々の疲労耐性とは 思春期…

水分補給状態が生理学的機能と運動パフォーマンスに及ぼす影響(体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じる)

…べて有意に高くなり、回復速度が遅くなりました。 同様に、脱水がレジスタンスエクササイズに及ぼす影響を調査した研究では、体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じました。 このようなフィールド研究でと実験室研究の不一致は、水分補給がパフォーマンスに及ぼす影響についても認められています。 ACSM(アメリカスポーツ医学会)では、運動と水分補給に関する見解の中で、パフォーマンス低下を防ぐために、2%以上の体重減少を避けることを推奨しています。 ww…

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

水分補給 脱水とは 脱水とは、体水分正常時の体重の2%が失われた状態と定義され、競技パフォーマンスに悪影響を及ぼします。 脱水はパフォーマンスに多大な影響を及ぼす可能性があり、特に暑熱環境下(熱中症)においてそれが懸念されます。 また、脱水は、筋力や持久力、コーディネーション、知力、および体温調節過程に減退効果や悪影響をもたらすと考えられています。 運動中の水/水分の喪失は、多くの変数の影響を受け、発汗率は個人差が大きいために、万人に適用される水分補給の推奨基準はありません。…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…イズ-30秒の積極的回復)、反復スプリントトレーニング(RST:repeated sprint training)(例えば30秒×10セットで30秒の回復を挟む)、あるいはスモールサイドゲーム(SSG:small side games)(例えば、3対3でハーフコートで行なう3分×5セットとのバスケットボール)になります。 機能的方法と関連づけて、直線スプリントを反復スプリント能力(RSA:repeated sprint ability)を高めるために行なうこともできます。 チ…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…分程度の休息を設け、回復を図った後にチーム練習を開始することが推奨されます。 ウォームアップ以外のメイン練習や体力トレーニングにおいても、最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)年齢に達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高めるだけではなく、運動学習効果の低下にもつながり可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com ジュニアスポーツにおけるオーバーユース障害因子 内的因子 解剖学的な…

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

筋力とパワー発揮 筋力の最大化とパワー発揮 筋力の最大化は、パワー発揮能力の最大限の向上を計画された、あらゆるトレーニングプログラムにおいて明らかに重要な要素になります。 しかし、十分な筋力レベルが実際にいつ達成されたかを判断すること、そしてトレーニングの重点をいつ、より専門的なパワー発揮能力の向上を含むトレーニングに移すのかを決定することは難しい場合が多く、研究文献を慎重に考察すると、その目安としてスクワットで体重の2倍挙上できるようになれば、筋力の劣るアスリート(体重の1…

サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられる)

…能動的あるいは受動的回復が行われ、一瞬の動作が、試合の勝敗を決するものになりうります。 したがって、短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する、そしてそれと同時にテクニカルな動作を行うことがサッカーにおける身体能力の尺度として妥当であると考えられます。 選手はこれらの激しい課題を繰り返し実施できなければならず、例えば、攻撃においてスプリントをしては直ちに守備位置へ戻ることを繰り返す際、消耗されたアデノシン三リン酸の回復効率が高いほど、その後のスプリントが最大に近くな…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

テストと休息時間 テストの順序と休息時間 運動生理学、特に生体エネルギー機構に関する知識は、テストの順序と休息時間を適切に決定することに役立ち、これによってテストの信頼性を高めることができます。 コーディネーションが必要な動作や、「フォーム」への注意を要求するような技術度の高い課題を求めるテストは、疲労をもたらすテストによって結果が歪曲されないように、先に実施します。 National Strength and Conditioning Association(NSCA)は、…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

有酸素性能力 身体能力テストとゲームパフォーマンス ストレングス&コンディショニングプログラムを開始する前に、あるいは試合前、すなわちオフシーズンかプレシーズン中に(基準値を測定するため)身体能力テストを実施することはきわめて重要になります。 アスリートの進歩を評価して、必要に応じてプログラムを変更するためには、シーズン中に複数回のテストを実施することが望ましく、試合期に実施するには、疲労がテストにもゲームパフォーマンスにも影響を及ぼさないように、試合前後2日以内はテストを実…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…IR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)は、どちらも信頼性と精度が高く、再現可能なテストであり、サッカーの競技特性、ならびにスポーツにおける選手の身体能力の詳細な分析を可能にすることが、研究者たちによって保証されています。 ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプは、選手に応じて選択するとよく、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 www.nakajimabonesetter.com YYIEテストとYYIRテスト …

統合的神経筋トレーニング(INT:integrative neuromuscular training)

…ーニングは、傷害から回復力の向上と競技および運動スキルのパフォーマンス促進を目的に、一般的な課題(基本的運動)および特異的なストレングス&コンディショニング課題(レジスタンス、バランス、アジリティ、プライオメトリックスなど)を組み込んだトレーニングプログラムになります。 また、このトレーニング介入モデルは、スポーツパフォーマンスと傷害予防に対する統合的な視点を確立するために、スポーツの状況下でアスリートの知覚的、認知的な能力を開発することも意図してます。 www.nakaji…

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

… スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定されることが多くなります。 被験者はどのレップも全力で走ることを要求されます。 研究者が提案するテスト距離には20mから40mの幅があり、レップ数にも6回から15回の幅があります。 Balsomらは回復時間を30秒以上にすると、スプリントパフォーマンスの全構成要素、特に加速の測定を目的とするこのテストの妥当性が、低下することを見出しました。 このテストによって得られたデータを分析することによ…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

…かもテスト間に十分な回復時間を設けられるように、時間を最大限に活用して実施することが重要になります。 この目的のためには、臨床検査よりも、競技特異的フィールドテストのほうが適切になります。 なぜならば、後者で必要とされる器具は基本的なもの、あるいは器具を必要としないからであり、フィールドテストはコーチにも選手にもよく利用されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the As…

プライオメトリックスによる収縮性フィラメントと構造タンパク質(クロスブリッジが保持される時間は、15~120ミリ秒の範囲であると推測されているため、エネルギーはその結合が分離した瞬間に失われるため、クロスブリッジ構造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要がある)

…造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要があります。 反対にFleck&Kraemerは、償却局面が30ミリ秒の範囲内であると推定されるため、あまりにも長すぎてクロスブリッジの保持からはいかなる有意な貢献も得られないと仮定しました。 したがって、彼らは、SSC現象の原因としてクロスブリッジに代わるメカニズムが存在していると示唆しています。 しかし、Boscoらは、速筋(FT)線維と遅筋(ST)線維ではクロスブリッジの保持時間に違いがあり、両線維の…