Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

柔軟性 の検索結果:

ベアフットランニング移行のために必要なプログラム(衝撃力を制御する際に下肢は神経筋系の制御増大を要求するため、移行準備プログラムに固有受容性エクササイズ、足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要性がある)

…r.com 足関節の柔軟性エクササイズ ベアフットランナーは足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要があります。 従来のカーフストレッチを壁または階段の端を利用して行い、伸張している間、ニュートラルなアーチを維持することを心がけます。 通常は30秒間の伸張を片足につき3~5回繰り返します。 またコントラクト・リラックス&アゴニスト・コントラクトストレッチングも含めた固有受容性神経筋促通法(PNF)は、足関節の可動域を増大させるコ…

ベアフットとショッドランニングの生理学的、バイオメカニクス的違い(ベアフットは酸素消費量が5.7%低下、最大酸素摂取量が1.3%少なくなるが、股関節外転筋群と股関節屈筋群の弱さは、腸脛靭帯炎につながる)

ベアフットとショッドランニングのパフォーマンスの違い ベアフットランニングとショッドランニングではランニングパフォーマンスに違いが出る可能性があり、ベアフットでは、心拍数と相対的な主観的運動強度が有意に低下することが見出されています。 地面の上やトレッドミルをベアフットで走ると、ショッドランニングと比較して酸素消費量が5.7%低下することが明らかになっており、70%VO2maxペースのベアフットランニングは地面上でもトレッドミルでも、ショッドランニングよりも経済的であることが…

バックスクワットにおける脛骨移動角度(脛骨の前方移動角度は、下腿部における筋構造の柔軟性と足関節の可動性から影響を受ける)

…腿部における筋構造の柔軟性と足関節の可動性から影響を受けます。 一方、床に踵をつけたままスクワットをする際、大腿四頭筋が優位なために過度の脛骨前方移動が生じることがあります。 この場合は「後ろに深く腰をおろしなさい」「股関節から動かしなさい」というようなキューイングが適切になります。 エクササイズ中にリアルタイムで側方から動作を自己評価することは難しい為、アスリートにビデオ映像によるフィードバックで情報を与えることは、脛骨前方移動角度の自己評価に影響を及ぼす適切な方法とされて…

人が効率よく速く走るためには(複合関節動作は、各関節にかかわる多くの筋が協調(コーディネーション)して働くことにより円滑に動作が遂行され、単一の筋では不可能な大きな力を発揮することが可能になる)

単関節運動と複合関節運動とは 人の動作には1つの関節だけがかかわっている単関節動作と、2つ以上の関節が同時にかかわっている複合動作があります。 歩く、走る、投げる、跳ぶ、椅子から立ち上がる、階段を上る下りるなど一度に複数の関節を同時に動かしている動作のことを複合関節動作と呼びます。 日常で一般に必要とされる動作の多くは複合関節動作であることからもわかるように、複合関節動作の筋機能は汎用性が高く、日常やスポーツ動作に直接的に影響します。 複合関節動作は、各関節にかかわる多くの筋…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…自転車 ジョギング 柔軟性エクササイズ サイクル1のトレーニング目標 トレーニング目標 トレーニング目標 筋力-持久力/筋肥大 筋力-スピード 試合 有酸素性能力(70~80%MHR) スピード-筋力 筋力の維持 コーディネーション 最大速度 パワーの維持 可動性 乳酸性と非乳酸性能力の向上 有酸素性、無酸素性パワーの能力 反応アジリティ 十分な回復 サイクル2のトレーニング目標 筋力 有酸素性パワー(80~100%MHR) ランニングドリル コーディネーションと方向転換 シ…

ジュニア野球選手の技術へのアプローチ(スクワットなどの基本的なトレーニングは「足の裏全体で実施する」「正しい背中のラインを維持する」野球の技術でも要求される重要な動作に発展する)

…得のために必要となる柔軟性が欠如していたり、練習を繰り返すだけの体力が不足していたりする場合は、S&Cからのアプローチが効率的かもしれません。 また、野球の実戦で要求される走る動作は、直線を全速力で走るだけではなく、そこでは減速や停止、方向転換や再加速などが求められますが、こうした点においても、技術練習の中だけではなく、日々のウォーミングアップの中でドリルとして実施することも有効になります。 www.nakajimabonesetter.com 基本的な動作を習得する そして…

小児期におけるスピードのトレーナビリティ(5~14歳の子供にプライオメトリックトレーニングはジャンプとランニングの数値に多大な影響を及ぼす)

小児期にはトレーニングへの反応が最大化する 絶好の機会説によると小児期にはトレーニングの反応が最大化する時期があり、その機会を十分に利用できないと将来の到達度が制限される可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…有酸素性能力、関節の柔軟性、高度なスキルを必要とする機能課題/レクリエーション課題に対処可能なコーディネーションなど、身体能力に関わる主な要素がすべて含まれているべきです。 より限定的に言うと、SCIお客のエクササイズにおいて最優先されるべきことは有酸素性能力と筋力/筋持久力であり、次いで血圧の維持と総合的健康になります。 www.nakajimabonesetter.com 車椅子における障害 車椅子の駆動には上半身と腕の筋力を必要としますが、これは肩、肘、手首においてオー…

脊椎屈曲エクササイズと柔軟性(脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高め、向上した柔軟性は、結合組織の強度の増加、神経筋コーディネーションを改善する)

脊椎の柔軟性と腰痛 脊椎の屈曲エクササイズは脊椎の機能的な柔軟性を高めるのに役立ち、それが腰痛(LBP)の発生を減らす可能性があります。 多数の研究により、矢状面での脊椎の柔軟性不足がLBPの発症増加に関連していることが明らかになっています。 レジスタンスエクササイズは、活発な形態の柔軟性トレーニングとしての役割を果たし、機能的な可動域内において関節の可動性の改善に役立つことがが知られており、脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高めることも明らかになっています。 w…

成長と成熟におけるSSCの増強作用の注意点(思春期を経て、筋腱系や神経筋系の変化を含む多くの生理学的変化を経験するが、生物学的年齢は暦年齢とは一致せず、なかには数年の開きがある)

CMJとSJのパフォーマンス 根本的なメカニズムが何であるかにかかわらず、SSCの増強作用は否定できず、成人では、CMJとSJのパフォーマンスに関してすでに多数の研究が行われています。 しかし、思春期前および青年期の青少年に関してこれらのジャンプの調査を行った研究は、成人に比べるとはるかに少なく、青少年の生物学的年齢は暦年齢とは一致せず、なかには数年の開きがあることもあります。 青少年は、思春期を経て、筋腱系や神経筋系の変化を含む多くの生理学的変化を経験します。 この成熟期間…

7月祝日の診療時間のお知らせ

祝日 7月23日(木)、24日(金)は以下の時間で受付ております。 10:00~13:00までご予約受付ております。 祝日のご予約は、電話か来院時にご予約下さい。 (祝日はネットから受付できません。) ご予約お待ちしております。 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

ベアフットランニングに移行するために必要な事とは(足底の感度適応、足の接地パターン、ストライド頻度とストライド長に関連する変化、下肢の固有感覚、足関節の柔軟性、足内在筋の筋力、衝撃力を制御するための下肢の伸張性筋力向上が必要になる)

…の固有感覚、足関節の柔軟性、足内在筋の筋力、衝撃力を制御するための下肢の伸張性筋力が含まれます。 ベアフットスタイルの習得、すなわち踵接地の減少を習得することは、ベアフットランニングへの移行の基本になります。 www.nakajimabonesetter.com ベアフットランニングのための準備 ベアフットエクササイズ 屋内でのベアフットウォーキング 屋外でのベアフットウォーキング 屋内でのベアフットランニング 屋外でのベアフットランニング ランニングフォームドリル 足前部に…

ベンチプレステスト(安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法が推奨される)

ベンチプレステスト ベンチプレスは、上半身の筋力の普遍的なテスト法になり、アスリートには馴染みが深く、指導と実施も容易になります。 安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法をとり、フットボールでは、3RMと1RMの両方でテストをします。 競技チームのいくつかは、トレーニングルーティンにおいてベンチプレス系の動作をほとんど行っておらず、なかには全く行っていない選手もいます(ソフトボールの投手や槍投げ選手など)。 しかし、トレーニングプログラ…

プッシュアップのバイオメカニクス(大胸筋は水平屈曲動作における主働筋であるため、肘を開くと筋の長さ-張力関係が向上する)

プッシュアップのバイオメカニクスとは 標準的なプッシュアップ(腕立て伏せ)は膝関節、股関節、骨盤、脊椎を硬化(Stiffening)させて、身体を頭から足まで真っ直ぐに保ち、肩と肘を屈曲、伸展させて身体を上下させる必要があります。 肩甲骨は内転、または外転させて、肩関節の動作を手助けします。 www.nakajimabonesetter.com

過回内足におけるストレッチングの重要性(足部回内にしばしば影響を及ぼす、もうひとつの解剖学的な構造は腸脛靭帯(ITバンド)の硬化になる)

筋のストレッチング まずは硬くなった筋のストレッチングを行っていきます。 フォームローラーを使用し、腓腹筋の起始部分から始め、クライアントは身体を床から持ち上げ、足に向かってフォームローラーをゆっくりと遠位方向に動かします。 クライアントは硬くなった筋群の筋腹にフォームローラーが当たると圧痛を感じます。 指導者はクライアントに、圧痛を感じるところで10~20秒ほど止めるように指示します。 その後、クライアントはフォームローラーを踵骨まで転がします。 指導者は両足のふくらはぎを…

ストレッチングが必要なスポーツ障害(鵞足炎,膝蓋靭帯炎,アキレス腱周囲炎,腰部痛などが挙げられる)

…スポーツ障害では特に柔軟性の低下が深く関与し、ストレッチングが重要と考えられている障害が多くあります。 大腿四頭筋の柔軟性の低下 膝蓋大腿関節障害や膝蓋靭帯炎などには、大腿四頭筋の柔軟性が低下していると考えれらています。 大腿四頭筋は、体重支持の主働筋であり、膝関節の動きや固定にも重要な役割を持っています。 その為、大腿四頭筋の柔軟性が低下すると体重支持、着地衝撃吸収の効率が悪くなり、筋や腱の骨付着部への負担が増大し、これらの障害の発生につながると言われています。 www.n…

7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている)

…ティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されています。 理想的には心拍数とGPSデータを収集し、試合中の動作と運動強度をより正確に評価すべきであり、このような情報は各選手の動作パターン(前方、後方、側方への走動作など)、各移動様式における平均速度(時速18kmを超えると高速度とみなされる)、そして動作の連続性を正確に分析することに役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.New horizons f…

筋力強化を考えた場合のセット間ストレッチの活用(活動中の筋に乳酸、水素イオン、ナトリウムイオン、リン酸の蓄積をもたらし、エクササイズに対する成長ホルモンの応答に重要になる)

受動的ストレッチと能動的ストレッチ 受動的および能動的ストレッチ、特に能動的ストレッチは、局所の筋の酸素摂取を一時的に妨げる可能性が高く、それが血管の局所的な圧迫に起因することはかなり広く認められています。 他にも多くの研究者が、血流の制限は筋内で局部的に偏りがあり、筋の中心部では血流が一層大きく減少すると指摘しています。 これらの場所による相違は、局部の組織圧の違いが原因であり、それらにより筋の伸張および短縮中に剪断力が生じ、続いて血管の部分的な加圧をもたらします。 www…

子供の姿勢に対する運動の効果(近年、抗重力筋の緊張に重要な役割を果たすセロトニン神経の活性低下が報告されている)

子どもの姿勢と体幹筋力 子供の姿勢が「ちょっと気になる」「どこかおかしい」と保育・教育現場の教員の多くが感じており、この問題のひとつに体幹筋力の低下があります。 重力に抗して姿勢を保持するには背筋力をはじめとした抗重力筋の緊張が必要になりますが、「体力・運動能力調査」における背筋力指数は低下傾向に有ります。 その原因は昔ほど身体活動が必要ではない現代の生活様式や外遊びの減少、運動部活等の低加入率が複合的に作用していると思われます。 www.nakajimabonesetter…

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

…せず、子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性があります。 したがって、子どもを対象にSSCの増強作用を測定し、成熟段階にわたりSSC増強作用の違いを測定することは、SSCトレーニングの最適な機会がいつかを知るために有益な情報を提供します。 トレーニングに最適な機会に関して理解が深まれば、青少年アスリートの長期的な能力開発の一部として、SSC能力の最大化プログラムを作成できるはずです。 …

脊椎の運動力学の日内変化が及ぼす影響(起床後わずか30分で、椎間板は1日の高さの54%を失い、1時間以内に水分の90%が失われる)

…屈曲に対する弾力性と柔軟性が高まり、親水性が増し、椎間板脱出のリスクが減少します。 しかし、起床後わずか30分で、椎間板は1日の高さの54%を失い、1時間以内に水分の90%が失われます。 そのため脊椎屈曲エクササイズは、起床後少なくとも1時間は避けるべきとされ、慎重に考えるなら、脊椎の屈曲を含むエクササイズは、起床後最低2時間以上経ってから行うほうが良いとされています。 www.nakajimabonesetter.com 脊椎屈曲エクササイズと座位 また、脊椎屈曲エクササイ…

頸部の可動性(オーバーユース障害のあるクライアントでは、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられる)

頚椎の可動性 上肢の正常性に関して、もうひとつ見落とされがちな要素は頚椎の可動性になります。 これはきわめて重要な要素になります。 オーバーユース障害のあるクライアントでは、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられます。 同様に、肩も同時に丸めたFHPは、症状の有無にかかわらす、肩の屈曲中(頭上に手を上げる)の肩甲骨の前方突出と前傾を増大させます。 www.nakajimabonesetter.com…

慢性的背部痛に対する脊椎トレーニングプログラム(異常な運動様式は、グルートアムネシア(Gluteal amnesia:殿筋群を適切に動員できなくなった状態)として知られている)

脊椎トレーニングプログラムの目的 トレーニングプログラムの多くは、筋を鍛え、脊椎の可動域を拡げることを目的にしています。 しかし、背部疾患をもっているお客によっては、問題となることもあり、背部をより多く動かすクライアントほど、将来背部に異常が生じるリスクが高いとされています。 www.nakajimabonesetter.com

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

柔軟性と可動性 一般的な可動性の測定 一般的には、可動性は比較的容易に測定できますが、実際の制限や障害の原因を把握するためには追加的なスクリーニングが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 柔軟性と可動性の比較 柔軟性 可動性 能力特性 臨床的 機能的 筋力とパワーへの影響 低下 促進 神経筋の影響 最小限 著しい 関節の関与 一、二関節 多関節 筋膜の影響 最小限 著しい 評価 臨床検査(ゴニオメーター) 機能的、要追跡 最適な導入のタイミン…

年齢と腱の柔軟性(幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなる)

年齢と腱の柔軟性 異なる年齢集団における腱の柔軟性 Kuboらは、3つの異なる年齢集団における腱の柔軟性を調べました。 その結果、幼年者と年長の少年、そして成人男性の間で筋の柔軟性に有意差があることが認められました。 報告によると、幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなりました。 年長の少年と成人の比較では、腱の伸張性に有意差は認められませんでした…

試合開催地への到着からウォームアップの流れ(この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高める)

ウォームアップ 試合開催地に到着したら 試合開催地に到着したら、簡単な動的動作とハンドリングスキルを統合した10分間の短い積極的ウォームアップを行わせ、その後、選手ごとに、各自が必要と感じる部位に対して静的ストレッチングを行わせます。 この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高めます。 その日の対戦スケジュールの進行とともに、試合前のウォームアップに割く時間は徐々に短くします(例えば、最初の試合はウォームアップ20分、2回目の試…

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

…パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。 特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。 プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニングは行き過ぎると、除脂肪…

整形外科的疾患に対するEMSの効果(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

EMS 整形外科疾患に対するEMSの効果 前十字靭帯再建手術後のクライアントの筋萎縮の予防に対するEMSの効果も検証されています。 この研究では、前十字靭帯断裂の20名のクライアントを無作為に2群に分け、手術後2日目から4週間、コントロール群は通常のリハビリプログラムのみに参加し、筋電気刺激群はリハビリとEMSプログラム(20Hz、5秒刺激、2秒休止、20分間)に参加しました。 その結果、従来のトレーニングのみを行なうCON群よりも術後早期の筋萎縮および筋力低下を有意に抑制す…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…の変化、および筋力と柔軟性の4つになります。 最大酸素摂取量 RCTによって生じる有益な生理学的適応の一つが、VO2maxの変化になります。 酸素摂取量は、心臓血管系の健康を示す重要なパラメータであり、持久力のトレーニング状況を表すひとつの尺度になります。 さらには、心臓血管系の健康、および有酸素性エネルギー供給機構の効率(アデノシン三リン酸:ATPをいかに最小限の労力で産生するか)の向上にトレーニングプログラムがもたらす効果についても、VO2maxの上昇によって定量化できま…

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

…ous unit)の柔軟性を過度に高めることを示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com MTUの過度なスティフネス 力の発揮において、MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させます。 このような柔軟性の改善は、筋への神経伝達を減少させるだけではなく、伸張-短縮サイクルの効果を損ないます。 簡単に言えば、柔軟性に富むMTUは柔軟性の低いMTUほど効果的に弾性エネルギーを貯蔵できないということに…