Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋力 の検索結果:

活動後増強:Post Activation Potentiation(プレコンディショニングプロトコル後に、PAPによるパフォーマンス増大期間が得られるかどうかは、回復時間における増強作用と疲労とのバランスによる)

回復時間における増強作用と疲労とのバランス プレコンディショニングプロトコル後に、活動後増強(Post Activation Potentiation:PAP)によるパフォーマンス増大期間が得られるかどうかは、回復時間における増強作用と疲労とのバランスによります。 すなわち、前者が後者よりもゆっくりと低下することが望ましく、したがってこの関係に留意し、前述の研究で用いられた特異的方法を見直す必要があります。 www.nakajimabonesetter.com

サッカー選手における傷害予防(筋力の増大{および結合組織の適応に対して同時に生じる利益}、筋のアンバランスへの対処{特に大腿}、運動メカニクスの改善{ランニング、方向転換、着地}などの傷害予防策を目的としたエクササイズやドリルは非常に重要になる)

…m 傷害予防における筋力トレーニングの鍵 筋力トレーニングは筋力の増加に加えて、腱や靭帯、軟骨、さらに骨密度もともに増加します。 したがって、関与するすべての関節の構造的強度が改善されます。 また、主働筋-拮抗筋のアンバランスがあるアスリートは、神経発火のパターンが変化し、素早い爆発的な運動の間の制動時間が長くなり、不正確な運動メカニクスをもたらします。 これは、方向転換の際に、サッカー選手を非接触性傷害の危険にさらす可能性があります。 筋力の増大(および結合組織の適応に対し…

力発揮の諸特性(スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似している)

筋力とパワー 筋力とは、特定の動作パターンと速度において1つの筋または筋群が発揮できる力の最大量と定義されています。 一方、パワーとは、限られた時間内でできる限り多くの力を発揮できる能力になります。 競技の成功において、力の立ち上がり速度の大きさ以上に重要なものはないといわれており、大多数の競技選手のパワー出力を向上させることは、パフォーマンスの成功において不可欠な要素であると考えられます。 また、有効なプレーを行うには、動作スピードや方向の素早い変化によってディフェンダーを…

ファーストプル開始局面(静的開始は等尺性動作であるために、セットポジションの体勢を支える下肢と股関節が疲労するが、必ず実行しなければならない為、テクニックと基礎筋力を獲得することが不可欠になる)

…始のテクニックと基礎筋力を獲得することが不可欠になります。 股関節の下降を伴う開始 動的開始の主要なスタイルのひとつは「股関節の下降を伴う開始」になります。 この開始方法には2つの異なるバリエーションがあり、第1のバリエーションは足を適切な位置に置き、バーを掴んたところから始まり、続いて股関節をセットポジションより高く上げ、一瞬動きを止めた後に、股関節を下げて直ちにバーを床から持ち上げます。 第2のバリエーションはセットポジションをとり、そこから下肢が完全に屈曲し、背部がほぼ…

プライオメトリックトレーニングの重要性(ストレッチ・ショートニング・サイクルは神経、筋の機能改善に伴う爆発的パワーの向上により、多くの種目の競技パフォーマンスに影響を与える)

…度に効果があるため、筋力の向上とパワーリフティングのパフォーマンスの改善にとって欠くことのできないトレーニングとして取り入れられています。 プライオメトリックトレーニングは、スピードとパワーの向上を目的としてウェイトリフティングプログラムに取り入れられています。 1970年代に東欧諸国のオリンピック選手が、より大きなパワーの獲得を目的に初めてプライオメトリックトレーニングを用いました。 彼らは、筋が短縮する直前に伸張すると、伸張反射により短縮パワーが増大するという化学的根拠に…

レジスタンストレーニングと末梢神経損傷(末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではあるが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなる)

急性、慢性の末梢神経損傷 RT(レジスタンストレーニング)により、慢性・急性両方のメカニズムの結果、末梢神経損傷が起こる可能性があります。 その原因としては様々な因子が推測されていますが、不適切なテクニック、オーバートレーニング、直接的外傷、可動域末端での伸展損傷、筋肥大などが含まれます。 末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではありますが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなります。 www.nakajimab…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

…が、シーズンを通して筋力レベルをさらに高めることさえできるという主張もあります。 Hofman&Kangらは、アメリカンフットボール選手の筋力(1RMスクワットとベンチプレス)がシーズン中に有意に向上したことを報告しています(n=53名、シーズン中のレジスタンストレーニングを>80%1RMの強度で週2回)。 しかし、アメリカンフットボールとサッカーは生理学的要求が異なるため、サッカーは有酸素性運動としての特徴がより際立つ競技であり、高いレベルの疲労とコルチゾール濃度を伴います…

ベアフットランニング移行のために必要なプログラム(衝撃力を制御する際に下肢は神経筋系の制御増大を要求するため、移行準備プログラムに固有受容性エクササイズ、足関節の変位増大が要求されるため、足関節の可動域を増加させる柔軟性エクササイズを行う必要性がある)

ベアフットランニング移行に重要になる固有受容性エクササイズ 衝撃力を制御する際に下肢は神経筋系の制御増大を要求するため、移行準備プログラムに固有受容性エクササイズを組み込むべきとされています。 文献に引用されている下肢の固有感覚を向上させるエクササイズには、最初は固定されたサーフェスでの、次に不安定なボード上での開眼または閉眼による足関節の可動域エクササイズ、バランスディスクを用いた開脚運動、バランスボード、ミニトランポリン、およびレジスタンスバンドを用いたスタティックキック…

自重トレーニングの利点(ほとんどの自重エクササイズは、多関節を用いて固定した身体部位から負荷を遠ざけたり近づけたりするクローズドチェーンエクササイズになり、クローズドチェーンの動作のほうがより機能的であり、一度に複数の筋群を強化できる)

…トレーニング方法は、筋力向上に確実な効果をもたらしますが、バイセップスカールなどのポピュラーなエクササイズは単関節のみが関与するオープンチェーンエクササイズであり、自由に動く四肢を用いて負荷を身体から遠ざけたり近づけたりしながら、関与する関節に伝えられる力を増大させる類のものになります。 筋力トレーニング用のマシンに関しては、使用者の体格や筋力に個人差があるため、すべての人の身体に適合するようなマシンを作ることは困難になりますが、自重トレーニングは、実践者各自の四肢長、筋/腱…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷{SCI}のクライアントは起立性低血圧{姿勢によって発生する低血圧}および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

…ライアントが日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果として、活動する筋量の増大、筋力の向上、手に車椅子の駆動力の向上、機能的自立が挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性運動と脊髄損傷 運動をしないSCIクライアントと比べると、運動をするSCIクライアントは、最大心拍出量において最高で23%の増加、最大1回拍出量において最高で22%の増加を示す可能性があります。 また全被験者を対麻痺クライアントとする、ある研究にお…

ベアフットとショッドランニングの生理学的、バイオメカニクス的違い(ベアフットは酸素消費量が5.7%低下、最大酸素摂取量が1.3%少なくなるが、股関節外転筋群と股関節屈筋群の弱さは、腸脛靭帯炎につながる)

…在筋の感覚を鈍らせ、筋力を低下させる可能性があります。 ミニマリストシューズの利用は、中足骨に疲労傷害をもたらす原因とされており、これは、ミニマリストシューズ着用時は、かかと接地から足中央部接地へと歩行を変更しなければならないことが原因とされています。 ただし、すべてのランナーがベアフットランニングに適しているとは限らず、ランニング傷害には、凹足(ハイアーチ)、脚長差、筋の弱さなど数多くの解剖学的因子が関連しており、とりわけ股関節外転筋群と股関節屈筋群の弱さは、腸脛靭帯炎など…

ランニングの力、パワー、力積関係(ニュートンの法則では垂直方向(dv)と水平方向(dH)の変位により加速度が決まる)

…ングパフォーマンスと筋力、パワー、RFD 筋力とは、物理学用語で力(F)と定義される物理量であり、競技パフォーマンスにおいてはピークフォースを指します。 そして、パワーとは、ある距離(変位)にわたって単位時間(t)あたりに適用される力の量であり、仕事を行う率を指します。 また、力の立ち上がり速度(RFD)を用いて表されることも多く、これらの変数は力積(F×t)、つまりある時間に適用される平均的力として示すことが可能であり、力積は運動量の変化(mv2-mv1)に等しくなります。…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(有効なトレーニング環境にするために一般的準備期、競技特異的準備期の組み方がある)

ピリオダイゼーションの期分け 有効なトレーニング環境にするための、一般準備期、競技特異的準備期の例を下記に記します。 一般準備期 このブロックは、通常2~6週間続き、比較的多量で低強度(特に筋持久力/筋肥大)のトレーニングを伴います。 競技特異的ではなく、この段階の主な目的は、連続的に増大するトレーニングや試合の要求に対する選手の不十分な機能に対処することにあります。 この段階で処方されるエクササイズは選手一人ひとりのニーズに焦点を合わせる必要があります。 オフシーズンのメゾ…

小児期におけるスピード向上のバイオメカニクス的因子(スプリントの鍵を握る局面は「接地時間」であると考えられている)

スピード向上のバイオメカニクス的因子 スピードはストライド長(SL)とストライド頻度(SF)の積と考えます。 しかし、Weyandらは、様々な最大スプリントスピード(6.2~11.1m/秒)を有する成人を対象として調査をした結果、SFは最大スピードには影響せず、スピードの増加にはSLが貢献することを見出しました。 同様にSchepensらは、小児から成人にかけて最大スピードは3倍に増加するが、SFは小児期初期以後わずかに低下して平衡状態に達するために、スピードの増加はその分だ…

コンプレックストレーニングと活動後増強(PAP:Postactivatiation potentiation)(PAPは筋の最大または最大に近い収縮の後に爆発的筋力が増大する現象を指す)

…近い収縮の後に爆発的筋力が増大する現象を指します。 CTがパフォーマンスを低下させることを示す研究は存在しない一方で、CTは複数のトレーニング効果をもたらすことが一部研究により明らかとなっています。 そのような効果のひとつに、上半身と下半身のパワーが有意に向上させる可能性があげられます。 またCTは、レジスタンストレーニングと爆発的トレーニングを1回のトレーニングセッション内に効率的かつ系統立てて組み込む手段として認められています。 また、CTは垂直跳びの成績をわずか3週間で…

人が効率よく速く走るためには(複合関節動作は、各関節にかかわる多くの筋が協調(コーディネーション)して働くことにより円滑に動作が遂行され、単一の筋では不可能な大きな力を発揮することが可能になる)

…体内の筋の収縮特性(筋力、スピード、パワー)を理解することは、身体パフォーマンス能力を理解し向上させるために大変重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 単関節運動と複合関節運動の具体例 筋力トレーニングにおけるそれぞれの例として、単関節動作には膝屈曲のレッグカールや膝伸展のレッグエクステンション、肘屈曲のアームカール、肘伸展のアームエクステンションなどが挙げられ、この動作では特定の筋を個別に狙って鍛えることができます。 リハビリテーションの初期…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…標であり、ある程度、筋力の維持に依存すると考えられています。 Kraemerらの報告によると、先発選手も控えの選手も、11週間の全競技シーズンを通して、パフォーマンスが低下します。 この低下は、合計試合数や練習およびコンディショニングの量負荷とは無関係に起こることが示唆されています。 これはシーズン前に誘導された異化環境(高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度)が試合期に入った際の選手の代謝ステータスを決定する因子の可能性があります。 これは、特に試合期に入る前の回復期…

コンプレックストレーニング実施における注意点(スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要がある)

…レーニング歴、絶対的筋力のレベル、エクササイズ選択、負荷、セッションの長さ、回復日数、さらには、どのアスリートのコンディショニング活動に反応するのかを考慮する必要があります。 また、Mattahews&Comfortは、スピードとパワーの向上のためにCTを実行する場合、アスリートが疲労したり、セッションが代謝性疲労を引き起こすことのないように注意し、高速で質の高い動作に重点を置く必要があると強調しています。 www.nakajimabonesetter.com 推奨される方法…

青少年における筋力、パワー、および持久力(青少年における内分泌の応答、生物学的年齢、トレーニング状況、形態学的要素(レバーアーム長など)といったその他の発達因子は、計画されたトレーニングプログラムの性質を根本から変化させる)

子どもや思春期の選手のトレーニング レジスタンストレーニングやその他のアスレティックコンディショニングは、受傷リスクが高く、子どもや思春期の若者が実行するべきではないとの懸念が初期には存在しましたが、現在では、適切に実行し監督すれば、この種のトレーニングは(パフォーマンスにとって)効果的であり、なおかつ安全であることを示す多くのデータが存在します。 www.nakajimabonesetter.com

垂直跳びのパフォーマンス向上のための各種ジャンプ(垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われる)

垂直跳びの能力とパフォーマンス アスリートの垂直跳びの能力向上は、スポーツの総合的なパフォーマンスにきわめて大きく貢献します。 垂直跳びは、静止状態から開始する、反動動作やアプローチを伴う、着地に対して反応するなど、様々な状況で行われます。 パワーを測定する方法が収集データに影響を及ぼすため、様々なジャンプ様式を検討する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com

運動中のエネルギーレベルに対する絶食の影響(グリコーゲン濃度が低下して状態でトレーニングを行うことがタンパク質の分解を加速させることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性がある)

…せることを考えると、筋力や筋量の増大を考えるアスリートに不利益をもたらす可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56 スポーツ栄養学: 科学の基礎から「なぜ?」にこたえる作者:寺田 新発売日: 2017/10/25メディア: 単行本 理論と実践 スポーツ栄養学作者:鈴木 志保子発売日: 2018/07/14メディア: 単…

サッカーにおけるプライオメトリックトレーニングの貢献(ジャンプとホップの跳躍高が増加、接地時間短縮、力の立ち上がり速度向上、方向転換能力に寄与する)

…ンプなど)を行う。 筋力とパワーがサッカーパフォーマンスの成功の決定因子であること、また傷害予防にも役立ちます。 最善の成果をもたらすには、3レップずつ5セットを最大限として、セット間に最低3分の休息を撮って行うことによって達成できるとされています。 この種のトレーニングを、オフシーズンの筋持久力とシーズン直前の筋力およびパワーというように、ブロック化して組み立てる賢明です。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Verkhoshansky YV. …

運動による筋肥大経路(機械的刺激が標的細胞に形質導入し分解よりも合成に有利に働くよう筋タンパク同化シグナル伝達経路を刺激する)

…d Res15:198-209.2001 What makes muscles grow? - Jeffrey Siegel 筋肥大メソッド ハンディ版作者:岡田 隆発売日: 2017/06/23メディア: 単行本(ソフトカバー) 山本義徳 業績集8 筋肥大・筋力向上のプログラミング作者:山本義徳発売日: 2017/10/30メディア: Kindle版 バルクスポーツ クレアチン 200g (約40回分)【国内製造 クレアチンモノハイドレート】メディア: ヘルスケア&ケア用品

股関節形成術後の初期のエクササイズプログラムの作成(理学療法にレジスタンストレーニングを補った実験群は低強度の理学療法群よりも筋力と力の立ち上がり速度が約30%向上した)

…ることが有益になり、筋力は不動化してからの1週間で1日に約4%ずつ低下します。 筋のパフォーマンスが損なわれることを考慮すると、生理学的な施術を尊重し、適切な医療管理とのバランスを保っている限り、早期のレジスタンストレーニングは是非とも必要になります。 早期レジスタンストレーニング介入のメリット Husbyらによるランダム化対照研究によると、そのような早期のトレーニングを実施することにより、膨大な利益を確認され、この研究では、早期(術後1週間)の被験者24名を低強度の療法群と…

青少年の線維筋痛症における神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し{ストライド長の短縮}、バイオメカニクス的機能が低下する{下肢の筋力と姿勢制御の低下}傾向にある)

…能が低下する(下肢の筋力と姿勢制御の低下)傾向にあり、そのため、エクササイズによる受傷や疼痛悪化を起こしやすいと考えられています。 例えば、若年性突発性関節炎のお客は、対照群に比べてデプスジャンプの着地に変化がみられますが、このようなバイオメカニクス的機能の低下は、障害悪化の予測因子であることが明らかになっています。 さらに、線維筋痛症を有する青少年は、活動的な青少年と比べて、膝関節伸展、膝関節屈曲、および股関節外転の筋力と動的安定性が低いという結果がでています。 したがって…

サッカー選手のパワーに与える要因(筋肉および筋間のコーディネーションと最大筋力、SSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれる)

…ディネーションと最大筋力、さらにSSCを構成する様々な構造的、神経的要素が含まれます。 したがって、パワーは本質的な多面的な能力であり、トレーニングには多面的なアプローチが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 爆発的レジスタンストレーニング このトレーニング様式は、例えば、スローやジャンプのように、短縮性活動の最終時点で外部抵抗を取り除く(投げ出すか解き放つ)ことが特徴になります。 これにより、負荷がより長時間加速され、結果的により高速が達成…

インスリン抵抗性とレジスタンストレーニング(骨格筋はグルコース取り込みの75~95%を担っているために、筋量を増加させることは、正常な血中グルコース値の維持に重要である)

…に実施し、セット数は筋力の向上に伴って増やし、所定の負荷で15レップを2~3セットこなせるようになったら、セット数に続いて負荷を増やします。 筋の適応につれて負荷を増やしていき、最終的には8~10レップしかできない「疲労に達する」負荷で複数セット行うのが望ましいとされています。 レジスタンストレーニング初心者に推奨されるのはスタック式マシンであり、これらがインスリン抵抗性を有する人にもたらす効果はフリーウエイトと同等とされています。 また、インスリン抵抗性を有する人の多くは、…

サッカー選手における筋力とパワーの重要性(跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)、30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係がある)

筋力とパワー サッカーでは、キック、スプリント、タックル、ジャンプなど、繰り返し大きなパワーを発揮する運動が行われます。 スプリント能力とジャンプの跳躍高を含むパワー発揮能力の測定値は、サッカーのパフォーマンスと明らかに相関することが知られており、跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)および30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係があります。 カウンタームーブメントジャンプ(CMJ)は主に下半身のパワーを測…

パワーパフォーマンス向上のための長期的なクレアチンモノハイドレートの利用(典型的なローディング期は、クレアチン20g(体重1㎏当たり約0.3g/日)を4等分し、1日4回およそ5日間にわたり投与する)

…目標としているのは、筋力とパワーの向上、そして除脂肪体重の増加になります。 クレアチンがトレーニングによってもたらされるこれらの特定のスキルや特性の適応を増強することは、すでに多くの科学的研究によって明らかにされています。 www.nakajimabonesetter.com クレアチン摂取の効果 筋力パワー系のアスリートやレジスタンストレーニングの鍛錬者を対象としたクレアチンの研究は膨大な数に上ります。 近年の調査のひとつは、数種類の測定を行い、2週間のクレアチンモノハイド…

ベアフットランニングのためのプライオメトリックスによる下肢の伸張性筋力強化(ベアフットランニングの接地では膝関節と足関節による衝撃負荷の制御がより重要になるため、下肢のプライオメトリックエクササイズをトレーニングプログラムに組み込むべきである)

プライオメトリックトレーニングの導入 ベアフットランニングの接地では膝関節と足関節による衝撃負荷の制御がより重要になるため、下肢にその運動の準備をさせるために、下肢のプライオメトリックエクササイズをトレーニングプログラムに組み込むべきとされています。 しかし、伸張性トレーニングを開始する前に、下肢遠位の安定性を与えるために近位の体幹部と股関節の筋群を十分に強化する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com