Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

柔道 の検索結果:

骨折が治るまで

…要とします。 炎症期からリモデリング期の中で①~④は、はっきりとした期間はなく重複し次の過程へ移行していきます。 骨折の治癒過程で骨の周りの軟部組織の働きもとても大きくかかわってきます。 www.nakajimabonesetter.com 骨折・脱臼 作者: 冨士川恭輔,鳥巣岳彦 出版社/メーカー: 南山堂 発売日: 2018/05/23 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 引用元:柔道整復学P41.42、病気がみえるvol.11運動器・整形外科P317 中島恵

中手骨骨折

…位がみられ、整復が必要な場合整復をして固定します。 症状により約3~6週間固定し、その中で徐々にリハビリをしていきます。 中島恵 引用元:柔道整復学実技編P107~112 www.nakajimabonesetter.com Healifty 親指スタビライザー関節炎親指スプリント手首スピカスプリントサポートブレース痛み、捻挫、ひずみ、関節炎、手根管とトリガー親指イモビライザー 出版社/メーカー: Healifty メディア: ヘルスケア&ケア用品 この商品を含むブログを見る

肩鎖関節脱臼

…す。 ラブビーや柔道などのコンタクトスポーツ時や交通事故で、肩を下にして転倒した際に受傷することが多いです。 病態 肩を下にして(内転位)転倒した際、肩峰の上方に外力が加わる(直達外力)ことによって、肩鎖靭帯、烏口鎖骨靭帯の損傷により鎖骨が転移します。 損傷程度によって捻挫(Ⅰ度)、亜脱臼(Ⅱ度)、脱臼(Ⅲ度)と分類されます。 捻挫(Ⅰ度):肩鎖関節の捻挫で、靭帯の損傷はない。 亜脱臼(Ⅱ度):肩鎖靭帯はきれているが、烏口鎖骨靭帯は切れていない。亜脱臼を呈する。 脱臼(Ⅲ度)…

鎖骨骨折

….com 予後 予後は比較的良好です。あまり正確な整復を要する部位では無いので、少々転位が残っても問題はありません。 骨折後の安静やリハビリを行われなかったりした場合、変形治癒、肩関節の可動域制限などを残してしまうこともあります。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:標準整形外科学P628,629、柔道整復学実技編P2~7 清田恵 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

マレットフィンガー(槌指)

…癒合させるようにします。脱臼骨折を伴う場合は骨片の離開と脱臼が改善されなければ観血的療法に移行することもあります。 予後 痛みなど自覚症状が少ない分、受傷後放置されることが多く槌指変形を残すことがあります。 変形を残しても一般的に大きな機能障害を残しませんが、受傷直後から適切に施術されれば良い経過が得られることが多いので早期に施術を行いましょう。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:柔道整復学実技編、標準整形外科学P370,371 清田恵

肋骨骨折

…骨、変形治癒があり受傷後は落ち着くまで安静にして骨折部に負担をかけないように。 肋骨骨折そのものの予後はきわめて良好です。肋骨はぶつけたり転倒したり受傷しやすい部分でもあり、胸部または背部に痛みがあるようだったらすぐに医療機関を受診しましょう。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:柔道整復学 実技編P309,310,311,312 清田恵 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

肘内障

…ことが多いと思います。子どもの様子がおかしいなと思ったら、すぐに医療機関へ受診しましょう。 清田恵 引用元:『標準整形外科学 第8版(P348)』、『柔道整復額 実技編(P148)』 https://www.rchsd.org/health-articles/nursemaids-elbow/ http://nakajima-bonesetter.com/sports (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

パワーパフォーマンス向上のための長期的なクレアチンモノハイドレートの利用(典型的なローディング期は、クレアチン20g(体重1㎏当たり約0.3g/日)を4等分し、1日4回およそ5日間にわたり投与する)

…でも実践的な評価は、柔道選手を対象とした上肢のサイクルエルゴメータを用いた30秒間のウィンゲートテストでした。 このテストは柔道選手をクレアチン群とプラセボ群の2群に分けて、「全力で」運動中の両腕の発揮パワーを計測するもので、研究の第1週(ローディング期)に、クレアチン群の柔道選手はブドウ糖液に溶かした5.5gのクレアチンを1日4回(1日約22gのクレアチンモノハイドレート)を摂取し、第2週(メンテナンス期)には、被験者は約5.5gのクレアチンを溶かした20gのブドウ糖液を摂…