Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

肩 の検索結果:

野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる)

野球においてバットスイングの重要性 野球は投げる、打つといった技術的な要素が強く関与するだけに、体力特性のみで競技パフォーマンスの良し悪しを比較するのは困難であり、実際、バッティング能力における先行研究においては、バットの軌道や下肢から骨盤の捻転動作などにおける力学的分析に関する知見は存在しますが、競技レベルが高い選手の体力特性や特に優れている運動機能、プロ野球選手の体格の推移などの体力科学的知見が若干あるだけになります。 www.nakajimabonesetter.com…

野球肘に関連づけられる力学的欠陥とは(成人の場合、投球側の肘は平均64Nm の外反トルク:肘内側を開く回旋力に耐えなければならない)

…、骨盤、体幹、および肩関節の高速外旋がもたらす回転エネルギーによって生じると考えられています。 一連の投球動作中、上腕の安定化機構は、常に前腕に力を加えて前腕の平行移動と関節の伸延(関節面同士が離れること)に抵抗してます。 関節反力は、内側方向が240~360N(前腕の外側への平行移動に抵抗)、前方が240N(前腕の後方への平行移動に抵抗)、そして圧縮力が1,000N(肘関節の伸延に抵抗)と測定されています。 www.nakajimabonesetter.com 運動力学的特…

大学野球選手のトレーニングプログラム(ウェイトルームでは筋力-パワーの向上、フィールドトレーニングでは始動速度:RFD、1~6秒間のエネルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかける)

基本的なトレーニングプログラム作成のメカニズム 基本的には筋力-スピード(負荷55~90%)の複合的トレーニング様式を用いることによって、力-速度曲線を日毎あるいは週ごとに上げ下げすることができ、一度に一つのための変数のためのトレーニングを実施するのではなく、プログラムに多様な幅をもたせることができます。 www.nakajimabonesetter.com

投球側の肘関節の評価:機能的外反ストレステスト(外反伸展過負荷は外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になる)

…験者の前腕が回外し、肩が90°外転し、肘関節が90°屈曲した状態で、検者が被験者の母指を引っ張ります。 この最初の姿勢から、肘関節を完全屈曲から完全伸展まで動かし、不安感や不安定性、あるいはUCL痛を誘発するポイントを確認します。 VEOは、外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo A,Cha…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

…ンプログラム 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後の漸進的なリハビリテーションプログラムは、主として手術中に切開され、後に修復された肩甲下筋の腱を保護するように計画されます。 リハビリテーションの進捗が遅く長期間かかるのは、人工装具に置換したこと以外の多くの場合、肩関節に到達するために切開され傷んだ軟部組織構造を修復するためとされています。 合併症もなく手術を終了したクライアントの人工関節は安定していますが、…

パワークリーンの適切なリズムを考える(リズム、すなわち相対的タイミングは、テクニック習得に寄与する指導上の重要な要素であり、パワークリーンの習得にかかせない)

相対的タイミングとテクニック習得 スナッチとクリーン&ジャークはウェイトリフティング競技を構成する2種目のリフトになります。 クリーン&ジャークのバリエーションであるパワークリーンは、多くの競技にとって効果的な強化エクササイズとなっています。 リズム、すなわち相対的タイミングは、テクニック習得に寄与する指導上の重要な要素であり、パワークリーンの習得にも活用できます。 www.nakajimabonesetter.com

正確なファーストプルの重要性(開始局面の適切な実行は、急激で力強い伸張がその後に続く短縮性局面を強化するという増強効果をもたらす)

正確なファーストプルメカニクスの重要性 ファーストプルはクリーンとスナッチ、およびそれらに関連する様々なトレーニングエクササイズの最初の動作局面になります。 ファーストプルは、バーが床から離れる瞬間(MOS:Moment of separation)に始まり、バーが膝の高さ、アスリートによっては膝のすぐ上に到達するところで終わります。 最大、または最大に近い努力で行うトレーニングにおいては、正確なファーストプルのメカニクスが求められます。 したがって、ファーストプルはリフト全…

投球障害予防トレーニングプログラムを選定する上で考慮すべきこと(片側性動作とオーバーヘッド動作の重要性)

…に足が着地してから、肩関節の外旋が最大可動域に到達するまでを指します。 肩関節最大外旋位から、ボールが手から離れる直前までアクセレーション期であり、ボールが手から離れてから肩関節の内旋が最大可動域に到達し、さらに、フォロースルー期の後期には、上肢の内旋速度を減速されるために、肩関節周辺にある筋群すべてが伸張性収縮を起こしており、レイトコッキング期と共に伸張性収縮を起こしているために障害を起こしやすくなるフェーズになります。 www.nakajimabonesetter.com…

先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力(先発投手は試合においてより長いイニングを受け持つために、より高いレベルの基礎有酸素性能力が必要になる)

酸素消費量の回復による2つの回復 上昇した酸素摂取量の基準値へ戻る速度が速いものと遅いもので2つの回復メカニズムがあります。 運動後の酸素摂取量は、運動のエネルギー要求に応じて使用されたエネルギー源の種類を表しており、その人の運動からの回復能力を推測できます。 EPOC(Excess Post-exercise Oxygen Consumption):運動後過剰酸素消費の数値はまた、運動後に必要な生理学的修復(構造タンパク質の形成、コラーゲンの合成、免疫学的機能)の程度を示し…

肩関節後部の緊張に対する柔軟性エクササイズの選択(一般的に、ストレッチプログラムを開始すると、短時間に可動性の向上がみられ、肩関節後部の緊張が改善されると、内旋および水平内転の可動性向上が自覚される)

…側臥位をとり(これで肩甲骨を安定させる)、腕を90°外転させ、その姿勢をとったら、反対側の腕を(肘の辺りをつかんで)胸の前を横切るように引き寄せます。 スタンディングクロスアームストレッチ スタンディングクロスアームストレッチは、サイドライイングクロスアームストレッチのバリエーションとして適用されます。 このストレッチでは、ストレッチする側を壁にもたれさせ、肩甲骨後部/肩甲骨を直接壁につけて安定させます。 その姿勢をとったら、反対側の腕でストレッチする側の腕を(肘の辺りをつか…

野球における戦略的エクササイズ処方:傷害予防とパワー発揮の両立とは(競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになる)

…股関節、脊柱、および肩甲骨を含む動作を中心に、高度で戦略的、そして各選手個別のエクササイズ処方を行なう必要があります。 www.nakajimabonesetter.com ピリオダイゼーション ピリオダイゼーションは、1年を複数の期に分けたトレーニングモデルになります。 それらの期とは準備期、第一移行期、試合期、および第二移行(積極的休養)期になります。 最近では、これらの期をサイクル(マクロサイクル、メゾサイクル、ミクロサイクル)、またはシーズン(オフシーズン、プレシーズ…

肩関節に対するスリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチ(いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できる)

肩関節後部の緊張を改善するもの スリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチは、肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして推奨されています。 いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できます。 www.nakajimabonesetter.com スリーパーストレッチ スリーパーストレッチは側臥位で行ないます。 ストレッチする側を下にして側臥位をとり、腕を90°外転させ、肘を90°屈曲させます。…

急性および慢性の肩関節傷害のリスク因子(RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動性の低下などが挙げられる)

急性および慢性の肩の傷害 急性および慢性の肩の傷害に関しては、それら両方の病因に関連があるとされる変数が明らかにされ、内因性または外因性のリスクとして分類されています。 RT(レジスタンストレーニング)の結果生じる関節と筋の異常な特性などの内因性リスク因子は、傷害のリスクを増大させると想定されます。 www.nakajimabonesetter.com 一般的な肩関節傷害におけるリスク因子 RT集団にみられる一般的な異常リスク因子は、筋力のアンバランス、肩前部の不安定性、可動…

レジスタンストレーニングと肩鎖関節の傷害(鎖骨遠位の骨融解はいわゆる「ウェイトリフター肩」としても知られ、肩鎖関節の離開、肋軟骨下の疲労骨折、肩鎖関節を形成する鎖骨遠位における骨の融解などを特徴とする)

肩鎖関節の傷害とトレーニング 肩鎖関節には上肢レジスタンストレーニング(RT)の過程で増加した負荷がかかるため、鎖骨遠位の骨溶解といわれる症状が起こりやすくなります。 鎖骨遠位の骨融解はいわゆる「ウェイトリフター肩」としても知られ、肩鎖関節の離開、肋軟骨下の疲労骨折、肩鎖関節を形成する鎖骨遠位における骨の融解などを特徴とします。 これらの症状は具体的にはベンチプレスエクササイズと関連づけられ、エクササイズの下降局面で腕を体幹より下部まで伸展する際に、肩鎖関節で繰り返し起こる微…

スプリットオルタネイティングフットスナッチのもうひとつの利点(筋は神経情報の入力によってコントロールされており、新たなエクササイズを導入すると、中枢神経系によって新たな筋の動員パターンが確立される)

…リーンなど)は、足を肩幅または腰幅に開いて行われます。 オルタネイティングスプリットで行われるエクササイズ(ランジなど)は、それよりもはるかに数が少なく、オルタネイティングスプリットを行いつつ、バーを頭上で保持するエクササイズはSAFSとスプリットオルタネイティングフットジャークにほぼ限定されます。 したがって、SAFSは、トレーニングで生じる一般的な動作パターンにバリエーションを加えることになります。 www.nakajimabonesetter.com バリエーションの重…

育成年代における野球肘と投球量(9~12歳の選手では1試合の投球数が75球を超えると肘痛の有病率が35%上昇する)

… 2043-2048, 2009. 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦発売日: 2016/12/26メディア: 単行本 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に発売日: 2020/06/01メディア: 単行本 パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~作者:森原 徹,松井知之,高島 誠発売日: 2014/04/10メディア: 単行本

野球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

… Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に発売日: 2020/06/01メディア: 単行本 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦発売日: 2016/12/26メディア: 単行本 パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~作者:森原 徹,松井知之,高島 誠発売日: 2014/04/10メディア: 単行本

グリップ幅とグリップの向きが筋活動に及ぼす影響(バックスクワットではナロウスタンスよりもワイドスタンスのほうが大殿筋の筋活動が297%大きくなり、さらに深く行うにつれて大殿筋の貢献度が増大した)

…の深さとスタンス幅(肩幅の75~140%)にかかわりなく、つま先の向きの変化(ニュートラル、30~40°内側へ、80°外側へ)は、大腿部(大腿直筋、内側広筋、外側広筋、長内転筋、半膜様筋、半腱様筋、大腿二頭筋)の筋活動に影響を及ぼしません。 www.nakajimabonesetter.com ワイドグリップとナロウグリップ また、ベンチプレスにおける上半身の筋活動を調査した筋電図研究によると、大胸筋を調査した筋電図研究によると、大胸筋の胸肋部の筋活動に関しては有意差が認めら…

レジスタンストレーニングにおける肩の可動性のアンバランスとは(RTの活動中に必要な頭上動作は通常、腕を外転、外旋させたハイファイブポジションが要求され、それが肩の機能障害に関連づけられている)

肩の可動性のアンバランス 研究では、オーバーヘッドスポーツの参加者における肩の可動性のアンバランスが取り上げられています。 RT(レジスタンストレーニング)の活動中に必要な頭上動作は通常、腕を外転、外旋させたハイファイブポジションが要求され、それが肩の機能障害に関連づけられています。 www.nakajimabonesetter.com ハイファイブポジションが肩にかける負荷とは 上肢のRTでは、肩をハイバックポジション(ビハインドネック、ミリタリープレスやプルダウンなどの伸…

インピンジメント症候群を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑える 棘上筋は関節窩において上腕骨を安定化させ、また三角筋とともに外転を助けます。 ※棘上筋は、棘下筋、小円筋、肩甲下筋とあわせてローテーター・カフと呼ばれます。 外転および屈曲時に棘上筋腱が烏口肩峰弓と上腕骨大結節の間で圧迫されることから、機械的圧迫により棘上筋はインピンジメントを起こしやすくなります。 ローテーター・カフの筋力不足、また障害のために上腕骨が上方に移動すると、肩峰下腔(烏口肩峰弓の下にある領域)は狭くなります。 インピ…

ウェイトリフティングのグリップ幅(スナッチの場合、グリップ幅を計測する方法は、外転させた腕の近位指節間関節から反対側の肩までの距離を計測する方法がある)

…節間関節から反対側の肩までの距離を計測する方法になります。 第2の方法は、両腕を外転させて肘から肘までの距離を計測します。 その他の適切なグリップ幅の計測方法としては、アスリートを直立させ、膝をクォータースクワットの角度に屈曲させ(パワーポジション)、腕を真っ直ぐ伸ばした状態でバーが股関節屈曲筋群、すなわち大腿上部に来る手の位置を測る方法もあります。 パワーポジションはダブルニーベント(スクープまたは移行期)局面の終了直前からバーが身体をかすめて通るセカンドプルの開始時にかけ…

レジスタンストレーニングと肩の傷害(エクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられている)

不適切な肩のポジションが原因で起こる傷害 RT(レジスタンストレーニング)集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起こることは、研究により十分に裏付けられています。 Grossらは、RT参加者20名を対象に、肩前部における不安定性のサンプル調査を行ない、この調査で、ワイドグリップ・ベンチプレス、スパイン・チェストフライ、ビハインドネック・プルダウン、ミリタリープレスなどのエクササイズが疼痛を起こすエクササイズとして特定されています。 197…

レジスタンストレーニングに起因する肩の障害(RTを集団で起こる傷害や障害のうち最大36%が肩関節複合体で発生している)

…タンストレーニングと肩の障害 レジスタンストレーニング(RT)は、スポーツ競技のための筋骨格の強化、障害のリハビリテーション、様々な健康や体力にもたらす利益などを実現する手段として提唱されてきました。 RTに起因する障害の発生率は過去10年間増加傾向にあり、RT参加者の25~30%が施術を要する重度の傷害を負ったことが報告されています。 さらに過去数十年の間に、ウェイトリフティングに関連した救急科への搬送または来院の件数は35%増加し、それらの傷害の約4分の1は不適切なトレー…

エクササイズの選択と肩の傷害(ベンチプレスの下降局面は、特に腕が体幹より低く下ろされた場合には、多くの傷害の原因とされている)

「ウェイトリフター肩」と呼ばれる鎖骨遠位の骨溶解 レジスタンストレーニング集団で増加した発生率により、「ウェイトリフター肩」と呼ばれる鎖骨遠位の骨溶解は、しばしばベンチプレスに起因するとされています。 末梢神経損傷は稀ですが、筋肥大による伸張あるいは圧迫による神経障害の原因としてかなり高い割合を占めます。 伸張による神経障害は、可動域末端に肩を置く姿勢が原因である場合が多くなります。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズの選択と肩の傷害 エクササ…

レジスタンストレーニングにおける肩関節の傷害を避けるために必要な手段(可動性の制限とともに、ローテーターカフや肩甲骨周囲の筋組織の脆弱性など、関節や筋の異常な特性に対処するエクササイズを、現行のトレーニングルーティンに取り入れることが重要になってくる)

…ます。 しかし、肩の傷害や障害をもたらすと予想される病因的なリスク因子および筋力や可動性の望ましくない適応については、まだ十分な調査が行われていません。 研究で明らかにされ、記録された肩の傷害は、大部分が遡及的調査と記述的疫学的報告から得られたものになり、したがって、非外傷性症例においては、傷害の病因となる正確なメカニズムを確信をもって仮定することは困難になります。 www.nakajimabonesetter.com 現場への応用 RT集団における肩の傷害の傾向を前提として…

レジスタンストレーニングにおける肩関節不安定症と脱臼(肩はハイファイブポジションで関節が外れることが多く、ハイファイブポジションが必要なエクササイズにおいて重い負荷を用いることにより、肩関節の脱臼を起こしやすくなる可能性がある)

…タンストレーニングと肩の不安定性 RT集団では、肩甲上腕関節における肩前部の不安定症が確認されています。 ベンチプレス、ビハインドネック・プルダウン、ミリタリープレス、チェストフライなどの一般的なエクササイズ中の不適切な姿勢により、RT集団は肩前部の不安定症になりやすくなります。 体幹の後方まで上腕骨の伸展を必要とする肩の位置、またはハイファイブポジションを要求する姿勢は、肩前部に過剰なストレスがかかり、したがって可動域が過度に増大し、やがて時間の経過に伴い安定性の低下をもた…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩を引き起こし、不安定性をもたらす)

肩関節不安定性とは 肩の不安定性とは、「上腕骨頭を関節窩の中央に維持できないこと」と定義できます。 したがって、肩前部(肩甲上腕関節)の不安定性とは、関節窩に対する上腕骨頭の過剰な前方移動(動き)と定義されます。 前部不安定性の原因は多岐にわたり、単独または複合的に存在する数多くの因子が考えられ、例えば、外旋による傷害、筋のアンバランス、関節の位置を維持する軟部組織(靭帯と関節包)の恒久的な伸張などが原因になります。 肩関節複合体が前部不安定性を起こす原因のひとつは、一般的に…

フロントスクワットを探求する(FSqは肩関節前額面においてニュートラルなポジションを維持、外旋も15°に留まるために、肩関節不安定性を持つ人にも有用である)

…した。 その他、肩関節前方不安定性の問題を抱える人にも、BSqよりFSqのほうが適している可能性が示唆されており、BSqを行う際、バーを保持するために肩は外転および外旋位をとるため、このポジションは通常、関節上腕靭帯が弛緩している人にとって「高リスク」のポジションであると言われており、これに対して、FSqにおいては、肩は前額面において比較的ニュートラルなポジションを維持し、外旋も最小限(15°)に留まります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引W…

クライミングにおける体幹、腕と肩の筋の動員(マントリング行う際には胸筋群と前鋸筋に大きく依存し、クライマーには、肩回旋の機能的筋力のアンバランスと肩甲胸郭関節の動きの変化が認めらる)

…ter.com 腕と肩の筋群 クライミングにおいては、身体を鉛直および水平方向に移動させるため、肘屈曲筋群や肩伸展筋群などの引く動作を行う筋群が多様されます。 一方で、それらほど意識されない「押す動作」の筋群、例えば、肩内旋筋群、内転筋群、および肘伸展筋群などの重要性も認識しなければなりません。 例えば、マントリングを行う際には、水平方向に伸びる岩棚の上に身体を持ち上げるのに肩内旋筋群と肘伸展筋群が用いられます。 そのほか、長方形のブロックのような形状の登攀面では、コンプレッ…

肩甲上腕関節と肩甲骨の一連の運動をタイミングよく行うには(外旋動作は正常なバイオメカニクスとローテーターカフへの十分な血液供給を確保するため、僧帽筋中部線維を活性化させ、側臥位で腕を30°に外転させて行うことが推奨される)

肩甲上腕関節と肩甲骨 肩甲上腕関節(GHJ)と肩甲骨の一連の動きをタイミングよくバランスよく行うには、筋の協調的な行動と機能的安定性を獲得するためのバランスが必要になります。 Coolsらは臨床現場において肩甲胸郭(SCT)関節とGHJのリハビリテーションに用いられる12種目のエクササイズを調べた結果、以下の4つがSCT関節のバランス維持に役立つを結論付けました。 側臥位での外旋 側臥位での屈曲 伏臥位での外旋 伏臥位での伸展 伏臥位での伸展、側臥位での外旋、およびTレイズに…