Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

生体エネルギー論 無酸素性エネルギー供給機構 最大パフォーマンスを維持するには、エネルギーを利用する身体能力を向上させることがきわめて重要になります。 エネルギー利用効率を平行して増加させなければ、最大パフォーマンスによる高エネルギー要求を持続的に満たすことは不可能であり、したがってパフォーマンスを低下させることになります。 アデノシン三リン酸(ATP)は身体の一時的エネルギー源であり、無酸素的および有酸素的代謝によって産生、補給されます。 無酸素的エネルギー供給機構には、ホ…

伸張-短縮サイクル:SSC(伸張反射による短縮性筋活動が生む収縮力が増強され、この反射は運動神経の興奮レベルと動作の振幅の小ささに影響する)

伸張-短縮サイクル:SSC 伸張-短縮サイクルパフォーマンスのための伸張性トレーニング 筋が抵抗に打ち勝つことを求められる際(短縮性筋活動によって収縮することを求められるとき)、それを実行する能力は、短縮性筋活動の前に伸張性活動が行われているかどうかにより決まるとされています。 短縮性筋活動だけによる発揮筋力は、先行的に伸張性筋活動を伴う短縮性筋活動よりも低いことが研究によって示されています。 www.nakajimabonesetter.com

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

アジリティテスト スピード、加速、アジリティのテストとは スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。 40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが10および20ヤードスプリントを用いています。 1年のどの時期に当たるか、また選手達のやる気やコーチ陣の意向にもよりますが、ときには10/20ヤードのテストを1,2回行うこともあります。 方向転換の能力を評価するものとし…

Yo-Yo Intermittent Enduranceテストとは(Yo-Yo IEテストは、Yo-Yo IRテストと同様に間欠的に20m区間の往復ランニングを行なう)

…運動しながらも素早く回復することが求められます。 BangsboらはmYo-Yo IRテストがみる”Intermittent Endurance”に対して、Yo-Yo IRテストは”Intense Intermittent Exercise Capacity”と称しており、「間欠的運動能力」とされています。 いずれにせよ、サッカーにおいては、単に休息を挟みながら、間欠的に運動を繰り返すことだけではなく、”高強度”運動を繰り返すという点が重要になります。 www.nakajim…

筋の適応の最大化と有酸素性運動(有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献している(30秒間の短いスプリントでは20%))

…om 有酸素性能力と回復 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するといった点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさによって決定されるため、「運動の再開」に要する時間を短縮することはトレーニング全体の量と質を高めることになります。 すべてのエネルギー機構は運動様式や運動の持続時間とかかわりなく、継続的または相乗的に機能しているため、有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献しています(…

長距離選手の筋力向上のメリット(筋力の向上により接地時間の負荷局面中に適用される相対的な力(%max)が減少、それにより力発揮代謝要求が減少、付加的な仕事に利用できる予備の運動単位が生じる)

長距離選手の筋力向上のメリット 筋力およびパワートレーニングはREを向上させるか? 筋力の向上は、有酸素性持久的パフォーマンスを向上させる可能性があります。 根拠として、筋力の向上によって接地時間の負荷局面中に適用される相対的な力(%max)が減少し、それによって同じ力発揮に対する代謝要求が減少して付加的な仕事に利用できる予備の運動単位が生じるからです。 www.nakajimabonesetter.com

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

プライオメトリックトレーニングの実施 プライオメトリックスとランニングパフォーマンス プライオメトリックストレーニングは爆発的な形式の筋力トレーニングであり、爆発的な動作を用いて筋パワーを向上させます。 プライオメトリックスエクササイズでは、素早い伸長性動作から短い償却局面を経て爆発的な短縮性動作を行い、伸長-短縮サイクルにおいて共同筋に伸張反射を起こさせます。 このトレーニング様式は、筋肥大を抑制しながら力の立ち上がり速度を向上させるといった、特異的な神経筋の適応を起こすこ…

サッカーにおける心拍計の活用(シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心拍数は異なるので、運動直後の回復力(乳酸クリアランス)に注目する)

…高強度の運動を少ない回復時間で何度も繰り返す間欠的な持久力が要求されます。 乳酸クリアランスなどを向上させる体力作りがサッカーの競技場面で必要な能力の向上へと繋がります。 www.nakajimabonesetter.com コンディションにより最大心拍数が異なる 例えば、3ヶ月間、定期的にテストを行ない、心拍数の記録を取ります。 シーズンの時期やその日のコンディションによって最大心拍数は異なるので、運動直後の回復力に注目します。 テスト終了から1分間に再び心拍数を計り、運動…

酸素摂取量および運動に対する有酸素性代謝と無酸素性代謝の貢献

…運動前の状態に身体を回復する為に利用されます。 酸素負債とEPOCの間には弱いあるいは中程度の相関関係しかないことが報告されており、酸素負債はEPOCの大きさに影響を及ぼすかもしれませんが、両者は同じものではありません。 運動強度が個人の最大酸素摂取を超えるような場合は、無酸素性機構がエネルギーの大部分を供給します。 例えば、もしそういった身体活動に慣れていないクライアントが上級者に飛び入りした場合、ほとんどのエネルギーが無酸素性機構から供給されることになります。 一般に、運…

ハムストリング損傷のリスク因子(ハムストリング挫傷はランニング中に発生し、一般に走行サイクルの遊脚末期に発生する)

…ハムストリング挫傷は回復にかなり時間を要することが多く、再損傷する可能性が長期間におよびます。 文献において報告されている再発率は、調査対象、利用された介入、およびフォローアップ期間に応じて異なります。 オーストラリアンフットボール選手を対象として858件のハムストリング挫傷を分析した結果、競技復帰後1週間の再発率は12.6%、競技復帰後2週間後で8.1%になりました。 また、22週間の全シーズンにおける累積再発率は30.6%であり、1年間の再発率7.7%と低い数値を報告する…

ジャンプエクササイズと素早く力を発揮する能力(プライオメトリックエクササイズと比較すると、これらの運動は力-時間曲線の初期の傾きを大きくし、素早く力を発揮する能力が向上する)

…ドトレーニングでは、回復を促進するために、パワーリフティングとパワーエクササイズを別の曜日に行います。 どちらのトレーニングも、筋力レベルの低い初心者アスリートの場合は、短期間でパワーの向上をもたらすことが明らかにされています。 比較すると、コンプレックストレーニングでは、アスリートの1RMに近い負荷を用いたバックスクワットなどのエクササイズを行い、それに続いてプライオメトリックエクササイズを行います。 コントラストトレーニングは、コンプレックストレーニングとよく混同されます…

ランニングの脚周期とシューズ(脚周期は、バネが圧縮される際のように下肢関節が重心を下げてエネルギーを吸収するため、脚のバネ質量系と説明され、立脚期に発生する)

脚周期と遊脚期 ランニングとシューズ ランニングは、体力の向上と継続的運動を促進する効果的な手段としてますます人気が高まっています。 全米スポーツ用品協会によると、米国におけるランニング人口とジョギング人口は過去2年間で10.3%増加し3,550万人に上ります。 人間が走り続けてきた歳月とともにシューズは大きく進化し、シューズの進歩はグリップ力とパフォーマンスの向上をもたらし、最終的には足にサポートクッションを与えるようになり、通気性、快適性、耐久性が向上し、安定性と衝撃吸収…

プレシーズン期における体系的コンディショニング処方(パフォーマンスの他の側面(最大筋力とパワー)に取り組むための、生理学的および構造的基礎を固める)

…レーニング(PM) 回復 20~30 30~45 10~20 低 高 - 高 低 - 水曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 40~45 40~50 10~20 高 低 - 低 高 - 金曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 40~50 40~50 10~20 中 中 - 中 中 - 上記の表はレジスタンストレーニングプログラムは、来るべきシーズンの準備をさせるべく設計した、プレシーズン期における体系的コ…

主観的情報の収集と理解(カウンセリングは構造および機能を理解するうえで重要な情報であり、過去の傷害の原因となる機能不全・アンバランスを知ることもできる)

スポーツパフォーマンステストの概要 主観的情報の収集と理解 アスリートの目標、運動能力、ニーズを探し出し、競技に参加できる状態かを確認します。 例:PAR-Q(Physical Activity Readiness Questionnaire)カウンセリング等。 運動をどの活動レベルから始められるかを確認します(※心肺機能障害がないかを確認するためにも実施)。 www.nakajimabonesetter.com

アネロビックキャパシティー(30秒から10分程度で疲労困憊に至る運動では、運動時間が長くなるにつれて総酸素借が多くなり、そのピークが2~3分程度で疲労困憊に至る値を最大酸素借という)

アネロビックキャパシティーとは アネロビックキャパシティー Hermansen博士は、酸素需要量を測定できない超最大強度(最大酸素摂取量よりも高い強度)の酸素需要量を最大下の強度における運動強度(走運動であれば走速度{m/min}、自転車エルゴメーターならワット)と酸素摂取量の直線関係から、外挿し、酸素需要量を求めました。 www.nakajimabonesetter.com

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

インディバアクティブセラピー

…優れていてケガの早期回復やリハビリテーションとしてとても効果を発揮します。 世界中のアスリートも使用している治療機器です。 インディバアクティブとは インディバは0.44MHzという、安全で効果の高い周波数帯を使用し、容量の多い高周波電磁波エネルギーを体内に透過させられるのが特徴です。 高周波を体内に通電させることで組織中の分子(イオン)の移動による摩擦運動が起きるため、熱(ジュール熱)を発生します。 つまり、体の内部から熱を作り出すので、従来困難といわれてきた深部・局部加温…

歩行、ジャンプ走行などのプライオメトリックス(人が移動運動を行なう際には、収縮要素(CC)、直列弾性要素(SEC)、並列弾性要素(PEC)の3つの要素が相互に作用して、効率的な運動が生じる)

プライオメトリックトレーニング 人が移動運動を行う際の要素 歩行、走行、ジャンプなど、人が移動運動を行なう際には、収縮要素(CC)、直列弾性要素(SEC)、並列弾性要素(PEC)の3つの要素が相互に作用して、効率的な運動が生じます。 例えば、CMJの最初の伸張性局面では、CCが活性化し、SECとPECが引き伸ばされ、結果として弾性エネルギーが貯蔵されます。 それに続く短縮性筋活動では、CCで産生される収縮力と合わせて、蓄えられた弾性エネルギーが使われます。 www.nakaj…

プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因とされ、神経筋および神経内分泌系の適応を促し、除脂肪体重を増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にする)

…方した負荷に応じて、回復や無負荷を考慮して強度を変化させます。 たとえば、クリーンやスナッチを完全な形(スクワット姿勢でバーをキャッチする)で実施すると、負荷が大きくなりますが、パワースタイルのバリエーションは、負荷が小さく、したがって、高速度、高パワー出力での実施が可能になります。 またテクニックを改善し、トレーニングへの興味を維持し、停滞を避けるためにも、その他のバリエーションも含めます。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期における準備的…

高校生アスリートのためのシーズン中のトレーニング目標(最大筋力を維持し、パワーと高速の力発揮に転換し続けること)

…ションの合間に十分な回復期間を確保するため、連日を避けて週2、3回行うことが望ましく、さらに、頻度だけではなく、トレーニングの量や強度も重要になります。 量とは実際に行った仕事量の合計であり、強度とはエクササイズに使われた抵抗の度合を意味し、シーズン前にトレーニングの量を減らすと同時に強度を高める方法は、スポーツで一般的なトレーニング戦略の一つになります。 特にトレーニングの強度はレジスタンストレーニングプログラムで最も重要な構成要素の一つになりますが、エクササイズのテクニッ…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

…ング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレーニングの継続時間が短いことと、連続的な有酸素性エクササイズを上回る大きな適応が生じることに…

グルクロノラクトン(グルクロノラクトン300mgを含むエネルギー飲料の補給を1回限りしたことにより、合計挙上回数とレップ数の総仕事量が増加し、タンパク質同化ホルモンステータス(GHとインスリン)の増加とも関連づけられた)

…物の除去を通して疲労回復を促進する可能性があるといわれています。 グルクロノラクトンはエナジー飲料に多量に含まれているため(レッドブルの1回摂取量当たり600mg)、グルクロノラクトンの補給に関する大多数の研究はエネルギー飲料を補給する方法で行われます。 www.nakajimabonesetter.com タンパク質同化ホルモンステータスとの関係 レジスタンストレーニングの鍛錬者の男性は、グルクロノラクトン300mgを含むエネルギー飲料の補給を1回限りしたことにより、合計挙…

ウェイトリフティングの生理学的変化(ウェイトリフティング選手は、非鍛錬者よりも一層多くの機械的仕事を行い、より高い血中乳酸濃度に達することができる)

…エネルギーのリン酸を回復できるように、回復時間の長さと併せて、トレーニング活動の強度と持続時間を調節する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度エクササイズと血中乳酸濃度 高強度エクササイズを十分な回復時間を伴わずに反復すると、血中乳酸濃度が高まり、やがて最大発揮パワーが抑制されることになります。 したがって、あらゆる競技では、短時間に回復する能力が圧倒的に重要になります。 興味深いことに、トレーニングを積んだウェイトリフティング選手は、…

水分補給とバゾプレッシン(水泳時には、水圧による昇圧反射がバゾプレッシン分泌を抑制する)

…れています。 ※回復過程での代謝物を尿中に排出するために水分が不足しないようにするためです。 大量に脱水した場合の水分補給には、ナトリウムが必要になり、運動後に食事をする場合は通常、脱水状態の回復に必要なナトリウムは食事から摂取できると考えます。 しかし、運動後に食事をしない場合は飲料にナトリウムを含んでいる必要があり、飲料に必要なナトリウム量は約40~80mg/100ml、食塩換算で0.1~0.2%になります。 www.nakajimabonesetter.com バゾプレ…

バーナー症候群(バレ・リュウ症候群)

…識障害(6時間以内に回復する)と記銘力・見当識障害を特徴とします。 受傷時の記憶がなく、人・時・場所の見当識が障害されることが多いです。 記銘力障害のため同じ質問を繰り返すこともあります。 頭部CTでは異常が指摘されず、後遺症もなく回復することが通常です。 www.nakajimabonesetter.com 脳・脊髄外傷の治療 (新NS NOW 14) 作者: 菊田健一郎 出版社/メーカー: メジカルビュー社 発売日: 2018/05/24 メディア: 単行本 この商品を含…

アキレス腱障害と伸張性トレーニング(腱の疼痛知覚を低下、細胞間情報伝達を通じてコラーゲン沈着、基質成分回復を促がし治癒を向上させる)

…ーゲン沈着と基質成分回復を促して治癒を向上させます。 さらに、伸張性トレーニング後のアキレス腱には知覚神経ペプチドが見出され、これは炎症反応を促進し、血流を増加させ、したがって、腱の治癒を促す可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Alfredson H,The Chronic painful Achilles and patellar tenon Research on basic biology and treatment .…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…、特に「休養する」「回復させる」という側面は軽視されがちであり、その結果、オーバーユース障害を引き起こす可能性が高くなります。 オーバーユース障害には内的因子と外的因子があり、子供や青少年におけるオーバーユース障害の約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強いことを指導者は理解することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com ジュニアスポーツにおけるオーバーユース障害因子 内的因子 解剖学的なアライメント異…

水分補給(アスリートは、ホルモン分泌、アルドステロン系の刺激、交感神経、腎溶質と水分排出量の影響を理解することが重要)

水分補給 水分と人体 水は人体の最大の構成成分で、人体の容積の60%を占めています。 ※例えば、筋肉は約73%、血液は93%、脂肪は10%の水を含んでいます。 水は恒常性に不可欠であり、生理学的および生化学的機能に重要な役割を果たしています。 1日の必要水分量や身体が水分補給状態を維持する能力には、多くの要素が影響を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com

性別と年代における筋疲労の蓄積(思春期の男子は成人男性よりも疲労耐性が大きいのに対し、思春期の女子(思春期半ば14~15歳)と成人女性の間には差がないことが明らかになっている)

…欠的エクササイズ中の回復力になります。 思春期直前の子どもたちは1回から数回の反復的高強度運動に対しては、思春期の若者や成人よりも急性疲労に対する抵抗性があります。 正確なメカニズムは知られていませんが、子どもの筋量は成人よりも少ないため、高強度エクササイズ中に発揮するパワーの絶対値も低く、さらに思春期が始まって以降は、高強度の間欠運動中の疲労抵抗性には、成熟度と性別の重要な相互関係があります。 www.nakajimabonesetter.com 各々の疲労耐性とは 思春期…

水分補給状態が生理学的機能と運動パフォーマンスに及ぼす影響(体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じる)

…べて有意に高くなり、回復速度が遅くなりました。 同様に、脱水がレジスタンスエクササイズに及ぼす影響を調査した研究では、体重が3%減少すると、各セット前の心拍数が上昇し、心拍数の回復にも遅れが生じました。 このようなフィールド研究でと実験室研究の不一致は、水分補給がパフォーマンスに及ぼす影響についても認められています。 ACSM(アメリカスポーツ医学会)では、運動と水分補給に関する見解の中で、パフォーマンス低下を防ぐために、2%以上の体重減少を避けることを推奨しています。 ww…