Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋力 の検索結果:

矯正、施術目的のコアエクササイズ(慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げ、ハムストリングスを殿筋の代用として股関節を伸展させようとする)

…性) 持久力の向上 筋力の増強 スピード、パワー、アジリティの強化 適切なコレクティブエクササイズを作成する第一段階はすべての不安定な動作および運動パターンを特定することから始まります。 最初にエクササイズを行う際は、誘発試験とみなし、推測される実用的な診断の範囲内で各エクササイズを検討し、それらのエクササイズに耐えることができれば、クライアントは次の段階に進み、耐えられない場合は、テクニックを再検討し、修正してさらに耐えられるバリエーションを試します。 www.nakaji…

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

…性 臨床的 機能的 筋力とパワーへの影響 低下 促進 神経筋の影響 最小限 著しい 関節の関与 一、二関節 多関節 筋膜の影響 最小限 著しい 評価 臨床検査(ゴニオメーター) 機能的、要追跡 最適な導入のタイミング 活動の後 活動の前後 これらの違いを正しく理解すると、青年期および高校生アスリートの可動性トレーニングのあらゆる取り組みにおいて重要な、3つの基本的特徴が明らかになります。 第一 第一に、「ある可動性トレーニングがすべてのアスリートに有効であるとは限らない。」と…

左右の両下肢における神経筋バランス(下肢の神経筋系の非対称性は傷害と結び付けられ、受傷の再受傷の危険のあるアスリートを検出するための予測ツールとして用いることができる)

…はありますが、両脚の筋力とパワーの差が傷害リスクを高める閾値は10~15%であることが研究により示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com 下肢の筋力、コーディネーションの非対称性 同様に片脚での垂直跳びにおいて、両脚の差が<15%であることが青少年期の生理学的基準とみなされます。 注意すべき重要な点として、下肢の筋力やコーディネーションおよび姿勢コントロールの非対称性は、特に青少年期においては、男性アスリートよりも女性アスリートに起こりやすくな…

トレーニング変数(解糖系の多量のボディビルスタイルプログラムは、少量のルーティンより急性テストステロン濃度を大きく高め筋肥大を促す)

…3分の休息で行う最大筋力(MS)ルーティンと、75%1RMで10レップを2分間の休息で行う最大筋肥大(MH)ルーティンのGH応答を比較しました。 運動後のGHを2,4,6セット後に測定したところ、GH濃度は、MHの4セット後は2セット後に比べ有意に高くなりますが、MSではそういった現象はなく、多量のルーティンが代謝産物jの蓄積をもたらす上で優れていることを明らかにしました。 www.nakajimabonesetter.com スプリットルーティンと筋肥大 1回のセッションで…

クレアチン(筋内のクレアチンリン酸貯蔵量を増やすことは、高強度エクササイズのパフォーマンスに関与するホスファゲン機構で細胞の生体エネルギーを高める)

… クレアチンは現在、筋力/パワー系アスリートのための他の様々なスポーツ栄養サプリメントとの比較に用いられる基準サプリメントになります。 実際、国際スポーツ栄養学会(International Society of Sport Nutrition)が発表した見解によれば、クレアチンモノハイグレードは、アスリートが現在入手できるサプリメントの中でも、トレーニング中の高強度運動能力および除脂肪体重に関しても最もエルゴジェニック効果の高いサプリメントであるとされています。 クレアチン…

才能評価のためのバイオバンディングの事例(英国サッカーではElite Player Performance Planとして、全プレミアリーグとカテゴリー1の選手要請機関は、年に3回、標準化された一連の体力テストを実施している)

…(ピークVO2、静的筋力、パワー、スピード)にも、大概は、少年や少女のPHVのタイミングに関連のある思春期スパートがあることを認識することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The relative age effect in combar sport Ananalysis of Oly…

年齢と腱の柔軟性(幼い子どもの腱構造は最も柔軟性が高く、成人はスティフネスが大きく、年少の少年の腱における伸張は特に高く、筋の横断面積当たり0.35MPa以上で、他の2群より著しく高くなる)

…動作段階における推定筋力と腱伸張との関係になります。 青少年の筋/腱の柔軟性に関する観察結果は、他の研究でも裏付けられています。 www.nakajimabonesetter.com 腱スティフネスの増加とは 腱スティフネスの増加を説明する主な理由として、ひとつは、腱量の増加により、解剖学的な断面積と腱長が増加することになります。 腱サイズと横断面積が増加する原因のひとつは、成熟するにつれてコラーゲン原線維の直径自体が増加するためであるとされています。 この変化は、筋サイズや…

SAIDの原則:Specific adaptation to imposed demands(神経筋系は課せられた刺激に対して特異的適応を起こす)

…:出版社/メーカー: ブックハウス・エイチディ発売日: 2018/01/30メディア: 単行本 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル ≪写真と動画でよくわかる!≫作者:NSCA ジャパン出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 2019/01/21メディア: 単行本(ソフトカバー) 目でみる筋力トレーニングの解剖学―ひと目でわかる強化部位と筋名作者:フレデリック ドラヴィエ出版社/メーカー: 大修館書店発売日: 2002/04/01メディア: 単行本

高校生アスリートのにおけるウェイトリフティング(女子アスリートにおいてはクリーンやスナッチ等の「キャッチ」局面での減速が前十字靭帯損傷の予防に有効である)

…ェイトリフティングは筋力と爆発力を向上させるとされていますが、トレーニングを適切に漸進させれば、他の効果も得られる可能性があり、例えば競技能力の開発と向上、耐久力の増大、バランスのとれた身体発育、トレーニング時間やエネルギーの効率的な利用が挙げられます。 また、ウェイトリフティングの幅広いバックグラウンドを有するアスリートは自信にあふれ、競技系スポーツへのアプローチにおいて勢力的であり、アスリートとしての生活スタイルを心得ています。 例えば、女子バレーボールとバスケットボール…

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

…らず、その特性には、筋力、パワー、アジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。 特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。 プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニ…

整形外科的疾患に対するEMSの効果(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

…後早期の筋萎縮および筋力低下を有意に抑制する効果を認めました。 また、術後3ヶ月後の中期的な経過においても術後早期に電気刺激トレーニングを導入したほうが膝伸展筋力の回復力は高くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 電気刺激が生体に起こす生理学的変化 これらの一連の研究結果から、電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段であることが明らかになりました…

クロール泳におけるIAP:腹腔内圧(水泳時の腹腔内圧は%maxIAPをみると、最も速い1.4m/sであっても13.7±2.7%であり、変化量も2.3±0.6kPaであった)

競泳と腹腔内圧 クロール泳におけるIAP(腹腔内圧) 最大下努力泳のIAPを最初に測定した報告では、全米学生選手権に出場できる程度の泳力をもつ7名の男子学生(身長1.71±0.05m、体重63.4±3.7kg)を対象とし、この実験は、流水プールを用いて行っているため、泳者の移動を伴わないもので、泳速度の範囲は、1.4m/sとしています。 www.nakajimabonesetter.com

レジスタンス・サーキットトレーニングと乳酸性作業閾値(高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する)

…激に上昇し、伝統的な筋力トレーニングと同様の濃度に達する可能性は、血中乳酸濃度が15mmolを上回るようなサーキットプロトコルを用いた研究にて示されています。 乳酸性作業閾値は高強度レジスタンストレーニングと短い休息時間を組み合わせたサーキットトレーニングによって改善されます。 レジスタンスサーキットトレーニングがミトコンドリア密度を上昇させることにより、乳酸除去能力の改善が期待されるためです。 www.nakajimabonesetter.com サーキットトレーニングの生…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…、安静時血圧の低下、筋力の向上、および血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com レジスタンスサーキットトレーニングとは レジスタンストレーニングの1手法としてレジスタンスサーキットトレーニング(RCT)は、ステーション、すなわちウェイトトレーニング機器を使用し、規定の休息時間を挟んで行う多様なエクササイズによって構成されます。 エクササイズの明確な数、量、負荷、休息時間の長さ、セッションの長さ、および…

成人と比較する思春期前のプライオメトリックトレーニング(成人と比較すると、思春期前では、筋力トレーニングに対する適応のうち、運動単位の動員:神経適応が主な適応である可能性が高いことがわかってきた)

…人と思春期前の子供の筋力トレーニングの適応 成人と比較すると、思春期前の子どもでは、筋力トレーニングに対する適応のうち、運動単位の動員すなわち神経適応が主な適応である可能性が高くなります。 Ozmunらは、筋電図(EMG)を用いて、8週間の筋力トレーニングの後に生じた思春期前の少年少女の変化を計測し、その結果、トレーニングに適応した筋量の有意な増加はみられなかったにもかかわらず、被験者の最大等尺性筋力(27.8%)と対応したEMGの総振幅の有意な増加(16.8%)が観察されま…

健康の生理学的指標にサーキットトレーニングがもたらす効果(週3日50~60%1RM強度で10週間行う事でHDL値上昇、グルコース処理能力も改善する)

…を対象に、有酸素性の筋力向上サーキットと漸進的過負荷を用いた研究においては、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)および総コレステロールの対HDL-C比の低下も認められました。 グルコース処理能力に与える影響 そのほかサーキットトレーニングを1日3セット、50~60%1RM強度で10週間行った研究では、グルコース処理能力の改善もみられました。 グルコース処理能力の潜在的な改善効果は、2型糖尿病とリポタンパク質をコントロールする上で、レジスタンスサーキットトレーニング…

超音波検査でわかる運動器疾患

…れ、関節可動域制限や筋力低下といった機能障害を生じるすべての疾患が超音波検査の対象となります。 www.nakajimabonesetter.com 骨 骨 上記の画像の白く映っている線は骨表面を映し出しています。 このように、骨が白く見えるのは、骨は超音波をほとんど通さないため、骨表面だけが連続性のある線状高エコー像として描出されます。 骨折の場合は、連続背が途絶して示される部分に疑いがあります。 白く描出される画像は高エコー、逆に黒く描出される画像は低エコーといいます。 …

ランニングスピード向上のためのトレーニング(パワーと力積の両方を左右する発揮筋力とテクニックドリルはスピードを向上させる重要項目になる)

…リントスピードと発揮筋力 スプリントスピードを構成するもう一つの主な要素としては、パワーと力積の両方を左右する発揮筋力があります。 ランニングにおける発揮筋力は、特に下半身のピーク筋力を増大させることによって向上させることができ、下半身の筋力増大には、スクワットやレッグプレスのような重い負荷を利用できる多関節運動が最適であるとされています。 また、パワー発揮能力の増大を直接狙うには、様々な程度の負荷を用いて爆発的エクササイズを行います。 例えば、ジャンプスクワットやパワークリ…

動的安定性(動的な安定性は、体性感覚(特に固有感覚)と視覚および前庭系から得た感覚情報の正確な機能に大きな影響を受ける)

動的安定性 下肢の動的安定性 動的安定性を改善するためのトレーニングを行う際、3つの漸進領域について、最新の研究では説明されています。 それは、静的バランス、動的バランスおよび動的安定性になります。 静的バランスは静止した基底面と静止した支持サーフェス上に重心を維持する能力と定義されます。 この能力は、体性感覚(特に固有感覚)と視覚および前庭系などから得た感覚情報の正確な機能に大きな影響を受けます。 固有感覚は神経筋トレーニングによって最も修正が可能であると示唆されています。…

能動的スティフネスと受動的スティフネス(筋スティフネスは、関節の安定性の維持、パワーの発揮能力に極めて重要になる)

…パワートレーニングと筋力トレーニングが必要になります。 それ以上の筋スティフネスの向上のためには、青少年期の神経筋トレーニングにおいて、爆発的パワーと伸張性負荷を強調する必要があります。 さらに、筋スティフネスは成熟/発達状態によって異なり、思春期はホルモンの変化を伴い、それが特に男性の筋スティフネスの増加をもたらします。 この場合、筋スティフネスの向上と同時にコンプライアンスを改善するトレーニング法も適用すべきです。 www.nakajimabonesetter.com 引…

コアの安定性とスピードトレーニング(剛性をもたらすスーパースティフネスの収縮から素早く解放され、弾性が生まれる瞬間に最高のスピードが生まれる)

…。 大抵の人は、筋力の向上を目的としたレジスタンスエクササイズを使ってスピードを鍛えますが、スピードの技術には通常、素早い弛緩速度も必要になります。 このような一見矛盾した事実は、次のことからも実証できます。 ゴルフのスイングを例にしてみると、ダウンスイングの開始には筋収縮が必要ですが、あまりに収縮しすぎれば実際のスイングは遅くなります。 つまり、スピードには弾性と弛緩が必要になります。 世界中で最も飛距離の長いゴルファーは、ボールコンタクトの直前に、全身の連携により「スーパ…

トレーニングの基礎知識(トレーニングによって筋肉がより太く強靭に生まれ変わる事を「超回復」と言い、この反応は、トレーニングにより筋肉が傷ついた証であり、同時に、回復に向けて準備が始まっていることを示すものである)

トレーニングの基礎知識 超回復 トレーニングによって筋肉がより太く強靭に生まれ変わる事を「超回復」と言います。 筋肉の損傷はトレーニング後に筋肉が熱をおびたり、軽い痛みを感じたりする「バーニング(Burning)」や筋肉中の血流が増大し、一時的に膨張する「パンプアップ(Pump up)」、の他、よく知られた例として、トレーニングの翌日や翌々日まで痛みが残る筋肉痛などによって体感されます。 こうした身体の反応は、トレーニングによって筋肉が傷ついた証であり、同時に、回復に向けて準…

スプリントスピードとは(スプリントスピードは、床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力(伸張-短縮サイクル)をうまく利用し、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力により支配されている)

…床に対してより大きな筋力を生み出す能力と接地時間を最小限に留める能力、すなわち伸張-短縮サイクルをうまく利用して、キネティックチェーンを通じてパワーを転移させる能力によって原則的に支配されていると結論づけています。 したがって、スピードを向上させるには、遊脚期の素早い脚のリカバリーよりに重点を置くよりも、短い接続時間で高いパワーを発揮できるようにトレーニングすべきとされています。 S&Cコーチはトレーニングにデプスジャンプを含め(適切なトレーニングサイクル中に)、コンタクトマ…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

…ニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が高くなるとされます。 www.nakajimabonesetter.com 高強度インターバルトレーニングはVO2maxとLTを向上させるか? Helgerudらは、中程度のトレーニング経験者55名の男性被験者(平均年齢25歳、週に3回のトレーニング、平均VO2maxは58ml/kg/min)を対象として、VO2maxの…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…。 動的安定性、筋力、プライオメトリックス、コーディネーション、スピード&アジリティ、および疲労耐性がトレーニングの必須要素になります。 その目標は、傷害に対する抵抗性を高め、青少年集団の競技パフォーマンスと運動パフォーマンスの能力を高めることになります。 青少年のためのINTでは、最初に、FMS能力を育成することによって重要な土台を形成し、次にそれらの基礎的スキルの上に、競技特異的なスキルセットを形成しなければなりません。 適切に計画されたINTプログラムの鍵となるのは、こ…

スプリントの単回帰分析と重回帰分析(大きな水平方向の推進力を発揮できるアスリートほど立脚局面ごとに水平方向の速度が上昇する度合いが大きく、したがって、より短時間で加速できる)

…ど必要とせず、残りの筋力はすべて水平方向に発揮されるはずです。 相対的な鉛直方向のGRFを大きくすることのほうが重要になるのは、アスリートが疲労などで高いストライド頻度を達成または維持できない場合に限られます。 以上のことから、スプリントの加速局面において高い加速度を達成するためには、水平方向の推進力を増大させる必要があります。 したがって、トレーニングの大部分を鉛直方向ではなく水平方向のGRFを高める目的に当てることが良い結果に繋がると考えられています。 www.nakaj…

SAID(Specific adaptation to imposed demands:課せられた刺激に対する特異的適応)

…ランス、アジリティ、筋力、爆発力、およびスピード(頭文字をとってB.A.S.E.S.)の5つになります。 人間の運動や筋力は、基本的な神経学的プロセスに沿って習得され、また向上します。 5つのスキルはそれぞれ、以下に挙げる3種のトレーニング分野に分けられます。 www.nakajimabonesetter.com 競技のための神経筋/固有感覚トレーニング ステップ1:バランス=静的または等尺性の筋収縮を通じて達成される、神経筋のコーディネーション/静的な関節安定性。 ステップ…

運動前の静的ストレッチ(力の発揮において、筋腱単位:MTUの過度なスティフネスは重要な要素になるため、柔軟性の過度な増加は力とパワー発揮能力を低下させる)

…な速度における等尺性筋力や動的筋力の減少が原因で起こるパフォーマンスの低下と関連づけられています。 等尺性筋力は明らかに動的安定性に意味を持ち(可動性にも直接影響を与える)、一方、動的筋力はパフォーマンスにとって最も重要になります。 複数の研究から、エクササイズ前の静的ストレッチングは、低速・高速フォースの運動(パワーリフティングなど)や高速・低フォースの運動(垂直跳びやスプリントなど)にマイナスの影響を及ぼすことが明らかになっています。 若干の研究は長時間のストレッチングは…

レジスタンスサーキットトレーニングと乳酸(高強度レジスタンストレーニングと短い休息時間を組み合わせたRCTにより、ミトコンドリア密度を上昇させることで、乳酸除去能力の改善が期待される)

…激に上昇し、伝統的な筋力トレーニングと同等の濃度に達する可能性は、血中乳酸濃度が15mmolを上回るようなサーキットトレーニングプロトコルを用いた研究において示されています。 休息時間の短いRCTは、乳酸性作業閾値にも、伝統的な筋力トレーニングと同等の効果をもたらす可能性があります。 ただし、効果を確認するためには、乳酸性作業閾値の変化の程度や有意性について、トレーニング状況が様々に異なる全集団において定量化を行う必要があります。 www.nakajimabonesetter…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

…ニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が高くなるとされます。 www.nakajimabonesetter.com 高強度インターバルトレーニングはVO2maxとLTを向上させるか? Helgerudらは、中程度のトレーニング経験者55名の男性被験者(平均年齢25歳、週に3回のトレーニング、平均VO2maxは58ml/kg/min)を対象として、VO2maxの…