Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋パワー の検索結果:

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…なっています。 筋パワーに不適合トレーニングの影響を及ぼすことを避けるために、インターバルトレーニングを推奨することを推奨されています。 インターバルトレーニングの頻度は、オフシーズン初期を最高として、春季トレーニング中に頻度と継続時間を漸進していきます。 試合期には最大努力、スピード、およびパワーの繰り返しに重点を置いた高強度インターバルトレーニングを通じて、有酸素性能力を維持します。 インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息および、競技シー…

青少年における筋骨格系能力とは(「自重または外的負荷に抵抗して仕事を行なうことを可能にする、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のことになる)

…る、筋力、筋持久力、筋パワーの統合機能からなる多元的な構成概念」のことを指しています。 これらの3つの、互いに独立しながらともMSFを構成する各要素の定義は、パフォーマンスや健康にもたらす効果を考える上での枠組みとなります。 筋力は一般的に、最大限随意収縮において、筋内で測定可能な力を発揮する能力と定義されます。 また、筋パワーは一般的に、筋が仕事を行なう速度(負荷に抵抗して収縮する速さ)であると定義されます。 そして、筋持久力は一般的に、筋が一定の負荷に抵抗して随意収縮を繰…

クリーンプルとスナッチプル(ダブルニーベントとトリプルエクステンションを用いるエクササイズになり、過負荷刺激によって力発揮効率を高める目的に使用される)

クリーンプルとスナッチプル クリーンプルとスナッチプルは、ウェイトリフティング動作で行われるダブルニーベントとトリプルエクステンションを用いるエクササイズになります。 そのため、これらのプル動作は、過負荷刺激によって力発揮効率を高める目的に使用されるために、完全なクリーンまたはスナッチの漸進的指導法としても用いることが可能になります。 クリーンやスナッチなど、高い力の立ち上がり速度を用いる動作は、アスリートの身体的準備を高めるのに有益であることを示唆するエビデンスがあるために…

子どもにおける運動の効果(筋持久力のトレーニングには至適年齢があり、トレーニング効果は、6歳から14歳までは年齢が進むにつれて増大し、12~15歳で最大となり、15歳以降は逆に減少する)

…動によって発揮される筋パワーについても、発育期におけるトレーニングの効果が確認されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Issurin V.New horizons for the methodology and physiology of training periodisation Sports Med 40:189-205.2010 12歳までの最強トレーニング作者:谷けいじ発売日: 2018/04/13メディア: 単行本(ソフトカ…

SSCパフォーマンスに年齢と性別が及ぼす影響を観察するための研究(子どものΔ比率は10.5±19.7%で、これはΔVTOが6.3±5.6%の成人よりも高くなった)

SSCパフォーマンスに年齢と性別が及ぼす影響 Harrison&Gaffneyは、SSCパフォーマンスに年齢と性別が及ぼす影響を観察するための研究を行いました。 女子12名(6±0.4歳)と男子8名(6±0.4)からなる思春期前の子ども(n=20)と、女子12名(21±1歳)と男性10名(n=22)と比較しました。 この研究では、SSCの増強作用はフォースプレートで測定したCMJとSJの差を比較することによって求めました。 差の比較に用いた変数はフォースプレート上で記録された…

グリップの向きによる筋活動の違い(プルアップでは、スピネイティッドグリップ{45±22%最大随意等尺性筋活動:MVIC}よりもプロネイティッドグリップ{56±21%MVIC}のほうが、僧帽筋下部の筋活動が大きくなる)

グリップの向きによる筋活動の違い Youdasらによると、プルアップでは、スピネイティッドグリップ(45±22%最大随意等尺性筋活動:MVIC)よりもプロネイティッドグリップ(56±21%MVIC)のほうが、僧帽筋下部の筋活動が大きくなりました。 また、360°回転が可能な2つのハンドルを用いてパーフェクト・プルアップを行う際のグリップ(プロネイティッドグリップで運動を開始して、スピネイティッドグリップで運動を終了する)(71±52%MVIC)のほうが棘下筋の筋活動が大きくな…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…要になります。 筋パワーも子ども時代に鍛えることが可能になり、筋パワーを考慮したレジスタンストレーニングのために、Faigenbaumらは、強度(30~60%1RMで中速から高速)、量(1~6レップで1~3セット以上)、頻度(週2~3回)、エクササイズの種類(多関節エクササイズ)を推奨しています。 筋力エクササイズが直接競技スキルと関係がない場合は、(適用負荷と実行するエクササイズのバリエーションに関して)トレーニングの多様性の原理を適用することは容易になります。 他方、競技…

ケトルベルの潜在的リスク(スイングの上半分における圧縮力に対する剪断力の比率は、不安定な腰椎関節を有するクライアントの脊椎を刺激し、脊椎に対する圧縮負荷を増大させる可能性がある)

ケトルベルを用いたエクササイズの固有リスク KBトレーニングの実施に関しては、慎重さが求めらます。 KBを用いたトレーニングには、外的負荷を加速したり減速したりする他のあらゆるエクササイズと同様、固有のリスクが伴います。 McGillらによる研究は、腰の屈曲動作に伴って椎間板損傷のリスクが増大すること、またこのリスクは負荷をかけた腰椎屈曲を行う間、椎間板にかかる負荷が増加するにつれて上昇することを示しました。 www.nakajimabonesetter.com

筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高める3つの基本トレーニング(スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになる)

…本トレーニング 特に筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高めるという目標に関しては、上記の諸要素に加え、3つの基本トレーニングが用いられています。 その3つの要素とは、スクワットやデッドリフトなどの伝統的な多関節ウェイトトレーニング、爆発的なプライオメトリックトレーニング、およびクリーン&ジャークなどのウェイトリフティングエクササイズになります。 これらのトレーニングは、ひとつのトレーニングモデル内で個別にも組み合わせても適用することが可能であり、コンプレックストレーニン…

サッカーのミニゲームの意味(選手数、フィールドの大きさ、課題の制約により生理学的、運動学的にも強度を変えることができる)

生理学的、運動学的応答に対するミニゲームの意味 ミニゲームの形式を変えられば、サッカー選手のパフォーマンスを多様に変えることができます。 通常、変更点は次の3点があげられます。 選手数 フィールドの大きさ 課題の制約 選手数 各ミニゲームの選手数を変えるだけで、運動強度と戦術的活動を調整できます。 参加する選手数を少なくすると、ある程度規則的に、運動強度を約90%HRmaxまで高めることができますが、通常の値は80~90%HRmaxの間で様々に変化します。 サッカー選手に対す…

コンプレックストレーニングと活動後増強(PAP:Postactivatiation potentiation)(PAPは筋の最大または最大に近い収縮の後に爆発的筋力が増大する現象を指す)

…います。 CTは筋パワーの効果的な向上手段になりうるとの説が唱えられています。 この説については研究間で必ずしも意見が一致していませんが、近年の研究結果はCTが生理学的適応を説明すると考えられている理論がいくつかあります。 www.nakajimabonesetter.com 活動後増強(PAP:Postactivatiation potentiation) そのひとつが活動後増強(PAP:Postactivatiation potentiation)の理論になります。 PA…

腰痛とケトルベル(KBトレーニングでは、適切に行った場合、補強されたコアとニュートラルな脊椎を利用して股関節伸展筋群から筋パワーを発揮することが要求されるため、クライアントが体幹の望ましくない運動をコントロールしながら股関節からパワーを発揮することに役立つ)

…て股関節伸展筋群から筋パワーを発揮することが要求されるため、クライアントが体幹の望ましくない運動をコントロールしながら股関節からパワーを発揮することに役立つとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Math/Science Department Kapiolani Community College University of Hawaii ULTIMATE FULL BODY KETTLEBELL WORKOUT (Beginners…

サッカー選手における筋力とパワーの重要性(跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)、30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係がある)

…ーニングに比べ、最大筋パワーのより大きな増加をもたらします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wisloff U, Castagna C, Helgerud J, Jones R, and Hoff J. Strong correlation of maximal squat strength withsprint performance and vertical jump height in elite soccer players. Br …

レジスタンスサーキットトレーニングの目的(最大筋力、筋持久力、筋肥大、結合組織の強度の増加、および筋間コーディネーションの向上にある)

…筋力ほどではないが、筋パワーの向上がみられました。 さらに座業の男性集団に10ステーションのRCTを10週間行わせたところ、トレーニングの前後で筋力が15~42%の有意な向上を示しました。 興味深いことは、1セットのみのサーキットは、最大筋力と筋持久力を向上させるのには十分ですが、等尺性筋力に関しては、トレーニング経験の少ない集団(1年未満)にマルチセットのサーキットトレーニングを13週間行わせた場合に比べて、十分な効果はみられませんでした。 これらの研究結果は、筋力向上手段…

筋力を最大化するためのトレーニング(神経筋系は、断面積、筋原線維の数、筋量、運動単位の動員を増大させ、運動能力を改善同期性を高めることにより適応する)

…ter.com 最大筋パワーが必要なスポーツ 最大筋パワーが必要なスポーツは挙上速度を重視したトレーニング方法が有益であるとされています。 トレーニング効果を最大にするための適切なエクササイズを選択すること、そして負荷を漸進させる適切な期分けモデルに従うことが極めて重要になります。 高いレベルの筋パワーを必要とするスポーツに見合うエクササイズの選択は、ジャンプスクワット、メディシンボールを用いたベンチプレススロー、パワークリーンなどになります。 推進力を伴うクローズドキネティ…

青少年におけるスピード決定因子(思春期直前期と思春期直後期の子供における最大ランニングスピードの変化は「パワー」と「水平方向への力」による)

筋パワーが青少年におけるスピード決定因子である Chelly&Denisは、青少年におけるスピードの決定因子を検証した数少ない研究を行い、「筋パワー」が加速および最大スピードの鍵を握る重要な決定因子であり、さらに脚のスティフネスも最大スピードの向上に貢献していると報告しました。 また、Oliverらは、思春期直前期と思春期直後期の子供における最大ランニングスピードの変化は「パワー」と「水平方向への力」によってすべてが説明できるとしました。 これは、パワーが増大することにより、…

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

…とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率になります。 走っているとき、足は地面にほんの一瞬しかつかず、そのような短時間ではとても最大の力発揮はできず、これは、力の立ち上がり速度(RFD)を高めることが重…

身体における成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

…、無酸素性能力や下肢筋パワーについてはPHV年齢以降の1~2年にわたって大きく発達することも示しています。 ここで注意が必要なのは、発育スパートを迎えるタイミングが選手によって異なり、PHV年齢には最大5歳程度の個人差があることです。 そのため、同じU-13チームにも発育スパートを早く迎えPHVを過ぎた早熟な選手と、これからPHVを迎える晩熟な選手が混在することになります。 結果的に、同じ暦年齢であるにもかかわらず、無酸素性能力や下肢の筋量・筋パワーに大きな違いが生じ、そのこ…

ジャンプシュラッグ(スナッチやクリーンより重いウェイトを利用できるために、バリスティックなエクササイズを過負荷で行うことになり、最終的に大きな力の立ち上がり速度を獲得できる)

…r.com 下半身の筋パワー向上としてのジャンプシュラッグ ジャンプシュラッグは下半身の爆発的エクササイズであり、下半身の筋パワーの向上を目的として用いられ、またセカンドプルと、股関節、膝関節、足関節の完全な伸展に重点を置くため、クリーンやスナッチの段階指導にも利用されます。 開始姿勢を変えることも可能であり、静止姿勢からも反動動作からも行うことが可能であり、また大腿中央部からも膝関節の上、また下からも実施することが可能になります。 www.nakajimabonesette…

筋力を最大化するためのパワートレーニング(最大筋力を発揮する能力とパワーを発揮する能力とは、互いに異なる能力であることを考慮する)

…点を置きます。 筋パワーの低下は、バックスクワットおよびベンチプレスの挙げる動作局面の序盤、デッドリフトのリフトオフの局面、そしてそれぞれのリフティングのスティッキングポイントといわれる部分に悪影響を及ぼす事が示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com 筋力、パワーの向上 筋力とパワーの向上には、明確で基本的な相違があり、その相違は「力-速度関係」により説明できます。 パワー発揮を最大化する最も重要な要素は、リフティング中に比較的速い速度を生み出…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…性能力 下肢の筋量・筋パワーとYo-Yo IR2テスト U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。 すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期の一時…

ランニングスピード向上のためのトレーニング(パワーと力積の両方を左右する発揮筋力とテクニックドリルはスピードを向上させる重要項目になる)

…、テクニックドリルや筋パワーを向上させる運動も必要になります。 テクニックドリルはランニングメカニクスの改善と維持を目標としており、次のようなエクササイズが含まれています。 Aマーチ、Aスキップ、Bマーチ、Bスキップ、ファストレッグ左・エブリーサードステップ、ファストレッグ右・エブリーサードステップ、ファストレッグ左・エブリーステップ、ファストレッグintoスプリント、クロー/ポー右、クロー/ポー左 通常、これらのドリルは動的ウォームアップ後の、コンディショニング運動やレジス…

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

…前考えられていたほど筋パワーの向上を妨げられないとみられています。 www.nakajimabonesetter.com 回復時間と持久性トレーニング 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさによって決定されるため、「運動の再開」に要する時間を短縮することはトレーニング全体の量と質を高めることになります。 すべてのエネルギー機構は運動様式…

筋の適応の最大化と有酸素性運動(有酸素性代謝は、常にエネルギーの産生に貢献している(30秒間の短いスプリントでは20%))

…前考えられていたほど筋パワーの向上を妨げないとみられます。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性能力と回復 持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するといった点に着目することは有益になります。 つまり、結局のところアスリートのパフォーマンスは、実施するトレーニングの激しさによって決定されるため、「運動の再開」に要する時間を短縮することはトレーニング全体の量と質を高めることになります。 すべてのエネルギー機構は運動様式や運動の持続時間…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

…爆発的な動作を用いて筋パワーを向上させます。 プライオメトリックスエクササイズでは、素早い伸長性動作から短い償却局面を経て爆発的な短縮性動作を行い、伸長-短縮サイクルにおいて共同筋に伸張反射を起こさせます。 このトレーニング様式は、筋肥大を抑制しながら力の立ち上がり速度を向上させるといった、特異的な神経筋の適応を起こすことが可能になります。 プライオメトリックストレーニングがランニングパフォーマンスに及ぼす影響については、複数の研究が実施されています。 その結果、プライオメト…

パワーを増大させるためには最大筋力を向上させることが重要になる(70~120%1RMの負荷で行った24週間の高強度の筋力トレーニングの後、パワー発揮能力の代表的指標である垂直跳びのパフォーマンスが7%向上した)

…トレーニングにより、筋パワーが有意に向上すること、またより重要なこととして、総合的な競技パフォーマンスが向上することが明確に示されています。 そして、アスリートが一旦十分な筋力レベルを確立すると、その後は、発揮パワーの最適な向上を目指す特異的なトレーニング活動(すなわちプライオメトリック、爆発的エクササイズ、コンプレックスあるいはコントラストトレーニング)を取り入れることによって、トレーニングから最大の利益を得ることができます。 実際に、筋力の大きいアスリートは、大概、プライ…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

…直線走の速度、下肢の筋パワー、そして形態が変数として大きな影響力をもち、認知的意志決定過程に関しては、視覚的走査、状況に関する知識、パターン認識、そして予測が重要になります。 www.nakajimabonesetter.com アジリティの小児におけるテストプロトコル アジリティのこのような定義を知り、これを正しく理解することは重要になります。 これは、既存の小児研究の大多数は、アジリティの測定に、刺激に対する反応を求めず、決められた動作(クローズドアジリティ)を用いるテス…

性別と年代における筋疲労の蓄積(思春期の男子は成人男性よりも疲労耐性が大きいのに対し、思春期の女子(思春期半ば14~15歳)と成人女性の間には差がないことが明らかになっている)

筋疲労とスポーツ傷害 筋疲労への抵抗力 青少年アスリートアスリートのトレーニングに関する最後の注意事項は、彼らの筋疲労に対する抵抗力であり、高強度の間欠的エクササイズ中の回復力になります。 思春期直前の子どもたちは1回から数回の反復的高強度運動に対しては、思春期の若者や成人よりも急性疲労に対する抵抗性があります。 正確なメカニズムは知られていませんが、子どもの筋量は成人よりも少ないため、高強度エクササイズ中に発揮するパワーの絶対値も低く、さらに思春期が始まって以降は、高強度の…

デプスジャンプ(デプスジャンプはプライオメトリックエクササイズの1種目で、筋や腱にエネルギーを蓄えるために、特に位置エネルギーと重力を利用する運動になる)

…用してきわめて大きな筋パワーを発揮するための運動エネルギーシステムが生まれ、速度と筋力が結びつくと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com デプスジャンプのプロセス DJでは、ボックスからの落下(重力からの位置エネルギー)、着地(伸張性負荷)、続いて爆発的なジャンプ動作(短縮性筋活動)を行うことによりSSCが行われます。 このプロセスには、大きな力を最小限の時間で発揮するために、神経筋系の伸張反射だけではなく、筋腱単位の直列弾性要素、収縮要素、…

関節のしくみと働き

関節のしくみと働き 関節は、主に、骨と骨の連結を関節と呼び、運動性のある可動性関節と、運動がほとんどできない不動関節に分けられます。 不動関節は、骨と骨とが、①丈夫な結合組織の線維でできた線維性の連結、②軟骨でできた軟骨性の連結、③骨で結合し全く不動の骨結合があります。 ①には、頭蓋の縫合と釘植(歯根と歯槽との間の歯根膜による結合)があり、②は椎間円板や知骨結合でみられ、③によって寛骨や仙骨がつくられています。 関節(可動)の構造と働き 関節は、骨と骨をつなぎ運動をスムーズに…