Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

回復 の検索結果:

なぜ風邪をひくのか。

なぜ風邪をひくのか。 かぜは、呼吸器症状と全身症状が組み合わされて起こるかぜ症候群のことをいいます。 【呼吸器症状】・・・くしゃみ、鼻汁、鼻閉(鼻づまり)、喉の痛み、咳、痰など 【全身症状】・・・発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感など かぜ かぜは主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称で、数日~数週間程度で自然緩解し、予後は良好です。 流行原因のウイルスには、活動に適した環境があり、季節や時期によりウイルスの種類が違いますが、いずれも上気道の粘膜から感染し…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…etter.com 回復と筋力トレーニング 強度と量を増加させることは、筋力トレーニングにとって必須の側面になりますが、トレーニングプログラムにおける適切な回復を保証することも等しく重要になります。 最大の適応は、筋が完全に回復したときに起こることが示唆されています。 したがって、筋骨格系に対する過度の疲労は、筋力プログラムにおけるアスリートの漸進能力を損ない、オーバートレーニングによる重大な健康リスクをもたらす可能性があります。 したがって、高強度および/または多量のワーク…

プライオメトリックストレーニングの漸進に関する留意点(筋-腱スティフネスに十分に配慮して、エクササイズを漸進させる必要がある)

…週2回)、速度そして回復時間(60~180秒)になります。 もうひとつの漸進のための留意事項は、基本的運動(自体重スクワット、ランジなど)から始めて、低強度のプライオメトリックエクササイズ(その場ジャンプなど)に進み、続いて中強度のエクササイズ(マルチプルバイラテラルホップ、ボックスジャンプなど)を行い、その上でより複雑で高衝撃で負荷を伴う再高強度のエクササイズ(ユニラテラルバウンド、デプスジャンプなど)へと進みます。 競技状況において高いパフォーマンスの鍵となるのは素早い方…

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

…レーニングは、受動的回復を伴う直線スプリント(5~30m程度)で構成されており、レジスティッドスプリント(上り坂のスプリントやウェイトスレッドを使ったスプリントなど)やアシスティッドスプリント(下り坂ランニングのような超最大またオーバースピードのランニングなど)のトレーニングをはじめ、青少年の他の種類の特異的スプリントトレーニングの研究も行われていました。 それにもかかわらず、大多数のスポーツで素早く多方向の運動が要求されるため、直線スプリントよりもむしろアジリティトレーニン…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…(クレアチンリン酸の回復維持) 4日目 軽めのトスゲームプランの見直し 長時間のウォームアップ 登板日 試合前のブルペン投球試合(80球超)投球後エクササイズ 補助ストレッチング www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regression.J Strength Cond Res23:1890-1901.2009 (…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

…ンも大切です。 回復のスピードは個人差があり、1~3カ月を要します。 Tinelサイン Tinelサイン(神経傷害部をたたくとその支配領域に疼痛が放散する)があれば傷害部位が確定できます。 知覚神経が傷害されていればTinelサインと感覚障害の範囲で傷害部の診断が可能です。 www.nakajimabonesetter.com 橈骨神経 橈骨神経の運動性の線維は、上腕~前腕後面の伸筋を支配しています。 橈骨神経は脊髄せきずいに端を発し、感覚性の線維は、上腕の後面、上腕下部の外…

頚肩腕症候群

…いけません。 そして、規則正しい生活、食事、睡眠、冷暖房など日常生活を改善していくことで症状の回復、予防になります。 温熱療法、NSAIDs内服、筋弛緩薬投与など治療法はありますが、運動療法として、姿勢の改善、ストレッチはとても大切です。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P299 清田恵 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

…イズ-30秒の積極的回復)、反復スプリントトレーニング(RST:repeated sprint training)(例えば30秒×10セットで30秒の回復を挟む)、あるいはスモールサイドゲーム(SSG:small side games)(例えば、3対3でハーフコートで行なう3分×5セットとのバスケットボール)になります。 機能的方法と関連づけて、直線スプリントを反復スプリント能力(RSA:repeated sprint ability)を高めるために行なうこともできます。 チ…

加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)と栄養(最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきた)

…格筋タンパク質代謝は回復、維持されることも明らかとなっています。 www.nakajimabonesetter.com 若年者と高齢者のタンパク質同化 一方、タンパク質同化作用についての研究では、健康な若年者および高齢者において、一度に多くのタンパク質(90g)を摂取しても、その1/3の量(30g)を摂取したときよりも、タンパク質同化作用は促進されませんでした。 この結果は、一度の食事で30g程度のタンパク質を摂取すれば、十分に骨格筋タンパク質合成が刺激されることを示唆してい…

腰部脊柱管狭窄症

…勢の変化(前屈位)で回復 〔足背動脈触診〕 ・蝕知良好 【血管性間欠跛行】 〔原因〕 ・慢性動脈閉鎖(閉塞性動脈硬化症〔ASO〕、閉塞性血栓血管炎〔TAO〕ルリッシュ症候群) 〔跛行の症状〕 ・歩行の中止で回復 〔足背動脈触診〕 ・蝕知不良 神経性と血管性を最も簡単に鑑別できるのは自転車に乗ったとき症状に違いで、自転車での移動では姿勢が自然と前傾になるため、神経性では症状をきたしません。 また、神経性間欠跛行は、前傾した姿勢をとっていることが多いです。 治療 腰部脊柱管狭窄症…

ピリオダイゼーションにおける負荷(エクササイズの種類によっても異なるが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなる)

…でいったん負荷を下げ回復を促します。 強度自体はブロック1からブロック3にかけて着実に上げていき、量のほうは下げていきます。 パワートレーニングは最大または最大に近いパワー出力が得られる負荷でトレーニングすることによって効果が最適化されます。 エクササイズの種類によっても異なりますが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなります。 www.nakajimabonesetter.com …

機能性表示食品について 登録販売者の知識

2015年4月1日(平成27年4月1日)「機能性表示食品」制度がスタートしました。 「薬(医)食同源」という言葉があるように、古くから特定の食品摂取と健康増進との関連について、関心が持たれ、この制度によって、サプリメントや加工食品だけでなく、野菜や魚などの生鮮品もなんらかの効き目(機能性)を表示できるようになりました。 機能性表示食品は「疾病に罹患していない者の健康維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病のリスクの低減に係るものを除く。)」を表示するものです。 www.nak…

肩の疾患② 五十肩(凍結肩)

…術 急性期、慢性期、回復期と3つの病期があり、各病期は4カ月程度で全体として1年ほどの経過で治癒します。(人により症状や体調などで変わります。) ①急性期(炎症期) 【経過】 ・疼痛が最も強い時期 ・運動時痛のほか、安静時痛、夜間痛も出現しうる。 ・可動域制限は疼痛と筋の痙縮により生じる。 【日常生活指導】 ・患部の安静(動きが最小限ですむよう、着衣時は先に患側の上肢を袖に通す様にすなど) ・患部の保温 ・夜間痛などに対しては就寝時の良肢位 ・疼痛のない範囲での運動療法 ②慢…

肩の疾患① 石灰性腱炎 (石灰沈着性腱板炎-Calcific tendinitis)

…的は可動域訓練(運動療法) ・ストレッチを中心に運動療法をおこなう 急性期では主に除痛、可動域の維持、慢性期、回復期では拘縮の解除、可動域の改善を目的とします。 施術は保存料法が基本となり、早期の施術が早期の回復につながります。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科P109、115 清田恵 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

腰痛(筋膜性腰痛)

…軽い症状ならばすぐに回復しますが、筋肉の疲労が積み重なっていると、腰の筋肉がこわばることで血行が悪くなり鈍い痛みを常時感じるようになります。 初期の症状としては傍脊柱部の圧痛と張り感(過緊張)を感じ、この張り感(過緊張)はマッサージや温めて症状が軽減する、という所見はまさしく筋疲労に起因していると考えられます。 腰部への身体的負荷が大きい作業は腰痛発症の危険因子で、また、心理的因子(仕事絵の満足度や精神的ストレスなど)も腰痛の発症と関与しています。 腰の役割 体重の役10%の…

肩関節脱臼(Shoulder joint dislocation)

…れで、整復後に自然に回復することがほとんどです。 施術 脱臼は徒手整復を基本として整復し、整復後、包帯固定やバンドなどで固定し約3~6週間安静が必要です。 外傷性肩関節脱臼の場合、肩関節を外旋位に固定が有効とされています。 徒手整復が不可能な場合や、再脱臼の原因となるような骨折を伴う場合は手術療法の適応となります。 肩関節脱臼は反復性脱臼に移行しやすく、特に安静とリハビリを中途半端で止めてしまうと習慣性脱臼に移行しやすいです。 https://nakajima-boneset…

第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)

…た固定、施術で早期の回復がみられます。 受診が遅くなると悪化して治るのが難しくなり手術になる可能性もあり、また、早期にスポーツ復帰を希望する人も手術となる場合もあります。 予防として柔軟性を出すためのストレッチや、筋力強化、体幹を鍛えたり重心のバランスを整えることによって負荷がかかるところのストレスを減らす事が出来ます。 そして、足底の外側アーチの部分でもあるので足底版などでサポートすることも怪我の予防、再発防止になります。 中足骨だけでなく肋骨や骨盤などどこでも疲労骨折はお…

外側上顆炎

肘外側に疼痛をきたす疾患で、「テニス肘」とも呼ばれますが、日常生活や労働、スポーツなどによる伸筋群の腱の炎症で使い過ぎが原因とさています。 重量物の運搬、テニスなどのスポーツ、手をよく使う作業をする人におこりやすく、30~50歳代女性に好発します。 上腕骨の外側上顆に付着する手関節・手指の伸筋群の腱に炎症を生じ、肘の外側の疼痛(主に運動時痛)、圧痛、腫脹、握力低下が診られ、外側上顆には長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋、尺側手根伸筋という筋が付着していていますが、主に短…

狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)

…うこともあります。 症状が強く出ているものでは、ステロイド剤局注や、保存療法以外で腱鞘切開術の移行することもあります。 痛みを感じたらなるべく早めに施術すると早期回復や、腱鞘炎の原因を理解することで症状の悪化を防いだり、再発の防止・予防にも繋がります。 www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:標準整形外科学P381 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

…etter.com 回復時間と持久性トレーニング 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさによって決定されるため、「運動の再開」に要する時間を短縮することはトレーニング全体の量と質を高めることになります。 すべてのエネルギー機構は運動様式や運動の持続時間とかかわりなく、継続的または相乗的に機能しているために、有酸素性代謝は常にエネルギーの…

コンプレックストレーニング実施における注意点(スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要がある)

…、セッションの長さ、回復日数、さらには、どのアスリートのコンディショニング活動に反応するのかを考慮する必要があります。 また、Mattahews&Comfortは、スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要があると強調しています。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11455 推奨される方法 Bakerは、…

漸進のモデルピリオダイゼーション(ジャンプスクワット、スクワット、およびパワークリーンにおいて最大の力が発揮されているのは80~90%1RM負荷を用いた場合になる)

…1631 量、強度、回復を考える ジャンプスクワット、スクワット、およびパワークリーンにおいて最大の力が発揮されているのは80~90%1RM負荷を用いた場合になります。 ただしミクロサイクルにおける変動要素として「重い日」と「軽い日」の負荷などは、各ブロック内のある週に適用される全般的な強度の範囲を大きく逸脱する場合もあります。 しかし、12週間を3ブロックに分けたピリオダイゼーションモデルの場合、全般的な負荷の漸進パターンは、ブロック1が70~80%1RM、ブロック2が80…

コンプレックストレーニングとは(運動単位の興奮性を刺激し(それによって運動単位の動員と同期化、および中枢からの運動単位への入力を増大させ)、またミオシン軽鎖のリン酸化を促進して筋フィラメントのカルシウム感受性を増強し、さらにシナプス前抑制を低下させると考えられ、それらは理論上、続いて発揮されるパワーの増大を可能にする)

…を促すトレーニングと回復に十分な時間を割くことは困難な場合が多く、コンプレックストレーニング(CT)は、筋力とパワーを同一セッション内で強化できる、効率的なトレーニング方法になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11450 コンプレックストレーニングとは 1986年に当時のソ連を訪問した後、Fleck&Kontorは、コンプレックストレーニングに関する初の査読付き論文を発表しました。 CTとは、高強度レジスタンスエクササ…

整形外科的疾患に対するEMSの効果(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

…たほうが膝伸展筋力の回復力は高くなりました。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-7238 電気刺激が生体に起こす生理学的変化 これらの一連の研究結果から、電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段であることが明らかになりました。 さらに速筋線維の選択的刺激は高齢者の廃用性筋萎縮の予防のみならず、筋肥大を起こされる可能性も秘めていま…

失敗するまで行うトレーニングの反対意見(失敗するまで行うトレーニングを組み込むことは、疲労とその後の回復時間を増大させて、優先順位の高い他のコンディショニングドリル(プライオメトリックトレーニングなど)や競技特異的ドリルの練習効果を低下させる可能性がある)

…とは、疲労とその後の回復時間を増大させて、優先順位の高い他のコンディショニングドリル(プライオメトリックトレーニングなど)や競技特異的ドリルの練習効果を低下させる可能性があります。 しかし、失敗するまで行うトレーニングの支持者は、この方法を1セットだけ実施すれば、同じことを複数セット行うときほど他の重要なコンディショニング要素を妨げないと主張しています。 運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まります…

亜硝酸塩摂取とパフォーマンス(BRを使って一時的に食事から硝酸塩を補給することにより、準上級サイクリストの4kmおよび16.1kmのTTパフォーマンスに、有意かつ実質的な意味をもつ向上をもたらした)

…運動パフォーマンスや回復に及ぼす影響については、今後の解明がまたれています。 運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある) 引用・索引Bailey SJ Fulford J Vanhatalo A Winyard PG Blackwell JR Dimenna Fj Wilkerson DP Benja…

亜硝酸塩の摂取(血中硝酸塩を増加させることは、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されている)

…補給も増加するため、回復を促進する可能性もあります。 このような潜在的理由から、一酸化窒素の産生促進効果があるとされるL-アルギニンのサプリメントの人気は、この10年間で特に高まってきています。 しかし、研究では、L-アルギニンの摂取により血管拡張が増大することは裏付けられていません。 対照的に、ビーツジュースなどの硝酸塩濃度の高い食物を摂取することは、血中硝酸塩を増加させ、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されて…

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

…筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される) カフェインとパフォーマンス 最初の研究では、研究者は、ラグビー選手にジグザグパターンのアジリティスプリント(22,33,31m)を3回行わせてアジリティ能力を調査しました。 カフェイン(体重1㎏当たり6mgを服用)はプラセボと比較すると、アジリティスプリントのパフォーマンスが3回とも約2%向上しました。 パフォーマンスにアップ…

回復のためのサプリメント(BCAAを毎日摂取した被験者は、レジスタンストレーニング中も終了後もテストステロン濃度が有意に高く、コルチゾールとクレアチンキナーゼの濃度が低くなった)

BCAAと回復 Shimomuraらの報告によると、非鍛錬者の女性被験者において、スクワットエクササイズの前にBCAA(100mg/㎏)を摂取した場合には、プラセボとは対照的に、スクワット後の筋痛が緩和されました。 同じ研究において、プラセボを摂取した女性被験者は、スクワットによるワークアウトの2日後に行った随意最大等尺性筋活動において、下肢の発揮筋力が低下したことが報告されています。 対照的にBCAA群の被験者は、随意最大等尺性筋活動の力発揮にあまり大きな低下はみられません…

タンパク質摂取の重要性(BCAAは安静時およびレジスタンスエクササイズ後の骨格筋において、翻訳開始(タンパク質の合成調節の重要段階)にかかわる様々な酵素を活性化することによって同化効果を有する)

タンパク質摂取と回復 運動後のタンパク質の合成を増進することは回復の重要な要素であると考えられています。 研究によるとレジスタンスエクササイズの後、40gの必須アミノ酸を摂取すると、40gの混合アミノ酸(必須アミノ酸21.4gと非必須アミノ酸18.6gを含む)と同程度に、タンパク質の合成を促進できることが証明されています。 換言すれば、単にタンパク質の合成を促進することだけが目的であれば、必要なのは必須アミノ酸だけであることが明らかになりました。 別の研究によると、レジスタン…