Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋力 の検索結果:

水平方向vs鉛直方向の力発揮(速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければならない)

スプリント速度 速度の決定因子 速度はストライド頻度(ピッチ)とストライド長の積であり、速度を高めるためには、これら変数の両方は無理でもいずれか一方を向上させ、なおかつ他方の変数に一方が向上した分と同等またはそれ以上の低下をもたらさないようにしなければなりません。 速度がストライド頻度とストライド長の積にすぎないのであれば、最大速度の向上は単にストライド頻度を高めるだけで実現できるはずです。 www.nakajimabonesetter.com

膝関節周囲の筋力バランス(動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受ける)

筋力と筋力バランス 筋力不足 動的な関節安定性は、受動的制限(靭帯と関節の配置)および能動的制限(筋と神経筋コントロール)によって影響を受けます。 能動的制限が損なわれると、傷害リスクが高まります。 筋力不足により神経筋コントロールが不十分になり、傷害の引き金となります。 研究によると、筋力不足は急性(ACL断裂やハムストリングスの肉離れ)と慢性(膝蓋大腿関関節疼痛症など)両方の下肢のスポーツ傷害に関連があります。 www.nakajimabonesetter.com 膝周辺…

パワーを増大させるためには最大筋力を向上させることが重要になる(70~120%1RMの負荷で行った24週間の高強度の筋力トレーニングの後、パワー発揮能力の代表的指標である垂直跳びのパフォーマンスが7%向上した)

…の研究によると、より筋力のあるアスリートほど大きなパワーを発揮できることが報告されており、筋力は、パワーの向上に必要な基本要素のひとつであると考える必要があります。 一般に、力がまだ弱く若いアスリートほど、高いパワー発揮に必要な筋力レベルに達していないことが多く、したがってこれらのアスリートは、古典的なパワー向上エクササイズを用いなくても、単に筋力レベルを高めただけで発揮パワーを促進でき、その結果、総合的なパフォーマンス能力も高めることができます。 www.nakajimab…

青少年期のアジリティ能力(アジリティパフォーマンスの重要な構成要素:方向転換速度(CODS)と認知的意志決定過程)

アジリティパフォーマンス 青少年とアジリティパフォーマンス アジリティはスポーツパフォーマンスに欠かせない要素として認識されています。 特にサッカー、バスケットボール等において重要性が指摘されていますが、いずれも間欠的かつ多方向への移動を伴う性質をもった競技であり、様々な刺激に反応して素早い方向転換を行うことが必要とされます。 またアジリティは、様々な競技パフォーマンスを左右する体力要素である重要な要素でもかかわらず、若年アスリートにおけるアジリティの長期育成モデルは知られて…

可動性ドリル(可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たす)

…節回旋筋群の不十分な筋力と運動制御は、腸脛靭帯炎や膝前部痛のリスク増加と結び付けられています。 上半身では、僧帽筋上部と僧帽筋中部、前鋸筋などの動員が不十分であると、肩痛を起こす肩甲帯の機能障害に関連があるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Conditioning.Champaigh,IL,Human Ki…

アスリートのスティフネスとコンプライアンス(人体器官におけるスティフネスの大きさとスポーツパフォーマンスの様々なパラメータの間には、強い相関関係が存在するとされている)

…きます。 または筋力の変化を筋長の変化で除して求めることができます。 www.nakajimabonesetter.com スティフネスとスポーツパフォーマンス Komiによると、SSCエクササイズ中の下肢筋群のスティフネスレベルが高いほど、貯蔵、再利用されるEEが増大することが示唆されています。 ArmpaatzisらもまたGCTと足関節スティフネスがドロップジャンプ中に負の相関を示すことを証明しています。 同様にKuitunenらも足関節スティフネスが最も高い被験者が、す…

青少年におけるスポーツ傷害(成長と発達、低い体力レベル、不十分な身体準備、低い運動能力、および基本的な運動スキルの不足などに関連性がある)

青少年におけるスポーツ傷害 傷害予防の方策 青少年における傷害の一時的な、また生涯にわたるマイナスの影響を考慮すると、そのようなマイナスの結果を避けるためには、青少年期の早い段階で傷害予防の方策を立てて実施する必要があります。 青少年アスリートのスポーツ傷害は成長と発達、低い体力レベル、不十分な身体準備、低い運動能力、および基本的な運動スキルの不足などに関連性があります。 したがって、青少年アスリート、特に状況に左右されやすいチームスポーツでは、最適なレベルのコンディショニン…

力の立ち上がり速度は力-時間曲線の傾きから決定される(50~250ミリ秒の短縮時間は、ジャンプ、スプリント、方向転換などの素早い動きに関連する)

…ち上がり速度と爆発的筋力 爆発的筋力 力の立ち上がり速度あるいは「爆発的筋力」は、競技動作中に発揮される力の速度を表しています。 一般に、力の立ち上がり速度は力-時間曲線の傾きから決定され、力の立ち上がり速度の値は、素早く、強力な筋の短縮において機能的に重要になります。 例えば、50~250ミリ秒の短縮時間は、ジャンプ、スプリント、あるいは方向転換などの素早い動きに関連があり、最大の力を発揮するには300ミリ秒以上を要するため、このような短い短縮時間での運動で最大の力が発揮さ…

思春期前のトレーニングの重点(脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している思春期の子供に基本的運動スキル、基本的スポーツスキルを習得させる事は非常に重要である)

…獲得し、それによって筋力とパワーの向上を示すことが予想されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Stone G Williams CA Children and fitness testing Weightlifting Abrief overview Strength Cond J28:50-56 2006 NSCA 高校生のための体力トレーニングマニュアル作者: NSCAジャパン,福永哲夫出版社/メーカー: ベースボールマガジン社発…

女子アスリートにおける神経筋の不均衡と前十字靭帯:ACL損傷リスク(着地による減速中、男子が示す膝関節屈曲モーメント(逆動力学を利用して測定)は、女子より3倍も大きい)

女子アスリートと前十字靭帯 女子アスリートと前十字靭帯損傷リスク 女子における神経筋の不均衡とACL損傷リスクの増大に関して、提案されているもうひとつの理論は、膝関節伸筋に関して、相対的に低い屈筋の動員であり、これはクローズドチェーンの動的ハムストリングス/大腿四頭筋ピークトルクの出力を反映している可能性があると考えられています。 例えば、ハムストリングスの活動は膝関節の圧縮力を増加させ、膝関節を外部内反/外反負荷から安定させます。 www.nakajimabonesette…

パワーのためのトレーニング原理(パワー発揮能力の向上を図る際、外部負荷が減少するにつれて最大筋力の影響が低下し、力の立ち上がり速度への依存度が高まる)

…アスリートの総合的な筋力レベルと大きなパワーを発揮する能力とに関連することが多くなります。 Stoneらは、高い力の立ち上がり速度と大きなパワーを発揮する能力が、大抵のスポーツ競技の成功において中核をなす重要なパフォーマンス特性であると示唆しています。 これらの能力は最も重要な競技パフォーマンス特性と考えられ、ジャンプ、方向転換および/スプリントなどのパフォーマンスに左右される競技活動では特に重要になります。 競技特異的な動作と高いパワーを発揮する能力との総合的な関係は、科学…

性別と年代における筋疲労の蓄積(思春期の男子は成人男性よりも疲労耐性が大きいのに対し、思春期の女子(思春期半ば14~15歳)と成人女性の間には差がないことが明らかになっている)

筋疲労とスポーツ傷害 筋疲労への抵抗力 青少年アスリートアスリートのトレーニングに関する最後の注意事項は、彼らの筋疲労に対する抵抗力であり、高強度の間欠的エクササイズ中の回復力になります。 思春期直前の子どもたちは1回から数回の反復的高強度運動に対しては、思春期の若者や成人よりも急性疲労に対する抵抗性があります。 正確なメカニズムは知られていませんが、子どもの筋量は成人よりも少ないため、高強度エクササイズ中に発揮するパワーの絶対値も低く、さらに思春期が始まって以降は、高強度の…

女子選手における前十字靭帯損傷(男子選手と女子選手の機能的差異としては、体幹部の安定性の低さ、ハムストリングス活動の低さ、内側広筋斜頭の低発達、中殿筋の安定性の低さ、大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられる)

…)大腿四頭筋の伸張性筋力の低さが挙げられます。 通常、これらの因子は、着地時およびカッティング時に膝の屈曲を低下させ、膝の外反を増大させます。 Lephartらは、シングルレッグランディングとフォワードホップにおける男子選手と女子選手の筋力変数を比較しました。 この際、女子選手は男子選手と比べて、膝の屈曲が有意に小さく、そしてシングルレッグランディング中は、女子選手のほうが股関節の内旋が有意に大きくなりました。 また、大腿四頭筋とハムストリングスの体重比ピークトルクが有意に低…

デプスジャンプ(デプスジャンプはプライオメトリックエクササイズの1種目で、筋や腱にエネルギーを蓄えるために、特に位置エネルギーと重力を利用する運動になる)

…テムが生まれ、速度と筋力が結びつくと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com デプスジャンプのプロセス DJでは、ボックスからの落下(重力からの位置エネルギー)、着地(伸張性負荷)、続いて爆発的なジャンプ動作(短縮性筋活動)を行うことによりSSCが行われます。 このプロセスには、大きな力を最小限の時間で発揮するために、神経筋系の伸張反射だけではなく、筋腱単位の直列弾性要素、収縮要素、並列弾性要素も関与します。 DJを行う際は、貯蔵されたエネルギ…

パワーとランニングスピード:最大スピードの上昇と減速の低下(100mスプリントで非熟練ランナーは20~30mしか加速できないのに対して、トップクラスのランナーは40~50m加速する)

…り、力発揮能力は最大筋力と関連しているために、筋力も最大スピード向上を目指す際に考慮する必要がある主要な因子のひとつになります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引The Effects of Treadmill Sprint Training and Resistance Training on Maximal Running Velocity and Power Ryan E. Ross, Nicholas A. Ratamess, Jay …

水分補給と脱水(長時間運動を行っているアスリートでは、1日に5lの体液、4,600~5,750mgのナトリウム、少量のカリウムを喪失する)

… また、脱水は、筋力や持久力、コーディネーション、知力、および体温調節過程に減退効果や悪影響をもたらすと考えられています。 運動中の水/水分の喪失は、多くの変数の影響を受け、発汗率は個人差が大きいために、万人に適用される水分補給の推奨基準はありません。 一般的には減少した体重約0.46kgにつき600mlを補給すべきとされています。 www.nakajimabonesetter.com 水分とナトリウム 長時間の運動では、水分とナトリウムの喪失が起こります。 人間の汗は、1l…

筋の活性化のタイミング(足関節の機能的な不安定性(FAI:Functional Ankle Instability)は、腓骨筋の反応時間の増加に関連があるとされている)

筋活性化のタイミングと規模の変化 筋の活性化とタイミング 競技特異的な課題を行っている間の筋の活性化能力の変化は、傷害リスクを増大させる可能性があります。 それは、筋の活性化能力の変化と最大活性状態に達するまでの時間の変化の両方を意味します。 主に筋電図検査を用いた研究により、傷害のリスク因子と特定の傷害との間には、以下のような関連があることが示唆されました。 www.nakajimabonesetter.com

ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)

…com ストレッチと筋力パフォーマンス ストレッチを1回のワークアウトの中で用いる場合と、筋肥大トレーニングのように複数回のワークアウトで反復的に用いる場合がありますが、それらのストレッチが筋のパフォーマンスに影響を及ぼすことを理解することも重要になります。 Robiniらはストレッチ後の一時的な筋力(等尺性、等張性、等速性)の低下(-4.5~-28%)とジャンプパフォーマンスの低下(-7.3~-3.2%)を明らかにしました。 しかし、上記の低下減少は、ストレッチのプロトコル…

関節のしくみと働き

関節のしくみと働き 関節は、主に、骨と骨の連結を関節と呼び、運動性のある可動性関節と、運動がほとんどできない不動関節に分けられます。 不動関節は、骨と骨とが、①丈夫な結合組織の線維でできた線維性の連結、②軟骨でできた軟骨性の連結、③骨で結合し全く不動の骨結合があります。 ①には、頭蓋の縫合と釘植(歯根と歯槽との間の歯根膜による結合)があり、②は椎間円板や知骨結合でみられ、③によって寛骨や仙骨がつくられています。 関節(可動)の構造と働き 関節は、骨と骨をつなぎ運動をスムーズに…

至適負荷と筋力およびパワーの向上(高負荷のトレーニング(>80%1RM)は、中程度から低負荷の介入(60%1RM)において、より優れたパワー発揮をもたらす)

…アスリートの総合的な筋力と負荷をかけた状態での高いパワー発揮能力になり、このタイプのアスリートにおいては、単に大きな力を発揮するだけではなく、負荷の下で大きなパワーを発揮する能力を発達させることが重要になります。 Mossらの報告によると、より高負荷のトレーニング(>80%1RM)は、中程度から低負荷の介入(<30%1RM)に比べ、負荷状況下(>60%1RM)において、より優れたパワー発揮をもたらすとされています。 負荷状況下では、より筋力のあるアスリートのほうがより大きなパ…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(投球中の外反モーメントは120Nmで、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されている為、肘内側の主要な動的スタビライザーの筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

…円回内筋の活動張力、筋力、および持久力が、肘関節内側のより大きな圧縮能力を示します。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 肘実践講座 よくわかる野球肘 離断性骨軟骨炎作者: 岩瀬毅…

男女における筋力の発達(筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされている)

男女の筋力 男女の筋力の発達 筋力の発達は、男女とも、あらゆる成長段階における優先事項として推奨されています。 先行研究によると、筋力は走速度、筋パワー、方向転換速度、プライオメトリックスに必要な能力および筋持久力とは密接な関係にあることが明らかにされています。 さらに、筋力は基礎的運動能力の成功要因のひとつであることも明らかになっています。 筋力トレーニングの方法論としては、まず、エクササイズの正しいやり方(動作のコントロール、適切な呼吸法など)と、トレーニング機器に関する…

レジスタンストレーニングと青少年の運動発達(一般的にこの種の動作は、大きな努力を要すること、伸張性と短縮性の筋活動を組み合わせた伸張-短縮サイクルを利用すること、そして筋骨格系に漸進的負荷を加えることが特徴になる)

レジスタンストレーニングと発達 「レジスタンストレーニング」と「運動発達」 発達的知見から理解しておくべき重要な概念は「レジスタンストレーニング」と「運動発達」の文献において用いられる用語、特に神経筋コーディネーション向上に関連する用語は、それが青少年向けトレーニングの漸進に対して用いられる場合、両者とも基本的に同じであるというものです。 例えば、基本的な移動系および操作系スキルは、様々な形式のジャンプ、ホップ、スキップ、スローイング、および打撃動作からなりますが、これらの複…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

…ehmen inklusive 50 Tabata Uebungen und Ernaehrungsplaene作者: Juicydaily出版社/メーカー: Independently published発売日: 2019/06/23メディア: ペーパーバックこの商品を含むブログを見る 自重筋力トレーニングアナトミィ作者: ブレット・コントレラス,東出顕子出版社/メーカー: ガイアブックス発売日: 2014/08/29メディア: 単行本この商品を含むブログ (2件) を見る

傷害リスクと漸進性の方則(トレーニング中の傷害の潜在的リスクを減少させるために、抵抗負荷と実施速度は徐々に、体系的に増加させなければならない)

…r.com 青少年の筋力トレーニングにおける漸進のガイドライン 思春期前または初心者 思春期または中級者 思春期後または上級者 エクササイズの種類 基本的運動のエクササイズ(スクワット、ランジ、プッシュアップ)に特に重点を置く 機能的筋力トレーニングのエクササイズ、レジスタンストレーニングのテクニック完璧な習得 より複雑で競技特異的なエクササイズ 可動域 通常、主要なエクササイズでは可動域全体を使うが一部の複雑なエクササイズでは、傷害のリスクを抑えるために、中程度の可動域で行…

女子アスリートにおける前十字靭帯損傷(大腿四頭筋優位と呼ばれている神経筋制御は、膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義される)

…膝関節の伸筋と屈筋の筋力、動員、コーディネーションの不均衡と定義されます。 膝関節をほぼ完全に伸展させた着地は、一般にACL損傷のメカニズムと関連しています。 www.nakajimabonesetter.com 大腿四頭筋とハムストリングスの筋力の差異によるACL損傷リスク 大腿四頭筋に対してハムストリングスの筋力が低いことは、下肢損傷の増加に関与する可能性のあるメカニズムであり、女子アスリートにおけるACL損傷リスクであるとみなされています。 ハムストリングスと大腿四頭筋…

パワー発揮を最大化するための混合法(バックスクワットでは、パワーの向上は負荷が30~70%1RMの間で起こり、筋力の向上のためには高負荷(>75%1RM)を用いる必要がある)

筋力とパワー発揮 筋力、パワー発揮の方法 単に筋力またはパワーの向上に焦点を合わせただけの一元的なトレーニング法では、パワーや筋力を最大に増大はできず、総合的な競技パフォーマンス能力を最大限に高めることもできません。 したがって、パワー発揮能力の最大化には混合アプローチが推奨されます。 www.nakajimabonesetter.com 混合トレーニングの活用 パワー発揮能力を最適化するための混合トレーニングの活用は、力-速度関係の一層調和をとれた包括的な向上をもたらし、そ…

下半身のパワーを発達させるための特異的トレーニングを実施する前に、体重の2倍のバックスクワットを行えるようになることが、最低限必要な筋力である

筋力とパワー発揮 筋力の最大化とパワー発揮 筋力の最大化は、パワー発揮能力の最大限の向上を計画された、あらゆるトレーニングプログラムにおいて明らかに重要な要素になります。 しかし、十分な筋力レベルが実際にいつ達成されたかを判断すること、そしてトレーニングの重点をいつ、より専門的なパワー発揮能力の向上を含むトレーニングに移すのかを決定することは難しい場合が多く、研究文献を慎重に考察すると、その目安としてスクワットで体重の2倍挙上できるようになれば、筋力の劣るアスリート(体重の1…

前十字靭帯における神経筋的側面の考察(膝関節の屈曲角が0~45°で大腿四頭筋が強く収縮し、ハムストリングスの収縮がその強さに見合わないとき、前向きの力が発生しACLにかなりの負担がかかる)

…神経筋 大腿四頭筋の筋力とハムストリングスの筋力 膝関節の安定は受動的にも能動的にも生じます。 骨、半月板、靭帯、そして関節包は、膝関節を受動的に安定させるシステムを構成しています。 例えば、ACL(前十字靭帯)は、主として前後方向がの移動、内反・外反モーション、内旋・外旋モーションを調節することによって膝関節を安定させています。 www.nakajimabonesetter.com 能動的に安定させるシステム 能動的に安定させるシステムを構成しているのは筋の収縮であり、これ…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…アジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施するように主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの…