Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

有酸素性能力 の検索結果:

長距離ランナーの​有酸素性能力(有酸素制能力を決める「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸性作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」とは)/Nakajima整骨院

最大酸素摂取量と乳酸性作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされています。​ ランニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が高くなるとされます。​ 是非ご視聴ください! www.youtube.com 最大酸素摂取量の科学 作者:山地 啓司 杏林書院 Amazon タバタ式トレーニング (SPA!BOOKS) 作者:田畑 泉 …

ランナーの​有酸素性能力の重要性(長距離選手がパフォーマンスを向上するためには、運動中の筋への酸素供給量を高め、酸素需要量の増大に対応する必要がある)/Nakajima整骨院

筋力、スピード、そしてパワーが成功のカギを握る大半の競技とは異なり、長距離走は主に酸素の運搬と利用がその能力を決めます。​ ランナーの走る速度が上がれば、酸素需要は高まり、それによって走るペースを維持できるようにするためには、運動中の筋肉、および心臓への酸素供給量が、酸素需要量と等しいか、それ以上でなければなりません。​ 是非ご視聴ください! www.youtube.com 1日4分で脂肪燃焼! インターバルトレーニング (池田書店) PHP研究所 Amazon ランニングマ…

サッカーにおけるパフォーマンス決定因子とは。有酸素性能力?無酸素性能力?インターバルトレーニングが重要な因子を鍛える

今回は、サッカー選手におけるパフォーマンスの決定因子とは?について話をしていきます。​ サッカーにおいて個人はもちろんですが、チームと、両方のパフォーマンスを繰り返し見返すことができれば、監督やコーチは客観的なデータに基づいて指摘し続けることができる。とされています。 サッカー選手以外にも参考になります。是非ご視聴ください! www.youtube.com 「戦術脳」を鍛える最先端トレーニングの教科書 欧州サッカーの新機軸「戦術的ピリオダイゼーション」実践編 作者:山口遼 ソ…