Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

有酸素性能力 の検索結果:

無酸素性競技のアスリートにとって長時間の有酸素性運動は必要か?(Pcrの再合成を促進して疲労に達する時間を引き伸ばし、筋の毛細血管を著しく増加させる)

…られています。 有酸素性能力を向上させることは、一流のアスリートにおいて無酸素性パフォーマンスを向上させるための有効な方策になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bangsbo J,Gollnick PD,Graham TE,Juel C,Kiens B,Mizuno M,Saltin B,Anaerobicenergy Production and O2Deficit Debtlelationship during exhaustive…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…レーニングを通じて、有酸素性能力を維持します。 インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息および、競技シーズン中の回復期間における投手の有酸素性能力を高める上で役立ちます。 有酸素性能力はトレーニング初期に重点を置き、プレシーズンに向けて筋パワーがトレーニングの主眼となるこの時期に、細胞の回復を最大限に向上させることが望ましいです。 Szymanskiは、ブルペンセッションにおける心拍数強度が、インターバルコンディショニングの強度を決定する基盤に…

代謝コンディショニングを測定するフィールドテストのまとめと現場への応用(信頼性の高いMRSを提示する能力、求めたい生理学的状態を測定する妥当性について、テストを比較する必要がある)

まとめと現場への適応 トレーニング処方に約立つテストを選択する際に、望ましいトレーニング様式、競技への応用、およびテストの実施運用上の特徴を考慮に入れることが重要になります。 最初に、競技種目と個人のトレーニング歴、およびピリオダイゼーションに基づいて、望ましいトレーニング様式を確定します。 次に、信頼性の高いMRSを提示する能力と、求めたい生理学的状態を測定する妥当性について、テストを比較する必要があります。 そうすると、20SRTやYYIRTsのようなシャトルテストは、ト…

間欠的テストと持続的テストとの比較(間欠的テストは、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適している)

比較 間欠的テストは持続的なテストと比較して、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適しています。 30-15IFTやYYIRTなどの最大超テストの最終MRSは、(vVO2maxを上回る)無酸素性速度予備量に対するいずれかの割合となるため、予想されるように、非常に異なる速度をもたらします。 例えば、vIFTはvVO2maxより一貫して20~25%速く、またvUMTTよりおよそ15~25%高い値になります。 また30-15IFTのテス…

Yo-Yo間欠的回復テスト(スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成された)

Yo-Yo間欠的回復テスト Yo-Yo間欠的回復テスト(YYIRT:Yo-Yo Intermittent Recovery tests)は、スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成されました。 テストは、各アスリートの体力レベルに応じて、低い場合の「レベル1」(YYIRT1)と高い場合の「レベル2」(YYIRT2)が用意されています。 www.nakajimabonesetter.com

20シャトルランテスト:20SRT(VO2maxを測定する目的で作成されたテストであり、速度が漸増する持続的なシャトルランテストになる)

20mシャトルラン 20シャトルランテスト(20SRT)はVO2maxを測定する目的で作成されたテストであり、速度が漸増する持続的なシャトルランテストになります。 20SRTは、サッカーやスカッシュ、またレクリエーション活動を行なう活動的な子供や成人に対しても多く用いられています。 当初のプロトコルは各段階を2分としていましたが、vVO2maxに達するまでの時間から、現在は各段階1分のプロトコルに改変されました。 その後、このプロトコルは、実験室で測定された子供と成人双方のV…

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

股関節形成術後の有酸素性能力 股関節形成術(HA)を受けた多くのクライアントは長年にわたる身体障害と活動レベルの低下を経験しているために、有酸素性能力も低下しています。 したがって、これらのクライアントが有酸素性能力と持久力を回復し、生活の質を向上させることができるように、心臓血管系の強化を狙ったエクササイズを実施することが有益とされています。 特異性の原理に従うと、特に、歩行を中心とするトレーニングは、HA後のクライアントの正常な歩行運動を回復し機能的能力を復活させる上で適…

代謝コンディショニングのパラメータを最大限に発達させるには(有酸素性、無酸素性機能の正確な評価は、最大酸素摂取量{VO2max}での速度{vVO2max}になる)

… 持続的なテストでは有酸素性能力が優位であり、したがって、最大下(vVO2max以下)のトレーニング処方に適しています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Billat LV. Interval training for performance: A scientific and empirical practice: Special recommendationsfor middle-and long-distance running. Par…

スプリント系競技選手における長時間の有酸素運動の反対意見(高強度スプリントトレーニングは長時間の有酸素性トレーニングに比べ、最大酸素摂取量、1回拍出量、気質利用、ピークパワーの向上が大きい)

…運動(AE)は、最大有酸素性能力や緩衝能の向上、筋における毛細血管の増加など、運動パフォーマンスにとって重要な数多くの適応を誘発することがよく知られています。 しかし、高強度のスプリントトレーニング(HIT)は、AEと同様の適応を、また場合によってはAEよりも優れた引き出すことが可能になります。 最近の研究により、HITは最大有酸素性能力、無酸素性能力、換気閾値、酸緩衝能、疲労までの時間を向上させることが示されました。 重要なことは、これらの適応がより短いトレーニング時間で発…

サッカートレーニングにおける1週間のミクロサイクルの提案(運動量と運動強度を維持するという考え方に従って、刺激の特定の形式に基づき、標準的な週間パターンを示すことができる)

…異的な筋力や高強度の有酸素性能力のトレーニングに適しています。 試合3日前 最後に、週半ば(試合の3日前)の試合では、運動量を増やし、運動強度を減らすことを目指しています。 したがって、ミニゲームはより大きな形式が推奨され、この場合、ディフェンスのカバーと組織力の向上を目的として2つのゴールを使う試合が提案されています。 ここに挙げたミクロサイクルの例は、数週間にわたり日曜に1試合だけを行なうスケジュールに基づいています。 これは、運動量と運動強度を維持するという考え方に従っ…

喘息と有酸素性エクササイズ(換気性作業閾値の改善{低~中強度エクササイズ実施中の分時換気量の減少}、心肺機能{最大酸素摂取量:VO2max}の向上、および息切れの改善を促す)

…要性 現在のところ、有酸素性能力向上の細胞・分子レベルのメカニズムを、各種の喘息表現型別に研究した例は少なく、定期的なエクササイズプログラムが、多くの喘息お客の有酸素性能力を向上させることについて、その生理学的根拠はまだ十分に解明されていません。 しかし、アメリカスポーツ医学会(ACSM)および米国胸部疾患学会は、十分にコントロールされた、重症度が軽~中程度の喘息お客に対して、低~中程度の有酸素性エクササイズ(ウォーキング、自転車運動、水泳、軽いジョギングなどの大筋群を動員す…

サッカーのミニゲームの意味(選手数、フィールドの大きさ、課題の制約により生理学的、運動学的にも強度を変えることができる)

生理学的、運動学的応答に対するミニゲームの意味 ミニゲームの形式を変えられば、サッカー選手のパフォーマンスを多様に変えることができます。 通常、変更点は次の3点があげられます。 選手数 フィールドの大きさ 課題の制約 選手数 各ミニゲームの選手数を変えるだけで、運動強度と戦術的活動を調整できます。 参加する選手数を少なくすると、ある程度規則的に、運動強度を約90%HRmaxまで高めることができますが、通常の値は80~90%HRmaxの間で様々に変化します。 サッカー選手に対す…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷{SCI}のクライアントは起立性低血圧{姿勢によって発生する低血圧}および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

…力、筋持久力、および有酸素性能力を含めて、上半身の高い身体能力を獲得することが可能になります。 一方、四肢麻痺のクライアントは神経筋系および自律神経系機能が低下しているため、上半身の身体能力の向上は、通常、対麻痺のクライアントの半分以下に留まります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Spinal Cord Injury Information Available at http://SCI-info-pages.com/facts.html.A…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…力-スピード 試合 有酸素性能力(70~80%MHR) スピード-筋力 筋力の維持 コーディネーション 最大速度 パワーの維持 可動性 乳酸性と非乳酸性能力の向上 有酸素性、無酸素性パワーの能力 反応アジリティ 十分な回復 サイクル2のトレーニング目標 筋力 有酸素性パワー(80~100%MHR) ランニングドリル コーディネーションと方向転換 シーズン中のミクロサイクルの例 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜 午前 休息 身体能力:8対8または11対11 身体能力:個…

サッカーにおける反復スプリント能力(短い回復時間{≦60秒}により分断された一連のスプリント{≦10秒}において、最高のパフォーマンスを発揮する能力と定義される)

反復スプリント能力 スプリント能力は、試合でのプレーを成功するために欠かすことができない要素になり、繰り返しスプリントを行う能力は優れたパフォーマンスの指標になります。 この反復スプリント能力(RSA:repeat sprint ability)は、短い回復時間(≦60秒)によって分断された一連のスプリント(≦10秒)において、できる限り最高のパフォーマンスを発揮する能力と説明できます。 www.nakajimabonesetter.com

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…r.com SCIと有酸素性能力 鍛えられた筋において筋力/持久力が増大する仕組みは、SCIのクライアントであっても同じであり、漸進的なレジスタンスエクササイズの原理に従います。 しかし、有酸素性能力の向上は、主に、筋力の向上と鍛えられた筋組織への酸素拡散の増加によってもたらされます。 今のところ、SCIのお客が、心拍数、1回拍出量、心拍出量などの心臓血管系のピーク反応を有意に増大させうることを示す研究結果は存在しません。 www.nakajimabonesetter.com…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…トレーニングに比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告されています。 さらに、HIITのトレーニング様式は、伝統的な継続的な方法の約半分の時間しか必要としないため、選手の意欲と継続を促しやすく、技術的また戦術的な練習の時間を増やせる利点もあります。 またHIITは、基本的に、その重要性を後述するタイプ(タイプⅡ線維の動員による)筋力とパワーに弊害をもたらす可能性が低くなります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度持久力トレーニ…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…下を達成しました。 有酸素性能力の向上。VO2maxが58.1±4.5から64.3±3.9ml/kg/分に改善(P<0.01)。 走行距離が20%増加した(P<0.01)。 平均運動強度が82.7±3.4%から85.6±3.1%に上昇した*1。 スプリント回数が100%増加した(P<0.01)。 乳酸性作業閾値が47.8±5.3から55.4±4.1ml/kg/分に上昇した(P<0.01)。 ランニング効率が6.7%向上した(P<0.05)。 ボールに関与した回数が24%増加し…

長距離走のパフォーマンス向上のポイント(運動中の筋への酸素供給量を高めて需要量の増大に対応する必要がある)

長距離選手のパフォーマンス向上のカギ 筋力、スピード、そしてパワーのが成功のカギを握る大半の競技とは異なり、長距離走は主に酸素の運搬と利用がその限界を決めます。 クライアントの走速度が上がれば酸素需要は高まり、スピードを有酸素性運動の範囲内に留め、それによって速いペースを維持できるようにするためには、運動中の筋、および心臓それ自体への酸素供給量が、酸素需要量と等しいかそれ以上でなければなりません。 酸素需要量が供給量を上回ると、運動は酸素非依存性(無酸素性)になり、たちまち疲…

子供が疲労に対して示す反応(ハムストリングスの筋活動のタイミングと速度が変化すると、脛骨の安定性が低下、それにより脛骨の前方移動が増大するため、ACLが受ける機械適応力が増大する)

子供が疲労に対して示す反応 年齢、成熟度によって異なることが、近年の研究により明らかにされています。 欧州サッカー連盟(UEFA)に提出された報告書では、思春期前、思春期、思春期後の女子において、短時間の模擬的サッカーを用いた疲労プロトコルを実施後、下肢スティフネス、電気力学的遅延、および機能的な大腿四頭筋とハムストリングスの筋力比に違いは見られないとのデータを示しています。 これらの変化は年齢と成熟度により異なり、思春期前と思春期の女子は、前者が電気力学的遅延、後者が機能的…

7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている)

7人制ラグビーとオリンピック 2016年の夏季オリンピックにて「7人制ラグビー」はオリンピック種目として採用されています。 中国、アメリカ、ロシアの学校では、ラグビーが「オリンピック競技」として教えられており、数多くのラグビー強豪国が、将来のオリンピック出場選手の発掘と強化に巨費を投じています。 しかし、7人制のラグビーは15人制のラグビーとは大きく異なるゲームであり、したがって、選手の準備を整えて効果的に大会に向けた管理を行うことは、ストレングス&コンディショニングコーチに…

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

Yo-Yo IRテスト プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果 プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテストの結果は、プロサッカー選手の競技レベルの違いを反映させることが報告されています。 国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされていますが、同じようにYo-Yo IR2テストの結果も、国際レベルの選手のほうが優れています。 www.nakajimabonesetter.com

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

長距離選手と筋力トレーニング 適切な種類の筋力トレーニングプログラムを用いれば、長距離走のパフォーマンスを向上させる可能性があります。 筋力の向上は、力(筋力)とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率に…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

…リキュラム 基本的な有酸素性能力のプレコンディショニング スプリントのフォーム作りと基本的な無酸素性能力のトレーニング ストライド長のトレーニング ストライド頻度のトレーニング パワーと加速力のトレーニング プレコンディショニングのレベルでは有酸素性能力の向上を目標とします。 つまり、基本的な有酸素性能力を高め、アスリートにスプリントを指導できるようにします。 ハイニーグラブやハイニーウォーキング、バットキックウォーキング、バットキックなど、特異的なダイナミックウォームアップ…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

有酸素性能力 下肢の筋量・筋パワーとYo-Yo IR2テスト U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。 すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…運動-休息比もまた、有酸素性能力の向上を目的としたサーキットトレーニングを計画する上で重要な要素になります。 例えば、3セット×8RM、週3日のRCTを、運動-休息比1:2(30秒:60秒)で行ったところ、VO2maxの上昇において伝統的な筋力トレーニングを上回る効果がみられ、トレーニング経験のない集団においては、RCTの休息時間を短くすることは、VO2maxの上昇を促進するとみられます。 しかし、休息時間を短くし、運動-休息比を小さくしたとしても、RCTがVO2maxを上昇…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

…距離ランナーのための有酸素性能力 有酸素性能力を決める要因 有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされています。 ランニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。 アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。 www.nakajimaboneset…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

長距離選手と有酸素性能力 有酸素性能力を決める要因 有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされています。 ランニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が高くなる…

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

…にもかかわらず、筋の有酸素性能力も向上しました。 したがって2つの運動様式の間に適切な休息時間が設けられていれば(6時間超)、同時トレーニングは以前考えられていたほど筋パワーの向上を妨げられないとみられています。 www.nakajimabonesetter.com 回復時間と持久性トレーニング 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさに…