Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

柔軟性 の検索結果:

1RMバックスクワットのための効果的なウォームアップ(エクササイズの前に柔軟性を高めることはパフォーマンスを高め、受傷リスクを減少させることを目的としている)

…動的ウォームアップ/柔軟性 研究によると、他の準備プロトコルよりも動的ウォームアップ/柔軟性が優れています。 しかし、従来は、1RMテスト実施前に準備前にその準備として静的ストレッチを行っており、多くのコーチはその手法を完全にやめてしまうことを好まない傾向があるようです。 エクササイズ前のルーティンとしてこのような静的ストレッチを実施する者の多くは、エクササイズの前に柔軟性を高めることはパフォーマンスを高め、受傷リスクを減少させることを目的としています。 しかし、Stoneら…

水中トレーニングの提案(適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃{着地時の衝撃と関節への応力}を軽減することが示されている)

…では、筋力、パワー、柔軟性を安全かつ効率よく向上させる方法として、水中トレーニングプログラムが提案されています。 水中トレーニングは、適応を刺激するだけの十分な抵抗を与える一方で、関節への衝撃(着地時の衝撃と関節への応力)を軽減することが示されています。 適切に処方された水中エクササイズを実施すれば、地上ベースのプライオメトリックトレーニングと同様のパフォーマンス効果が得られ、下半身の発揮パワーが増大します。 水による抵抗は、スプリントトレーニングをパラシュートを用いて行なう…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

…つ。 内旋と肩後部の柔軟性を増大させることを目的とした柔軟性エクササイズは、肩の障害を回避し、バランスのとれた関節可動域を提供するために推奨される。 基本的なテクニックの修正を用いて本格的な「ハイファイブ」ポジションを避けることは、RTにより誘発される一般的な肩の障害を避けるうえで有益になる。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Department of Physical Therpy Nova Southeastern University F…

ジュニア選手の最も身長が伸びる時期PHV:Peak Height Velocityを考える(急激な骨の伸長により骨密度が一時的に停滞もしくは低下し、筋の組織形態が追いつかず張力の高い状態{柔軟性の低下}になる)

…かず張力の高い状態(柔軟性の低下)になるなど、身体に大きな変化が生じている時期でもあります。 そして、ジュニア選手に対しては、このPHVを成熟の重要な指標として捉え、それより前の段階(思春期前)、PHVへと近づきそこへ至るまでの段階(思春期)、身長の伸びが落ち着いた後の段階(思春期後)と区別しながら、常に個々の状況に合わせて調整を加えていくことが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引David J Szmanski 「Contrib…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み合わせて肩関節の両側の可動域を評価する アクティブ・ストレート・レッグレイズ 骨盤を安定させ、反対側の脚を能動的に伸展させた状態でのハムストリングスと腓腹筋-ヒラメ筋の動的柔軟性を評価する トランクスタビリティ・プッシュアップ 上肢の対称動作中における矢状面での体幹の安定性を評価する ロータリースタビリティ 上肢と下肢の動作中における多方面での体幹の安定…

喘息のクライアントに対しての高強度エクササイズ(EIB発症を低減させるには気道をより緩やかに復温させる為に低強度の有酸素性運動によるウォームアップとクールダウンを、毎回必ず最低10~15分実施する)

…上下肢の低強度運動と柔軟性エクササイズも組み込みます。 エクササイズや身体活動プログラムをいきなり終了するのではなく、適切なクールダウン効果をもたらす運動を実施することで、気道をより緩やかに復温させることができるため、エクササイズ後のEIB反応の重症度を低減するのに役立ちます。 トレーニング指導の専門職にとって重要なことは、エクササイズプログラムに参加するすべての喘息のクライアントへの標準的な対応として、急性気管支収縮に関連したエクササイズ後の反応を、注意深くモニタリングする…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面{前額面、矢状面、水平面}全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められます。 FlamingoやWalking PushUPは複数のエクササイズを組み合わせ、ひとつの関節または身体部位を安定させながら、同時に別の関節または身体部位を動かすことで、神経筋コンディショニングの改善とローカル筋の筋力向上を同時に行なうトレーニングの例になります。 3つの主要構造を用いるトレーニングは、リハビリテーションの現場では広く行われていますが、健康でレベルの高いアスリートにも有益なものであり、オフ…

ベアフットランニング移行のために必要なプログラム(衝撃力を制御する際に下肢は神経筋系の制御増大を要求するため、移行準備プログラムに固有受容性エクササイズ、足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要性がある)

…r.com 足関節の柔軟性エクササイズ ベアフットランナーは足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要があります。 従来のカーフストレッチを壁または階段の端を利用して行い、伸張している間、ニュートラルなアーチを維持することを心がけます。 通常は30秒間の伸張を片足につき3~5回繰り返します。 またコントラクト・リラックス&アゴニスト・コントラクトストレッチングも含めた固有受容性神経筋促通法(PNF)は、足関節の可動域を増大させるコ…

バックスクワットにおける脛骨移動角度(脛骨の前方移動角度は、下腿部における筋構造の柔軟性と足関節の可動性から影響を受ける)

…腿部における筋構造の柔軟性と足関節の可動性から影響を受けます。 一方、床に踵をつけたままスクワットをする際、大腿四頭筋が優位なために過度の脛骨前方移動が生じることがあります。 この場合は「後ろに深く腰をおろしなさい」「股関節から動かしなさい」というようなキューイングが適切になります。 エクササイズ中にリアルタイムで側方から動作を自己評価することは難しい為、アスリートにビデオ映像によるフィードバックで情報を与えることは、脛骨前方移動角度の自己評価に影響を及ぼす適切な方法とされて…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…自転車 ジョギング 柔軟性エクササイズ サイクル1のトレーニング目標 トレーニング目標 トレーニング目標 筋力-持久力/筋肥大 筋力-スピード 試合 有酸素性能力(70~80%MHR) スピード-筋力 筋力の維持 コーディネーション 最大速度 パワーの維持 可動性 乳酸性と非乳酸性能力の向上 有酸素性、無酸素性パワーの能力 反応アジリティ 十分な回復 サイクル2のトレーニング目標 筋力 有酸素性パワー(80~100%MHR) ランニングドリル コーディネーションと方向転換 シ…

ジュニア野球選手の技術へのアプローチ(スクワットなどの基本的なトレーニングは「足の裏全体で実施する」「正しい背中のラインを維持する」野球の技術でも要求される重要な動作に発展する)

…得のために必要となる柔軟性が欠如していたり、練習を繰り返すだけの体力が不足していたりする場合は、S&Cからのアプローチが効率的かもしれません。 また、野球の実戦で要求される走る動作は、直線を全速力で走るだけではなく、そこでは減速や停止、方向転換や再加速などが求められますが、こうした点においても、技術練習の中だけではなく、日々のウォーミングアップの中でドリルとして実施することも有効になります。 www.nakajimabonesetter.com 基本的な動作を習得する そして…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…有酸素性能力、関節の柔軟性、高度なスキルを必要とする機能課題/レクリエーション課題に対処可能なコーディネーションなど、身体能力に関わる主な要素がすべて含まれているべきです。 より限定的に言うと、SCIお客のエクササイズにおいて最優先されるべきことは有酸素性能力と筋力/筋持久力であり、次いで血圧の維持と総合的健康になります。 www.nakajimabonesetter.com 車椅子における障害 車椅子の駆動には上半身と腕の筋力を必要としますが、これは肩、肘、手首においてオー…

脊椎屈曲エクササイズと柔軟性(脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高め、向上した柔軟性は、結合組織の強度の増加、神経筋コーディネーションを改善する)

脊椎の柔軟性と腰痛 脊椎の屈曲エクササイズは脊椎の機能的な柔軟性を高めるのに役立ち、それが腰痛(LBP)の発生を減らす可能性があります。 多数の研究により、矢状面での脊椎の柔軟性不足がLBPの発症増加に関連していることが明らかになっています。 レジスタンスエクササイズは、活発な形態の柔軟性トレーニングとしての役割を果たし、機能的な可動域内において関節の可動性の改善に役立つことがが知られており、脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高めることも明らかになっています。 w…

ベアフットランニングに移行するために必要な事とは(足底の感度適応、足の接地パターン、ストライド頻度とストライド長に関連する変化、下肢の固有感覚、足関節の柔軟性、足内在筋の筋力、衝撃力を制御するための下肢の伸張性筋力向上が必要になる)

…の固有感覚、足関節の柔軟性、足内在筋の筋力、衝撃力を制御するための下肢の伸張性筋力が含まれます。 ベアフットスタイルの習得、すなわち踵接地の減少を習得することは、ベアフットランニングへの移行の基本になります。 www.nakajimabonesetter.com ベアフットランニングのための準備 ベアフットエクササイズ 屋内でのベアフットウォーキング 屋外でのベアフットウォーキング 屋内でのベアフットランニング 屋外でのベアフットランニング ランニングフォームドリル 足前部に…

ストレッチングが必要なスポーツ障害(鵞足炎,膝蓋靭帯炎,アキレス腱周囲炎,腰部痛などが挙げられる)

…スポーツ障害では特に柔軟性の低下が深く関与し、ストレッチングが重要と考えられている障害が多くあります。 大腿四頭筋の柔軟性の低下 膝蓋大腿関節障害や膝蓋靭帯炎などには、大腿四頭筋の柔軟性が低下していると考えれらています。 大腿四頭筋は、体重支持の主働筋であり、膝関節の動きや固定にも重要な役割を持っています。 その為、大腿四頭筋の柔軟性が低下すると体重支持、着地衝撃吸収の効率が悪くなり、筋や腱の骨付着部への負担が増大し、これらの障害の発生につながると言われています。 www.n…

7人制ラグビーにおけるTime motion分析(生理学的応答(心拍数、血中乳酸濃度、筋グリコーゲン濃度など)を測定することにより、有酸素性能力、スピード、アジリティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されている)

…ティ、筋力、パワー、柔軟性そして競技特異的スキルの重要性が明示されています。 理想的には心拍数とGPSデータを収集し、試合中の動作と運動強度をより正確に評価すべきであり、このような情報は各選手の動作パターン(前方、後方、側方への走動作など)、各移動様式における平均速度(時速18kmを超えると高速度とみなされる)、そして動作の連続性を正確に分析することに役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.New horizons f…

神経筋および筋腱の変化(子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性がある)

…せず、子どもの組織の柔軟性は明らかですが、成長するにつれて次第に組織が硬くなるため、それが青少年のSSC能力に何らかの影響を及ぼす可能性があります。 したがって、子どもを対象にSSCの増強作用を測定し、成熟段階にわたりSSC増強作用の違いを測定することは、SSCトレーニングの最適な機会がいつかを知るために有益な情報を提供します。 トレーニングに最適な機会に関して理解が深まれば、青少年アスリートの長期的な能力開発の一部として、SSC能力の最大化プログラムを作成できるはずです。 …

脊椎の運動力学の日内変化が及ぼす影響(起床後わずか30分で、椎間板は1日の高さの54%を失い、1時間以内に水分の90%が失われる)

…屈曲に対する弾力性と柔軟性が高まり、親水性が増し、椎間板脱出のリスクが減少します。 しかし、起床後わずか30分で、椎間板は1日の高さの54%を失い、1時間以内に水分の90%が失われます。 そのため脊椎屈曲エクササイズは、起床後少なくとも1時間は避けるべきとされ、慎重に考えるなら、脊椎の屈曲を含むエクササイズは、起床後最低2時間以上経ってから行うほうが良いとされています。 www.nakajimabonesetter.com 脊椎屈曲エクササイズと座位 また、脊椎屈曲エクササイ…

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

柔軟性と可動性 一般的な可動性の測定 一般的には、可動性は比較的容易に測定できますが、実際の制限や障害の原因を把握するためには追加的なスクリーニングが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 柔軟性と可動性の比較 柔軟性 可動性 能力特性 臨床的 機能的 筋力とパワーへの影響 低下 促進 神経筋の影響 最小限 著しい 関節の関与 一、二関節 多関節 筋膜の影響 最小限 著しい 評価 臨床検査(ゴニオメーター) 機能的、要追跡 最適な導入のタイミン…

年齢と腱の柔軟性(幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなる)

年齢と腱の柔軟性 異なる年齢集団における腱の柔軟性 Kuboらは、3つの異なる年齢集団における腱の柔軟性を調べました。 その結果、幼年者と年長の少年、そして成人男性の間で筋の柔軟性に有意差があることが認められました。 報告によると、幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなりました。 年長の少年と成人の比較では、腱の伸張性に有意差は認められませんでした…

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

…パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。 特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。 プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニングは行き過ぎると、除脂肪…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…の変化、および筋力と柔軟性の4つになります。 最大酸素摂取量 RCTによって生じる有益な生理学的適応の一つが、VO2maxの変化になります。 酸素摂取量は、心臓血管系の健康を示す重要なパラメータであり、持久力のトレーニング状況を表すひとつの尺度になります。 さらには、心臓血管系の健康、および有酸素性エネルギー供給機構の効率(アデノシン三リン酸:ATPをいかに最小限の労力で産生するか)の向上にトレーニングプログラムがもたらす効果についても、VO2maxの上昇によって定量化できま…

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

…ous unit)の柔軟性を過度に高めることを示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com MTUの過度なスティフネス 力の発揮において、MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させます。 このような柔軟性の改善は、筋への神経伝達を減少させるだけではなく、伸張-短縮サイクルの効果を損ないます。 簡単に言えば、柔軟性に富むMTUは柔軟性の低いMTUほど効果的に弾性エネルギーを貯蔵できないということに…

ハムストリング損傷のリスク因子(ハムストリング挫傷はランニング中に発生し、一般に走行サイクルの遊脚末期に発生する)

…ること、大腿四頭筋の柔軟性低下、大腿部の筋のアンバランスなどがリスク因子であることを示すエビデンスが存在します。 Gabbeらの研究では、トーマステストによって測定した大腿四頭筋の柔軟性低下がハムストリング挫傷の独立因子であることを示しました。 しかし、シット&リーチテスト、受動的ストレートレッグレイズ、能動的ニーエクステンションを用いて測定されたハムストリング挫傷の発生率の高さとは相関していません。 近年のある前向き研究では、ポジション、年齢、ハムストリングの損傷歴、主観的…

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

…転換、カッティング 柔軟性 特に股関節、ハムストリング、大腿四頭筋の可動域の向上 このトレーニングプログラムは、身体姿勢を意識してバランスよく安定した動作を行うことに重点を置き、ストレングス、プライオメトリック、ラテラル、アジリティ、バランス、コーディネーションおよび柔軟性トレーニングによって構成されています。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング統合目標 総合目標はアスリートに適切な動作方法を教えることであり、トレーニングによって増大した筋力が…

インディバアクティブセラピー

…上昇、疼痛閾値上昇、柔軟性改善、内臓脂肪燃焼促進、リフトアップ、代謝促進、冷え性改善、HSP(ヒートショックプロテイン)増加、免疫力増加など 非熱作用 幹細胞の増殖により損傷組織の治癒促進、疼痛のコントロール、鎮痛作用、腫脹の改善、浮腫みの改善、ドレナージュなど HSP(ヒートショックプロテイン)とは たんぱく質の一種で、細胞が熱、化学物質、虚血などのストレスにさらされた際上昇して細胞を保護するたんぱく質です。 HSPが増えれば、酸化防止で美肌、ストレスによる細胞の修復や免疫…