Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

姿勢 の検索結果:

足根管症候群

足根管症候群とは、足にしびれが生じる疾患です。 足根管症候群は、内くるぶしの近辺を走行する後脛骨神経と呼ばれる神経が圧迫されることを原因として発症する絞扼性神経障害です。 足根管症候群では、足の裏がじんじんする、しびれるなどの症状が見られます。 原因 ガングリオン、腫瘤、足根骨癒合症などの占拠性病変による圧迫が多いです。 その他の原因として腱鞘炎や外傷による腫脹、ギプス固定による圧迫などがあります。 病態 脛骨神経は足根管内で内側足底神経と外側足底神経、および踵骨枝に分岐する…

胸郭出口症候群

…荷物を手にぶら下げる姿勢や長時間の事務作業、圧迫型では上肢挙上位などにより症状が出現します。 なので、生活習慣の改善によって症状が軽減する場合も多くあります。 病態・症状 鎖骨、第1肋骨や周囲の筋肉によって形成される挙各出口部で、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで発症します。 頸部の痛み、肩こり握力低下、巧緻運動障害、上肢の疼痛、しびれ、だるさなどの症状がみられます。 www.nakajimabonesetter.com 分類 胸郭出口症候群は、上肢の重みによる…

モートン病

…がある場合にも同様な姿勢で生じやすくなります。 www.nakajimabonesetter.com 症状 狭い靴を履くと疼痛が表れ、趾間の感覚障害、中足骨骨頭間の足底側に圧痛、歩行時痛、強制背屈時痛などがみられます。 「ピリピリ、ジリジリ」と刺すような痛みが走る症状や、しびれや、幹部に塊があるような違和感を覚えることもあります。 趾神経が繰り返し絞扼を受けると、変形・肥厚し偽性神経腫(モートン神経腫)が形成されます。 治療 保存療法として、ストレッチ、運動時のストレスの軽減…

頚肩腕症候群

…。 原因・症状 前傾姿勢など一定の姿勢で長時間手指を使う作業や単調なデスクワーク、ストレスなどが原因と考えられています。 若年女性、よく手を使う作業をする人、同じ姿勢で作業をする人、長期パソコンを使う作業などに従事する人などは徐々にコリや痛みが出てきます。疲労の蓄積が慢性的なコリや痛みにつながります。 そして、良くなったり、また元に戻ったりを繰り返します。 肩が凝る、首筋が凝る、前腕がだるい、背中が痛い、腰が痛い、手が冷たい、脚が冷える、手にハンドバッグなどを下げているのがつ…

頚部痛:エクササイズの留意点(頭頸部の滑らかな運動と方向性は、環境に対する位置覚に必要になり、これらのメカニズムが機能するためには、筋と感覚の制御が少なからず必要になる)

…確保するための教育、姿勢、通常の活動への復帰、エクササイズ、疼痛軽減の方法などに関するアドバイスが、関連症状の減少に有益な影響を及ぼすとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Florida Hospital Sports Medicine and Rehabilitation Orando Florida Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Con…

青少年アスリートにおける神経筋傷害リスク因子の分析(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位性(動的外反)、下肢の神経筋のアンバランス、不十分な筋スティフネス、姿勢安定性の不足、固有感覚の変化、そしてフィードフォワードコントロール等がある)

…分な筋スティフネス、姿勢安定性の不足、固有感覚の変化、そしてフィードフォワードコントロールになります。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋傷害リスク因子と神経筋トレーニングの関連要素 青少年の神経筋傷害の潜在的リスクの潜在的リスク因子 神経筋トレーニングの焦点 筋疲労 筋力とパワー 筋持久力 高強度インターバルトレーニング 疲労状態でのトレーニングへの漸進 筋の活性化のタイミングと大きさの変化 筋力/パワー(プライオメトリックトレーニング) 腓骨筋の…

梨状筋症候群

股関節を支える筋肉、梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経が骨盤出口部で傷害されることによっておこる絞扼性神経障害です。 筋肉は通常柔らかいですが、なんらかの原因で硬くなり、これが圧迫の原因になり疼痛が起きている状態のことです。 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。 原因 日常生活やスポーツで繰り返し負担がかかった場合や、腰部・臀部の外傷や梨状筋・坐骨神経の破格(機能的な問題を生じない範囲でみられる、解剖学的な個体差のこと)などがあります。 股関節を…

持久力トレーニングと筋力トレーニングによる干渉作用とは(筋力と持久力の同時トレーニングを実施した場合には、筋力の向上効果が抑制されますが、一方で持久力パフォーマンスには悪影響が生じないことが明らかになっている)

持久力トレーニングと筋力トレーニング 持久力トレーニングと筋力トレーニングは、それぞれがもたらす適応の種類が異なります。 持久力トレーニングがもたらす主な適応は、心拍出量、ミトコンドリア密度、酵素濃度と酵素活性、および毛細血管密度の増大によるVO2maxの向上であるのに対し、筋力トレーニングの主な目的は、神経筋活性と筋肥大の促進による最大筋力の向上になります。 www.nakajimabonesetter.com

腰部脊柱管狭窄症

…屈曲)したりしゃがむ姿勢をとることにより、神経組織の圧迫が解除・軽減され、出現した症状が速やかに消失します。 間欠跛行の鑑別 間欠性跛行は、神経性間欠跛行と血管性間欠跛行に分類されます。 間欠性跛行の鑑別は跛行の症状と足背動脈触診によりおこなわれます。 【神経性間欠跛行】 〔原因〕 ・脊髄の障害(脊髄の血管障害、腰部脊柱管狭窄症) 〔跛行の症状〕 ・姿勢の変化(前屈位)で回復 〔足背動脈触診〕 ・蝕知良好 【血管性間欠跛行】 〔原因〕 ・慢性動脈閉鎖(閉塞性動脈硬化症〔ASO…

自身のボディメカニクスを知る(力学的荷重が不適切、つまり間違ったテクニックのままエクササイズを行えば、いつか必ず傷害を受けることになる)

…切なポジション、静的姿勢、接触応力、振動、低温が挙げられます。 上記のリストでほぼ網羅できてはいますが、トレーニング施設でのボディメカニクスという観点から、ここでは力と不適切なポジションについて下記の考察が挙げられます。 力(Force) 傷害予防の観点からみた場合、持ち上げられる物体の重量も力と同義で用いられることが多く、レップ数は、1回の場合もあれば、それ以上の場合もあります。 いずれの場合も過剰な力の発揮は傷害のリスクを増加させます。 不適切なポジション(Awkward…

肩こり・頸部痛

…背部が緊張するような姿勢での作業、長時間の同一姿勢、不良姿勢(猫背、前かがみなど)運動不足、精神的なストレス、などで肩、ショルダーバッグの使用、冷房などが考えられます。 心因性肩こりは、ストレス、うつ状態、自律神経障害などにより生じるものです。 肩こりの原因として、血行が悪くなると、痛みやこりが現れます。 長時間の同じ姿勢や悪い姿勢は、同じ場所に負担をかけ続け、その周囲の筋肉が緊張を起こします。 筋肉には収縮と弛緩を繰り返すことで血液を心臓に送るポンプのような働きがありますが…

能動的スティフネスと受動的スティフネス(筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になる)

不十分な筋スティフネス 筋スティフネスは伸張に抵抗する筋の能力であり、コンプライアンス(弾性抵抗)の反対の概念と定義されます。 筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になります。 この概念をさらによく理解するためには、能動的スティフネスと受動的スティフネスを区別することが重要になります。 かかった負荷が少ない場合には、関節の受動的構造(靭帯、関節包など)が十分な安定性を提供します。 しかしスポーツ活動中は、関節包や靭帯の安定化の能力を…

若年アスリートにおける脊椎の整合性(アスリートが不安定なサーフェス上で膝立ちで行うコアの安定性エクササイズは、深部組織の活性化とコアのバランスを効果的にトレーニングするために実施できる)

…リートは、四足歩行の姿勢や膝立ちまたは仰臥位などの姿勢でコアの筋群を刺激することが有益であるとされています。 例えば、アスリートが不安定なサーフェス上で膝立ちで行うコアの安定性エクササイズは、深部組織の活性化とコアのバランスを効果的にトレーニングするために実施できます。 www.nakajimabonesetter.com 若年アスリートに対してのコアトレーニング 若年アスリートに対しコアの安定性をトレーニングする際には、男女差を考慮することも重要になります。 最新の研究によ…

腰痛(筋膜性腰痛)

…痛です。 日常生活の姿勢や動作によって、腰の骨を支える筋肉に疲労がたまることが原因で起こり、体を動かすと痛みが軽減されることがあるが、長時間の運動で悪化するというのも特徴というように、軽い症状ならばすぐに回復しますが、筋肉の疲労が積み重なっていると、腰の筋肉がこわばることで血行が悪くなり鈍い痛みを常時感じるようになります。 初期の症状としては傍脊柱部の圧痛と張り感(過緊張)を感じ、この張り感(過緊張)はマッサージや温めて症状が軽減する、という所見はまさしく筋疲労に起因している…

外反母趾(hallux valgus)

…のため足底痛が出る場合には、足底板を挿入することで疼痛の軽減を図ったり、アーチの改善としてストレッチや歩行時の重心のかけ方や膝・股関節のねじれ、さらに猫背や姿勢も外反母趾には大きく影響するため全身からアプローチすることも重要で予防、再発防止につながります。 www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科P209 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

疲労耐性に対する効果 疲労耐性に対する効果と手法に関する最新のエビデンスを前提とすると、全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。 アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素…

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

…性を促進するために、姿勢のコントロール(コア:体幹と下肢の姿勢と安定性)とリフティングテクニックに特別な注意を払う必要があります。 すべてのセッションは神経筋の動的ウォームアップ(すなわちコーディネーションの向上と動的ストレッチングエクササイズ)から始め、適切なクールダウン(動的な低速のストレッチングエクササイズ)で終えなければなりません。 トレーニングセッションの主要部分は、トレーニングの小児運動科学の原理に基づいた漸進性、多様性、特異性の適用を考慮した筋力トレーニングを導…

第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)

…もので、つま先立ちの姿勢で足をひねった時になることなどもあります。 症状 ジョーンズ骨折は、第5中足骨基底部骨折(下駄骨折)よりも少し骨幹部より(足趾より)のところで骨折します。 健側と比べて足背部に腫脹がみられ、圧痛、疼痛もありますが、骨が疲労骨折になるまでの過程で、痛みを感じることもあれば、特に痛みは感じず完全に骨折してしまってから疲労骨折に気付く事も多くあります。 疲労骨折はX線検査で骨折線がみられなくても、疲労骨折している部分は骨自体が鮮明でなくもやもやしてる様にみえ…

左右の両下肢における神経筋のアンバランス(下肢の神経筋系の非対称性は傷害と結び付けられ、受傷の再受傷の危険のあるアスリートを検出するための予測ツールとして用いることができる)

…ディネーションおよび姿勢コントロールの非対称性は、特に青少年期においては、男性アスリートよりも女性アスリートに起こりやすくなります。 リスクの高いアスリートを識別するために、神経筋系の非対称性を検出し追跡するべきであり、また非対称性に対処し潜在的な傷害リスクを低減するための正しい方法を方向づけることも必要になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-10781 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引S…

動的安定性トレーニングの漸進(初心者アスリートのためのコアの動的安定性プログラムは、静的サーフェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされている)

…フェス上での基本的な姿勢安定性と感覚機能を活性化するエクササイズから始めることを検討すべきであるとされています。 例えると、四足歩行すなわち「ビッグドッグ」エクササイズや横隔膜呼吸などがあります。 これらのエクササイズは、主に持久力と運動コントロールを要求する「低閾値」の姿勢運動で構成されています。 これらのエクササイズのもうひとつの目的は、ニュートラルな脊椎姿勢を保持しながら、体幹と腰部の深部筋群を活性化することです。 www.nakajimabonesetter.com …

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

…下で、ニュートラルな姿勢を保持し、ブレーシングを使って脊椎周り引き締めて行うべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com スポーツ活動における運動パターンの学習 提案された漸進は青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こります。 さらに、安定トレーニングや不安定トレーニングは、コア(体幹)トレーニングプログラムの漸進の中に組み込むべきで…

動的安定性とフィードフォワードコントロール(着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されている)

フィードフォワードコントロールと動的安定性 研究によると、着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されています。 スポーツの状況でのフィードフォワードコントロールメカニズムの改善を目標として、トレーニングプログラムには、多様でバラエティに富んだ予測不可能な活動や状況を取り入れた漸進的課題を導入すべきでありとされています。 www.nakajimabonesetter…

二分靭帯損傷

二分靭帯は足関節外側のすぐそばにあり踵骨から2方向に別れ立方骨と舟状骨に至る靭帯で、その形状からY靭帯とも呼ばれ、また、踵骨から立方骨へ至る部分を踵立方靭帯、舟状骨へ至る部分を踵舟靭帯といいます。 足関節の捻挫の約半数に二分靭帯の損傷が見られます。 発生機序 ヒールの高い靴を履いていて負傷、階段を踏み外した際負傷するなど足関節を内反に捻った際、(つま先立ちの状態から内反強制された際)二分靭帯にストレスがかかり損傷します。 症状 前距腓靭帯よりもやや下、中足骨外側周辺に疼痛、…

腰痛とケトルベル(KBトレーニングでは、適切に行った場合、補強されたコアとニュートラルな脊椎を利用して股関節伸展筋群から筋パワーを発揮することが要求されるため、クライアントが体幹の望ましくない運動をコントロールしながら股関節からパワーを発揮することに役立つ)

…グプロトコルにより、姿勢への負荷に対する背部伸展筋群の安定性が高まったことが明らかになっています。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-9440 背部、股関節伸展筋群の活性化 KBトレーニングが背部の健康を改善する理由のひとつは、背部と股関節の伸展筋群の活動を促進することによると思われます。 Jayらは「感覚運動神経におこる健忘(Sensory Motor Amnesia)」またMcGillは「殿筋群の健忘(Gluteal Amn…

デプスジャンプの応用(DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節でき、様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になる)

…きます。 DJは姿勢を変えることで、鍛えようとする関節を取り巻く筋構造を集中的に鍛えるように調節できます。 様々な異なる可動域でパワーを発揮する必要のあるパワーアスリートにとって、DJの特異性は重要になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-10996 デプスジャンプと競技特異性 例えば、バレーボール選手は、オリンピックのウェイトリフティング選手と異なる可動域からの最大力発揮能力を必要とします。 個々のスポーツの要求に応じて…

CMJは定義上、「目標とは反対方向への動作」を行う運動であり、下降運動から上昇運動への方向転換からなる償却局面を伴う。

… アスリートは直立姿勢で立ち、足関節の、背屈により身体を下降させ(下腿三頭筋の伸張性筋活動)、膝を屈曲し(大腿四頭筋の伸張性筋活動)、次いで股関節を屈曲します(殿筋とハムストリングスの伸張性筋活動)。 アスリートの目標によって、伸張性筋活動と短縮性筋活動の間の時間は変化しますが、CMJの最終段階は、垂直方向の推進力を生み出す脚部の素早い筋収縮になります。 CMJは多数のスポーツにおいて、例えばバスケットボールのリバウンドやサッカーのゴール上部でのボールのブロックなど、特定の運…

スクワットジャンプは負荷が60%1RMに近づくにつれて速度が低下することを念頭に置き、目標が高速を維持することなのか、最大負荷を素早く動かすことなのか、トレーニングが及ぼす影響を考慮すべきである。

…リートの競技での開始姿勢に近い静止位置を指定できます。 例えば、砲丸投げの選手のためには、パワーラックのセーフティバーをハーフスクワットとクォータースクワットの中間にセットすれば、砲丸投げのデリバリーからリリースまでの運動を再現できます。 また、パワーラックのセーフティバーやジャークブロックを用いて予め高さを設定しておくことは、アスリートが、CMを全く使わずにSJを行えるようにする方法でもあります。 SJの向上をもたらすエクササイズの応用に関して極めて重要な点は、開始姿勢で静…

スクワットジャンプとRFD(膝を110°と150°に屈曲させてSJを行った男性アスリートが、同じ膝の関節角度で等尺性筋活動やCMJを行った場合に比べ、最も大きなRFD(RFDmax)を達成した)

…決められた深さの静止姿勢から開始するVJと定義されますが、このときアスリートは、肩から腕を伸展させて行うか、両手を腰に保持したまま行います。 SJの利用はアスリートのRFD(筋の立ち上がり速度)の向上が目的であり、したがって、SJの特徴として、アスリートが静止状態から運動を開始することが重要になります。 例えば、3点支持または4点支持の姿勢からスタートするアスリートは、SJトレーニングを行うことにより、最短時間で力を発揮する能力を高めることができます。 フロントスクワットと競…

高強度になると股関節の役割が増すのはなぜか?

…なう際、被験者は直立姿勢をとらずに、体幹の矢状面への傾斜を増大させ、股関節優位なパターンに移行することを指摘しています。 キネマティクス(運動学)のこのような変化は、対応するキネティクス(運動力学)の変化をもたらすと想定されます。 実際、Hayらは、負荷の増加に伴い、スクワットエクササイズ中の股関節伸展モーメントが相対的に増加することを観察しています。 しかし、強度が高まるにつれて、一体何が動作パターンのキネマティクスとキネティクスのこのような変化を促すのかは不明とされていま…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

…ライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にすると信じられています。 言い換えると、遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされています。 この仮説は一流スプリンターを対象とするコーチの逸話的経験の蓄積によって、何年にもわたって強化されてきました。 しかし、ストライド頻度の増加がスプリント能力を向上させることを支持する証拠は動物モデルに限られています。 人間の場合、遊脚期の持続時間はスピードが変化しても一定であり…