Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋力 の検索結果:

筋力およびパワーの適応を競技パフォーマンスに転移させる(速度を最大限に向上させる上で重要な要素は、力の発揮と発揮時間であることを意味する)

短距離における走速度 短距離における走速度は、ほとんどのチーム競技において優れたパフォーマンスを発揮するための重要な要素になります。 速度はストライド長とストライド頻度(ピッチ)の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でも、いずれか一方は向上させなければなりません。 速度の決定論的モデルをみると、ストライド長とストライド頻度はいずれも元をたどれば力の発揮される量と時間の産物であることがわかります。 これは、すなわち、速度を最大限に向上させる上で重要な要素は、力…

ストラクチュラルエクササイズと代替エクササイズ(スクワットやデッドリフトなどのストラクチュラルエクササイズでは立位で脊柱にストレスがかかるが、レッグプレスではそれが実施できない)

…ズは競技によって上肢筋力、垂直跳び、下肢パワーにおいて劣る結果をもたらす可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Brown.L.E.Leg press Versus squat.Strength Cond J.23:63-64.2001 Leg Press Vs. Squat For Lower Body Gains ストレングストレーニング&コンディショニング[第4版]発売日: 2018/01/30メディア: 単行本 NSCAパー…

スクワットの前額面における修正(中殿筋と大殿筋の脆弱性がスクワット中の大腿部の内旋と内転を同時にもたらし、ハムストリングスに対して大腿四頭筋が優位に動員されることも膝の外反と結びつく)

…r.com 殿筋群の筋力と機能の改善と膝の外反 アスリートの殿筋群の筋力と機能の改善を強調することは、スクワット中の膝の外反角度を制限することに最も大きな効果をもたらします。 中殿筋と大殿筋の脆弱性がスクワット中の大腿部の内旋と内転を同時にもたらす場合があり、それが観察される動的な外反となり現れます。 殿筋群は大腿の外旋と外転の両方に大きな役割を果たすために、これらの協力な筋群の筋力とコントロールを改善するエクササイズの選択は、スクワット中の膝外反の減少に転移する可能性が高く…

ベンチプレステスト(安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法が推奨される)

…チプレスは、上半身の筋力の普遍的なテスト法になり、アスリートには馴染みが深く、指導と実施も容易になります。 安全性の配慮から、フットボール以外の競技では、3RM値から1RMを推定する方法をとり、フットボールでは、3RMと1RMの両方でテストをします。 競技チームのいくつかは、トレーニングルーティンにおいてベンチプレス系の動作をほとんど行っておらず、なかには全く行っていない選手もいます(ソフトボールの投手や槍投げ選手など)。 しかし、トレーニングプログラムで行われるオーバーヘッ…

有酸素性運動のための分岐鎖アミノ酸(持久系エクササイズ中にBCAAを補給すると、トリプトファンの吸収が相対的に減り、セロトニン中枢性疲労が軽減する)

…持久系エクササイズも筋力系アスリートと同様の摂取法に従うべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Cribb PJ and Hayes A. Effects of supplement timing and resistance exercise on skeletal muscle hypertrophy. Med Sci Sports Exerc 38: 1918-1925, 2006. Urinalysis Interpret…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…Ⅱ線維の動員による)筋力とパワーに弊害をもたらす可能性が低くなります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度持久力トレーニングの様式 HelgerudらとHoffらは、特にVO2maxの増加をもたらす高強度持久力トレーニング様式を推奨しています。 すなわち、90~95%HRmaxでの運動を4分間づつ4回、70%HRmaxで3分間の回復を挟んで行うトレーニング様式になります。 Helgerudらは、プロサッカー選手のVO2maxの向上を意図した4種の持久…

失敗するまでのトレーニングは果たして有益か?(頻繁に実施すると安静時テストステロン濃度を低下させ、オーバートレーニング症候群を引き起こすおそれがある)

…それらはパワー、絶対筋力、筋肥大、および局所筋持久力といった測定可能な特性に関連しています。 www.nakajimabonesetter.com 筋収縮とトレーニング レジスタンスエクササイズのセット中に起こりうる現象として、セットの最後にそれ以上レップを重ねられなくなる状態に達することがあり、通常、このような失敗が最初に起こるのは、レップのコンセントリック(短縮性筋活動)局面になります。 これは、筋がスティッキングポイント(最も力を発揮しにくい関節角度)を超えて一定負荷を…

青少年の伸張-短縮サイクル能力に関する理解を深める(ランニング、ホップ、ジャンプなどの移動運動は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch shortening cycle)と呼ばれる)

伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch shortening cycle) ランニング、ホップ、ジャンプなどの移動運動は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch shortening cycle)と呼ばれ、伸張性筋活動とそれに続く短縮性筋活動とみなされます。 Komi&Gollhoferによると、効果的なSSCには、3つの基本条件が必要になります。 伸張性局面の前にタイミングよく起こる筋の予備緊張 短時間での素早い伸張性筋活動 伸張性局面から短縮性局面への即時の移行ま…

ベアフットランニングとランニング傷害(ベアフットランニングにおける足前部による接地、ストライド長の減少、ストライド頻度の増加、固有感覚の強化は衝撃力低下を助け、下肢の傷害発生率低下に役立つ)

ベアフットランニングとショッドランニングの主な差異 文献において、ベアフットランニングとショッドランニングの主なバイオメカニクス的差異が確認されています。 ベアフットランニング ショッドランニング 接地初期 足中央部~前部による接地 足後部(踵)による接地 ストライド長 短い 長い ストライド頻度 高い 低い 固有感覚足 足で直接接地することにより向上 シューズによって妨げられるために低下 足の保護 無し 有り 足の制御 筋組織により内在的 シューズの安定性により外在的 それ…

リン酸ローディングによる持久的能力の向上(最大酸素摂取量{VO2max}、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間などの改善がされる)

リン酸ローディングによる生理学的能力向上 リン酸ローディングによる能力向上は、運動パフォーマンスおよび多くの対応する生理学的測定値において証明されています。 最大酸素摂取量(VO2max)をはじめ、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間などの改善がされるとされています。 これらの測定値の改善はパフォーマンス変数の全領域に及んでおり、どのスポーツを選択しても、これらの測定値の向上がトレーニングを試合に有利であることは疑いはありません。 さらに生理学的検査や臨床試験によれば、、リ…

現場への応用としてのアシスティッドジャンプスクワット(このエクササイズの最も興味深い点のひとつは、バンドが動作を補助する結果、速度特性が変化する)

…が下記になります。 筋力向上およびジャンプエクササイズにおける速度連続体 動作 負荷(kg) ピーク速度(m/秒) スクワット 100 1.0 ウェイトリフティング 100 1.6~2.0 ジャンプスクワット 40 2.2 垂直跳び(BW) BW 3.0 アシスティッド・ジャンプスクワット(バンド2本) BW+10(最下点で) 3.2 アシスティッド・ジャンプスクワット(バンド6本) BW+30(最下点で) 3.8 エリートレベルの走り高跳び BW(-片脚) 4.8 www.…

栄養と免疫における抗酸化物質の補給(抗酸化物質の混合摂取が炎症マーカーの上昇を低下させたことを報告している)

…ンを70回行った後、筋力の低下に影響を及ぼすことなく、筋肉痛軽減、クレアチンキナーゼの上昇、および血中グルタチオンの酸化を減少させることが確認されています。 さらに、Niemanらは、3日間の高強度運動後にケルセチンを補給すると、免疫マーカーは変化しなかったものの、URTIが有意に減少したと報告しています。 しかし、現時点では、きわめて多量のビタミン類を摂取することは推奨できません。 一層大きな筋の損傷や、おそらくは免疫細胞の機能低下を誘発する可能性があるからです。 しかし、…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…ピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com 代謝コンディショニング サッカー選手においてきわめて重要な要素であり、そのレベルは試合への貢献度を決定し、制限する因子でもあります。 有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数など、サッカーのパフォーマンスにおけるパラメータと正の相関があります。 Helgerudらの報告によると、男子プロサッカー…

カフェイン摂取により筋肉痛・炎症を抑制し回復を促す(筋肉の最大収縮における疼痛を有意に軽減、炎症時に分泌されるアデノシンをカフェインがブロックすることで疼痛が軽減される可能性がある)

…進や関節の健康増進、筋力や骨密度の骨密度の向上、心血管疾患や2型糖尿病のリスク軽減、消化の促進、皮膚のしわの改善などになります。 www.nakajimabonesetter.com 痛みと炎症の回復を助ける機能的食品 筋肉痛は、筋が受ける機械的損傷と、筋組織内に生じる生化学的変化によって引き起こされます。 筋肉痛の特徴は、炎症、疼痛、腫脹、圧痛/硬直およびクレアチニンキナーゼ(CK)や乳酸脱水素酵素(LDH)などの筋損傷マーカーの上昇になります。 圧痛や炎症の緩和には、休息…

トレーニング負荷/ストレスのモニタリングの重要性(トレーニングプログラムの効果に関する情報を取得し、長所・短所を見極め、そして結果とパフォーマンス両方のフィードバックを提供することが可能になる)

…られています。 筋力およびパワーの適応は、複数の力学的(機械的)刺激によって生じると考えられていますが、運動学的および運動力学的変数の様々な組み合わせの効果や、それらが適応にもたらす寄与については、はっきりとは分かっていませんが、トレーニングの期分け理論は、漸進的過負荷の原則を基盤としています。 漸進的過負荷とは、筋に与える機械的ストレスを徐々に増大させることであり、その方法にはいくつかあり、例えば、レップを行う速度を上げる、エクササイズ間の休息時間を変える、レップ数をセット…

筋力/加速度トレーニングの概念(ニュートン第二法則:加えた力が物体を加速させる為、力{F}は質量{m}×加速度{a}に等しい)

…ング様式は「加速度/筋力トレーニング」と呼ばれます。 このトレーニング様式の要点は、力(F)は質量(m)×加速度(a)に等しいという法則を理解することが重要になります。 挙上中の質量は一定であるために、力は常に一定であるため、力は加速度に比例します。 ※このトレーニング様式は、等式 F=maで表され、選手がリフティングの速度を上げれば、比例して筋力が増大するということになります。 www.nakajimabonesetter.com 筋力/加速度トレーニングの概念 加速度(A…

エラスティックバンドが神経筋系に与える影響(動作の伸張性局面と短縮性局面の両方における運動単位の増加という形であらわれる)

…事が多く、短い時間に筋力を発揮するアスリートは大勢います。 トレーニングでのバンドの利用がRFDに及ぼす影響に絞って調査した研究では、バンドの利用によるRFDの向上が報告されています。 結果が得られる理由については下記の複数のメカニズムが主張されています。 ピーク速度局面の延長 伸張−短縮サイクルの向上 人体の動作を支える軟部組織における弾性エネルギーの貯蔵の増加 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Anderson CE,Sforzo GA,an…

7人制ラグビーの傷害発生調査(15人制よりもプレーのスピードと強度が高く、高頻度で高強度のランニング、ステッピング/カッティング、方向転換動作が行われることが、足関節と膝関節の高い傷害発生率を生んでいる可能性がある)

7人制ラグビーの選手に課せられる身体的要求 7人制ラグビーの選手に課せられる身体的要求にフルサイズの競技場でのプレーと2日間にわたって行われる大会での複数回の高強度の試合に出場することによって、選手の傷害リスクが高まる可能性があると推測されています。 IRBセブンスワールドシリーズの体会(2008~2009年の8大会)の傷害に関するデータを集めた調査によると、7人制の傷害リスクは15人制の国際大会で報告されている傷害リスクよりも高くなりました。 重要なことは、その傷害の重症度…

運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ腱器官からの入力が低下すると、結果的に運動ニューロン細胞体で弛緩を命じるシグナルが受信されなくなる)

筋痙攣のメカニズムの違い 運動誘発性筋痙攣に対する中枢神経の刺激が存在することは、研究者により根拠を持って一般的に取り入れられていますが、神経性刺激自体の起源については議論があります。 中枢起源説(Central Origin Theory)の支持者は、運動ニューロンの過剰興奮から痙攣が始まると示唆しています。 一方、末梢起源説(Peripheral Origin Theory)の支持者は、痙攣は運動筋の無髄軸索終枝の異常興奮による運動ニューロンの自発放電の結果であると主張し…

エクササイズによる高齢者の認知機能向上(エクササイズ量の多い人ほど、脳の前頭前野、頭頂葉、側頭葉における灰白質容積が大きく、脳梁の白質容積も大きい)

… 他の研究でも、筋力とバランスを向上させる20分間のエクササイズプログラムを週3回、6ヶ月間行なった結果、実行機能が同様の向上を示したことが明らかになっています。 有酸素エクササイズには脳容積を維持する効果が期待できる エクササイズ量の多い人ほど、(動作の計画と制御に重要な)脳の前頭前野、頭頂葉、および側頭葉における灰白質容積が大きく、また、脳梁の白質容積も大きいことが明らかになりました。 有酸素性エクササイズと筋力トレーニングを組み合わせると、高い効果が得られる 有酸素性と…

初級クライアントのためのピリオダイゼーション(逆ピリオダイゼーションモデルは、低量であることによって、初級者のオーバートレーニングによってもたらされる過度の筋肉痛の予防に役立つ)

伝統的なピリオダイゼーション 初級クライアントのストレングストレーニングは、週に2~3回のセッションからはじめ、伝統的なピリオダイゼーションは負荷を日々変化させて、時間とともに多量低負荷から低量高負荷へと移行します。 ピリオダイゼーションプログラムの例は、クライアントが低量/中量&低負荷/中負荷から、多量中負荷へと移行する逆ピリオダイゼーションモデルになります。 逆ピリオダイゼーションモデルは、従来のピリオダイゼーションよりも初期が低量であることによって、初級者のオーバートレ…

足部回内と下肢キネティックチェーンの機能障害(足部回内状態では、足は体重が乗った際に内側縦アーチを失う、 内側縦アーチは、足部内側の骨、靭帯、および腱で形成されており、足部縦アーチの役割は、足部が地面に接地した際に床反力を分散させる)

…幹下部を含めた下肢の筋力および筋パフォーマンス、関節に躊躇な負の影響をもたらし、下肢キネティックチェーンの機能障害を引き起こします。 足部回内状態では、足は体重が乗った際に内側縦アーチを失います。 内側縦アーチは、足部内側の骨、靭帯、および腱で形成されており、足部縦アーチの役割は、足部が地面に接地した際に床反力を分散させることになります。 内側縦アーチの落ち込みが生じる現象は、足部内側の骨構造が地面に向かって崩れることを意味しています。 軟部組織による弾性特性が大きく減少する…

エラスティックバンド(ゴムバンド)利用の考察(最も大きな力を発揮することが可能な完全伸展時に、最大の抵抗を与えることを狙いとしている)

…ter.com 人の筋力曲線 人の筋力曲線は、上昇型、下降型、釣鐘型の3種類に分類することができます。 筋力曲線の形は、神経筋系による発揮筋力と関節角度との関係によって決定されます。 下降型・・・挙上動作の開始時(短縮性収縮)に最大筋力の発揮を必要とするエクササイズとして、ベントオーバーロウ、チンアップ、ベンチロウなどの上半身の動作。 上昇型・・・四肢を完全伸展させ重い重量を挙上する場合は、複数の関節トルクの合計によって動作が行われ、スクワット、デッドリフト、ウェイトリフティ…

エクササイズ後のタンパク質合成を最大にするには(運動後に摂取する糖質に十分なタンパク質、特に必須アミノ酸を摂取する必要がある)

…成のバランスであり、筋力と筋量を増大させるためには、タンパク質バランスをプラスにすることが不可欠になります。 www.nakajimabonesetter.com タンパク摂取とインスリン タンパク質合成を最大限に促進しタンパク質バランスをプラスにし、また筋損傷を修復し、トレーニングに対する適応を刺激するためには、運動後に摂取する糖質に十分なタンパク質、特に必須アミノ酸を摂取する必要があり、さらに、糖質-タンパク質の組み合わせは、主に血漿インスリン濃度を高めることにより、筋タ…

若年サッカー選手における高い受傷率を引き起こすメカニズム(神経筋の伝達が抑制されることが、動作と安定性のパターンに変化をもたらす可能性が示唆されている)

…ストリングスの伸張性筋力が短縮性筋力を上回る際に低下することが示唆されています。 ハムストリングスの着地と減速動作における主な役割は、大腿骨に対する脛骨の前方剪断力に抵抗するための制御能力を与え、伸張性筋活動を通じて関節の支持を提供することです。 このハムストリングスの活動パターンが変化すると、力を緩和する能力が低下するため、膝関節の受傷リスクが上昇すると予想され、またこのリスクは、神経筋コントロールの低下によってさらに増大します。 さらには、膝関節の安定性、距骨下関節のポジ…

筋肥大と休息時間(短い休息時間は低酸素状態を引き起こしタンパク同化ホルモン濃度の急上昇を引き起こす)

…ます。 それぞれ筋力と代謝産物の蓄積に固有の影響を及ぼし、筋肥大にも影響を与えます。 www.nakajimabonesetter.com 短い休息時間 短い休息は、大きな代謝ストレスを生む傾向があり、したがって代謝産物の蓄積に伴うタンパク同化プロセスを促進します。 しかし、休息を30秒かそれ以上に制限することは、アスリートが筋力を回復する十分な時間が取れないため、後続のセットにおける筋のパフォーマンスを大きく損ないます。 したがって、より大きな代謝ストレスに伴う肥大の見かけ…

高速と低速のランナーの接地時間(高速ランナーと低速ランナーの間にみられる最大ストライド頻度の差は、高速のランナーおよびランニングにおいてストライド当たりの接地時間が短いことが起因する)

ランニングの遊脚時間 高速と低速のランナー、および高速と低速でのランニングに遊脚時間の差がないことが事実であるとすると、高速ランナーと低速ランナーの間にみられる最大ストライド頻度の差は、高速のランナーおよびランニングにおいてストライド当たりの接地時間が短いことが起因するものではないかとされています。 www.nakajimabonesetter.com

骨格筋量を維持もしくは増大させる能力(骨格筋線維の筋断面積(CSA)増加は、筋タンパク合成(MPS)率が筋タンパク分解(MPB)が上回った結果として生じる)

…ンを投与した際には、筋力や筋量が増大したとするエビデンスが存在する一方で、GHやIGF-1については、説得力のあるデータはありません。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引West,D Burd N Churchward Venne T Camera DMitchell C Baker S Hawley J Coffy V and Phillips S Sex based Comprarisons of myofibrillar protein s…

低酸素と筋肥大(低酸素状態は乳酸除去率を低下させ乳酸の増加はタンパク同化ホルモンとサイトカインの上昇をもたらす)

…状態での血管閉塞に、筋力と筋の横断面積低下の防止効果が認められたことも示しています。 www.nakajimabonesetter.com トレーニングと低酸素の相乗効果 Takaradaらは、24名の高齢女性を3群、1)血管閉塞を伴う低強度の肘屈曲エクササイズ(~50%1RM)、2)血管閉塞を行わない低強度の肘屈曲エクササイズ(~50%1RM)、3)血管閉塞を伴わない中~高強度の肘屈曲エクササイズ(~80%1RM)に分けトレーニングと低酸素が筋肥大に相乗効果を及ぼすこと示し…

運動後の栄養(糖質-タンパク質)摂取で異化状態から同化状態へ(筋グリコーゲン補充速度、筋タンパク質合成活性化速度を上昇させる)

…速な回復および筋量と筋力の増大をもたらすます。 さらに、運動中および運動後の適切な栄養補給は、運動によって誘発される免疫機能の低下を予防する効果もあります。 www.nakajimabonesetter.com 筋グリコーゲンの重要性 筋グリコーゲンは持久系エクササイズの選手において非常に重要であると論じられていますが、レジスタンスエクササイズにおいても非常に重要になります。 筋グリコーゲンの貯蔵量は、激しいレジスタンスエクササイズの実施後に大幅に減少する可能性があり、質の高…