Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

柔軟性 の検索結果:

梨状筋症候群

…チがとても有効です。柔軟性を出すことが治療にも予防にも繋がります。 ブロック注射などの治療で軽快することも多いですが、難治の場合、手術で梨状筋を切開することもあります。 坐骨神経痛 坐骨神経の領域(臀部から下肢後面あるいは外側面にかけて)の放散痛のことで、足先まで放散することもあります。 腰椎椎間板ヘルニア、腰椎部の脊椎分離すべり症、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、馬尾腫瘍などが原因となります。 【ラセーグテスト(ラセーグ徴候)】 坐骨神経痛を調べる検査法として、ラセーグテス…

踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

踵骨骨端部に生じる骨端症で、10歳前後の男児に多く、明らかな誘因はなく踵骨結節部に痛みを訴えます。 成因は、繰り返されるアキレス腱の牽引力によって発生します。 おもに、発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着しているところ)にダッシュやジャンプなどの運動を繰り返すことで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核の壊死、または骨軟骨炎を発症します。 いわゆる骨端症のうち、オスグット・シュラッター…

肩の疾患② 五十肩(凍結肩)

明らかな原因がなく肩の疼痛と可動域制限が生じる疾患で肩関節の構造物の退行変性によって発症するといわれ、肩関節周囲炎、癒着性関節包炎ともよばれます。 症状・所見 五十肩は、肩の疼痛と可動域制限が主症状で、可動域制限は急性期は痛みと筋の痙縮のため、慢性期は拘縮のために生じます。 ①肩の疼痛(主に急性期) ・肩から腕にかけての運動時痛 ・安静時痛や夜間時痛も出現 ・夜間痛は患側を下にしたときの側臥位痛、寝返りの時の疼痛が特徴的です。 ・疼痛を和らげるため肩関節を内転・内旋位の姿位に…

腰痛(筋膜性腰痛)

…策の進め方 まずは、柔軟性を高めていくことです。身体が柔らかくなれば可動域も広がり、動きもスムーズになり怪我の予防につながります。 体幹の衰えは足腰の衰え、姿勢・バランスの崩れにつながり腰痛など悪影響につながり、柔軟性と体幹を向上させていくことで身体の連動性が上手く行えるようになり動きがスムーズに、力強く動くようになります。 そして、「お尻のあたりが重い」、「両脇腹の裏が張る」、「背中のあたりが痛む」など幅広い範囲での痛みをひとくくりに腰痛として、自分の症状に合った改善策を見…

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

スポーツ傷害とバランス能力 多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こります。 発表されている複数の調査から、バランストレーニングによる介入を通して、傷害と傷害リスク因子が減少したこと、また競技パフォーマンスが向上したことが明らかになっています。 したがって、成長期に固有感覚の強固な基礎を築くことは、競技選手としての長期的な成功と健康の促進にきわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com

第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)

…す。 予防として柔軟性を出すためのストレッチや、筋力強化、体幹を鍛えたり重心のバランスを整えることによって負荷がかかるところのストレスを減らす事が出来ます。 そして、足底の外側アーチの部分でもあるので足底版などでサポートすることも怪我の予防、再発防止になります。 中足骨だけでなく肋骨や骨盤などどこでも疲労骨折はおこりえます。栄養状態の不良や月経不順なども骨を弱くする要因になるので怪我の予防と、健康と日々の生活で気を付けていきましょう。 www.nakajimabonesett…

第5中足骨基底部骨折(下駄骨折)

… 固定期間での筋力や柔軟性の低下はどうしても避けられず、筋力や柔軟性に対してのアプローチもきちんと行いましょう。 そして、ふくらはぎの筋の固さからこの骨折を起こしやすくなるとも考えられるので筋の柔軟性は大切です。ふくらはぎに限らず、筋肉の柔軟性の低下は他の怪我につながるので怪我の予防に、骨折後のリハビリにも有効です。 www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:標準整形外科学P724 (adsbygoogle = window.adsbygoogle…

レジスタンストレーニングのウォームアップ(プライオメトリックエクササイズは1RMバックスクワットの向上と関連づけられている)

… WBVが下肢筋力と柔軟性に与える影響 考慮に値する最後のウォームアップがWBVであり、なぜならこれは下肢の筋の力発揮と柔軟性を増大させることが示されているからです。 このウォームアップには特別な装置が必要になりますが、場所の制約に悩むストレングスコーチにとっては特に役立ちます。 なぜならWBVのプラットフォームはサイズが小さくすむからです。 トレーニング分野の専門家によって一般的に推奨されているウォームアップ戦略が、完了に最大20分を要するのに比べて、WBVは準備運動として…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

…有酸素性能力、関節の柔軟性、高度なスキルを必要とする機能課題/レクリエーション課題に対処可能なコーディネーションなど、身体能力に関わる主な要素がすべて含まれているべきです。 より限定的に言うと、SCIお客のエクササイズにおいて最優先されるべきことは有酸素性能力と筋力/筋持久力であり、次いで血圧の維持と総合的健康になります。 運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下させる) 車椅子にお…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

…つ。 内旋と肩後部の柔軟性を増大させることを目的とした柔軟性エクササイズは、肩の障害を回避し、バランスのとれた関節可動域を提供するために推奨される。 基本的なテクニックの修正を用いて本格的な「ハイファイブ」ポジションを避けることは、RTにより誘発される一般的な肩の障害を避けるうえで有益になる。 エクササイズの選択と肩の傷害(ベンチプレスの下降(伸張性)局面は、特に腕が体幹より低く下ろされた場合には、多くの傷害の原因とされている) 引用・索引Department of Phys…

レジスタンストレーニングにおける肩関節の傷害を避けるために必要な手段(可動性の制限とともに、ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の脆弱性など、関節や筋の異常な特性に対処するエクササイズを、現行のトレーニングルーティンに取り入れることが重要になってくる)

…後部の筋組織のための柔軟性エクササイズを取り入れることは、肩後部の制限を緩和し、内旋の可動性を改善するとされ、さらに、肩後部の柔軟性の改善は、外転-外旋位である「ハイファイブ」ポジションにおける可動性にバランスをもたらし、前部の過度の移動を避けるために有効になります。 ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の強化をRTルーティンに取り入れることは、理論的に下記のことが重要になります。 標準的な肩の運動に必要とされる筋力比率の十分なバランスを達成し、 前部の過度の移動を避けるため…

レジスタンストレーニングにおける肩の可動性のアンバランスとは(RTの活動中に必要な頭上動作は通常、腕を外転、外旋させたハイファイブポジションが要求され、それが肩の機能障害に関連づけられている)

…節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張(PST)が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される) ハイファイブポジションが肩にかける負荷とは 上肢のRTでは、肩をハイバックポジション(ビハインドネック、ミリタリープレスやプルダウンなどの伸展中に要求される)に置くことが要求され、肩前部に過重な負荷がかかり、不安定性とインピンジメントをもたらします。 Grossらは、RT…

急性および慢性の肩関節傷害のリスク因子(RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる)

…節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張(PST)が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される) 引用・索引Department of Physical Therpy Nova Southeastern University Fort Lauderdale Florida (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}…

レジスタンストレーニングと末梢神経損傷(末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではあるが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなる)

…節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張(PST)が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される) 引用・索引Department of Physical Therpy Nova Southeastern University Fort Lauderdale Florida (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}…

レジスタンストレーニングにおける肩関節不安定症と脱臼(肩はハイファイブポジション(臨床環境では「不安定肢位」と呼ばれる)で関節が外れることが多く、ハイファイブポジションが必要なエクササイズにおいて重い負荷を用いることにより、肩関節の脱臼を起こしやすくなる可能性がある)

…節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張(PST)が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される) 急性、慢性の肩関節傷害 Reevesらは、RTに起因する急性および慢性の傷害を検討し、ベンチプレスやチェストフライ中に体幹を超えて肩を後方へ伸展させることが、肩前部の不安定症の原因になると示唆しています。 さらにビハインドネック・ラットプルダウンがローテーターカフの傷害お…

レジスタンストレーニングと肩鎖関節の傷害(鎖骨遠位の骨融解はいわゆる「ウェイトリフター肩」としても知られ、肩鎖関節の離開、肋軟骨下の疲労骨折、肩鎖関節を形成する鎖骨遠位における骨の融解などを特徴とする)

…節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張(PST)が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される) 鎖骨遠位の骨融解 また別の研究者らは、鎖骨遠位の骨融解の羅患率が27%であると報告しています。 Yu&Habibは、磁気共鳴断層撮影(MRI)により特定された、RTに関連してよく発生する傷害に関する論文のレビューを行ない、ウェイトリフティングの選手においては、鎖骨遠位の骨…

レジスタンストレーニングに起因する肩関節複合体の傷害(疫学的報告によると、肩関節複合体は主要な負傷部位であり、その羅患率は22~36%に及ぶ)

…。 肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある) ハイファイブポジションと大胸筋傷害 大胸筋の傷害は、急性外傷として出現することが多く、大胸筋の組織は上肢のエクササイズを行なう際の主なパワーの発生源であり、また望ましい筋肥大が期待される領域でもあるため、この筋の対して集中的なトレーニングが行われることが多くなります。 研究者らは、RTが原因の大胸筋断…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…。 肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある) 肩関節複合体が負傷しやすい理由 研究者の報告によると、RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生しています。 肩関節複合体が負傷しやすい理由は、部分的には、RTにより肩関節に大きな負荷がかかることであり、従来あまり負荷のかからない関節である肩関節が、反復的な挙上の過程で相当な負荷…

肩関節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張(PST)が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される)

…。 肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある) スタンディングクロスアームストレッチ スタンディングクロスアームストレッチは、サイドライイングクロスアームストレッチのバリエーションとして適用されます。 このストレッチでは、ストレッチする側を壁にもたれさせ、肩甲骨後部/肩甲骨を直接壁につけて安定させます。 その姿勢をとったら、反対側の腕でストレッチす…

肩関節に対するスリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチ(いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できる)

…。 肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある) スリーパーストレッチ スリーパーストレッチは側臥位で行ないます。 ストレッチする側を下にして側臥位をとり、腕を90°外転させ、肘を90°屈曲させます。 その姿勢をとったら、反対側の腕でストレッチする側の腕を(手首の辺りをつかんで)ベッドのの方向へ押し、内旋させます。 ストレッチする側を下にして側臥位を…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

肩関節後部の緊張を改善するには 肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして、多くのエクササイズが推奨されています。 ただし、後部構造をストレッチするものとしてよく処方される肩関節複合体の動作、例えば水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがあります。 肩の内旋可動性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さ…

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

…筋といった軟部組織の柔軟性、および肩関節複合体における筋系の同期性になります。 肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となっています。 アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる) 肩関節関節包後部の制限 PSTとそれに伴う屈曲、内旋(腕を90°外転させた状態)、および水平内転の可動性障害は通常、肩関…

本日は来月放送されるテレビ朝日「スポーツ大賞」の収録。

…ittal plane, improved flexibility improves connective tissue strength, improves neuromuscular coordination) 脊椎屈曲エクササイズと柔軟性(脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高め、向上した柔軟性は、結合組織の強度の増加、神経筋コーディネーションを改善する) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面(前額面、矢状面、水平面)全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められます。 FlamingoやWalking PushUPは複数のエクササイズを組み合わせ、ひとつの関節または身体部位を安定させながら、同時に別の関節または身体部位を動かすことで、神経筋コンディショニングの改善とローカル筋の筋力向上を同時に行なうトレーニングの例になります。 3つの主要構造を用いるトレーニングは、リハビリテーションの現場では広く行われていますが、健康でレベルの高いアスリートにも有益なものであり、オフ…

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…かず張力の高い状態(柔軟性の低下)になる) 股関節の強化テクニック コアの基礎が獲得されている場合には、一般的な腹部および股関節の強化テクニックを加えることで、すでに獲得した等尺性筋力を補強し、さらに向上させることができます。 その結果得られる骨盤のポジショニングと安定性の改善は、周辺の関節と軟部組織を保護することにつながります。 「プレリハビリテーション」エクササイズ(傷害予防のためのトレーニングルーティンに広く適用されているリハビリテーション的なエクササイズ)を漸進させて…

野球における戦略的エクササイズ処方:傷害予防とパワー発揮の両立(競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになる)

…かず張力の高い状態(柔軟性の低下)になる) 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).pus…

ストライド長を改善するには(柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、股関節屈筋(仰向けの姿勢)とハムストリングス(うつ伏せの姿勢)を鍛えることとが重要になる)

…強化ドリルを利用して柔軟性を高め、フォームを改善します。 さらにヘビースレッドプルを取り入れ、ステップを踏み出す際にアスリートが低い姿勢を保ち、膝を高く上げてストライド長を稼げるようにすることで、スプリントのフォームを調整します。 スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない) 段階的な流れ 次のレベルでは、ストライド長の改善に重点を置き、引き続き基本的…

内的トレーニング負荷のより客観的なモニタリング(修正された10段階主観的運動強度(RPE)スケール(CR-10スケール)を用いて、セッションに対する個々のRPEを示し、セッションごとの各選手のRPEにセッションの継続時間を乗じて内的負荷を算出する)

…ーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている) 引用・索引Issurin V.New horizons for the methodology and physiology of training periodisation Sports Med 40:189-205.2010 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

…せず、子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性があります。 したがって、子どもを対象にSSCの増強作用を測定し、成熟段階にわたりSSC増強作用の違いを測定することは、SSCトレーニングの最適な機会がいつかを知るために有益な情報を提供します。 トレーニングに最適な機会に関して理解が深まれば、青少年アスリートの長期的な能力開発の一部として、SSC能力の最大化プログラムを作成できるはずです。 …

年齢と腱の柔軟性(幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなる)

…年齢集団における腱の柔軟性 Kuboらは、3つの異なる年齢集団における腱の柔軟性を調べました。 その結果、幼年者と年長の少年、そして成人男性の間で筋の柔軟性に有意差があることが認められました。 報告によると、幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなりました。 年長の少年と成人の比較では、腱の伸張性に有意差は認められませんでした。 この研究では、スティ…