Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

肩 の検索結果:

自重トレーニングの漸進(自重トレーニングは、伝統的なウェイトトレーニングと同様に、コンディショニングの効果的な手段であり、適切に操作すれば、体力とスタミナの両面で有益な効果が得られる)

自重トレーニングの欠点 自重トレーニングの欠点とは 自重トレーニングの最大の欠点のひとつは、経験を積んだ人には易しすぎ、初心者には難しすぎるという印象をもたれるところにあります。 自重の2倍近い負荷でベンチプレスを行える人にとって、プッシュアップは非常に簡単なエクササイズに思えるかもしれませんが、そのような人がいざプッシュアップを適切なフォームで数レップをこなせといわれると、必ずしも簡単にはいきません。 それは、プッシュアップはベンチプレスよりもはるかに大きなコア(体幹)の筋…

肘関節脱臼

…節脱臼 肘関節脱臼は肩関節脱臼に次いで、頻度が高く、小児や高齢者では骨折を伴う場合が多いです。 スキー、スノーボード、高所からの転落などで発生しやすく、柔道などのスポーツでもみられます。 www.nakajimabonesetter.com 肘関節後方脱臼 肘関節脱臼のほとんどは後方脱臼で、肘関節伸展位・前腕回内位で手をついたことにより、肘関節の進展を強制する外力が加わり脱臼します。 症状 疼痛、腫脹が著明で、肘頭が後方に突出し自動運動不能です。 フォルクマン拘縮をきたすこと…

バックスクワットの修正へのキューイング(最も重大な弱点に特化し、具体的で的を絞ったキューイングを行うことにより、アスリート自身がスクワットの弱点を認識し修正できるようになる)

… 胸部のポジション 肩甲骨を引き寄せる 体幹のポジション へそを正面に向ける 股関節のポジション 股関節を水平に保つ 前額面の膝のポジション 両膝を離す 脛骨移動角度 脛を真っ直ぐに立てる 足のポジション かかとで床をしっかりつかんで下ろす 下ろす動作 後方の椅子に座るように腰を引く 深さ 大腿部が床と平行になるまで下ろす 上げる動作 胸から先に立ち上がる www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Benjaminse A Optimization of…

バックスクワットの体幹のポジション(アスリートが股関節屈曲角度が約120°に達する前に脊椎を曲げる場合は、大殿筋に停止する腸脛靭帯(IT)の後部線維に制限があるか、腰椎のコントロールが不足していると考えられる)

スクワットにおける体幹のポジション 体幹のポジションの修正 体幹のポジションの修正は、体幹の過度な屈曲および/または脊柱後弯(背中が丸くなる)に対処することが中心になります。 アスリートが体幹を過度に屈曲している場合、アスリートが姿勢を正すように「へそを真っ直ぐ前に向けなさい」または「体幹を真っ直ぐに起こしなさい」というような口頭での指示が役立ちます。 さらに、アスリートに対し頭上に両腕を上げておくように、または軽い負荷を持つように指示することは、体幹を直立させた姿勢をとるた…

主観的情報の収集と理解(カウンセリングは構造および機能を理解するうえで重要な情報であり、過去の傷害の原因となる機能不全・アンバランスを知ることもできる)

…肢の機能不全も一因 肩関節痛→腱板の弱さなどで肩のスタビリティ低下が起こる 手術歴 痛みや炎症から、神経筋コントロールが変化することがあり、適切なリハビリが施されなければ、機能不全を起こすことがあります。 例:帝王切開、盲腸切除で腹壁を切るなど 慢性疾患 既往歴を元に慢性的な症状を発見する必要があります。 例:高血圧、喘息、肥満、脂質異常症、糖尿病、心疾患、変形性関節症など原因の多くは生活習慣 薬の使用 投薬の有無と効用を確認します。 運動中に身体に影響を与える可能性がある …

スクワットにおける股関節のポジション(建設的なフィードバックは前額面のポジションの焦点を合わせ、アスリートが股関節を水平に保持することに集中し、左右どちらか優位な側による過度な代償傾向の修正の手助けとなる)

スクワットにおける股関節のポジション 股関節のポジションの基準 股関節のポジションの基準は、前額面のポジションの焦点を合わせます。 www.nakajimabonesetter.com

傷害予防プログラムの共通要素(ジュニア選手においては、股関節屈曲を強調し、大殿筋を使って衝撃吸収することにポイントを置いてトリプルフレクションによる着地動作をしっかりと習得させることが非常に重要)

…ルフレクション)し、肩関節と膝関節が足部の拇指球上に位置し極端に膝蓋骨部がつま先より前方に出るようなポジションにならないこと、そして、体幹と下腿のラインが平行になっていることになります。 適切なアライメントによるパワーポジション習得後、ジャンプからの着地動作を学習することになり、着地時の衝撃にトリプルフレクションの関節角度を深くすることで、衝撃をより吸収できるようになります。 特に、ジュニア選手においては、股関節屈曲を強調し、大殿筋を使って衝撃吸収することにポイントを置いてト…

前十字靭帯損傷(ACL)トレーニングプログラム(十分な神経筋の活性化、筋力、膝関節への少ない負荷で着地とカッティングを行うテクニックを身に付けることが障害リスクも低下させる)

…えたサンドバッグの両肩にのせて) 3 8 ラテラルハードルホップwithスプリント 4ローテーション(左右各2) バックワードランジ 3 8 フィギュア8 3ローテーション アップ/ダウン(ハムストリングの伸張性エクササイズ) 3 8 ボックスドリル 3ローテーション ウォールジャンプ 2 30秒 ジグザグ/方向転換ドリル 3ローテーション ジャンプ&リーチ 2 30秒 アジリティラダードリル:ホップスコッチ、ストラドルホップ 3ローテーション スクワットジャンプ 2 30秒…

機能的動作とは(身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱している)

…ネスによって股関節を肩関節と結んで回旋を発生させ、最後に上肢がその回旋パワーをバットに伝えます。 この回旋パワーは、用具を振る動作からランニングに至るまで、最もよく知られ、かつ実行されている機能的動作の多くに共通するテーマになります。 www.nakajimabonesetter.com コアを通じて力を伝達する Logan&Mckinneyが最初に提唱したセラーペ効果は、身体がコアを通じて力を伝達する際に用いる力発揮パターンに関して、一定の知見を提唱しています。 しかし、L…

スクワットと脊椎の安定性(腹腔内圧を高めるバルサルバ法は、「近位のスティフネス」をもたらし、四肢の発揮筋力と速度を促進することにより、肩関節と股関節における発揮パワーの増大を可能にする)

…促進することにより、肩関節と股関節における発揮パワーの増大を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Benjaminse A Optimization of the anterior cruciate ligament injury prevention paradigm Novel feedback techniques to enhance motor learning and reduce injury risk J Orthop…

コア:体幹のスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

…セラーペ(右足から左肩にかけて身体背面を斜めに走る筋群)に負荷をかけます。 投手はそこから足を踏み出してコッキング期を開始しますが、その際、ポステリアセラーペを用いてを用いてコアの前方推進力を生み出します。 この前方への動きによって、投球動作のアーリーコッキング期が開始されます。 アーリーコッキング期には、右腕と左脚が伸張、外転することでアンテリアセラーペ(右腕から左足にかけて身体前面を斜めに走る筋群)に負荷がかかります。 続くレイトコッキング期には、左足が地面を踏み込み、左…

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

肩関節の可動性 肩の外旋可動性(SERM:shoulder external rotion mobility) オーバーヘッド動作を行なうアスリートにとって、肩の外旋可動性(SERM:shoulder external rotion mobility)が問題になることは滅多にありませんが、長時間座って過ごすアスリートや、筋のバランスを確実に保つためのプル動作をほとんど、あるいは全く行わずに常に多数のプレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよく…

スクワットにおいて股関節を主要な駆動力として用い、体幹を直立した状態で保持しながら上昇するには(目標を定めた弱点の修正には、不適切な上昇テクニックにかかわる根本的なメカニズムを評価することが重要になる)

…r.com 股関節と肩の間の垂直距離 股関節と肩の間の垂直距離はスクワット全体を通じて一定に保たねばなりません。 アスリートに「胸から先に上昇させなさい」「肩を使って立ち上がりなさい」というキューイングを与えることは、アスリートが股関節を用いて急速に立ち上がらないようにするために効果的になります。 股関節から一気に立ち上がろうとすると、股関節と肩の間の垂直距離が縮まるため、最善の動作とはいえません。 上昇中の真っ直ぐな体幹姿勢を促すドリルと同じく、股関節の駆動力(股関節伸展筋…

上腕二頭筋長頭腱の損傷

… 上腕二頭筋長頭腱は肩甲骨から上腕骨結節間溝という上腕骨のみぞを通り、前腕の橈骨に付着しています。 上腕二頭筋短頭は肩甲骨の烏口突起から長頭と同じところに付着します。 上腕二頭筋は力学的にストレスを受けやすく、ケガをしやすいところではあります。 上腕二頭筋長頭腱断裂 重量物の挙上や、上腕二頭筋に対して強い伸長力が加わった際に負傷しやすく40~50歳前後の肉体労働者に多発し、スポーツ時などでもみられます。 上腕二頭筋長頭腱が大きく動く肩関節の外転・外旋運動を行うと、長頭腱が小結…

バーナー症候群(バレ・リュウ症候群)

…に過度の側屈が生じ、肩の下制強制によって腕神経叢が伸展されたり、頚椎が圧迫され生じる外傷です。 症状は、一過性のしびれ、電撃痛、灼熱感、頚部から上肢にかけての放散痛などがみられます。 頸椎から出て上肢を支配する神経、腕神経叢が傷害を受け症状が起こるといわれています。 www.nakajimabonesetter.com 頚椎捻挫 頚椎捻挫は、いわゆる“むちうち”ともいわれ、頚部に強力な外力が加わり軟部組織の損傷です。 頚部に過伸展が加わり、頚部周辺の筋肉を損傷し、ときとして後…

ベーカー嚢胞(膝窩嚢胞)

ベイカー嚢胞 膝後方で半膜様筋腱と腓骨筋腱内側頭の間に生じる滑液包炎であり、大きくなると膝窩部の鈍痛、緊張感などの症状をきたします。 膝の後方の滑液包が弁構造となっており、関節液が弁を通して嚢胞を形成する、という説が有力です。 変形性膝関節症や関節リウマチに合併して生じるものが多いです。 www.nakajimabonesetter.com 症状 膝窩部のやや内側より鶏卵大の波動性の腫瘤を認めます。 圧痛、熱感はなく、疼痛はさほど強くなく膝後方の不快感や正座時の緊張感を訴える…

可動性ドリル(可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たす)

…員が不十分であると、肩痛を起こす肩甲帯の機能障害に関連があるとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Bachele T and Earle R,eds,Essentials of Strength Training and Conditioning.Champaigh,IL,Human Kinetics,2008 397-402 ウォーミングアップストレッチメディア: Prime Videoこの商品を含むブログを見る ストレッチ・トゥ…

思春期前のトレーニングの重点(脳と神経筋系の成熟速度が最大に達している思春期の子供に基本的運動スキル、基本的スポーツスキルを習得させる事は非常に重要である)

…節、膝関節、足関節、肩関節、および胸椎の両側、対称、および機能的可動性を評価する ハードルステップ 股関節、膝関節、および足関節の両側の機能的可動性と安定性を評価する インラインランジ 股関節の可動性と安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み合わせて肩関節の両側の可動域を評価する アクティブ・ストレート・レッグレイズ 骨盤を安定させ、反対側の脚を能動的に伸展させた状態でのハムストリングスと腓腹…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…を指します。 「肩は消耗品である」という考え方を持っていた元横浜ベイスターズの権藤監督の場合は、選手に投げ込みを強要することはなかったとされています。 www.nakajimabonesetter.com 投げ込みとオーバーユース障害 一方で「投げ込み」推進派の指導者はいまだに多く、キャンプ中に2,000~3,000球のノルマを課すこともあります。 こういったプロ野球の動向にジュニアスポーツも少なからず影響を受けており、実際、高校野球などにおいても投げ込みは行われており、ノル…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(投球中の外反モーメントは120Nmで、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されている為、肘内側の主要な動的スタビライザーの筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

…プにおいて、MER(肩関節最大外旋)からボールのリリースまで前腕は回内しています。 対照的に、カーブを投げる際は、前腕はMERで回外しますが、そこでの外反トルクは最も大きく、回内運動(円回内筋の活性化)が行われないことにより、傷害の発生率がより高いことを説明することができると思われます。 前腕を回外、ニュートラルまた回内させて、外反ストレスに対する受動的抵抗を調べた死体研究は、野球の投球メカニクスを十分に反映してるとは言えず、それは前腕の回内が受動的な張力を和らげ、外反ストレ…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

最大身長速度とオーバーユース オーバーユース障害 練習の量や強度が増加すると、オーバーユース障害に加えて急性の外傷発生率も高くなることが示されています。 日本のジュニアスポーツの多くは、ボランティア指導者によって担われているのが現状であり、多くのボランティア指導者は、自らの経験に基いて指導を行っている場合がほとんどであり、資格や特別な知識、あるいはテクニックをもっていることは稀です。 実際、ジュニアスポーツにおける多くの怪我は、このようなボランティア指導者による不適切なテクニ…

青少年の柔軟性エクササイズ(運動前の最適なウォームアップでは、自体重のかかる多関節運動に焦点を合わせ、可動域全体を使って徐々に動的な運動へとアスリートを誘導する必要がある)

柔軟性トレーニング 柔軟性トレーニングと筋骨格系 青少年は筋骨格系が常に変化しているため、この発達段階で用いられた柔軟性トレーニングによる利益が無駄になる可能性があります。 しかし、より成熟したアスリートは、定期的な柔軟性トレーニングを取りれることから利益を得て、筋骨格系を修正し、神経筋の効率向上に順応する能力が備わっていきます。 www.nakajimabonesetter.com

多関節のコーディネーションの発達(機能的な競技パフォーマンスの発揮に重要な最高レベルの基本的動作パターンの発達には時間がかかること、そしてその発達は「一夜にして」起こるものではないことを理解する必要がある)

コーディネーションパターンの発達 多関節のコーディネーションパターンの発達とは 多関節のコーディネーションパターンの発達には様々な「段階」があること、そして、青少年の多くは経験や適切なトレーニングが不足しているため、最高の発達レベルの動作は発揮できないことを理解しなければなりません。 豊富な知識を有し、動作の発達の漸進について十分に理解している専門職であれば、青少年がこれらの動作スキルにおいて、効果的、またはレベルの高い動作パターンを発揮できる場合もあれば、できない場合もある…

運動前の可動性ドリルの有効性(可動性ドリルを取り入れることにより、アスリートは、より高強度の運動における新しい運動方策を素早く応用し獲得することが容易になる)

可動性トレーニング 運動前の可動性トレーニング 運動前の可動性トレーニングは、若年アスリートにとって運動学習の効果的な方法になります。 アスリートが「通常」のトレーニングや試合とは別に、リハビリテーションやプレリハビリテーションの運動セッションを完了するよう指示されることが多く、修正エクササイズと実際のパフォーマンスの隔たりが大きいと、パフォーマンスにおいてより効果的な方策を取り入れるアスリートの能力が妨げられる可能性があります。 このような修正エクササイズをウォームアップの…

適応経路としてのコーディネーションのレベルを上げる(コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる)

コーディネーション コーディネーションのレベルを上げる コーディネーションのレベルを上げる(変化させる)際にも適応経路は多様化し、特に複雑な多関節スキルにおけるにおける分節間運動のコーディネーションにおいてその傾向がみられる。 多様化する理由は、様々であり、例えば、個人に合わせた指導の差異や、課題の要求の変化、発育、神経の適応のほか、関節、筋群、個々の筋、および筋内レベルで数千にのぼる自由度のコーディネーションと制御能力を発達させること伴う複雑さなどが原因となります。 運動発…

ケトルベルの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには(上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達される)

…が、スクワット姿勢は肩と股関節のより垂直な動きをもたらします。 その結果、スクワットの短縮性局面で発生した筋力によって垂直方向の力が起こり、KBの曲線軌道に伝達される力が不足します。 そして、実践者はKBを適切なフォームとして肩の高さまで振り上げるために肩の力を発揮する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com ケトルベルトレーニングの目的 トレーニングの目的がコア(体幹)の筋力と股関節におけるパワーの向上であるならば、クライアントはKBを動かすた…

動的安定性とフィードフォワードコントロール(着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されている)

動的安定性 フィードフォワードコントロールと動的安定性 研究によると、着地で接地する前や静止する前の準備段階における膝関節や膝安定筋のフィードフォワードコントロールが、動的安定性の向上にとって最も重要な要素であることが示唆されています。 スポーツの状況でのフィードフォワードコントロールメカニズムの改善を目標として、トレーニングプログラムには、多様でバラエティに富んだ予測不可能な活動や状況を取り入れた漸進的課題を導入すべきでありとされています。 www.nakajimabone…

青少年アスリートにおける可動性ウォームアップの様式(最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になる)

ウォームアップ ウォームアップの重要性 ウォームアップの時間が可動性をトレーニングする恰好のタイミングであることは確実ですが、最小限の時間で最大の利益を提供するドリルやその他のトレーニング刺激を選択することが重要になります。 大部分のアスリート、特に若年アスリートは、十分なウォームアップの重要性を見落としがちになり、その結果、でたらめでいい加減なウォームアップを行なうことも多く、ウォームアップを省略してしまうこともあります。 したがって、アスリートが必ず十分なウォームアップを…

競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができる)

…股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成されます。 これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができます。 ここでの課題は、従来のレジスタンスおよび爆発力、およびスピードを最大限に向上させることを目的とした、漸進的で競技特異的なトレーニングルーティンを作成することになります。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズの戦略 トレーニングの量や過負荷の調…

股関節の可動性(不十分な股関節の屈曲可動性が非効率的で傷害の危険性のある運動パターンをもたらす)

屈股関節の可動性 屈曲可動性(HFM:hip flexion mobility) 多くの若年アスリートは、股関節の屈曲可動性(HFM:hip flexion mobility)を積極的にトレーニングすることが少なく、スプリントに必要な股関節の屈曲可動域に達することができなくなっています。 HFMが不足していることが多いために、アスリートは通常、必要とされる動作を腰椎の屈曲で補おうとします。 この代償パターンでは、事実上、十分な腰椎の安定性が不足しているために、腰で生じる動きを…