Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

筋力 の検索結果:

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…な筋のアンバランスや筋力不足を修正する最善の方法は、短縮した構造の伸張と可動化を行ない、それと同時に、等尺性筋活動を用いて股関節伸展筋群および腹筋群(腹横筋および多裂筋)の再教育と強化を行なうことになります。 www.nakajimabonesetter.com 股関節の強化テクニック コアの基礎が獲得されている場合には、一般的な腹部および股関節の強化テクニックを加えることで、すでに獲得した等尺性筋力を補強し、さらに向上させることができます。 その結果得られる骨盤のポジショニ…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…を低減させるために、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処するトレーニング処方を開発し、監督する必要がある一方で、チームの身体能力およびスキルレベルを検討する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期に入る前の一連のテスト スタティックVSカウンタームーブメントバーティカルジャンプ:スコア間の有意差は、下肢筋力ま…

筋トレと脳機能(インスリン様成長因子(IGF-1)は、認知機能改善に関与するもう一つの神経栄養因子であり、運動でIGF-1レベルが増加するが、認知機能が低下した高齢者ではIGF-1は定値を示す)

…値を示します。 筋力トレーニングはテストステロンとIGF-1レベルを増加させるので、研究者によっては、筋力トレーニングのほうが心臓循環系トレーニングより有効であると議論する人もいます。 www.nakajimabonesetter.com 筋力トレーニングと認知機能の改善 Cassilhasらは、高齢者群の6ヶ月間の筋力トレーニング後に認知機能の改善と高いIGF-1レベルを観察しています。 また、Nottebornらはテストステロンの高い脳由来神経栄養因子(BDNF)レベルの…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

…疲労とは 筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。 したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。 疲労はスポーツ課題を実行中の神経筋コントロールの変化と下肢の動的な関節安定性の低下に関連します。 さらに、疲労はコーディネーションの低下、固有感覚の変化、膝や股関節の屈曲の減少など、下肢のバイオメカニクスの変化、膝の動的外反、地面反力の増加、関節が安定するまでの時間の増加などとも関連があります。 www.naka…

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響(3%の体重減少によって、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度の上昇、およびレップ数の低下がみられた)

…る研究もあり、また、筋力とパワーが脱水の悪影響を受けたとする研究もあります。 www.nakajimabonesetter.com パフォーマンスに影響を与える因子 Hayes&Morseは、垂直跳びと120°/秒の等速性レッグエクステンションには脱水の影響はみられませんが、等尺性および30°/秒レッグエクステンションは脱水によってパフォーマンスが低下したことを明らかにしています。 Jonesらは、約3%の体重減少によって、、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下したことを、K…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

… そのため、選手の筋力およびパワー発揮能力を測定することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引A One-Day Field Test Battery for the Assessment of Aerobic Capacity Anaerobic Capacity Speed and Agility of Soccer Players Sprint like Ronaldo, Bale, and Walcott: Soccer …

カフェインとパフォーマンス(カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性がある)

…フェインの摂取が最大筋力に及ぼす影響はわずかですが、カフェインの摂取は、アスリートに反応時間の向上と発揮パワーの増大という二重の利益をもたらす可能性があります。 過去数十年間に行われた研究は、単純な手の運動を使って、カフェインが刺激に対する反応時間に及ぼす効果を調べたものに限られていますが、研究結果からは、カフェインのプラスの効果が認められました。 反応時間と関係のあるもうひとつの分野はアジリティになります。 アジリティは爆発的な減速と方向転換、および再加速の能力と定義される…

機能的テストを利用した体幹の脆弱性(体幹の機能が低下していれば、胴体の側屈や股関節の内転・内旋・膝外反が確認でき、大殿筋や中殿筋の機能低下は、ランジの際に下肢のポジションを制御不能にする主な原因になる)

…股関節や腰部、臀部の筋力が低下している徴候と考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引McGill SM.(2002)Low Back Disorders;Evidence-Based Prevention and Rehabilitation.Champaign.IL:HumanKinetics. ムーブメントーファンクショナルムーブメントシステム:動作のスクリーニング,アセスメント,修正ストラテジー作者: Gray Cook,中丸…

臀筋の活性化(外転と外旋は運動の重要な要素であり、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは傷害予防の観点からも重要になる)

…殿筋機能と股関節伸展筋力は、腰痛と膝痛の症状に関連があるとされています。 シングルレッグ・スパインブリッジやその他類似のエクササイズは、GAの活性化に有益になります。 www.nakajimabonesetter.com 股関節の内転および内旋可動性 傷害予防やリハビリテーションでは股関節外転筋や外旋筋の強化に大きな比重が置かれるため、股関節内転筋と内旋筋の筋力不足は見落とされがちになります。 しかし、股関節の内転および内旋可動性(HIRM:hip internal roti…

パフォーマンスの知識(フィードバックを与えた試験において、膝関節伸筋群がそれぞれ7.2%および6.4%、膝関節屈筋群が8.7%および9.0%、フィードバックなしの試験に比べて高い数値を示した)

…ter.com 発揮筋力に、視覚的な同時フィードバックが及ぼす効果 Graves&Jamesは、手の小指の等尺性外転運動における発揮筋力に、視覚的な同時フィードバックが及ぼす効果を調査しました。 筋活動1回おきにフィードバックを与えたところ、フィードバックを与えた場合のほうが、与えなかった場合に比べて発揮筋力のピーク値が大きくなりました(前者は4.4±0.29kg、後者は4.1±0.26kg)。 これらの研究結果から、視覚的フィードバックの使用は、等速性および等尺性の発揮筋力…

下肢における筋挫傷および慢性障害予防(障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善、さらに適切なアライメントには、骨盤周囲の体幹筋群の安定性が重要になる)

柔軟性と骨盤周囲の安定の重要性 下肢の筋挫傷(肉離れ)やオーバーユースによる慢性障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善が求められます。 下肢筋群の中でも、大腿四頭筋、腸腰筋、下腿三頭筋、ハムストリング、内転筋群の静的あるいは動的ストレッチが有効とされています。 また、適切なアライメントには、骨盤周辺あるいは体幹筋群の安定性が必要であるため、腸腰筋、内腹斜筋、多裂筋、腰方形筋など深部の安定化組織を活性化させる体幹エクササイズを導入すべきとされています。 www.nakajimabo…

ジュニア競技選手の傷害予防プログラム(FIFA-11プログラムは体幹の安定化、ハムストリングのエキセントリックトレーニング、バランスエクササイズによる固有感覚受容器の向上、下肢筋群の動的安定化とプライオメトリックによる神経筋コントロールの要素を含んでいる)

…種目)、自体重による筋力強化(3種目)、プライオメトリックトレーニング(5種目)アジリティランニング(3種目)で構成された20分のウォーミングアッププログラムであり、このプログラムの実施によってACL損傷やACL損傷リスクが低下していることが示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com Labellaらの研究 Labellaらの研究では、動的エクササイズ(ジョギングや動的ストレッチを含む4種目)、漸進的な自体重による筋力強化(7~8種目)、プライオ…

スクワットの負荷の増加に伴い、股関節伸展モーメントはどのように変化するか?(スクワット中の股関節伸展モーメントは膝関節伸展モーメントより大きな割合で増加することが示されている)

…setter.com 引用・索引Strength and Conditioning Research Limited Loughborough Leicestershire United Kingdom FSDUALWIN エクササイズバンド トレーニングバンド 筋力トレーニング トレーニング フィットネス チューブ ループバンド 強度別3本セット 収納ポーチ付き お尻トレ 美尻トレ 脚トレ出版社/メーカー: FSDUALWINメディア: その他この商品を含むブログを見る

フィードバック制御は変化する(フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されている)

フィードバック制御 フィードフォワード制御とフィードバック制御 フィードバック制御は変化する支持サーフェスの機械的受容器の検出にかかわりますが、フィードフォワード制御は以前の経験やアスリートと環境間の学習関係から予期される活動にかかわります。 すなわち、フィードフォワード制御は、潜在的な傷害の発生以前、運動の準備中に関節を安定化させるために必要な筋の活性化を可能にする効果があることが示唆されています。 この理由から、フィードフォワードは着地や減速またカッティング時の動的な安定…

姿勢安定性の不足と傷害リスク(ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存している)

姿勢安定性 姿勢安定性とは ダイナミックバランスとしても知られる姿勢の安定性は、動的な課題を行っている間の重心の安定性をコントロールする、感覚情報と神経筋コントロールの統合に依存します。 現在のところ、バランスと下肢の傷害リスクとの関係は特に傷害歴のある人では、姿勢安定性の不足と傷害の発生頻度との間に有意な相関関係を見出しています。 姿勢安定性を評価するために使われる方法は、様々であり、先行研究と比べて対照的な結果となることもあります。 www.nakajimaboneset…

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

空腹時に行う有酸素性エクササイズ 脂肪の減少を促進させるために空腹時に有酸素性エクササイズを行うという概念は、エクササイズセッション中に燃焼する脂肪量へと効果だけを考えても誤っていると言わざるを得ません。 確かに非鍛錬者においては、複数の研究により、低強度の有酸素性エクササイズ(約60%VO2max)の前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少することが示されています。 その原因は、インスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量…

下肢間の筋力の非対称性とスポーツ傷害(股関節の外転、外旋および股関節の伸展と組み合わせた膝周囲の筋の筋力不足は、膝蓋大腿疼痛症候群、ACL損傷、および腸脛靭帯症候群のリスク因子になる)

…リスク因子 下肢間の筋力の対称性 ACL損傷のもう一つの主要なリスク因子は、下肢間の筋力の非対称性になります。 研究により、ハムストリングスの短縮性/伸張性筋力が左右で15%以上差があると、これらの筋の傷害のリスクが増大することが明らかになっています。 同様に、サッカー選手において、少なくとも片方の下肢の短縮性のハムストリングス/大腿四頭筋の筋力比が0.47~0.45以下の場合、また伸張性のハムストリングス/大腿四頭筋の左右混合筋力比(等速性装置で計測)が0.80~0.89よ…

コーディネーション能力(思春期前期は適切なコーディネーション能力をしっかりと身に付ける最適な期間であり、一方、より遅い段階(成人期)は、このスキルを最大限に向上させるには、比較的困難な時期になる)

コーディネーション能力 コーディネーション能力とは コーディネーション能力は様々に定義され、また様々に異なり、複雑な運動スキルを実行する能力を含んでいます。 複雑な運動スキルを実行する能力、動作をコントロールし調節する能力、そして環境にある物質や事象のパターンに関連付けて身体と四肢を配置する能力は、ヒトがコーディネーション能力を発揮できる方法の一部になります。 行われた動作に対するスキルの要求が、高レベルの知覚的また認知的な特性を必要とする活動において、環境と関連付いたコーデ…

青少年アスリートを対象としたパフォーマンスと傷害予防には(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれている。

…くの要素(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれています。 したがって、それぞれの構成要素の貢献を評価することは難しくなりますが、青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)は、6つの必須構成要素に分類できます。 www.nakajimabonesetter.com 青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)の6つの必須構成要素 動的安定性 コーディネーション 筋力 プライオメトリックス スピード&アジリ…

コーディネーションエクササイズの漸進(INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになる)

INTトレーニング INT(神経筋統合)トレーニングの目的 INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになります。 基本的な運動能力とSSSに必要とされるコーディネーション能力を発達させるために、先行研究に基づいて、包括的なトレーニング指針を実施することになります。 この方法論に関連して、スキルが結合した複雑な活動(ジャンプ-方向転換-ジャンプなど)を分析した他の研究も、この種の課題遂行能力を正しい方法で発達させる難しさに関して、さらに多くの情…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…タンストレーニング 筋力トレーニングの漸進 科学的な研究に基づいた、青少年のための筋力トレーニングの漸進に関係のあるもうひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になります。 始めは、低負荷から中程度の負荷を用いて、低速から中程度の速度でレジスタントレーニングを行う必要があります。 幼年期の高い神経可塑性を考えると、若年アスリートはまず低強度のエクササイズでしっかり確実な技術を習得し、その後運動のスピードや負荷を適切に漸進させることが重要になります。…

扁平足

…の疾患による筋麻痺や筋力低下で生じる 外傷性偏平足:骨折や脱臼、靭帯損傷により生じる 静力学的偏平足:荷重(立位)により生じる その他の原因:後脛骨筋腱機能不全症(PTTD)、骨系統疾患、関節リウマチなど 発生時期による分類 小児期偏平足(幼児期偏平足):歩行開始後に気づかれる偏平足。多くは成長に伴って自然に足アーチが形成される。 思春期偏平足:小児期偏平足が思春期まで残存したもの。スポーツ活動に関連し、運動時痛や易疲労感が生じる。 成人期偏平足:加齢による腱の変性や体重増加…

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

…ライオメトリックスと筋力トレーニング)が最も効率的であったことが示されています。 しかし、著者は、これらの分野では知識が限られているため、様々なトレーニング方法の効果を定量化することは難しいと示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com 青少年のスピードトレーニング 科学的な研究に基づくと、スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要があります。 これは、…

足根管症候群

足根管症候群とは、足にしびれが生じる疾患です。 足根管症候群は、内くるぶしの近辺を走行する後脛骨神経と呼ばれる神経が圧迫されることを原因として発症する絞扼性神経障害です。 足根管症候群では、足の裏がじんじんする、しびれるなどの症状が見られます。 原因 ガングリオン、腫瘤、足根骨癒合症などの占拠性病変による圧迫が多いです。 その他の原因として腱鞘炎や外傷による腫脹、ギプス固定による圧迫などがあります。 病態 脛骨神経は足根管内で内側足底神経と外側足底神経、および踵骨枝に分岐する…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…r.com 青少年の筋力トレーニングにおける漸進のガイドライン 日 投球指導 ストレングス&コンディショニング 登板日 試合前のブルペン投球試合(80球超)投球後エクササイズ 補助ストレッチング 1日目 軽めのトス前回の試合の反省 その場のランジ12,8,6,4,2レップ(50,60,70,80,85%1RM)ラテラルランジ12,8,8レップ(50,70,70%1RM)DBシングルレッグ・デッドリフト12×3レップ(70~80%1RM)ケーブル・ヒップアダクション2×15レッ…

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

感覚運動と固有感覚 固有感覚系は感覚運動系の一部で、求心性と遠心性の信号が含まれ、機能的な関節安定性を保持する間の感覚運動制御を統合するパイプの役割を果たしています。 視覚的入力と前庭入力が競技パフォーマンスに貢献しますが、末梢の機械的重要器は通常最も傷害による影響を受けやすく、したがってトレーニング的観点最も改善が可能になります。 このレビューの目的は「様々な筋と関節組織の圧力、張力と長さの変化を検出することによって達成され、動的な関節安定性の維持に貢献する感覚運動の感度」…

筋力と筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

筋力不足 動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。 能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。 筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。 研究によると、筋力不足は急性(ACL断裂やハムストリングスの肉離れ)と慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。 www.nakajimabonesetter.com 膝周辺の筋力のバランス 膝…

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

ケトルベルでの傷害リスク KBトレーニングのために利用可能な多くの教育情報源の欠点として、ニュートラルではない脊椎(例えば、胸椎、頚椎または腰椎の過伸展など)でKBを実施していることが挙げられます。 エクササイズ中に腰椎を屈曲することは腰部の傷害リスクを高めます。 腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになります。 これは、KBをエクササイズ中の脊椎の自…

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

…レーニングにより発揮筋力が低下し、拮抗筋の活動増大をもたらす可能性があり、それがレジスタンストレーニング時の絶対筋力の増大に悪影響を及ぼすかもしれないともされています。 www.nakajimabonesetter.com 競技パフォーマンスとバランストレーニング 競技パフォーマンスに対する不安定性トレーニングのプラスの効果はまだ定量化されていません。 しかし、若年アスリートにレジスタンストレーニング介入をする場合、大きな力(安定状態)と神経筋系へのストレス(不安定状態)の両…

頚肩腕症候群

…せん。 持続的な筋力が低下します。 頭部保持テスト、上肢保持テスト、下肢挙上テストなどにて誰にでも容易に判断できます。 業務との関連性が明確であって、機能的または器質的異常がみられる場合、頸肩腕症候群と呼ばれる場合があります。 www.nakajimabonesetter.com 治療 まずは、原因を自身で理解し、原因をなくすことが大切です。 仕事が原因だとしたら、これを軽くしていくことです。 病気のあらわれ方は、一人一人の顔が違い、体つきが異なるように、少しずつ微妙に違って…