Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

有酸素性能力 の検索結果:

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。 アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。 www.nakajimaboneset…

ハーフスクワットとランニングエコノミー(ハーフスクワットの1RM、テストで測定したRFDが同時トレーニング後に向上し、またRFDとREの間には正の相関関係がある)

…のところ、それ以上の有酸素性能力(>70ml/kg/minのVO2max)を有するランナーが被験者として、筋力トレーニングがランニングパフォーマンスに及ぼす影響を調査した研究は実施されていません。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Effects of Performing Endurance and Strength or Plyometric Training Concurrently on Running Economy and Perfo…

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

…にもかかわらず、筋の有酸素性能力も向上しました。 したがって2つの運動様式の間に適切な休息時間が設けられていれば(6時間超)、同時トレーニングは以前考えられていたほど筋パワーの向上を妨げられないとみられています。 www.nakajimabonesetter.com 回復時間と持久性トレーニング 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさに…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

…は、筋力/筋持久力、有酸素性能力、関節の柔軟性、高度なスキルを必要とする機能課題/レクリエーション課題に対処可能なコーディネーションなど、身体能力に関わる主な要素がすべて含まれているべきです。 より限定的に言うと、SCIお客のエクササイズにおいて最優先されるべきことは有酸素性能力と筋力/筋持久力であり、次いで血圧の維持と総合的健康になります。 運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷(SCI)のお客が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…下させる) SCIと有酸素性能力 鍛えられた筋において筋力/持久力が増大する仕組みは、SCIのお客であっても同じであり、漸進的なレジスタンスエクササイズの原理に従います。 しかし、有酸素性能力の向上は、主に、筋力の向上と鍛えられた筋組織への酸素拡散の増加によってもたらされます。 今のところ、SCIのお客が、心拍数、1回拍出量、心拍出量などの心臓血管系のピーク反応を有意に増大させうることを示す研究結果は存在しません。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

…力、筋持久力、および有酸素性能力を含めて、上半身の高い身体能力を獲得することが可能になります。 一方、四肢麻痺のお客は神経筋系および自律神経系機能が低下しているため、上半身の身体能力の向上は、通常、対麻痺のお客の半分以下に留まります。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ腱器官からの入力が低下すると、結果的に運動ニューロン細胞体で弛緩を命じるシグナルが受信されなくなる) 引用・索引Spinal Cord Injury Informa…

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響(グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性がある)

…(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない) 身体能力テストを行う際のガイドライン(例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している) 引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

継続的な持久力トレーニング(持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用する)

…学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) 引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

…競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた) 摂食状態と空腹状態のトレーニング Horowitzらは、6名の中級レベルのトレーニングを積んだ人を対象に、摂食状態と絶食状態において、様々なトレーニング強度が脂肪燃焼反応に及ぼす影響を調査しました。 被験者は、4回の別々のセッションにおいて、異なる強度で2時間自転車を漕ぎ、このうち2回の実験では、被験者は高グリセミック…

絶食後の心臓血管系トレーニング(運動強度が高くなると脂肪組織の血流が減少することが示されており、これは、脂肪細胞中に遊離脂肪酸を閉じ込めておくことで、トレーニング中の脂肪酸化能力を妨げることだと考えられている)

…イドライン(例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している) 空腹状態と体脂肪 空腹状態でトレーニングを行うことにより体脂肪を減らすという方法はいかにも効果がありそうですが、その有効性は科学的に裏付はされていません。 何よりもまず、エクササイズセッション中に燃焼する脂肪量だけに目を向けるのは近視眼的であると言わざるを得ず、人体はきわめてダイナミックであり、エネルギー源として脂肪の利用を絶えず調整しています。 エネルギー基質…

身体能力テストを行う際のガイドライン(例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…です。 例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。 コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 サッカーにおける身体能力の尺度(短い距離を疾走する、加速する、減速する、方向転換する…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係(r=-0.602、p

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) 方向転換と有酸素性機構の関係性 Youngらは、方向転換の回数が増えるにつれて相関関係が低下し、一般的な分散が増加することを見出しました。 しかし、Bangsboのテストには1回の、しかも複雑ではない方向転換が含まれているだけなので、スピードテストと…

サッカー選手のスピード持久力(スピード持久力は、回復時間に制限を設けた反復スプリントテスト(RST)を利用して測定される)

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) F1とスピード持久力 FIは、最初の2回に計測されたスプリントの最高タイムと、最後の2回に計測されたスプリントの最低タイムとの差によって決定します。 FIの低さは、スピード持久力の高さを示しています。 PDは、各レップのスプリントタイムの合計を、可能…

サッカーにおけるスプリント能力(静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測定するテストとして信頼性と妥当性が高く、サッカーにおけるテストとして信頼性と妥当性がある)

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) 最大スピードの分析 最大速度によるスプリントは、選手がすでに動作に入っている際に始まることが多く、したがって最大速度は、通常の時間と距離において、可能であるよりも速く達成されます。 静止姿勢からスタートして5~10mをスプリントする時間は、加速力を測…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…く、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 サッカーのパフォーマンスと生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) YYIEテストとYYIRテスト 若年選手やアマチュア選手には、YYIEテストのレベル1を経験…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) YYIEL2とYYIRL1テスト YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関しており(r=0.75、p=0.00002)、さらにYYIEL2の結果は、VO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度に有意に相関していました。 …

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) ヨーヨー間欠性テストの信頼性と妥当性 どのヨーヨー間欠性テストも、定期的に短い休息を挟みつつ、間欠性ランニングを連続的に行う能力を評価するものになります。 したがって、YYIE/Rテストは、ホスファゲン系エネルギー機構にも、解糖系エネルギー機構にも負…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) ヨーヨー間欠性テスト サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表されました。 ヨーヨー間欠性テストは、前述のRamsbottomらによって取り上げられたテストと同じもの…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施するように主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの多くは、指定時間に最大距離を走ること、または指定距離を最速で…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

有酸素性能力を測定するフィールドテスト ランニングと競技パフォーマンスに対する関心が増大した1980年代、有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げました。 これらのテストはいずれも強度が次第に増加して、テストが終わる頃には、被験者の最大努力による運動を必要とし、通常は、録音された音に合わせて運動を行ないます(ビープテスト)。 しかし、それぞれのテストは独自のものであり、異なる方法でア…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) なぜフィールドテストなのか? 1人のアスリートに、生理学的ラボテストを一通り受けさせることは無論のこと、適切なテストを一つ受けさせることも、現実的には非常に困難になります。 ラボテストはそれ自体として、妥当性と信頼性の高いものが多くなりますが、費用の…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

…関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある) サッカーのパフォーマンスとパワー発揮 サッカーが、キック、スプリント、タックル、ジャンプなどのパワフルな動作の反復を要求する競技であることは、すでに数多く報告されています。 スプリント能力やジャンプ能力など、パワー発揮の構成要素とその数値はすべて、サ…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

…R2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行っている) なぜテストを行なうのか? 身体能力テストを実施する目的はデータの取得にありますが、これは様々な点に役立ちます。 例えば、身体能力テストを行なうことによって、アスリートの身体能力、健康、長所短所の詳細、さらに適切な評価を知ることができます。 また、トレーニングやその他ゲームパフォーマンスの向上を期待して実施される対処の効果を評価することもできます。 サッカーのパフォーマンスと…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

…リキュラム 基本的な有酸素性能力のプレコンディショニング スプリントのフォーム作りと基本的な無酸素性能力のトレーニング ストライド長のトレーニング ストライド頻度のトレーニング パワーと加速力のトレーニング プレコンディショニングのレベルでは有酸素性能力の向上を目標とします。 つまり、基本的な有酸素性能力を高め、アスリートにスプリントを指導できるようにします。 ハイニーグラブやハイニーウォーキング、バットキックウォーキング、バットキックなど、特異的なダイナミックウォームアップ…

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)に因るとされる)

…、筋力やパワーおよび有酸素性能力の向上を促す(1日に3.2gと6.4g摂取により、外側広筋のカルノシン用量がそれぞれ42%と61%増加する) BCAA さらに、BCAAの補給は、上級レスリング選手のカロリー制限中に、タンパク質バランスを変えることにより、パワーと筋力および筋量の維持に効果があり、筋の回復促進に役立ちます。 レジスタンストレーニングと分岐鎖アミノ酸:BCAA(ロイシンは、タンパク質合成促進機能、骨格筋タンパク質の分解を抑制することも証明されている) カフェイン …

内的トレーニング負荷のより客観的なモニタリング(修正された10段階主観的運動強度(RPE)スケール(CR-10スケール)を用いて、セッションに対する個々のRPEを示し、セッションごとの各選手のRPEにセッションの継続時間を乗じて内的負荷を算出する)

…ーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている) 引用・索引Issurin V.New horizons for the methodology and physiology of training periodisation Sports Med 40:189-205.2010 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

… IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期に積極的に有酸素性トレーニングに取り組み、有酸素性能力を高めておくことが、将来の間欠的運動能力の高さに効いてきます。 確かに、中学生年代の選手に対してそのときのサッカーの持久力をみるためだけならば、Yo-Yo IR2テストだけでも、選手の試合での間欠的運動能力を…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。 すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期の一時的なものであり、晩熟な選手における間欠的運動能力は早熟な選手に遅れて発達し、いずれその差は消失します。 一方で、有酸素性能力の発達状況から間欠的運動能力の発達をみ…

最大酸素摂取量との関係(多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行っている)

…ance)”というと有酸素性能力を指すことが多くなり、多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行ってきました。 Yo-Yo IR2テストと最大酸素摂取量の測定結果には、育成年代において年齢変化の観点で多くの相違点があり、先行研究では、プロサッカー選手を対象にした場合、Yo-Yo IR2テストの結果と最大酸素摂取量には有意な相関相関があるものの、その相関係数は0.47~0.58の中程度であることが報告…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

…(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている) 引用・索引Weaver L,Balance in Nerballers,Auckland,New Zealand:Auckland University of Technology,2005.49-51 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});