Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

姿勢 の検索結果:

青少年アスリートにおける神経筋系のスポーツ傷害の最も重大なリスク因子(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位、下肢の神経筋のバランス不足、不十分な筋スティフネス、姿勢の安定性の不足、固有感覚の変化、フィードフォワードコントロールがある)

…分な筋スティフネス、姿勢の安定性の不足、固有感覚の変化、フィードフォワードコントロール(事前予測による行動制御)になります。 最新のデータによると、米国では6~12歳の青少年のうち約820万人が競技スポーツに参加しています。 しかし、競技スポーツに参加していても、それ自体が身体活動(PA:Physical Activity)の推奨要件を満たすことを保証するわけではないことも示唆しています。 このようにスポーツへの高い参加率は、特有の傷害リスクを伴います。 青少年の傷害の多くは…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

パワー発揮とスピード スピードとは スポーツにおいてスピードとは、「定められた距離を最短時間で移動する能力」と定義されています。 ランニングスピードは多くの競技に共通する基本的なスキルであり、スピードには、発揮パワーに関連する複数の構成要素が含まれており、それは加速に要する時間、最大力発揮能力、ストライド長とストライド頻度、そして総合的なランニングメカニクスになります。 www.nakajimabonesetter.com

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

…、著者らは、FAIは姿勢コントロールと足関節感覚の不足とは関連があるとしています。 www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 足関節捻挫予防プログラムの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Se…

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

…性を促進するために、姿勢のコントロール(コア:体幹と下肢の姿勢と安定性)とリフティングテクニックに特別な注意を払う必要があります。 すべてのセッションは神経筋の動的ウォームアップ(すなわちコーディネーションの向上と動的ストレッチングエクササイズ)から始め、適切なクールダウン(動的な低速のストレッチングエクササイズ)で終えなければなりません。 トレーニングセッションの主要部分は、トレーニングの小児運動科学の原理に基づいた漸進性、多様性、特異性の適用を考慮した筋力トレーニングを導…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…きこと テクニックと姿勢とコントロールが優先する。楽しくトレーニングできるように配慮する より挑戦的で進んだエクササイズで引き続きテクニックの向上を図る 参加者の特性や特定の身体活動の要求に特異的なトレーニング www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Krieger JW.Single versus multiple sets of resistance exercise:A meta-Regres…

青少年の柔軟性エクササイズ(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

…、むしろ自重のかかる姿勢で発生します(ただし、包括的な可動性プログラムでは、大多数の上半身エクササイズは本来オープンチェーンであるという事実が正しく理解されている)。 したがって、運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要があります。 そのようなウォームアップは疲労の影響もなく、全身運動が圧倒的に多いため、若年アスリートにとって、総体的な運動スキルの習得と向上の素晴らしい機会となり、…

前十字靭帯損傷と筋の共収縮(大腿四頭筋とハムストリングスのバランスのとれた共収縮は、脛骨の前方移動の大きさに影響を及ぼし、前向きの力がもたらす膝関節への負荷を23%減少させた)

…は、アスリートがこの姿勢を可能な限り避けるべきであることを示唆しています。 いずれにせよ、大腿四頭筋が力強く収縮する動作においては、ハムストリングスが同時に収縮することによって、ACLの歪みを減らすことに役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Asci A and Acikada C.Power production among different sports with similar maximum strength.J Streng…

フィードフォワードメカニズム(競技活動中の関節の動的安定性はフィードバック(反射反応)とフィードフォワード(予備活性)という、両方のメカニズムに依存している)

…予測不可能な活動中の姿勢維持と関節保護に必要であるとされています。 www.nakajimabonesetter.com フィードフォワードコントロールとは 反対に、フィードフォワード(見越し)コントロールは、ホメオスタシス(恒常性)の破綻を感覚的に検出する前の予測段階だと説明できます。 すなわち、筋の予備的活性により、潜在的に有害な負荷から関節構造を保護することができます。 この神経筋コントロールのメカニズムは、以前の運動体験やかつての外部ストレスへの曝露、および学習した感…

ケトルベルの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには(上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達される)

…りますが、スクワット姿勢は肩と股関節のより垂直な動きをもたらします。 その結果、スクワットの短縮性局面で発生した筋力によって垂直方向の力が起こり、KBの曲線軌道に伝達される力が不足します。 そして、実践者はKBを適切なフォームとして肩の高さまで振り上げるために肩の力を発揮する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com ケトルベルトレーニングの目的 トレーニングの目的がコア(体幹)の筋力と股関節におけるパワーの向上であるならば、クライアントはKBを動…

紫外線と日焼け

日焼け止め UVとは UVは紫外線のことで、紫外線にも種類があり、肌に対する影響も違います。 UVA波、UVB波、UVC波の3種類に分けられます。 UVA波 紫外線の大半はUVAで、身体への影響は3種類の中では比較的少ないです。 しかし、長時間浴びた場合、同じように細胞を傷つけます。 UVB波 オゾン層によって半減して届きますが増加傾向にあります。 身体への影響は強く、目や皮膚に有害で、日焼け、免疫力低下、皮膚がんなどを引き起こす原因となります。 UVC波 空気中の酸素分子と…

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、サッカーにおける加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性がある)

…されます。 静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性があります。 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 www…

回旋、加速と減速の運動とは(青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こる)

…下で、ニュートラルな姿勢を保持し、ブレーシングを使って脊椎周り引き締めて行うべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com スポーツ活動における運動パターンの学習 提案された漸進は青少年アスリートの特定のスポーツ活動における正しい運動パターンを保証するために重要であり、そのような運動では、脊椎の加速と減速の動作は様々な軸と平面で起こります。 さらに、安定トレーニングや不安定トレーニングは、コア(体幹)トレーニングプログラムの漸進の中に組み込むべきで…

サッカー選手のアジリティテスト(アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになる)

アジリティテスト アジリティテストとは アジリティテストとは、減速と方向転換を含むスピードテストになります。 直線的スピードテストとアジリティテストの結果を比較することによって、アスリートのスピード能力を包括的にとらえることが可能になります。 スプリントテストと同様にアジリティテストの完了に要する時間が少ないほど、パフォーマンスが優れています。 プロアジリティテスト、Tテスト、ヘキサゴンテストなど、多くのフィールドアジリティテストがあります。 www.nakajimabone…

青少年アスリートにおける可動性ウォームアップの様式(最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になる)

…性として、地面に近い姿勢または立位での刺激、オープンまたはクローズドキネティックチェーンの動作、片側性または両側性のパターン、上半身か下半身または全身運動、さらに個別のスキルなど、かなり多様で様々な要素が含まれます。 基本的な相違はありますが、すべての様式に共通の目標があり、それは、若年アスリートに、より効率的な動作を教えることです。 これらのドリルを行なう際の要点は、身体深部体温と体循環を増加させることに加え、後から行なうトレーニングセッションで役立つと思われる運動パターン…

スプリントで水平推進力を生み出すのは足関節の活動である(腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱複合体(GSAC)は、弾性エネルギーを蓄えてスプリント中の身体の素早い前進を助けているとみなされ、水平推進における立役者と考えられている)

…ち「つま先を上げた」姿勢)、支持期の後半では積極的に底屈させることもしばしば推奨されています。 このような発言は、支持期前半における足関節の伸張-短縮サイクルが、支持期後半の積極的底屈とともに、直線スプリントの水平推進に大きく貢献するという誤解を招いている可能性があります。 しかし、複数の研究がその反証を挙げており、すなわちGSACは、重心の垂直変位を最小限に留め、関節のスティフネスをもたらして、股関節伸展から地面へのパワーの転移を助けています。 www.nakajimabo…

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

スピード持久力 スピード持久力の測定 スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定されることが多くなります。 被験者はどのレップも全力で走ることを要求されます。 研究者が提案するテスト距離には20mから40mの幅があり、レップ数にも6回から15回の幅があります。 Balsomらは回復時間を30秒以上にすると、スプリントパフォーマンスの全構成要素、特に加速の測定を目的とするこのテストの妥当性が、低下することを見出しました。 このテストによ…

プライオメトリックスによる収縮性フィラメントと構造タンパク質(クロスブリッジが保持される時間は、15~120ミリ秒の範囲であると推測されているため、エネルギーはその結合が分離した瞬間に失われるため、クロスブリッジ構造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要がある)

プライオメトリックトレーニング クロスブリッジとプライオメトリックス クロスブリッジが保持される時間は、15~120ミリ秒の範囲であると推測されています。 エネルギーはその結合が分離した瞬間に失われるため、クロスブリッジ構造からのエネルギーの回復を増大させるためには、償却局面を最小にする必要があります。 反対にFleck&Kraemerは、償却局面が30ミリ秒の範囲内であると推定されるため、あまりにも長すぎてクロスブリッジの保持からはいかなる有意な貢献も得られないと仮定しまし…

サッカーに対してより特異性の高いアジリティテスト(足の支持を複数回切り替えて、ボールをドリブルしながら方向転換を行い、障害物を乗り越え、複数回方向転換を行なうアジリティテストはスキル要素が含まれているために、純粋なアジリティテストとしての妥当性はやや低いと考えられる)

アジリティテスト サッカーに対してより特異的なアジリティテストとは サッカーに対してより特異性の高いアジリティテストが開発されており、簡単で、よく利用されるものにジグザグテストがあります。 このテストでは、1区画5m×4区画を100°の方向転換を行わせながらジグザグに走らせます。 Mirkovらは、ボールを保持せずに走るのに要する時間と、ボールをドリブルしながら走るのに要する時間の両方を測定することを提案し、そして、ボール無しの場合と有りの場合とのタイムを比較して、その比をス…

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

最大スピードとフィールドスポーツ 最大スピードはフィールドスポーツにおいて重要か? 最大スプリントスピードは大多数の競技にとって重要な領域になります。 フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。 これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント…

バランストレーニング(バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成される)

…動的安定性は、正しい姿勢と下肢のアライメントを強調する静的バランスエクササイズから始めるべきとされています。 アスリートが静的バランスの正しいパフォーマンスを行うことができるようになってから、指導者は動的バランスや動的安定性のエクササイズなど、より複雑なバランス課題へとトレーニングを進めることができます。 初心者アスリートのトレーニングモデルは、静的バランス(安定したサーフェス上での片脚立ちなど)に的を絞る必要があります。 www.nakajimabonesetter.com…

脚のリカバリーは、次のストライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にするのか?(遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされている)

…ライドに向けて素早く姿勢を変えることを可能にすると信じられています。 言い換えると、遊脚期中の脚の動作スピードを増加させると、次の接地が早く発生しうるために、水平変位率が総合的に増大するとされています。 この仮説は一流スプリンターを対象とするコーチの逸話的経験の蓄積によって、何年にもわたって強化されてきました。 しかし、ストライド頻度の増加がスプリント能力を向上させることを支持する証拠は動物モデルに限られています。 人間の場合、遊脚期の持続時間はスピードが変化しても一定であり…

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

…これらが合わさって、姿勢の悪さ、代表的な例として肩甲骨の前方突出の原因となります。 このような悪い姿勢は、通常、静的にも動的にもみられ、肩甲骨の前方突出は、肩甲上腕関節と肩鎖関節の望ましい動きを損ないます。 肩甲骨の内転を促進する手段として、肩甲骨のウォールスライドのような簡単なドリルが効果的になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Train…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

…選手の自然なスタート姿勢に合わせて後ろ足で踏むように設置します。 選手の身体の一部がスタートラインを越えたとき、あるいは選手の後ろ足がぺダルから離れたときが、テストの開始となります。 スプリントは3回実施し、1回ごとに最低5分間の休息をはさみ、加速力と最大速度の最高タイムを記録します。 www.nakajimabonesetter.com サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均…

子どものジャンプパフォーマンス(思春期前の子どもは、反動作中にかがみ込む深さに違いがみられること、離地の際に(重心線に対して)より後方に傾いた姿勢をとることに、このような違いは、かがむ際に可動域(ROM)が制限されている)

…て)より後方に傾いた姿勢をとることに気づき、このような違いは、かがむ際に可動域(ROM)が制限されていることを指摘しました。 これは、離地前の膝の関節機能の未熟さが原因とされています。 離地では、子どもの足関節と膝関節のROMに制限があることが関節され、ジャンプ能力の低さを示していますが、それはジャンプ経験の不足による可能性、あるいは(可能性はより低いが)身体的な限界とされています。 未熟な関節機能は、成人とは異なる発火パターンを意味し、かがみ込んだ姿勢に身体を下ろすために、…

殿筋の活性化低下(殿筋の活性低下はACL断裂と同時に発生する膝蓋大腿疼痛症候群のリスク因子であるとされている)

…けやすくなります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 「姿勢」と「走り方」を学んで上達する サッカージュニア向け体幹トレーニング作者: 杉本龍勇出版社/メーカー: ソル・メディア発売日: 2014/04/23メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (1件) を見る

機能的テストを利用した体幹の脆弱性(体幹の機能が低下していれば、胴体の側屈や股関節の内転・内旋・膝外反が確認でき、大殿筋や中殿筋の機能低下は、ランジの際に下肢のポジションを制御不能にする主な原因になる)

…、正面からみる場合、姿勢を低く、動作の対称性をチェックします。 コアの機能が低下しているアスリートは、ランジの際と同じような機能不全の運動パターンを示すことがあり、側面から見る場合、骨盤に対する脊柱のポジションを確認します。 その際、ニュートラルな位置で脊柱が保たれているかどうか、スクワットを行う際に脊柱が過度に前弯していたり、腰が丸まったりしていないか、スクワットで姿勢を低くする際に股関節が後方へ動いていないか、あるいはスクワットを行う際に膝が屈曲し過ぎていないかをチェック…

下肢における筋挫傷および慢性障害予防(障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善、さらに適切なアライメントには、骨盤周囲の体幹筋群の安定性が重要になる)

… また、四つ這い姿勢から対角線上の腕と脚を挙上する(アーム&レッグレイズ)すると、多裂筋および脊柱起立筋を中心に、大殿筋やハムストリングなどを活性化することができます。 www.nakajimabonesetter.com 自体重エクササイズの例 自体重による下肢筋群の強化エクササイズは、股関節・膝関節・足関節の3つからの関節のアライメントを意識しながら、スクワット、バランスマット上でのスクワット、フロントランジ、ラテラルランジ、アングルランジ、シングルスクワット、カーフレイ…

ジュニア競技選手の傷害予防プログラム(FIFA-11プログラムは体幹の安定化、ハムストリングのエキセントリックトレーニング、バランスエクササイズによる固有感覚受容器の向上、下肢筋群の動的安定化とプライオメトリックによる神経筋コントロールの要素を含んでいる)

…る(バランスが悪い(姿勢動揺大きい)選手は、バランスが良い(姿勢動揺小さい)選手に比べて足関節捻挫の受傷率が約7倍高い) www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Benjaminse A.& Otten .ACL injuryprevention.more effective with a different way of motor learning knee surg sports TraumatolArthrosc.19:622-627.2011…

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御 フィードフォワード制御とフィードバック制御 フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されています。 この理由から、フィードフォワードは着地や減速またカッティング時の動的な安定…

姿勢安定性の不足と傷害リスク(ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存している)

姿勢安定性 姿勢安定性とは ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存します。 現在のところ、バランスと下肢の傷害リスクとの関係は特に傷害歴のある人では、姿勢安定性の不足と傷害の発生頻度との間に有意な相関関係を見出しています。 姿勢安定性を評価するために使われる方法は、様々であり、先行研究と比べて対照的な結果となることもあります。 www.nakajimaboneset…