Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

肩 の検索結果:

投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる)

…上体を起こしながら、肩と背中の上部をボールから離してシットアップを行い、ゆっくりと開始ポジションに戻る。 10回を1セットとして左右それぞれ2セットずつ行う。 スタビリティボール・レッグローテーション 床で仰向けになり、両腕を左右いっぱいに伸ばし、両腕のふくらはぎでボールを挟んで固定する。 両脚で股関節を回旋させ、足がボールの上下で一直線上にあるようにする。 両側に回旋させ、20回1セットとして2セット行う。 スタビリティボール・オルタネイティングスーパーマン ボールの上に腹…

人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある)

…トレーニング 人工逆肩関節置換術*1においてみられる肩の症状として、肩甲骨周囲の筋群(菱形筋、僧帽筋の上部、中部、下部および広背筋)の脆弱性になります。 これらの筋群に目標を定める際は、クライアントは頚椎の変形性関節症を併発している可能性を理解することが重要になります。 この部分を強化することを意図した多くのエクササイズは伏臥位または立位で行われ、これらのエクササイズを行う際は肩をニュートラルな位置を超えて伸展させようとすると前方脱臼の可能性があること理解することが重要になり…

セラーぺの構造と運動(螺旋状の硬いコアを形成することで、股関節および肩関節の筋群の近位端がしっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になる)

…ことで、股関節および肩関節の筋群の近位端がしっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になります。 これは、ランニング(特にスプリント)、投動作、キック、方向転換、階段昇り、薪割り、さらには片側での挙上や運搬も含め、あらゆる素早い両側交互動作に不可欠な要素になります。 以上のことから、「近位のスティフネスは遠位の可動性と運動能力を向上させる」という身体運動の普遍的法則が導き出されます。 そしてそのためには、セラーぺを用いてコアのスティフネスを増大させる必要…

野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係がある)

…速させることにより、肩が最大外旋位(MER)をとる際に生じます。 投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係にあることが指摘されています。 MERにおける外反ストレスの負荷はまた、身体セグメントの非対称性のほか、疲労に関連した要素、例えば肩の外旋速度の変化、脊柱の投球腕側への側屈、肩の外転の減少、水平外転速度の増加、最大水平外転位における手関節の回外、およびMERにおける肘の伸展の増大などによって、さらに悪化します。 www.nakajimabo…

野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる)

…節、膝関節、足関節、肩関節、および胸椎の両側、対称、および機能的可動性を評価する ハードルステップ 股関節、膝関節、および足関節の両側の機能的可動性と安定性を評価する インラインランジ 股関節の可動性と安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み合わせて肩関節の両側の可動域を評価する アクティブ・ストレート・レッグレイズ 骨盤を安定させ、反対側の脚を能動的に伸展させた状態でのハムストリングスと腓腹…

人工逆肩関節手術法と意義(肩関節内の回転の中心をより内側に寄せることになり、遠心的に三角筋の活動を増加させ、上腕を頭上に挙上できるまでに機能を改善する)

人工逆肩関節置換術の方法 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)を行う場合、様々な人工装具のデザインと手術法があります。 用いる技術や装具の形態にかかわらず、rTSAは劇的に痛みを軽減し機能を高めること、特に可動域の改善や痛みの軽減など、肩関節の機能測定値の向上をもたらすことが示されています。 www.nakajimabonesetter.com 人工逆肩関節置換術の目的 rTSAの目的は、傷害のある肩関節の表面…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズ(前方脱臼に抵抗する安全装置となる肩甲下筋に負荷をかけた内旋は避け、また外転、水平伸展、外旋を合わせた姿勢、90/90またはハイファイブと呼ばれる姿勢も避ける必要がある)

人工逆肩関節置換術後の後遺症 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)を受けたクライアントのためのリハビリテーション後のプログラムを計画する際に、rTSAの術後において最も発生率の高い後遺症について、十分に理解しておくことがきわめて重要になります。 rTSAを受けたクライアントの大多数は、外科的には施術できない、後部ローテーターカフ(棘上筋、棘下筋、場合によっては小円筋)の損傷があり、これらのクライアントでは、損傷…

プル・ツーニーとは(ウェイトリフティング動作のクリーンまたはスナッチのファーストプルを、適切なバイオメカニクスを強化して再現する筋力トレーニング動作になる)

…働筋 寛骨大腿関節、肩甲上腕関節、および腕撓関節を安定させるために以下の筋の等尺性筋活動が生じます。 脊柱起立筋群(腸肋筋、最長筋、多裂筋、および棘筋)、深部棘筋(回旋筋、棘間筋、多裂筋、および横突間筋)、腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腰方形筋、上腕三頭筋(長頭)、三角筋、肩甲下筋、広背筋、橈側手根伸筋、腕撓骨筋、僧帽筋、頭板状筋、頚板状筋、棘下筋、下後鋸筋、大菱形筋、小菱形筋、および棘上筋。 プル・ツーニーの挙上局面には、以下の筋が関与します。 上肢 僧帽筋、頭板状筋…

野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする)

…s load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon 投球障害:肩・肘の障害予防[DVD番号 ME84]Amazon

野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する)

…への体幹の側方傾斜と肩関節外転とが関連していることを明らかにした研究もあります。 体幹の非投球腕への側方傾斜は、上腕の投球位置への挙上(肩関節外転)における要因になります。 これは、肩関節を90°外転させると肘への外反ストレスが減少する考えられているためです。 総じて体幹を適切に強化するためには、回旋ROM、筋力、持久力、および速度の向上に重点を置かなければならず、これらの変数を最大限に伸ばすために、若年投手は体幹強化トレーニングに取り組む必要があります。 レジスタンストレー…

Mポジション投手とは(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

…足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメント(野球肩)と肘内側の障害を起こすリスクが高くなります。 体幹の前方への基準ベクトル(0°の中立軸とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com Mポジション Mポジションは、ローテーターカフの外旋筋群から開始される外旋の速度を高めると推測されており、高められた外旋速度は、投球側の手の加速と、踏み出し足の接地から重…

野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編(シーズン前のコンディショニングの重要性)

…野球による障害(野球肩、野球肘)が発生しやすい部分のチェックを行うことが推奨されています。 少年野球ではなおさらで、「離断性骨軟骨炎:野球肘」の有無をチェックすることが重要です。 専門医受診の重要性 練習中の負傷は、いち早く専門医の診察、施術を受けることが重要です。 コンディショニングの重要性 野球において爪は損傷しやすいので、十分にケアをしておくようにと、また、新しいスパイクではマメが出来やすいので、できにくくなる工夫をするようにと記載されています。 飲食物 もっとも注意す…

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…節、膝関節、足関節、肩関節、および胸椎の両側、対称、および機能的可動性を評価する ハードルステップ 股関節、膝関節、および足関節の両側の機能的可動性と安定性を評価する インラインランジ 股関節の可動性と安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み合わせて肩関節の両側の可動域を評価する アクティブ・ストレート・レッグレイズ 骨盤を安定させ、反対側の脚を能動的に伸展させた状態でのハムストリングスと腓腹…

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

… baseball pitchers.Am J sports Med37:2043,2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~作者:森原 徹,松井知之,高島 誠全日本病院出版会Amazon

野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる)

…出し足が接地してから肩関節が最大外旋するまでを指します。 この期には、肘内側に大きな牽引力と肘外側に圧縮力が加わります。 若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に生じます。 アクセレーション(加速)期 加速期は、肩関節が最大外旋してからボールが手を離れるまでを指します。 肘の伸展速度はピーク時で約3346°/秒に達し、肩の内旋速度は9000°/秒を超えます。 肘関節の屈筋/回内筋群はこの期に内反トルクを発生させ、肘外…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

… 腕のコッキング中の肩甲骨、上腕、および手関節周辺のコーディネーションのとれた伸張性筋活動により弾性エネルギーが伝達され、投球腕を加速する際の短縮性筋力が増大し、最大の運動エネルギーを投球腕にもたらします。 ボールリリースにおける手の最高速度は、MER(肩関節の最大外旋)とMER-M(肩関節の最大外旋モーメント)、およびピークEEV(ピーク肘関節伸展速度)の大きさと相関関係があります。 www.nakajimabonesetter.com 外反ストレスの影響と肩関節の最大外旋…

野球における投球時の外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…反トルクは、MER(肩関節最大外旋)直前にピーク外反負荷が起こる瞬間、肘関節の屈曲が増すの伴い減少します。 腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメント(主に上腕骨の軸回転)が増大し、結果的に肘関節の外反ストレスが増大し、加速段階のピークEEV(肘関節伸展速度)は、筋活動よりもむしろ「腕の振り遅れ」との関係が大きいことが知られています。 これは、上腕三頭筋が急速に肘関節を伸展するのを助けるために、体幹と上腕骨の間で遠心力が働くためです。 www.nakajima…

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

…用し、手関節屈筋群と肩関節の全体的な強化に重点を置きます。 漸進モデルには、第一段階の日ごとに漸進を調節するレジスタンスエクササイズから、上肢の筋群の競技特異的フィットネスへの回復を目的とする、第三段階の伝統的な筋力トレーニングまで含まれます。 リハビリテーションの段階 第Ⅰ段階 第Ⅱ段階 第Ⅲ段階 リハビリの重点 DAPRE 持久力と筋肥大 筋力とパワー 目標 ROMの向上 (受動的) 第Ⅰ段階のエクササイズの継続 第Ⅱ段階のエクササイズの継続 筋力とパワーの向上 競技特異…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

肩関節複合体 肩関節は非常に複雑な領域であり、この領域においては、肩甲上腕関節(GH)、胸鎖関節、肩鎖関節、および肩甲胸郭関節など多くの関節が互いに依存しあって存在し、これらは肩関節複合体を構成する要素となります。 これらを構成する関節のいずれかひとつが動くと、ひとつかそれ以上の他の関節も同時に動くため、ひとつの関節が受傷すると、多くの場合、他の関節の運動学的要素も変化し、機能的動作における筋の代償作用が生じます。 www.nakajimabonesetter.com ローテ…

投手の投球障害予防を考える(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引{高力橈骨小頭接触}、および後部内側剪断{骨棘形成}を制御する)

…てローテーターカフと肩のコンディショニングに重点を置いて行われますが、特に内反-外反の安定性に対処しているわけではありません。 肩甲帯、上腕骨および肩甲上腕の筋機能は、力学的な「てこ」のためにも、また投球腕の加速や減速のためにも根本的に重要になります。 しかし、一般的に、トレーニングにおける肘の健康状態は疎かにされており、オーバートレーニング状態の選手やコンディションが不十分な選手は、近位の筋群がアンバランスであり、非効率的な力発揮や弛緩の増大などを経験することが多く、そのい…

人工逆肩関節置換術後のエクササイズプログラムの作成(内旋に際立った弱点のあるクライアントでは、代償メカニズムをさけつつ、肩甲下筋の活動を最適化し、大胸筋と広背筋と大円筋を強化することにより、内旋を改善できる)

…レーニングは、人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)後のクライアントのためのリハビリテーション後における重要な要素になります。 多くのクライアントはまだ筋力が十分に回復していないため、特定の筋群に照準を合わせたプログラムや、リハビリテーション中に増大した筋力を単に維持するためだけの定期的なプログラムから利益を得られ、リハビリテーションの後期でさえも、クライアントの肩の慢性症状やローテーターカフの関節症状が残ってい…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

…スロット(体幹側屈、肩外転、および肘伸展の組み合わせ)が変化することで、1球1球をより切れのある動作で投げられます。 www.nakajimabonesetter.com サイドスロー投手の肘への影響 効果的な投法ではありますが、サイドスローを用いる投手には、肘への外反ストレスによる固有の受傷リスクが存在します。 肘に加わる内反トルクに関連して、体幹側屈と肩外転の回帰分析が行われ、その結果、肘内反トルクを最小限に抑える上で最適なアームスロットの方向は、肩外転が100°、体幹側…

投球時の肘内側傷害の原因(コッキング期後半と加速期における内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、肘内側への非常に大きく反復的な外反力が加わる)

…体幹の回旋を通じて、肩の大きな内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、この間、肘関節に対して極めて大きな外反ストレスが働きます。 www.nakajimabonesetter.com MER:Maximum external rotated コッキングから加速期への移行は、肩が最大限に外旋し(MER:Maximum external rotated)、90~110°外転した状態から始まります。 このポジションで、肩関節の内旋筋群と水平内転筋群(胸筋群、肩甲下筋、広背筋)に…

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

肩の慢性症状のメカニクス 人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)を受けたクライアントの大多数は、数年来の肩の痛みと動作の限界に耐えてきたという事実を認識することも事実になります。 rTSAを必要としている肩の慢性症状は、肩と首とに関連する多数の弱点をもたらし、このようなクライアントは、肩甲骨周囲の筋組織が脆弱で関節全体の硬さによりメカニクスも衰えている可能性が高くなっています。 www.nakajimabones…

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントのために考案された複雑な手術法である)

肩関節置換術 肩関節全置換術(関節形成術)は、保存療法では効果がのみられない、関節炎症状を呈するクライアントのための有効な介入方法になります。 従来実施されている関節全置換術が有効であることは明らかにされていますが、修復できないローテーターカフの断裂のあるクライアントには適用できません。 逆肩関節全置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)は、特に関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントの…

人工逆肩関節置換術後の合併症(前方脱臼は肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と外旋を組み合わせた位置で最も起こりやすくなる)

人工逆肩関節置換術後の合併症 Zumsteinらは、既存文献の系統的レビューを行い、人工逆肩関節置換術(rTSA:Reverse Total Shoulder Arthroplasty)の手術後の合併症あるいは問題諸症状のうち、782の症例が肩甲骨陥凹で、それに次いで2番目に多い症例が不安定性で7%を占めることを報告しました。 前方亜脱臼、または脱臼は、rTSAの術後に最も起こりやすく、これらはリハビリテーション初期にみられ、軟部組織の脆弱性による、関節の不十分な保護が原因に…

野球肘の機能解剖学(結合組織と筋群が肘関節の静的および動的安定化機構として作用する20~120°の肘屈曲角度において生じる)

… sports Med37:2043,2009. www.youtube.com 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦メジカルビュー社Amazon 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋にメジカルビュー社Amazon 投球障害のリハビリテーションとリコンディショニング―リスクマネジメントに基づいたアプローチ (SkillーUpリハビリテーション&リコンディショニング)文光堂Amazon

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

…ンを生み出します。 肩、肘、手首の関節 野球選手のトレーニングにおいて用心すべきもうひとつの要素は、野球という競技のすべてにおいて、肩、肘、手首の関節が重要であり、これらの関節の柔軟性、可動性、安定性が欠けるとスナッチやクリーンにて適切にラックに戻すことができずにいずれの関節も負傷のリスクがあるということです。 その動作パターンとメカニクス、傷害リスクを考えるとウェイトリフティングよりもメディスンボール、プライオメトリックトレーニングを用いた動作のほうがパワーを引き出すと同時…

投手におけるカーブと肘の受傷リスク(運動力学的にカーブが肘に加えるストレスは、直球を上回るものではない)

…べて、肘内反トルク、肩内旋トルク、肘屈曲トルク、および圧縮力が小さいとされています。 さらに、減速の運動学的要素に関してこれまでに言及した変数はいずれも、若年者の投球腕の負荷を低減する上で望ましい投法は「カーブ」であることが示されました。 カーブと肘の負担 カーブは、若年投手の外反ストレス、肩外旋トルク、肘の伸展速度、および肘の伸延を低減します。 その他の球種との比較において、頻繁にカーブを投げるほうが受傷リスクが高くなる可能性を示唆しているものは、両者のMER(最大外旋位)…

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

… 棘上筋の役割は、肩の軽度の外旋トルクをかけながら圧迫し、外転させることになり、そのため、ローテーターカフに疾患が生じると、肩の外転動作における疼痛や筋力低下が生じます。 ローテーターカフの疾患(野球肩)には、腱障害、インピンジメント症候群、および様々な程度の筋/腱断裂が含まれます。 www.nakajimabonesetter.com 腱障害 腱障害は、特にローテーターカフ筋群にストレスをかけるポジションでの上肢のオーバーユースに関連して生じます。 急性の腱障害は、休息とア…