Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

疼痛 の検索結果:

野球における上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…、さらに内側の関節の疼痛をもたらします。 上腕筋と円回内筋 肘関節の屈曲/回内に関わる筋群には、円回内筋、橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、長指屈筋、長掌筋などがあり、これらの筋群は内側上顆に起始し、スポーツにおける手関節の屈曲、反復活動やオーバーユースなどにより、この部分の炎症が起こります。 さらに、上腕筋と円回内筋は、肘関節の主要な安定筋であり、これらの筋組織の脆弱性、疲労が傷害につながる可能性もあります。 診断 内側上顆炎の特徴は、内側上顆および内側上顆から約1cm遠位前部に…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

…0秒 90秒~5分 疼痛後の伸張性エクササイズの利点 疼痛が沈静化したら、伸張性筋活動に重点を置くエクササイズを開始する必要がありますが、その際、負荷は大きく、レップ数を少なく抑えます。 伸張性エクササイズは、近年、腱の傷害の施術に広く取り入れられるようになりましたが、それは、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション(機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス)の効果があるためです。 その他の伸張性トレーニングの利点として、腱量…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

…、肩手術後においても疼痛レベルの低下および、機能の改善と相関しています。 ROMの低下は、外科手術、筋の代償作用、靭帯の拘縮また断裂、疼痛などが原因となり起こります。 肩の内旋 肩の可動性において焦点となるのが、内旋のROMであり、ROMの低下はインピンジメント症候群および上方関節唇損傷の発症リスク増大に関連しているとされています。 内旋ROMが低下した状態は「肩甲上腕関節内旋制限(GIRD)」と呼ばれ、通常はローテーターカフ後部における筋の緊張と、後下関節靭帯の緊張によって…

市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌の徴候と症状(病変部の熱感と発赤は、感染による血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌により起こる)

…、熱感、発赤、腫脹、疼痛、および機能障害になります。 病変部の熱感は、感染による血流増加と代謝率の上昇によるもので、感染が疑われる部位の発赤は、同じく血流増加と代謝率の上昇に加え、外傷に伴うヒスタミンの分泌によって起こります。 腫脹は、炎症伝達物質が周辺組織に放出されることで起こります。 疼痛は、周辺の軟部組織と神経受容体への機械的刺激または化学的刺激によって生じます。 組織の損傷はさらに機能障害、すなわち関節可動域の損失、組織柔軟性の損失、および組織量の減少を引き起こすこと…

エナジードリンクと競技パフォーマンス(Red Bullは、注意力を向上させることにより、選択的反応時間や集中力や記憶力を向上、認知的パフォーマンスを改善させる)

栄養ドリンクが競技能力を向上させるのはなぜか? 栄養ドリンクは、ワークアウトの質や競技パフォーマンスを向上させる目的で、エクササイズの前や試合前の栄養補給として利用されることが多く、カフェインは長年にわたり運動能力増強物質として利用されています。 しかし、カフェインが効果が認められているのは、持久系競技においてになり、持久系競技においては、疲労までの時間が延長されることが報告されています。 このような疲労の遅延は、脂肪酸化を増加させ、それにより筋グリコーゲン濃度を保つことで、…

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

…肩の外転動作における疼痛や筋力低下が生じます。 ローテーターカフの疾患(野球肩)には、腱障害、インピンジメント症候群、および様々な程度の筋/腱断裂が含まれます。 www.nakajimabonesetter.com 腱障害 腱障害は、特にローテーターカフ筋群にストレスをかけるポジションでの上肢のオーバーユースに関連して生じます。 急性の腱障害は、休息とアイシングにより改善します。 インピンジメント症候群 インピンジメント症候群はいくつかのタイプに分けられます。 一次的インピン…

ランニングにおいて鉛直方向の力発揮(離地前に身体の前進速度を増大させる推進力があれば、着地時に身体の速度を低下させるブレーキ力は容易に相殺されると考えられている)

重力に抵抗して発揮される力を増大させるには 一定速度でのランニングにおいては、打ち勝つべき水平方向の抵抗はほとんどないかゼロであり、離地前に身体の前進速度を増大させる推進力があれば、着地時に身体の速度を低下させるブレーキ力は容易に相殺されると考えられています。 また重力に打ち勝つ必要上、補助を必要とするのはストライドの鉛直成分のほうになります。 したがって、重力に抵抗して発揮される力を増大させれば離地時の鉛直速度が増大し、その結果、走速度の向上が得られると予想されます。 ww…

野球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

…積されたストレスは、疼痛や機能不全の症状を呈することのない、筋および骨の別の症状をもたらす場合があります。 スポーツ参加中に急性または慢性の特徴を有する傷害を確認し、モニタリングするためには、シーズン中を通じて頻繁な肘関節のスクリーニングを行うことが推奨されています。 www.nakajimabonesetter.com 肘関節におけるスクリーニング スクリーニングには、肘関節組織の構造と機能に関する視診と触診、肘関節可動域の測定評価、さらに安定性を評価するための徒手筋力テス…

レジスタンストレーニングと肩の傷害(エクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている)

…などのエクササイズが疼痛を起こすエクササイズとして特定されています。 1978年から1998年までにおけるRTの傷害傾向を研究したレビューにより報告されていますが、傷害発生率は過去20年間に35%増加し、そのうちフリーウェイトの不適切な使用が原因の傷害が高い割合を占め、マシンの使用を上回っていることが明らかになっています。 著者は、傷害の約25%がRT器機の誤用あるいは汎用により発生してたと推定しました。 さらに、性別による比較からは、男性のほうが女性よりも受傷率が高く、報告…

レジスタンストレーニングにおける肩関節不安定症と脱臼(肩はハイファイブポジションで関節が外れることが多く、ハイファイブポジションが必要なエクササイズにおいて重い負荷を用いることにより、肩関節の脱臼を起こしやすくなる可能性がある)

…ジションをとるときの疼痛を報告しています。 被験者の間で共通の臨床的所見は、腕を体幹の後部まで伸展する「ハイファイブ」ポジションが要求されるエクササイズで行った結果あると報告しています。 www.nakajimabonesetter.com 急性、慢性の肩関節傷害 Reevesらは、RTに起因する急性および慢性の傷害を検討し、ベンチプレスやチェストフライ中に体幹を超えて肩を後方へ伸展させることが、肩前部の不安定症の原因になると示唆しています。 さらにビハインドネック・ラットプ…

線維筋痛症とトレーニング(8週間の有酸素性ウォーキングプログラム{最大心拍数の60~70%で20~30分間など}と、フリーウェイトとマシンを用いたレジスタンストレーニングプログラムで症状、圧痛点の数、体力、心理状態、生活の質を改善がみられた)

レジスタンストレーニングの有効性 レジスタンストレーニングの有効性を支持するエビデンスは、有酸素性トレーニングと同程度に存在します。 Bircanらは、30名の女性を対象として、8週間の有酸素性ウォーキングプログラム(最大心拍数の60~70%で20~30分間など)と、フリーウェイトとマシンを用いた上半身および下半身に対する漸進的レジスタンストレーニングプログラム(30分間で4~12レップ)を比較しました。 その結果、有酸素性ウォーキングもレジスタンストレーニングも、症状、圧痛…

睡眠と競技パフォーマンス(深い睡眠中に分泌される成長ホルモンとアンドロゲンは、筋の修復、筋形成、骨の成長、脂質の酸化促進などに欠かせない)

睡眠不足 睡眠不足はアスリートの間で珍しくないと考えられています。 回復および試合のパフォーマンスを最適化する際に、睡眠の持続時間と質がしばしば無視されています。 睡眠不足は翌日のトレーニング強度や試合のパフォーマンスを阻害するために、睡眠に関する教育がこれまで以上に必要であることが示唆されています。 この観点から、就寝時の対策や睡眠のタイミング、時間などいくつかの助言により改善できます。 www.nakajimabonesetter.com 睡眠とパフォーマンス 睡眠中は、…

競技パフォーマンスと睡眠(睡眠は認知的、生理学的課題の両方に含まれる疲労誘発事象からの大きな回復に寄与する有効な対策であり、オーバートレーニングの回避においても影響因子のひとつになる)

競技パフォーマンスと睡眠 アスリートの回復プロセスに対する睡眠の意味を考えると、睡眠はトレーニングの質に影響を及ぼす大きな因子になります。 高強度のトレーニングの場合、アスリートは睡眠パターンの乱れを取り巻く複数のリスク因子にさらされます。 それらは、固有の身体的負担、徹底的なトレーニングスケジュールの順守、さらに試合がもたらすプレッシャーなどが挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

…ウスが異なるタイプの疼痛性刺激を回避する速さを測定することによって、HCN2遺伝子の欠失により神経因性疼痛が消えることを結論づけました。 ただし、HCN2の欠失が、通常の急性痛、例えば突然自分の舌を噛んだときなどに生じる痛みには影響しないことを、同研究者らは明らかにした。 www.nakajimabonesetter.com 「絶え間ない痛み」 慢性痛は主に2種類に分けられ、熱傷または関節炎などの持続性の神経損傷によって神経終末部が極めて敏感になり、痛みの感覚が増す場合、これ…

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法{RWL}が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

急速減量法が引き起こす徴候や症状 急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になります。 パーソナルトレーナーは、セッションごと、または週ごとに体重が急激に変動していないかモニタリングして見極め必要があります。 また、通常とは異なる行動がみられ、RWL法が実行されている可能性がある場合、トレーナーは自らの免責とクライアントの記録のために、それらの行動を文章に記録します。 クライアントはただ不適…

女子アスリートの競技特化リスクとは(ひとつの競技種目に特化した練習やトレーニングは、オーバーユース障害と燃え尽き症候群のリスクを高める可能性がある)

…種目の特化と膝蓋大腿疼痛との間に相関が認められ、この割合を膝前部痛の他の原因(膝蓋腱炎、骨端炎など)についてみると、1種目への参加を報告した女子との差はさらに広がり、4倍にも達します。 Myerらも、膝蓋大腿疼痛の有病率が女性アスリート100名あたり16.3名であることを明らかしました。 これらの症状のあるアスリートは将来的にACLの損傷リスクが高いことを示唆するエビデンスがあるため、膝蓋大腿疼痛を有する女性アスリートはいっそう深刻になります。 www.nakajimabon…

レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

レジスタンストレーニングと肩関節傷害 レジスタンストレーニングプログラムは、予防目的のプログラムとは反対に、パフォーマンスの向上を目的に作成されることが多いため、競技選手にもレクリエーションレベルの参加者も傷害の危険にさらされます。 エクササイズのテクニックに対する不注意、偏ったエクササイズの選択、比較的よく行われるエクササイズにおける肩の悪影響のあるポジションなどが、重いウェイトを繰り返し挙上するエクササイズの反復特性と合わさることにより、傷害の危険性が高まります。 www…

オメガ3脂肪酸摂取のメリット(オメガ3脂肪酸の摂取が炎症マーカーを低下させ、運動中の血流を最大36%増大させる)

…に、筋力パラメータ、疼痛、腕囲および弛緩時の肘角度を測定、また、筋損傷の指標であるコルチゾール、CK、IL-6、TNF-α、マロンジアルデヒドおよび血清鉄についても測定されました。 その結果、運動の48時間後に、弛緩時の肘角度および筋力に有意な減少がみられました。 また、別の研究では、健康な非鍛錬者の男性40名(18~35歳)に14日間、ミックストコフェロールを300mg、フラボノイドを800mgおよびDHAを300mg含有する製品(n=20)またはプラセボ(n=20)を摂取…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

肩前部の不安定性や疼痛を予防する 腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっています。 したがって、これらのエクササイズは、肩とローテーターカフの脆弱性から生じる筋組織のアンバランスを緩和するために有益であるとされています。 次に、不適切なエクササイズの選択(外因性リスク)と肩の機能障害との関連性を認識することは、傷害パターンを避け、傷害を予防する可能性があります。 ベンチプレスで可動域末端での運動…

レジスタンストレーニングに起因する肩関節複合体の傷害(疫学的報告によると、肩関節複合体は主要な負傷部位であり、その羅患率は22~36%に及ぶ)

… 最も多く確認された疼痛の部位は、上腕二頭筋長頭(肩の起始部分)と棘上筋の筋組織になりました。 骨組織の核医学的検査を実施した12名のアマチュアウェイトリフティング選手をサンプルとして傷害パターンを調査した研究では、サンプルは、主にスポーツ活動のための筋力増大を図る補助的方法としてRTに参加した被験者で構成されていました。 この調査結果からは、大多数の傷害が肩の領域で置きたこと、そしてその主な患部は上腕二頭筋長頭とローテーターカフの腱であったことが明らかになりました。 またC…

運動とうつ(身体的、精神的健康とは独立して、身体活動量の増加とうつ症状の軽減の間に明確な関係が存在することが示唆されている)

運動習慣とうつ症状 最近の大規模なBrownらの運動習慣とうつ症状との関係性を明らかにした報告によると、1996年から2001年までの中年女性の横断的データを検証し、被験者の歩行、中強度、高強度の運動時間とうつ評価指標であるCESD-10と精神健康指標MHの調査を3回(S1.1996年、S2.1998年、S3.2001年)実施し、社会地理的、健康関連要因を統計的に補正して、過去(S1,S2)、現在(S3)、習慣的(S1,S2,S3)身体活動量と”うつ症状”との関連性を9,20…

炎症と慢性疾患(急性傷害や感染症に対する通常の反応よりも低いレベルで、慢性的に炎症反応が活性化している状態は、いくつかの慢性疾患の経過に直接影響を及ぼす)

炎症反応 炎症は免疫系のきわめて重要な機能になります。 炎症について考える際、最も思い浮かべるのは、切り傷や打ち身などの傷害と炎症との関係です。 このような炎症の場合、組織の損傷が修復され治癒するように、傷害を負った部分に動員される多数の免疫細胞を増加させる役割を果たします。 このような場合は、あくまでも急性で短期間の現象であり、同時に、健康的な反応でもあります。 炎症 炎症は、「損傷あるいは感染に対する組織の局所的な反応」と定義されます。 炎症反応を引き起こす刺激は抗原、バ…

免疫機能とオーバートレーニング症候群(人の免疫系は、複雑なシステムで、先天的防御{非特異的免疫}と適応防御{特異的免疫}という2つの主要な免疫系で成り立っている)

…症とは、腫脹、発赤、疼痛などを伴う体液の貯留と説明できますが、これらはマクロファージ(大食細胞)、サイトカイン、ケモカインなどの活性化した免疫細胞によって生じます。 通常、高強度エクササイズ、特に相当強度の筋の損傷を引き起こすエクササイズを行うと炎症反応が起こります。 したがって、免疫系と炎症は複雑に関連しています。 www.nakajimabonesetter.com 免疫と炎症 コーチとアスリートが体系的なトレーニングと効果的な回復の実施によりパフォーマンスの向上を促進し…

線維筋痛症の薬理学介入の理解(エクササイズプログラムを計画する際は、投薬の相互作用に留意する理由として、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり{筋弛緩薬など}、疼痛レベルを隠したり{鎮痛薬など}、服用者を不活溌にする{鎮静薬など}可能性がある)

…への対処に用いられ、疼痛の軽減と機能の向上を目的とします。 線維筋痛症の施術でよく用いられる薬は、鎮痛薬、オピオイド、抗うつ薬、鎮静薬、筋弛緩薬になります。 エクササイズプログラムを計画する際は、投薬と身体活動の相互作用に留意する必要があり、薬によっては、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり(筋弛緩薬など)、疼痛レベルを隠したり(鎮痛薬など)、服用者を不活溌にする(鎮静薬など)可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 線維筋痛症によく用いられる…

青少年の線維筋痛症における神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し{ストライド長の短縮}、バイオメカニクス的機能が低下する{下肢の筋力と姿勢制御の低下}傾向にある)

…ササイズによる受傷や疼痛悪化を起こしやすいと考えられています。 例えば、若年性突発性関節炎のお客は、対照群に比べてデプスジャンプの着地に変化がみられますが、このようなバイオメカニクス的機能の低下は、障害悪化の予測因子であることが明らかになっています。 さらに、線維筋痛症を有する青少年は、活動的な青少年と比べて、膝関節伸展、膝関節屈曲、および股関節外転の筋力と動的安定性が低いという結果がでています。 したがって、慢性疼痛を有する線維筋痛症のクライアントに適した介入をデザインする…

青少年の慢性疼痛施術に修正した神経筋トレーニングを役立てることは可能か?(慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義される)

…の多くは、身体活動で疼痛が再燃する苦痛や不安のために、非活動的な生活を送っています。 慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義され、お客数はアメリカで推定約1億人にのぼるにもかかわらず、見過ごされている公衆衛生問題になります。 慢性疼痛の有病率は、心疾患、糖尿病、がんを合わせたもより多く、その施術費は毎年6,350億ドルの経済的負担となっています。 慢性疼痛に苦しんでいるのは、成人に限らず、子どもや思春期の若者の間でも有病率は20~30…

線維筋痛症と有酸素性エクササイズ(中枢神経系の処理障害であり、上行性または下行性の神経経路の操作に異常が発生し、痛覚の増幅が生じている)

…、そのアンバランスが疼痛知覚の高まりを伴うと考えられています。 すなわち、線維筋痛症は中枢神経系の処理障害であり、上行性または下行性の神経経路の操作に異常が発生し、それによって痛覚の増幅が生じているとされています。 そのために、刺激に対する感受性の高まり、つまり異痛症と、疼痛性刺激に対する反応の高まり、すなわち痛覚過敏症が発生すると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性エクササイズと線維筋痛症 これまでの研究によると、有酸素性エクサ…

6月30日

6月も最後です。 6月もあっという間に過ぎていきました。 6月の記録として… インディバ 施術ではインディバを使用しています。 チューブ 施術後は自宅でも出来るストレッチやトレーニングを。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング風景 パーソナルトレーニングの風景 練習風景 仕事終わりに練習をしている風景 ソーシャルディスタンス 身体のことでお悩みの方、お問い合わせお待ちしております。 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

カフェイン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される可能性がある)

…肉痛の特徴は、炎症、疼痛、腫脹、圧痛/硬直およびクレアチニンキナーゼ(CK)や乳酸脱水素酵素(LDH)などの筋損傷マーカーの上昇になります。 圧痛や炎症の緩和には、休息、マッサージ、積極的回復、フォームローラー、アイスバス、ストレッチ、そして栄養摂取になります。 www.nakajimabonesetter.com アスリートへの有益な痛みと炎症の回復を助ける機能的食品および飲料 圧痛、炎症、および回復 糖質-プロテイン飲料 糖質とプロテインを4:1 糖質=様々な糖類 プロテ…

急性外傷受傷後の適切な処置RICE(皮膚温が10~15℃まで下がると、代謝は低下し、神経伝達が抑制されるために局所的な麻酔効果も期待でき、弾性ラップによる圧迫が皮膚温や深部温をより効果的に低下させる)

アイシング(Icing)の基本 アイシングの基本は、氷嚢やビニール袋に氷と水を入れたアイスパックでの患部冷却になります。 これは、0°程度の氷(溶けかかった氷)が最も熱を奪うのに適しているからです。 アイシングを行う際に、冷たいからといって皮膚とアイスパックの間にガーゼやタオルを当てる光景をよく見かけますが、乾いたタオルを当ててアイシングをした場合と、皮膚に直接アイシングをした場合とでは10℃以上も組織の温度変化が異なるとされ、組織温度を十分に下げることができず、アイシング効…