Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

有酸素性能力 の検索結果:

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…トレーニングに比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告されています。 さらに、HIITのトレーニング様式は、伝統的な継続的な方法の約半分の時間しか必要としないため、選手の意欲と継続を促しやすく、技術的また戦術的な練習の時間を増やせる利点もあります。 またHIITは、基本的に、その重要性を後述するタイプ(タイプⅡ線維の動員による)筋力とパワーに弊害をもたらす可能性が低くなります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度持久力トレーニ…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…下を達成しました。 有酸素性能力の向上。VO2maxが58.1±4.5から64.3±3.9ml/kg/分に改善(P<0.01)。 走行距離が20%増加した(P<0.01)。 平均運動強度が82.7±3.4%から85.6±3.1%に上昇した*1。 スプリント回数が100%増加した(P<0.01)。 乳酸性作業閾値が47.8±5.3から55.4±4.1ml/kg/分に上昇した(P<0.01)。 ランニング効率が6.7%向上した(P<0.05)。 ボールに関与した回数が24%増加し…

長距離走のパフォーマンス向上のポイント(運動中の筋への酸素供給量を高めて需要量の増大に対応する必要がある)

長距離選手のパフォーマンス向上のカギ 筋力、スピード、そしてパワーのが成功のカギを握る大半の競技とは異なり、長距離走は主に酸素の運搬と利用がその限界を決めます。 クライアントの走速度が上がれば酸素需要は高まり、スピードを有酸素性運動の範囲内に留め、それによって速いペースを維持できるようにするためには、運動中の筋、および心臓それ自体への酸素供給量が、酸素需要量と等しいかそれ以上でなければなりません。 酸素需要量が供給量を上回ると、運動は酸素非依存性(無酸素性)になり、たちまち疲…

子供が疲労に対して示す反応(ハムストリングスの筋活動のタイミングと速度が変化すると、脛骨の安定性が低下、それにより脛骨の前方移動が増大するため、ACLが受ける機械適応力が増大する)

子供が疲労に対して示す反応 年齢、成熟度によって異なることが、近年の研究により明らかにされています。 欧州サッカー連盟(UEFA)に提出された報告書では、思春期前、思春期、思春期後の女子において、短時間の模擬的サッカーを用いた疲労プロトコルを実施後、下肢スティフネス、電気力学的遅延、および機能的な大腿四頭筋とハムストリングスの筋力比に違いは見られないとのデータを示しています。 これらの変化は年齢と成熟度により異なり、思春期前と思春期の女子は、前者が電気力学的遅延、後者が機能的…

7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている)

7人制ラグビーとオリンピック 2016年の夏季オリンピックにて「7人制ラグビー」はオリンピック種目として採用されています。 中国、アメリカ、ロシアの学校では、ラグビーが「オリンピック競技」として教えられており、数多くのラグビー強豪国が、将来のオリンピック出場選手の発掘と強化に巨費を投じています。 しかし、7人制のラグビーは15人制のラグビーとは大きく異なるゲームであり、したがって、選手の準備を整えて効果的に大会に向けた管理を行うことは、ストレングス&コンディショニングコーチに…

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

Yo-Yo IRテスト プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果 プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果は、プロサッカー選手の競技レベルの違いを反映させることが報告されています。 国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされていますが、同じようにYo-Yo IR2テストの結果も、国際レベルの選手のほうが優れています。 www.nakajimabonesetter.com

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

長距離選手と筋力トレーニング 適切な種類の筋力トレーニングプログラムを用いれば、長距離走のパフォーマンスを向上させる可能性があります。 筋力の向上は、力(筋力)とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率に…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

…リキュラム 基本的な有酸素性能力のプレコンディショニング スプリントのフォーム作りと基本的な無酸素性能力のトレーニング ストライド長のトレーニング ストライド頻度のトレーニング パワーと加速力のトレーニング プレコンディショニングのレベルでは有酸素性能力の向上を目標とします。 つまり、基本的な有酸素性能力を高め、アスリートにスプリントを指導できるようにします。 ハイニーグラブやハイニーウォーキング、バットキックウォーキング、バットキックなど、特異的なダイナミックウォームアップ…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

有酸素性能力 下肢の筋量・筋パワーとYo-Yo IR2テスト U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。 すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…運動-休息比もまた、有酸素性能力の向上を目的としたサーキットトレーニングを計画する上で重要な要素になります。 例えば、3セット×8RM、週3日のRCTを、運動-休息比1:2(30秒:60秒)で行ったところ、VO2maxの上昇において伝統的な筋力トレーニングを上回る効果がみられ、トレーニング経験のない集団においては、RCTの休息時間を短くすることは、VO2maxの上昇を促進するとみられます。 しかし、休息時間を短くし、運動-休息比を小さくしたとしても、RCTがVO2maxを上昇…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

…距離ランナーのための有酸素性能力 有酸素性能力を決める要因 有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされています。 ランニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。 アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。 www.nakajimaboneset…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

長距離選手と有酸素性能力 有酸素性能力を決める要因 有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされています。 ランニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が高くなる…

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

…にもかかわらず、筋の有酸素性能力も向上しました。 したがって2つの運動様式の間に適切な休息時間が設けられていれば(6時間超)、同時トレーニングは以前考えられていたほど筋パワーの向上を妨げられないとみられています。 www.nakajimabonesetter.com 回復時間と持久性トレーニング 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさに…

長距離選手のプライオメトリックトレーニングの利点(高い着地衝撃に対応することを助け、筋のコンプライアンス(柔らかさ)を左右するゴルジ腱紡錘を徐々に抑制して、推進力とRE、RFDの向上を促す)

…er.com 結論 有酸素性能力を決定する因子は3つあります。 VO2max(最大酸素摂取量)、LT(乳酸組成作業閾値)、そしてRE(ランニングエコノミー)になります。 有酸素性能力をそれぞれの因子に狙いを定める必要があり、VO2maxとLTは同時に適応することが可能であり、高強度のインターバルトレーニングによって最も適切に訓練されるとされます。 REはトレーニング歴、タイプⅠ線維の割合、形態測定値によって正の影響を受けますが、その向上は、高強度の複合エクササイズ(85%1R…

スピード、加速、アジリティテスト(40ヤードスプリントは直線スピード、方向転換の能力を評価するものとしては、3コーンテストとプロアジリティテストが用いられる)

…etter.com 有酸素性能力テスト ほとんどの競技、特に無酸素性パワーを用いる競技では、持久力と有酸素性能力のテストを実施していませんが、一部の競技コーチは、有酸素性能力テストの実施とモニタリングを自身で行っています。 バレーボール、サッカー、および女子バスケットボールチームでは、「ビープ」テスト(20mシャトルラン)を好んで実施しており、また、サッカーチームは男女とも、今なお1マイル走や「クーパー」テストを行っています。 www.nakajimabonesetter.c…

筋の適応の最大化と有酸素性運動(有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献している(30秒間の短いスプリントでは20%))

…にもかかわらず、筋の有酸素性能力も向上しました。 したがって、2つの運動様式の間に適切な休息時間が設けられていれば(6時間超)、同時トレーニングは以前考えられていたほど筋パワーの向上を妨げないとみられます。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性能力と回復 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するといった点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさによって決定され…

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

Tabata Protocolとは(運動後に続く酸素摂取量の高値は分泌が急増するカテコールアミン等の血中濃度が長く運動前の値に戻らないことによる心拍数の高値や、筋のナトリウム、カリウム、ATPase等が高値を取ることに関係する)

Tabata Protocol 無酸素性エネルギー代謝量 従来、無酸素性エネルギー代謝量は、酸素負債(Oxygen Deficit)により定量評価されてきました。 酸素負債とは、運動後に長く続く安静時よりも高い酸素摂取量になります。 一方、酸素借とは、最大下の同一運動強度で運動を行っている場合に、運動初期に観察される定常状態(運動開始数分後に観察される酸素摂取量が定量となる現象で、その酸素摂取量が当該運動の酸素摂取量を示しており、これが当該運動強度の酸素需要量となる)よりも低…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

心臓血管疾患とインターバルトレーニング 高強度インターバルトレーニング インターバルトレーニング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレ…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

思春期のアジリティ能力 方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12歳の少年よりも14歳の少年のほうがCODSが有意に大きいことが示されています。 またアジリティ関連の課題において、思春期直前は男女が同等の能力を示しますが、成長期開始頃に性差が生じ始めます。 男子の場合、COD…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

スポーツにおける疲労 スポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵 チームスポーツやラケットスポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵は、高強度の運動を反復する能力を発達させることですが、それは疲労のマイナス効果を減じるために、神経筋系と心肺系の効率を高めることによって初めて達成できます。 この能力は、パフォーマンスの向上だけではなく、傷害予防にも重要な役割を果たします。 神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされています。 最近、高強度インターバルトレーニング…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

高強度トレーニングと疲労 疲労耐性 高強度の反復活動に対する疲労耐性を研究する目的で、青少年チームスポーツにおけるSSG(SSG:small side games)の効果が調査されました。 SSGは、競技シナリオで行なうよりも実践的なHIITで、疲労耐性を向上させるためのコーディネーションや戦術的で特異的な疲労の大きさに対する優れた耐性を持つアスリートほど、潜在的な傷害のシナリオにうまく対処できると想定されます。 試合中の特異的なエネルギー機構を鍛えるために、SSGが有酸素性…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施するように主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの多くは、指定時間に最大距離を走ること、または指定距離を最速で…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

有酸素性能力 身体能力テストとゲームパフォーマンス ストレングス&コンディショニングプログラムを開始する前に、あるいは試合前、すなわちオフシーズンかプレシーズン中に(基準値を測定するため)身体能力テストを実施することはきわめて重要になります。 アスリートの進歩を評価して、必要に応じてプログラムを変更するためには、シーズン中に複数回のテストを実施することが望ましく、試合期に実施するには、疲労がテストにもゲームパフォーマンスにも影響を及ぼさないように、試合前後2日以内はテストを実…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…く、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 www.nakajimabonesetter.com YYIEテストとYYIRテスト 若年選手やアマチュア選手には、YYIEテストのレベル1を経験させてから、レベル2へ進ませることが推奨されています。 高強度でも何度も走ることが可能なエリート選手には、YYIRテストのレベル1またはレベル2を実施することが推奨されます。 近年のサッカー選手のVO2peakは約200m…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

サッカー選手の有酸素性能力 ヨーヨー間欠性テストとVO2peak Castagnaらは、YYIE(ヨーヨー間欠性持久力テスト)L1中のVO2を調査して、VO2peakにおいて多段階的なトレッドミルテストと有意差がないことを見出しました。 また、最近のレビューでは、特にYYIR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)L1テスト中のVO2を分析した研究が欠如していることが指摘されています。 Castagnaらは同時期に、YYIEL2、YYIRL1、トレッドミルテストの比較を行なっていますが…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…です。 例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。 コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 直線的スピードは、サッカーに対…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

プレシーズン期の準備とは プレシーズン期における質の重要性 シーズンで勝利を収められるかどうかは、プレシーズン期(競技にもよるが6~8週間)のトレーニングの質に依存すると考えられています。 ストレングス&コンディショニング(S&C)コーチにとってこの時期は、最大パフォーマンスを生み出し、傷害リスクを低減させるために、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処す…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

ヨーヨー間欠性テスト ヨーヨー間欠性テストの2つのバリエーション ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションが存在します。 ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になり、それぞれのテストは2つの種類が設けられています。 一方は若年選手または非エリート選手は向けのレベルであり(L1)、もう一方は、L1の全段階をクリアしたエリート選手向けの上級レベルになります(L2)。 したがって、実際には4つのバージョ…