Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

無酸素性能力 の検索結果:

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告されています。 さらに、HIITのトレーニング様式は、伝統的な継続的な方法の約半分の時間しか必要としないため、選手の意欲と継続を促しやすく、技術的また戦術的な練習の時間を増やせる利点もあります。 またHIITは、基本的に、その重要性を後述するタイプ(タイプⅡ線維の動員による)筋力とパワーに弊害をもたらす可能性が低くなります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度持久力トレーニングの様式 H…

身体における成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

…ます。 ただし、無酸素性能力や下肢筋パワーについてはPHV年齢以降の1~2年にわたって大きく発達することも示しています。 ここで注意が必要なのは、発育スパートを迎えるタイミングが選手によって異なり、PHV年齢には最大5歳程度の個人差があることです。 そのため、同じU-13チームにも発育スパートを早く迎えPHVを過ぎた早熟な選手と、これからPHVを迎える晩熟な選手が混在することになります。 結果的に、同じ暦年齢であるにもかかわらず、無酸素性能力や下肢の筋量・筋パワーに大きな違い…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

…ォーム作りと基本的な無酸素性能力のトレーニング ストライド長のトレーニング ストライド頻度のトレーニング パワーと加速力のトレーニング プレコンディショニングのレベルでは有酸素性能力の向上を目標とします。 つまり、基本的な有酸素性能力を高め、アスリートにスプリントを指導できるようにします。 ハイニーグラブやハイニーウォーキング、バットキックウォーキング、バットキックなど、特異的なダイナミックウォームアップドリルを行えば、この目標を達成できます。 さらに、長めのバンジーコードを…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…が中学生年代を通して無酸素性能力から有酸素性能力に変化することをが起因しています。 以上を実際の指導現場にて当てはめて考えると、U-14以前においては、Yo-Yo-IR2テストの結果、あるいは試合を観察することで評価される選手の持久力(間欠的運動能力)は、その選手の有酸素性能力を反映していないといえます。 また、Yo-Yo IR2テストの結果や試合での持久力の短時間での改善も、必ずしも選手の有酸素性能力の向上を意味しません。 それらは下肢の筋量・筋パワーの発育発達に基づく無酸…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

…、神経筋特性の向上は無酸素性能力の向上と関連していると報告しています。 これらの研究結果は、下肢スティフネスの増加によってランニングスピードにおける乳酸の蓄積量が低下することを示唆しています。 無酸素性エネルギーへの依存度が低下すると、筋の収縮力を制限する酸性度の上昇によって疲労が進行するのを遅らせられるため、このような効果は重要です。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Effects of Performing Endurance and St…

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

心臓血管疾患のためのエクササイズとは 心臓血管系疾患 世界各国における成人の死亡原因の第一位は、依然として心臓血管系疾患になります。 定期的な身体活動に、心臓血管系お客に身体機能を改善し死亡率を低下させる効果があることはすでに認められており、最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改…

ストライド長を改善するには(柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、股関節屈筋(仰向けの姿勢)とハムストリングス(うつ伏せの姿勢)を鍛えることとが重要になる)

…ントのフォーム作りと無酸素性能力のコンディショニング 次のレベルでは、スプリントのフォーム作りと無酸素性能力のコンディショニングを重点的に行います。 スピードウォームアップと各種のストライド強化ドリルを利用して柔軟性を高め、フォームを改善します。 さらにヘビースレッドプルを取り入れ、ステップを踏み出す際にアスリートが低い姿勢を保ち、膝を高く上げてストライド長を稼げるようにすることで、スプリントのフォームを調整します。 www.nakajimabonesetter.com 段階…

Tabata Protocolとは(運動後に続く酸素摂取量の高値は分泌が急増するカテコールアミン等の血中濃度が長く運動前の値に戻らないことによる心拍数の高値や、筋のナトリウム、カリウム、ATPase等が高値を取ることに関係する)

Tabata Protocol 無酸素性エネルギー代謝量 従来、無酸素性エネルギー代謝量は、酸素負債(Oxygen Deficit)により定量評価されてきました。 酸素負債とは、運動後に長く続く安静時よりも高い酸素摂取量になります。 一方、酸素借とは、最大下の同一運動強度で運動を行っている場合に、運動初期に観察される定常状態(運動開始数分後に観察される酸素摂取量が定量となる現象で、その酸素摂取量が当該運動の酸素摂取量を示しており、これが当該運動強度の酸素需要量となる)よりも低…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

心臓血管疾患とインターバルトレーニング 高強度インターバルトレーニング インターバルトレーニング(IT)は、短い回復時間を挟んで、短時間の高強度運動を繰り返すトレーニング法になります。 通常、各エクササイズは乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレ…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

思春期のアジリティ能力 方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12歳の少年よりも14歳の少年のほうがCODSが有意に大きいことが示されています。 またアジリティ関連の課題において、思春期直前は男女が同等の能力を示しますが、成長期開始頃に性差が生じ始めます。 男子の場合、COD…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…ト、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施するように主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの多くは、指定時間に最大距離を走るこ…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…トは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 www.nakajimabonesetter.com YYIEテストとYYIRテスト 若年選手やアマチュア選手には、YYIEテストのレベル1を経験させてから、レベル2へ進ませることが推奨されています。 高強度でも何度も走ることが可能なエリート選手には、YYIRテストのレベル1またはレベル2を実施することが推奨されます。 近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されています。 w…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…バルトレーニングが、無酸素性能力の向上に効果的であることを示す研究結果が存在します。 スピードが少々増加し、休息時間が限られているために、アスリートは軽いストレスと不快感を覚えることになり、これは生理学的側面でも心理面でも、パフォーマンスにプラスの影響を及ぼします。 LATセッションはオーバートレーニングに陥る可能性を下げるため、週1、2回にとどめるできであり、同様にATTも、中程度の継続時間を利用して無酸素的代謝を刺激し、乳酸を除去する能力を高めます。 乳酸を除去する能力を…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

…って、サッカー選手の無酸素性能力レベルを評価した上で、トレーニングを行うことは、きわめて重要になります。 www.nakajimabonesetter.com サッカーのパフォーマンスとパワー発揮 サッカーが、キック、スプリント、タックル、ジャンプなどのパワフルな動作の反復を要求する競技であることは、すでに数多く報告されています。 スプリント能力やジャンプ能力など、パワー発揮の構成要素とその数値はすべて、サッカーのパフォーマンスと正の相関関係にあることはすでに示されています。…

最大酸素摂取量と年齢変化(最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示した)

…年齢カテゴリーごとに無酸素性能力の年齢変化も検討した結果、Yo-Yo IR2テストの結果と無酸素性パワー(W/kg)には、U-13では高い有意な相関関係(r=0.74、0.65)がみられました。 しかし、その後、暦年齢の増加とともに両者の関係性は徐々に小さくなり、U-15以降ではほぼ関係性はなくなることが判明しました。 そして、U-14においてYo-Yo IR2テストの結果を制限する要素がU-14以前とU-15以降で異なることが考えられます。 U-14以前では、まだ筋の発育発…

硝酸塩と亜硝酸塩(NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolのNO3-を含むBRJを1日に500ml摂取することにより、筋細胞が収縮するときのアデノシン三リン酸(ATP)がの転換率、すなわち使われるエネルギー量が減少する可能性がある)

…を高め、それによって無酸素性能力の向上を促すとの結論も得られました。 運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される) 引用・索引Alvares T,Conte C,PaschoalinV,Silva J,Meirelles C,B…

ロッククライミングの生理学的要求(握力の持久力低下と相関しているクライミング中の血中乳酸濃度は3~10mmol/Lに達すると報告されている)

…)間にとれる回復時間が非常に短く、その間に有酸素的代謝による回復が十分ではない可能性があるため、無酸素性能力の重要性を認識する必要があります。 生体エネルギー論(反復的スプリント能力を予測するものは、最大酸素摂取量ではなく、乳酸の緩衝能である) 引用・索引Strength&Conditioning Journal Volumes34.Number3.Pages1-18 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

スプリント系競技選手における長時間の有酸素運動の反対意見(高強度スプリントトレーニングは長時間の有酸素性トレーニングに比べ、最大酸素摂取量、1回拍出量、気質利用、ピークパワーの向上が大きい)

…は最大有酸素性能力、無酸素性能力、換気閾値、酸緩衝能、疲労までの時間を向上させることが示されました。 重要なことは、これらの適応がより短いトレーニング時間で発生することです(HITは週あたり数分で、AEは週あたり数時間で発生する)。 さらにAEと比べてHITは、トレーニングによって得られるVO2max、1回拍出量、気質利用、ピークパワーの向上が大きいことも報告されています。 これらの研究結果から、AEでなくとも代謝系/心臓血管系の適応を誘発することは可能であり、場合によっては…

スピード&パワー系アスリートアップヒルトレーニング(酸素摂取量と乳酸濃度が上昇、さらに身体を推進させる股関節と脚部の筋組織の活性化が向上する)

…し、乳酸産生の増加は無酸素性能力(ATと密接な関係がある)と相関しています。 www.nakajimabonesetter.com Olesenらの研究 Olesenは、トレッドミルランニング中に傾斜角が増大すると(最大20%まで)、ランニング過程に関与する筋量の増加を主因として、累積酸素借(計算上ランニングに必要とされるエネルギー量と、ランニング中の実際の酸素消費量との差)は無酸素性能力のマーカーとして利用することができ、アップヒルランニングのトレーニングを行うことによって…

野球施術:先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力

…れに必要な有酸素性・無酸素性能力 投手の準備を整えるにあたって、概念的なアイデアを持ち、パフォーマンス能力、投手としての役割、および整形外科的既往歴について理解することで、トレーニングの構成、力学的要素の強化、および競技目標について方針を決定する上での枠組みが得られます。 投手には役割分担があり、一般的には、投げられる球種、耐えられる登板頻度、および球速によって決定されます。 一般的に、先発投手は、4~5種類の球種または投球バリエーション(アームスロット、握り方の変化、および…