Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

姿勢 の検索結果:

バックスクワットの体幹のポジション(アスリートが股関節屈曲角度が約120°に達する前に脊椎を曲げる場合は、大殿筋に停止する腸脛靭帯(IT)の後部線維に制限があるか、腰椎のコントロールが不足していると考えられる)

…る場合、アスリートが姿勢を正すように「へそを真っ直ぐ前に向けなさい」または「体幹を真っ直ぐに起こしなさい」というような口頭での指示が役立ちます。 さらに、アスリートに対し頭上に両腕を上げておくように、または軽い負荷を持つように指示することは、体幹を直立させた姿勢をとるための身体的な刺激を提供します。 www.nakajimabonesetter.com 腰椎の自然な前弯姿勢を習得するには 骨盤の後傾または脊椎後弯がスクワット中に観察される場合の修正法は、最初にアスリートが腰椎…

脊椎分離症/脊椎分離すべり症

…は分離していないため、椎骨全体の前方転位に伴い脊柱管を狭窄して馬尾を圧迫し馬尾症状を呈します。 腰痛、神経根症状は全体的にみられます。 www.nakajimabonesetter.com SPORTIA 腰痛 サポートベルト コルセット 薄型 通気性抜群 姿勢矯正 シェイプアップ 男女兼用 S 出版社/メーカー: SPORTIA(スポーティア) メディア: ヘルスケア&ケア用品 この商品を含むブログを見る 中島恵 引用元:病気がみえる運動器・整形外科P264,265,266

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

…スルが鳴るまで5秒間姿勢を維持する) 2 20 自重スクワット 3 20 自重スプリットスクワット:両脚とも(ホイッスルに従って行う。次のホイッスルが鳴るまで5秒間姿勢を維持する) 2 10 オーバーヘッドスクワットwithダウエル 2 12 ウォールシット 2 30秒 ステーショナリーランジ 3 8 ジャンプロープ 2 1分 ライイングハムストリングカールwithレジスタンスバンド 3 8 ラインジャンプ:前後左右 2 30秒 ストレートレッグ・ヒップアブダクション 2 1…

性差による膝関節傷害(女子選手の着地姿勢では、衝撃吸収のために大殿筋より大腿四頭筋を用いる傾向がある為に膝関節に前方剪断力が増す)

… さらに、後傾荷重の姿勢になると大腿四頭筋による前方剪断力が高まるため、膝関節傷害予防には3つの関節(股関節、膝関節、足関節)の適切なアライメントによる着地姿勢やランニングの減速動作の指導が必要になり、特に女子選手の着地姿勢では、衝撃吸収のために大殿筋より大腿四頭筋を用いる傾向が報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 傷害予防トレーニング スキルの習得は、脳の神経可塑的な変化を起こし、それによって傷害予防トレーニングと関連する動作変化が起こる…

若年アスリートのパワー発揮(コンタクトスポーツのエリート選手は常に60%1RM以上の負荷でこの動作を行っていると報告されていますが、高校生アスリートに同様の相対的負荷を適用することは受傷リスクを大幅に高めるおそれがある)

…化させ、力学的に強い姿勢と同程度の努力を発揮する必要を生じさせるためです。 このような抵抗の加わり方を「調整抵抗」(Accommodating resistance)と呼びます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Zatsiorsky VM and Kraemer KJ.Science and Practice of Stregth Training Champaign IL Human Kinetics,2006,pp.120-122 ストレン…

スクワットエクササイズとコアエクササイズ(優れたアスリートを観察すると、パワーが股関節で発生し、剛性を高めたコアを通して伝達される)

…どの例外もあり、脊椎姿勢の大きな変化でパルスを生み出す人は、最も受傷しやすい人でもある)。 したがって、コアの筋組織は非常に強力でなければならず、他の身体部位のトレーニングを最適化し最善のパフォーマンスを促進するためにコントロールが可能でなければなりません。 したがって、パワートレーニングでは、コアではなく股関節のために実施するべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Baker D.Comprison of upper-Body …

ストライド長を改善するには(柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、股関節屈筋(仰向けの姿勢)とハムストリングス(うつ伏せの姿勢)を鍛えることとが重要になる)

…際にアスリートが低い姿勢を保ち、膝を高く上げてストライド長を稼げるようにすることで、スプリントのフォームを調整します。 www.nakajimabonesetter.com 段階的な流れ 次のレベルでは、ストライド長の改善に重点を置き、引き続き基本的なダイナミックウォームアップエクササイズを応用し、ハイニーグラブやトゥタッチスキップ、フロントランジ、プレスを取り入れます。 この方法で柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、短めのバ…

歩行、ジャンプ走行などのプライオメトリックス(人が移動運動を行なう際には、収縮要素(CC)、直列弾性要素(SEC)、並列弾性要素(PEC)の3つの要素が相互に作用して、効率的な運動が生じる)

… もしスクワット姿勢を短縮性局面の前に約4秒保持すると、SECとPECの寄与は最小となります。 弾性エネルギーによる補助はSJでも存在する可能性が高くなります。 しかし、静的なスクワットから始めると、弾性エネルギーの大部分が熱エネルギーとして散逸してしまうため、それに続く短縮性筋活動によって発揮される力は主にCCによるものになります。 大部分のSJで起こる条件(時間の長さ)が、SJのパフォーマンスがなぜCMJより劣るのか、すなわちSECとECの貢献がごくわずかなのかを説明する…

プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因とされ、神経筋および神経内分泌系の適応を促し、除脂肪体重を増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にする)

…完全な形(スクワット姿勢でバーをキャッチする)で実施すると、負荷が大きくなりますが、パワースタイルのバリエーションは、負荷が小さく、したがって、高速度、高パワー出力での実施が可能になります。 またテクニックを改善し、トレーニングへの興味を維持し、停滞を避けるためにも、その他のバリエーションも含めます。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期における準備的レジスタンストレーニングの例 月曜日 セット数 レップ数 水曜日 セット数 レップ数 金曜日 …

スクワットと脊椎の安定性(腹腔内圧を高めるバルサルバ法は、「近位のスティフネス」をもたらし、四肢の発揮筋力と速度を促進することにより、肩関節と股関節における発揮パワーの増大を可能にする)

…を続け、開始時の伸展姿勢まで戻り、動員される体幹後部の筋群、特に脊柱起立筋は、スクワットの運動中は等尺性筋活動を行います。 さらに、体幹後部の筋群を前部および側部の腹筋群が補強し、腹筋の張力を生み出すことによって体幹をしっかりと支えます。 www.nakajimabonesetter.com 脊椎の安定性を増大させるには 下ろす動作を始める前に、アスリートは、最大吸気量の約80%まで息を吸い込み、腹腔内圧を高め、息を止めて、脊椎の安定性を増大させます(バルサルバ法)(この吸気…

前十字靭帯損傷とレジスタンストレーニング(ACLの歪み{膝関節の外反と股関節の内転を減少}を減少させるハムストリングの共収縮{膝関節の屈曲角を増大させる}が果たす役割を考えると、筋力増大は重要な要素になる)

前十字靭帯損傷とストレングストレーニング 運動とは 運動とは、骨格系、特に関節に作用する筋の力が、トルクやモーメントを生み出して、回旋、ひねり、曲げなどの動作として現れたものになります。 これらの動作は、筋が受ける刺激の強さと筋における力発揮の大きさによって左右され、筋によって生み出される力の最大量がその筋の筋力であり、筋力はトレーニングによって変わります。 www.nakajimabonesetter.com

スクワットにおける股関節内転筋群と後部キネティックチェーンの可動性の改善を助ける(適切な深さまでスクワットできない場合は、最下点で体重を支えるだけの後部キネティックチェーンの等尺性筋力が不足していることが原因と考えられる)

…ットの最下点で適切な姿勢を保持する能力を発揮し維持することに役立ち、さらに後部キネティックチェーンの筋構造と股関節内転筋群の硬さはアスリートが十分な深さまで身体を下ろす能力を制限する可能性があります。 股関節内転筋群と後部キネティックチェーンの可動性の改善を助ける可動性ドリルにより、適切なバックスクワットの深さを達成するアスリートの能力を高めることができます。 場合によっては、不十分なハムストリングスの筋力が適切な深さを達成できないバックスクワットの真の原因かもしれず、したが…

コア:体幹のスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

…とります。 この姿勢は、ポステリアセラーペ(右足から左肩にかけて身体背面を斜めに走る筋群)に負荷をかけます。 投手はそこから足を踏み出してコッキング期を開始しますが、その際、ポステリアセラーペを用いてを用いてコアの前方推進力を生み出します。 この前方への動きによって、投球動作のアーリーコッキング期が開始されます。 アーリーコッキング期には、右腕と左脚が伸張、外転することでアンテリアセラーペ(右腕から左足にかけて身体前面を斜めに走る筋群)に負荷がかかります。 続くレイトコッキン…

ランディングとカッティングの女子アスリートパターンと前十字靭帯損傷(着地中のアライメント不全は、膝関節過伸展、脛骨内旋が起こり、膝関節最大屈曲角が10.5°減少する)

…きさは、着地中の身体姿勢で着地すると、素早く減速を行わなければならず、したがって平均およびピーク床反力が大きくなり、これが受傷リスクを増大させる可能性があるとされています。 サッカー選手 脛骨が外旋して膝関節が外反する際、下肢のアライメント不全によるリスクの高さは、カッティング動作中のサッカー選手においてすでに認められています。 バスケットボール選手 バスケットボール選手における着地中のアライメント不全は、膝関節を過伸展させながら脛骨を内旋させる場合に発生します。 全体的に女…

前十字靭帯(ACL)障害予防のためのトレーニングプログラム(不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的とする)

…などの着地時の誤った姿勢を修正、改善できることが研究によって示されています。 また、ウォールジャンプやタックジャンプなどのジャンプドリルを含むプライオメトリックトレーニングも、不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的として、ACLの障害予防プログラムにおいて効果的とされています。 プライオメトリックトレーニング後には、予備的な筋の共収縮の増大、着地時にかかる力の減少、そしてハムスト…

伸張性エクササイズと至適筋長の変化(ハムストリングの傷害は片側性の多関節運動中に発生する為、膝関節の伸張性の伸展だけではなく、股関節の伸張性の屈曲も含むエクササイズを考案する必要がある)

伸張性エクササイズ 筋肉とピーク張力 すべての筋肉にはピーク張力を発揮するための至適筋長があり、至適筋長を超えて伸張され続けると、筋の張力レベルは低下します。 長さ-張力曲線の下降部分は、筋挫傷(肉離れ)が発生する脆弱な領域であると考えられ、また一般的に、通常よりも短い筋長でピーク張力を発揮するアスリートは、肉離れを起こす可能性が高いと信じられています。 www.nakajimabonesetter.com

青少年におけるスピード&アジリティ(神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとされる)

スピード&アジリティ 青少年におけるスピード&アジリティトレーニング スピード&アジリティのトレーニングは青少年の神経筋トレーニングにきわめて重要な要素であり、高速パフォーマンスにおけるコーディネーション能力の現れであるとみなされます。 スピードの定義は時間に対する位置の変化率に関係があり、ストライド長とストライド頻度の積に起因します。 www.nakajimabonesetter.com

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

…軟性ドリルと具体的な姿勢の手がかりを用いて、ウォームアップを最大限に効果的かつ効率的に行なうことが含まれます。 性別、身体成熟度、暦年齢、トレーニング経験、競技歴、アスリートの相違を考慮しながら、筋力、安定性、組織の質の向上をもたらす包括的なトレーニングプログラムを作成することは、きわめて重要な技術になります。 静的ストレッチングは多くのアスリートのプログラムにおいて一定の価値があることは確かですが、その総合的な有用性は、一人ひとりのアスリートによって異なります。 www.n…

スクワットにおいて股関節を主要な駆動力として用い、体幹を直立した状態で保持しながら上昇するには(目標を定めた弱点の修正には、不適切な上昇テクニックにかかわる根本的なメカニズムを評価することが重要になる)

…昇中の真っ直ぐな体幹姿勢を促すドリルと同じく、股関節の駆動力(股関節伸展筋群の活動)を促進する神経筋トレーニングも推奨されています。 股関節の駆動力は、後部キネティックチェーンの爆発的な短縮性筋活動の向上をもたらす、様々な股関節伸展エクササイズにより改善されます。 最後に、基準となる上昇テクニックの遂行を促進するためには、胸椎と股関節屈曲筋群の十分な可動性を保証することも重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Santos E and…

前十字靭帯(ACL)損傷と大腿四頭筋とハムストリング(膝関節の屈曲角が0°(完全伸展)~45°で大腿四頭筋が強く収縮する際、ハムストリングの収縮(共収縮)がその強さに見合わない場合、前向きの力が発生しACLの負担が増える)

…は、アスリートがこの姿勢を可能な限り避けるべきであることを示唆しており、大腿四頭筋が力強く収縮する動作においては、ハムストリングが同時に収縮することによって、ACLの歪みを減らしていることを意味しています。 www.nakajimabonesetter.com 筋動員のタイミングと筋の活性化 女子アスリートはハムストリングよりも大腿四頭筋を活動させがちで、女子の大腿四頭筋はハムストリングよりも早くピークトルクに達する傾向にあります。 ハムストリングの活動は膝関節の過伸展を防ぎ…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

思春期のアジリティ能力 方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12歳の少年よりも14歳の少年のほうがCODSが有意に大きいことが示されています。 またアジリティ関連の課題において、思春期直前は男女が同等の能力を示しますが、成長期開始頃に性差が生じ始めます。 男子の場合、COD…

青少年アスリートにおける神経筋系のスポーツ傷害の最も重大なリスク因子(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位、下肢の神経筋のバランス不足、不十分な筋スティフネス、姿勢の安定性の不足、固有感覚の変化、フィードフォワードコントロールがある)

…分な筋スティフネス、姿勢の安定性の不足、固有感覚の変化、フィードフォワードコントロール(事前予測による行動制御)になります。 最新のデータによると、米国では6~12歳の青少年のうち約820万人が競技スポーツに参加しています。 しかし、競技スポーツに参加していても、それ自体が身体活動(PA:Physical Activity)の推奨要件を満たすことを保証するわけではないことも示唆しています。 このようにスポーツへの高い参加率は、特有の傷害リスクを伴います。 青少年の傷害の多くは…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

パワー発揮とスピード スピードとは スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。 ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。 www.nakajimabonesetter.com

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

…、著者らは、FAIは姿勢コントロールと足関節感覚の不足とは関連があるとしています。 www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Se…

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

…性を促進するために、姿勢のコントロール(コア:体幹と下肢の姿勢と安定性)とリフティングテクニックに特別な注意を払う必要があります。 すべてのセッションは神経筋の動的ウォームアップ(すなわちコーディネーションの向上と動的ストレッチングエクササイズ)から始め、適切なクールダウン(動的な低速のストレッチングエクササイズ)で終えなければなりません。 トレーニングセッションの主要部分は、トレーニングの小児運動科学の原理に基づいた漸進性、多様性、特異性の適用を考慮した筋力トレーニングを導…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…きこと テクニックと姿勢とコントロールが優先する。楽しくトレーニングできるように配慮する より挑戦的で進んだエクササイズで引き続きテクニックの向上を図る 参加者の特性や特定の身体活動の要求に特異的なトレーニング www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regres…

青少年の柔軟性エクササイズ(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

…、むしろ自重のかかる姿勢で発生します(ただし、包括的な可動性プログラムでは、大多数の上半身エクササイズは本来オープンチェーンであるという事実が正しく理解されている)。 したがって、運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要があります。 そのようなウォームアップは疲労の影響もなく、全身運動が圧倒的に多いため、若年アスリートにとって、総体的な運動スキルの習得と向上の素晴らしい機会となり、…

前十字靭帯損傷と筋の共収縮(大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を23%減少させた)

…は、アスリートがこの姿勢を可能な限り避けるべきであることを示唆しています。 いずれにせよ、大腿四頭筋が力強く収縮する動作においては、ハムストリングスが同時に収縮することによって、ACLの歪みを減らすことに役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Streng…

フィードフォワードメカニズム(競技活動中の関節の動的安定性はフィードバック(反射反応)とフィードフォワード(予備活性)という、両方のメカニズムに依存している)

…予測不可能な活動中の姿勢維持と関節保護に必要であるとされています。 www.nakajimabonesetter.com フィードフォワードコントロールとは 反対に、フィードフォワード(見越し)コントロールは、ホメオスタシス(恒常性)の破綻を感覚的に検出する前の予測段階だと説明できます。 すなわち、筋の予備的活性により、潜在的に有害な負荷から関節構造を保護することができます。 この神経筋コントロールのメカニズムは、以前の運動体験やかつての外部ストレスへの曝露、および学習した感…

ケトルベルの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには(上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達される)

…りますが、スクワット姿勢は肩と股関節のより垂直な動きをもたらします。 その結果、スクワットの短縮性局面で発生した筋力によって垂直方向の力が起こり、KBの曲線軌道に伝達される力が不足します。 そして、実践者はKBを適切なフォームとして肩の高さまで振り上げるために肩の力を発揮する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com ケトルベルトレーニングの目的 トレーニングの目的がコア(体幹)の筋力と股関節におけるパワーの向上であるならば、クライアントはKBを動…