Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

回復 の検索結果:

コンプレックストレーニングとは(神経系、筋系、精神運動系の特性を引き出すことによって、後に続くエクササイズの発揮パワーを増大させる)

…を促すトレーニングと回復に十分な時間を割くことは困難な場合が多く、コンプレックストレーニング(CT)は、筋力とパワーを同一セッション内で強化できる、効率的なトレーニング方法になります。 www.nakajimabonesetter.com コンプレックストレーニングとは 1986年に当時のソ連を訪問した後、Fleck&Kontorは、コンプレックストレーニングに関する初の査読付き論文を発表しました。 CTとは、高強度レジスタンスエクササイズを行った後、続けてより低強度で、バイ…

サッカーのミニゲームに基づくピリオダイゼーション(ランニングインターバルトレーニングの効果が類似しており、統計的有意差は認められなかったことを報告している)

ミニゲームに基づくピリオダイゼーション ミニゲームは競技トレーニングとして多くの利点が世界に再認識されています。 ミニゲームは、身体的、生理学的、技術的、戦術的なパフォーマンスの質を高め、様々な利益を提供する可能性があります。 また、チームスポーツであるサッカーがもつ特異的な要求に応えることで、公式戦に対する貴重な準備を提供できます。 一方、予測不可能な状況を最適なレベルで保証することもできるため、学習の多様性を高め、意思決定と創造性を発達させることもできます。 しかもミニゲ…

活動後増強:Post Activation Potentiation(プレコンディショニングプロトコル後に、PAPによるパフォーマンス増大期間が得られるかどうかは、回復時間における増強作用と疲労とのバランスによる)

回復時間における増強作用と疲労とのバランス プレコンディショニングプロトコル後に、活動後増強(Post Activation Potentiation:PAP)によるパフォーマンス増大期間が得られるかどうかは、回復時間における増強作用と疲労とのバランスによります。 すなわち、前者が後者よりもゆっくりと低下することが望ましく、したがってこの関係に留意し、前述の研究で用いられた特異的方法を見直す必要があります。 www.nakajimabonesetter.com PAPが疲労を…

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御{非特異的免疫}と適応防御{特異的免疫}という2つの主要な免疫系で成り立っている)

…レーニングと効果的な回復の実施によりパフォーマンスの向上を促進しながら、トレーニングが原因の疾病や傷害を予防するためには、この免疫系と炎症との関連性を理解することが重要になります。 免疫系、脳、骨格筋の間には相互間系があり、その関係を十分に理解していなかったり、モニタリングを怠ったりすると、パフォーマンスの低下を招き、心理的な抑鬱などの羅漢率が高まる可能性があります。 そのような関係にはサイトカインが働いているとされており、OTSは循環サイトカイン濃度の上昇を伴うことが多いか…

睡眠前の心配と不安(トレーニング/試合に関連する過度の心配と不安は、深刻な情緒反応を引き起こして睡眠の質を低下させる可能性がある)

…技能力に対する自信を回復させるとされています。 また、特に肯定的暗示/創造的視覚化(視覚化療法)などのリラクセーションテクニックを睡眠スケジュールに組み込んで、アスリートがすっきりと解放された気分で就寝できるようするとよいとされています。 www.nakajimabonesetter.com 視覚化療法 以下に挙げるのは、Newmarkによる競技パフォーマンス向上のための視覚化療法のテクニックになります。 アスリートに目を閉じて、全身の力を抜くよう指示し、頭から始めて、額、顔…

メタボリックシンドロームと血中グレリン濃度(グレリンは空腹を左右する最も主要な消化管ホルモンのひとつになり、血中濃度が高い人は、より高糖質の食べ物を欲する)

…リーブバイパス術から回復したお客におけるグレリンとレプチンの血中濃度が、標準BMIの人と同等であったことを明らかにしました。 また、肥満外科手術を受けた糖尿病お客は、高確率で血糖値が標準範囲内に収まっており、一方で”胃緊縛型”つまり胃を適正なサイズにする手術は、体内のグレリン、レプチン、そしてインスリンの血中濃度に影響を与えず、Roux-en-Yやスリーブバイパス術と同様の効果はないことがわかっています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Abb…

サッカー選手における傷害予防(筋力の増大{および結合組織の適応に対して同時に生じる利益}、筋のアンバランスへの対処{特に大腿}、運動メカニクスの改善{ランニング、方向転換、着地}などの傷害予防策を目的としたエクササイズやドリルは非常に重要になる)

…ールダウンを行なう 回復に十分時間をかけた適切なリハビリテーション 固有感覚トレーニング 防具の利用 良好なコンディションでのプレー ルールの順守 www.nakajimabonesetter.com 傷害予防における筋力トレーニングの鍵 筋力トレーニングは筋力の増加に加えて、腱や靭帯、軟骨、さらに骨密度もともに増加します。 したがって、関与するすべての関節の構造的強度が改善されます。 また、主働筋-拮抗筋のアンバランスがあるアスリートは、神経発火のパターンが変化し、素早い爆…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

試合期または実践期 このブロックの期間は最長35週続くことがあり、トレーニングの強度と量は様々で、競技日程にい応じて容易に変更できます。 この期の目的は、身体的なピークに近い状態に選手を維持することですが、シーズンを通して筋力レベルをさらに高めることさえできるという主張もあります。 Hofman&Kangらは、アメリカンフットボール選手の筋力(1RMスクワットとベンチプレス)がシーズン中に有意に向上したことを報告しています(n=53名、シーズン中のレジスタンストレーニングを>…

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

…ました。 また、回復期においてはレジスタンストレーニング群は血糖レベルを維持したのに対し、有酸素性トレーニング群においては血糖値の上昇がみられました、。 同研究者らの類似研究によれば、有酸素性トレーニングに先立ってレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制し、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされず、また、糖質補給の必要性も少なかったと報告しています。 さらに研究者らは、有酸素性トレーニングに先立って高強度のレジスタンストレーニングを実施したとこ…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…etter.com 回復期間の重要性 注意すべき点として、最長35週間、ピークパフォーマンスを維持することは容易には達成できない目標であり、ある程度、筋力の維持に依存すると考えられています。 Kraemerらの報告によると、先発選手も控えの選手も、11週間の全競技シーズンを通して、パフォーマンスが低下します。 この低下は、合計試合数や練習およびコンディショニングの量負荷とは無関係に起こることが示唆されています。 これはシーズン前に誘導された異化環境(高いコルチゾール濃度、低い…

コンプレックストレーニング実施における注意点(スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要がある)

…、セッションの長さ、回復日数、さらには、どのアスリートのコンディショニング活動に反応するのかを考慮する必要があります。 また、Mattahews&Comfortは、スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要があると強調しています。 www.nakajimabonesetter.com 推奨される方法 Bakerは、CTをプログラムに取組む場合、低強度エク…

インスリン抵抗性を有するクライアントへの安全への配慮(低血糖症(血糖値が70mg/dl以下)を起こした人は、血糖値が正常の範囲に戻るまでエクササイズを行ってはならない)

…く、各筋群により長い回復時間を与えることができます。 もうひとつの方策として、レジスタンストレーニングの日には有酸素トレーニングの時間を短縮し、レジスタンストレーニングを行わない日には有酸素性トレーニングの時間を長くするという方法もあります。 www.nakajimabonesetter.com 安全への配慮 インスリン抵抗性を有する人は、他にも共存症を有することが多く、これらの共存症(肥満、整形外科疾患、心臓血管系疾患など)がエクササイズにおける能力や耐性を制限することが珍…

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響(グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性がある)

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響 最後に、運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響は、最終的には脂肪の燃焼にマイナスの効果を及ぼします。 早朝、絶食状態でトレーニングを行うことは、中強度のレベルでさえ非常に困難になります。 低血糖状態でHIIT様式のルーティンを実施しようとすれば、パフォーマンスが損なわれることはほぼ確実になります。 研究により、エクササイズ前に食事をとると、絶食状態に比べ、より高強度のトレーニングを実施できることが明らかになっています。 最終結果…

一酸化窒素(NO)の作用機序(NOの作用機序は、環状グアノシン一リン酸(cGMP)依存性のシグナル伝達系と非依存性のシグナル伝達系の両者によって媒介される)

…、エクササイズからの回復を向上させ、これは筋肥大をもたらすとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The University of Memphis Mempis Tennessee NO(一酸化窒素)―宇宙から細胞まで作者:哲彦, 吉村発売日: 1998/09/01メディア: 単行本 図解「血管を鍛える」と超健康になる!…

股関節形成術後の初期のエクササイズプログラムの作成(理学療法にレジスタンストレーニングを補った実験群は低強度の理学療法群よりも筋力と力の立ち上がり速度が約30%向上した)

…術後の正常な身体機能回復に際してきわめて重要になります。 適切なガイドラインに従うことを前提とすれば、レジスタンストレーニングは、HA後のクライアントの機能的な回復と生活の質の向上に役立つ、安全で効果的な介入方法になります。 理論的には、HA後にはできるだけ早く、漸進的なトレーニングプログラムを始めることが有益になり、筋力は不動化してからの1週間で1日に約4%ずつ低下します。 筋のパフォーマンスが損なわれることを考慮すると、生理学的な施術を尊重し、適切な医療管理とのバランスを…

糖質と運動パフォーマンス(高血糖食{>600g/d}を摂った持久系アスリートは、混合筋グリコーゲン濃度が104.5±9.4mmol/質重量39%と31%増加した)

…フォーマンスを維持し回復を最適化できます。 www.nakajimabonesetter.com 糖質の有効性 糖質の必要性は、アスリートにとって最も重要な視点になります。 試合前夜のパスタの夕食など、糖質を多く含む食事は、筋グリコーゲンの貯蔵を最大限にまで増大させます。 また、トレーニング中および試合中のゼリーやスポーツドリンクは、血糖値の維持と同時に、活動している筋肉への燃料供給に有益になります。 また、トレーニングや試合後の糖質は、グリコーゲンの貯蔵を回復し筋タンパク質…

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

…当大きく低下する)の回復を促進させます。 運動後の筋グリコーゲンレベルを回復できなければ、筋パフォーマンスが低下するため、運動後の回復にとってインスリンはきわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases mus…

心臓血管系疾患とレジスタンストレーニング(運動中の心臓血管反応が正常であることを確認するために、セッション中の心拍数{HR}と収縮期血圧{BP}の規則的なモニタリングが必要になる)

…す。 セット間の回復時間は、用いた負荷により30~120秒までの範囲とし、RT中の強度のモニタリングには、BorgのRPEスケール(6~20)を用いることができ、望ましい努力の範囲は11(楽である)から14(ややきつい)になります。 安定型心臓血管系疾患および心臓リハビリテーション中のクライアントのレジスタンストレーニング例 エクササイズ レップ数 セット数 チェストプレス 8~15 1~2 ニーエクステンション 8~15 1~2 プルダウン 8~15 1~2 ショルダープレ…

非外傷性の労作性虚脱を起こす原因(熱中症と間違えやすい鎌状赤血球化による虚脱は血液が不足することで衰弱感を生じることによる鈍い虚血痛のため適切に対処しなければならない)

…水分および酸素補給で回復することもある。 兆候と症状 胸が締めつけられる 咳 喘鳴 息切れ 呼吸補助筋を用いた呼吸 胸部、頸部、顎、腕の痛み 意識消失 息切れまたは呼吸数低下 めまいまたは立ちくらみ 悪心または嘔吐 不安感 熱痙攣は、激しい痛み、圧迫感、および触診可能な強い筋収縮を引き起こす。 熱疲労および熱射病は、失見当識、失神、意識消失、悪心、嘔吐、めまい、悪寒、被刺激性頭痛を引き起こす。 通常は虚脱後も意思疎通が可能である。 触診しても筋の外観と触感は正常であるが、本人…

サッカーにおける反復スプリント能力(短い回復時間{≦60秒}により分断された一連のスプリント{≦10秒}において、最高のパフォーマンスを発揮する能力と定義される)

…ility)は、短い回復時間(≦60秒)によって分断された一連のスプリント(≦10秒)において、できる限り最高のパフォーマンスを発揮する能力と説明できます。 www.nakajimabonesetter.com 戦術的な要素を含む代謝トレーニング Plisk&Gambettaは、反復スプリントトレーニングの次段階のトレーニングとして、戦術的な要素を含む代謝トレーニングを用いることを提唱しています。 この方法は、実際の試合中に観察される、ポジションと試合に特異的な動作と強度とを…

脊椎屈曲エクササイズと柔軟性(脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高め、向上した柔軟性は、結合組織の強度の増加、神経筋コーディネーションを改善する)

脊椎の柔軟性と腰痛 脊椎の屈曲エクササイズは脊椎の機能的な柔軟性を高めるのに役立ち、それが腰痛(LBP)の発生を減らす可能性があります。 多数の研究により、矢状面での脊椎の柔軟性不足がLBPの発症増加に関連していることが明らかになっています。 レジスタンスエクササイズは、活発な形態の柔軟性トレーニングとしての役割を果たし、機能的な可動域内において関節の可動性の改善に役立つことがが知られており、脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高めることも明らかになっています。 w…

サッカーのミニゲーム(SSG:small sided game)とは(4対4の場合、相対的VO2maxの平均値は82%、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、試合よりも各選手の高強度運動の回数は多く、ボールの支配時間も長くなる)

ミニゲーム(SSG:small sided game) 高度なパフォーマンスが要求されるスポーツでは、トレーニング刺激が競技の要求と類似しているときに刺激が最大となります。 ミニゲーム(以下SSG)は、技術的、戦術的、身体的能力の向上を意図して開発されたサッカーに特異的なトレーニングプロトコルになります。 このようなSSGは通常、複数回のインターバル形式で行われ、選手の数もピッチ位の大きさも様々に異なり、ルールも変更されます。 SSGでは、選手に相当大きな有酸素性、無酸素性の…

運動誘発性筋痙攣の歴史的考察(最大限まで短縮した筋の等尺性収縮により、筋膜が伸張し、活動中の筋への血流が完全に止まることにより痛み受容器と化学受容器から中枢神経系(CNS)に求心性シグナルが伝わる)

…去するため、筋機能の回復に有効であると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Jansen P.Joosten E Vingerhoets H.Muscle cramp.Main theories.as to aetiology.Eur Arch Psychiatr Neurol Sci239:337-342 MUSCLE CRAMPS EXPLAINED by Science こむら返り 整形外科の名医が教える自力克服大全 (わ…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…HRmaxで3分間の回復を挟んで行うトレーニング様式になります。 Helgerudらは、プロサッカー選手のVO2maxの向上を意図した4種の持久力トレーニングによる介入を比較しました。 トレーニング郡 プロトコル トレーニング前のVO2max(ml/kg/分) トレーニング後のVO2max(ml/kg/分) ロングスロー・ディスタンスランニング 70%HRmax(137±7bpm)で45分間の連続走行 55.8±6.6 56.8±6.3 乳酸閾値ランニング 乳酸性作業閾値(8…

6月30日

6月も最後です。 6月もあっという間に過ぎていきました。 6月の記録として… インディバ 施術ではインディバを使用しています。 チューブ 施術後は自宅でも出来るストレッチやトレーニングを。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング風景 パーソナルトレーニングの風景 練習風景 仕事終わりに練習をしている風景 ソーシャルディスタンス 身体のことでお悩みの方、お問い合わせお待ちしております。 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

サッカー選手のストレングス&コンディショニング サッカーは高強度で間欠的なコンタクトチームスポーツとしての特徴をもち、その競技パフォーマンスの成功には、多数の鍛え抜かれた身体的、生理学的能力が必要になります。 必要とされる技術的また戦術的なスキルの他にも、サッカー選手は、高いレベルの有酸素性、無酸素性コンディショニングを維持し、スピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com

カフェイン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される可能性がある)

…com 痛みと炎症の回復を助ける機能的食品 筋肉痛は、筋が受ける機械的損傷と、筋組織内に生じる生化学的変化によって引き起こされます。 筋肉痛の特徴は、炎症、疼痛、腫脹、圧痛/硬直およびクレアチニンキナーゼ(CK)や乳酸脱水素酵素(LDH)などの筋損傷マーカーの上昇になります。 圧痛や炎症の緩和には、休息、マッサージ、積極的回復、フォームローラー、アイスバス、ストレッチ、そして栄養摂取になります。 www.nakajimabonesetter.com アスリートへの有益な痛みと…

運動後の糖質摂取の重要性(1.2g/kgの糖質を15~30分ごとに最大5時間摂取すれば、筋グリコーゲンの最大合成が可能になる)

…リコーゲンの最大限の回復を図るためにきわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 糖質摂取のタイミング 効果の決め手はタイミングになり、運動後30分以内に糖質を摂取すれば、運動中に増加したGluT4の細胞膜への輸送の結果、グルコースの摂取が促進されます。 ところが、糖質の摂取が2時間以上遅れると、グリコーゲンの回復率は50%低下します。 運動後の摂取タイミングとは無関係に、1時間に1.2g/kgの糖質を15~30分ごとに最大5時間にわたり摂取…

筋肥大と休息時間(短い休息時間は低酸素状態を引き起こしタンパク同化ホルモン濃度の急上昇を引き起こす)

…、アスリートが筋力を回復する十分な時間が取れないため、後続のセットにおける筋のパフォーマンスを大きく損ないます。 したがって、より大きな代謝ストレスに伴う肥大の見かけ上の利点は、減少した筋力により相殺されてしまうため、筋肥大の最大化に関する限り、短い休息時間は最善の方法とはいえません。 長い休息時間 長い休息は、筋力の完全な回復をもたらし、最大の力発揮でトレーニングを行う能力を促進します。 DeSallesらは、50~90%1RMの負荷を用いたトレーニング中に、3~5分の休息…

運動後の栄養(糖質-タンパク質)摂取で異化状態から同化状態へ(筋グリコーゲン補充速度、筋タンパク質合成活性化速度を上昇させる)

…は枯渇します。 回復と有益な適応を至適速度で生じさせるためには、この異化状態を”同化状態”へと変化させなければなりません。 このような変化を引き起こすためには、運動後の適切な栄養摂取を、適切なタイミングで行うことが非常に重要になります。 ※同化過程は、器官や組織を「組み立てる」方向に働く。 www.nakajimabonesetter.com 運動後の栄養補給の重要性 運動後の栄養補給は、栄養刺激に対する筋の感受性は運動直後に高まり、その後、最大限に高まった状態が約30~60…