Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

筋力 の検索結果:

サッカーにおける傷害の発生(欧州サッカー連盟:UEFAの傷害調査によると、選手1名当たり、平均受傷回数は1シーズンに2回、うち87%が下肢の傷害となっている)

…を実施すると、等尺性筋力と動的筋力が急性的に低下し、併せて疲労レベルと筋損傷も増大する可能性があります。 したがって、筋力およびパワートレーニングにおいて、セット数、レップ数を操作しエクササイズを注意深く選択し修正することで伸張性筋活動の量を低減することが賢明です。 ただし、伸張性筋活動はパフォーマンスに必要な特性であり、IP(傷害予防)の観点からも重要であり、シーズン中のトレーニングから完全に排除すべきではありません。 www.nakajimabonesetter.com …

股関節形成術後の柔軟性エクササイズ(腸腰筋、大腿直筋、内転筋および大腿筋膜張筋の拘縮が確認されるために股関節の伸展および外旋可動域を回復させることが目標になる)

… 複数の研究において筋力強化エクササイズを含む総合的なフィットネスプログラムの一部として柔軟性トレーニングを取り入れた際に、身体機能に良好な効果が得られることが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 重要性エクササイズの意義 股関節の損なわれた運動能力を改善するために、ゆっくりとした静的なストレッチングを行うことに否定的な側面は無いとされ、理論的には、柔軟性エクササイズは機能的運動を促進する手助けになるとされています。 柔軟性エクササイズは3つ…

筋力/パワー系アスリートのβアラニン摂取の有効性(カルノシンターゼの酵素制御を通じて筋内のカルノシン濃度を高める)

βアラニンの基本情報 βアラニンは他のサプリメントに比べて有効性を証明した臨床試験が最も少ないサプリメントになります。 科学的研究が少ない理由のひとつは、サプリメントが最近登場したからであり、大多数の論文は過去3年以内に発表されています。 特に無酸素性競技アスリートにとって有益であるとされています。 www.nakajimabonesetter.com

筋肥大と細胞膨潤(解糖機構トレーニングにより乳酸蓄積が最大化し骨格筋の浸透圧変化の主要因子になる)

タンパク同化と細胞膨潤 細胞への水分補給(細胞膨潤)は、細胞機能の生理的制御因子の役割を果たしています。 細胞膨潤は、タンパク質合成の増加とタンパク質分解の減少の両方を通じて、タンパク同化プロセスを模倣することが明らかになっています。 細胞膨潤を同化促進を確立する生理学的な理論はまだ決定されていませんが、細胞膜に対する増加した圧力が、細胞の保全に対する脅威として捉えられ、それが最終的に細胞の超微細構造の強化をもたらすシグナル反応を開始させると考えられています。 www.nak…

試合期における疲労(この疲労は、選手が試合中に様々な様式で実施する移動、運動の強度や時間、移動距離によって引き起こされる)

…以前として膝関節伸展筋力に低下がみられたことを報告しています。 また、Handziskiらも、試合期の終了時にテストステロン対コルチゾール日が30%低下していたことも報告しています。 このコルチゾールの増加とテストステロンの減少は、異化状態が高まっていることを示しており、この場合、筋力およびパワートレーニングからプラスの適応を得る能力が低下している可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・引用Thorpe R, Sunderland C.…

野球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

…を評価するための徒手筋力テストに基づく肘関節の内反・外反ストレス測定を含める必要があります。 標準的な肘の受動的可動域は0~140°(矢状面前腕回旋)であり、回内と回外(軸平面での前腕回旋)は80~90°、外反アライメント(前額面前腕回旋)は11~15°といわれています。 運搬角は外反アライメントの程度(前額面前腕回旋)を制限しますが、弛緩性の増加によりアスリートは外反関連症状を起こしやすくなります。 ※運搬角とは、肘関節が最大伸展し、前腕が最大回外した際の上腕骨長軸と尺骨長…

膝置換術処置による機能的転帰に関する差異(単顆膝関節置換術と片側膝関節置換術では非術脚に対して患側の大腿四頭筋の筋力低下の改善が重要になる)

…て患側の大腿四頭筋の筋力低下が認められました。 一方で、片側処置を受けたクライアントと比べて同時的両側TKRを受けたクライアントは、手術前も手術後60日以内も両脚間の大腿四頭筋の筋力が均衡しており、両脚間のこの筋力均衡は手術後1年間継続しました。 したがって、両側TKRを受けたクライアントは、UTKRを受けたクライアントと異なり、肢間の筋力の不均衡を示しません。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Petterson SC.Mizner RL,St…

グリップ幅とグリップの向きが筋活動に及ぼす影響(バックスクワットではナロウスタンスよりもワイドスタンスのほうが大殿筋の筋活動が297%大きくなり、さらに深く行うにつれて大殿筋の貢献度が増大した)

グリップ幅やグリップの向きが筋に与える影響 特定の筋群を集中的にトレーニングしたり、運動を競技的特異的なものにしたりするために、しばしばグリップの向き(スピネイティッド、ニュートラル、プロネイティッド)やグリップ幅が変更されます。 バックスクワットのバリエーションにおける下肢の筋活動を調査した研究によると、0~70%1RMで、ナロウスタンスよりもワイドスタンスのほうが大殿筋の筋活動が297%大きくなりました。 また、スクワットを深く行うにつれて(膝関節の屈曲角度が45°のハー…

レジスタンストレーニングにおける肩の可動性のアンバランスとは(RTの活動中に必要な頭上動作は通常、腕を外転、外旋させたハイファイブポジションが要求され、それが肩の機能障害に関連づけられている)

…れが内旋筋の相対的な筋力低下と肩後部の緊張をもたらします。 研究者らはウェイトリフティングの選手はコントロール群に比べ、内旋に統計的に優位な制限があることを明らかにしました。 そのため、RTは、肩の可動性の低下をもたらすリスク因子であると示唆されています。 引用・索引Kolber Mj Beekhuizen K Cheng M and Hellman M Shoulder joint and muscle characteristics in the recrational …

膝関節置換術後の水中レジスタンストレーニングと高強度機能的リハビリテーション(膝関節のスティフネスが減少し、膝伸筋と屈筋のパワーがそれぞれ32%、48%増加する)

水中レジスタンストレーニングの有効性 Valtonenらは、ランダム化対照試験によって、手術後4~18ヶ月の男女の筋パワー、筋横断面積および動作性に対して、水中レジスタンストレーニングが及ぼす影響を調査しました。 第1群にはトレーニングを全く処方せず、第2群には12週間にわたってプールでのレジスタンプログラムを処方しました。 ふたつの時限性の動作テストを用い、膝伸筋と屈筋のパワーを評価するとともに、主観的苦痛、膝関節のスティフネス、および身体機能も評価しましたが、主観的な痛み…

トレーニングプログラム作成に影響を及ぼす要素(サッカーの競技スケジュールは、本質的に不規則なこと(試合日程等)が多く、常に変動することが知られている)

プログラム作成に影響を及ぼす要素 サッカーの競技スケジュールは、本質的に不規則なこと(試合日程等)が多く、常に変動することが知られています。 さらに、スケジュールはチームによっても大きく異なり、時には試合が週に複数回行われます。 試合の要求が高まると、トレーニングに使える時間が減るため、トレーニング計画を組むことが困難になります。 www.nakajimabonesetter.com

インピンジメント症候群を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…ローテーター・カフの筋力不足、また障害のために上腕骨が上方に移動すると、肩峰下腔(烏口肩峰弓の下にある領域)は狭くなります。 インピンジメントを抑制しつつ棘上筋を強化して肩関節の安定性を向上させることは、オーバーヘッド動作を行うアスリートにとって非常に重要なことになります。 www.nakajimabonesetter.com 棘上筋強化エクササイズ 棘上筋は安定性をもたらすうえで重要であり、なおかつインピンジメントを起こしやすいことを考えた場合、適切な強化エクササイズを選択…

サスペンショントレーニング(持続的な局所筋疲労を伴わずに並行能力を鍛え、微妙な不安定を解消し、神経筋の活性化を促し、エクササイズに最適な運動パターンに備える機能的な統合動作をトレーニングできる)

…開して新たなレベルの筋力を達成する上で役立ちます。 シングルレッグスクワット シングルレッグスクワットの運動パターンを活性化し、動作のメカニズムをが重要であり、股関節全体に有効。 サスペンデッドランジ 片脚のスタンスと激しい動作を利用して下半身全体を神経筋的に活性化する機能的運動。 ポスチュラルスクワット ポステリアチェーンを活性化しながらスクワットパターンを強化し、クリーン&プレスなどのオーバーヘッドリフトに備える。 チェストプレス サスペンショントレーニングの微妙な不安定…

股関節形成術リハビリテーション後のエクササイズの検討事項(腸腰筋、大殿筋、および股関節内転筋群/外転筋群が術後最長2年間まで、萎縮または放射線密度が低下する)

…び外旋筋群のパワーと筋力の低下が報告されています。 最後に、手術を受けた下肢の姿勢安定性の低下、および心肺機能の低下などもHA後に長期間残存する障害として報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引American Academy of Orthopaedic Surgeons The Burden of Musculoskeletal Diseases in the United States Rosemont IL American…

プロサッカー選手の筋力およびパワー(筋力とパワーは競技パフォーマンスの複数の要素を下支えし、同時に障害発生リスクを低減する特性として報告されている)

プロサッカー選手の筋力およびパワー 筋力とパワーは、優れたサッカーのパフォーマンスに不可欠な特性であることが広く知られています。 筋力とパワーは多くの場合、競技パフォーマンスの複数の要素を下支えし、同時に障害発生リスクを低減する特性として報告されています。 その要素には、加速、スプリント、ジャンプといった爆発的な動作を実施する能力が含まれます。 加えてレジスタンストレーニングは、乳酸性作業閾値と反復スプリント、およびジャンプといった爆発的な動作を実施する能力が含まれます。 上…

L-カルニチン-酒石酸塩:LCLT(ウェイトトレーニングを行っている男女において、レジスタンストレーニングによる低酸素状態における筋痛を緩和し、代謝物による損傷を低減し、また、回復時間を短縮させて筋組織の修復とリモデリングを促進する)

…修復成分」や「爆発的筋力増強成分」などとラベルに表記されていることにより、筋タンパク質バランスの促進をうたうMIPSは約20%にすぎません。 しかし、ある特定の補助成分が、筋線維の構造タンパク質を直接維持し保護することも含め、タンパク質バランスを維持する可能性のあるメカニズムは数多く存在します。 www.nakajimabonesetter.com L-カルニチン L-カルニチン-酒石酸塩(LCLT)は多くのメカニズムに作用するとされ、それらを介して筋タンパク質バランスを改善…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…RTルーティンでは、筋力や筋肥大に明らかな向上をもたらす大筋群を強調するあまり、安定性を担う小筋群がしばしば軽視されます。 反復的な負荷、不適切な姿勢、偏ったエクササイズの選択により、関節や筋のアンバランスが生じ、RT参加者の傷害リスクが高まる可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Myer G.Ford K.and Hewett T.Rationale and clinic techniques for anterior cruc…

利用可能なスタチンと用量および副作用(スタチン療法がミトコンドリアによるエネルギー産生経路の重要な分子であるCoQ10の血中濃度を低下させる為、スタチン誘発性ミオパシーを誘発させる可能性がある)

…80 筋痛、脱力感,筋力低下,圧痛 プラコバール プラバスタチン 20 80 筋痛,筋力低下,圧痛 ゾコール シンバスタチン 20 80 筋痛,説明のできない疲労,筋力低下.圧痛 リピトール アトルバスタチン 10 80 筋痛,疲労,筋力低下,圧痛 レスコール フルバスタチン 20 80 筋痛,脱力感,筋力低下,圧痛 クレストール ロスバスタチン 10~20 40 筋痛,圧痛,発熱を伴う筋力低下 新たな筋の症状が持続したり、症状が悪化したりした場合は、トレーニングプログラムを…

プル動作時のバーベルの最大速度はクリーンよりもスナッチのほうが約10~20%大きい(ジャーク175.2cm/s、クリーン166.6cm/s、スナッチ196.2cm/s)

…最大化を目指す場合、筋力の向上のみ、あるいはパワーの向上のみに焦点を絞ることは最善のアプローチではないとされています。 発揮パワーの最大化 発揮パワーの最大化には、混合アプローチが推奨されています。 混合アプローチは、発揮パワーの最大化とトレーニング効果の転移の至適化において、最大の効果をもたらします。 なぜならば、様々な動作スピードによるトレーニングを可能にするからです。 パワーの向上にはクリーン、スナッチが利用され、そしてどちらも他の伝統的なエクササイズよりも高速で実施さ…

レジスタンストレーニングにおける肩関節の傷害を避けるために必要な手段(可動性の制限とともに、ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の脆弱性など、関節や筋の異常な特性に対処するエクササイズを、現行のトレーニングルーティンに取り入れることが重要になってくる)

…と傷害 研究により、筋力、パフォーマンス、そして筋肥大の向上をもたらすトレーニング変数が明らかになっています。 しかし、肩の傷害や障害をもたらすと予想される病因的なリスク因子および筋力や可動性の望ましくない適応については、まだ十分な調査が行われていません。 研究で明らかにされ、記録された肩の傷害は、大部分が遡及的調査と記述的疫学的報告から得られたものになり、したがって、非外傷性症例においては、傷害の病因となる正確なメカニズムを確信をもって仮定することは困難になります。 www…

フロントスクワットを探求する(FSqは肩関節前額面においてニュートラルなポジションを維持、外旋も15°に留まるために、肩関節不安定性を持つ人にも有用である)

脊柱起立筋と腹直筋に及ぼす効果 Comfortらは、様々なエクササイズが脊柱起立筋と腹直筋の筋活動に及ぼす効果を調べた研究において、レクリエーションレベルでトレーニングを行なっている男性10名にミリタリープレス、バックスクワット(BSq)、およびフロントスクワット(FSq)を最大下負荷(40kg)で行わせ、その上で、これらの動的エクササイズ実行中の筋活動を「フロントブリッジ」姿勢をとった状態での30秒間の等尺性収縮と比較し、研究の結果、上記の最大下負荷を用いたFSqにおける脊…

線維筋痛症とトレーニング(8週間の有酸素性ウォーキングプログラム{最大心拍数の60~70%で20~30分間など}と、フリーウェイトとマシンを用いたレジスタンストレーニングプログラムで症状、圧痛点の数、体力、心理状態、生活の質を改善がみられた)

…ラムを実施した結果、筋力と身体機能の改善を見出しました。 プログラムは12週間にわたって週に2回、8~12レップ×1セットを40~60%1RMから、60~80%1RMへと漸進させました。 Valkeinenらによる別の研究でも、高齢の女性グループ(平均62.2歳)を対象として21週間のトレーニングプログラムを実施した結果、同様の筋力と身体機能の改善が見出されました。 プログラムの最初の4週間は軽負荷(40~60%1RMで15~20レップ×3セット)で、4~12週は中負荷(60…

失敗するまで行うトレーニングの反対意見(失敗するまで行うトレーニングを組み込むことは、疲労とその後の回復時間を増大させて、優先順位の高い他のコンディショニングドリルや競技特異的ドリルの練習効果を低下させる可能性がある)

…この適応は、パワー、筋力、筋肥大、局所的筋持久力などの測定可能な諸特性と関連しています。 これらの特性を向上させる過程に関連する可能性のある変数がもうひとつあり、それは、レップが失敗するまでセットを行うかどうかになります。 www.nakajimabonesetter.com 変数のパフォーマンスの移行 大多数のアスリートの場合は、局所的筋持久力、筋力、パワーを目的とするレジスタンストレーニングを実施することで、パフォーマンスへの最大の移行が得られます。 レジスタンストレーニ…

失敗するまで行うトレーニングを否定する意見(疲労が増すにつれて、速度の低下やテクニックの低下を招き、傷害リスクを高めるからであり、パワー向上が目的である場合は、すべてのエクササイズがある負荷の最大下レップ数で実施されるべきである)

…て、局所的筋持久力、筋力、パワーの向上など特定の目標を指向するトレーニングプログラムによるほうが、競技特異的移行が大きくなります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Willardson JM Norton L and Wilson G Training to failure and beyond in mainstream resistance exercise programs Strength Cond J 32:21-29,2010 NS…

クライミングにおける体幹、腕と肩の筋の動員(マントリング行う際には胸筋群と前鋸筋に大きく依存し、クライマーには、肩回旋の機能的筋力のアンバランスと肩甲胸郭関節の動きの変化が認めらる)

…には、肩回旋の機能的筋力のアンバランスと肩甲胸郭関節の動きの変化が認められます。 したがって、肩の外旋筋群と水平外転筋群を強化することが、筋のアンバランスと傷害を防ぐ上で役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat de Girona Salt Catalonia Spain46-47 アルパインクライミング教本作者:笹倉 孝昭発売日: 2020/…

クライマーのインターバルトレーニングセッション(非常に高強度で、完全な回復が見込める運動-回復比{1:12}を用いて行うと、発揮パワーが最大化され、ホスファゲン系が刺激される)

高強度インターバルトレーニングの有益 クライマーには、様々な仕事量や回復時間を用いて行う高強度インターバルトレーニングが有益であると考えられます。 インターバルトレーニングのセッションは、実際の競技の状況、例えば、1回毎のクライミングの強度や継続時間、行うクライミングの総量、およびクライミング間の回復時間の長さなど反映させなければなりません。 www.nakajimabonesetter.com

失敗するまで行うトレーニング法:Training to Failure(筋肥大を目的としたプログラムへの適用が効果的である)

…意図しないもの」と「筋力トレーニングにおける意図するもの」に分けられます。 www.nakajimabonesetter.com 疲労の蓄積により失敗する場合 疲労の蓄積により意図せずして失敗する場合もあり、このような状は、エクササイズの最終セットにおいて、処方されたレップ数を維持しようとしている場合におきます。 筋力トレーニングにおける意図的な失敗 疲労とは反対に、最大下負荷で最大反復回数(RM:6RMや10RMなど)をこなすことが目標になる場合に生じます。 失敗するまで行…

アスリートの回復のための栄養とは(糖質摂取の種類により血中乳酸濃度、グリコーゲン再合成、筋損傷の回復に影響する)

…ートの目標は、筋量と筋力の増大にあり、この種の運動に対する栄養介入は、回復中の筋タンパク質の純増を促進することに関与します。 タンパク質(PRO)の摂取は、トレーニング後のPROの合成を促進し、分解を抑制します。 ある研究によると、長時間のレジスタンストレーニング中と直後、及びレジスタンストレーニングの1~3時間後にCHOとPROを摂取することにより、プラセボ群に比べ、筋力と体組成の向上が促進されたことが示されました。 40gの必須アミノ酸を投与すると、通常、筋タンパク質の合…

スクワットとデッドリフトの運動力学と筋力を産生する要因の違い(筋の動員と選択、筋長-張力関係、引く動作の筋の角度)

…握力)の相違により、筋力を産生する要因(筋の動員と選択、筋長-張力関係、引く動作の筋の角度)が異なり、両リフティングの代替効果はきわめて限定的になります。 パワーリフティングなど、筋力に基づく競技のアスリートは「特異性の原理」に重点を置くべきで、望ましいスキル、筋持久力に役立たないトレーニングは避けなければなりません。 その上で、トレーニングをできるだけ単純化する必要があり、目的が重いウェイトを挙げるアスリートを育てるのであれば、アスリートは重いウェイトを挙上する必要があり、…

競技タイプと競技種目における傷害発生率の違い(個人競技の参加者はオーバーユース障害の発生率が高く{個人43%、団体32%}、より重度のオーバーユース障害を負う確率が高くなった{個人17%、団体11%})

競技のタイプと競技種目を特化したトレーニングおよび性別による違い Jayanthiらは、大規模な他施設共同研究により、少年少女の競技タイプ(団体vs個人)、トレーニング、および特化度の関係をさらに詳しく調査しました。 これらはコホート研究において、圧倒的に多数の思春期の女子の66%以上が主に個人競技(テニスや体操など)に参加していたのに対し、思春期の男子の61%が団体競技(サッカー、バスケットボール、野球など)の試合に出場していたことを明らかしました。 しかし、個人競技と団体…