Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

肩 の検索結果:

フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になる)

…リーンにおいてバーを肩で受け止める動作や、オリンピックスタイルリフトおよびその関連動作で行われる鉛直方向の加速に必要な筋力と身体姿勢の獲得に役立つため、この結果は理にかなっています。 以上のことから、FSqは、競技パフォーマンスの決定的要素であるスピード筋力の向上に非常に重要な役割を果たすといえます。 www.nakajimabonesetter.com スピード筋力に与える効果 スピード筋力を要するスキルの強化において、FSqはバックスクワット(BSq)と同等の効果を有する…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

…の回外運動と合わせて肩を外旋させると、肘関節の外反トルク増大します。 肩関節を内旋させて、肩峰突起のすぐ内側の肩の高さで両手の動きを止める正しいテクニックで行えば、外反ストレスは減少します。 効果的なStrength&Conditioningプログラムはアスリートを保護し、クリティカルインスタント(肩関節最大外旋からフォロースルーまで)に伴う望ましい投球メカニクスを強化します。 クリティカルインスタントは投球腕が最大の傷害リスクに直面するときであり、肩関節の極度の外旋を防ぎ、…

ユーチューブ作成しました。

インディバ YouTube作成しました。 インディバ・アクティブ施術風景動画です。 今回は肩関節編です。 youtu.be www.nakajimabonesetter.com 中島恵

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

…に関連づけられている肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、またこれらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とします。 また、これらの特異的な動作に加えて、守備や走塁範囲を爆発的に前後左右へ素早く移動しなければならないことが、野球選手にさらなる外的課題をもたらしています。 健康な野球選手にとって、一度にひとつの競技スキルのみ集中して取り組むことは、有益でも効率的でもありません。 したがって、エクササイズの構成を工夫し、目的のあ…

バーが床から離れる瞬間:Moment of separation(ファーストプル局面はMOSからバーを膝または膝より少し上の高さに持ち上げるまでを指し、クリーンおよびスナッチの可否を左右する主要な決定因子になる)

…プルの動作中は、常に肩と股関節を同時に持ち上げ、背部と床面の角度を一定に保ち、腕を真っ直ぐ伸ばして肘を外側へ向けます。 身体のCOGがバーのCOGと離れるとバランスを崩す恐れがあり、したがって、バランス維持を左右するのは、(身体とバーの)COGと支持基底面(両足)との関係になります。 身体のCOGとバーのCOG関係は、「合成COG」とも呼ばれています。 これを改善するためには、肩をバーの真上か前方に維持したまま、バーと膝を後方へ向かって移動させなければなりません。 このように…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

肩関節後部の緊張を改善するには 肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして、多くのエクササイズが推奨されています。 ただし、後部構造をストレッチするものとしてよく処方される肩関節複合体の動作、例えば水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがあります。 www.nakajimabonesetter.com 水平内転に関与する組織 水平内転には肩関節後部の組織が関与しますが、肩甲骨が自…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…球肘)、リトルリーグ肩(野球肩)、テニス肘、腱板炎などとして知られており、過度の練習や不適切なフォームなどが主たる原因になります。 下肢のオーバーユース障害では、ジャンプやカッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折である脊椎分離症は、器械体操や捻り動作を繰り返すバレーボール、テニス、野球のピッチャーによくみられます。 このようなオ…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

…分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります。 投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。 肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。 MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向かって上腕を軸回転させる結果生じる回転力であ…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

肩関節外旋と肘傷害 MER(肩関節の最大外旋)と肘の傷害との関連は避けがたく、その理由として反復ストレスによる関節包靭帯の伸張(クリープ)とそれに続く関節の弛緩により肩関節の内旋速度が速くなり、結果的にボールのリリース速度は速くなりますが、肘にとっては有害だからということになります。 しかし、MERの機能障害は、投球フォームの運動学的分析と機能的な可動域評価(ROMA:Range of Motion Assessment)、および肩に目標を定めたレジスタンストレーニングを取り…

水泳選手にとっての競技特異的トレーニング(競技特異的トレーニング群は、非競技特異的トレーニング群よりも肩関節傷害が40%少なくなった)

…etter.com 肩関節傷害の減少への貢献 競技特異的筋力トレーニングは、肩関節の健全性、筋力、パワーを向上させるだけではなく、肩関節傷害の減少にも貢献することが複数の研究によって示されています。 通年で競技を行う競泳選手は、1回のプールワークアウトにつき肩の平均回旋数が約2,500回にも上ります。 また、全競泳選手の47~80%が肩を受傷した経験があります。 したがって、棘上筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋(ローテーターカフ)を強化するエクササイズは、肩関節傷害のリスクを低減…

レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

…タンストレーニングと肩関節傷害 レジスタンストレーニングプログラムは、予防目的のプログラムとは反対に、パフォーマンスの向上を目的に作成されることが多いため、競技選手にもレクリエーションレベルの参加者も傷害の危険にさらされます。 エクササイズのテクニックに対する不注意、偏ったエクササイズの選択、比較的よく行われるエクササイズにおける肩の悪影響のあるポジションなどが、重いウェイトを繰り返し挙上するエクササイズの反復特性と合わさることにより、傷害の危険性が高まります。 www.na…

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

肩関節後部の緊張 肩関節後部の緊張(PST)がもたらし得る可動性障害と、その改善方法に関する提言を理解するためには、肩関節後部の解剖学的構造について理解する必要があります。 肩関節複合体は、肩関節、肩鎖関節、胸鎖関節、および肩甲胸郭関節からなります。 肩関節の可動性を決定する主な要素は、肩関節の構造、肩甲胸郭関節の可動性、肩関節包や筋といった軟部組織の柔軟性、および肩関節複合体における筋系の同期性になります。 肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわ…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

…査データは、それらが肩と肘の受傷リスクに関連していることを示しています。 疫学的証拠もこの見解を裏付けており、1シーズンにおける1試合の平均投球数が80球を超える若年投手は、手術を受ける確率が約4倍になることが明らかになっています。 投球を1年に8ヶ月以上行うと回答した投手では、外科的介入を必要とする確率が約5倍にのぼります。 自身の身体状態について、投球時に「ときおり疲労している」と評した投手では、手術を経験する確率が4倍にのぼり、また、常に疲労した状態で投球している投手で…

フロントスクワットのバリエーション(ダンベル/不安定なプラットフォームにおいては骨盤の安定化システムにおいて股関節と肩甲帯を結ぶ能動的要素{腹斜筋/胸筋、大殿筋/広背筋}の活性化を促す)

…テムにおいて股関節と肩甲帯を結ぶ能動的要素(腹斜筋/胸筋、大殿筋/広背筋)の活性化を促し、ダンベルを用いたFSqの開始姿勢は、先述のストラップを用いて行うFSqと同様であり、ストラップをつかむ代わりにダンベルのハンドルを握ります。 スタンス シングルレッグ:スクワットにはシングルレッグで行うものが多数あります(シングルレッグスクワット、ブルガリアンスクワット)。 これらシングルレッグスクワットのバリエーションはいずれも、股関節を安定させる外転筋と内転筋の活性化増大を目的として…

3月の休診日

木下大サーカス横浜公演 3月の休診日は、下記の通りです。 3月 7日(日) 14日(日) 20日(土)春分の日 21日(日) 28日(日) 宜しくお願いいたします。 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

水泳選手と肩関節傷害予防(およそ47~80%の選手が肩関節に傷害を発生していることから、ローテーターカフの強化、あらゆる方向や平面における刺激により、コア{体幹}を強化することも必要になる)

競泳選手と肩関節傷害 競泳選手は、肩の傷害が多く発生していることから(およそ47~80%)、オルタネイトダンベルフロントレイズのような肩のエクササイズを導入することで、これらの傷害発生の可能性を低減し、さらに、競泳選手はプランクやスタビリティウォークアウトといったローテーターカフの強化エクササイズをトレーニングプログラムに導入することによって、肩の傷害事例を減らすことができる可能性があります。 あらゆる方向や平面における刺激により、コア(体幹)を強化することも必要になり、競泳…

ファーストプル「開始姿勢またはセットポジション」(上半身の姿勢は、胸を張り、肩甲骨を内転させ、背部はまっすぐにするか軽く反らし、肺をふくらませて胸腔内圧と腹腔内圧を高め{バルサルバ法}、プル中に脊柱が前屈しない)

…の姿勢は、胸を張り、肩甲骨を内転させて背部はまっすぐにするか軽く反らし、さらに肺をふくらませて胸腔内圧と腹腔内圧を高め(バルサルバ法)、それによって空気の支えを作り、プル中に脊柱が前屈しないようにします。 頭部はニュートラルかやや上向きにし、肩関節はバーの真下かやや前方に出し、腕は真っ直ぐ伸ばしてしっかりと固定し、肘を外側へ向けます。 バーを床から引き上げる際、腕は能動的に動かさず(肘を屈曲させない)、「フックグリップ」はバーベルを最もしっかりと握れるため、リフト全体のパフォ…

プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数{挙上重量を体重比で示す}との間には、高い相関関係が存在する)

プッシュアップとは プッシュアップ(腕立て伏せ)は、上半身の筋力、パワー、および局所的筋持久力を向上させる目的で広く利用されています。 プッシュアップの負荷は個人の体重と各部位の長さによって制限されるものの、バイオメカニクス的に多様な実施方法があります。 例えば、手や足の位置の変更は、筋の動員パターンと関節負荷に影響を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com

クリーンプルとスナッチプル(ダブルニーベントとトリプルエクステンションを用いるエクササイズになり、過負荷刺激によって力発揮効率を高める目的に使用される)

…サイズ初期に股関節、肩甲上腕関節、および腕橈関節を安定させるために、以下の筋の等尺性筋収縮が生じます。 脊柱起立筋群(腸肋筋、最長筋、および棘筋)、深部棘筋(回旋筋、棘間筋、多裂筋、および横突間筋)、腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腰方形筋、上腕三頭筋(長頭)、三角筋、肩甲下筋、広背k筋、橈側手根伸筋、腕撓骨筋、僧帽筋、頭板状筋、頚板状筋、棘下筋、下後鋸筋、大菱形筋、小菱形筋、および棘上筋。 クリーンプルとスナッチプルの上昇局面には、以下の筋が関与します。 上肢 僧帽筋、…

クライミングにおける動的筋力およびパワー(高度に強調された短縮性筋活動は、クライミングにおいて身体重心を移動させ、素早くパワフルなクライミング動作の代表例としてはダイノがある)

…短縮性筋活動によって肩を内転させて胸部のモーメントアームを短縮し、それと同時に肩の伸展にも三角筋後部とともに寄与しています。 また、上腕骨の伸展と内転に伴い、他の様々な肩甲骨安定筋群(菱形筋、僧帽筋下部および中部)および肩甲上腕関節(上腕二頭筋および僧帽筋上部)は、短縮性筋活動によって登攀面に最大限の力を伝えています。 www.nakajimabonesetter.com 短縮性筋活動における速度 加えて、短縮性筋活動は、非常に幅広い速度のクライミングにおいて生じます。 例え…

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

肩関節後部の緊張と肩関節痛の発症 肩関節後部の緊張(PST)は、肩関節痛の発症に関与する一般的な障害の一つになります。 肩関節の疾患は、人口の67%において生涯に一度は羅患するといわれています。 肩関節痛を引き起こす原因は様々ですが、発生頻度の高い疾患については、可動性不足など特定の障害がその原因と考えられています。 なかでも、肩関節後部の緊張は、インピンジメント症候群や肩関節唇断裂など、多くの肩関節疾患に関与しています。 バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕…

オーバーハンドスローイングにおけるパワー(オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数がパワーであり、この変数は投球速度につながる)

…て、適切な投球動作や肩関節と肘関節の可動域(ROM)などがあります。 一般的レジスタンストレーニングは最大筋力の向上を目的としてデザイン、スクワット、ベンチプレス、ワンアームダンベルロウ、コアスタビリティ、パワーシュラッグなどを含んでいます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aguinaldo AL and Chambers H. Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load …

ジュニア野球選手の打撃動作をより洗練させるためには(スイングスピードと相関がみられるのが除脂肪体重である)

…ll pitchers. Am J Sports Med 37: 2043-2048, 2009. 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に発売日: 2020/06/01メディア: 単行本 機能でみる 船橋整形外科方式 肩と肘のリハビリテーション発売日: 2019/11/08メディア: 単行本(ソフトカバー) 投球障害肩 こう診てこう治せ―整形外科医と理学療法士からのアドバイス作者:広明, 筒井,光国, 山口メディア: 単行本

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

…みとなります。 肩甲帯、膝関節、股関節内転筋群の傷害リスク軽減を目的とするトレーニングプログラムをデザインする場合は、全身の筋力とパワーを向上させるエクササイズを含む必要があります。 www.nakajimabonesetter.com プログラムを組み立てる為の変数 トレーニングプログラムをデザインする際、競泳における3つのフェーズ:スタート(プール内の壁もしくはスターティングブロックからのドライブ)、スイム、そしてターン(プール内の壁に達した際に方向転換を行う動作であり、…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…牽引力が加わるため、肩関節後部の筋群が高い伸張性筋活動を示します。 投球腕の関節が過度の牽引力にさらされると、非投球腕に比べて肩関節外旋が増大し、肩関節内旋が減少する傾向があります。 ※伸張性筋活動の反復は投球腕におけるROMの低下に関連していることがいくつかの研究において明らかになっています。 肩甲上腕関節内旋制限(Glenohumeral Internal Rotation Deficit:GIRD) 投球腕の肩関節の内旋角度が非投球腕の肩関節より小さくなっていることを肩…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

…腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、筋の緊張を増大させることによって棘上筋の活動を最大化すると考えられていますが、FCとECを分析したところ、FCは筋電図とMRIにおいてECと同等の棘上筋の活動を示しました。 www.n…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

肩関節の傷害 膝、足関節、背部とともに、肩の傷害もバレーボール選手の間で多発します。 Ferrettiらは、上級レベルのバレーボール選手の15~20%が、選手生活のいずれかの時点で、肩の痛みを経験していると推定しており、オーバーユースの結果、特にスパイカーの選手に肩の傷害がよく起こります。 www.nakajimabonesetter.com 肩関節傷害のメカニズム Kuglerらの推定によると、高度なスキルをもつ熟練バレーボール選手は、1年に約40,000回のスパイクを打つ…

肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる)

…ーターカフ筋群(特に肩甲下筋、棘下筋、および小円筋)は、上腕骨を安定させ、三角筋と棘上筋の外転を可能にすることにより、肩甲上腕関節(GHJ)の効率的な動作に必要な偶力を生み出します。 同様に、肩甲骨を安定させるための偶力は、僧帽筋上部と下部が、菱形筋および前鋸筋(SA)と共同で働くことによって生じます。 これらの筋がすべて順番に発火する理想的な状況下においては、肩甲胸郭(SCT)関節とGHJの正常なバイオメカニクスが存在し、これを肩甲上腕リズムといい、肩甲骨を回旋させながら、…

ラットプルダウンの種類による筋活動の違い(ビハインドネック・ラットプルダウンよりもフロントネック・ラットプルダウンのほうが広背筋と三角筋後部の筋活動が大きい)

…が最大であったのは、肩甲骨を内転させてシーティッドロウを実施した場合でした。 同様にLuskらによると、ラットプルダウンにおけるグリップ幅は広背筋、上腕二頭筋、僧帽筋中部の筋活動にいかなる差異ももたらしませんでした。 www.nakajimabonesetter.com グリップ幅と関節可動域 Sperandeiは、ラットプルダウンに関して、ワイドグリップのフロントネックと、標準的なグリップ幅と向きのビハインドネックを比較しました。 その結果、ビハインドネック・ラットプルダウ…

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

…ば、目は下方を向き、肩関節、股関節、足関節で水面を割り、前進の際は顔面を下に向けて、腹部(肩関節から股関節)と下半身(股関節から足関節)を左右に回旋させます。 腕を前方に伸ばしながら片側に回旋して水をキャッチする際は、三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋、広背筋、腹筋群、前鋸筋、棘上筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋が動員されます。 水を後方へかきながら逆方向に回旋するときは、三角筋、上腕三頭筋、広背筋、腹筋群が動員されます。 そして、この2つの動作を行う間中、絶えず脚で水を蹴り続けるため、…