Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

柔軟性 の検索結果:

腰部痛を予防するには(普段から腰部と臀部の筋構造の強化に一層の注意を払い、股関節とハムストリングスの柔軟性を改善に取り組むことが重要になる)

…とハムストリングスの柔軟性を改善に取り組むことが重要になります。 特に、スクワット動作にの最終局面において、適切な脊椎の前弯を保持し、骨盤を前後に極端に傾けることなく、ニュートラルな骨盤のポジションをどのように保持すべきかがポイントになります。 www.nakajimabonesetter.com スクリーニング 傷害を予防する安全なプログラムを計画することもコーチの役割として非常に重要になります。 傷害の原因となる誤った運動パターンや筋のアンバランスに視野を入れて、傷害の原…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

…したがって、MERの柔軟性を増進するエクササイズは利益と禁忌の両方をもたらします。 オーバーハンドの投球では、通常、肩関節の内旋可動域が小さくなると外旋角度が大きくなりますが、これは靭帯、腱、関節包の集合的な適応(前部の緩みと後部の硬さ)のためです。 この状態は一般的に、肩関節内旋制限(GIRD:Glenohumeral Internal Rotation Deficit)として知られています。 GIRDは関節窩周りの上腕骨頭が上部へ移動することにより起こりますが、これはより…

野球における投球時の外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…に備えて上腕二頭筋の柔軟性が増します。 上腕二頭筋-上腕三頭筋のウォールストレッチは、単純ですが、効果的なストレッチであり、アスリートは腕を65°外転し(ほぼ胸の高さで)、母指を壁に押しあて、固定した腕から反対方向に体幹をゆっくり回転させ、三角筋前部と上腕二頭筋をストレッチングします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with el…

女子サッカーにおけるGPSの利用(GPS分析は、モニタリングやトレーニングに役立つ他、トレーニング目標が達成されていないことをコーチやトレーニングスタッフが知る手がかりとなる可能性がある)

GPSトレーニング GPSは、トレーニングにおける動作パターンの追跡と分析を可能にします。 トレーニングは多くの場合、スタジアム以外で行われ、また実施回数が多いため、ビデオ分析には時間を要します。 Maraらは、エリート女子サッカーチームのトレーニングを1シーズン全体にわたって分析したところ、プレシーズンからシーズン終盤にかけて総移動距離が低下していることから(6.646±111mから4604±110m)、仕事率は低下したと推測されています。 これは試合のスケジュールに伴いト…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

…て、肘および肩関節の柔軟性と全体的な強化が積極的な役割を果たします。 主な目標は、アスリートを可能な限り短時間で、競技に復帰させることですが、アスリートが再度負傷することのないよう完全に回復した状態に戻すことが肝心であり、筋力およびパワーのエクササイズと並んで、競技特異的活動の再導入も第Ⅲ段階で実施する必要があります。 トレーニングの漸進があまりにも急進的であることを示す兆候として、炎症反応(発赤、腫脹、疼痛、熱感、機能喪失)に注意しなければならず、このような症状が起きた場合…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

…す。 関節の可動性と柔軟性 GH関節の可動性は、肩の機能向上と傷害からの回復促進に関与するとされています。 肩の傷害では、ほぼすべてのケースにおいて関節可動域(ROM)に制限が生じることが予想され、肩の損傷後、正常な(受傷前)ROMを回復させることは、通常、リハビリ専門職の目標のひとつになります。 受傷前のROMへの回復は、肩手術後においても疼痛レベルの低下および、機能の改善と相関しています。 ROMの低下は、外科手術、筋の代償作用、靭帯の拘縮また断裂、疼痛などが原因となり起…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるクライアントでは、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

…も、適切な準備運動と柔軟性エクササイズは、潜在的な傷害リスクの低減に役立ちます。 これらのクライアントは、ラットプルダウンやペクトラルフライのマシンなど、ある種のエクササイズを行う十分な可動性がないことを忘れてはならず、安全な選択肢として、シーティッドロウやシーティッドチェストプレスなどで代用しますが、関節可動域に関する注意点(肘を体幹よりも後ろに引かない)を守ることが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Brueilly KE,S…

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

…etter.com 柔軟性エクササイズ 柔軟性は、rTSAを受けたクライアントのためのS&Cプログラムを作成する際に考慮すべき重要な要素となっています。 しかし、伝統的なTSAとは異なり、rTSAを受けたクライアントが達成できる最大挙上角度は120°であるとされ、多くの場合、その範囲は、手術前の肩の状態と手術後のリハビリテーションの努力で達成可動性によって変わっていきます。 この可動域目標の相違ことが、それぞれのクライアントに関して理学療法士とS&C専門職のコミュニケーション…

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の徴候と症状(病変部の熱感と発赤は、感染による血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌により起こる)

…節可動域の損失、組織柔軟性の損失、および組織量の減少を引き起こすことがあります。 医師の診察の重要性 CA-MRSA感染を疑われるときは、アスリートに医師の診察を受診させるべきです。 MRSA感染の兆候と症状の中に、にきびやおでき、クモの噛み痕に似た 赤いものが出現することがあり、菌は皮膚だけにとどまることがほとんどですが、時としてより深刻な感染症に発展する場合もあります。 菌が身体の深部に入り込むことで症状は進行し、骨や関節、手術創、血流、心臓弁、および肺に、生命の危険を伴…

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

…あり、これらの関節の柔軟性、可動性、安定性が欠けるとスナッチやクリーンにて適切にラックに戻すことができずにいずれの関節も負傷のリスクがあるということです。 その動作パターンとメカニクス、傷害リスクを考えるとウェイトリフティングよりもメディスンボール、プライオメトリックトレーニングを用いた動作のほうがパワーを引き出すと同時にリスクも低く(バーのキャッチが少ない)安心して実施することができます。 さらに、プライオメトリックトレーニングやメディスンボールエクササイズを漸進的に習得さ…

グローバル・ポジショニング・システム:GPS(主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査している)

グローバル・ポジショニング・システム(GPS) グローバル・ポジショニング・システム(GPS)を用いた研究は、主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査しています。 特にサッカー、ラグビーなどの間欠的ランニングを特徴とする競技において利用されています。 これらの競技では、タックルや方向転換が頻繁に実施され、最も多くみられる身体活動はランニングであるため、試合の分析において移動距離、最大スピード、高強度ランニングに関する特性の分析に焦点を当てています。 www…

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

ローテーターカフの疾患 ローテーターカフ(腱板)の疾患を引き起こすのは主に棘上筋になります。 棘上筋の役割は、肩の軽度の外旋トルクをかけながら圧迫し、外転させることになり、そのため、ローテーターカフに疾患が生じると、肩の外転動作における疼痛や筋力低下が生じます。 ローテーターカフの疾患(野球肩)には、腱障害、インピンジメント症候群、および様々な程度の筋/腱断裂が含まれます。 www.nakajimabonesetter.com

サッカー選手の競技パフォーマンスをうまく向上させる方法(強化する体力要素ごとに、トレーニング目的を負荷増大、維持、負荷低減のいずれかに切り替えるやり方が提案されている)

…ダイゼーション方策:柔軟性を有する波状/非線形のピリオダイゼーションを採用し、スケジュールの変更に合わせて計画を調整できるようにする。 トレーニング計画:パワートレーニングのほうが生じる疲労レベルが低いため、筋力トレーニングよりも試合に近いタイミングで処方する。 1日単位のトレーニング計画:技術/戦術トレーニングと筋力/パワートレーニングのセッション間に最大限の回復時間を設ける。筋力/パワートレーニングは技術/戦術の要求が最も低い日に処方する。 伸張性負荷:可能な範囲で伸張性…

大学野球選手のトレーニングプログラム(ウェイトルームでは筋力-パワーの向上、フィールドトレーニングでは始動速度:RFD、1~6秒間のエネルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかける)

基本的なトレーニングプログラム作成のメカニズム 基本的には筋力-スピード(負荷55~90%)の複合的トレーニング様式を用いることによって、力-速度曲線を日毎あるいは週ごとに上げ下げすることができ、一度に一つのための変数のためのトレーニングを実施するのではなく、プログラムに多様な幅をもたせることができます。 www.nakajimabonesetter.com

レジスタンストレーニングのウォームアップ(プライオメトリックエクササイズは1RMバックスクワットの向上と関連づけられている)

… WBVが下肢筋力と柔軟性に与える影響 考慮に値する最後のウォームアップがWBVであり、なぜならこれは下肢の筋の力発揮と柔軟性を増大させることが示されているからです。 このウォームアップには特別な装置が必要になりますが、場所の制約に悩むストレングスコーチにとっては特に役立ちます。 なぜならWBVのプラットフォームはサイズが小さくすむからです。 トレーニング分野の専門家によって一般的に推奨されているウォームアップ戦略が、完了に最大20分を要するのに比べて、WBVは準備運動として…

肩関節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される)

…を保持します。 柔軟性エクササイズは、柔軟性の向上のみを目的としたものでなければなりません。 そのため、これらのストレッチエクササイズは、毎日行なうことが推奨されます。 ここで推奨されているストレッチエクササイズは、姿勢を30秒間保持し、連続して3~5レップ行わなければなりません。 この時間と回数は、これらストレッチングの効果を明らかにした研究で用いられたものを参考にしています。 www.nakajimabonesetter.com ストレッチと肩関節後部の緊張 一般的に、ス…

股関節形成術後の柔軟性エクササイズ(腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されるために股関節の伸展および外旋可動域を回復させることが目標になる)

股関節形成術後の柔軟性エクササイズの重要性 股関節形成術(HA)後に可動性の制限が続いている場合は、機能的な可動域を回復することが目標になります。 理論的に、可動域に目標を定めた柔軟性トレーニングが有益になり、エビデンスによると、股関節の伸展および外旋可動域の不足が、HA後に長く残存する可能性が示唆されています。 さらに、HA後の2ヶ月間に股関節痛を訴えるクライアントでは、腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されています。 この研究において、研究者らは、柔軟…

レジスタンストレーニングにおける肩の可動性のアンバランスとは(RTの活動中に必要な頭上動作は通常、腕を外転、外旋させたハイファイブポジションが要求され、それが肩の機能障害に関連づけられている)

肩の可動性のアンバランス 研究では、オーバーヘッドスポーツの参加者における肩の可動性のアンバランスが取り上げられています。 RT(レジスタンストレーニング)の活動中に必要な頭上動作は通常、腕を外転、外旋させたハイファイブポジションが要求され、それが肩の機能障害に関連づけられています。 www.nakajimabonesetter.com

レジスタンストレーニングと肩の傷害(エクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている)

不適切な肩のポジションが原因で起こる傷害 RT(レジスタンストレーニング)集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられています。 Grossらは、RT参加者20名を対象に、肩前部における不安定性のサンプル調査を行ない、この調査で、ワイドグリップ・ベンチプレス、スパイン・チェストフライ、ビハインドネック・プルダウン、ミリタリープレスなどのエクササイズが疼痛を起こすエクササイズとして特定されています。 197…

レジスタンストレーニングにおける肩関節の傷害を避けるために必要な手段(可動性の制限とともに、ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の脆弱性など、関節や筋の異常な特性に対処するエクササイズを、現行のトレーニングルーティンに取り入れることが重要になってくる)

…後部の筋組織のための柔軟性エクササイズを取り入れることは、肩後部の制限を緩和し、内旋の可動性を改善するとされ、さらに、肩後部の柔軟性の改善は、外転-外旋位である「ハイファイブ」ポジションにおける可動性にバランスをもたらし、前部の過度の移動を避けるために有効になります。 ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の強化をRTルーティンに取り入れることは、理論的に下記のことが重要になります。 標準的な肩の運動に必要とされる筋力比率の十分なバランスを達成し、 前部の過度の移動を避けるため…

肩甲上腕関節と肩甲骨の一連の運動をタイミングよく行うには(外旋動作は正常なバイオメカニクスとローテーターカフへの十分な血液供給を確保するため、僧帽筋中部線維を活性化させ、側臥位で腕を30°に外転させて行うことが推奨される)

肩甲上腕関節と肩甲骨 肩甲上腕関節(GHJ)と肩甲骨の一連の動きをタイミングよくバランスよく行うには、筋の協調的な行動と機能的安定性を獲得するためのバランスが必要になります。 Coolsらは臨床現場において肩甲胸郭(SCT)関節とGHJのリハビリテーションに用いられる12種目のエクササイズを調べた結果、以下の4つがSCT関節のバランス維持に役立つを結論付けました。 側臥位での外旋 側臥位での屈曲 伏臥位での外旋 伏臥位での伸展 伏臥位での伸展、側臥位での外旋、およびTレイズに…

スクワットとデッドリフトの運動力学と筋力を産生する要因の違い(筋の動員と選択、筋長-張力関係、引く動作の筋の角度)

スクワットとデッドリフト パワーリフティングを行うアスリートが、動作パターンが類似していること、どちらも同じ筋群が動員されることを理由に、スクワットは直接デッドリフトの代わりになると示唆されています。 スクワットとデッドリフトの運動パターンと筋の動員順序と選択 重い負荷を使ったスクワットとデッドリフトは、「運動パターン」「筋の動員順序と選択」が異なることが明らかになっています。 スクワット スクワットのキネティックリンクの動作パターンは「同時的(Simultaneous)」と…

思春期のトレーニングの重点(最大身長成長速度と体重の最大成長速度のピークを向かえると性ホルモン濃度の上昇による筋量の急増を特徴とし、筋サイズの増大{筋線維サイズの増大}、さらに筋横断面積が増大して発揮筋力が向上する)

思春期のトレーニングの重点 子供がPHV(身長の最大成長速度)に近づくと、男女ともに筋および骨格組織の成長速度が不均衡になる可能性があり、注意が必要になります。 また、若年アスリートの運動能力向上と成長が非直線的かつ急速に起こる段階であるこの時期において、子供が身体の不快感を経験する可能性のあることに留意しなければなりません。 さらに、長くなった四肢の使い方を覚えることによる運動コーディネーションの乱れ「Adolescent Awkwardness」も起こりうることに留意しな…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

肩関節後部の緊張を改善するには 肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして、多くのエクササイズが推奨されています。 ただし、後部構造をストレッチするものとしてよく処方される肩関節複合体の動作、例えば水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがあります。 www.nakajimabonesetter.com

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

投球の三次元メカニズム 投球腕の三次元動作分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります。 投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。 肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。 MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向か…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

肩関節外旋と肘傷害 MER(肩関節の最大外旋)と肘の傷害との関連は避けがたく、その理由として反復ストレスによる関節包靭帯の伸張(クリープ)とそれに続く関節の弛緩により肩関節の内旋速度が速くなり、結果的にボールのリリース速度は速くなりますが、肘にとっては有害だからということになります。 しかし、MERの機能障害は、投球フォームの運動学的分析と機能的な可動域評価(ROMA:Range of Motion Assessment)、および肩に目標を定めたレジスタンストレーニングを取り…

女性の腱スティフネス(女性は腱スティフネスが低いことに加え、活動中のハムストリングスにおける筋腱複合体のスティフネスも男性に比べて有意に低いことが明らかになっている)

女性の腱スティフネス 傾斜を用いた等尺性最大随意収縮を足底屈筋と膝関節伸展筋において発揮させた場合、腓腹筋内側頭の腱と腱膜、および膝蓋腱のスティフネスは、女性が男性に比べて有意に低くなりました。 このように女性の腱のスティフネスが低い(腱コンプライアンスが高い)ことが、先行研究において大腿四頭筋とヒラメ筋の動員が大きくなった要因の一端となっている可能性が考えられます。 腱コンプライアンスの高さによって生じる筋の活動増大は、SSC課題の伸張性局面における筋線維束の伸張を抑え、そ…

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

…筋といった軟部組織の柔軟性、および肩関節複合体における筋系の同期性になります。 肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となっています。 www.nakajimabonesetter.com 肩関節関節包後部の制限 PSTとそれに伴う屈曲、内旋(腕を90°外転させた状態)、および水平内転の可動性障害は通常、肩関節の関節包後部とローテーターカフ後部の筋系(棘下筋および小円筋)の柔軟性、また三角筋後部の柔軟性に関連して生じます。 しかし、研究で特に…

女性アスリートの下肢スティフネス(両足ホップにおいて、女性は男性よりも大腿四頭筋の活動が46%、ヒラメ筋の活動が37%大きく、大腿四頭筋とハムストリングスの{Q:H}同時活動比も高値を示した)

女性アスリートの下肢スティフネス 女性にみられる下肢スティフネスの動員は、特に前十字靭帯(ACL)への傷害の発生リスクを高める可能性があります。 高強度のプライオメトリックトレーニングを実施する前に、下肢(特にハムストリングス)の筋力と腱のスティフネスを高める必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 下肢スティフネス スティフネスとは一定の力を受けた際に、下肢筋群全体の伸張に対する抵抗力のことになります。 例えば、2人のアスリートが、ドロップジャ…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

疲労の管理 S&Cおよび投球プログラムの作成において、疲労の管理が非常に重要になります。 投球練習の前に投手を疲労させると、身体と四肢の加速と減速能力における機械的効率に影響を及ぼします。 プロ野球では先発投手が4人~5人へ変化したことから、疲労管理が重要となっています。 www.nakajimabonesetter.com