Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

回復 の検索結果:

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…を最小限にするため、回復時間約20秒、レップ数6とします。 アジリティ能力は、Balsomのサッカー特異的コースを利用して測定し、このコースでボールをドリブルするテストとしないテストを実施すれば、スキル指数が獲得できます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

プレシーズン期の準備とは プレシーズン期における質の重要性 シーズンで勝利を収められるかどうかは、プレシーズン期(競技にもよるが6~8週間)のトレーニングの質に依存すると考えられています。 ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチにとってこの時期は、最大パフォーマンスを生み出し、傷害リスクを低減させるために、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処す…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になり、それぞれのテストは2つの種類が設けられています。 一方は若年選手または非エリート選手は向けのレベルであり(L1)、もう一方は、L1の全段階をクリアしたエリート選手向けの上級レベルになります(L2)。 したがって、実際には4つのバージョンが存在することになります。 www.nakajimabonesetter.com ヨーヨー間欠性テストの信頼性と妥当性 どのヨーヨー間欠性…

サッカーの指導現場でのYo-Yo IRテスト(Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関がある)

Yo-Yo テストと持久力 Yo-Yo IEテストとYo-Yo IRテスト 現在のサッカーの指導現場においては、Yo-Yo IEテストよりもYo-Yo IRテストのほうが広く利用されています。 それは、後述するように、Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関があるということが選手と指導者も納得できるからになります。 さらに、Yo-Yo IRテストにはLevel1(Yo-Yo IR 1テスト)とLevel2(Yo-Yo IR2テスト)のテストが…

アスリートの水分補給(糖質4に対してタンパク質1の割合を加えて摂取することで、水分補給と再補給、筋タンパク質の合成、グリコーゲンの再蓄積を促し、筋損傷マーカーを抑制する)

…om 水分補給状態を回復させるには 2001年の研究では、持久力トレーニング経験のある男性10名を対象に、カロリーの等しい糖質飲料(CHO、152.7g)および糖質-タンパク質飲料(CHO-PRO、CHO=112g、PRO=40.7g)をグリコーゲンが低下させる食事と運動の後に摂取した場合、それぞれの飲料はカウンターバランスをとった二重盲検法をとり、グリコーゲンを低下させる食事とランニングの実施後、60分間の間隔をおいて2度実施されました。 CHO-PROを投与された試験では…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

筋疲労 筋疲労とは 筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。 したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。 疲労はスポーツ課題を実行中の神経筋コントロールの変化と下肢の動的な関節安定性の低下に関連します。 さらに、疲労はコーディネーションの低下、固有感覚の変化、膝や股関節の屈曲の減少など、下肢のバイオメカニクスの変化、膝の動的外反、地面反力の増加、関節が安定するまでの時間の増加などとも関連があります。 www…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

3,200m走と最大酸素摂取量 U-14以降の選手のYo-Yo IR2テスト U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期に積極的に有酸素性トレーニングに取り組み、有酸素性能力を高めておくことが、将来の間欠的運動能力の高さに効いてきます。 確かに、中学生年代の選手に対し…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

身体活動と回復する能力 サッカー選手に影響を及ぼす能力 サッカーの試合に激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力(無酸素性持久力)もまた、サッカーのパフォーマンスに影響を及ぼすことが示されています。 最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていました。 そして、そのような激しい身体活動から素早く回復して、それを反復することができる選手は、特に接戦状況において優れたパフォーマンスを示すと考えられてい…

カフェインと脳(カフェインがアデノシン拮抗薬として働くことにより、中枢神経系(CNS)の興奮作用が疲労を遅らせる)

カフェイン 遺伝子型とカフェイン 近年のデータにより、遺伝子型の相違が、カフェインの代謝およびカフェイン摂取に対して生じるパフォーマンスの向上に変化をもたらす可能性が示唆されています。 カフェインは、代謝酵素チトクロームP450 1A2により肝臓において代謝されますが、その代謝は個人間で著しい違いがあります。 このチトクローム遺伝子の片方が置換されている人ではカフェインの代謝が遅くなるのに対し、対立遺伝子がホモ接合型の人はより急速にカフェインを代謝します。 www.nakaj…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

…た後(往復した後)に回復時間を設けます。 最も低いレベルでは、20mを1回走るのに10秒与えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players 幼児の有酸素性能力の発達作者: 吉沢茂弘出版社/メーカー: 杏林書…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

…ST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p<0.05)が存在しますが、長時間のRST(6×40m、回復時間30秒)においては存在しませんでした(r=-0.322、p<0.09)。 これは、レップ数の増加に伴って有酸素性機構の関与が増大したことを示しています。 Bangsboは、上記テストに類似したテストを開発し、7回のスプリントを回復時間25秒で行うものですが、10~20mの間に横へ5m…

睡眠不足と競技パフォーマンス(睡眠不足のアスリートにしばしば観察される現象として、認知パフォーマンスや運動パフォーマンスの低下、反応時間の遅延、気分の状態/情緒の不安定化が挙げられる)

…アンダーリカバリー(回復不足)の指標であり、オーバーリーチングの初期兆候になります。 したがって、コーチはアスリートの睡眠の質を監視して、ストレス/疲労状態の程度をチェックすべきです。 なぜなら睡眠は、心理的および生理的回復をもたらし疲労管理に重要な役割を果たし、また、競技パフォーマンスに対して直接的および間接的影響を及ぼす可能性があると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 仮眠 睡眠不足の急性あるいは慢性的影響が表れている場合は、仮眠とし…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

糖質とパフォーマンス アスリートが摂取すべき糖質の量 American College of Sports Medicine(アメリカスポーツ医学会)とNational Athletic Trainers Association(全米アスレティックトレーナー協会)は、すでに判明している運動におけるCHO(糖質)の役割に基づいて、どちらも次のようなガイドラインを設けています。 それは、「一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

有酸素性能力 有酸素性能力を測定するフィールドテスト ランニングと競技パフォーマンスに対する関心が増大した1980年代、有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げました。 これらのテストはいずれも強度が次第に増加して、テストが終わる頃には、被験者の最大努力による運動を必要とし、通常は、録音された音に合わせて運動を行ないます(ビープテスト)。 しかし、それぞれのテストは独自のものであり、…

サッカーにおける間欠的運動能力(サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われるが、 勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になる)

…ジョギングなどで疲労回復を図りながら、続く高強度運動をいかに強く、高く、早く繰り返し行なうことができるか、がサッカーで求められる持久力の特徴になります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度ランニングとサッカー選手 Bangsboらは、サッカーの試合における選手の活動のうち、時速15km以上のランニングを高強度ランニングと定義しています。 プロサッカー選手では、試合での高強度ランニングの量が競技レベルを反映することが知られています。 Mohrらは、欧州…

トレーニング後の適切な回復と睡眠(冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性がある)

…レーニング後の適切な回復と睡眠 トレーニングセッション後の適切な回復は、心理的および生理的プロセスの修復を促進させることが報告されています。 そしてこれらのプロセスは睡眠の改善に貢献する重要な因子になります。 最も多く用いられている回復方策の2つ、すなわち冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 予防的回復 例えば、Montgomeryらによると、冷水浴(11…

骨折が治るまで

…期までのことで、機能回復にはさらにおおくの日数を必要とします。 炎症期からリモデリング期の中で①~④は、はっきりとした期間はなく重複し次の過程へ移行していきます。 骨折の治癒過程で骨の周りの軟部組織の働きもとても大きくかかわってきます。 www.nakajimabonesetter.com 骨折・脱臼 作者: 冨士川恭輔,鳥巣岳彦 出版社/メーカー: 南山堂 発売日: 2018/05/23 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 引用元:柔道整復学P41.42、病気が…

なぜ風邪をひくのか。

なぜ風邪をひくのか。 かぜは、呼吸器症状と全身症状が組み合わされて起こるかぜ症候群のことをいいます。 【呼吸器症状】・・・くしゃみ、鼻汁、鼻閉(鼻づまり)、喉の痛み、咳、痰など 【全身症状】・・・発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感など かぜ かぜは主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称で、数日~数週間程度で自然緩解し、予後は良好です。 流行原因のウイルスには、活動に適した環境があり、季節や時期によりウイルスの種類が違いますが、いずれも上気道の粘膜から感染し…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…etter.com 回復と筋力トレーニング 強度と量を増加させることは、筋力トレーニングにとって必須の側面になりますが、トレーニングプログラムにおける適切な回復を保証することも等しく重要になります。 最大の適応は、筋が完全に回復したときに起こることが示唆されています。 したがって、筋骨格系に対する過度の疲労は、筋力プログラムにおけるアスリートの漸進能力を損ない、オーバートレーニングによる重大な健康リスクをもたらす可能性があります。 したがって、高強度および/または多量のワーク…

プライオメトリックストレーニングの漸進に関する留意点(筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要がある)

…週2回)、速度そして回復時間(60~180秒)になります。 もうひとつの漸進のための留意事項は、基本的運動(自体重スクワット、ランジなど)から始めて、低強度のプライオメトリックエクササイズ(その場ジャンプなど)に進み、続いて中強度のエクササイズ(マルチプルバイラテラルホップ、ボックスジャンプなど)を行い、その上でより複雑で高衝撃で負荷を伴う再高強度のエクササイズ(ユニラテラルバウンド、デプスジャンプなど)へと進みます。 競技状況において高いパフォーマンスの鍵となるのは素早い方…

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

…レーニングは、受動的回復を伴う直線スプリント(5~30m程度)で構成されており、レジスティッドスプリント(上り坂のスプリントやウェイトスレッドを使ったスプリントなど)やアシスティッドスプリント(下り坂ランニングのような超最大またオーバースピードのランニングなど)のトレーニングをはじめ、青少年の他の種類の特異的スプリントトレーニングの研究も行われていました。 それにもかかわらず、大多数のスポーツで素早く多方向の運動が要求されるため、直線スプリントよりもむしろアジリティトレーニン…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…(クレアチンリン酸の回復維持) 4日目 軽めのトスゲームプランの見直し 長時間のウォームアップ 登板日 試合前のブルペン投球試合(80球超)投球後エクササイズ 補助ストレッチング www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009 (…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

…ンも大切です。 回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。 Tinelサイン Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。 知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。 www.nakajimabonesetter.com 橈骨神経 橈骨神経の運動性の線維は、上腕~前腕後面の伸筋を支配しています。 橈骨神経は脊髄せきずいに端を発し、感覚性の線維は、上腕の後面、上腕下部の外…

頚肩腕症候群

…いけません。 そして、規則正しい生活、食事、睡眠、冷暖房など日常生活を改善していくことで症状の回復、予防になります。 温熱療法、NSAIDs内服、筋弛緩薬投与など治療法はありますが、運動療法として、姿勢の改善、ストレッチはとても大切です。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P299 清田恵 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…イズ-30秒の積極的回復)、反復スプリントトレーニング(RST:repeated sprint training)(例えば30秒×10セットで30秒の回復を挟む)、あるいはスモールサイドゲーム(SSG:small side games)(例えば、3対3でハーフコートで行なう3分×5セットとのバスケットボール)になります。 機能的方法と関連づけて、直線スプリントを反復スプリント能力(RSA:repeated sprint ability)を高めるために行なうこともできます。 チ…

加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)と栄養(最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきた)

…格筋タンパク質代謝は回復、維持されることも明らかとなっています。 www.nakajimabonesetter.com 若年者と高齢者のタンパク質同化 一方、タンパク質同化作用についての研究では、健康な若年者および高齢者において、一度に多くのタンパク質(90g)を摂取しても、その1/3の量(30g)を摂取したときよりも、タンパク質同化作用は促進されませんでした。 この結果は、一度の食事で30g程度のタンパク質を摂取すれば、十分に骨格筋タンパク質合成が刺激されることを示唆してい…

腰部脊柱管狭窄症

…勢の変化(前屈位)で回復 〔足背動脈触診〕 ・蝕知良好 【血管性間欠跛行】 〔原因〕 ・慢性動脈閉鎖(閉塞性動脈硬化症〔ASO〕、閉塞性血栓血管炎〔TAO〕ルリッシュ症候群) 〔跛行の症状〕 ・歩行の中止で回復 〔足背動脈触診〕 ・蝕知不良 神経性と血管性を最も簡単に鑑別できるのは自転車に乗ったとき症状に違いで、自転車での移動では姿勢が自然と前傾になるため、神経性では症状をきたしません。 また、神経性間欠跛行は、前傾した姿勢をとっていることが多いです。 治療 腰部脊柱管狭窄症…

ピリオダイゼーションにおける負荷(エクササイズの種類によっても異なるが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなる)

…でいったん負荷を下げ回復を促します。 強度自体はブロック1からブロック3にかけて着実に上げていき、量のほうは下げていきます。 パワートレーニングは最大または最大に近いパワー出力が得られる負荷でトレーニングすることによって効果が最適化されます。 エクササイズの種類によっても異なりますが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなります。 www.nakajimabonesetter.com …

機能性表示食品について 登録販売者の知識

2015年4月1日(平成27年4月1日)「機能性表示食品」制度がスタートしました。 「薬(医)食同源」という言葉があるように、古くから特定の食品摂取と健康増進との関連について、関心が持たれ、この制度によって、サプリメントや加工食品だけでなく、野菜や魚などの生鮮品もなんらかの効き目(機能性)を表示できるようになりました。 機能性表示食品は「疾病に罹患していない者の健康維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病のリスクの低減に係るものを除く。)」を表示するものです。 www.nak…