Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

柔軟性 の検索結果:

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

柔軟性と可動性 一般的な可動性の測定 一般的には、可動性は比較的容易に測定できますが、実際の制限や障害の原因を把握するためには追加的なスクリーニングが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 柔軟性と可動性の比較 柔軟性 可動性 能力特性 臨床的 機能的 筋力とパワーへの影響 低下 促進 神経筋の影響 最小限 著しい 関節の関与 一、二関節 多関節 筋膜の影響 最小限 著しい 評価 臨床検査(ゴニオメーター) 機能的、要追跡 最適な導入のタイミン…

年齢と腱の柔軟性(幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなる)

年齢と腱の柔軟性 異なる年齢集団における腱の柔軟性 Kuboらは、3つの異なる年齢集団における腱の柔軟性を調べました。 その結果、幼年者と年長の少年、そして成人男性の間で筋の柔軟性に有意差があることが認められました。 報告によると、幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなりました。 年長の少年と成人の比較では、腱の伸張性に有意差は認められませんでした…

試合開催地への到着からウォームアップの流れ(この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高める)

ウォームアップ 試合開催地に到着したら 試合開催地に到着したら、簡単な動的動作とハンドリングスキルを統合した10分間の短い積極的ウォームアップを行わせ、その後、選手ごとに、各自が必要と感じる部位に対して静的ストレッチングを行わせます。 この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高めます。 その日の対戦スケジュールの進行とともに、試合前のウォームアップに割く時間は徐々に短くします(例えば、最初の試合はウォームアップ20分、2回目の試…

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

…パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。 特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。 プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニングは行き過ぎると、除脂肪…

整形外科的疾患に対するEMSの効果(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

EMS 整形外科疾患に対するEMSの効果 前十字靭帯再建手術後のクライアントの筋萎縮の予防に対するEMSの効果も検証されています。 この研究では、前十字靭帯断裂の20名のクライアントを無作為に2群に分け、手術後2日目から4週間、コントロール群は通常のリハビリプログラムのみに参加し、筋電気刺激群はリハビリとEMSプログラム(20Hz、5秒刺激、2秒休止、20分間)に参加しました。 その結果、従来のトレーニングのみを行なうCON群よりも術後早期の筋萎縮および筋力低下を有意に抑制す…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…の変化、および筋力と柔軟性の4つになります。 最大酸素摂取量 RCTによって生じる有益な生理学的適応の一つが、VO2maxの変化になります。 酸素摂取量は、心臓血管系の健康を示す重要なパラメータであり、持久力のトレーニング状況を表すひとつの尺度になります。 さらには、心臓血管系の健康、および有酸素性エネルギー供給機構の効率(アデノシン三リン酸:ATPをいかに最小限の労力で産生するか)の向上にトレーニングプログラムがもたらす効果についても、VO2maxの上昇によって定量化できま…

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

…ous unit)の柔軟性を過度に高めることを示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com MTUの過度なスティフネス 力の発揮において、MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させます。 このような柔軟性の改善は、筋への神経伝達を減少させるだけではなく、伸張-短縮サイクルの効果を損ないます。 簡単に言えば、柔軟性に富むMTUは柔軟性の低いMTUほど効果的に弾性エネルギーを貯蔵できないということに…

素早い動きと爆発力を兼ね備えたアスリートになるには(基本的なダイナミックウォームアップドリルは、運動能力を高める上で基礎となる重要な要素になるものが多くなる)

アジリティトレーニング 加速と減速 次のレベルでは、フットワークのパターンに重点を置き、加速と減速の方法を習得します。 ここでは、前方および側方のストップアンドゴードリルを行います。 これは5ヤードのスプリントと停止(前方および側方移動)を繰り返すという方法になります。 フットワークのパターンを習得するため、ツーフィートインエブリホールによる前進やワンフットインエブリーホールによる側方移動、1-2-3スピンカット、1-2-3-4イン&アウトオブザラダーによる側方移動など、さら…

スプリントの筋活動パターン(足関節後面の筋の優位性は支持期前半に伸張性筋活動が行われ、後半では短縮性筋活動が低下するという特徴が見出された)

スプリントの筋活動 短距離走者の筋活動 Mann&Spragueは、高い技術を有する短距離走者の股関節、膝関節、足関節の筋活動を検証しました。 足関節後面の筋の優位性は支持期前半に伸張性筋活動が行われ、後半では短縮性筋活動が低下するという特徴が見出されました。 この結果を裏付ける証拠は他の複数の研究者グループによって提供されています。 支持期が進行するにつれて腓腹筋の筋活動が弱まり、つま先が地面を離れるまでには消滅している可能性のあることが報告されています。 また、股関節伸展…

ストライド頻度とストライド時間(ストライド頻度はストライド時間の影響を直に受け、そしてストライド時間は遊脚時間(滞空時間)および接地時間(立脚時間)の影響を受ける)

ストライド頻度とストライド時間 ストライド頻度はストライド時間の影響を受ける ストライド頻度はストライド時間の影響を直に受け、そしてストライド時間は遊脚時間(滞空時間)および接地時間(立脚時間)の影響を受けます。 すなわち、 ストライド頻度=1/(滞空時間+立脚時間として)ストライド頻度 最大速度におけるストライド1回の総所要時間においては、遊脚時間がその大部分を占めることを考えると(最大速度6.2~11.1m/秒におけるストライド時間の約75%)、最大速度と最大ストライド頻…

ストライド頻度を増やすには(単純なバットキックドリルでも同じことができ、踵を素早く引き上げる練習をすればストライド頻度を増やすことができる)

スレッドプル スプリントドリルを考える 以前のレベルで応用したスレッドプルがずっと軽く感じられるようになったら、スタートから10ヤード(9.1m)にかけて加速し、10ヤードから20ヤード(18m)の区間でトップスピードに切り替え、さらに10ヤードを全力疾走する練習を行います。 これは40ヤード(37m)ダッシュのテクニックを応用した30ヤード(27m)スプリントになります。 パートナーと組んでハーネスを使うトレーニングも重点的に行います。 1人のアスリートがパートナーと反対方…

デッドリフトの負荷の増加に伴い、股関節伸展モーメントはどのように変化するか?

デッドリフト デッドリフトの股関節伸展モーメント 最近の研究において、従来のデッドリフトにおいても、負荷の増加に伴い股関節伸展モーメントが膝関節伸展モーメントより相対的に大きく増加することが示されています。 Swintonらは、ストレートバーを用いた標準的なデッドリフトと、従来とは異なるヘックスバーを用いたデッドリフト中の股関節、膝関節、足関節のピークモーメントを測定しました。 その結果、負荷が増加するにつれて、膝関節または足関節のモーメントに比べ、股関節の伸展モーメントが相…

ランニングスピードと筋力および持久力トレーニング(筋力トレーニングにより運動単位の同期化と動員にかかわる神経筋系の変化が生じた結果、地面に対して素早く力を吸収し発揮する能力が向上した)

ランニングスピード ランニングスピードと筋力トレーニング Damascenoらの近年の研究において、8週間の筋力トレーニングを実施したところ、10km走の中盤から終盤にかけてのランニングスピードが向上し、ひいては全体的なパフォーマンスが改善しました。 この研究において、筋力トレーニング群の被験者は下肢を対象とした一連の筋力トレーニングエクササイズを週2回、8週間にわたって実施し、実施後のテストでは、漸進過負荷試験におけるトレッドミルのピーク速度が、筋力トレーニング群で向上して…

ハムストリング損傷のリスク因子(ハムストリング挫傷はランニング中に発生し、一般に走行サイクルの遊脚末期に発生する)

…ること、大腿四頭筋の柔軟性低下、大腿部の筋のアンバランスなどがリスク因子であることを示すエビデンスが存在します。 Gabbeらの研究では、トーマステストによって測定した大腿四頭筋の柔軟性低下がハムストリング挫傷の独立因子であることを示しました。 しかし、シット&リーチテスト、受動的ストレートレッグレイズ、能動的ニーエクステンションを用いて測定されたハムストリング挫傷の発生率の高さとは相関していません。 近年のある前向き研究では、ポジション、年齢、ハムストリングの損傷歴、主観的…

ハムストリング損傷のリハビリテーション(股関節伸展と対側のハムストリング伸張との間に両側性の連結が確認されている為、腰椎-骨盤域における筋の神経筋制御を狙うエクササイズが再発予防に有効)

伸張性トレーニングとハムストリングス 伸張性トレーニングに反応してサルコメア数が増加する 伸張性トレーニングを含む臨床研究では、ハムストリング損傷の発生率が低下する効果があると報告されています。 これは、伸張性エクササイズに反応して、サルコメア数が増加することが示唆されており、筋腱単位がより長い筋長で機能することを可能にして、各サルコメアによって吸収される伸張の程度を減少させ、それに応じて筋挫傷を減少させる可能性があることを示唆しています。 www.nakajimabones…

ランニングの脚周期とシューズ(脚周期は、バネが圧縮される際のように下肢関節が重心を下げてエネルギーを吸収するため、脚のバネ質量系と説明され、立脚期に発生する)

脚周期と遊脚期 ランニングとシューズ ランニングは、体力の向上と継続的運動を促進する効果的な手段としてますます人気が高まっています。 全米スポーツ用品協会によると、米国におけるランニング人口とジョギング人口は過去2年間で10.3%増加し3,550万人に上ります。 人間が走り続けてきた歳月とともにシューズは大きく進化し、シューズの進歩はグリップ力とパフォーマンスの向上をもたらし、最終的には足にサポートクッションを与えるようになり、通気性、快適性、耐久性が向上し、安定性と衝撃吸収…

プレシーズン期における体系的コンディショニング処方(パフォーマンスの他の側面(最大筋力とパワー)に取り組むための、生理学的および構造的基礎を固める)

体系的コンディショニング プレシーズン期におけるトレーニング構成要素の統合 頻度 継続時間(分) 強度 量 月曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 20~30 30~45 10~20 低 高 - 高 低 - 水曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 40~45 40~50 10~20 高 低 - 低 高 - 金曜日 コンディショニング(AM) レジスタンストレーニング(PM) 回復 40~50 40~50 …

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

…転換、カッティング 柔軟性 特に股関節、ハムストリング、大腿四頭筋の可動域の向上 このトレーニングプログラムは、身体姿勢を意識してバランスよく安定した動作を行うことに重点を置き、ストレングス、プライオメトリック、ラテラル、アジリティ、バランス、コーディネーションおよび柔軟性トレーニングによって構成されています。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング統合目標 総合目標はアスリートに適切な動作方法を教えることであり、トレーニングによって増大した筋力が…

インディバアクティブセラピー

…上昇、疼痛閾値上昇、柔軟性改善、内臓脂肪燃焼促進、リフトアップ、代謝促進、冷え性改善、HSP(ヒートショックプロテイン)増加、免疫力増加など 非熱作用 幹細胞の増殖により損傷組織の治癒促進、疼痛のコントロール、鎮痛作用、腫脹の改善、浮腫みの改善、ドレナージュなど HSP(ヒートショックプロテイン)とは たんぱく質の一種で、細胞が熱、化学物質、虚血などのストレスにさらされた際上昇して細胞を保護するたんぱく質です。 HSPが増えれば、酸化防止で美肌、ストレスによる細胞の修復や免疫…

パワーの長期的な向上を狙うウェイトリフティング(ウェイトリフティングプログラムに参加したアスリートは、タイプⅡa線維の横断面積の増加とともに、タイプⅡxからタイプⅡa線維への移行が観察され、その典型的な結果として、力を産生する筋量の増加が起こる)

…謝の向上、バランスや柔軟性および運動感覚の改善、さらに除脂肪体重の変化などが含まれます。 筋線維タイプの特徴は主に遺伝因子に起因しますが、ウェイトリフティングのきわめて大きなパワー発揮は確実な身体刺激を提供できます。 ウェイトリフティングの選手は、通常、1RMの80%以上の高負荷でのエクササイズに相当な時間を使うため、特にプルの動作中には、通常、筋線維タイプの移行と筋肥大がよく起こります。 ウェイトリフティングプログラムに参加したアスリートは、タイプⅡa線維の横断面積の増加と…

ストライド長を改善するには(柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、股関節屈筋(仰向けの姿勢)とハムストリングス(うつ伏せの姿勢)を鍛えることとが重要になる)

…強化ドリルを利用して柔軟性を高め、フォームを改善します。 さらにヘビースレッドプルを取り入れ、ステップを踏み出す際にアスリートが低い姿勢を保ち、膝を高く上げてストライド長を稼げるようにすることで、スプリントのフォームを調整します。 www.nakajimabonesetter.com 段階的な流れ 次のレベルでは、ストライド長の改善に重点を置き、引き続き基本的なダイナミックウォームアップエクササイズを応用し、ハイニーグラブやトゥタッチスキップ、フロントランジ、プレスを取り入れ…

プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因とされ、神経筋および神経内分泌系の適応を促し、除脂肪体重を増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にする)

…増加させ、バランス、柔軟性、コーディネーションを向上させ、運動覚を敏感にします。 エクササイズの選択に関しては、ウェイトリフティング動作のバリエーションを利用し、各セットに処方した負荷に応じて、回復や無負荷を考慮して強度を変化させます。 たとえば、クリーンやスナッチを完全な形(スクワット姿勢でバーをキャッチする)で実施すると、負荷が大きくなりますが、パワースタイルのバリエーションは、負荷が小さく、したがって、高速度、高パワー出力での実施が可能になります。 またテクニックを改善…

前十字靭帯(ACL)障害予防のためのトレーニングプログラム(不適切な筋の活性化を修正し、着地時にかかる力を減少させ、膝関節の外反モーメントと回旋を減らし、ハムストリングの筋力を増加させることを目的とする)

…ングストレーニング、柔軟性トレーニング、加速ドリルを実施した研究の結果、このようなプログラムを実施しなかった選手と比較すると、ACLの損傷は少ない(プログラムに参加した選手のACL受傷が1件に対し、参加しなかった選手は8件)なりました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Ford KR Myer GD and Hewett TE Valgus knee motion during landing in high school female an…

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

…m まとめ 可動性と柔軟性は相互に関連がありますが、独自の能力として個々に取り組むべき固有の概念になります。 若年アスリートの可動性の強化には、目標を定めた動的な柔軟性ドリルと具体的な姿勢の手がかりを用いて、ウォームアップを最大限に効果的かつ効率的に行なうことが含まれます。 性別、身体成熟度、暦年齢、トレーニング経験、競技歴、アスリートの相違を考慮しながら、筋力、安定性、組織の質の向上をもたらす包括的なトレーニングプログラムを作成することは、きわめて重要な技術になります。 静…

ウェイトリフティングの生理学的変化(ウェイトリフティング選手は、非鍛錬者よりも一層多くの機械的仕事を行い、より高い血中乳酸濃度に達することができる)

…としては、バランス、柔軟性、運動感覚の向上のみならず、除脂肪体重の増加も観察されていることになります。 Fryらによると、筋量の増加と体脂肪の減少により、同じ体重でもより多くの力を産生できるようになり、これらの結果は総合的に、競技パフォーマンスにプラスの効果を与えることができます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Myer G.Ford K.and Hewett T.Rationale and clinic techniques for ant…

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(膝関節LOAD(外転トルク)における左右の差異が、ACL損傷経験のある女子は非損傷者の6.4倍大きかった)

…左右の神経筋の筋力、柔軟性、コーディネーションにおける不均衡が損傷リスク増大の重要な予測因子となりうることをコーチは理解する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 動的外反数値と前十字靭帯損傷 女子アスリートにおけるACL損傷リスクに特異的な、動的外反数値における両脚の差異は、損傷経験のある女子には認められますが、非損傷者には認められません。 重要なことは、膝関節LOAD(外転トルク)における左右の差異が、ACL損傷経験のある女子は非損傷者の6…

アキレス腱障害と伸張性トレーニング(腱の疼痛知覚を低下、細胞間情報伝達を通じてコラーゲン沈着、基質成分回復を促がし治癒を向上させる)

…齢、血液供給の低下、柔軟性の低下、筋のアンバランス、下腿後部の短縮性および伸張性筋力の低下、筋骨格のアライメント異常、誤ったトレーニングなども病因として挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com アキレス腱障害のリハビリテーション アキレス腱障害のリハビリテーションに広く実施されている施術方法の一つは、伸張性(eccentric)のストレングストレーニングになります。 伸張性トレーニングモデルは、腱の障害は腱の力学的強度を超えた引張負荷に起因するとい…

ベーカー嚢胞(膝窩嚢胞)

ベイカー嚢胞 膝後方で半膜様筋腱と腓骨筋腱内側頭の間に生じる滑液包炎であり、大きくなると膝窩部の鈍痛、緊張感などの症状をきたします。 膝の後方の滑液包が弁構造となっており、関節液が弁を通して嚢胞を形成する、という説が有力です。 変形性膝関節症や関節リウマチに合併して生じるものが多いです。 www.nakajimabonesetter.com 症状 膝窩部のやや内側より鶏卵大の波動性の腫瘤を認めます。 圧痛、熱感はなく、疼痛はさほど強くなく膝後方の不快感や正座時の緊張感を訴える…

可動性ドリル(可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たす)

…可動性ドリルは「動的柔軟性エクササイズ」または「動的ストレッチング」と呼ばれることが多く、いずれにせよ正しく選択すれば、運動前のあらゆる目標を達成するために活用できます。 全身ウォームアップに分類される可動性ドリルは、可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たします。 また、ウォームアップを適切に行なうためには、「一般的な」ドリルから「特異的な」ドリルへと漸進させる必要があります。…

アスリートのスティフネスとコンプライアンス(人体器官におけるスティフネスの大きさとスポーツパフォーマンスの様々なパラメータの間には、強い相関関係が存在するとされている)

… (2件) を見る 柔軟性トレーニング―その理論と実践作者: クリストファー・M.ノリス,Christpher M. Norris,山本利春,日暮清,吉永孝徳出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 1999/06/01メディア: 単行本購入: 1人 クリック: 3回この商品を含むブログを見る ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]作者: 篠田邦彦,岡田純一,G. Gregory Haff,N. Travis Triplett出版社/メーカー: ブックハウス・エ…