Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

姿勢 の検索結果:

投球側の肘関節の評価:機能的外反ストレステスト(外反伸展過負荷は外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になる)

…す。 この最初の姿勢から、肘関節を完全屈曲から完全伸展まで動かし、不安感や不安定性、あるいはUCL痛を誘発するポイントを確認します。 VEOは、外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with el…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

漸進的なリハビリテーションプログラム 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後の漸進的なリハビリテーションプログラムは、主として手術中に切開され、後に修復された肩甲下筋の腱を保護するように計画されます。 リハビリテーションの進捗が遅く長期間かかるのは、人工装具に置換したこと以外の多くの場合、肩関節に到達するために切開され傷んだ軟部組織構造を修復するためとされています。 合併症もなく手術を終了したクライアントの人工…

正確なファーストプルの重要性(開始局面の適切な実行は、急激で力強い伸張がその後に続く短縮性局面を強化するという増強効果をもたらす)

…的な負担の少ない身体姿勢をとることが可能になります。 力学的な負担が減少することによってエネルギーを必要以上に、すなわち無駄に消費することなく動作を実行できます。 第二に、適切なテクニックを用いることによって、最適な重心位置(COG)を獲得、維持することが可能になります。 第三に、ファーストプルの後には「ダブルニーベント」「スクープ」または「移行」と呼ばれる局面が控えることから、ファーストプルの適切な実行は、急激で力強い伸張がその後に続く短縮性局面を強化するという増強効果をも…

肩関節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される)

…90°外転させ、その姿勢をとったら、反対側の腕を(肘の辺りをつかんで)胸の前を横切るように引き寄せます。 スタンディングクロスアームストレッチ スタンディングクロスアームストレッチは、サイドライイングクロスアームストレッチのバリエーションとして適用されます。 このストレッチでは、ストレッチする側を壁にもたれさせ、肩甲骨後部/肩甲骨を直接壁につけて安定させます。 その姿勢をとったら、反対側の腕でストレッチする側の腕を(肘の辺りをつかんで)胸の前を横切るように引き寄せ、肩甲骨はそ…

肩関節に対するスリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチ(いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できる)

…させます。 その姿勢をとったら、反対側の腕でストレッチする側の腕を(手首の辺りをつかんで)ベッドのの方向へ押し、内旋させます。 ストレッチする側を下にして側臥位をとることで、肩甲骨を安定させた状態が保持されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Kolber Mj Beekhuizen K Cheng M and Hellman M Shoulder joint and muscle characteristics in the recrati…

レジスタンストレーニングと肩鎖関節の傷害(鎖骨遠位の骨融解はいわゆる「ウェイトリフター肩」としても知られ、肩鎖関節の離開、肋軟骨下の疲労骨折、肩鎖関節を形成する鎖骨遠位における骨の融解などを特徴とする)

肩鎖関節の傷害とトレーニング 肩鎖関節には上肢レジスタンストレーニング(RT)の過程で増加した負荷がかかるため、鎖骨遠位の骨溶解といわれる症状が起こりやすくなります。 鎖骨遠位の骨融解はいわゆる「ウェイトリフター肩」としても知られ、肩鎖関節の離開、肋軟骨下の疲労骨折、肩鎖関節を形成する鎖骨遠位における骨の融解などを特徴とします。 これらの症状は具体的にはベンチプレスエクササイズと関連づけられ、エクササイズの下降局面で腕を体幹より下部まで伸展する際に、肩鎖関節で繰り返し起こる微…

スプリットオルタネイティングフットスナッチのもうひとつの利点(筋は神経情報の入力によってコントロールされており、新たなエクササイズを導入すると、中枢神経系によって新たな筋の動員パターンが確立される)

スプリットオルタネイティングフットスナッチの利点 スプリットオルタネイティングフットスナッチ(SAFS)のもうひとつの利点は、トレーニングプログラムのバリエーションが増えることになります。 大多数のエクササイズ(スクワット、フロントスクワット、クリーンなど)は、足を肩幅または腰幅に開いて行われます。 オルタネイティングスプリットで行われるエクササイズ(ランジなど)は、それよりもはるかに数が少なく、オルタネイティングスプリットを行いつつ、バーを頭上で保持するエクササイズはSAF…

股関節形成術後の柔軟性エクササイズ(腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されるために股関節の伸展および外旋可動域を回復させることが目標になる)

…して、約10秒間その姿勢を保持するとよいとされています。 各平面で数セットを行い、その間10~15秒の休息を挟み、健康なクライアントでは、1日に2回、週3回の柔軟性ルーティンを行えば、股関節の可動域向上に関しては毎日ストレッチングを行うのと同程度に効果があることが明らかにされています。 一般的な注意として、後外側アプローチによるHAを受けたクライアントは、屈曲、内転、内旋を組み合わたストレッチングを避ける必要があります。 この姿勢は股関節の脱臼を起こしやすく、完全に回復する前…

ウェイトリフティングのグリップ幅(スナッチの場合、グリップ幅を計測する方法は、外転させた腕の近位指節間関節から反対側の肩までの距離を計測する方法がある)

…の開始時にかけてとる姿勢でもあります。 www.nakajimabonesetter.com クリーンのグリップ幅 クリーンを行う場合、グリップ幅は肩幅かそれより広くします。 上述したスナッチの3つめのグリップ幅計測を用いてもよいですが、この方法を用いてクリーンのグリップ幅を計測する際は、バーが大腿の中央から上部に来るようにします。 これらのグリップ選択が自分で適切なグリップ幅を見るけることができ、コーチがアスリート全員を計測する時間と労力が省けるという点で有用であり、加えて…

サスペンショントレーニング(持続的な局所筋疲労を伴わずに並行能力を鍛え、微妙な不安定を解消し、神経筋の活性化を促し、エクササイズに最適な運動パターンに備える機能的な統合動作をトレーニングできる)

…由があります。 姿勢を変えるだけで抵抗を調整できるため、選手一人ひとりに適した抵抗を使って一度に大勢のコンディションを迅速かつ効率的に整えることができます。 www.nakajimabonesetter.com サスペンショントレーニング サスペンショントレーニングは、持続的な局所筋疲労を伴わずに並行能力を鍛え、微妙な不安定を解消し、神経筋の活性化を促し、エクササイズに最適な運動パターンに備える機能的な統合動作を利用します。 このアプローチは、主なヘビーリフトのパフォーマンス…

股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する)

…、手術を受けた下肢の姿勢安定性の低下、および心肺機能の低下などもHA後に長期間残存する障害として報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引American Academy of Orthopaedic Surgeons The Burden of Musculoskeletal Diseases in the United States Rosemont IL American Academy of Orthopaedic Surge…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…復的な負荷、不適切な姿勢、偏ったエクササイズの選択により、関節や筋のアンバランスが生じ、RT参加者の傷害リスクが高まる可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Myer G.Ford K.and Hewett T.Rationale and clinic techniques for anterior cruciate ligament injury prevention among female athletes.J Athl Tr…

エクササイズの選択と肩の傷害(ベンチプレスの下降局面は、特に腕が体幹より低く下ろされた場合には、多くの傷害の原因とされている)

…可動域末端に肩を置く姿勢が原因である場合が多くなります。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズの選択と肩の傷害 エクササイズの選択に関しては、ベンチプレスのパフォーマンスはしばしば、骨軟化、軟部組織の挫傷と断裂、前部不安定症、脱臼などを含む肩の傷害の原因であるとされています。 ベンチプレスの下降(伸張性)局面は、特に腕が体幹より低く下ろされた場合には、多くの傷害の原因とされています。 さらに、ハイファイブポジションをとる必要のあるエクササイズは、…

レジスタンストレーニングにおける肩関節不安定症と脱臼(肩はハイファイブポジションで関節が外れることが多く、ハイファイブポジションが必要なエクササイズにおいて重い負荷を用いることにより、肩関節の脱臼を起こしやすくなる可能性がある)

…ササイズ中の不適切な姿勢により、RT集団は肩前部の不安定症になりやすくなります。 体幹の後方まで上腕骨の伸展を必要とする肩の位置、またはハイファイブポジションを要求する姿勢は、肩前部に過剰なストレスがかかり、したがって可動域が過度に増大し、やがて時間の経過に伴い安定性の低下をもたらします。 Grossらは、RT中に肩の痛みを感じている20名の被験者を調べ、この調査では被験者全員が、例えばチェストフライやベンチプレスなど外転-外旋を行う「ハイファイブ」ポジションをとるときの疼痛…

睡眠不足とパフォーマンス(632名のアスリートの間では、32%が睡眠中に何度も目を覚ましたことがあることがあると報告し、79%が試合の前日の入眠障害を経験し、翌日の疲労感が増した)

睡眠不足 研究では、睡眠の質が低いアスリートが非常に多いことが強調されています。 オリンピックに出場する選手の群では、アスリート以外の一般人とのコントロール群との比較において、睡眠時間(84.3±5.7対89.7±3.3)および、睡眠効率(80.6±6.4対88.7±3.6、最適量のREM睡眠をもたらす睡眠サイクルの反復段階)の有意な減少が確認されました。 さらに、632名のドイツのアスリートの間では、32%が睡眠中に何度も目を覚ましたことがあることがあると報告し、79%が試…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩を引き起こし、不安定性をもたらす)

…にとって望ましくない姿勢にあり、特に外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩(過剰な動き)を引き起こし、不安定性をもたらす可能性があります。 ビハインドザネックミリタリープレス、ダンベルプレス、ある種の座位のトレーニングマシンを利用したペクトラルフライ、バックスクワット、およびビハインドザネックプルダウンなどの一般的なエクササイズにおいては、ハイファイブの姿勢を取ることが要求され、胸部のストレッチングエクササイズの中にも肩関節包前…

フロントスクワットを探求する(FSqは肩関節前額面においてニュートラルなポジションを維持、外旋も15°に留まるために、肩関節不安定性を持つ人にも有用である)

…「フロントブリッジ」姿勢をとった状態での30秒間の等尺性収縮と比較し、研究の結果、上記の最大下負荷を用いたFSqにおける脊柱起立筋の活動は、BSq、ミリタリープレス、およびフロントブリッジを有意に上回りました。 腹直筋に関しては、フロントブリッジにおける筋活動が他のすべてのエクササイズを有意に上回りましたが、BSq、FSq、およびミリタリープレスにおいては腹直筋の筋活動は同等のレベルを示しました。 ここで注目すべきは、すべての動的エクササイズが一定の絶対負荷(40kg)を用い…

線維筋痛症とトレーニング(8週間の有酸素性ウォーキングプログラム{最大心拍数の60~70%で20~30分間など}と、フリーウェイトとマシンを用いたレジスタンストレーニングプログラムで症状、圧痛点の数、体力、心理状態、生活の質を改善がみられた)

レジスタンストレーニングの有効性 レジスタンストレーニングの有効性を支持するエビデンスは、有酸素性トレーニングと同程度に存在します。 Bircanらは、30名の女性を対象として、8週間の有酸素性ウォーキングプログラム(最大心拍数の60~70%で20~30分間など)と、フリーウェイトとマシンを用いた上半身および下半身に対する漸進的レジスタンストレーニングプログラム(30分間で4~12レップ)を比較しました。 その結果、有酸素性ウォーキングもレジスタンストレーニングも、症状、圧痛…

クライミングにおける体幹、腕と肩の筋の動員(マントリング行う際には胸筋群と前鋸筋に大きく依存し、クライマーには、肩回旋の機能的筋力のアンバランスと肩甲胸郭関節の動きの変化が認めらる)

…合は、力学的に不利な姿勢となるため、上半身の筋群に求められる仕事量が増大します。 脚部が登攀面から離れた場合は、姿勢を立て直すのにコアの筋群が関与します。 以上のことから、腹部、腰部、および骨盤の筋群を、クライミングパフォーマンスへの転移効果が最大になるよう、様々な姿勢を用いて強化するエクササイズを定期的に組み込むことが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 腕と肩の筋群 クライミングにおいては、身体を鉛直および水平方向に移動させるため、肘屈曲…

フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になる)

…速に必要な筋力と身体姿勢の獲得に役立つため、この結果は理にかなっています。 以上のことから、FSqは、競技パフォーマンスの決定的要素であるスピード筋力の向上に非常に重要な役割を果たすといえます。 www.nakajimabonesetter.com スピード筋力に与える効果 スピード筋力を要するスキルの強化において、FSqはバックスクワット(BSq)と同等の効果を有する可能性も示唆されています。 Peeniは、ディビジョンⅠ大学バレーボール選手18名を2つのグループに分け、そ…

フットボールにおけるタックル動作のための筋力トレーニング(タックルにおいて生じる力ベクトルを再現するために選手の力ベクトルは、ボールキャリア、および合力ベクトルに対してやや斜めの角度になることが多く、そのため左右非対称の負荷を用いる)

…、片足スタンスで前傾姿勢をとり、両腕を(伸展および外転位から)屈曲および水平内転させて、ボールキャリアの「ラップアップ(抱え込み)」を行っています。 また、その間も、選手は支持脚の踏み込みを継続し、股関節と膝関節を伸展、足関節を(背屈位から)底屈させたところで、今度は反対側の脚を前に出して踏み込みます。 ボールキャリアはタックルに備えて側方へ移動することが多いため、タックルを行う選手の力ベクトルは、ボールキャリア、および望ましい合力ベクトルに対してやや斜めの角度になることが多…

クライマーの筋収縮のタイプ(平均38%は静止姿勢に費やされ、そのことは酸素摂取量に比べて心拍数が過度に高い原因となるが、これは筋代謝受容器反射の活性が促進されるために起こる)

…うち平均38%は静止姿勢に費やされ、そのことは酸素摂取量に比べて心拍数が過度に高い原因となっていますが、これは筋代謝受容器反射の活性が促進されることによるものとされています。 www.nakajimabonesetter.com 等尺性筋収縮の血管適応 持続的な等尺性筋活動は、局所的に血流を低下させ、場合によっては筋疲労を引き起こすことから、クライマーに特有の課題となります。 そして、等尺性筋活動は、繰り返すことによって血管適応をもたらす可能性があります。 等尺性筋活動はクラ…

エクササイズと喘息(水泳は湿度の高い環境で行われ、水平な姿勢をとるため粘液が喉に詰まりにくい利点がある)

喘息を持つクライアントに対してのエクササイズプランニング エクササイズ専門職にとって、現在または過去の喘息の症状、重症度、誘発機序(気温、湿度、アレルゲン)へのモニタリングを入念に行い、正式なプランを立て、トレーニングに伴うEIB(運動誘発性気管支収縮)のピーク時間を把握することが、エクササイズ処方の決定プロセスに役立つ可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 「喘息行動計画」 アスリートや喘息のクライアントは、自らの喘息の状態を多くの側面でう…

産前産後の女性のためのエクササイズガイドライン(姿勢とバランスは体重の変化により悪影響を受け、移動と固有感覚にも影響を受け、ホルモン分泌により一時的な胸郭のリモデリングが起こり、残気量と予備呼気量の低下および最大吸気量の増加が起こる)

…が起こります。 姿勢とバランスは体重の変化により悪影響を受け、移動と固有感覚にも影響がみられるために、妊娠中は乗馬など、落下する危険性が高い活動は避けるように勧められています。 また女性のおよそ半数は、妊娠中に何らかの腰痛を経験し、結合組織の弛緩も促進されます。 心臓血管系変化 妊娠中の女性の多くは、心臓血管系の変化も経験します。 安静時、および最大下の活動を行っている際の心拍数が上昇、これは、妊娠開始後早ければ2~5週で始まり、妊娠後期まで続きます。 安静時心拍数は、第8週…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…パーストレッチングの姿勢における静止位置から可動域末端までの腕の角度と解釈されます。 ※可動腕は、肘頭の直線上通る尺骨茎状突起と一直線に揃えます。 従来から行われている内旋のROMAは、アスリートが仰臥位をとり、肩関節を90°外転させ、肩甲骨平面に向かって水平に 10°内旋させ測定します。 利き腕と非利き腕の内旋角度に20°以上の差がある場合にはGIRDまたはその他関連のある病理学的に異常な機序を示唆する可能性があります。 スリーパーストレッチングが可動域制限に及ぼす長期的影…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…を用いて静的4点接触姿勢からレースを開始することになります。 対照的にフィールドスポーツの選手は動的スタート(ウォーキングやジョギングなど)からスプリントを開始することが多く、例えば、高校あるいは大学サッカーにおけるススプリントの85%近くは、すでに動いている状態から開始され、平均スプリント距離は約18~20mになります。 Delecluseらは、静的スタートから最大スピードは36mで達成されると報告しています。 したがって、同一選手が同一距離において評価されるならば、フライ…

フロントスクワットのバリエーション(ダンベル/不安定なプラットフォームにおいては骨盤の安定化システムにおいて股関節と肩甲帯を結ぶ能動的要素{腹斜筋/胸筋、大殿筋/広背筋}の活性化を促す)

…を用いたFSqの開始姿勢は、先述のストラップを用いて行うFSqと同様であり、ストラップをつかむ代わりにダンベルのハンドルを握ります。 スタンス シングルレッグ:スクワットにはシングルレッグで行うものが多数あります(シングルレッグスクワット、ブルガリアンスクワット)。 これらシングルレッグスクワットのバリエーションはいずれも、股関節を安定させる外転筋と内転筋の活性化増大を目的としています。 シングルレッグで行うことにより、S&Cは、キネティックチェーンにおける筋のアンバランスが…

水泳選手と肩関節傷害予防(およそ47~80%の選手が肩関節に傷害を発生していることから、ローテーターカフの強化、あらゆる方向や平面における刺激により、コア{体幹}を強化することも必要になる)

…プレス動作により最終姿勢をとるエクササイズになります。 このエクササイズは、スターティングブロックからの飛び込み時間の短縮や、プール内におけるターンの時間を短縮させることに役立ち、さらにメディスンボールを用いたドンキーキックエクササイズは試合におけるターン時の力およびパワー発揮能力を向上させうる競技特異的なエクササイズになります。 オフシーズンにおけるレジスタンストレーニングプログラム例 エクササイズのタイプ エクササイズ セット数/レップ数 セットのタイプ LBPWR スレ…

膝関節置換術後の機能的転帰に影響を及ぼす因子(機能的動作性の低下、大腿四頭筋の筋力低下、および術肢による伸展筋力の発揮能力の欠如が残るというデメリットがある)

…し、座位から立位へと姿勢を変える際に、クライアントが非術肢に繰り返し大きな負担をかけ、これは手術後1年に及んで繰り返されます。 非術肢側への負担 日常生活活動を非術肢側に依存することによって、問題が生じる可能性があり、体重支持における両脚間の過剰な不均衡と術後に増大する非術肢への支持の依存は、非術肢の膝関節、近位および遠位の関節における機能障害を招く可能性があります。 これらの関節に対する負荷増大は、関節の変性を進行させる可能性があり、それだけではなく、これらの負荷パターンは…

ファーストプル「開始姿勢またはセットポジション」(上半身の姿勢は、胸を張り、肩甲骨を内転させ、背部はまっすぐにするか軽く反らし、肺をふくらませて胸腔内圧と腹腔内圧を高め{バルサルバ法}、プル中に脊柱が前屈しない)

開始姿勢 開始姿勢または「セット」ポジションは、リフトの種類(スナッチかクリーンか)、柔軟性、関節可動域、および様々な形態学的変数(体型、身長、四肢長、体重など)によってやや異なります。 www.nakajimabonesetter.com セットポジションにて考慮される事項 セットポジションを特定する上で、通常は以下の3つの基本体型が考慮されます。 1つめは、腕と脚が長く、体幹が短い体型。 2つめは、腕と脚、体幹の長さが釣り合っている体型。 3つめは、腕と脚が短く、体幹が長…