Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

疼痛 の検索結果:

脊椎分離症/脊椎分離すべり症

…ら臀部、大腿部後面の疼痛、下肢の放散痛、感覚障害、神経性間欠跛行などが自覚症状としてあげられます。 そして、背部の圧痛、叩打痛、分離部の圧痛、体幹後屈による、症状の増強、他動的な後側屈による放散痛がみられます。 鑑別診断として、腰椎椎間板ヘルニアがあります。 脊椎分離症や脊椎分離すべり症は後屈によって疼痛が増強しますが、椎間板ヘルニアは前屈によって増強する点が違います。 腰痛と神経症状 脊椎分離症では、椎弓の疲労骨折、骨折部の不安定性から生じる滑膜炎などから腰痛を呈します。 …

インディバアクティブセラピー

…、神経伝達速度上昇、疼痛閾値上昇、柔軟性改善、内臓脂肪燃焼促進、リフトアップ、代謝促進、冷え性改善、HSP(ヒートショックプロテイン)増加、免疫力増加など 非熱作用 幹細胞の増殖により損傷組織の治癒促進、疼痛のコントロール、鎮痛作用、腫脹の改善、浮腫みの改善、ドレナージュなど HSP(ヒートショックプロテイン)とは たんぱく質の一種で、細胞が熱、化学物質、虚血などのストレスにさらされた際上昇して細胞を保護するたんぱく質です。 HSPが増えれば、酸化防止で美肌、ストレスによる細…

前十字靭帯(ACL)損傷

…っという断裂音、膝の疼痛で競技を続行できないことがほとんどで、その後、膝の腫脹、可動域制限(完全伸展不能)が出現します。 関節穿刺で、関節血症がみられます。 半月板損傷やMCL損傷のほか、脛骨外側顆の裂離骨折や脛骨顆間隆起の骨折をともなうこともあります。 長期経過後、膝くずれや不安定感を繰り返しやすいです。 www.nakajimabonesetter.com 後十字靭帯(PCL)損傷 膝関節屈曲位で膝の前面を強打した際や交通事故(ダッシュボード損傷)、スポーツ中の接触事故な…

コア:体幹のスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

…ィフネスをもたらし、疼痛と組織変性につながる関節の微小な動きを抑える。 一部のタクティカルアスリートや、格闘およびインパクト要素を伴う競技の選手には腹筋の鎧が必要である。 www.nakajimabonesetter.com セラーぺの構造 そして、これらの機能にコアの両端から螺旋状に関与するのがセラーペ筋群になります。 具体的に、コアのスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるかというと、基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインド…

離断性骨軟骨炎(OCD)

…嵌頓した場合、急激な疼痛と運動制限が生じることもあります。 原因疾患には、離断性骨軟骨炎(OCD)、滑膜骨軟骨腫症、軟骨骨折、変形性関節症、関節リウマチなどがあり、肘、膝、股足関節に多く発症します。 www.nakajimabonesetter.com 肘離断性骨軟骨炎 肘外側の上腕骨小頭に生じる上腕骨小頭離断性骨軟骨炎が多くを占めます。 10~14歳の男子に好発し、野球の投球動作が主な発症原因であり、外側型野球肘の病態でもあります。 後ろの肘の違和感、腫脹、可動域制限、とき…

伸張性エクササイズと至適筋長の変化(ハムストリングの傷害は片側性の多関節運動中に発生する為、膝関節の伸張性の伸展だけではなく、股関節の伸張性の屈曲も含むエクササイズを考案する必要がある)

伸張性エクササイズ 筋肉とピーク張力 すべての筋肉にはピーク張力を発揮するための至適筋長があり、至適筋長を超えて伸張され続けると、筋の張力レベルは低下します。 長さ-張力曲線の下降部分は、筋挫傷(肉離れ)が発生する脆弱な領域であると考えられ、また一般的に、通常よりも短い筋長でピーク張力を発揮するアスリートは、肉離れを起こす可能性が高いと信じられています。 www.nakajimabonesetter.com

上腕二頭筋長頭腱の損傷

…場合、断裂音とともに疼痛をきたし、上肢全体に機能障害が起こり、特に屈曲力の減退、物を持つ、握るなどの動作が困難となります。 三角筋の下の結節間溝周囲に腫脹、内出血が現れ、結節間溝部に圧痛をみとめます。 時間の経過とともに上腕二頭筋の収縮によって、筋腹の隆起は正常より末梢部にみられます。 www.nakajimabonesetter.com 上腕二頭筋長頭腱炎 上腕二頭筋長頭腱が結節間溝部で、重量物を挙げたり、スポーツなどでの使い過ぎ によって摩擦を生じ、腱周囲に炎症をきすもの…

前十字靭帯(ACL)損傷と大腿四頭筋とハムストリング(膝関節の屈曲角が0°(完全伸展)~45°で大腿四頭筋が強く収縮する際、ハムストリングの収縮(共収縮)がその強さに見合わない場合、前向きの力が発生しACLの負担が増える)

前十字靭帯損傷と筋肉 膝関節の安定(受動的:能動的) 受動的安定:膝関節は骨、半月板、靭帯、そして関節包により受動的に安定しています。 前十字靭帯(ACL)は主として前後方向の移動、内反・外反モーション、内旋・外旋モーションを調節することにより膝関節を安定させています。 能動的安定:能動的に安定させるシステムを構成しているのは筋の収縮であり、これは主として随意的な筋活動により膝関節を安定させています。 www.nakajimabonesetter.com

アキレス腱障害と伸張性トレーニング(腱の疼痛知覚を低下、細胞間情報伝達を通じてコラーゲン沈着、基質成分回復を促がし治癒を向上させる)

…果を生み出しており、疼痛を低減し、多くのお客が受傷前の身体活動レベルに復帰しています。 www.nakajimabonesetter.com アキレス腱障害に伸張性トレーニングが有効な理由 最も有効な理由は、下腿後部筋群の伸張性筋力の増加にあります。 アキレス腱障害の第一人者であるAlfredsonは、負荷によって誘発された筋肥大の効果、引張強度の増大、筋腱複合体の伸張による効果、これらすべてが伸張性トレーニングによるプラスの適応であると述べました。 ※張力は電位を生み、それ…

膝関節周囲の筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

…慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。 www.nakajimabonesetter.com 膝周辺の筋力のバランス 膝周辺の筋力のアンバランスに関する先行研究は、筋力不足は拮抗筋/主働筋と対側性筋力の不均衡の両方に関係があることを示唆しています。 膝周辺の筋力のアンバランスに関する研究は豊富にあるが、それにもかかわらず、そのアンバランスがACLとハムストリングスの傷害に及ぼす影響に関するエビデンスは、まだ決定的とはいえません。 研究による…

ベーカー嚢胞(膝窩嚢胞)

… 圧痛、熱感はなく、疼痛はさほど強くなく膝後方の不快感や正座時の緊張感を訴えることが多いです。 嚢胞には粘稠な黄色透明の滑液を認めます。関節腔との交通は関節造影により確認できます。 滑膜肉腫 関節内に発症することはまれで、関節周囲、特に膝窩部に好発する悪性度の高い肉腫です。 ベーカー嚢胞などと誤診さやすいので注意が必要です。 www.nakajimabonesetter.com 下肢静脈エコーの攻略法: web動画 みて! マネて! いざ実践! (US Labシリーズ5) 作…

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

性差によるスポーツ傷害 男女の障害発生率 バスケットボールに関連する傷害の大多数は男女共通であり、男子選手と女子選手の傷害発生率も同等になります。 しかし、前十字靭帯(ACL)損傷は別であり、女子選手におけるACL損傷の発生に関しては、詳しい調査が行われています。 事実、カッティングやジャンプを行う競技に参加する女子選手は、男子選手と比べて膝を損傷する可能性が4~6倍に上ることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

筋活性化のタイミングと規模の変化 筋の活性化とタイミング 競技特異的な課題を行っている間の筋の活性化能力の変化は、傷害リスクを増大させる可能性があります。 それは、筋の活性化能力の変化と最大活性状態に達するまでの時間の変化の両方を意味します。 主に筋電図検査を用いた研究により、傷害のリスク因子と特定の傷害との間には、以下のような関連があることが示唆されました。 www.nakajimabonesetter.com

大腿四頭筋とハムストリングスにおける内側外側の筋活性化のアンバランス(筋の内側と外側のアンバランス、特に大腿四頭筋とハムストリングスのアンバランスは傷害のリスク因子である)

…ます。 膝蓋大腿疼痛症候群に関しては、初期のエビデンスでは、外側広筋に比べ内側広筋のより小さく長い活性化が、この症状の高頻度の発生に関連があることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 主働筋と拮抗筋の同時活性化の減少 主働筋の単独の活性化と比較すると、主働筋と拮抗筋の同時活性化は、関節安定性および関節スティフネスの増加に伴う靭帯への負荷の減少に関連があるとされています。 大腿四頭筋とハムストリングスの同時活性化の減少は、ACL(前十字靭帯)…

前額面の膝のコントロール:動的外反(膝関節のバイオメカニクスの変化、特に着地やカッティング動作および減速中の膝の前額面のコントロールの欠陥は、ACL断裂を含む膝の傷害や膝蓋大腿疼痛症候群の大きなリスク因子である)

…む膝の傷害や膝蓋大腿疼痛症候群の大きなリスク因子であると考えられます。 膝のバイオメカニクスの異常がもつ意味は男女で異なり、女性アスリートは男性アスリートの4~6倍、ACL損傷の頻度が高くなります。 男女の青少年アスリート(11~19歳)に関する他の研究でも、着地など、傷害リスクの高い活動中の動的な膝の外反が圧倒的に多いことが示されました。 しかし、動的外反と年齢の関係を分けて考えることが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 若年アスリートに…

股関節の外転可動性(股関節外転可動性(HAM:hip abduc-tion mobility)は、股関節内転筋群の筋長と股関節外転筋群の筋力に依存している)

股関節 股関節外転可動性(HAM:hip abduc-tion mobility) 股関節外転可動性(HAM:hip abduc-tion mobility)は、股関節内転筋群の筋長と股関節外転筋群の筋力に依存し、より重要でありながら一般的に看過されている下肢の機能要素になります。 HAMの制限は、鼠径部挫傷の危険性増大と関連されています。 内転筋群の可動性不足は、実際は問題のひとつの要素にすぎず、拮抗筋である股関節外転筋群の筋力も同様に重要になります。 アスリートは、大殿筋…

膝関節の内旋は外反モーメントを増加させる(膝の外反角度の増加は、膝蓋骨を正中線の内側に傾け、この膝蓋骨が変化した膝の状態はQアングルを大きくする)

膝関節 膝関節外反ポジション 膝関節の内旋は外反モーメントを増加させ(膝外反ポジション)、痛みを生じます。 膝の外反角度の増加は、膝蓋骨を正中線の内側に傾け、この膝蓋骨が変化した膝の状態はQアングルを大きくします。 Qアングルは、骨盤軸および大腿と膝蓋骨のアライメント軸の交点による角度を表す不可視のラインです。 通常のQアングルは股関節に対して非常に小さく(男性で10~15°、女性で15~18°)、Qアングルが大きくなると、足関節(長腓骨筋および短腓骨筋)および膝関節(大腿二…

青少年アスリートの傷害リスクを低減する統合的神経筋トレーニング(スポーツ活動中の神経筋コントロールは、感覚運動系が適切に機能することに依存している)

青少年アスリートの傷害リスクを低減するには 神経筋バイオメカニクスにかかわるリスク因子 神経筋バイオメカニクスにかかわるリスク因子は、INTプログラムによって制御できることが研究により示されています。 これらのプログラムはアスリートの傷害発生率を直接低下させることが知られています。 さらに、INTプログラムの実施と前十字靭帯(ACL)傷害の減少には、年齢に関連した相関関係が存在することが証明されており、この関係は、神経系において思春期の影響が軽減されうることを示しています。 …

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

股関節と腹筋群 股関節と障害 いくつかの股関節関連の傷害、例えば、腰痛や股関節屈曲筋、ハムストリングスおよび鼠径部の挫傷、腹部ヘルニアなどは、多くの場合、骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられます。 アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になります。 このような筋のアンバランスや筋力不足を修正する最善の方法は、短縮した構造の伸張と可動化を行…

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

胸椎の可動性 胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility) 通常、腰椎の過度の可動性には問題(コアの不安定性)があるとみなされていますが、適切な胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠になります。 TSMの制限と肩のインピンジメントは、特に肥満の人において、慢性腰痛と関連づけられてきました。 TSMに取り組む間、胸部の伸展と回旋に対して、大きな関心を払うべきであり、大多数の現代人…

熱と水分補給と労作性熱痙攣(運動誘発性の筋疲労、体内の水分の損失、発汗によるナトリウムの多大な損失の3つの素因が筋痙攣にて観察される)

…動後に起こる骨格筋の疼痛性痙攣と定義されます。 熱痙攣の病因に関しては諸説ありますが、通常、以下の3つの素因が観察されます。 運動誘発性の筋疲労 体内の水分の損失 発汗によるナトリウムの多大な損失 www.nakajimabonesetter.com 汗に含まれる塩分(塩化ナトリウム:NaCl) 高温多湿の気候では、1時間あたり2.5~3.5㍑の汗を失う選手も多くはないものの存在します。 この場合、2~3時間のトレーニングや試合中に、重大な体内水分の損失が発生する可能性があり…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

筋疲労 筋疲労とは 筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。 したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。 疲労はスポーツ課題を実行中の神経筋コントロールの変化と下肢の動的な関節安定性の低下に関連します。 さらに、疲労はコーディネーションの低下、固有感覚の変化、膝や股関節の屈曲の減少など、下肢のバイオメカニクスの変化、膝の動的外反、地面反力の増加、関節が安定するまでの時間の増加などとも関連があります。 www…

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

前十字靭帯と外反モーション 女子アスリートと外反モーション Malinzaらは、女子アスリートはすべてのカッティング課題中に一貫して外反モーションを示し、これはランニング動作に関しても同じであることを見出しました。 また、女子アスリートが男子よりも外反モーションを示す傾向は、男女差のある身長などの因子とは無関係に一貫していました。 例えば、身長に関して数値を正規化しても、女子バスケットボール選手は男子と比べて、着地中に有意に多くの外反モーションを示す傾向にありました。 しかし…

若年アスリートにおける傷害予防(アスリートに固有の神経筋の欠陥を確認し、 確認された欠陥に関連づけられる神経筋コントロールとコーディネーションを改善する生理学的適応の促進に目標を定めたエクササイズを取り入れる必要がある)

現代の若年アスリートと傷害 傷害予防における最適な運動メカニズムとスキルの習得 現代の若年アスリートたちは、長期的な傷害抵抗性にかかわる最適な運動メカニズムとスキルを身につけることよりも、むしろある特定の集団スポーツの試合に勝利することを重視する傾向がありにます。 INTは傷害予防トレーニングに重点を置きますが、トレーニングによる身体適応は、競技パフォーマンスのスキルや能力向上の要因でもあります。 INT導入は、青少年アスリートにとって多くの場合、傷害予防というよりもパフォー…

睡眠不足と競技パフォーマンス(睡眠不足のアスリートにしばしば観察される現象として、認知パフォーマンスや運動パフォーマンスの低下、反応時間の遅延、気分の状態/情緒の不安定化が挙げられる)

睡眠 睡眠不足とアスリート 睡眠不足のアスリートにしばしば観察される現象として、認知パフォーマンスや運動パフォーマンスの低下、反応時間の遅延、気分の状態/情緒の不安定化が挙げられます。 また、代謝および免疫過程も負の影響を受けることが報告されています。 睡眠の質の低下は、特にトレーニングの高負荷期や試合期においては、アンダーリカバリー(回復不足)の指標であり、オーバーリーチングの初期兆候になります。 したがって、コーチはアスリートの睡眠の質を監視して、ストレス/疲労状態の程度…

子どものジャンプパフォーマンス(思春期前の子どもは、反動作中にかがみ込む深さに違いがみられること、離地の際に(重心線に対して)より後方に傾いた姿勢をとることに、このような違いは、かがむ際に可動域(ROM)が制限されている)

子供のジャンプパフォーマンスの向上 予備伸張の増強作用によるパフォーマンスの向上 これまでの研究にて言及された予備伸張の増強作用によるパフォーマンスの向上は、主に成人を対象とした調査から得られています。 青少年、とくに思春期と思春期前の若者は、筋/腱の反射の発達に関してまだ十分な成熟レベルに達していないため、同レベルの増強作用は見込めないとされています。 www.nakajimabonesetter.com

スポーツ傷害と動的安定性(多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こる)

スポーツ傷害とバランス能力 スポーツ傷害とバランス能力 多くのスポーツ関連傷害は、アスリートがジャンプのような動的活動中にバランスを失ったときに起こります。 発表されている複数の調査から、バランストレーニングによる介入を通して、傷害と傷害リスク因子が減少したこと、また競技パフォーマンスが向上したことが明らかになっています。 したがって、成長期に固有感覚の強固な基礎を築くことは、競技選手としての長期的な成功と健康の促進にきわめて重要になります。 www.nakajimabone…

サッカーにおける間欠的運動能力(サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われるが、 勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になる)

サッカーの試合におけるエネルギー需要 間欠的運動能力 サッカー選手は、1試合(90分間)を通して9~12km程度の距離を移動しますが、試合時間の70%以上はウォーキングやジョギング、あるいは静止に費やされ、それらを休息としながらスプリントやジャンプなどの高強度運動が繰り返されます。 したがって、サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われます。 しかし、サッカーで勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高…

殿筋の活性化低下(殿筋の活性低下はACL断裂と同時に発生する膝蓋大腿疼痛症候群のリスク因子であるとされている)

…時に発生する膝蓋大腿疼痛症候群のリスク因子であるとされています。 研究によると、殿筋の活性低下と大腿四頭筋の活性増加は、片脚で着地する際、男性に比べ女性で多く見られ、これが非接触型ACL傷害を女性が起こしやすい重要な要因になっているとされています。 殿筋の活性化と疲労状態の関係に関するデータは限らていますが、Patrekは片脚での着地中に疲労が生じた際も中殿筋の活性化は低下しなかったことを観察していますが、プロトコル後には中殿筋の活性化が遅れています。 この点に関連して、また…

機能的テストを利用した体幹の脆弱性(体幹の機能が低下していれば、胴体の側屈や股関節の内転・内旋・膝外反が確認でき、大殿筋や中殿筋の機能低下は、ランジの際に下肢のポジションを制御不能にする主な原因になる)

腰部疾患と体幹(コア) 米国人の約80%が腰痛に悩まされているという報告があり、腰部の障害に伴う痛みが身体に障害を引き起こし、身体機能に影響を及ぼすこともあります。 アスリートが腰痛で6~8週間以上も試合に出られなくなれば、本人だけではなく、チーム成績にも多大な影響を及ぼします。 腰部障害のリスクを減らすために、スポーツ医学の専門家らは、体幹(コア)の障害を特定する目的で、シーズン前にアスリートの機能的テストを行うことを推奨しています。 これにより、矯正しなければ、腰部障害に…