Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

炎症 の検索結果:

なぜ風邪をひくのか。

…て起こる上気道の急性炎症の総称で、数日~数週間程度で自然緩解し、予後は良好です。 流行原因のウイルスには、活動に適した環境があり、季節や時期によりウイルスの種類が違いますが、いずれも上気道の粘膜から感染し、急性の炎症を引き起こします。 8割はウイルス(ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなど)の感染が原因ですが、細菌感染、冷機や乾燥、アレルギーなどなどの非感染性の要因の場合もあります。 かぜとよく似た症状の疾患に、喘息、アレルギー性鼻炎、リウマチ熱、関節リウマチ、肺…

滑膜ひだ障害(タナ障害)

…らんだ部分とこすれて炎症を起こし、症状を呈してくることになります。 バスケットボール、野球などの膝の屈伸を頻繁に行う球技やマラソンや、膝をよく地面につくスポーツに多くみられます。 また、体質的にタナに厚みがあったり大きかったりする人は、膝を酷使した状態(オーバーユース)で膝を強打したりすると症状が現れやすくなります。 特に太ももの筋肉が疲労していると、筋肉が緊張しているためタナの摩擦が強くなり症状が出やすくなります。 10~20歳代に多く、男性よりも女性の割合が高いです。 症…

変形性膝関節症

…骨の増殖変化や骨膜の炎症が生じることで、関節破壊・変形をきたす疾患です。 中高年(50歳以上)に好発し、男女比は1:3~4となっています。 症状・所見 初期には、膝の関節軟骨の摩耗による疼痛、可動域制限や、二次性骨膜炎による関節腫脹が認めら、進行すると関節変形をきたします。 わが国では内側型の変形性膝関節症が多いため、ここでは内側型について書きます。 変形性膝関節症の症状(内側型の場合) 【疼痛】 ・病初期は、膝内側の運動開始時のこわばりや疼痛(Starting Pain)が…

医薬品に共通する特性と基本的な知識 副作用 登録販売者の知識

… 免疫反応の場合、炎症やそれに伴う痛み、発熱等は、人体に有害なものを体内から排除するための過剰に組織に刺激を与える場合も多く、炎症自体が過度に苦痛を与えることになります。 アレルギー症状とは体の各部位に生じる炎症のことをいい、流涙や眼の痒み等の結膜炎症状、鼻汁やくしゃみ等の鼻炎症状、蕁麻疹や湿疹等の皮膚症状、血管性浮腫のような腫れ等として多く生じます。 血管性浮腫とは、皮膚の下の毛細血管が拡張して、その部分に局所的な腫れを生じるもので、蕁麻疹と異なり、痒みを生じることは少ない…

機能性表示食品について 登録販売者の知識

2015年4月1日(平成27年4月1日)「機能性表示食品」制度がスタートしました。 「薬(医)食同源」という言葉があるように、古くから特定の食品摂取と健康増進との関連について、関心が持たれ、この制度によって、サプリメントや加工食品だけでなく、野菜や魚などの生鮮品もなんらかの効き目(機能性)を表示できるようになりました。 機能性表示食品は「疾病に罹患していない者の健康維持及び増進に役立つ旨又は適する旨(疾病のリスクの低減に係るものを除く。)」を表示するものです。 www.nak…

肩の疾患③ 肩峰下インピンジメント症候群

…棘形成 ②腱板炎 ・炎症による腱板の肥厚 ③石灰性腱炎 ・石灰化による腱板の肥厚 www.nakajimabonesetter.com 病態と施術 上腕を外転する課程で、上腕骨と肩峰の間に腱板の一部や肩峰下滑液包などが挟み込まれ、繰り返して刺激が加わると滑液包に浮腫や出血が起こります。 安静にするとこの変化は正常に戻り症状は軽快しますが、動作の反復によっては症状の再燃を繰り返して慢性化します。 進行すれば、時に腱板の部分断裂となったり、肩峰下に骨の棘ができたりして痛みがなかな…

肩の疾患② 五十肩(凍結肩)

…ます。) ①急性期(炎症期) 【経過】 ・疼痛が最も強い時期 ・運動時痛のほか、安静時痛、夜間痛も出現しうる。 ・可動域制限は疼痛と筋の痙縮により生じる。 【日常生活指導】 ・患部の安静(動きが最小限ですむよう、着衣時は先に患側の上肢を袖に通す様にすなど) ・患部の保温 ・夜間痛などに対しては就寝時の良肢位 ・疼痛のない範囲での運動療法 ②慢性期(拘縮期) 【経過】 ・拘縮が中心となり、すべての方向に可動域制限がみられる(特に外転、外旋、内旋で顕著) ・疼痛は軽快に向かう 【…

肩の疾患① 石灰性腱炎 (石灰沈着性腱板炎-Calcific tendinitis)

…着することにより急性炎症を引き起こすもので、腱板の変性や繊維軟骨化が生じ、カルシウムが沈着することが原因と考えられています。 石灰は白色で液状~泥状~粉末状(固体)変化していき、石灰が、どんどんたまって膨らんでくると痛みが増してきて腱板から滑液包内に破れ出る時に激痛となります。 腱板とは 肩関節を囲む4つの腱(棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の腱)からなる構造で、肩関節を取り囲んみ補強している構造で、これら4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結して、主に肩関節の回旋運動に働いています…

腰痛(筋膜性腰痛)

…患(骨粗鬆症など)・炎症性疾患(関節リウマチなど)など ●内科・外科領域 ・腎・泌尿器系(腎結石、尿路結石など)・婦人科系(子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠など)・消化器系(腹膜炎、など)・循環器系(腹部大動脈瘤など)・精神神経系(うつ病、神経症など)など 非特異的腰痛の原因 多くは椎間板のほか椎間関節、仙腸関節といった腰椎の関節部分、そして背筋など腰部を構成する組織のどこかに痛みの原因がある可能性は高いところですが、特異的、つまり、どこが発痛源であるかを厳密に断言できる検査法がな…

ジャンパー膝(jumper's knee)

…膝蓋靭帯の付着部分に炎症が発生し、運動時に痛みを感じるようになります。 膝前下部(膝蓋腱)や膝蓋骨周囲に限局性圧痛、腫脹などがみられます。 膝関節屈伸時などで痛みを訴え安静時痛はあまりみられません。 施術 施術は保存料療法がほとんどです。予防や症状の軽減に大腿四頭筋、ハムストリングスやかかわる筋のストレッチを行い膝蓋腱への負担を減らしましょう。膝周辺の疾患はたくさんあります。 症状に原因を理解し施術、予防をおこなうことが大切です。 www.nakajimabonesetter…

疲労骨折(fatigue fracture)

…エコー像でも初期より炎症反応などで所見を認めます。 www.nakajimabonesetter.com 好発部位 発症部位は競技種目や動作と関連が強くあります。下肢での発生が多く、なかでも脛骨、中足骨で頻度が高いです。 ①肋骨疲労骨折:ゴルフや野球のスイング動作では第2~9肋骨,剣道やウエイトトレーニングなどでは第1肋骨に多くみられます。 ②脛骨疲労骨折:脛骨近位・遠位部に好発する疲労骨折は疾走型とよばれ、予後は良好、脛骨中央部での発生は少ないが飛躍型とよばれ球技系のスポー…

外側上顆炎

…どによる伸筋群の腱の炎症で使い過ぎが原因とさています。 重量物の運搬、テニスなどのスポーツ、手をよく使う作業をする人におこりやすく、30~50歳代女性に好発します。 上腕骨の外側上顆に付着する手関節・手指の伸筋群の腱に炎症を生じ、肘の外側の疼痛(主に運動時痛)、圧痛、腫脹、握力低下が診られ、外側上顆には長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋、尺側手根伸筋という筋が付着していていますが、主に短撓側手根伸筋の腱が傷害されやすいです。 疼痛誘発テスト トムゼンテスト:肘を伸ばし握…

ばね指

…けやすく、それにより炎症が生じます。 指の付け根で炎症が起きやすくばね様症状が表れやすいです。 www.nakajimabonesetter.com g/post-12196 症状 主に使い過ぎたりして、腱に炎症をきたし指を曲げ伸ばしする際にカクッとばねをはじくような、引っ掛かりを感じます。 その際に痛みを伴ったり、炎症の強いものでは腫脹も観られます。 小児のばね指 小児でもばね指が発症します。1~2歳時に多く先天性のものか、腱鞘の狭窄、腱の肥厚など考えられますが、原因は明ら…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

…糖質:CHOは多くの炎症マーカーと免疫機能を改善し、エクササイズ後の酸化ストレスを軽減するとされている) 糖質が影響を及ぼす身体と精神 2002年にWelshらは、サッカーとバスケットボール選手を対象として、CHOの摂取が間欠的運動構造をもつシャトルランのパフォーマンスに対して及ぼす影響を調査しました。 また、特に疲労開始時にCHOが精神適正に及ぼす影響を調査するために、認知機能に関する複数のテストを実施しました。 テストは強度に大きく差をつけて、運動時間と休息時間が明確に区…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

…ースによる傷害や腱の炎症や関節の変形を招きやすく、車椅子競技者を調査したところ、報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験していることが判明しています。 反応する筋群のトレーニングをバランスよく行なうために弱い筋の筋力を向上させるつつ、強い/張っている筋を伸張させることも重視することが必要になります。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ腱器官からの入力が低下すると、結果的に運…

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

…ン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される) カフェインとパフォーマンス 最初の研究では、研究者は、ラグビー選手にジグザグパターンのアジリティスプリント(22,33,31m)を3回行わせてアジリティ能力を調査しました。 カフェイン(体重1㎏当たり6mgを服用)はプラセボと比較すると、アジリティスプリントのパフォーマンスが3回とも約2%向上しました。 パフォーマ…

トレーニング後の適切な回復と睡眠(冷水浴とコンプレッションウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性がある)

…ョンウェアは、筋痛、炎症、疼痛を減少させて、睡眠の質の改善に役立つ可能性があります。 睡眠と脳(睡眠不足は交感神経活動の亢進とともに血糖調整機能の低下、食欲抑制作用レプチンの分泌量が低下) 予防的回復 例えば、Montgomeryらによると、冷水浴(11℃の冷水に5回×1分、合間に外気温約23℃で22分間の消極的休養)と脚部を完全に覆うコンプレッションウェア(18mmHg、試合後と夜間で約18時間)の利用によって、3日間のバスケットボールのトーナメント戦(1日に1試合フル出場…

栄養と免疫における現場への応用(回復に役立ち局所的な炎症反応を抑えるためには、長時間の中強度の活動中には6%のCHO溶液を速やかに摂取する必要がある)

…回復に役立ち局所的な炎症反応を抑えるためには、長時間の中強度の活動中には6%のCHO溶液を速やかに摂取する必要がある。グリコーゲンを最大限合成するためには、体重1㎏当たり1.5gのCHOを運動直後に摂取するか、運動後30分以内とその後6時間は2時間おきに体重1㎏当たり0.6~1.0gを摂取することにより、グリコーゲンの合成を最大化できることが明らかになっている。 栄養摂取の方法と免疫機能(炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられてお…

栄養と免疫における現場への応用(試合期を通じて非常に高強度のエクササイズが連続的に実施される場合、それに伴い発生する可能性のある免疫障害を最小限度に抑える必要がある)

…取の方法と免疫機能(炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられており、中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性がある) 免疫機能障害を抑える方法 特に高強度のトレーニング期間中は、十分な水分補給を維持することを重視し、水分補給状態を知るための簡単な目安は、エクササイズ後の体重の減少と濃い尿の色になる。アスリートが身体から失われた水分を補充する際には、減少した体重1ポンド(0.45㎏)当た…

栄養と免疫における抗酸化物質の補給(抗酸化物質の混合摂取が炎症マーカーの上昇を低下させたことを報告している)

…ングを行いましたが、炎症マーカーに対してはいかなる効果も認められませんでした。 また、NiemanらおよびPalmerらは、1,500ml/日のビタミンCを摂取しても、サイトカインまたは唾液中IgAの増加に対する作用は認められなかったとそれぞれ報告されています。 しかし、他の研究では、抗酸化物質の補給の有効性が報告されています。 栄養摂取の方法と免疫機能(炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられており、中強度のエクササイズは有益であ…

栄養と免疫における脂肪酸(オメガ3系PUFAは、体内のサイトカインおよび炎症性プロゲステロンの反応を抑制する可能性がある)

…る) 脂肪酸と身体の炎症反応 EPAとDHAを十分に摂取することは、身体の炎症反応の鎮静化を促進します。 また、これらのオメガ3系PUFAは、体内のサイトカインおよび炎症性プロゲステロンの反応を抑制する可能性があります。 アスリートの増量に関連する栄養補給(運動直後に補給する糖質に関しては、1~1.2g/kg(BW)/hがよいとされ、それに準じて3:1の比率に応じてタンパク質量を決定することが望ましい) 引用・索引Nutritional Feats Nutrition Con…

エクササイズによっておこる免疫機能障害(エクササイズによる炎症の影響と潜在的な感染リスクを低減するために、有酸素性活動におけるCHOの補給が推奨される)

…、エクササイズによる炎症の影響と潜在的な感染リスクを低減するために、有酸素性活動におけるCHOの補給が推奨されます。 少なくとも6%のCHO溶液を補うことは、炎症反応に良い影響を及ぼすとされています。 また、筋グリコーゲンと血糖値を維持するためにも、エクササイズの前後とエクササイズ中にCHOを補うことは有益になります。 高強度エクササイズ中は15分おきに6%のCHO溶液を体重1㎏当たり約4mlの割合で摂取するとよく、これは、エクササイズ後の局所的炎症反応を低減する確実な方法で…

持久系アスリートにおける栄養と免疫(糖質:CHOは多くの炎症マーカーと免疫機能を改善し、エクササイズ後の酸化ストレスを軽減するとされている)

…。 現時点では、炎症マーカーには糖質(CHO)が最も大きな影響を及ぼすように思われますが、感染率との関連性はまだ証明されていません。 高強度トレーニングと免疫系(糖質には、高強度の持久系エクササイズに応答して起こる免疫細胞とサイトカインの乱れを制御する働きがある) 糖質と炎症マーカー ある研究によると、持久系アスリートにおけるエクササイズ前、エクササイズ中、およびエクササイズ後のCHOサプリメントの利用は、高強度エクササイズ後の唾液中の免疫グロブリンA(IgA)抗体の濃度低下…

筋の修復とサイトカイン(エクササイズ後の適切な筋の修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要だが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こる)

…修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要ですが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こるのではないかとされています。 高強度トレーニングと免疫系(糖質には、高強度の持久系エクササイズに応答して起こる免疫細胞とサイトカインの乱れを制御する働きがある) ホメオスタシスと炎症 一般に、高強度運動中および運動直後には、腫瘍壊死因子α、IL-1β、「炎症-反応性」IL-6などの炎症誘発性サイトカインが分泌され、それに続いて、調整的な抗炎症サイトカイン(IL-…

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御(非特異的免疫)と適応防御(特異的免疫)という2つの主要な免疫系で成り立っている)

…になります。 「炎症」反応は、この先天的免疫を適切に機能させるための重要な因子になります。 炎症とは、腫脹、発赤、疼痛などを伴う体液の貯留と説明できますが、これらはマクロファージ(大食細胞)、サイトカイン、ケモカインなどの活性化した免疫細胞によって生じます。 通常、高強度エクササイズ、特に相当強度の筋の損傷を引き起こすエクササイズを行うと炎症反応が起こります。 したがって、免疫系と炎症は複雑に関連しています。 運動時の免疫系の変化(オーバートレーニング時には一過性の免疫応答の…

栄養摂取の方法と免疫機能(炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられており、中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性がある)

…ります。 現在、炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられています。 すなわち、中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性があることを意味しています。 非常に高強度で長期間のエクササイズは免疫抑制をもたらし、場合によってはオーバートレーニングを引き起こします。 多くのアスリートが多量/高強度のトレーニングを行っており、したがって、質の高いトレーニングを保証するためには、アスリートとコーチが…

タウリン(80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されている)

…しかし、抗酸化活動と炎症マーカーに変化はみられませんでした。 タウリンの補給は有益であると思われますが、レジスタンストレーニングと関連づけたさらに多くの研究が必要であるとされています。 MIPSはパフォーマンスの向上の理論的なメカニズムに対する特性を有する(血流を増やすことにより、血液と栄養に対する要求に応え、筋タンパク質の分解に抵抗してタンパク質バランスの維持や保護を促進することにより、減少したエネルギーの供給と貯蔵に対処し、酸化ストレスから保護し、ROS/RNSの産生と戦…

オタネニンジン:朝鮮人参((4g/日、8週間)にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守る)

…よって生じる筋損傷と炎症反応の低減を効果的に促進しました。 重要なこととして、これらの研究で用いた運動介入は、いずれもレジスタンストレーニングではなく有酸素性エクササイズでした。 種類は異なりますが、中国ニンジンの粉末100mgを42日間投与した研究において、レクリエーションレベルの活動的な男女の胸筋群と大腿四頭筋の筋力が増大したことが示されています。 運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

…、ローテーターカフの炎症、肩甲下神経の障害などの症状を起こすリクスが高くなります。 Ferrttiらによると、バレーボールにおける肩の傷害は、筋力不足と筋萎縮を起こす可能性があり、しばしば選手のパフォーマンスを低下させるとしています。 Kuglerらは、「バレーボールのアタッカーにおける筋のアンバランスと肩痛」という研究において、肩の筋と関節包のパターンが利き腕と非利き腕の肩では大きく異なることを明らかにしました。 例えば、利き腕の肩甲骨は、相当圧迫され横方向にずれていたが、…

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の徴候と症状(病変部の熱感と発赤は、感染による血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌により起こる)

… 感染は病変部への炎症によってそれとわかり、炎症の五大兆候は、熱感、発赤、腫脹、疼痛、および機能障害になります。 病変部の熱感は、感染による血流増加と代謝率の上昇によるもので、感染が疑われる部位の発赤は、同じく血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌によって起こります。 腫脹は、炎症伝達物質が周辺組織に放出されることで起こります。 疼痛は、周辺の軟部組織と神経受容体への機械的刺激または化学的刺激によって生じます。 組織の損傷はさらに機能障害、すなわち関節可動域…