Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

投手 の検索結果:

投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる)

投手のパワー産生に必要なこと アスリートのコア(体幹)はスポーツに関するほぼ全ての動作で重要な役割を担います。 これは、野球の投手にもいえることになり、投球動作では、体重の再分配により不安定性が生じます。 投球動作のはじめには、支持脚に全荷重がかかり、次に踏み出し脚が着地すると体重は移動し、そのほとんどが踏み出し脚にかかります。 この不安定な姿勢では、投手のコアの筋が特に重要になり、また股関節の回旋も重要な役割を果たします。 上記の事を理解し、コアを強化すれば、回旋に必要な安…

野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係がある)

…。 ※球速の遅い投手と比較すると、球速の速い投手は、予備伸張を強めるMERの可動域が広いことが明らかになっています。 肘内側に隠れた危険 肘内側における隠れた危険は、伸張-短縮サイクルにおいて、肩の外旋トルクと内旋トルク間の最適化が不十分な場合に生じます。 上腕骨軸における「半捻転」作用は、加速時における上腕骨近位端方向への内旋と、それと同時に生じる上腕骨遠位端の外旋との間に、重要な関係が存在することを示しています。 上腕骨軸の半捻転は、肘の外反負荷を著しく増大させます。 具…

野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする)

…ています。 若年投手は変化球(カーブ、スライダー)を投げないように提言している研究もいくつかあります。 この提言は、変化球は速球に比べて「より大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする」事実に基づいており、手、手首、および前腕の位置と動きをの違いが肘の障害につながるということに起因しています。 www.nakajimabonesetter.com カーブは有害ではないとする声も 一方で、カーブは必ずしも他の球種に比べて有害ではないとする研究もあります。 Fleisigらは、カー…

野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する)

…レーニングは若年野球投手の受傷リスクを低減する可能性があります。 ピッチングと体幹筋力の力の伝達 ピッチングにおいては、ピッチング効率を最大限に高めるために、脚部と体幹が発揮した力が協調された動作で投球腕とボールに伝達したければならず、体幹の筋力が十分にあれば、肘の筋系に要求される力が減少し、受傷リスクが低減する可能性が考えられます。 力の伝達には体幹の筋力だけではなく、適切なタイミングと動きの流れが求められます。 Aguinaldoらの研究(ピッチングと体幹筋力の力の伝達)…

Mポジション投手とは(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

…ポジションまたは逆W投手と肘障害リスク 「Mポジション」「逆W」と表現される投球メカニクスは、肘内側(野球肘)の障害を引き起こしやすい傾向にあります。 踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメント(野球肩)と肘内側の障害を起こすリスクが高くなります。 体幹の前方への基準ベクトル(0°の中立軸とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com Mポジショ…

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…までには、成人の熟練投手と同等の動きを獲得することが可能とされている一方、体幹や下半身の動きにおいては、成人の熟練投手とは異なる点も多いとされていることから、投球動作の最終的な部分でもある腕の振りだけから、選手の技術の習得度合を判断することは避けなければなりません。 身長、筋量の増加と下肢筋群の割合 筋量の増加に関わるPWV(Peek weight Velocity:筋量の急激な増大がみられる時期)のタイミングはPHV(Peek Height Velocity:最も伸張が伸び…

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

…じる 若年の野球投手は成長軟骨を有するために、肘にオーバーユース障害を発症するリスクが高くなります。 若年野球選手の肘でオーバーユースを起こしやすい部位は、上腕骨内側上顆および、上腕骨小頭と橈骨の接合部の関節面になります。 LLEを引き起こすオーバーユースの危険因子にはそのほか、ピッチングメカニクス、投球量、球種、および、フィジカルコンディショニングが挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.…

野球における上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…この症状はプロ野球の投手のほぼ50%に認められます。 内側上顆痛のあるアスリートを指導する場合には、内側側副靭帯の不安定性や円回内筋症候群および内側神経エントラップメントなど、ほかの症状も考慮することも重要になります。 さらに、内側上顆炎の予防およびリハビリテーションプログラムを適切に作成するためには、回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければなりません。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo …

野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる)

…ます。 若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に生じます。 アクセレーション(加速)期 加速期は、肩関節が最大外旋してからボールが手を離れるまでを指します。 肘の伸展速度はピーク時で約3346°/秒に達し、肩の内旋速度は9000°/秒を超えます。 肘関節の屈筋/回内筋群はこの期に内反トルクを発生させ、肘外反トルクに抵抗します。 アクセレーション(減速)期 減速期は、ボールが手を離れてから肩関節が最大内旋可動域(ROM…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

投手の連鎖的な力発揮システム 投手の投球腕のピーク角速度と球速は、一般にキネティックチェーンと称される、投手の連鎖的な力発揮システムと関係があります。 キネティックチェーンとは、フォロースルー期までの各部位(剛体)の加速と減速を通じて、部位間でエネルギーを順番に伝達する仕組みになります。 キネティックチェーンは地面や野球用スパイク、ピッチングマウンドの隆起などから足にもたらされる摩擦力と垂直床反力から始まります。 オーバーハンドの投球中は、相互の関節モーメントがキネティックチ…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション 上腕骨内側上顆炎におけるリハビリテーションにおいて重要な事項は、入念なストレッチと厳密なストレングスプログラムが推奨されています。 筋力およびパワーの向上を目指す前に、持久力トレーニングを最初のトレーニング目標とし、軽めの負荷と痛みのない関節可動域で行い、このような漸進は、負荷を次第に増加させることに役立ち、知覚、固有感覚、運動パターンの再教育を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com

投手の投球障害予防を考える(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引{高力橈骨小頭接触}、および後部内側剪断{骨棘形成}を制御する)

…er.com 青少年投手の肘関節傷害を予防するための現行の推奨基準 疲労の兆候を見逃さずに対応する。 投手が疲れを訴えたり、疲れているようにみえる際は、ピッチングやその他の投球を一切止めて休ませる。 青少年投手の試合での投球は、12ヶ月間中8ヶ月を超えてはならない。 以下の投球回数の限度と休息日数を守る。 7~8歳 <60球/週、<1,500球/年、投球日間に2日の休養 9~10歳 <75球/週、<2,000球/年、投球日間に2日の休養 11~12歳 <100球/週、<3,0…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

サイドスロー投手 スポーツ医学の分野で、サイドスロー投法のメカニクスの浅在的な障害作用について取り上げた研究はあまり多くありません。 サイドスローはボールリリース(BR)の時のアームスロット(体幹側屈、肩外転、および肘伸展の組み合わせ)が変化することで、1球1球をより切れのある動作で投げられます。 www.nakajimabonesetter.com サイドスロー投手の肘への影響 効果的な投法ではありますが、サイドスローを用いる投手には、肘への外反ストレスによる固有の受傷リス…

投球時の肘内側傷害の原因(コッキング期後半と加速期における内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、肘内側への非常に大きく反復的な外反力が加わる)

肘内側障害の要因 肘関節内側損傷(野球肘)の主な原因とされているのは、コッキング期後半と加速期における肘内側への非常に大きく反復的な外反力になります。 オーバーハンドの投球中は、キネティックチェーンを通じて双方向の関節モーメントが伝達され、下半身から始まり体幹の回旋を通じて、肩の大きな内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、この間、肘関節に対して極めて大きな外反ストレスが働きます。 www.nakajimabonesetter.com

野球肘の機能解剖学(結合組織と筋群が肘関節の静的および動的安定化機構として作用する20~120°の肘屈曲角度において生じる)

肘関節機能解剖学 肘関節は、橈骨、尺骨、および上腕骨からなります。 関節の安定性は、靭帯組織、関節包組織、軟骨、および、筋腱によってもたらされています。 これらの軟部組織は、肘関節の内側、外側、前方、および後方に起始、付着し動作の機能性と安定性をもたらします。 肘関節は、腕撓関節、腕尺関節、および、橈尺関節という3つの関節からなる複合体になります。 www.nakajimabonesetter.com

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

…要があります。 投手は時速86~90マイル(約130~145km)以上でボールを投げ、野手は本塁から1塁まで通常3.9秒から4.4秒で走ることを考慮すると、大学レベルで戦うためには、大きな力パワー、効率、力の立ち上がり速度(RFD)が動作に要求されます。 www.nakajimabonesetter.com 同時的複合ピリオダイゼーションの手法(Concurrent Conjugatedmethod Of Periodization)方針 大学野球の選手をトレーニングする際の…

投手におけるカーブと肘の受傷リスク(運動力学的にカーブが肘に加えるストレスは、直球を上回るものではない)

…カーブの投球数は若年投手における肘の障害発生メカニズムとして長年調査されています。 しかし、最近の研究で、カーブが肘に加えるストレスは、直球を上回るものではないとされています。 疫学調査にて、カーブの投球頻度とカーブの投球開始年齢の間に有意差は認められないとの結果も出ています。 整形外科的研究においては、健常な投手と既往歴のある投手を対象に、試合と練習におけるカーブの投球に関する三次元的バイオメカニクスにおける定量比較では、内側にかかる力のピーク値には20Nの差があり(速球は…

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

…な理由は、バッターは投手の指先からボールが離れてそれを打つまでに約0.6~0.8秒という短い時間で瞬時に見極め、素早くボールにバットを当てなければならず、バットスイングスピードが速いほうがバッティングのための認知情報処理に多くの時間を費やし、ボールを長い時間みることができるからです。 また、バッティング能力に優れる選手ほどバットスイングスピードが速いという報告があることを考えると、バットスイングスピードを高めることがバッターの競技能力を上げるために必要な要素の一つになります。…

野球肘に関連づけられる力学的欠陥とは(成人の場合、投球側の肘は平均64Nm の外反トルク:肘内側を開く回旋力に耐えなければならない)

…らないのに対し、若年投手が抵抗しなければならない外反負荷(内反モーメントによって表される)は28Nmであるとの結果が出ています。 成人において外反ストレスの量が増大するのは、筋量がより大きい分、解剖学的セグメントの加速度が増大することが大きな要因とされています。 それに加えて、より大きな形態的質量と筋量、より長いモーメントアーム長、および質量慣性モーメントが組み合わさると、最大の外反トルクが発揮されます。 このことは、大柄で長身投手における内反トルク出力の発揮(肘内側を引張す…

投球側の肘関節の評価:機能的外反ストレステスト(外反伸展過負荷は外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になる)

…ズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛…

投球障害予防トレーニングプログラムを選定する上で考慮すべきこと(片側性動作とオーバーヘッド動作の重要性)

投球動作メカニズムと投球障害 投球動作は一般的に、ワインドアップ期、アーリーコッキング期、レイトコッキング期、アクセレーション期、フォロースルー期に分けられます。 ワインドアップ期には投球モーションの最初の段階であり、片足を挙上しバランスをとり、アーリーコッキング期には片脚挙上位においてバランスを保っているところから、挙上している側の足が地面に着地するところまで続きます。 レイトコッキング期には、地面に足が着地してから、肩関節の外旋が最大可動域に到達するまでを指します。 肩関…

先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力(先発投手は試合においてより長いイニングを受け持つために、より高いレベルの基礎有酸素性能力が必要になる)

… 先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力 投手の準備を整えるにあたって、概念的なアイデアを持ち、パフォーマンス能力、投手としての役割、および整形外科的既往歴について理解することで、トレーニングの構成、力学的要素の強化、および競技目標について方針を決定する上での枠組みが得られます。 投手には役割分担があり、一般的には、投げられる球種、耐えられる登板頻度、および球速によって決定されます。 一般的に、先発投手は、4~5種類の球種または投球バリエーション(アーム…

育成年代における野球肘と投球量(9~12歳の選手では1試合の投球数が75球を超えると肘痛の有病率が35%上昇する)

…数が600球を超えた投手にも肘痛の有意な増大がみられました。 また、Olsenらが行った別の研究では、競技への参加期間が1年に8ヶ月を超えた若年投手では、手術の必要な肘の障害を発生する確率が5倍にのぼったという結果が出ています。 同じ研究では、腕の疲労を無視して投げ続ける野球投手は受傷リスクが36倍にのぼり、これらの研究結果は、「疲労」がLLEの危険因子であることを示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com 投球量と疲労 疲労は労働や激しい運動、ス…

野球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

…るのに対して、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは、慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示すもので、肘関節の不安定性をもたらし、これに対する施術は、休息、リハビリテーション、または外科手術になります。 投球中に必要とされる協調的な高速の関節角度は、パフォーマンスに大きな影響を及ぼしますが、可動域を制限する不安定性あるいは他の筋骨格系の不適応の存在は、肘関節の完全性と健康にとって有害になります。 したがって、肘関節傷害の…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

…合わせることにより、投手を外反伸展の過負荷(VEO:Valgus Extension Overload)から保護できます。 VEOは、肘関節外反トルクの安定化が不十分で、投球腕の加速がピークに達した際に、素早い肘の伸展が重なって生じます。 肘関節の伸展が慢性的に不十分だと、肘関節屈曲筋群の伸張性機能が損なわれ、VEOが増大し、後内側の肘頭骨棘形成をもたらし、肘関節のインピンジメント症候群や離断を引き起こします。 www.nakajimabonesetter.com 上腕二頭筋…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

…反ストレスがかかり、投手が受傷しやすくなることが知られています。 クリティカルインスタントでは、前腕が上腕より遅れるために、上腕骨の軸は捻転(近位と遠位の反転)しなければならず、MERでは遅れた前腕の慣性特性に抵抗して、内反モーメントにより前腕がホームプレートに向けて加速されます。 クリティカルインスタントより前に起こる外反ストレス傷害は、より高いMER-Mと正の相関関係があります。 上腕回旋筋と肩関節包の重要性 上腕回旋筋の伸張性負荷と肩関節包の受動的伸展が、腕のコッキング…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…利用できます。 投手が利き腕の肩関節内旋角度が10°以上制限されている場合には、関節包の動的ストレッチングを始める必要があります。 動的スリーパーストレッチングと同様の姿勢をとった被験者に、トレーナーはさらに肩関節を内旋させるために、肩後部の関節包に穏やかな緊張が感じられるまでアスリートの前腕を静かに前方に押し、左右の腕でそれぞれ20秒ずつ5セット行うことが推奨されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambe…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

… 投球練習の前に投手を疲労させると、身体と四肢の加速と減速能力における機械的効率に影響を及ぼします。 プロ野球では先発投手が4人~5人へ変化したことから、疲労管理が重要となっています。 www.nakajimabonesetter.com プロ野球投手の登板スケジュール プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息を摂る事を前提に組まれています。 化学的な裏付けはありませんが…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…力を改善することが、投手の回復能力向上につながると考えられます。 腕の疲労を乳酸の蓄積と関連づける通説により、投手はそのキャリアのどこかで、不適合トレーニング(不適切な代謝、筋、および神経経路をトレーニングすること)を多少なりとも取り入れている可能性があります。 投手の有酸素性トレーニングのデメリットを解消するインターバルトレーニング 既存の研究では、野球投手のようなパワー系アスリートのコンディションにおいて、有酸素性トレーニングを主体することの妥当性を裏付けていません。 投…

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

…の動作になり、また、投手による投球が基本的に投げ手自身のタイミングで動作が開始されるのに対し、打撃動作においては、その投球に対する対応が求められることから、投球へのタイミングを含めた多くの調整能力が必要となります。 さらに、投球が投げる位置やその投球速度などでパフォーマンスを評価できるのに対し、打撃動作においては、その結果(打球)に対する評価も一様でないことから、測定によってこれを評価することが難しいといわれています。 www.nakajimabonesetter.com 除…