Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

一酸化窒素とエクササイズにおける血流(血流の調整には、血流依存制性血管拡張、筋収縮誘発性の抵抗血管のゆがみ、エンドセリン、アデノシン、プロスタサイクリンなどの化学物質の変質、および体温、pO2、pCO2、pHなどの変化がかかわっている)

…イズパフォーマンスと回復にどのような影響を及ぼすのか、あるいはそもそも影響を及ぼすのかどうかを見極める必要があります。 事実、高強度エクササイズにおける血流の至適再配分と充血は、主としてNO以外の機序によって促され、NOは脇役を務めるにすぎないことが示唆されています。 エクササイズと食事 エクササイズトレーニングと食事摂取に絶えず気を配ることが、体格の発達と身体能力における成功の大部分を左右します。 また、NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応と…

高速エクササイズとスピードとクイックネスを必要とするアスリート(生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっている)

スピード筋力のトレーナビリティ 高速エクササイズは、スピードとクイックネスを必要とするアスリートを対象とした筋力トレーニングの期分けプログラムに組み込むことが有意義であるとされています。 また、生理学的にみてスピード筋力のトレーナビリティが高くなる時期は、14~18歳の間であることが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

野球においてバットスイングの重要性 野球は投げる、打つといった技術的な要素が強く関与するだけに、体力特性のみで競技パフォーマンスの良し悪しを比較するのは困難であり、実際、バッティング能力における先行研究においては、バットの軌道や下肢から骨盤の捻転動作などにおける力学的分析に関する知見は存在しますが、競技レベルが高い選手の体力特性や特に優れている運動機能、プロ野球選手の体格の推移などの体力科学的知見が若干あるだけになります。 www.nakajimabonesetter.com…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

…動を保証できるまでに回復するにはかなりの時間が必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 関節の保護 Boudreauらの論文によると、3つの主要な目標を掲げた4段階からなるリハビリテーションプログラムの概要を示しています。 目標は「関節の保護」、「三角筋の活性化」、そして「機能的な可動域の確立」になります。 最初の段階は、手術直後から始まり術後第6週まで続き、クライアントの多くが、肘と体側との間に補助枕(外転ピロー)を入れた状態で、三角巾をつけて…

メゾサイクル、マクロサイクルでのトレーニング計画(重要なのは、いずれの試合頻度の期間でも、レジスタンエクササイズを試合の前に実施しないことになる)

…72時間)に最大限の回復時間がとれます。 また、パワートレーニングセッションは木曜に実施し、試合前と筋力トレーニングセッション後にそれぞれ48時間の回復を確保します。 パワートレーニングセッションは、筋力トレーニングセッションに比べて生じる疲労レベルがはるかに低いと考えらます。 用いる外的負荷が大幅に小さく、量も少なく、また高速で動作するため、筋収縮の総時間がはるか少なく済むことが理由になります。 これを裏付けるように、Howatsonらは、最大筋力発揮能力の低下は筋力トレー…

先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力(先発投手は試合においてより長いイニングを受け持つために、より高いレベルの基礎有酸素性能力が必要になる)

酸素消費量の回復による2つの回復 上昇した酸素摂取量の基準値へ戻る速度が速いものと遅いもので2つの回復メカニズムがあります。 運動後の酸素摂取量は、運動のエネルギー要求に応じて使用されたエネルギー源の種類を表しており、その人の運動からの回復能力を推測できます。 EPOC(Excess Post-exercise Oxygen Consumption):運動後過剰酸素消費の数値はまた、運動後に必要な生理学的修復(構造タンパク質の形成、コラーゲンの合成、免疫学的機能)の程度を示し…

サッカーにおける1日のトレーニング計画(有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために計画する必要がある)

…ニングの間に最も長く回復時間を挟むことが推奨されています。 その場合、先行研究が推奨する回復時間は6時間以上ですが、これは、プロのサッカー競技においては現実的ではない可能性があります。 それでも、これらのトレーニング間に最長の回復時間がとれるように計画することは有益であると考えられています。 したがって、午後の有酸素性トレーニング実施後、選手が休息、チーム/個人単位のミーティング、および昼食に充てる時間を挟んでから、午後に筋力トレーニングをするのが賢明です。 www.naka…

タウリン(骨格筋の機械的な収縮閾値を引き上げ、細胞内膜の安定性を促進、筋小胞体からのCa2+の放出を増加させ力発揮を増大させる)

タウリンとは タウリンは心筋および骨格筋における生物学的利用能(Bioavailability)により、また摂食状態により、条件付きでのEAA(必須アミノ酸)になります。 タウリンは、アミノ酸に通常存在するカルボキシ基をもたない、イオウを含む抗酸化特性だけではなく、パフォーマンス増強効果があるとして、多くのエネルギードリンクに添加、また、動物や魚などのタンパク質源にも含まれています。 タウリンの骨格筋濃度は、非鍛錬者では乾燥重量で50mmol、持久系トレーニングを積んだ男性で…

トレーニング前の食物摂取(IMTGの貯蔵量は、タイプⅠ筋線維のほうがタイプⅡ筋線維に比べ、約3倍多く、またそれらの貯蔵量の脂肪分解は65%VO2maxで運動を行ったときに最も促進される)

食物摂取と熱作用 トレーニング前の食物摂取がエクササイズの熱作用を高めることにも注意を要します。 Leeらは、絶食状態と、グルコース(ブドウ糖)/牛乳を含むGM飲料摂取後の状態において、エクササイズの脂肪分解効果を比較しました。 クロスオーバーデザインで4回の実験条件を調査し、それはGM飲料を摂取した低強度、長時間のエクササイズ、GM飲料を摂取した高強度、短時間のエクササイズ、そしてGM飲料を摂取しない高強度、短時間のエクササイズ群に分け、被験者は10名の大学生で、同じ日に順…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(サッカーにおいては非線形のアプローチを採用しセッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが最も有益な解決策であると考えられている)

…に強度を漸増し、間に回復の週を挟むものですが(多くの場合、比率は3:1)、これは非線形ピリオダイゼーションプログラムよりも優れた結果をもたらすことが明らかになっています。 しかし、線形のピリオダイゼーションを試合が多く、スケジュールの変動しがちなシーズン中のサッカーチームに適用することは困難な可能性があります。 そのため、非線形のアプローチを採用し、セッションごとに強度とトレーニングの焦点を変動させるのが、最も有益な解決策であると考えられます。 www.nakajimabon…

サプリメントとしての重炭酸ナトリウム(重曹の補給{0.3~0.49g/kgを投与}は、短時間の高強度エクササイズのパフォーマンスとトレーニングを向上させる)

…クササイズと最小限の回復時間で構成されたワークアウトを行うときであるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 重曹の利点 サプリメントとしての重曹の利用について要点をまとめると、Hoffman&Stoutは、重曹の補給(0.3~0.49g/kgを投与)は、短時間の高強度エクササイズのパフォーマンスとトレーニングを向上させるとされています。 しかし、この投与量は下痢、吐き気、嘔吐などの不快な副作用を伴いました。 これらの副作用を避けるために投与量を…

プロサッカーにおいてシーズン中は維持か向上か?(シーズン中の負荷設定によっては、疲労のレベルを高める可能性があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがある)

…があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがあります。 多量の負荷(例:多くのセット数とレップ数)も、高強度の負荷(1RMに近い負荷を用いて、レップ数とセット数は抑える)に比べて疲労を増大させる可能性があるため、処方を避けるべきです。 パワートレーニングは多角的な性質を有することから、力−速度曲線の全体を強化するには幅広い負荷を用いる必要があります。 バリスティックエクササイズの場合は0〜50%1RM、ウェイトリフティング系エクササイズの場合は50〜90%1RMを処方しま…

窒素性食物の中のフェノール化合物(窒素性食物の中には、フェノール化合物として分類される食物があり、それらは心臓血管や筋組織を保護することが知られている抗酸化物質になる)

…性エクササイズからの回復にプラスの効果を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com PJ(95%のエラジタンニン)を補給した研究 2セットの最大伸長性肘関節屈曲エクササイズを行わせた後、PJ(95%のエラジタンニン)を補給した被験者は、運動後、プラセボと比較して著しい筋力の回復を示し、この結果は後の研究でも確認されました。 しかし、PJ抽出物には、ビタミンCやビタミンEなど、類似の抗酸化特性を有する多くの活性成分が含まれていることを指摘しておくことは重…

プロピオニルL-カルニチンによるNOの増加(PLCとGPLCによる明らかなNO増加作用の機序は、ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸オキシダーゼ活性の低下によって媒介される)

プロピオニルL-カルニチン(PLC)とは プロピオニルL-カルニチン(PLC)は、間欠性跛行の施術に用いられており、ヨーロッパでは処方薬になります。 PLCは、1日あたり6gの静脈内注射に反応して血中NOを増加させることが示されています。 グリシンプロピオニルL-カルニチン(GPLC)は、PLCとアミノ酸であるグリシンとが分子結合したものであり、現在は食品成分/サプリメントとして販売されています。 1日あたり4.5gのGPLCを経口摂取すると、血中NO(NO3-+NO3-によ…

アグマチンとノルバリン(アルギニンの代謝産物であるアグマチンおよびバリン{分岐鎖アミノ酸}の異性体であるノルバリンが、動物モデルにおいてNOの産生を促進することが知られている)

…こるパフォーマンスや回復の変化との関連は明白とはいえません。 したがって、今後は、MIPSに含まれる平均的な量(435mg、範囲250~500mg)のアグマチンの有効性を研究が必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increa…

サッカーにおける傷害の発生(欧州サッカー連盟:UEFAの傷害調査によると、選手1名当たり、平均受傷回数は1シーズンに2回、うち87%が下肢の傷害となっている)

…率を低く保ち、選手の回復を高める上で選手のローテーションが不可欠とみられるため、非常に重要な問題になります。 www.nakajimabonesetter.com 傷害予防プログラム 伸張性負荷 サッカーの試合において、選手は方向転換、垂直方向へのジャンプから着地をしなくてはならず、これらは、いずれも伸張性筋活動(筋が引き伸ばされながら力を発揮すること)を伴います。 しかし、伸張性筋活動を実施すると、等尺性筋力と動的筋力が急性的に低下し、併せて疲労レベルと筋損傷も増大する可能…

股関節形成術後の柔軟性エクササイズ(腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されるために股関節の伸展および外旋可動域を回復させることが目標になる)

…は、機能的な可動域を回復することが目標になります。 理論的に、可動域に目標を定めた柔軟性トレーニングが有益になり、エビデンスによると、股関節の伸展および外旋可動域の不足が、HA後に長く残存する可能性が示唆されています。 さらに、HA後の2ヶ月間に股関節痛を訴えるクライアントでは、腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されています。 この研究において、研究者らは、柔軟性プログラムを用いて可動域制限のあるお客の92%の術後管理に成功しており、このプログラムは、受付…

試合期における疲労(この疲労は、選手が試合中に様々な様式で実施する移動、運動の強度や時間、移動距離によって引き起こされる)

…い選手に比べて完全な回復に要する時間が長い可能性があると考えられているため、これは重要な要素になります。 また、ポストシーズン中は複数のパラメータが低下すると考えられています。 Kraemerらは、シーズン9週目の時点でスピードと垂直跳びの跳躍高に有意な低下がみられ、また11週間におよぶシーズン終了後1週間の時点で、以前として膝関節伸展筋力に低下がみられたことを報告しています。 また、Handziskiらも、試合期の終了時にテストステロン対コルチゾール日が30%低下していたこ…

膝置換術処置による機能的転帰に関する差異(単顆膝関節置換術と片側膝関節置換術では非術脚に対して患側の大腿四頭筋の筋力低下の改善が重要になる)

…術に関しては、機能的回復に研究の焦点が置かれてきました。 www.nakajimabonesetter.com Powellらの研究 Powellらは、UTKRを受けたクライアントと同時的両側処置を受けたクライアントとでは、救急医療サービスからの退院時の痛みのレベルが同じであることを報告しました。 また、UTKRクライアントは退院時に、両側処置を受けたクライアントの2倍以上の距離を歩くことも報告しています。 同様の結果はShettyらも報告しており、彼らは、同時的両側処置を受…

トレーニングプログラム作成に影響を及ぼす要素(サッカーの競技スケジュールは、本質的に不規則なこと(試合日程等)が多く、常に変動することが知られている)

…な戦術の準備、移動、回復に充てる時間になります。 試合の24時間前には、軽い戦術トレーニング(フォーメーション練習、セットプレーなど)や、アウェーの試合会場への移動などを行います。 試合後の回復プロセスは試合後終了直後から開始し、試合翌日まで継続します。 これには、栄養摂取、冷水浴、交代浴、ストレッチング、および積極的回復(陸上、水中)などの手法が用いられます。 また、アウェーの試合から戻る移動のタイミングは、試合の開始時間によって異なります。 昼間や午後素早い時間のキックオ…

股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する)

…がより高いレベルまで回復することが示唆されています。 しかし、術後の正規のケア(理学療法)から解放されるまでには、術式による機能の差はわずかになり、退院後から次の数年かそれ以上にわたり、どの術式を受けたお客も通常は何らかの障害を抱えています。 障害の程度を決定する要因は多数ありますが、多くの場合、クライアントの発病前の症状や併存疾患、また術式によって違いがあり、侵襲性の高い手術ほど筋が大きく損傷します。 www.nakajimabonesetter.com 股関節形成術後の身…

L-カルニチン-酒石酸塩:LCLT(ウェイトトレーニングを行っている男女において、レジスタンストレーニングによる低酸素状態における筋痛を緩和し、代謝物による損傷を低減し、また、回復時間を短縮させて筋組織の修復とリモデリングを促進する)

…損傷を低減し、また、回復時間を短縮させて筋組織の修復とリモデリングを促進します。 3週間のLCLTの補給(2g/日)により、高強度エクササイズ(15~20レップ×5セットのスクワット)によって起こる低酸素状態後の筋組織の破壊が抑制され、プリン代謝メーカー(ヒポキサンチン、キサンチン酸化酵素および血清尿素)が低下することが示されました。 プリン異化作用は高強度運動に反応して起こり、したがって、LCLTを補給することにより、酸素運搬が促進され、それによって低酸素状態が緩和され、次…

回復促進のためのサプリメントとは(筋グリコーゲンが枯渇すると、アデニンヌクレオチドが減少し、筋のホスホクレアチンの分解が促進され、最終的に疲労が増大する)

運動からの回復能力 アスリートにとってきわめて重要な分野は、運動からの効率的な回復能力になります。 運動からの回復には、多くの生理学的また心理学的な変数がかかわります。 以下に挙げられる生理学的回復の3つの領域に、明らかに明らかに影響を及ぼすサプリメントが焦点があてられます。 ・運動後の筋グリコーゲンを補充する。 ・運動後のタンパク質の合成を増進する。 ・筋痛を軽減する(適切な水分補給も回復にとってきわめて重要)。 www.nakajimabonesetter.com 糖質補…

股関節形成術後の脱臼の50%は術後最初の3ヶ月間に起こる(股関節の臀筋群と外旋筋の不安定性、屈曲、内転、内旋などの動作が多いクライアントほど脱臼しやすい)

…、軟部組織が部分的に回復している場合に脱臼が発生する場合は平均4%であるのに対し、十分に回復した後は平均3%になります。 脱臼の発生リスクは、前部アプローチよりも後外側アプローチによる手術後のほうが最大6倍高くなります。 この差は後外側アプローチのより侵襲的な性質によるものであり、関節までアプローチするために軟部組織(筋と関節包)が切断されるからです。 www.nakajimabonesetter.com 脱臼のおよそ50%は術後最初の3ヶ月間に起こる 脱臼のおよそ50%は術…

アスリートに推奨される睡眠(多量のトレーニング負荷を経験している若いアスリートは、毎晩最低10~11時間の睡眠をとることが勧められる)

…グを行う結果、十分な回復が必要になります。 さらに、多量のトレーニング負荷を経験している若いアスリートは、毎晩最低10~11時間の睡眠をとることが勧められます。 この十分な睡眠時間を確保するためには、就寝と起床の時間を一定に保ち、睡眠の質を高めるために規則正しい睡眠習慣を獲得しなければなりません。 睡眠の質も改善することは、睡眠潜時を短縮し、睡眠時間のスムーズな移行を促し、REM睡眠の量を増やすことにより、十分な回復と最適な覚醒をもたらします。 www.nakajimabon…

一酸化窒素サプリメント(NO生成刺激栄養補助食品は広く入手可能であり、スポーツ/ボディビルディング界に対して積極的な売り込みが行われている)

…ズのパフォーマンスと回復を向上させるのか、筋量を増大させるのか、実際に販売されている製品に焦点を合わせて、きちんと設計された研究が行われなければ、先の疑問に対する解答は出ないままであり、この分野は効果を生み出すことなく誇大広告に留まるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Baker D.Comprison of upper-Body strength and power between professional and colleg…

睡眠と競技パフォーマンス(深い睡眠中に分泌される成長ホルモンとアンドロゲンは、筋の修復、筋形成、骨の成長、脂質の酸化促進などに欠かせない)

…考えられています。 回復および試合のパフォーマンスを最適化する際に、睡眠の持続時間と質がしばしば無視されています。 睡眠不足は翌日のトレーニング強度や試合のパフォーマンスを阻害するために、睡眠に関する教育がこれまで以上に必要であることが示唆されています。 この観点から、就寝時の対策や睡眠のタイミング、時間などいくつかの助言により改善できます。 www.nakajimabonesetter.com 睡眠とパフォーマンス 睡眠中は、主にホルモンの活動を通して回復が促進されます。 …

失敗するまで行うトレーニングの反対意見(失敗するまで行うトレーニングを組み込むことは、疲労とその後の回復時間を増大させて、優先順位の高い他のコンディショニングドリルや競技特異的ドリルの練習効果を低下させる可能性がある)

…とは、疲労とその後の回復時間を増大させて、優先順位の高い他のコンディショニングドリル(プライオメトリックトレーニングなど)や競技特異的ドリルの練習効果を低下させる可能性があります。 しかし、失敗するまで行うトレーニングの支持者は、この方法を1セットだけ実施すれば、同じことを複数セット行うときほど他の重要なコンディショニング要素を妨げないと主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Willardson JM Norton L and Wi…

クライマーのインターバルトレーニングセッション(非常に高強度で、完全な回復が見込める運動-回復比{1:12}を用いて行うと、発揮パワーが最大化され、ホスファゲン系が刺激される)

…には、様々な仕事量や回復時間を用いて行う高強度インターバルトレーニングが有益であると考えられます。 インターバルトレーニングのセッションは、実際の競技の状況、例えば、1回毎のクライミングの強度や継続時間、行うクライミングの総量、およびクライミング間の回復時間の長さなど反映させなければなりません。 www.nakajimabonesetter.com 代謝経路を意識したトレーニング ボルダリングのトレーニングは、非常に高強度で(最大に近い強度で10秒)、完全な回復が見込める運動…

競技パフォーマンスと睡眠(睡眠は認知的、生理学的課題の両方に含まれる疲労誘発事象からの大きな回復に寄与する有効な対策であり、オーバートレーニングの回避においても影響因子のひとつになる)

…と睡眠 アスリートの回復プロセスに対する睡眠の意味を考えると、睡眠はトレーニングの質に影響を及ぼす大きな因子になります。 高強度のトレーニングの場合、アスリートは睡眠パターンの乱れを取り巻く複数のリスク因子にさらされます。 それらは、固有の身体的負担、徹底的なトレーニングスケジュールの順守、さらに試合がもたらすプレッシャーなどが挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com 睡眠の効果 アスリートのパフォーマンスを最大に高めると同時に、日々の疲労やストレ…