Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

炎症 の検索結果:

関節リウマチにおけるストレッチングと筋膜リリース(筋長と対称性を復活させ、関節可動域を広げ、関節リウマチのクライアントの痛みとこわばりと軽減する可能性があるとされている)

関節リウマチとストレッチング 関節周りの筋の適切な筋長と対称性を維持することは、関節リウマチのクライアントにとって重要な課題になります。 損傷した関節の可動域は、痛みやこわばり、腫脹、骨の変形などにより制限されている可能性があります。 病変により、関節は弱く不安定になっており、不安定な関節を過伸展することの内容に細心の注意を払う必要があります。 発表されている論文は、手のリハビリテーション介入としてのストレッチに的を絞った研究で、ストレッチに的を絞った研究は非常に少ないです。…

ブドウ種子抽出物(400mg/日を4週間摂取した選手は、身体パフォーマンスと爆発的パワーが有意に増加したが、これはクレアチンキナーゼの減少とヘモグロビンの増加によるものとされる)

主要効果 ブドウ種子抽出物(Grape seed extract:GSE)は主に安静時の血圧調節剤として臨床的に使われてきました。 これは、高濃度のフェノール性化合物の血管拡張効果によりますが、レジスタンストレーニングと組み合わせた場合の効果は明らかではなく、単に事例的に報告されているにすぎません。 www.nakajimabonesetter.com

関節リウマチと有酸素運動(身体活動の代謝コストは、関節のこわばり、機能障害{歩行異常など}のために増加する可能性がある)

クライアント教育 健康なクライアントの標準値と比べ、関節リウマチのクライアントは有酸素性のコンディショニングレベルは低い傾向があります。 原因として、関節リウマチの症状が原因で、活発な活動を行う時間が少ないことが理由としてあげられています。 身体活動の代謝コストは、関節のこわばり、機能障害(歩行異常など)のために増加する可能性があります。 身体活動のための教育には、痛みの出るエクササイズの回避、関節を保護する活動、適切な身体メカニクス、エクササイズの安全な様式などを含める必要…

関節リウマチのクライアントのトレーニング時のスクーリング(機能的レベルが低い可能性があるため、より特別なテストが必要がある)

エクササイズプログラム作成 エクササイズのプログラムを作成する前に、関節リウマチがクライアントに与えている全体的な影響を決定する必要がある。 関節リウマチは、機能的レベルが低い可能性があるため、より特別なテストが必要があります。 初回面談では、クライアントの目標、身体能力、現在および過去の運動経験、併存症および投薬などの情報を得ます。 疲労の影響とクライアントが自覚する運動の利益と障害がエクササイズの参加に影響を及ぼすことが報告されています。 体力テストに関しては、テストがク…

関節リウマチ(関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患とされている)

…ウマチは慢性の全身性炎症疾患で、侵された関節が変形し、機能障害を起こします。 アメリカの関節リウマチの患者数は約130万人で、20代から30代で発病することが多く、40代ではさらに羅漢率が増えます。 女性は男性よりも2.5倍発症しやすく、有病率が高いため、疾病の進行過程と運動処方のガイドラインを理解しておくことが重要になります。 関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患と説明されています。 この炎症反応は関節の周辺組織に広がり、骨や軟骨のびらんや破…

野球における上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…どにより、この部分の炎症が起こります。 さらに、上腕筋と円回内筋は、肘関節の主要な安定筋であり、これらの筋組織の脆弱性、疲労が傷害につながる可能性もあります。 診断 内側上顆炎の特徴は、内側上顆および内側上顆から約1cm遠位前部にある、屈筋/円回内筋の腱に由来する疼痛と圧痛になります。 肘関節を伸展した状態で、手関節と手指も併せて伸展した場合、負荷をかけた手関節を屈曲および回内させた場合、また肘関節を25~30°屈曲させている間に外反ストレスをかけた場合に疼痛が増し、重症にな…

野球における投球時の外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…織の短縮および局所的炎症の結果であるとされています。 伸展性努力の測定、投球腕の回復状態の評価、および骨棘発生と遊離体エントラップメントなど、肘関節のインピンジメントの病態の把握を行うことができます。 肘関節のROMAは、アスリートが側臥位をとり、肩峰突起と肘外側上顆を一直線にして、最大伸展位で肘関節をロックし、母指を上に向け(手関節の回外)、反対側の腕で頭部を支えます。 上腕骨の外側上顆(肘関節のほぼ中央)にゴニオメーターの支点を合わせ、ゴニオメーターの固定アームを上腕骨外…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

…とを示す兆候として、炎症反応(発赤、腫脹、疼痛、熱感、機能喪失)に注意しなければならず、このような症状が起きた場合は、トレーニングの強度または量を減らしたり、トレーニングの間の休息期間や休息日を変更などで対応します。 上顆痛は、前腕筋組織の反復的な使用により生じる疼痛であることを考慮し、傷害予防プログラムには、能動的、受動的およびダイナミックな柔軟性エクササイズ、等尺性、短縮性、伸張性の筋力トレーニング、プライオメトリックを含むパワートレーニングなどを取り入れる必要があります…

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の徴候と症状(病変部の熱感と発赤は、感染による血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌により起こる)

… 感染は病変部への炎症によってそれとわかり、炎症の五大兆候は、熱感、発赤、腫脹、疼痛、および機能障害になります。 病変部の熱感は、感染による血流増加と代謝率の上昇によるもので、感染が疑われる部位の発赤は、同じく血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌によって起こります。 腫脹は、炎症伝達物質が周辺組織に放出されることで起こります。 疼痛は、周辺の軟部組織と神経受容体への機械的刺激または化学的刺激によって生じます。 組織の損傷はさらに機能障害、すなわち関節可動域…

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントのために考案された複雑な手術法である)

…がのみられない、関節炎症状を呈するクライアントのための有効な介入方法になります。 従来実施されている関節全置換術が有効であることは明らかにされていますが、修復できないローテーターカフの断裂のあるクライアントには適用できません。 逆肩関節全置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)は、特に関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントのために考案された複雑な手術法になります。 www.nakaji…

エナジードリンクと競技パフォーマンス(Red Bullは、注意力を向上させることにより、選択的反応時間や集中力や記憶力を向上、認知的パフォーマンスを改善させる)

栄養ドリンクが競技能力を向上させるのはなぜか? 栄養ドリンクは、ワークアウトの質や競技パフォーマンスを向上させる目的で、エクササイズの前や試合前の栄養補給として利用されることが多く、カフェインは長年にわたり運動能力増強物質として利用されています。 しかし、カフェインが効果が認められているのは、持久系競技においてになり、持久系競技においては、疲労までの時間が延長されることが報告されています。 このような疲労の遅延は、脂肪酸化を増加させ、それにより筋グリコーゲン濃度を保つことで、…

β-アラニンの補給は、筋内カルノシン濃度を高め、筋力やパワーおよび有酸素性能力の向上を促す(1日に3.2gと6.4g摂取により、外側広筋のカルノシン用量がそれぞれ42%と61%増加する)

高強度エクササイズと末梢性疲労 高強度エクササイズ中の水素イオンの蓄積は、末梢性疲労の大きな原因であると考えられています。 解糖作用への依存が高まるにつれて、乳酸と水素イオンの筋内濃度が上昇しますが、カルノシンが存在すると細胞内緩衝剤として大きな役割を果たすため、細胞内phを低下させることなく大量の乳酸塩を蓄積できます。 カルノシンはアミノ酸のヒスチジンとβ-アラニンから合成されますが、カルノシン合成の律速基質は後者であると思われています。 したがって、β-アラニンの補給は、…

タウリンの効果とは(80%1RMで3セットを失敗するまで行なう肘関節伸展筋群の伸張性エクササイズに対して、タウリンを1日に体重1kg当たり15mg、2週間補給すると、プラセボ群と比較して、筋力レベルが高まり、筋痛のレベルが低下したことも報告されている)

…しかし、抗酸化活動と炎症マーカーに変化はみられませんでした。 タウリンの補給は有益であると思われますが、レジスタンストレーニングと関連づけたさらに多くの研究が必要であるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,Bhambhani Y,and Gomes P,Acute L arginine supplemention increases …

栄養と免疫における脂肪酸(オメガ3系PUFAは、体内のサイトカインおよび炎症性プロゲステロンの反応を抑制する可能性がある)

…om 脂肪酸と身体の炎症反応 EPAとDHAを十分に摂取することは、身体の炎症反応の鎮静化を促進します。 また、これらのオメガ3系PUFAは、体内のサイトカインおよび炎症性プロゲステロンの反応を抑制する可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Nutritional Feats Nutrition Consulting Statesboro Georga.65-70 大塚製薬 ネイチャーメイド スーパーフィッシュオイル(EPA/DHA…

睡眠と競技パフォーマンス(深い睡眠中に分泌される成長ホルモンとアンドロゲンは、筋の修復、筋形成、骨の成長、脂質の酸化促進などに欠かせない)

…え、メラトニンは他の炎症性酵素を活性化して、細胞を傷つけて組織炎症を促進する酸化ラジカルを無害化します。 免疫機能も神経系と内分泌系を通してメラトニンにより調整されます。 メラトニンは明暗の周期に反応してそれぞれ分泌濃度の高低を繰り返し、概日(サーカディアン)リズムを調整します。 深い睡眠中に分泌される成長ホルモンとアンドロゲンは、筋の修復、筋形成、骨の成長、脂質の酸化促進などに欠くことができません。 睡眠は免疫系と内分泌系の修復、神経系と直前のトレーニング日の学習能力を高め…

競技パフォーマンスと睡眠(睡眠は認知的、生理学的課題の両方に含まれる疲労誘発事象からの大きな回復に寄与する有効な対策であり、オーバートレーニングの回避においても影響因子のひとつになる)

…生理学的回復(代謝と炎症)には、7~9時間の睡眠が適切であると推奨されています。 その上でアスリートは、傷害や高強度トレーニング期間および試合から十分に回復するために、さらに多量の睡眠が必要であると示唆されています。 回復はホルモンの分泌を通して促進されますが、例えば成長ホルモンと男性ホルモンはどちらも筋の修復や筋形成、骨の成長、さらに脂質の酸化を促進するために欠かせません。 メラトニンは神経伝達物質セロトニンから産生されますが、メラトニンは暗さが刺激となって、速やかな眠りを…

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

…覚が増す場合、これを炎症痛といいます。 神経の損傷により継続的な痛みが生じる場合、これを神経因性疼痛といい、研究によると、この種の慢性痛は、終生続くことが多いが、意外にも発生頻度は高く、現在の薬剤による施術では十分でないといわれています。 さらに、慢性痛は、糖尿病や帯状疱疹のお客や、癌化学療法の直後に多くみられ、その他にも、腰の痛みや、その他の慢性疼痛の疾患でもよくみられます。 本研究の主著者でケンブリッジ大学薬理学部長ピーター・マクノートン(PeterMcNaughton)…

喘息とエクササイズ(フィジカルコンディショニングは喘息の管理全般に有益であり、心肺系のコンディショニング、筋フィットネス、および生活の質全般を向上させる)

…頻度の高い気道の慢性炎症疾患であり、一般的には、様々な刺激に対する気道の過敏性が関与して起こると考えられており、小児期の発症が多いですが、あらゆる年齢の人に起こりうる疾患です。 喘息クライアントに典型的にみられる間欠性呼吸困難、喘息、息切れ、胸部圧迫感は直接的には下気道の狭窄(気管支収縮)によって生じますが、この狭窄は、下気道による炎症過程、粘液の過剰分泌、および平滑筋の機能不全が組み合わさって引き起こされます。 喘息クライアントにおいては、気道の炎症が、様々な刺激(誘因物質…

スポーツ環境における黄色ブドウ球菌の影響とは(非常に深刻な深部感染症を引き起こすことがあり、急性・致死性の菌血症、壊死性肺炎、および壊死性筋膜炎が挙げられる)

黄色ブドウ球菌(SA) 黄色ブドウ球菌(SA)は、米国の救急外来が対応する感染症の原因菌として最も多く、皮膚軟部組織感染症の59%を占めるとされています。 近年、スポーツをする人の間で、市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌への感染例が増えています。 元来は院内感染するものと考えられていたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が、従来の危険因子を持たない集団の間に広まっており、スポーツを行う集団において、CA-MRSAは多くの場合、皮膚や軟部組織への感染症として発生します。…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

…性筋力の維持、さらに炎症の施術に一層大きな注意が払われるようになれば、肘関節傷害の発生件数は減少すると思われます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクテ…

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法{RWL}が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

急速減量法が引き起こす徴候や症状 急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。 パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。 また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。 クライアントはただ不適…

糖質補給とスキルパフォーマンス(VO2maxの55~75%で長時間{90分超}運動すると、グルコースと筋グリコーゲンが大きく減少する)

糖質補給のタイミング 研究によると、アスリートは試合の前と最中にCHO(糖質)を摂取することによって、体力面と持久力面での効果が期待できるとみられています。 しかし、その基質が競技の技術面に直接的効果を発揮するかどうかはまだ不明といわれています。 数多くの研究が、VO2maxの55~75%で長時間(90分超)運動すると、グルコースと筋グリコーゲンが大きく減少することを示しています。 www.nakajimabonesetter.com

木下大サーカスを見てきました!

木下大サーカスを見てきました! https://www.instagram.com/p/CLK6PbonlN8/?utm_source=ig_web_copy_link www.nakajimabonesetter.com 中島恵

オメガ3脂肪酸摂取のメリット(オメガ3脂肪酸の摂取が炎症マーカーを低下させ、運動中の血流を最大36%増大させる)

…脂肪酸濃度の上昇は、炎症性マーカー(インターロイキン[IL]-6、IL-1ra[IL-1受容体アンタゴニスト]、腫瘍壊死因子[TNF]-αおよびC反応性タンパク[CRP])の数値を下げ、反対に抗炎症マーカー(可溶性IL-6r[IL-6受容体]、IL-10およびTGF-β)の数値を高めると考えられています。 DHAとEPAはそれ以上分解することができないため、特に推奨されるω-3脂肪酸であるのに対して、ALAは、EPAやDHAに転換されることはほとんどなく、転換率は前者が8~2…

筋の修復とサイトカイン(エクササイズ後の適切な筋の修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要だが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こる)

…修復には、ある濃度の炎症誘発性および抗炎症性サイトカインが必要ですが、サイトカイン濃度が慢性的に高いとOTSが起こるのではないかとされています。 www.nakajimabonesetter.com ホメオスタシスと炎症 一般に、高強度運動中および運動直後には、腫瘍壊死因子α、IL-1β、「炎症-反応性」IL-6などの炎症誘発性サイトカインが分泌され、それに続いて、調整的な抗炎症サイトカイン(IL-4、IL-10、IL-1ra)などが分泌されます。 通常は、炎症誘発性サイトカ…

トレーニング後に適切な栄養摂取を行うこと必要性(糖質-タンパク質摂取によりミオグロビンとクレアチンホスホキナーゼの血中への出現が減少する)

筋損傷と栄養摂取 レジスタンスエクササイズに伴う筋損傷は、筋活動の伸張性局面で筋線維に機械的ストレスが加わることで生じるほか、カタボリックホルモン(異化)環境において、運動後の筋タンパク質分解が増大することも原因になります。 運動後に栄養を摂取しないと、このカタボリック環境が優位となり、筋損傷が何時間も優位になることになり、さらに、損傷した筋では筋グリコーゲンの再合成が十分に行われず、グリコーゲンの回復を数日間にわたって制限することになります。 www.nakajimabon…

亜硝酸塩の摂取(血中硝酸塩を増加させることは、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されている)

血管の拡張とパフォーマンス 血管の拡張を促進することにより活動中の筋への血流を増やすことは、有酸素性および無酸素性双方のパフォーマンスにおける運動容量を増大させます。 さらに、血流の増加により栄養補給も増加するため、回復を促進する可能性もあります。 このような潜在的理由から、一酸化窒素の産生促進効果があるとされるL-アルギニンのサプリメントの人気は、この10年間で特に高まってきています。 しかし、研究では、L-アルギニンの摂取により血管拡張が増大することは裏付けられていません…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

…、ローテーターカフの炎症、肩甲下神経の障害などの症状を起こすリクスが高くなります。 Ferrttiらによると、バレーボールにおける肩の傷害は、筋力不足と筋萎縮を起こす可能性があり、しばしば選手のパフォーマンスを低下させるとしています。 Kuglerらは、「バレーボールのアタッカーにおける筋のアンバランスと肩痛」という研究において、肩の筋と関節包のパターンが利き腕と非利き腕の肩では大きく異なることを明らかにしました。 例えば、利き腕の肩甲骨は、相当圧迫され横方向にずれていたが、…

体重調整を行なう場合のトレーニングと栄養摂取のタイミング(潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取すること、また常にグリセミック指数の低い糖質を摂取するように務める)

栄養摂取とトレーニングのタイミング テクニックや競技的特異的体力を鍛えることを目的とするトレーニングセッション(通常、はるかに高強度である)は、少なくとも午前か、夕方近く、または夕食後に実施することが最適になります。 それぞれ、朝食、昼食、または夕食を摂取した結果、肝グリコーゲンと筋グリコーゲンが(十分とは言えないが)利用可能となるからです。 その場合、再び重要なことは、(運動強度が高くても)潜在的な脂質の酸化を最大限に高めるために、できる限り食事を運動の数時間前に摂取するこ…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

… 成人は骨端軟骨の炎症や動揺よりもむしろ靭帯の損傷が起こりやすいために、外反ストレスに対する反応が異なります。 外反ストレスに対するUCLおよび肘関節内側の筋組織の反応を検証した死体研究では、UCLは主要な静的スタビライザーであるとされ、90°に肘関節を屈曲した際にかかる外反負荷の50%に耐えることができます。 特にUCLの前部(aUCL)はオーバーヘッドの投球中に最も大きな抗張力を提供します。 したがって、aUCLの損傷は反復的な投球動作に関連して起こると推測され、靭帯の再…