Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

痛み の検索結果:

スプリントの支持期におけるGSACの複数の重要特性を示している(大きな垂直推進は身体が描く正弦曲線に負の影響を及ぼして、遊脚期を引き伸ばす可能性がある)

腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱複合体:GSCA スプリントの支持期にはGSAC(腓腹筋・ヒラメ筋・アキレス腱複合体)の複数の重要特性を示しています。 第一に、支持期初期の大きな伸張性筋活動は、重心の負の垂直変位を防ぐことにおいて主たる働きをしています。 負の垂直変位が大きい短距離走者は接地時間が長く、姿勢を戻すためにより大きな努力を必要とするため、パフォーマンスが低下します。 第二に、より重要なことは、GSACの短縮性筋活動は支持期後期では均衡を保っていますが、ごくわずかか、あ…

関節リウマチにおけるストレッチングと筋膜リリース(筋長と対称性を復活させ、関節可動域を広げ、関節リウマチのクライアントの痛みとこわばりと軽減する可能性があるとされている)

…した関節の可動域は、痛みやこわばり、腫脹、骨の変形などにより制限されている可能性があります。 病変により、関節は弱く不安定になっており、不安定な関節を過伸展することの内容に細心の注意を払う必要があります。 発表されている論文は、手のリハビリテーション介入としてのストレッチに的を絞った研究で、ストレッチに的を絞った研究は非常に少ないです。 著者はアメリカスポーツ医学会(ACSM)のガイドラインを推奨しています。 ACSMは、主要筋群に対する中強度の運動(10ポイントスケールで5…

野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる)

…コア3点は、その動作痛みなしで、代償運動を用いずに、定められた基準に則って実行したことを示します。 スコア2点は、その動作を痛みなしで、しかしいくらかの代償運動を用いて実行したことを示します。 スコア1点は、代償運動を用いても動作を実行できなかったことを示します。 スコア0点は、アスリートが動作のどこかで痛みを感じたことを示します。 7種の基本動的動作テストすべてで満点を取ると、スコアは計21点となります。 FMSと若年アスリート FMSは、スローイングやさらに高度なスキルで…

人工逆肩関節手術法と意義(肩関節内の回転の中心をより内側に寄せることになり、遠心的に三角筋の活動を増加させ、上腕を頭上に挙上できるまでに機能を改善する)

…ず、rTSAは劇的に痛みを軽減し機能を高めること、特に可動域の改善や痛みの軽減など、肩関節の機能測定値の向上をもたらすことが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 人工逆肩関節置換術の目的 rTSAの目的は、傷害のある肩関節の表面を人工装具に置換する際、より良い関節の機能を実現するために、肩関節本来のバイオメカニクスを逆にすることにあります。 通常、人工肩関節置換術(TSA)とrTSAの明らかな違いは、凸状の上腕骨頭の代わりに凹型の部品を用いる…

関節リウマチと有酸素運動(身体活動の代謝コストは、関節のこわばり、機能障害{歩行異常など}のために増加する可能性がある)

…動のための教育には、痛みの出るエクササイズの回避、関節を保護する活動、適切な身体メカニクス、エクササイズの安全な様式などを含める必要があります。 エクササイズの様式や種類は、障害を起こしている関節の位置と重症度によって決定しなければなりません。 潜在的不快症状を防ぐことのできる様式(水中療法など)からも有益とされています。 さらに、関節リウマチのクライアントが疾患から受けている心理的な影響を認識する必要もあります。 関節リウマチのクライアントは程度こそ異なりますが、抑うつ、質…

野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編(シーズン前のコンディショニングの重要性)

…る。 もし関節に痛みを感ずるものは幾度か熱いタオルを持って罨法するがよい。」 今の言葉で言えば「練習後はアイシングを行い、風呂に入って、その後ストレッチやマッサージを行うと効果的であり、関節が痛いときは関節を冷やさないよう暖め、サポーター等をしましょう。」とされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編 新版 「野球医学」の教科書 《The Baseball Medicine》作者:馬見塚 尚孝ベ…

関節リウマチ(関節リウマチは、関節包の内膜が侵される、慢性の全身性多関節炎症性疾患とされている)

…関節リウマチは関節の痛み、こわばり、腫れが生じ、関節の動きが制限される慢性疾患になります。 関節リウマチは、身体に漸進的に影響を及ぼす特発性(原因不明)自己免疫疾患に分類されてきました。 疾病プロセスは異常な自己免疫疾患によって引き起こされ、その結果、身体は自分自身の健全な組織を攻撃します。 現在の理論は、発症の引き金となるいくつかの事象を指摘しており、例えば、遺伝的に影響されやすい素因のある人が感染症にかかると、関節を攻撃する免疫反応が起こり、この反応によって、直接的、また…

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

… 屈筋を収縮させると痛みが生じ、肘の可動性が制限される場合もあります。 LLEの重症度は様々であり、休息とリハビリテーションによって改善する場合もある一方、外科的介入を必要とするアスリートもいることを複数の報告が示唆しています。 オーバーユースとLLE 1960年にBrogdon and CrowがLLEにおける最初の記述を発表して以来、多くの危険因子が調査されてきました。 そのうちいくつかは、LLE発症の主要な危険因子はオーバーユースであると特定されています。 「オーバーユ…

腰部痛を予防するには(普段から腰部と臀部の筋構造の強化に一層の注意を払い、股関節とハムストリングスの柔軟性を改善に取り組むことが重要になる)

腰部痛と臀部の筋構造 一般的に、すべてのアスリートは、普段から腰部と臀部の筋構造の強化に一層の注意を払い、股関節とハムストリングスの柔軟性を改善に取り組むことが重要になります。 特に、スクワット動作にの最終局面において、適切な脊椎の前弯を保持し、骨盤を前後に極端に傾けることなく、ニュートラルな骨盤のポジションをどのように保持すべきかがポイントになります。 www.nakajimabonesetter.com

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

…標とし、軽めの負荷と痛みのない関節可動域で行い、このような漸進は、負荷を次第に増加させることに役立ち、知覚、固有感覚、運動パターンの再教育を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズモデル エクササイズは、漸進的な負荷モデルを採用し、手関節屈筋群と肩関節の全体的な強化に重点を置きます。 漸進モデルには、第一段階の日ごとに漸進を調節するレジスタンスエクササイズから、上肢の筋群の競技特異的フィットネスへの回復を目的とする、第三段階の伝統的な…

投手の投球障害予防を考える(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引{高力橈骨小頭接触}、および後部内側剪断{骨棘形成}を制御する)

…させる。 投球が肘の痛みを訴えた場合は、スポーツ専門医の診察を受けさせる。 青少年の投手に対しては、野球や野球以外のスポーツに楽しく参加するように動機付ける。 様々な運動に楽しく参加することにより、青少年のスポーツに対する情熱や関心を高める。 上記の表は少年野球の投手における肘関節の傷害予防のために、現在推奨されているガイドラインの要約になります。 その中心は球種と投球頻度および投球数のの管理になります。 肩と肘の強化は特に取り上げられていませんが、投球腕の健康的な機能にとっ…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるクライアントでは、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

…肩峰突起(肩の先)の痛みとオーバーヘッド動作の可動性の減少は、合併症が疑われるため、医師の再度の診断が必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 肩の能動的な外旋を行う能力 rTSA後のクライアントに対し特に考慮にいれるべき重要な要素は、肩の能動的な外旋を行う能力が非常に制限されているか、皆無であるという点になります。 これらのクライアントでは、棘下筋が必ず損傷しているという事実に起因しますが、小円筋が損傷していない場合でも、退行性変化を起こしてい…

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

…多数は、数年来の肩の痛みと動作の限界に耐えてきたという事実を認識することも事実になります。 rTSAを必要としている肩の慢性症状は、肩と首とに関連する多数の弱点をもたらし、このようなクライアントは、肩甲骨周囲の筋組織が脆弱で関節全体の硬さによりメカニクスも衰えている可能性が高くなっています。 www.nakajimabonesetter.com 柔軟性エクササイズ 柔軟性は、rTSAを受けたクライアントのためのS&Cプログラムを作成する際に考慮すべき重要な要素となっています。…

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントのために考案された複雑な手術法である)

…関節疾患により、肩の痛みや障害を訴えるクライアントのための有効な外科的選択肢になります。 実際、肩関節は、膝関節と股関節に次いで3番目に関節置換術が必要な部位になります。 アメリカで毎年行われる肩関節全置換術は、2000年から2008年までに18,621件から46,951件に激増し、2020年までに10万件に達すると予想されています。 従来の肩関節全置換術(TSA:Total Shoulder Arthroplasty)は、変形性肩関節のあるクライアントに望ましいとされていま…

両側膝関節置換術を受けたクライアントの特徴(片側処置を受けたクライアントに対して、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性がある)

…法が適応しない場合、痛みを和らげ、生活の質を向上させうる膝関節置換術には様々なタイプがあり、今日、非常に多く実施されているのは、片側膝関節置換術(UTKR)になります。 手術後の早い段階では両側処置を受けたクライアントは片側処置を受けたクライアントに対して、同等の機能的転帰を獲得する時期が遅れる可能性があります。 両側膝関節置換術を受けたクライアントは、時間の経過とともに、UTKRを受けたクライアントと同等の身体的機能を獲得することが期待されます。 UTKRを受けたクライアン…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

…囲筋群の強化であり、痛みのない方法で肩をより大きく機能的に動かすことを可能にします。 関節の機能的な可動域 最終段階である第4段階は、術後4ヶ月を経過してからとなり、この段階では、クライアントは肩の能動的な可動域が広がり、機能的な活動を肩の痛みがなく行えるまでに回復しているはずであり、クライアントはまた、継続的な家庭でエクササイズプログラムの重要性を理解し、それらのエクササイズを正しいフォームで、痛みのない方法で遂行できる必要があります。 通常、無期限に、常に守るべき注意点と…

膝関節置換術のタイプ(患側の膝を金属、プラスチック、チタン合金などのコンポーネントに置き換える膝関節全置換術:TKRと単顆膝関節置換術が主となる)

…どの保存療法によって痛みが最小化されない際に外科的介入があります。 膝関節置換術を受けたクライアントは動作性の低下を示し、重労作の家事、腰をかがめること、階段昇降、トイレや椅子のの立ち座りなどの活動を行うことが困難になります。 リハビリテーション、フォローアップエクササイズの介入を提供して、最善の機能的転機を促すことが極めて重要になり、機能的転機が最善化されれば、膝関節置換術を受ける多くのクライアントが安全で自立した日常生活を送れるようになります。 膝関節置換術のタイプ 従来…

膝置換術処置による機能的転帰に関する差異(単顆膝関節置換術と片側膝関節置換術では非術脚に対して患側の大腿四頭筋の筋力低下の改善が重要になる)

…ービスからの退院時の痛みのレベルが同じであることを報告しました。 また、UTKRクライアントは退院時に、両側処置を受けたクライアントの2倍以上の距離を歩くことも報告しています。 同様の結果はShettyらも報告しており、彼らは、同時的両側処置を受けたクライアントとでは、苦痛レベルが同等であることを確認しました。 また、同時的両側処置を受けたクライアント群においては、歩行能力が遅れをとることも示しました。 Marchらの研究 別の研究において、Marchらは、両側膝関節置換術を…

膝関節置換術後の水中レジスタンストレーニングと高強度機能的リハビリテーション(膝関節のスティフネスが減少し、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加する)

…しましたが、主観的な痛み、膝関節のスティフネスおよび身体機能に関しては両群ともに差異は認められませんでした。 しかし、水中プログラムによる実験群は対照群と比較すると、ふたつの時限性動作テストにおいて有意に速くなり、驚くべきことは、介入終了後に術肢において、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加したことです。 水を抵抗とする水中エクササイズプログラムは、膝関節置換術(TKR)を受けたクライアントのリハビリテーションに利用可能なもうひとつの戦略であると考えられています。…

インピンジメント症候群を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…Cを行うと「肩関節に痛みを感じる」とアスリートやお客は訴えることがあり、この痛みは、肩峰下腔の狭小化によって生じる機械的圧迫とインピンジメントに起因すると考えられます。 ECに伴う痛みへの懸念から、研究者はECには、内旋ではなく「外旋」の状態で腕を挙上する修正エクササイズを提案し、これを「フルカン(Full Can:FC)エクササイズ」といいます。 「フルカン(Full Can:FC)」 FCは、肩甲骨を外旋させながら、腕を肩甲平面上90°外転させる動作をいいます。 FCは棘…

レジスタンストレーニングと肩の傷害(エクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている)

…ササイズテクニック、痛みをもたらさない負荷などの原則が守られなかった場合に、傷害のリスクが増大すると報告しています。 Hauptらは、RTに関連した、よくみられる上肢の傷害について論じ、肩の傷害リスクを高める可能性のあるエクササイズとして、ベンチプレス、パラレルディップ、ビハインドネック・ミリタリープレス、インクライン・ベンチプレス、ビハインドネック・プルダウン、バックスクワット、ダンベル・チェストフライ、バイセップスカールを挙げました。 www.nakajimabonese…

レジスタンストレーニングにおける肩関節不安定症と脱臼(肩はハイファイブポジションで関節が外れることが多く、ハイファイブポジションが必要なエクササイズにおいて重い負荷を用いることにより、肩関節の脱臼を起こしやすくなる可能性がある)

…sらは、RT中に肩の痛みを感じている20名の被験者を調べ、この調査では被験者全員が、例えばチェストフライやベンチプレスなど外転-外旋を行う「ハイファイブ」ポジションをとるときの疼痛を報告しています。 被験者の間で共通の臨床的所見は、腕を体幹の後部まで伸展する「ハイファイブ」ポジションが要求されるエクササイズで行った結果あると報告しています。 www.nakajimabonesetter.com 急性、慢性の肩関節傷害 Reevesらは、RTに起因する急性および慢性の傷害を検討…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩を引き起こし、不安定性をもたらす)

…「ハイファイブ」での痛みを訴えました。 Grossらは肩部不安定性を有するウェイトリフターを識別して、エクササイズ中に頻繁に求められるハイファイブの姿勢がその一因であると過程しています。 この調査においては、「ハイファイブ」姿勢が求められる歳、特にチェストフライやベンチプレスなどWTエクササイズ中実施中はすべての被験者が苦痛を訴えました。 Kolberらは60名のWT実施者を対象者として肩前部の過弛緩と不安定性を調査した結果、対照群では23%に留まった肩前部の過弛緩が、実験群…

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

…をマウスの痛覚神経(痛みを感じる神経)から除去したことを、サイエンス(科学誌)で報告しています。 しかし、HCN2遺伝子を除去すると慢性痛が止まったが、急性痛への影響はありませんでした。 英国では7人に約1人が、関節炎や頭痛などを含む慢性痛に罹患していると言い、今回の結果は、慢性痛を制御するHCN2遺伝子が産生するタンパク質を遮断するための新薬開発への可能性を広げるものである、と同研究者らは述べています。 痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子は、何年も前から知られていますが…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

…on J strength Cond Res23:148-157.2009 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本 肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)作者:赤羽根良和(さとう整形外科病院)発売日: 2013/06/15メディア: 単行本(ソフトカバー)

レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

… athletes.J Athl Train39:352-364,2004 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本 肩関節拘縮の評価と運動療法 (運動と医学の出版社の臨床家シリーズ)作者:赤羽根良和(さとう整形外科病院)発売日: 2013/06/15メディア: 単行本(ソフトカバー) 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー)

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

… the recrational weight training population J strength Cond Res23:148-157.2009 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 整形外科 術後理学療法プログラム−第3版発売日: 2020/09/28メディア: 単行本 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

…training population J strength Cond Res23:148-157.2009 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 肩関節痛・頸部痛のリハビリテーション (痛みの理学療法シリーズ)発売日: 2018/05/31メディア: 単行本 肩のリハビリテーションの科学的基礎 (Sports Physical Therapy Seminar Series)メディア: 単行本

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

…り評価され、これは、痛み、跛行、移動補助具の使用、最大歩行距離、日常活動能力、および股関節可動域に関する荷重得点により被験者の症状を評価する手段になります。 10日後の質問票のスコアは、理学療法に加えて部分的な体重支持によるトレッドミルトレーニングを行った実験群が、理学療法だけを受けたコントロール群に比べ13ポイント高く(肯定的な結果)、さらに、3ヶ月後、12ヶ月後の追跡調査でも、臨床的に重要な改善が継続されました。 手術後の心臓血管系エクササイズ 一般原則として、手術後の最…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

…に傷害がある場合は、痛みを感じずにエクササイズを行える程度に負荷を減らします。 FCは、ダンベルを使用するほかエラスティックバンドを足で踏み、両端をつかんで行う方法もあります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle…