Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

姿勢 の検索結果:

サスペンショントレーニングのテクニック(全身を一つのユニットとして動作を統合できるように、片脚の筋力とパワー、神経筋を鍛えることは、急な減速やカット、爆発的な加速は、試合の勝敗を決定づけるプレーの創造に必要なツールになる)

…は、最適とはいえない姿勢でプレーせざるえない場面が少なからずあり、選手が理想的な姿勢を崩したり、方向転換に即座に反応しなければならない場面も多くなります。 それは姿勢の悪さを起因する異常な力を減速する選手の能力によって、勝敗を左右するパスやシュートが成功するかが決まります。 このような崩れた姿勢でのプレーは片側で行われることが多くなり、サスペンショントレーニングのテクニックは、筋力とパワーだけではなく、片側での神経筋の能力を鍛えます。 サスペンデッドランジ メディスンボールの…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

…動作全体を通じてその姿勢を保持するように指導します。 腕の挙上中に肩甲骨を引き寄せ姿勢を保持すると、肩甲骨を前方へ引き出している場合よりも大きな力が発揮されますが、これは、腕の安定した支持基盤を提供する上で、肩甲骨の安定筋群が重要であることを証明します。 肩甲骨の機能を最適化するために FCの目的は、オーバーヘッド動作を伴う競技におけるローテーターカフの要求のために、また、運動中の疲労による上腕骨頭の上方移動を防ぐために、筋持久力と筋力を強化することにあります。 さらに、肩甲…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

…与します。 この姿勢では、背部伸展筋群は剪断力を生み出し、それが圧縮力と併せて脊椎の安定性を増加させます。 またファーストプルの間、バーベルを身体に近い位置に保持することで、肩甲骨内転筋群と肩伸展筋群が強化されます。 このテクニックを使うことにより、アスリートは大きな力を発揮でき、床からのプルは、筋活動開始と同時に大きな力を素早く発揮する能力の向上をもたらすことができます。 これは、バレーボールの守備の姿勢と関連があり、肩と下背部の傷害予防に有益になります。 www.naka…

スポーツにおける動的ウォームアップの導入(自重による負荷を受けた状態で、関節を可動域の限界まで動かすことにより関節可動性の改善を図ることが重要である)

…同様に、立位から低い姿勢に移行した後、再び立位に戻るように姿勢を移行させることは、運動制御の向上効果を競技動作に反映させる上で役立ち、さらに障害予防の効果も期待できます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Almosnino S, Kingston D, and Graham RB.Three-dimensional knee joint moments duringperformance of the bodyweight squat: Eff…

デプスジャンプの応用(DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節でき、様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になる)

…きます。 DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節できます。 様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になります。 www.nakajimabonesetter.com デプスジャンプと競技特異性 例えば、バレーボール選手は、オリンピックのウェイトリフティング選手と異なる可動域からの最大力発揮能力を必要とします。 個々のスポーツの要求に応じて、DJを股関節、膝関節、足関節にそれぞれ…

スクワットジャンプとRFD(膝を110°と150°に屈曲させてSJを行った男性アスリートが、同じ膝の関節角度で等尺性筋活動やCMJを行った場合に比べ、最も大きなRFD{RFDmax}を達成した)

…決められた深さの静止姿勢から開始するVJと定義されますが、このときアスリートは、肩から腕を伸展させて行うか、両手を腰に保持したまま行います。 SJの利用はアスリートのRFD(筋の立ち上がり速度)の向上が目的であり、したがって、SJの特徴として、アスリートが静止状態から運動を開始することが重要になります。 例えば、3点支持または4点支持の姿勢からスタートするアスリートは、SJトレーニングを行うことにより、最短時間で力を発揮する能力を高めることができます。 www.nakajim…

サスペンディッドプッシュアップ(標準的なプッシュアップよりも大きなコア筋群の筋活動を誘発する)

…背筋を伸ばした膝立ち姿勢から開始し、床に倒れこんでニープッシュアップを行い、再び膝立ち姿勢から開始し、床に倒れこんでニープッシュアップに戻る爆発的プッシュアップ)、ジャンププッシュアップ(標準的プッシュアップの姿勢から開始し、上半身を床から離す際に身体を床から浮かせ、再び標準的プッシュアップの姿勢に戻る爆発的プッシュアップ)、カウンタームーブメントプッシュアップ(素早い伸張性局面、反転局面、短縮性局面を特徴とするが、身体を床から浮かせずに高速で行うプッシュアップ)を検証しまし…

スクワットテスト(フロント、バック、およびオーバーヘッドスクワットは、筋力プログラムの基盤となるものである)

…なフロントスクワット姿勢でのキャッチを採用しているため、専門的な名称としては正しくはクリーンとなります。 パワークリーンのテスト結果を基に、プログラムで行う全ウェイトリフティング動作の負荷のパーセンテージが決定されます。 例えば、スナッチはパワークリーンの最大値の65%に設定されています。 このように低い割合を用いるのは、テクニック面で非常に要求が高く、危険を伴うエクササイズにおいて、動作速度に重点を置けるようにするためです。 www.nakajimabonesetter.c…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面{前額面、矢状面、水平面}全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…たします。 静的姿勢を安定させることができない選手を同様の安定化パターンを要する動的状況に漸進させると、動作機能不全を引き起こし、ひいては受傷リスクをもたらしかねません。 そのため、野球選手向けのあらゆるプログラムでは、初期段階においてアイソメトリックな安定性を、特に骨盤、脊柱、および肩甲骨のコントロールに重点を置いて評価する必要があります。 複合的なプログラムデザインは、3つの構造(骨盤、脊柱、肩甲骨)を支える筋群に重点を置いた、戦略的なエクササイズ処方に役立ちます。 ww…

ファーストプル開始局面(静的開始は等尺性動作であるために、セットポジションの体勢を支える下肢と股関節が疲労するが、必ず実行しなければならない為、テクニックと基礎筋力を獲得することが不可欠になる)

…バランスのとれた開始姿勢が得られ、指導と習得が非常に簡単であることです。 静的開始は、離床前に小さな反動をつけないため、最もパワフルではない開始スタイルになりますが、逆に反動をつけると伸張反射が利用できるため、ファーストプルにおける力発揮能力が向上します。 しかし、静的開始は等尺性動作であるために、セットポジションの体勢を支える下肢と股関節が疲労する可能性があります。 それでも、このポジションは必ず実行しなければならないものであるため、トレーニング初期に静的開始のテクニックと…

ベアフットランニングとショッドランニングのバイオメカニクス的差異(ベアフットでは股関節、膝関節、足関節におけるピークトルクが低下、足底の固有受容器のフィードバックを増大させる)

…トランナーのこの接地姿勢はストライド長を短縮し、ストライド頻度(ピッチ)を増加させます。 ストライドの違いは、衝撃による制動を受ける前の足底屈筋群の予備緊張を高めて、初期衝撃力を低下させる可能性があり、また腓腹筋とヒラメ筋の予備緊張の高まりは着地に伴う衝撃を予期して、衝撃力を低下させ、さらに足前部接地への変更は、足関節底屈筋がより制御された方法で伸張性筋活動を行なって身体を下げることを可能にします。 www.nakajimabonesetter.com ピークトルクの違い シ…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷{SCI}のクライアントは起立性低血圧{姿勢によって発生する低血圧}および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

…ントは起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧があり、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。 Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。 これ以外にも、SCIのクライアントが日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果として、活動する筋量の増大、筋力の向…

CMJの定義(「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う)

… アスリートは直立姿勢で立ち、足関節の、背屈により身体を下降させ(下腿三頭筋の伸張性筋活動)、膝を屈曲し(大腿四頭筋の伸張性筋活動)、次いで股関節を屈曲します(殿筋とハムストリングスの伸張性筋活動)。 アスリートの目標によって、伸張性筋活動と短縮性筋活動の間の時間は変化しますが、CMJの最終段階は、垂直方向の推進力を生み出す脚部の素早い筋収縮になります。 CMJは多数のスポーツにおいて、例えばバスケットボールのリバウンドやサッカーのゴール上部でのボールのブロックなど、特定の運…

青少年の線維筋痛症における神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し{ストライド長の短縮}、バイオメカニクス的機能が低下する{下肢の筋力と姿勢制御の低下}傾向にある)

…下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にあり、そのため、エクササイズによる受傷や疼痛悪化を起こしやすいと考えられています。 例えば、若年性突発性関節炎のお客は、対照群に比べてデプスジャンプの着地に変化がみられますが、このようなバイオメカニクス的機能の低下は、障害悪化の予測因子であることが明らかになっています。 さらに、線維筋痛症を有する青少年は、活動的な青少年と比べて、膝関節伸展、膝関節屈曲、および股関節外転の筋力と動的安定性が低いという結果がでています。 したがって、慢性…

腰痛とケトルベル(KBトレーニングでは、適切に行った場合、補強されたコアとニュートラルな脊椎を利用して股関節伸展筋群から筋パワーを発揮することが要求されるため、クライアントが体幹の望ましくない運動をコントロールしながら股関節からパワーを発揮することに役立つ)

…グプロトコルにより、姿勢への負荷に対する背部伸展筋群の安定性が高まったことが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 背部、股関節伸展筋群の活性化 KBトレーニングが背部の健康を改善する理由のひとつは、背部と股関節の伸展筋群の活動を促進することによると思われます。 Jayらは「感覚運動神経におこる健忘(Sensory Motor Amnesia)」またMcGillは「殿筋群の健忘(Gluteal Amnesia)」という用語を用いて、背部と…

サッカーにおける加速力とスピード(平均すると17m、スプリント約96%が30m以下、持続時間は平均6秒以下、90秒に1回の割合でスプリントをおこなっている)

…す。 そのため、静止姿勢からスタートするスプリントに比べ、最大速度に達するまでの時間も少なく、距離も短く、これは、助走スタートかローリングスタート後の速度を速める必要性を示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com スピードを向上させるには サッカーに特異的なスピードを向上させるためには、知覚行為結合(perception-action coupling)を取り入れて、知覚要素や意思決定要素の発達を促すことが必要になります。 Gambleは、スピード…

ストラクチュラルエクササイズと代替エクササイズ(スクワットやデッドリフトなどのストラクチュラルエクササイズでは立位で脊柱にストレスがかかるが、レッグプレスではそれが実施できない)

…ような競技特性に近い姿勢でトレーニングすることが望ましくなりますが、レッグプレスではそれが実施できません。 また、スクワットやデッドリフトの場合、動作時にパワー発揮をするために股関節の伸展動作時の最終可動域60~80°が必要ですが、レッグプレスではこの最終動作ができません。 Frounfeltrerは、他の条件が同じであれば発揮できるパワーが大きい選手ほど競技パフォーマンスが高くなり、そのパワーや爆発性の重要なカギになるのが3関節(股関節、膝関節、足関節)のトリプルエクステン…

屈曲により腰痛が改善するクライアント(脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向にある)

…、座っている時や前屈姿勢をとっているときに症状が緩和します。 このような場合はウォームアップに反復的な屈曲動作を含めると良いとされますが、骨粗鬆症による圧迫骨折などの併存疾患があるクライアントや股関節置換術などを受けたクライアントは、屈曲が禁忌になる可能性があり、クライアントの既往歴を確認することはきわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 屈曲が効果的なクライアントのための心肺系エクササイズ トレッドミルは、屈曲が症状緩和に有効なクライア…

プッシュアップのバイオメカニクス(大胸筋は水平屈曲動作における主働筋であるため、肘を開くと筋の長さ-張力関係が向上する)

…ス的に力発揮が不利な姿勢に大胸筋を置くことになり、その結果、上腕三頭筋においてより大きな力発揮能力が要求されます。 さらに、プッシュアップ中の筋電図(EMG)研究によると、ナロウベースのプッシュアップは、ワイドベースよりも大きな上腕三頭筋の筋活動を引き出すだけではなく、大胸筋の胸骨骨頭部における筋活動をも活発化させました。 加えて、手の位置に対して体幹部を前方あるいは後方へ移動させることも、筋の動員パターンに影響を及ぼし、手の位置に対して体幹部を前方へ移動させると、ノーマルベ…