Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

投手 の検索結果:

コア(体幹)トレーニングのコンセプト(コア(LPHC)はユニットとして機能し、加速、減速、動的安定、圧縮、捻り、剪断のストレスにアイソメトリック(等尺性)に耐えうるよう協働に働く)

コアスタビリティ:コア(LPHC)の神経筋効率 1.四肢が強く、コアが弱ければ動作が非効率となり、外傷障害のリスクも高まる。 2.神経筋コントロール、安定性、持久力、筋力、パワーはコアが最適なポジションで安定することで必要な速度とタイミングで発揮することが出来る。 3.コア(LPHC)はユニットとして機能し、加速、減速、動的安定、圧縮、捻り、剪断のストレスにアイソメトリック(等尺性)に耐えうるよう協同に働く。 ローカルスタビライザー:脊椎に直接付着する筋群 1.脊柱に付着し、…

アンテリアおよびポステリアセラーぺ(ランニングから投球動作、バーベルを持ち上げる動作(例:デッドリフト)まで、あらゆる動作を実行する際に身体が用いる力発揮パターンを容易に追跡する手段となる)

…えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる) 野球における打者の筋膜の負荷 左打ちのバッターは、バックスイングで左脚に負荷をかけ、同時に肩関節を左に回旋させます。 この動作は、左脚から右肩にかけての能動的に活動するポステリアセラーぺ筋群と、関連する受動的な筋膜に負荷をかけます。 左の腓腹筋/ヒラメ筋 左のハムストリングス 左の殿筋群および股関節外転筋群 右の広背筋 ポステリアセラーぺが左下から右上にかけて活…

身体前面と背面を斜めに走る筋系(身体前面と背面のオブリークスリングと呼ばれる系の研究において、力が骨盤の前面と背面を交差するように伝わる)

…えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる) 引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society for Exercise Physiology Position Stand The use of insability to train the core in athletic and non athletic cond…

コア筋群のスティフネスの調整(筋群は力発揮ならびにスティフネスの調整を行ない、この「調整」は基本的に、能動的な筋力と、その他の組織(靭帯、腱、および筋膜など)の弾性収縮力を組み合わせて利用することを可能にする)

…を用いて質量の小さい投手の右腕を「引き寄せ」ます。 競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができる) スティフネスの調整 一方、股関節の反時計回りの回旋は左脚の伸展によって加速し(左股関節は後方へ引く動作)、左股関節は引き続き前方へ移動します。 ボールが手を離れ…

コアのスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

…えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとります。 この姿勢は、ポステリアセラーペ(右足から左肩にかけて身体背面を斜めに走る筋群)に負荷をかけます。 投手はそこから足を踏み出してコッキング期を開始しますが、その際、ポステリアセラーペを用いてを用いてコアの前方推進力を生み出します。 この前方への動きによって、投球動作のアーリーコッキング期が開始されます。 アーリーコッキング期には、右腕と左脚が伸張、外転すること…

自重トレーニングの利点(ほとんどの自重エクササイズは、多関節を用いて固定した身体部位から負荷を遠ざけたり近づけたりするクローズドチェーンエクササイズになり、クローズドチェーンの動作のほうがより機能的であり、一度に複数の筋群を強化できる)

…果があります。 投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる) 引用・索引Brindle Tj Nyland J Ford K,Coppola A, and Shapiro R,Electromyographic comparison of standard and modifired closed-chain isometric knee extensio…

ベンチプレステスト(安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法が推奨される)

…ます(ソフトボールの投手や槍投げ選手など)。 しかし、トレーニングプログラムで行われるオーバーヘッドのウェイトリフティング動作(スナッチ、プッシュジャーク、オーバーヘッドスクワットなど)はいずれも、ベンチプレス動作をプログラムに取り入れていない選手も含めて、ほとんどのアスリートに上半身の筋力の大幅な向上をもたらします。 プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数(挙上重量を体重比で示す)との間には、高い相関関係が存在する) 妥当性と信頼性…

スクワットエクササイズとコアエクササイズ(優れたアスリートを観察すると、パワーが股関節で発生し、剛性を高めたコアを通して伝達される)

…りません(もちろん、投手などの例外もあり、脊椎姿勢の大きな変化でパルスを生み出す人は、最も受傷しやすい人でもある)。 したがって、コアの筋組織は非常に強力でなければならず、他の身体部位のトレーニングを最適化し最善のパフォーマンスを促進するためにコントロールが可能でなければなりません。 したがって、パワートレーニングでは、コアではなく股関節のために実施するべきとされています。 フロントスクワットを探求する(FSqは肩関節前額面においてニュートラルなポジションを維持、外旋も15°…

投球側の肘関節の評価:機能的外反ストレステスト(外反伸展過負荷は外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になる)

…ズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になります。 外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する) 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043…

投球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

…るのに対して、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは、慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示すもので、肘関節の不安定性をもたらし、これに対する施術は、休息、リハビリテーション、または外科手術になります。 投球中に必要とされる協調的な高速の関節角度は、パフォーマンスに大きな影響を及ぼしますが、可動域を制限する不安定性あるいは他の筋骨格系の不適応の存在は、肘関節の完全性と健康にとって有害になります。 したがって、肘関節傷害の…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

…合わせることにより、投手を外反伸展の過負荷(VEO:Valgus Extension Overload)から保護できます。 VEOは、肘関節外反トルクの安定化が不十分で、投球腕の加速がピークに達した際に、素早い肘の伸展が重なって生じます。 肘関節の伸展が慢性的に不十分だと、肘関節屈曲筋群の伸張性機能が損なわれ、VEOが増大し、後内側の肘頭骨棘形成をもたらし、肘関節のインピンジメント症候群や離断を引き起こします。 外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

…反ストレスがかかり、投手が受傷しやすくなることが知られています。 クリティカルインスタントでは、前腕が上腕より遅れるために、上腕骨の軸は捻転(近位と遠位の反転)しなければならず、MERでは遅れた前腕の慣性特性に抵抗して、内反モーメントにより前腕がホームプレートに向けて加速されます。 クリティカルインスタントより前に起こる外反ストレス傷害は、より高いMER-Mと正の相関関係があります。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位か…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…利用できます。 投手が利き腕の肩関節内旋角度が10°以上制限されている場合には、関節包の動的ストレッチングを始める必要があります。 動的スリーパーストレッチングと同様の姿勢をとった被験者に、トレーナーはさらに肩関節を内旋させるために、肩後部の関節包に穏やかな緊張が感じられるまでアスリートの前腕を静かに前方に押し、左右の腕でそれぞれ20秒ずつ5セット行うことが推奨されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へ…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

…/caption] 投手の連鎖的な力発揮システム 投手の投球腕のピーク角速度と球速は、一般にキネティックチェーンと称される、投手の連鎖的な力発揮システムと関係があります。 キネティックチェーンとは、フォロースルー期までの各部位(剛体)の加速と減速を通じて、部位間でエネルギーを順番に伝達する仕組みになります。 キネティックチェーンは地面や野球用スパイク、ピッチングマウンドの隆起などから足にもたらされる摩擦力と垂直床反力から始まります。 オーバーハンドの投球中は、相互の関節モーメ…

プッシュアップのバイオメカニクス(大胸筋は水平屈曲動作における主働筋であるため、肘を開くと筋の長さ-張力関係が向上する)

…が微増します。 投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる) 引用・索引Baumgartner T Oh S,Chung H,Hales D.Objectivity.reliability,and validity for a revised push-Up test validity protocol Meas Phys Educ Exerc Sci6:…

投手の投球障害予防(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引(高力橈骨小頭接触)、および後部内側剪断(骨棘形成)を制御する)

…効果がある) 青少年投手の肘関節傷害を予防するための現行の推奨基準 [table id=72 /] 上記の表は少年野球の投手における肘関節の傷害予防のために、現在推奨されているガイドラインの要約になります。 その中心は球種と投球頻度および投球数のの管理になります。 肩と肘の強化は特に取り上げられていませんが、投球腕の健康的な機能にとって肩と肘の強化は不可欠であり、コッキング期後半からフォロースルー期まで(クリティカルインスタント「決定的瞬間」)で発生する肘関節の外反ストレスを…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

…ず、肘関節内側損傷は投手の間で依然増加を続けており、外反ストレス(肘関節内側の軟部組織に働く張力)は肘関節内側損傷が起こる主要なメカニクスになります。 少年野球選手の受傷しやすさは、外反ストレスに対する軟部組織の抵抗力と上腕骨内側上顆の骨形成の成熟度により異なります。 肘の傷害からの回復には、平均3ヶ月のリハビリテーションが必要であり、その間のスポーツへの参加は禁止されており、成人のUCL(内側側副靭帯)を断裂した場合、回復には1年必要になります。 成人は骨端軟骨の炎症や動揺…

投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる)

… これは、野球の投手にもいえることになり、投球動作では、体重の再分配により不安定性が生じます。 投球動作のはじめには、支持脚に全荷重がかかり、次に踏み出し脚が着地すると体重は移動し、そのほとんどが踏み出し脚にかかります。 この不安定な姿勢では、投手のコアの筋が特に重要になり、また股関節の回旋も重要な役割を果たします。 上記の事を理解し、コアを強化すれば、回旋に必要な安定性と平衡感覚、パワーを得ることができます。 野球のスイング中のパワーは体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため…

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

…の動作になり、また、投手による投球が基本的に投げ手自身のタイミングで動作が開始されるのに対し、打撃動作においては、その投球に対する対応が求められることから、投球へのタイミングを含めた多くの調整能力が必要となります。 さらに、投球が投げる位置やその投球速度などでパフォーマンスを評価できるのに対し、打撃動作においては、その結果(打球)に対する評価も一様でないことから、測定によってこれを評価することが難しいといわれています。 野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く…

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…までには、成人の熟練投手と同等の動きを獲得することが可能とされている一方、体幹や下半身の動きにおいては、成人の熟練投手とは異なる点も多いとされていることから、投球動作の最終的な部分でもある腕の振りだけから、選手の技術の習得度合を判断することは避けなければなりません。 ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす) 身長、筋量の増加と下肢筋群の割合 筋量の増加に関わるPWV(Peek …

Mポジション投手(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

…ポジションまたは逆W投手と肘障害リスク 「Mポジション」「逆W」と表現される投球メカニクスは、肘内側(野球肘)の障害を引き起こしやすい傾向にあります。 踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメント(野球肩)と肘内側の障害を起こすリスクが高くなります。 体幹の前方への基準ベクトル(0°の中立軸とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

サイドスロー投手 スポーツ医学の分野で、サイドスロー投法のメカニクスの浅在的な障害作用について取り上げた研究はあまり多くありません。 サイドスローはボールリリース(BR)の時のアームスロット(体幹側屈、肩外転、および肘伸展の組み合わせ)が変化することで、1球1球をより切れのある動作で投げられます。 野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる) サイドスロー投手の肘への影響 効果的な投法ではありますが、サイドスローを用い…

野球のスイング中のパワーは体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある

…打者の場合、ボールが投手の手を離れてからバットとボールのコンタクトまでに0.2秒でスイングされますが、スイングの前半の0.1秒は、打者の運動によって支配され、スイングの後半の0.1秒(バット-ボールコンタクトまで)は、バットの反動で決定されます。 スイングにおける構成要素の間に、身体の連続的なトルクの発生の動作によって運動エネルギーが産生され、最後のリンクである手とバットへともたらされます。 バットが弧を描き振り抜かれる際の身体の回転によって力が生み出される最終局面で、両手お…

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

…な理由は、バッターは投手の指先からボールが離れてそれを打つまでに約0.6~0.8秒という短い時間で瞬時に見極め、素早くボールにバットを当てなければならず、バットスイングスピードが速いほうがバッティングのための認知情報処理に多くの時間を費やし、ボールを長い時間みることができるからです。 また、バッティング能力に優れる選手ほどバットスイングスピードが速いという報告があることを考えると、バットスイングスピードを高めることがバッターの競技能力を上げるために必要な要素の一つになります。…

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

…させる) 野球の投手がシーズン中になぜ泳いではいけないと言われるか?(筋肉の収縮様式:初動負荷と終動負荷) オフシーズンからの筋へのアプローチ オフシーズンは多くの場合、数ヶ月続くため、一般的な身体活動だけを行った場合や、全く活動しなかった場合には、筋サイズや筋力の低下だけではなく、筋の動員パターンにおける神経系の変化を起こす可能性があります。 したがって、オフシーズンに続くプレシーズンは、競技特異的な運動パターンを身体に強制的に再学習させることにより、失われたトレーニング時…

野球肘:上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…この症状はプロ野球の投手のほぼ50%に認められます。 内側上顆痛のあるアスリートを指導する場合には、内側側副靭帯の不安定性や円回内筋症候群および内側神経エントラップメントなど、ほかの症状も考慮することも重要になります。 さらに、内側上顆炎の予防およびリハビリテーションプログラムを適切に作成するためには、回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければなりません。 野球肘とピッチングメカニクスの評価(ピッチングの加速期において肘が肩の高さに届かない…

野球肘とピッチングメカニクスの評価(ピッチングの加速期において肘が肩の高さに届かない不適切な位置の場合、肘内側にかかる外反ストレスは増大する)

…グメカニクスの観察(投手が身体を向けている側の)側方および投手の前方から行います。 側方 側方から観察される重要な特徴は、「手をボールの真上に置く」こと、「腕を投球位置まで挙上する」ことになります。 前方 前方から観察される重要な特徴は、「股関節を先行させる」こと、「前肩を閉じる」こと、および、「踏み出し足をホームプレートへ向けて接地させる」ことになります。 野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…メカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる) 野球選手の投球腕と肘に影響を及ぼす可能性のあるもの よくみられる制限のうち、野球選手の投球腕、肘に影響を与える可能性のあるものとして、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、および肩の柔軟性低下が挙げられます。 FMSにおける7種の基本的動作テストは、近位から遠位への動作のコーディネーションを評価できます…

野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する)

…レーニングは若年野球投手の受傷リスクを低減する可能性があります。 ピッチングと体幹筋力の力の伝達 ピッチングにおいては、ピッチング効率を最大限に高めるために、脚部と体幹が発揮した力が協調された動作で投球腕とボールに伝達したければならず、体幹の筋力が十分にあれば、肘の筋系に要求される力が減少し、受傷リスクが低減する可能性が考えられます。 力の伝達には体幹の筋力だけではなく、適切なタイミングと動きの流れが求められます。 Aguinaldoらの研究(ピッチングと体幹筋力の力の伝達)…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限(非投球側より25°)がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…メカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる) 肩甲上腕関節内旋制限(Glenohumeral Internal Rotation Deficit:GIRD) 投球腕の肩関節の内旋角度が非投球腕の肩関節より小さくなっていることを肩甲上腕関節内旋制限(GIRD)といいます。 はっきりした原因は不明ではありますが、最も多いとされる原因は肩の後下方関節包の拘縮、または上腕骨の適応になります。 若年投手の投…