Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

柔軟性 の検索結果:

思春期のトレーニングの重点(最大身長成長速度と体重の最大成長速度のピークを向かえると性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、筋サイズの増大{筋線維サイズの増大}、さらに筋横断面積が増大して発揮筋力が向上する)

思春期のトレーニングの重点 子供がPHV(身長の最大成長速度)に近づくと、男女ともに筋および骨格組織の成長速度が不均衡になる可能性があり、注意が必要になります。 また、若年アスリートの運動能力向上と成長が非直線的かつ急速に起こる段階であるこの時期において、子供が身体の不快感を経験する可能性のあることに留意しなければなりません。 さらに、長くなった四肢の使い方を覚えることによる運動コーディネーションの乱れ「Adolescent Awkwardness」も起こりうることに留意しな…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

肩関節後部の緊張を改善するには 肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして、多くのエクササイズが推奨されています。 ただし、後部構造をストレッチするものとしてよく処方される肩関節複合体の動作、例えば水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがあります。 www.nakajimabonesetter.com

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

投球の三次元メカニズム 投球腕の三次元動作分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります。 投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。 肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。 MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向か…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

肩関節外旋と肘傷害 MER(肩関節の最大外旋)と肘の傷害との関連は避けがたく、その理由として反復ストレスによる関節包靭帯の伸張(クリープ)とそれに続く関節の弛緩により肩関節の内旋速度が速くなり、結果的にボールのリリース速度は速くなりますが、肘にとっては有害だからということになります。 しかし、MERの機能障害は、投球フォームの運動学的分析と機能的な可動域評価(ROMA:Range of Motion Assessment)、および肩に目標を定めたレジスタンストレーニングを取り…

女性の腱スティフネス(女性は腱スティフネスが低いことに加え、活動中のハムストリングスにおける筋腱複合体のスティフネスも男性に比べて有意に低いことが明らかになっている)

女性の腱スティフネス 傾斜を用いた等尺性最大随意収縮を足底屈筋と膝関節伸展筋において発揮させた場合、腓腹筋内側頭の腱と腱膜、および膝蓋腱のスティフネスは、女性が男性に比べて有意に低くなりました。 このように女性の腱のスティフネスが低い(腱コンプライアンスが高い)ことが、先行研究において大腿四頭筋とヒラメ筋の動員が大きくなった要因の一端となっている可能性が考えられます。 腱コンプライアンスの高さによって生じる筋の活動増大は、SSC課題の伸張性局面における筋線維束の伸張を抑え、そ…

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

…筋といった軟部組織の柔軟性、および肩関節複合体における筋系の同期性になります。 肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となっています。 www.nakajimabonesetter.com 肩関節関節包後部の制限 PSTとそれに伴う屈曲、内旋(腕を90°外転させた状態)、および水平内転の可動性障害は通常、肩関節の関節包後部とローテーターカフ後部の筋系(棘下筋および小円筋)の柔軟性、また三角筋後部の柔軟性に関連して生じます。 しかし、研究で特に…

女性アスリートの下肢スティフネス(両足ホップにおいて、女性は男性よりも大腿四頭筋の活動が46%、ヒラメ筋の活動が37%大きく、大腿四頭筋とハムストリングスの{Q:H}同時活動比も高値を示した)

女性アスリートの下肢スティフネス 女性にみられる下肢スティフネスの動員は、特に前十字靭帯(ACL)への傷害の発生リスクを高める可能性があります。 高強度のプライオメトリックトレーニングを実施する前に、下肢(特にハムストリングス)の筋力と腱のスティフネスを高める必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 下肢スティフネス スティフネスとは一定の力を受けた際に、下肢筋群全体の伸張に対する抵抗力のことになります。 例えば、2人のアスリートが、ドロップジャ…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

疲労の管理 S&Cおよび投球プログラムの作成において、疲労の管理が非常に重要になります。 投球練習の前に投手を疲労させると、身体と四肢の加速と減速能力における機械的効率に影響を及ぼします。 プロ野球では先発投手が4人~5人へ変化したことから、疲労管理が重要となっています。 www.nakajimabonesetter.com

筋骨格系能力の望ましい特性を統合する(MSF:筋骨格系能力トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要がある)

MSFトレーニングの実施拡大に向けてた取り組み 重要なこととして、MSF(筋骨格系能力)トレーニングの実施拡大に向けてた取り組みを全面的に考案、改善するにあたっては、先に述べた先行研究からの情報や提言を取り入れる必要があります。 このような情報を基にトレーニングプログラムを改良することは、高校に上がっても競技活動を続ける、比較的少数の青少年のパフォーマンスや傷害予防にとって有益であるだけではなく、MSFの向上がもたらす健康増進効果の恩恵を受けるすべての青少年にとって有益になり…

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のことになる)

フィジカルトレーニングが青少年の体力向上にもたらす有益な効果 フィジカルトレーニング(レジスタンストレーニング)が青少年の体力向上にもたらす有益な効果は、広く認知され支持を集めています。 「筋力」「筋持久力」「パワー」は、レジスタンストレーニングに関する文献において広く用いられている用語であり、いずれも「筋骨格系能力(MSF:muscle skeletal fitness)という包括的な概念の下に属しています。 しかし、レジスタンストレーニングの実践的教育、応用、および健康関…

ファーストプル「開始姿勢またはセットポジション」(上半身の姿勢は、胸を張り、肩甲骨を内転させ、背部はまっすぐにするか軽く反らし、肺をふくらませて胸腔内圧と腹腔内圧を高め{バルサルバ法}、プル中に脊柱が前屈しない)

…ッチかクリーンか)、柔軟性、関節可動域、および様々な形態学的変数(体型、身長、四肢長、体重など)によってやや異なります。 www.nakajimabonesetter.com セットポジションにて考慮される事項 セットポジションを特定する上で、通常は以下の3つの基本体型が考慮されます。 1つめは、腕と脚が長く、体幹が短い体型。 2つめは、腕と脚、体幹の長さが釣り合っている体型。 3つめは、腕と脚が短く、体幹が長い体型。 適切な開始姿勢のとり方は、ただしゃがんでバーをつかむとい…

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

肩関節後部の緊張と肩関節痛の発症 肩関節後部の緊張(PST)は、肩関節痛の発症に関与する一般的な障害の一つになります。 肩関節の疾患は、人口の67%において生涯に一度は羅患するといわれています。 肩関節痛を引き起こす原因は様々ですが、発生頻度の高い疾患については、可動性不足など特定の障害がその原因と考えられています。 なかでも、肩関節後部の緊張は、インピンジメント症候群や肩関節唇断裂など、多くの肩関節疾患に関与しています。 バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕…

オーバーハンドスローイングにおけるパワー(オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数がパワーであり、この変数は投球速度につながる)

パワーとは パワーとは仕事率のことであり、力×速度、あるいはスピードと筋力の積と定義されます。 ※パワーの同意語としてスピード筋力という言葉を用いることがあります。 パワーはオーバーハンドスローイングアスリートにおいてストレングスコーチが向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながります。 ※速度とは、ある方向を有するスピードのことであり、パワーの構成要素になります。 オーバーハンドスローイングは、数多くの競技において個人やチームの成功に欠かせない重要な役割を果たし、特…

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

打撃動作の評価 投球動作と同様、野球における打撃動作は、バットを使用する操作系の動作になり、また、投手による投球が基本的に投げ手自身のタイミングで動作が開始されるのに対し、打撃動作においては、その投球に対する対応が求められることから、投球へのタイミングを含めた多くの調整能力が必要となります。 さらに、投球が投げる位置やその投球速度などでパフォーマンスを評価できるのに対し、打撃動作においては、その結果(打球)に対する評価も一様でないことから、測定によってこれを評価することが難し…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

フィジカルコンディション不足と野球肘(リトルリーグ肘:LLE) フィジカルコンディション不足はLLE(野球肘)の要因と考えられます。 フィジカルコンディショニングプログラムはパフォーマンスを最大限に高め、受傷リスクを最小限に抑えることを重点におくべきです。 www.nakajimabonesetter.com

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

エンプティカン(Empty Can:EC)フルカン(Full Can:FC) ECを行うと、FCに比べて三角筋が過剰に活動します。 棘上筋の活動に比べて三角筋の活動量が過剰になると、上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、…

1RMバックスクワットのための効果的なウォームアップ(エクササイズの前に柔軟性を高めることはパフォーマンスを高め、受傷リスクを減少させることを目的としている)

…動的ウォームアップ/柔軟性 研究によると、他の準備プロトコルよりも動的ウォームアップ/柔軟性が優れています。 しかし、従来は、1RMテスト実施前に準備前にその準備として静的ストレッチを行っており、多くのコーチはその手法を完全にやめてしまうことを好まない傾向があるようです。 エクササイズ前のルーティンとしてこのような静的ストレッチを実施する者の多くは、エクササイズの前に柔軟性を高めることはパフォーマンスを高め、受傷リスクを減少させることを目的としています。 しかし、Stoneら…

野球のスイング中のパワー(体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある)

理論的スイング 「野球の物理学(The Physics of Baseball)」という著書には、スイングはふたつの要素に分けられると述べられており、メジャーリーグの打者の場合、ボールが投手の手を離れてからバットとボールのコンタクトまでに0.2秒でスイングされますが、スイングの前半の0.1秒は、打者の運動によって支配され、スイングの後半の0.1秒(バット-ボールコンタクトまで)は、バットの反動で決定されます。 スイングにおける構成要素の間に、身体の連続的なトルクの発生の動作に…

野球選手におけるオフシーズンからプレシーズンへのトレーニング(筋力と爆発力をともに訓練するエクササイズを組込まなければならない)

Kennの段階システム(Tier System)「3×4+」 野球のような競技のトレーニングプログラムデザインを行う際は、Kennの段階システム(Tier System)「3×4+」を利用します。 ※「3×4+」とは、週3回のワークアウトに、4つの段階(ブロック)を設けそれに加えてポストワークを行うということです。 段階システム同様に、ブロックAはその日に重点が置かれる基礎パターンであり、ブロックBはDEあるいはRFDのブロック、ブロックCとDはメインおよびサブの補助ワークを…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

青少年と肘内側痛 アマチュア野球の参加により、一般的にリトルリーグ肘(野球肘)といわれる肘関節内側損傷の危険にさらされている青少年は約200万人に上るとされています。 リトルリーグ肘になりやすい原因として、不適切な投球メカニクス、骨の可塑性、靭帯の弛緩性、骨端軟骨の未成熟、身体組成、そして筋力低下などが指摘されています。 www.nakajimabonesetter.com

水中トレーニングの提案(適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃{着地時の衝撃と関節への応力}を軽減することが示されている)

…では、筋力、パワー、柔軟性を安全かつ効率よく向上させる方法として、水中トレーニングプログラムが提案されています。 水中トレーニングは、適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃(着地時の衝撃と関節への応力)を軽減することが示されています。 適切に処方された水中エクササイズを実施すれば、地上ベースのプライオメトリックトレーニングと同様のパフォーマンス効果が得られ、下半身の発揮パワーが増大します。 水による抵抗は、スプリントトレーニングをパラシュートを用いて行なう…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

…つ。 内旋と肩後部の柔軟性を増大させることを目的とした柔軟性エクササイズは、肩の障害を回避し、バランスのとれた関節可動域を提供するために推奨される。 基本的なテクニックの修正を用いて本格的な「ハイファイブ」ポジションを避けることは、RTにより誘発される一般的な肩の障害を避けるうえで有益になる。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Department of Physical Therpy Nova Southeastern University F…

ジュニア選手の最も身長が伸びる時期PHV:Peak Height Velocityを考える(急激な骨の伸長により骨密度が一時的に停滞もしくは低下し、筋の組織形態が追いつかず張力の高い状態{柔軟性の低下}になる)

…かず張力の高い状態(柔軟性の低下)になるなど、身体に大きな変化が生じている時期でもあります。 そして、ジュニア選手に対しては、このPHVを成熟の重要な指標として捉え、それより前の段階(思春期前)、PHVへと近づきそこへ至るまでの段階(思春期)、身長の伸びが落ち着いた後の段階(思春期後)と区別しながら、常に個々の状況に合わせて調整を加えていくことが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引David J Szmanski 「Contrib…

筋骨格系能力が健康増進に果たす役割(握力、ベンチプレス、およびスクワット/レッグプレスが、様々な健康指標に関連する最も一般的な筋力尺度となっている)

青少年における健康指標および測定結果 近年の文献レビューから、MSF(筋骨格系能力)の諸要素と、青少年における健康指標および測定結果との間には、正の相関関係があることが明らかになっています。 これらのレビューでは、MSFトレーニングがもたらす多くの健康に関連する効果として、体重、心臓血管/心肺機能の危険因子、代謝の危険因子、および骨格の健康状態における適応を挙げています。 Institute of Medicineの最近の報告書によると、現在、MSFと人の健康の相関関係を示す…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み合わせて肩関節の両側の可動域を評価する アクティブ・ストレート・レッグレイズ 骨盤を安定させ、反対側の脚を能動的に伸展させた状態でのハムストリングスと腓腹筋-ヒラメ筋の動的柔軟性を評価する トランクスタビリティ・プッシュアップ 上肢の対称動作中における矢状面での体幹の安定性を評価する ロータリースタビリティ 上肢と下肢の動作中における多方面での体幹の安定…

喘息のクライアントに対しての高強度エクササイズ(EIB発症を低減させるには気道をより緩やかに復温させる為に低強度の有酸素性運動によるウォームアップとクールダウンを、毎回必ず最低10~15分実施する)

…上下肢の低強度運動と柔軟性エクササイズも組み込みます。 エクササイズや身体活動プログラムをいきなり終了するのではなく、適切なクールダウン効果をもたらす運動を実施することで、気道をより緩やかに復温させることができるため、エクササイズ後のEIB反応の重症度を低減するのに役立ちます。 トレーニング指導の専門職にとって重要なことは、エクササイズプログラムに参加するすべての喘息のクライアントへの標準的な対応として、急性気管支収縮に関連したエクササイズ後の反応を、注意深くモニタリングする…

女性アスリートと月経異常と骨密度(低エネルギー供給率によって引き起こされる月経異常が青年期に発生すると、新しい骨の形成が制限され骨密度が低下し、疲労骨折のリスクが増加する)

月経異常 エネルギー不足がある閾値に達すると、月経周期が不規則になり、過少月経(月経周期が35日以上)を引き起こしたり、完全に停止し無月経(3ヶ月以上月経がみられない)になったりすることがあります。 健康で女性の平均的な月経周期は28±7日になり、さらに15歳までに初潮がない場合を原発性無月経といいます。 二次性無月経は少なくとも1回の月経周期の後に月経機能が停止した場合をさし、過少月経や無月経と診断されるには、月経異常を引き起こす他の原因(腫瘍、アナボリックステロイドの使用…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面{前額面、矢状面、水平面}全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められます。 FlamingoやWalking PushUPは複数のエクササイズを組み合わせ、ひとつの関節または身体部位を安定させながら、同時に別の関節または身体部位を動かすことで、神経筋コンディショニングの改善とローカル筋の筋力向上を同時に行なうトレーニングの例になります。 3つの主要構造を用いるトレーニングは、リハビリテーションの現場では広く行われていますが、健康でレベルの高いアスリートにも有益なものであり、オフ…

ベアフットランニング移行のために必要なプログラム(衝撃力を制御する際に下肢は神経筋系の制御増大を要求するため、移行準備プログラムに固有受容性エクササイズ、足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要性がある)

…r.com 足関節の柔軟性エクササイズ ベアフットランナーは足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要があります。 従来のカーフストレッチを壁または階段の端を利用して行い、伸張している間、ニュートラルなアーチを維持することを心がけます。 通常は30秒間の伸張を片足につき3~5回繰り返します。 またコントラクト・リラックス&アゴニスト・コントラクトストレッチングも含めた固有受容性神経筋促通法(PNF)は、足関節の可動域を増大させるコ…

ベアフットとショッドランニングの生理学的、バイオメカニクス的違い(ベアフットは酸素消費量が5.7%低下、最大酸素摂取量が1.3%少なくなるが、股関節外転筋群と股関節屈筋群の弱さは、腸脛靭帯炎につながる)

ベアフットとショッドランニングのパフォーマンスの違い ベアフットランニングとショッドランニングではランニングパフォーマンスに違いが出る可能性があり、ベアフットでは、心拍数と相対的な主観的運動強度が有意に低下することが見出されています。 地面の上やトレッドミルをベアフットで走ると、ショッドランニングと比較して酸素消費量が5.7%低下することが明らかになっており、70%VO2maxペースのベアフットランニングは地面上でもトレッドミルでも、ショッドランニングよりも経済的であることが…