Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

炎症 の検索結果:

喘息とエクササイズ(フィジカルコンディショニングは喘息の管理全般に有益であり、心肺系のコンディショニング、筋フィットネス、および生活の質全般を向上させる)

…頻度の高い気道の慢性炎症疾患であり、一般的には、様々な刺激に対する気道の過敏性が関与して起こると考えられており、小児期の発症が多いですが、あらゆる年齢の人に起こりうる疾患です。 喘息クライアントに典型的にみられる間欠性呼吸困難、喘息、息切れ、胸部圧迫感は直接的には下気道の狭窄(気管支収縮)によって生じますが、この狭窄は、下気道による炎症過程、粘液の過剰分泌、および平滑筋の機能不全が組み合わさって引き起こされます。 喘息クライアントにおいては、気道の炎症が、様々な刺激(誘因物質…

スポーツ環境における黄色ブドウ球菌の影響とは(非常に深刻な深部感染症を引き起こすことがあり、急性・致死性の菌血症、壊死性肺炎、および壊死性筋膜炎が挙げられる)

黄色ブドウ球菌(SA) 黄色ブドウ球菌(SA)は、米国の救急外来が対応する感染症の原因菌として最も多く、皮膚軟部組織感染症の59%を占めるとされています。 近年、スポーツをする人の間で、市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌への感染例が増えています。 元来は院内感染するものと考えられていたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が、従来の危険因子を持たない集団の間に広まっており、スポーツを行う集団において、CA-MRSAは多くの場合、皮膚や軟部組織への感染症として発生します。…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

…性筋力の維持、さらに炎症の施術に一層大きな注意が払われるようになれば、肘関節傷害の発生件数は減少すると思われます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクテ…

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法{RWL}が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

急速減量法が引き起こす徴候や症状 急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。 パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。 また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。 クライアントはただ不適…

糖質補給とスキルパフォーマンス(VO2maxの55~75%で長時間{90分超}運動すると、グルコースと筋グリコーゲンが大きく減少する)

糖質補給のタイミング 研究によると、アスリートは試合の前と最中にCHO(糖質)を摂取することによって、体力面と持久力面での効果が期待できるとみられています。 しかし、その基質が競技の技術面に直接的効果を発揮するかどうかはまだ不明といわれています。 数多くの研究が、VO2maxの55~75%で長時間(90分超)運動すると、グルコースと筋グリコーゲンが大きく減少することを示しています。 www.nakajimabonesetter.com

木下大サーカスを見てきました!

木下大サーカスを見てきました! https://www.instagram.com/p/CLK6PbonlN8/?utm_source=ig_web_copy_link www.nakajimabonesetter.com 中島恵

オメガ3脂肪酸摂取のメリット(オメガ3脂肪酸の摂取が炎症マーカーを低下させ、運動中の血流を最大36%増大させる)

…脂肪酸濃度の上昇は、炎症性マーカー(インターロイキン[IL]-6、IL-1ra[IL-1受容体アンタゴニスト]、腫瘍壊死因子[TNF]-αおよびC反応性タンパク[CRP])の数値を下げ、反対に抗炎症マーカー(可溶性IL-6r[IL-6受容体]、IL-10およびTGF-β)の数値を高めると考えられています。 DHAとEPAはそれ以上分解することができないため、特に推奨されるω-3脂肪酸であるのに対して、ALAは、EPAやDHAに転換されることはほとんどなく、転換率は前者が8~2…

筋の修復とサイトカイン(エクササイズ後の適切な筋の修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要だが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こる)

…修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要ですが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こるのではないかとされています。 www.nakajimabonesetter.com ホメオスタシスと炎症 一般に、高強度運動中および運動直後には、腫瘍壊死因子α、IL-1β、「炎症-反応性」IL-6などの炎症誘発性サイトカインが分泌され、それに続いて、調整的な抗炎症サイトカイン(IL-4、IL-10、IL-1ra)などが分泌されます。 通常は、炎症誘発性サイトカ…

トレーニング後に適切な栄養摂取を行うこと必要性(糖質-タンパク質摂取によりミオグロビンとクレアチンホスホキナーゼの血中への出現が減少する)

筋損傷と栄養摂取 レジスタンスエクササイズに伴う筋損傷は、筋活動の伸張性局面で筋線維に機械的ストレスが加わることで生じるほか、カタボリックホルモン(異化)環境において、運動後の筋タンパク質分解が増大することも原因になります。 運動後に栄養を摂取しないと、このカタボリック環境が優位となり、筋損傷が何時間も優位になることになり、さらに、損傷した筋では筋グリコーゲンの再合成が十分に行われず、グリコーゲンの回復を数日間にわたって制限することになります。 www.nakajimabon…

亜硝酸塩の摂取(血中硝酸塩を増加させることは、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されている)

血管の拡張とパフォーマンス 血管の拡張を促進することにより活動中の筋への血流を増やすことは、有酸素性および無酸素性双方のパフォーマンスにおける運動容量を増大させます。 さらに、血流の増加により栄養補給も増加するため、回復を促進する可能性もあります。 このような潜在的理由から、一酸化窒素の産生促進効果があるとされるL-アルギニンのサプリメントの人気は、この10年間で特に高まってきています。 しかし、研究では、L-アルギニンの摂取により血管拡張が増大することは裏付けられていません…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

…、ローテーターカフの炎症、肩甲下神経の障害などの症状を起こすリクスが高くなります。 Ferrttiらによると、バレーボールにおける肩の傷害は、筋力不足と筋萎縮を起こす可能性があり、しばしば選手のパフォーマンスを低下させるとしています。 Kuglerらは、「バレーボールのアタッカーにおける筋のアンバランスと肩痛」という研究において、肩の筋と関節包のパターンが利き腕と非利き腕の肩では大きく異なることを明らかにしました。 例えば、利き腕の肩甲骨は、相当圧迫され横方向にずれていたが、…

体重調整を行なう場合のトレーニングと栄養摂取のタイミング(潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取すること、また常にグリセミック指数の低い糖質を摂取するように務める)

栄養摂取とトレーニングのタイミング テクニックや競技的特異的体力を鍛えることを目的とするトレーニングセッション(通常、はるかに高強度である)は、少なくとも午前か、夕方近く、または夕食後に実施することが最適になります。 それぞれ、朝食、昼食、または夕食を摂取した結果、肝グリコーゲンと筋グリコーゲンが(十分とは言えないが)利用可能となるからです。 その場合、再び重要なことは、(運動強度が高くても)潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取するこ…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

… 成人は骨端軟骨の炎症や動揺よりもむしろ靭帯の損傷が起こりやすいために、外反ストレスに対する反応が異なります。 外反ストレスに対するUCLおよび肘関節内側の筋組織の反応を検証した死体研究では、UCLは主要な静的スタビライザーであるとされ、90°に肘関節を屈曲した際にかかる外反負荷の50%に耐えることができます。 特にUCLの前部(aUCL)はオーバーヘッドの投球中に最も大きな抗張力を提供します。 したがって、aUCLの損傷は反復的な投球動作に関連して起こると推測され、靭帯の再…

炎症と代謝性疾患(筋線維膜に移動したブドウ糖輸送タンパク質4{GLUTE-4}が、濃度勾配の下方の細胞にブドウ糖を取り込むことを妨げる)

炎症と代謝性疾患 T2DM(Type 2 diabetes mellitus:2型糖尿病)は多くの場合、インスリン抵抗性の悪化により進行します。 これは、長い間に、食後の血糖値を標準値に戻すため、より多くのインスリンを必要とするようになることを意味します。 インスリン抵抗性を生じさせる因子は多数ある中で、炎症反応はそのひとつになります。 www.nakajimabonesetter.com インスリンの役割 インスリンの主な機能は、筋と脂肪細胞へのブドウ糖(グルコース)の取り…

スプリント系競技選手における長時間の有酸素運動の反対意見(高強度スプリントトレーニングは長時間の有酸素性トレーニングに比べ、最大酸素摂取量、1回拍出量、気質利用、ピークパワーの向上が大きい)

…持続時間の長さは、抗炎症ホルモンであり、筋の異化と脂肪の貯蓄を促すコルチゾールの濃度を上昇させる可能性があります。 次に、特にAEを継続して行うと、タンパク質分解が誘発され、タンパク質バランスが負に傾くことが示されています。 さらに、タンパク質分解を増加させるだけではなく、インスリン様成長因子Ⅰとテストステロンの効果を直接的に制御するタンパク質や遺伝子を活性化させることによって成長能力(すなわちタンパク質合成)をも制御し、最後に、長期にわたるAEの実施は遅筋線維(タイプⅠ)の…

炎症対策のためのエクササイズ強度(有酸素性エクササイズをVO2maxの65~80%で10ヶ月実施したところ、CRP、IL-6、およびTNF-αの値が大きく低下した)

炎症対策のための運動プログラム 炎症状態に及ぼす運動の効果を扱った大多数の研究は、有酸素性活動を介入の要素として用いていますが、 炎症マーカーに対するレジスタンストレーニングだけの影響を調査した研究は少なく、その大多数は、レジスタンストレーニングによる炎症効果は見出していません。 Phillopsらは、23名の肥満の高齢女性を対象に、12週間にわたり週3回のレジスタンストレーニングを行い、CRPとTNF-αが低下することを見出しました。 www.nakajimaboneset…

オタネニンジン:朝鮮人参({4g/日、8週間}にはストレス適応力を高める強壮特性があり、男性被験者において、高強度のトレッドミルエクササイズに対する急性反応として、運動により誘発された酸化ストレスから活動中の筋を守る)

…よって生じる筋損傷と炎症反応の低減を効果的に促進しました。 重要なこととして、これらの研究で用いた運動介入は、いずれもレジスタンストレーニングではなく有酸素性エクササイズでした。 種類は異なりますが、中国ニンジンの粉末100mgを42日間投与した研究において、レクリエーションレベルの活動的な男女の胸筋群と大腿四頭筋の筋力が増大したことが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 副次効果 インスリン感受性の改善も、オタネニンジンの強壮効果の効果にな…

運動と炎症(習慣的な有酸素性トレーニングは、単球の表現型を変え、TNF-αなどの炎症誘発性サイトカインの産生と分泌を減らすことが知られている)

運動と炎症 運動は、多くの経路を経て慢性的な炎症を軽減する働きがあります。 習慣的に運動を行なう人は、軽度の炎症レベルが低い傾向があり、CRP値や他の炎症誘発物質の値が低いという特徴があります。 運動を通して炎症が軽減するひとつの理由は、まず単に、蓄えた脂肪が減ることにあります。 身体活動とエクササイズはエネルギー消費を増やし、摂取食物とその利用との良好なバランスを促進します。 さらに、内臓脂肪の貯蔵は、皮下脂肪よりも一層運動の影響を受けやすい傾向があるとされます。 内蔵脂肪…

持久系アスリートにおける栄養と免疫(糖質:CHOは多くの炎症マーカーと免疫機能を改善し、エクササイズ後の酸化ストレスを軽減するとされている)

…。 現時点では、炎症マーカーには糖質(CHO)が最も大きな影響を及ぼすように思われますが、感染率との関連性はまだ証明されていません。 www.nakajimabonesetter.com 糖質と炎症マーカー ある研究によると、持久系アスリートにおけるエクササイズ前、エクササイズ中、およびエクササイズ後のCHOサプリメントの利用は、高強度エクササイズ後の唾液中の免疫グロブリンA(IgA)抗体の濃度低下を抑制することにより、感染リスクを低減することが示唆されています。 CHOは多…

炎症と慢性疾患(急性傷害や感染症に対する通常の反応よりも低いレベルで、慢性的に炎症反応が活性化している状態は、いくつかの慢性疾患の経過に直接影響を及ぼす)

炎症反応 炎症は免疫系のきわめて重要な機能になります。 炎症について考える際、最も思い浮かべるのは、切り傷や打ち身などの傷害と炎症との関係です。 このような炎症の場合、組織の損傷が修復され治癒するように、傷害を負った部分に動員される多数の免疫細胞を増加させる役割を果たします。 このような場合は、あくまでも急性で短期間の現象であり、同時に、健康的な反応でもあります。 炎症 炎症は、「損傷あるいは感染に対する組織の局所的な反応」と定義されます。 炎症反応を引き起こす刺激は抗原、バ…

栄養摂取の方法と免疫機能(炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられており、中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性がある)

…ります。 現在、炎症および免疫反応に対するエクササイズの影響には、「ホルミシス効果」があると考えられています。 すなわち、中強度のエクササイズは有益であるのに対して、長期間の高強度エクササイズは有害となる可能性があることを意味しています。 非常に高強度で長期間のエクササイズは免疫抑制をもたらし、場合によってはオーバートレーニングを引き起こします。 多くのアスリートが多量/高強度のトレーニングを行っており、したがって、質の高いトレーニングを保証するためには、アスリートとコーチが…

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御{非特異的免疫}と適応防御{特異的免疫}という2つの主要な免疫系で成り立っている)

…になります。 「炎症」反応は、この先天的免疫を適切に機能させるための重要な因子になります。 炎症とは、腫脹、発赤、疼痛などを伴う体液の貯留と説明できますが、これらはマクロファージ(大食細胞)、サイトカイン、ケモカインなどの活性化した免疫細胞によって生じます。 通常、高強度エクササイズ、特に相当強度の筋の損傷を引き起こすエクササイズを行うと炎症反応が起こります。 したがって、免疫系と炎症は複雑に関連しています。 www.nakajimabonesetter.com 免疫と炎症 …

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

糖尿病とアスリート 1型糖尿病を有するアスリートに対する栄養指導は指導者とアスリート双方の努力が必要となります。 運動に関連した低血糖および高血糖の諸症状は、運動直後もしくは、運動後15時間が経過してからも生じる可能性があります。 1型糖尿病について、運動にかかわる危険性を最小限に抑えるための最も効果的な方策を認識、理解することが指導者とアスリートは重要になります。 www.nakajimabonesetter.com

筋損傷と筋肥大(マクロファージ(大食細胞)は、筋で合成されたサイトカイン(マイオカイン)の分泌を通して筋肥大を媒介する)

…、筋損傷に対する急性炎症反応は、筋肥大適応の主要な媒介要因であると仮定されます。 マクロファージ(大食細胞)は、特に、損傷を与えるエクササイズに基づくリモデリングを促進すると考えられ、また、筋成長にはこれらの食細胞が必要であるとされています。 大食細胞は、筋で合成されたサイトカイン(マイオカイン)の分泌を通して筋肥大を媒介することが最新の理論により示唆されています。 マイオカインは、タンパク質同化作用をもち、オートクリン(自己分泌)/パラクリン(傍分泌)様式により、骨格筋の適…

非外傷性の労作性虚脱を起こす原因(熱中症と間違えやすい鎌状赤血球化による虚脱は血液が不足することで衰弱感を生じることによる鈍い虚血痛のため適切に対処しなければならない)

…る。 喘息 喘息は、炎症と気管支痙攣により気道が閉塞されるものであり、呼吸困難のために酸素が適切に体内を循環しにくくなります。 喘息の兆候と症状には、胸が締めつけられる感覚、「呼吸を整える」ことができない感覚、咳、明らかな喘鳴(ゼイゼイと息をする音)が挙げられ、喘息歴のあるアスリートは、医師に処方された発作止の吸入薬を常に持ち歩く必要があります。 心臓緊急症 心臓緊急症は、しばしば突然に何の兆候もなく発症しますが、一部のお客は過去の運動時に胸痛や失神、めまいを経験しています。…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…ースによる傷害や腱の炎症や関節の変形を招きやすく、車椅子競技者を調査したところ、報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験していることが判明しています。 反応する筋群のトレーニングをバランスよく行なうために弱い筋の筋力を向上させるつつ、強い/張っている筋を伸張させることも重視することが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Spinal Cord Injury Informati…

6月30日

6月も最後です。 6月もあっという間に過ぎていきました。 6月の記録として… インディバ 施術ではインディバを使用しています。 チューブ 施術後は自宅でも出来るストレッチやトレーニングを。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング風景 パーソナルトレーニングの風景 練習風景 仕事終わりに練習をしている風景 ソーシャルディスタンス 身体のことでお悩みの方、お問い合わせお待ちしております。 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

栄養と免疫における抗酸化物質の補給(抗酸化物質の混合摂取が炎症マーカーの上昇を低下させたことを報告している)

…ングを行いましたが、炎症マーカーに対してはいかなる効果も認められませんでした。 また、NiemanらおよびPalmerらは、1,500ml/日のビタミンCを摂取しても、サイトカインまたは唾液中IgAの増加に対する作用は認められなかったとそれぞれ報告されています。 しかし、他の研究では、抗酸化物質の補給の有効性が報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 抗酸化物質と炎症マーカー Phillipsらは、抗酸化物質の混合摂取が炎症マーカーの上昇を低下…

カフェイン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される可能性がある)

…er.com 痛みと炎症の回復を助ける機能的食品 筋肉痛は、筋が受ける機械的損傷と、筋組織内に生じる生化学的変化によって引き起こされます。 筋肉痛の特徴は、炎症、疼痛、腫脹、圧痛/硬直およびクレアチニンキナーゼ(CK)や乳酸脱水素酵素(LDH)などの筋損傷マーカーの上昇になります。 圧痛や炎症の緩和には、休息、マッサージ、積極的回復、フォームローラー、アイスバス、ストレッチ、そして栄養摂取になります。 www.nakajimabonesetter.com アスリートへの有益な…

エクササイズによっておこる免疫機能障害(エクササイズによる炎症の影響と潜在的な感染リスクを低減するために、有酸素性活動におけるCHOの補給が推奨される)

…、エクササイズによる炎症の影響と潜在的な感染リスクを低減するために、有酸素性活動におけるCHOの補給が推奨されます。 少なくとも6%のCHO溶液を補うことは、炎症反応に良い影響を及ぼすとされています。 また、筋グリコーゲンと血糖値を維持するためにも、エクササイズの前後とエクササイズ中にCHOを補うことは有益になります。 高強度エクササイズ中は15分おきに6%のCHO溶液を体重1㎏当たり約4mlの割合で摂取するとよく、これは、エクササイズ後の局所的炎症反応を低減する確実な方法で…