Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋力 の検索結果:

回内足における足部強化(クライアントが足関節の後方に位置する下腿三頭筋の拘縮を適切にストレッチした後は、足部に内在する筋群および前・後脛骨筋(これらは、足関節の前方に位置する筋群になる)を強化するタイミングになる)

…筋群について継続的な筋力とパフォーマンスの向上をもたらすために、漸進的な過負荷を加えることが必要になります。 したがって、10レップを3セット、完全かつ容易に実施できるようになったら、バンドの強度もしくはウェイトの負荷を増やします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Adan RA Mechanisms Underlying current and future antiobesity drugs Trends in Neurosciences …

子どもや思春期の若者の障害予防(筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆している)

…ような研究の多くは、筋力および神経筋のコーディネーションと制御が改善すると、重度の膝の傷害(すなわち前十字靭帯損傷)が減少することを示唆しており、このような研究は有用であり、実戦にも確実に影響を及ぼしています。 現在では、複数の公式、非公式のプログラムを通じて神経筋のコーディネーションと制御を高める取り組みが、スポーツ環境では比較的日常的に実行されています。 このようなプログラムの形態として最も多くみられるのが、Cincinnati sports medicine resea…

慢性的背部痛に対する脊椎トレーニングプログラム(異常な運動様式は、グルートアムネシア(Gluteal amnesia:殿筋群を適切に動員できなくなった状態)として知られている)

…合、完璧なフォームで筋力発揮を繰り返し行うことができないリスクが高まります。 さらに興味深いことに、多くの「問題を抱えた背部」(繰り返し発症する慢性背部疾患)と無症状の対照群との差が、背部の筋力や可動性以外の変数であり、運動と運動パターンの欠陥がより一層重大であることが証明されています。 したがって、運動や運動パターンの欠陥を施術のためのエクササイズの目標とすべきであり、背部に問題を抱えた人ほど背部を使い、通常、彼らは力学的に背部への負担を増大させる方法で、歩き、座り、立ち、…

パフォーマンスにアップに役立つMIPS(筋力やパワーに及ぼすパフォーマンスの改善は、クレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、分岐鎖アミノ酸(BCAA)とされる)

…らず、それらの製品が筋力やパワーなどに及ぼすパフォーマンスの改善は、通常、わずか4種類の主要成分、すなわちクレアチンモノハイドレート、βアラニン、カフェイン、そして分岐鎖アミノ酸(BCAA)によるとされています。 www.nakajimabonesetter.com クレアチン なかでも重要なクレアチンモノハイドレートは、アスリート、非活動な女性、神経障害のお客など、多くの集団において、レジスタンストレーニングへの適応を促す最も強力な効果を有します。 一例を挙げれば、体重1k…

EMSトレーニングが筋力に及ぼす効果(筋力の増加を媒介するものは、主として筋の活性化増大などの神経系の適応がある)

EMS

筋力の増大と電気刺激 健常な筋においては、EMSトレーニングによって引き起こされる筋力の増大は、従来の随意的なトレーニングによって達成されるものと同程度(かつ補助的位置付け)であり、それを上回ることはありません。 Baxらの研究によると、大腿四頭筋が損傷している(受傷後または手術後)場合、EMSトレーニングは随意的トレーニングよりも有効な可能性があるが、大腿四頭筋が損傷していない(健常)場合は、EMSトレーニングの効果は随意的トレーニング様式よりも低いと示されました。 www…

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

長距離選手と筋力トレーニング 適切な種類の筋力トレーニングプログラムを用いれば、長距離走のパフォーマンスを向上させる可能性があります。 筋力の向上は、力(筋力)とスピードの積である筋パワーの向上をもたらし、運動能力は、その人が発揮し、維持することができる力とパワーの量によって決まります。 力とパワーに影響を及ぼすものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率に…

グルタミンの役割(高強度運動時の免疫低下現象の予防、試合期の骨格筋維持、アンモニア蓄積による中枢性疲労の軽減につながる)

…役割 グルタミンは、筋力系および持久系アスリートに向けて販売されている製品に含まれる一般的なアミノ酸になります。 グルタミンはグルタミン合成酵素の働きによりグルタミン酸塩とアンモニアから生合成されるため、大抵の状況では必須アミノ酸ではありません。 しかし、大きなストレスのかかる状況ではグルタミンの合成が阻害されるため、条件的に必須アミノ酸となります。 骨格筋はグルタミンの合成にかかわる主要な組織であり、高い確率でグルタミンを放出することが知られており、この事実によりグルタミン…

必須アミノ酸と障害リハビリテーション(EAA摂取により筋タンパク質のターンオーバーが維持されることで、筋の機能的な筋原線維が多く生み出され、筋の機能が維持された)

…偽薬摂取群には筋量と筋力の有意な低下が認められましたが、EAA摂取群は筋量を維持して、筋力の低下を減少させることができました。 これは、EAAによる筋タンパク質合成の刺激が28日間の安静期間を経ても変わらなかったことを原因としています。 また、安静初日のEAAへの反応において認められた正味の筋タンパク質合成が、28日間にわたって継続するという推定の下に予測された筋獲得量(または改善された筋低下量)は、二重エネルギーX線吸収法によって測定した除脂肪体重に近似していました。 筋活…

クレアチンの摂取とトレーニング(筋クレアチンとクレアチンリン酸の濃度が上昇し、除脂肪体重、筋力、スプリントパフォーマンス、パワー、力の立ち上がり速度、筋の直径などが増大する)

…上昇し、除脂肪体重、筋力、スプリントパフォーマンス、パワー、力の立ち上がり速度、筋の直径などが増大します。 数週間あるいは数か月間トレーニングを継続すると、クレアチンモノハイグレードの摂取群は、大概、体重および/または除脂肪体重がプラセボ群のほぼ2倍増加します(4~12週間のトレーニング中に2~4ポンド(0.9~1.8kg)体重や筋量が増加する)。 筋量の増加は、利用可能なPCrの増加とATPの合成促進によって、アスリートの高強度運動を行う能力が向上した結果であると思われます…

男女の水泳時における腹腔内圧の比較(女子の絶対的な筋力は、男子の3分の2程度であり、特に体幹部では男子の63.8%になる)

…さらに女子の絶対的な筋力は、男子の3分の2程度であり、特に体幹部では男子の63.8%になります。 www.nakajimabonesetter.com 陸上と水泳時におけるIAP 随意最大IAPを求めるために行うバルサルバ法(息を止める)は、腹部や骨盤を囲むすべての筋活動であることから、随意最大IAPの違いは、被験者の性差の影響を受けたことによるものと考えられます。 また%maxIAPは、最大下努力クロール泳と比較して高い割合を示しているものの、陸上で測定された他の動作と比較…

デプスジャンプ(DJ中に使われる弾性特性と神経系の増強効果の活用は、VJパフォーマンスの向上をもたらす可能性と、収縮性タンパク質のトレーニング効果を引き出す可能性がある)

デプスジャンプと下肢パワーとスピード DJトレーニングは、下肢のパワーとスピードを改善するためによく用いられるトレーニング様式になります。 VJで測定されるパワーがDJトレーニングにより増大することは、すでに証明されています。 前述したように、DJでは、より優れたトレーニング効果を引き出すために、筋系と神経系の伸張反射による増強効果だけではなく、筋の弾性特性も利用されます。 Bosco&Komiは、DJ後のVJ能力の向上は、弾性エネルギーとSSC要素の活用に起因することを明ら…

固有感覚と爆発力(アイソメトリック:等尺性における安定性の優れた基礎が構築されていると、動作の必要性が生じた場合に、固有感覚、すなわち動作を伴う関節安定化の作用によって、より素早く効率的な反応が調整される)

…役立つだけではなく、筋力向上、パワー発揮、およびスピード向上を最大限に引き出す重要な前駆としての役割も果たします。 スタビリティボールを用いたエクササイズは、コアの安定性を向上させ得られますが、身体パフォーマンスの向上には直接結びつかない可能性のあることが、Stantonらによって明らかにされています。 スタビリティボールを用いた様々なエクササイズは、それぞれを単独で実施しても、スプリントの到達速度の向上という望ましい結果にはつながりませんが、殿筋群を刺激する各種のヒップエク…

加速と減速(身体が地面と接地している時間が長いほど、脚筋がより大きな負の力積と仕事を生み出し、身体の推進力と運動エネルギー(KE)を減少させる脚の力が大きくなる)

減速に使用される筋群 減速に使用される主な筋群は大腿四頭筋と腓腹筋になります。 しかし、加速局面の短縮性筋活動とは異なり、この2つの筋群は慣性による推進力が吸収され、分散されるようになり伸張性筋活動を通じて働きます。 推進力によって伸張された脚は、身体に対して作用する純粋な前方後方の力と結びついて、潜在的な危険な体勢となりますが、接地前に発生する大きな伸張性の力の吸収に役立ます(負の仕事=伸張性の力×COMの下方変位)。 減速局面中、身体の運動エネルギー(KE=1/2mv2)…

競技における減速(減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとで必要になる)

身体の質量と減速 減速はスプリントの相対速度にかかわらず、身体の質量中心(Center&Mass:COM)の速度を低下させるためにあらゆるスプリントのあとに必要とされます。 COMの速度を低下させるために割り当てられる時間/速度の量は、多様な因子に依存し、競技の個々の要件によって決定されます。 www.nakajimabonesetter.com

骨格筋低周波電気刺激法:EMSによる運動療法の可能性(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

…後早期の筋萎縮および筋力低下を有意に抑制する効果を認めました。 また、術後3ヶ月後の中期的な経過においても術後早期に電気刺激トレーニングを導入したほうが膝伸展筋力の回復率は高くなりました。 www.nakajimabonesetter.com 随意運動と電気刺激による運動単位の動員に違い 通常の随意運動時における運動単位の動員様式は、収縮張力が低く、疲労しにくい筋線維を支配している遅筋線維から順次動員されます。 対照的に、電気刺激では太い神経線維で支配される速筋線維から動員が…

バイオバンディングにおける「相乗的適応(Synergistic Adaptation)」(アスリートのトレーニングプログラム(技術要素が獲得されていると仮定する)と、成熟段階を補完するトレーニング刺激をアスリートに経験させる必要がある)

… 思春期前には、筋力とパワーの最適な増大は、神経筋コーディネーションの促進を通して達成されます。 思春期の間また思春期後の筋力とパワーの最大の増大は、神経適応と構造的適応の両方の組み合わせを通して達成されます。 後者はホルモンや代謝の変化、トレーニング刺激そして栄養などを含む様々な因子の組み合わせに起因します。 PAH(予測最終身長)に基づくバイオバンディングの観点からは、<85%の青少年は思春期前と考えられ、トレーニングプログラムは主に、筋力とスピードとパワーを高めるために…

EMSトレーニングと競技特異的トレーニングの併用(電流の「強度(ミリアンペア)」とそれによって「引き起こされる力(%最大随意収縮)」は強い相関関係がある)

EMS

…度に妨げることがなく筋力と無酸素性パフォーマンスを向上させる可能性があります。 EMSトレーニングはトレーニングセッションの初め(すなわち準備段階の最初)に1回10~15分で、3~4週間にわたって週に2~3セッション行うことが最も効率が良いと報告されています。 電流の「強度(ミリアンペア)」とそれによって「引き起こされる力(%最大随意収縮)」は強い相関関係にありますが、EMSトレーニング強度をきちんと定量化するためにはこの2つを常に厳密に制御しなければなりません。 また、少な…

EMSトレーニングが競技パフォーマンスに及ぼす効果(最大筋力、無酸素性発揮パワー:垂直跳びとスプリント能力の有意な向上が認められた)

EMS

…トレーニング後に最大筋力(等速性あるいは等尺性ダイナモメーターを利用して測定)の有意な向上と、場合によっては、無酸素性の発揮パワー(マットスイッチと光電管を利用して測定した垂直跳びとスプリント能力)の向上が認められたことを報告しています。 www.nakajimabonesetter.com 競技パフォーマンスとEMS 年 第一著者 競技 筋 週(セッション回数/週) EMSのタイプ(設定、周波数Hz) 主な知見 1989 Delitto ウェイトリフティング Q 6(3) …

フットボールにおけるタックル動作のトレーニング(神経系に働きかける方法で競技と同様の力を再現することは「Neural repetition」(神経反復)を生じさせ、タックルという競技特異的な仕事のパワーとパフォーマンスを向上させる)

シングルレッグスクワット/ステップアップ シングルレッグスクワット/ステップアップ動作については、大腿四頭筋の高い筋活動を生じさせる効果が示唆されており、また、非支持脚側のウェイトを重くすることで、股関節外転筋とコア筋群の筋活動もさらに増大させます。 タックル動作の受傷リスクを低減し、パフォーマンスを向上させるためには、これらの筋群をすべて強化させなければなりません。 www.nakajimabonesetter.com

クランチによる筋肥大と伸張性筋収縮(伸張性エクササイズは筋のより大きな損傷を伴い、乳酸、水素イオン、無機リン酸などの代謝産物が増加することにより、筋肥大が誘発される)

… 筋の横断面積と筋力との直接的な相関関係が指摘できるとすれば、筋肥大は、広範囲なコアの筋力を必要とするアスリートにとって特別な重要性をもちます。 www.nakajimabonesetter.com 伸張性筋収縮と筋肥大 ダイナミックな運動が筋肥大に優れており、部分的には伸張性要素に起因し、伸張性要素が筋の発達促進に最も大きな効果を持つことが明らかになっています。 伸張性エクササイズは、速筋線維の優先的な動員と、従来活動していなかった運動単位の動員に関係付けられています。 速…

有酸素性運動のためのHMB摂取の有益性(回復を促進し、筋損傷を軽減、2週間のHMB摂取によりVO2ピークまで時間が延長(8%)、血中乳酸濃度蓄積開始点の%VO2maxが向上した)

…場への応用 HMB 筋力:筋力、パワー、筋痛、筋肥大の改善 運動の30~90分前に、遊離酸とCaHMBをそれぞれ 3~6g/日(38~76mg/kg/日)半量を運動前に摂取 強力なエビデンス タンパク質合成の増加、タンパク質分解の減少、局所成長因子の刺激、損傷筋組織修復のための基質を提供 HMBは未経験の刺激または異化作用のある刺激に対して理想的な効果をもたらす。したがって、HMBを高強度の期分けされたトレーニングで用いることが推奨される。 持久力:持久力パフォーマンス、代謝…

オフシーズンは回復かそれとも準備か?(プレシーズンへ向け、筋サイズや筋力の低下、筋の動員パターンにおける神経系の低下を防ぐトレーニングが重要になる)

…ンは従来、1年の中で筋力とパワーの増強を開始する期間として特徴づけられてきました。 一方、最近の現場では、アスリートはシーズン直後のポストシーズンを(必要であれば)回復にあて、貴重なオフシーズンの時間を使って新たな筋力や新たな技術に取り組み、テクニックを習得し、翌年に備えてしっかりと基礎体力をつけることによって、早期に競技シーズンに備える必要があることが示唆されています。 そのためこの期間は「オフシーズン」と呼ばれるよりも「移行期」と呼ばれることが多く、この間にコーチは、一定…

長期的アスリート育成モデル(若年アスリートの発達は、「好機(Windous of opportunity)」といわれる特定の成熟発達段階に、適切なトレーニング刺激を実行することにより加速され、最適化すると提案されている)

…が乏しいこと、そして筋力の発達を強調する段階があまりに遅いことなどが挙げられています。 LTADモデルのさらなる限界は、思春期の成長スパートの重要性を過度に強調していることに加えて、他の局面や機能面における思春期の成長スパートに関する検討が不足していることです。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Albuquerrue Mr Franchini E Lage GM Da Costa Vt Costa IT Malloy Diniz LF The …

ジャンプシュラッグ(スナッチやクリーンより重いウェイトを利用できるために、バリスティックなエクササイズを過負荷で行うことになり、最終的に大きな力の立ち上がり速度を獲得できる)

ジャンプシュラッグ ジャンプシュラッグ(JS)は、スナッチやクリーンを指導する際にウェイトリフティング動作のバリエーションとして、もしくは単独のトレーニング種目としてよく実施されます。 ジャンプシュラッグはバリスティックな性質を伴い、アスリートの競技パフォーマンスに必要不可欠な下肢の高いパワー発揮をもたらします。 www.nakajimabonesetter.com

EMSトレーニングの生理学的側面(大きい軸索は電気刺激により興奮しやすく、活性化の順序が随意収縮とは異なりEMSは比較的低いレベルで大きい運動単位を活性化する)

EMS

…育や、筋収縮の促進、筋力向上、および長期的不動における筋量と筋力維持などになります。 さらに、最近では競技系アスリートに対しても筋力向上などにも利用されています。 EMSエクササイズは、筋の運動点付近に置かれた表面電極と、予めプログラムされた刺激ユニットを通じて間欠的に電気刺激を送るものになります。 www.nakajimabonesetter.com EMSの生理学的側面 運動単位の増員 随意運動中、運動単位はそのサイズと動員閾値に基づいて活性化されます。 すなわち、サイズ…

筋力を最大化するためのパワートレーニング(最大筋力を発揮する能力とパワーを発揮する能力とは、互いに異なる能力であることを考慮する)

…よくみられる方法は、筋力パフォーマンスを向上させるためにパワーの向上に重点を置きます。 筋パワーの低下は、バックスクワットおよびベンチプレスの挙げる動作局面の序盤、デッドリフトのリフトオフの局面、そしてそれぞれのリフティングのスティッキングポイントといわれる部分に悪影響を及ぼす事が示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com 筋力、パワーの向上 筋力とパワーの向上には、明確で基本的な相違があり、その相違は「力-速度関係」により説明できます。 パワー…

バイオバンディングとS&C(小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成され、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、強く、速く、パワーを増大させる)

…例えば、小児期には、筋力やスピードやパワーの増大は神経筋システムの適応を促進する活動を通して最も良く達成される一方、思春期後の青少年は、筋線維の肥大と筋の横断面積の増加を通じて、より強く、より速くなり、パワーを増大させることができます。 www.nakajimabonesetter.com 思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスク また、思春期の成長スパートはオーバーユース傷害のリスクが増大する期間でもあり、この急激な成長段階には、トレーニングと回復を一層注意深くモニ…

矯正、施術目的のコアエクササイズ(慢性的な背部痛があると、殿筋が股関節伸展筋として働くことを妨げ、ハムストリングスを殿筋の代用として股関節を伸展させようとする)

…性) 持久力の向上 筋力の増強 スピード、パワー、アジリティの強化 適切なコレクティブエクササイズを作成する第一段階はすべての不安定な動作および運動パターンを特定することから始まります。 最初にエクササイズを行う際は、誘発試験とみなし、推測される実用的な診断の範囲内で各エクササイズを検討し、それらのエクササイズに耐えることができれば、クライアントは次の段階に進み、耐えられない場合は、テクニックを再検討し、修正してさらに耐えられるバリエーションを試します。 www.nakaji…

柔軟性と可動性の比較(可動性とは本来「全身的な概念」であることから、個々の具体的な目標をもつ柔軟性トレーニングだけではなく、可動域全体を使って行うS&Cなど、他のトレーニングに依存している)

…性 臨床的 機能的 筋力とパワーへの影響 低下 促進 神経筋の影響 最小限 著しい 関節の関与 一、二関節 多関節 筋膜の影響 最小限 著しい 評価 臨床検査(ゴニオメーター) 機能的、要追跡 最適な導入のタイミング 活動の後 活動の前後 これらの違いを正しく理解すると、青年期および高校生アスリートの可動性トレーニングのあらゆる取り組みにおいて重要な、3つの基本的特徴が明らかになります。 第一 第一に、「ある可動性トレーニングがすべてのアスリートに有効であるとは限らない。」と…

左右の両下肢における神経筋バランス(下肢の神経筋系の非対称性は傷害と結び付けられ、受傷の再受傷の危険のあるアスリートを検出するための予測ツールとして用いることができる)

…はありますが、両脚の筋力とパワーの差が傷害リスクを高める閾値は10~15%であることが研究により示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com 下肢の筋力、コーディネーションの非対称性 同様に片脚での垂直跳びにおいて、両脚の差が<15%であることが青少年期の生理学的基準とみなされます。 注意すべき重要な点として、下肢の筋力やコーディネーションおよび姿勢コントロールの非対称性は、特に青少年期においては、男性アスリートよりも女性アスリートに起こりやすくな…