Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

筋力 の検索結果:

青少年アスリートを対象としたパフォーマンスと傷害予防には(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれている。

…くの要素(バランス、筋力、プライオメトリックス、アジリティ、スピード、コーディネーションなど)が含まれています。 したがって、それぞれの構成要素の貢献を評価することは難しくなりますが、青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)は、6つの必須構成要素に分類できます。 www.nakajimabonesetter.com 青少年のINTプログラム(統合的神経筋トレーニング)の6つの必須構成要素 動的安定性 コーディネーション 筋力 プライオメトリックス スピード&アジリ…

コーディネーションエクササイズの漸進(INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになる)

INTトレーニング INT(神経筋統合)トレーニングの目的 INTトレーニングの目的は、いかなるコーディネーション能力も分離しないことになります。 基本的な運動能力とSSSに必要とされるコーディネーション能力を発達させるために、先行研究に基づいて、包括的なトレーニング指針を実施することになります。 この方法論に関連して、スキルが結合した複雑な活動(ジャンプ-方向転換-ジャンプなど)を分析した他の研究も、この種の課題遂行能力を正しい方法で発達させる難しさに関して、さらに多くの情…

青少年のための筋力トレーニングの漸進(ひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になる)

…タンストレーニング 筋力トレーニングの漸進 科学的な研究に基づいた、青少年のための筋力トレーニングの漸進に関係のあるもうひとつの主要なパラメータは、エクササイズを遂行する際の加速と遂行速度になります。 始めは、低負荷から中程度の負荷を用いて、低速から中程度の速度でレジスタントレーニングを行う必要があります。 幼年期の高い神経可塑性を考えると、若年アスリートはまず低強度のエクササイズでしっかり確実な技術を習得し、その後運動のスピードや負荷を適切に漸進させることが重要になります。…

扁平足

…の疾患による筋麻痺や筋力低下で生じる 外傷性偏平足:骨折や脱臼、靭帯損傷により生じる 静力学的偏平足:荷重(立位)により生じる その他の原因:後脛骨筋腱機能不全症(PTTD)、骨系統疾患、関節リウマチなど 発生時期による分類 小児期偏平足(幼児期偏平足):歩行開始後に気づかれる偏平足。多くは成長に伴って自然に足アーチが形成される。 思春期偏平足:小児期偏平足が思春期まで残存したもの。スポーツ活動に関連し、運動時痛や易疲労感が生じる。 成人期偏平足:加齢による腱の変性や体重増加…

青少年のスピードトレーニング(スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要がある)

…ライオメトリックスと筋力トレーニング)が最も効率的であったことが示されています。 しかし、著者は、これらの分野では知識が限られているため、様々なトレーニング方法の効果を定量化することは難しいと示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com 青少年のスピードトレーニング 科学的な研究に基づくと、スピードの向上を目的として青少年をトレーニングする場合、トレーニングの最初のレベルは正しいランニングの運動学とテクニックに焦点を合わせる必要があります。 これは、…

足根管症候群

足根管症候群とは、足にしびれが生じる疾患です。 足根管症候群は、内くるぶしの近辺を走行する後脛骨神経と呼ばれる神経が圧迫されることを原因として発症する絞扼性神経障害です。 足根管症候群では、足の裏がじんじんする、しびれるなどの症状が見られます。 原因 ガングリオン、腫瘤、足根骨癒合症などの占拠性病変による圧迫が多いです。 その他の原因として腱鞘炎や外傷による腫脹、ギプス固定による圧迫などがあります。 病態 脛骨神経は足根管内で内側足底神経と外側足底神経、および踵骨枝に分岐する…

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…r.com 青少年の筋力トレーニングにおける漸進のガイドライン 日 投球指導 ストレングス&コンディショニング 登板日 試合前のブルペン投球試合(80球超)投球後エクササイズ 補助ストレッチング 1日目 軽めのトス前回の試合の反省 その場のランジ12,8,6,4,2レップ(50,60,70,80,85%1RM)ラテラルランジ12,8,8レップ(50,70,70%1RM)DBシングルレッグ・デッドリフト12×3レップ(70~80%1RM)ケーブル・ヒップアダクション2×15レッ…

固有感覚の変化(固有感覚の低下は異常なバイオメカニクスと関連付けられ、そのためアスリートは傷害を負いやすくなる)

感覚運動と固有感覚 固有感覚系は感覚運動系の一部で、求心性と遠心性の信号が含まれ、機能的な関節安定性を保持する間の感覚運動制御を統合するパイプの役割を果たしています。 視覚的入力と前庭入力が競技パフォーマンスに貢献しますが、末梢の機械的重要器は通常最も傷害による影響を受けやすく、したがってトレーニング的観点最も改善が可能になります。 このレビューの目的は「様々な筋と関節組織の圧力、張力と長さの変化を検出することによって達成され、動的な関節安定性の維持に貢献する感覚運動の感度」…

筋力と筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

筋力不足 動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。 能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。 筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。 研究によると、筋力不足は急性(ACL断裂やハムストリングスの肉離れ)と慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。 www.nakajimabonesetter.com 膝周辺の筋力のバランス 膝…

ケトルベルトレーニング中の安全と効果のための推奨事項(腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになる)

ケトルベルでの傷害リスク KBトレーニングのために利用可能な多くの教育情報源の欠点として、ニュートラルではない脊椎(例えば、胸椎、頚椎または腰椎の過伸展など)でKBを実施していることが挙げられます。 エクササイズ中に腰椎を屈曲することは腰部の傷害リスクを高めます。 腰椎の動きをコントロールする筋群(すなわち「コア(体幹)」)の主な機能は、力が下半身からキネティックチェーンを通じて伝わる際に腰椎を固くしっかりと支え補強することになります。 これは、KBをエクササイズ中の脊椎の自…

バランスが崩れた不安定な状態で力を発揮する(不安定なレジスタンストレーニングは、安定的なレジスタンストレーニングと比較すると、より大きな神経筋適応を促すことが明らかになっている)

…レーニングにより発揮筋力が低下し、拮抗筋の活動増大をもたらす可能性があり、それがレジスタンストレーニング時の絶対筋力の増大に悪影響を及ぼすかもしれないともされています。 www.nakajimabonesetter.com 競技パフォーマンスとバランストレーニング 競技パフォーマンスに対する不安定性トレーニングのプラスの効果はまだ定量化されていません。 しかし、若年アスリートにレジスタンストレーニング介入をする場合、大きな力(安定状態)と神経筋系へのストレス(不安定状態)の両…

頚肩腕症候群

…せん。 持続的な筋力が低下します。 頭部保持テスト、上肢保持テスト、下肢挙上テストなどにて誰にでも容易に判断できます。 業務との関連性が明確であって、機能的または器質的異常がみられる場合、頸肩腕症候群と呼ばれる場合があります。 www.nakajimabonesetter.com 治療 まずは、原因を自身で理解し、原因をなくすことが大切です。 仕事が原因だとしたら、これを軽くしていくことです。 病気のあらわれ方は、一人一人の顔が違い、体つきが異なるように、少しずつ微妙に違って…

肘部管症候群

…経支配の母指内転筋の筋力低下によっておこる現象で、両手の母指と示指で紙を挟んで引っ張るようすると、患側の母指が屈曲してしまう現象です。 これは、母指内転筋の筋力低下をほかの筋(長母指屈筋)の筋力により代償するために生じます。 ギヨン管症候群 尺骨神経が尺骨神経管(ギヨン管)内で絞扼・圧迫されることで絞扼神経障害をきたすものです。 長時間にわたるハンドル把持などの小指球部に圧迫刺激が加わる動作や、ガングリオン。腫瘤といった占拠性病変、破格筋による圧迫などが原因となります。 病変…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

スポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵 チームスポーツやラケットスポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵は、高強度の運動を反復する能力を発達させることですが、それは疲労のマイナス効果を減じるために、神経筋系と心肺系の効率を高めることによって初めて達成できます。 この能力は、パフォーマンスの向上だけではなく、傷害予防にも重要な役割を果たします。 神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされています。 最近、高強度インターバルトレーニング(HIIT:high …

青少年アスリートにおける神経筋傷害リスク因子の分析(筋疲労、筋の活性化のタイミングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位性(動的外反)、下肢の神経筋のアンバランス、不十分な筋スティフネス、姿勢安定性の不足、固有感覚の変化、そしてフィードフォワードコントロール等がある)

…ングと大きさの変化、筋力不足、前額面コントロールの優位性(動的外反)、下肢の神経筋のアンバランス、不十分な筋スティフネス、姿勢安定性の不足、固有感覚の変化、そしてフィードフォワードコントロールになります。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋傷害リスク因子と神経筋トレーニングの関連要素 青少年の神経筋傷害の潜在的リスクの潜在的リスク因子 神経筋トレーニングの焦点 筋疲労 筋力とパワー 筋持久力 高強度インターバルトレーニング 疲労状態でのトレーニングへ…

青少年アスリートのコーディネーション能力とは(空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になる)

青少年におけるコーディネーション能力の発達 青少年におけるコーディネーション能力の発達に関して、研究により、多種多様なコーディネーションの分類が提供されています。 特に、Meinel&Schnabel'sによるコーディネーションの分類は、適切なコーディネーション能力の包括的なリストを提供しています。 すなわち、空間-時間定位、反応、リズム、運動の識別、バランス、適応または運動転換、そして運動または結合動作になります。 www.nakajimabonesetter.com…

梨状筋症候群

股関節を支える筋肉、梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経が骨盤出口部で傷害されることによっておこる絞扼性神経障害です。 筋肉は通常柔らかいですが、なんらかの原因で硬くなり、これが圧迫の原因になり疼痛が起きている状態のことです。 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。 原因 日常生活やスポーツで繰り返し負担がかかった場合や、腰部・臀部の外傷や梨状筋・坐骨神経の破格(機能的な問題を生じない範囲でみられる、解剖学的な個体差のこと)などがあります。 股関節を…

ケトルベルトレーニング(外的負荷を素早く加速したり減速したりすることを要求されるKBトレーニングは神経筋系に過負荷をかける研究では、結果として筋力とパワーの増加が認められた)

…研究では、結果として筋力とパワーの増加が認められました。 Lake&Lauderによる研究では、介入群(KB)とコントロール群(ジャンプスクワット)に週2回、6週間のエクササイズを行わせました。 KB群の介入は、30秒の運動と30秒の休息からなるKBスイングを12ラウンド(6レップ3セット)と、加速KBスイング(6レップ4セット)で構成されていました。 この研究のコントロール群はピークパワーを発揮できるように負荷を調節したバーベルを用いてジャンプスクワットを少なくとも3レップ…

持久力トレーニングと筋力トレーニングによる干渉作用とは(筋力と持久力の同時トレーニングを実施した場合には、筋力の向上効果が抑制されますが、一方で持久力パフォーマンスには悪影響が生じないことが明らかになっている)

持久力トレーニングと筋力トレーニング 持久力トレーニングと筋力トレーニングは、それぞれがもたらす適応の種類が異なります。 持久力トレーニングがもたらす主な適応は、心拍出量、ミトコンドリア密度、酵素濃度と酵素活性、および毛細血管密度の増大によるVO2maxの向上であるのに対し、筋力トレーニングの主な目的は、神経筋活性と筋肥大の促進による最大筋力の向上になります。 www.nakajimabonesetter.com 干渉作用 このような適応の違いにより、筋力と持久力の同時トレー…

総腓骨神経麻痺

…垂足 前脛骨筋などの筋力低下や筋委縮により、足関節の背屈障害きたします。 鶏歩 下垂足でつま先が地面に引っかかるのを避けるために、ニワトリのように膝を高く上げて歩きます。 治療 保存療法として、装具療法、関節可動域訓練、運動療法、電気療法、薬物療法などをおこないます。 重症の場合手術療法も検討します。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P296.297 清田恵 (adsbygoogle = window.ad…

ケトルベルの安全性(ケトルベルによる最大心拍数(HRmax)の少なくとも76%に達する活動は、心臓血管系の健康向上に利益をもたらす「活発な」エクササイズに分類される)

…活用されてい用具で、筋力、パワー、持久力の向上のためにしばしば推奨されます。 YouTubeで「Kettlebell training」と入力すると10万本以上の関連映像が出てきます。 対照的に、National Library of Medicine(米国国立医学図書館)の学術論文検索サービスであるPubMedでは、同じ検索語でわずかに10件の論文しか検索できません(2013年1月時点)。 したがって、このトレーニング用具による利益とその利用には、エビデンスに基づくアプロー…

腰部脊柱管狭窄症

…ることも多いため、まず、保存療法がおこなわれます。 馬尾症状を呈している場合では自然軽快傾向が認められないことが多く、手術療法を検討する場合もあります。 保存療法として運動療法、装具療法、薬物療法、神経ブロックなどがあり、運動療法では、ストレッチ、筋力強化で関節可動域を広げ患部への負担を減らすようにします。 www.nakajimabonesetter.com (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

変形性股関節症

…差の存在、または外転筋力の低下により、様々な跛行(疼痛回避跛行、トレンデレンブルグ歩行)をきたす。 関節変形 ・進行すると股関節は変形(屈曲、内転、外旋拘縮)し、患肢短縮に伴う脚長差をきたす。 www.nakajimabonesetter.com 原因・病態 変形性股関節症は、原疾患が明らかでない一次性と、何らかの疾患・病態に続発する二次性に分けられる。 日本では二次性が大半を占め、特に寛骨臼形成不全や発育性股関節形成不全(DDH)による股関節の亜脱臼、脱臼によるものが多いで…

変形性膝関節症

…安定性を高める) ・筋力増強訓練(大腿四頭筋など) ・有酸素運動 ・ストレッチ 装具療法(関節の安定性を改善し内側への負担を軽減して、症状を緩和する) ・膝装具 ・足底版 ほか、疼痛改善のために鎮痛薬や関節内注射をする場合もあります。 関節内注射では、ステロイド関節症に注意が必要です。 そして、保存療法無効な場合、手術療法が選択肢に含まれます。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P400.401.402.40…

ピリオダイゼーションにおける負荷(エクササイズの種類によっても異なるが、パワートレーニングはスクワットやジャンプスクワットのように比較的低負荷(50%1RM以下)で行なうことで効果が得られる場合が多くなる)

…以上)。 非常に筋力の大きいアスリートは示されている負荷よりも高負荷でパワー出力を最適化できる場合があるために、その点にも注意が必要になります。 パワートレーニングの負荷を選択する際には筋力の個人差も考慮に入れなければなりません。 また広範な負荷を用いてのトレーニングは、ひとつの決まった負荷のみ用いるトレーニングに比べ、パワー出力が最適化される可能性が非常に高いです。 また、スピードトレーニングでは可能な限り高速での動作が求められるため、%1RM負荷を非常に低くして行います。…

思春期の成長(小児期にFMSを発達させ、その後思春期にSSSを開発させることが理想的とされている)

子ども、思春期の若者に必要とされるFMS要素 子どもたちや思春期の若者が成長するにつれて、集団競技への参加など、より複雑で要求の厳しい身体活動を行うためには、さらに広範囲のFMSが必要になります。 体力を維持し、傷害リスクを低減するためには、FMSと競技活動との関係を促進することがきわめて重要になり、INTにより、子どもたちがより難度が高く競技特異的なスキル(SSS:sport-specifific skill)に進む前に、FMSに自信をもち十分な能力を発揮できるようにする必…

筋力および持久力トレーニング(筋力トレーニングにより運動単位の同期化と動員にかかわる神経筋系の変化が生じた結果、地面に対して素早く力を吸収し発揮する能力が向上した)

ランニングスピードと筋力トレーニング Damascenoらの近年の研究において、8週間の筋力トレーニングを実施したところ、10km走の中盤から終盤にかけてのランニングスピードが向上し、ひいては全体的なパフォーマンスが改善しました。 この研究において、筋力トレーニング群の被験者は下肢を対象とした一連の筋力トレーニングエクササイズを週2回、8週間にわたって実施し、実施後のテストでは、漸進過負荷試験におけるトレッドミルのピーク速度が、筋力トレーニング群で向上しています。 著者らは、…

青少年の伸張-短縮サイクル:Stretch Shortening Cycle(高強度のプライオメトリックエクササイズは、最大努力と大きな関節負荷を伴う活動であると説明されており、適切な運動メカニズムの正しい発達を保証する)

伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)と傷害 プライオメトリックストレーニングにより、青少年アスリートの筋パワーが向上し、スポーツパフォーマンスが高まり、傷害リスクが低下することが知られています。 このトレーニング方法は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)の能力向上に基づくものになります。 SSCは、筋の急激な伸張(伸張性筋活動)とそれに続いて起こる急激な短縮(短縮性筋活動)によって成り立ちま…

コア(体幹)トレーニングのコンセプト(コア(LPHC)はユニットとして機能し、加速、減速、動的安定、圧縮、捻り、剪断のストレスにアイソメトリック(等尺性)に耐えうるよう協働に働く)

…ル、安定性、持久力、筋力、パワーはコアが最適なポジションで安定することで必要な速度とタイミングで発揮することが出来る。 3.コア(LPHC)はユニットとして機能し、加速、減速、動的安定、圧縮、捻り、剪断のストレスにアイソメトリック(等尺性)に耐えうるよう協同に働く。 ローカルスタビライザー:脊椎に直接付着する筋群 1.脊柱に付着し、脊椎間の安定性を高める 2.主に過度の圧縮、回旋、剪断を制限する www.nakajimabonesetter.com ローカルスタビライゼーショ…

能動的スティフネスと受動的スティフネス(筋スティフネスは、関節の安定性の維持、またパワーの発揮能力にとってもきわめて重要になる)

…パワートレーニングと筋力トレーニングが必要になります。 それ以上の筋スティフネスの向上のためには、青少年期の神経筋トレーニングにおいて、爆発的パワーと伸張性負荷を強調する必要があります。 さらに、筋スティフネスは成熟/発達状態によって異なり、思春期はホルモンの変化を伴い、それが特に男性の筋スティフネスの増加をもたらします。 この場合、筋スティフネスの向上と同時にコンプライアンスを改善するトレーニング法も適用すべきです。 www.nakajimabonesetter.com 引…