Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

発熱はなぜ起こる?

…ッチン 酸素カプセル・インディバで基礎体温をアップ、免疫力アップしウイルスに負けない身体を作っていきましょう。 ・酸素カプセル について twitter.com ・インディバ・アクティブについて 中島恵 Nakajima整骨院のホームページはこちら Nakajima整骨院staff on Instagram: “来院の際はアルコール消毒準備してあります。 #nakajima整骨院 #酸素カプセル #酸素 #疲労回復 #横浜 #ヨコハマ #みなとみらい #桜木町 #インディバ”

必須アミノ酸およびアミノ酸群(体内プロテインバランスやホルモン分泌、免疫機能、タンパク質同化作用や抗異化作用を有する代謝産物への転換に関わる)

アミノ酸とは 必須アミノ酸およびアミノ酸群は、プロテインバランスやホルモン分泌、および免疫機能に果たす役割、タンパク質同化作用や抗異化作用を有する代謝産物への転換に関して、長年にわたり研究されています。 www.nakajimabonesetter.com

選手のトーナメント管理と回復戦略(トレーニングへの適応が最終的に確実にプラスへの結果をもたらし、マイナスの効果:オーバートレーニングの徴候を最小化することが重要になる)

大会前、大会中の回復戦略 大会中のチームメンバーは短期間の集中的トレーニングと競技会のために集合します。 このような状況における疲労の残余は、どのような大会の試合においてもチームパフォーマンスを損なうであろうことは明らかです。 長時間の移動やなじみの環境から離れることから生じる問題(睡眠パターンの混乱、食事内容や食事時間の変化、新しい環境に置かれることによる注意力散漫、気温や湿度などの環境条件など)によって、この状況は選手にとってもサポートスタッフにとっても悪化する可能性があ…

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーに及ぼすパフォーマンスの改善は、クレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、分岐鎖アミノ酸(BCAA)とされる)

…持に効果があり、筋の回復促進に役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com カフェイン 最後に、体重1kg当たり、6mgのカフェインの一時的な補給が、アスリートやレジスタンストレーニングを行っている男性のパワーと挙上回数を有意に増大させることも証明されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and…

グルタミンの役割(高強度運動時の免疫低下現象の予防、試合期の骨格筋維持、アンモニア蓄積による中枢性疲労の軽減につながる)

…らは、これを運動後の回復期におけるアスリートにとっての利点であると仮定しています。 したがって、糖質飲料にグルタミンを添加することは、両組織においてグリコーゲンを同時に再貯蔵することになり、中枢神経系が利用する血中グルコースを長時間にわたって利用する潜在利点があると思われます。 www.nakajimabonesetter.com グルタミンの疲労緩和における役割 運動におけるグルタミンのもう一つの可能性は、アンモニアの排出に果たす役割になります。 運動により血中アンモニア濃…

必須アミノ酸と障害リハビリテーション(EAA摂取により筋タンパク質のターンオーバーが維持されることで、筋の機能的な筋原線維が多く生み出され、筋の機能が維持された)

…筋タンパク質合成率を回復することができます。 安静下における筋の不活動期において、EAAが考慮するべき重要な要素であるとデータは示しています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases muscle blood volume b…

RPEスケールによる選手ごとの評価の重要性(試合終了後、能動的(スローペースのクールダウンジョギング/運動やストレッチングなど)および受動的(交代浴/シャワー)回復戦略を実施させるとともに、栄養的にも回復/リカバリーを図る)

…(交代浴/シャワー)回復戦略を実施させるとともに、栄養的にも回復/リカバリーを図ります(水分補給と三大栄養補給)。 トレーナーは傷害について徹底的に聞き取りを行ない、必要な対処をし、ホテルに戻った後は夕食を取り、必要な施術を受けます。 夕食を済ませた後、就寝前にカフェイン含有飲料を飲むことは避けさせます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.New horizons for the methodology and physiol…

骨格筋低周波電気刺激法:EMSによる運動療法の可能性(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

…たほうが膝伸展筋力の回復率は高くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 随意運動と電気刺激による運動単位の動員に違い 通常の随意運動時における運動単位の動員様式は、収縮張力が低く、疲労しにくい筋線維を支配している遅筋線維から順次動員されます。 対照的に、電気刺激では太い神経線維で支配される速筋線維から動員が始まります。 人の大腿四頭筋に電気刺激を誘発させた場合、刺激後のグリコーゲン枯渇は速筋線維で著しく高いことや解糖系によるエネルギー利用率が遅筋線…

有酸素性運動のためのHMB摂取の有益性(回復を促進し、筋損傷を軽減、2週間のHMB摂取によりVO2ピークまで時間が延長(8%)、血中乳酸濃度蓄積開始点の%VO2maxが向上した)

…取の有益性 HMBが回復を促進し、長距離走後の筋損傷を軽減する 持久系アスリートにおけるHMB(ロイシンから合成されるHMBには、細胞内での筋たんぱく質合成を制御する働きがあります)の効果に関する研究は多くはありませんが、その結果はかなり有望です。 Knitterらの研究において、HMBが回復を促進し、長距離走後の筋損傷を軽減することが明らかになりました。 また、Vukovichらの研究では、エリート自転車競技選手において、2週間のHMB摂取によりVO2ピークまで時間が延長し…

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

オフシーズンは回復かそれとも準備か? オフシーズンの定義 オフシーズンとは、シーズン終了直後から新たなシーズンがオープン戦で開幕するまでの期間であり、多くのアスリートとコーチにとって、オフシーズンは長かったシーズンからの修復、再生、回復に費やすべき時間と定義されています。 ※定義上、オフシーズンには、ポストシーズンとオフシーズン、さらにプレシーズンの準備までが含まれます。 数十年前であれば、アスリートは、オフシーズンを使って、自分が通常行っているスポーツ以外のスポーツに従事し…

筋力を最大化するためのパワートレーニング(最大筋力を発揮する能力とパワーを発揮する能力とは、互いに異なる能力であることを考慮する)

パワートレーニング トレーニング概念 一般にパワーリフティングのルーティンでよくみられる方法は、筋力パフォーマンスを向上させるためにパワーの向上に重点を置きます。 筋パワーの低下は、バックスクワットおよびベンチプレスの挙げる動作局面の序盤、デッドリフトのリフトオフの局面、そしてそれぞれのリフティングのスティッキングポイントといわれる部分に悪影響を及ぼす事が示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

…には、トレーニングと回復を一層注意深くモニタリングし調節することが推奨されます。 しかし、成長スパート自体が傷害リスクが増加する原因なのか、あるいは年齢や体格、成熟などに関連する広範囲な因子(行動の変化、トレーニング量、試合の特性の変化、おそらく他の因子も含まれる)の累積効果が傷害の原因なのかは不明であり、さらなる研究が必要とされています。 トレーニング効果を最適化し、アスリートの安全と健康を保証するために、専門職は成熟度の個人差を考慮する必要があります。 www.nakaj…

トレーニング変数(解糖系の多量のボディビルスタイルプログラムは、少量のルーティンより急性テストステロン濃度を大きく高め筋肥大を促す)

…ョン感間により大きな回復が可能となる一方、週全体のトレーニング量は維持されます。 これにより、毎日のトレーニング負荷をより重くすることが可能となり、したがって、より大きな筋の張力を生み出します。 さらにスプリットルーティンは、所定の筋群内のトレーニング刺激を延長することによって、筋の代謝ストレスを増大させるのにも役立つために、タンパク質同化ホルモン、細胞膨潤、筋虚血を一時的に高める可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com オーバーリーチングと筋…

年齢と腱の柔軟性(幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなる)

年齢と腱の柔軟性 異なる年齢集団における腱の柔軟性 Kuboらは、3つの異なる年齢集団における腱の柔軟性を調べました。 その結果、幼年者と年長の少年、そして成人男性の間で筋の柔軟性に有意差があることが認められました。 報告によると、幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなりました。 年長の少年と成人の比較では、腱の伸張性に有意差は認められませんでした…

持久力トレーニング中の血糖値維持と酸化を最適化するためには(アスリートは1時間ごとに糖質を6~8gの濃度で含むスポーツドリンクを1時間おきに600~1,200ml飲むことにより達成できる)

…ゲン濃度が最大限まで回復できます。 高強度運動の後、糖質の摂取が2,3時間遅れると、グリコーゲンの回復速度が劇的に遅くなります。 www.nakajimabonesetter.com 糖質の種類 現時点では、フルクトースはグルコースに比べグリセミック応答とインスリン応答が低いにもかかわらず、フルクトースに対する耐性のあるアスリートであれば、いずれを使用してもパフォーマンスに利益をもたらすと考えられています。 トレーニング前に摂取する食物のGI値は、明らかに代謝反応に影響を及ぼ…

試合開催地への到着からウォームアップの流れ(この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高める)

…ーマンスを向上させ、回復を促進し、骨格筋の損傷を減少させることが示されており、この点においてCHOと電解質だけを含む飲料よりも優れています。 CHO+Pの飲料は、ある時間内で、反復運動が要求される場合にも有益になります。 このような飲料を各試合後に、可能な限り早く(30~60分以内)摂取することにより、グリコーゲン補給とタンパク質合成をスピードアップさせることができます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.New horizo…

アスリートの垂直跳びの高さを増大させる伸張性局面の時間(伸張性局面における力発揮の時間が長いことが、CMJにおけるVJの高さの最大の要因であるとされる)

アスリートのVJの高さを増大させる 垂直跳びにおける生理学的反応 垂直跳び(VJ)の高さは、短縮性筋活動の前に反動動作(CM、カウンタームーブメント)を加えることにより増大できます。 このCMは、伸張-短縮サイクル(SSC、ストレッチショートニングサイクル)といわれる重要な筋活動の一部になります。 SSCはさらに2種類の活動として定義できます。 ひとつは、長いSSCで、骨格関節の大きな角変位を伴いCMが250ミリ秒を超えます。 もうひとつの短いSSCは骨格関節の小さな各変位を…

整形外科的疾患に対するEMSの効果(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

…たほうが膝伸展筋力の回復力は高くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 電気刺激が生体に起こす生理学的変化 これらの一連の研究結果から、電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段であることが明らかになりました。 さらに速筋線維の選択的刺激は高齢者の廃用性筋萎縮の予防のみならず、筋肥大を起こされる可能性も秘めています。 これらの知見は、寝たきり老人、糖…

最新の生体エネルギー学(高強度運動中のATP産生クレアチンリン酸(PCr)が継続的に最大18分間にわたって利用されている)

生体エネルギー学 パワーとパフォーマンス スポーツパフォーマンスにおけるパワーとは、時間に対して行われる仕事量のことになります。 したがって、少ない時間での仕事が行われればパワーが大きいとみなされます。 www.nakajimabonesetter.com

健康の生理学的指標にサーキットトレーニングがもたらす効果(週3日50~60%1RM強度で10週間行う事でHDL値上昇、グルコース処理能力も改善する)

健康の生理学的指標 健康の指標とのサーキットトレーニング サーキットトレーニングを週3日、50~60%1RM強度で10週間行うと、身体組成の変化によって健康が増進するだけではなく、高密度リポタンパク質コレステロール(HDL-C)の値が有意に上昇する可能性があります。 3セット、10ステーションのサーキット1回を、30:30秒の運動-休息比、および上記と同様の運動強度で行った後にも、急性HDL-C値(エクササイズの1時間後の値)に同様の上昇が認められました。 www.nakaj…

トレーニングの基礎知識(トレーニングによって筋肉がより太く強靭に生まれ変わる事を「超回復」と言い、この反応は、トレーニングにより筋肉が傷ついた証であり、同時に、回復に向けて準備が始まっていることを示すものである)

…ニングの基礎知識 超回復 トレーニングによって筋肉がより太く強靭に生まれ変わる事を「超回復」と言います。 筋肉の損傷はトレーニング後に筋肉が熱をおびたり、軽い痛みを感じたりする「バーニング(Burning)」や筋肉中の血流が増大し、一時的に膨張する「パンプアップ(Pump up)」、の他、よく知られた例として、トレーニングの翌日や翌々日まで痛みが残る筋肉痛などによって体感されます。 こうした身体の反応は、トレーニングによって筋肉が傷ついた証であり、同時に、回復に向けて準備が始…

ストレッチ-ショートニングサイクル(伸張-短縮)のメカニズムと強化方法(経済的なスプリント走(SSCの効率的な利用)では、力学的エネルギー全体のおよそ60%を回復することができる)

…全体のおよそ60%を回復することができます(失われる40%は、次のサイクル中の代謝プロセスにより補充される)。 さらに、この非代謝性エネルギー源は走速度が上がるにつれて増加することが報告されています。 www.nakajimabonesetter.com SSCと競技パフォーマンス 多くの競技動作は、その運動スキル中においてどれくらいSSCの効率的な利用ができるかによりパフォーマンスが左右されるので、SSCはきわめて重要になります。 SSCのエクササイズを取り入れて効果を上げ…

育成年代のサッカー選手におけるYo-Yo IR2テスト(上の年齢カテゴリーほどYo-Yo IR2テストの結果は優れており、また同じカテゴリーでも春季より秋季のほうが高い傾向にある)

育成年代のサッカー選手におけるYo-Yo IR2テスト 年齢カテゴリーとYo-Yo IR2テスト 上の年齢カテゴリーほどYo-Yo IR2テストの結果は優れており、また同じカテゴリーでも春季より秋季のほうが高い傾向にあります。 このような傾向は、日本代表選手にも確認されており、U-14代表、U-16代表、U-18代表、A代表のそれぞれで、622、781、935、1,019と報告されています。 すなわち、Yo-Yo IR2テストの結果は暦年齢の強い影響下にあることがわかります。…

大会期間中におけるリカバリー戦略(足首で最低18mmHg、大腿中央部では8mmHgのコンプレッションウェアはパフォーマンスを向上させ、血中乳酸の除去を促進するだけではなく、運動後の筋肉痛を緩和させる)

…ニングの結果であり、回復戦略を用いてこられの徴候を和らげ、これには全身の筋緊張をほぐす効果もあります。 急性傷害および慢性障害に対してチームの理学療法を受けていない選手には、大会前日に下背部と下肢のマッサージを受けさせます。 www.nakajimabonesetter.com 主観的スコアによる体調管理 大会中、選手には毎日、体調と回復に対する主観的スコアを記録させ、毎朝、朝食前にチーム監督のPCに個人の体調記録をアップさせます。 コーチングスタッフは特定の数値(主観的疲労…

高気圧酸素カプセル

…のです。 酸素と疲労回復 酸素には、疲労やだるさの原因となる血中乳酸を分解・除去する働きがあり、酸素を取り込めた方が疲労回復が速いのです。 酸素は肉体的、精神的な疲労にも密接にかかわっていて、毛細血管はストレスで収縮し酸欠状態になりやすいので、酸素を供給することによって酸欠を防ぎ、心身のリフレッシュにもつながります。 酸素と肥満 体内にはリパーゼという脂肪分解酵素があり、脂肪燃焼には欠かせない酵素です。 リパーゼの働きを活性するためには酸素が必要といわれていて、酸素不足だとリ…

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

…etter.com 回復時間と持久性トレーニング 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさによって決定されるため、「運動の再開」に要する時間を短縮することはトレーニング全体の量と質を高めることになります。 すべてのエネルギー機構は運動様式や運動の持続時間とかかわりなく、継続的または相乗的に機能しているために、有酸素性代謝は常にエネルギーの…

生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である)

生体エネルギー論 無酸素性エネルギー供給機構 最大パフォーマンスを維持するには、エネルギーを利用する身体能力を向上させることがきわめて重要になります。 エネルギー利用効率を平行して増加させなければ、最大パフォーマンスによる高エネルギー要求を持続的に満たすことは不可能であり、したがってパフォーマンスを低下させることになります。 アデノシン三リン酸(ATP)は身体の一時的エネルギー源であり、無酸素的および有酸素的代謝によって産生、補給されます。 無酸素的エネルギー供給機構には、ホ…

伸張-短縮サイクル:SSC(伸張反射による短縮性筋活動が生む収縮力が増強され、この反射は運動神経の興奮レベルと動作の振幅の小ささに影響する)

伸張-短縮サイクル:SSC 伸張-短縮サイクルパフォーマンスのための伸張性トレーニング 筋が抵抗に打ち勝つことを求められる際(短縮性筋活動によって収縮することを求められるとき)、それを実行する能力は、短縮性筋活動の前に伸張性活動が行われているかどうかにより決まるとされています。 短縮性筋活動だけによる発揮筋力は、先行的に伸張性筋活動を伴う短縮性筋活動よりも低いことが研究によって示されています。 www.nakajimabonesetter.com

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

アジリティテスト スピード、加速、アジリティのテストとは スピード、加速、およびアジリティのテストは、競技によって異なります。 40ヤードスプリントは直線スピードの測定方法として広く用いられていますが、受傷リスクを伴うことから、加速テストにはほとんどのチームが10および20ヤードスプリントを用いています。 1年のどの時期に当たるか、また選手達のやる気やコーチ陣の意向にもよりますが、ときには10/20ヤードのテストを1,2回行うこともあります。 方向転換の能力を評価するものとし…

Yo-Yo Intermittent Enduranceテストとは(Yo-Yo IEテストは、Yo-Yo IRテストと同様に間欠的に20m区間の往復ランニングを行なう)

…運動しながらも素早く回復することが求められます。 BangsboらはmYo-Yo IRテストがみる”Intermittent Endurance”に対して、Yo-Yo IRテストは”Intense Intermittent Exercise Capacity”と称しており、「間欠的運動能力」とされています。 いずれにせよ、サッカーにおいては、単に休息を挟みながら、間欠的に運動を繰り返すことだけではなく、”高強度”運動を繰り返すという点が重要になります。 www.nakajim…