Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

肩 の検索結果:

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

…みとなります。 肩甲帯、膝関節、股関節内転筋群の傷害リスク軽減を目的とするトレーニングプログラムをデザインする場合は、全身の筋力とパワーを向上させるエクササイズを含む必要があります。 www.nakajimabonesetter.com プログラムを組み立てる為の変数 トレーニングプログラムをデザインする際、競泳における3つのフェーズ:スタート(プール内の壁もしくはスターティングブロックからのドライブ)、スイム、そしてターン(プール内の壁に達した際に方向転換を行う動作であり、…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…牽引力が加わるため、肩関節後部の筋群が高い伸張性筋活動を示します。 投球腕の関節が過度の牽引力にさらされると、非投球腕に比べて肩関節外旋が増大し、肩関節内旋が減少する傾向があります。 ※伸張性筋活動の反復は投球腕におけるROMの低下に関連していることがいくつかの研究において明らかになっています。 肩甲上腕関節内旋制限(Glenohumeral Internal Rotation Deficit:GIRD) 投球腕の肩関節の内旋角度が非投球腕の肩関節より小さくなっていることを肩…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

…腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、筋の緊張を増大させることによって棘上筋の活動を最大化すると考えられていますが、FCとECを分析したところ、FCは筋電図とMRIにおいてECと同等の棘上筋の活動を示しました。 www.n…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

肩関節の傷害 膝、足関節、背部とともに、肩の傷害もバレーボール選手の間で多発します。 Ferrettiらは、上級レベルのバレーボール選手の15~20%が、選手生活のいずれかの時点で、肩の痛みを経験していると推定しており、オーバーユースの結果、特にスパイカーの選手に肩の傷害がよく起こります。 www.nakajimabonesetter.com 肩関節傷害のメカニズム Kuglerらの推定によると、高度なスキルをもつ熟練バレーボール選手は、1年に約40,000回のスパイクを打つ…

肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる)

…ーターカフ筋群(特に肩甲下筋、棘下筋、および小円筋)は、上腕骨を安定させ、三角筋と棘上筋の外転を可能にすることにより、肩甲上腕関節(GHJ)の効率的な動作に必要な偶力を生み出します。 同様に、肩甲骨を安定させるための偶力は、僧帽筋上部と下部が、菱形筋および前鋸筋(SA)と共同で働くことによって生じます。 これらの筋がすべて順番に発火する理想的な状況下においては、肩甲胸郭(SCT)関節とGHJの正常なバイオメカニクスが存在し、これを肩甲上腕リズムといい、肩甲骨を回旋させながら、…

ラットプルダウンの種類による筋活動の違い(ビハインドネック・ラットプルダウンよりもフロントネック・ラットプルダウンのほうが広背筋と三角筋後部の筋活動が大きい)

…が最大であったのは、肩甲骨を内転させてシーティッドロウを実施した場合でした。 同様にLuskらによると、ラットプルダウンにおけるグリップ幅は広背筋、上腕二頭筋、僧帽筋中部の筋活動にいかなる差異ももたらしませんでした。 www.nakajimabonesetter.com グリップ幅と関節可動域 Sperandeiは、ラットプルダウンに関して、ワイドグリップのフロントネックと、標準的なグリップ幅と向きのビハインドネックを比較しました。 その結果、ビハインドネック・ラットプルダウ…

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

…ば、目は下方を向き、肩関節、股関節、足関節で水面を割り、前進の際は顔面を下に向けて、腹部(肩関節から股関節)と下半身(股関節から足関節)を左右に回旋させます。 腕を前方に伸ばしながら片側に回旋して水をキャッチする際は、三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋、広背筋、腹筋群、前鋸筋、棘上筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋が動員されます。 水を後方へかきながら逆方向に回旋するときは、三角筋、上腕三頭筋、広背筋、腹筋群が動員されます。 そして、この2つの動作を行う間中、絶えず脚で水を蹴り続けるため、…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

肩前部の不安定性や疼痛を予防する 腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっています。 したがって、これらのエクササイズは、肩とローテーターカフの脆弱性から生じる筋組織のアンバランスを緩和するために有益であるとされています。 次に、不適切なエクササイズの選択(外因性リスク)と肩の機能障害との関連性を認識することは、傷害パターンを避け、傷害を予防する可能性があります。 ベンチプレスで可動域末端での運動…

レジスタンストレーニングに起因する肩関節複合体の傷害(疫学的報告によると、肩関節複合体は主要な負傷部位であり、その羅患率は22~36%に及ぶ)

肩関節複合体の負傷 疫学的報告によると、肩関節複合体は主要な負傷部位であり、その羅患率は22~36%に及びます。 Keoghらは、オセアニア地域のウェイトリフティング選手(n=101)の調査を行ない、傷害パターンを調べた研究によると、肩関節複合体は報告された全傷害の36%を占め、最も受傷頻度の高い部位になりました。 またGoertzenらは、調査対象者(n=358)の傷害の期間と部位の両方を調査し、肩関節複合体が34%で最も負傷する率が高いと報告しています。 www.naka…

スクワットジャンプとRFD(膝を110°と150°に屈曲させてSJを行った男性アスリートが、同じ膝の関節角度で等尺性筋活動やCMJを行った場合に比べ、最も大きなRFD{RFDmax}を達成した)

…のときアスリートは、肩から腕を伸展させて行うか、両手を腰に保持したまま行います。 SJの利用はアスリートのRFD(筋の立ち上がり速度)の向上が目的であり、したがって、SJの特徴として、アスリートが静止状態から運動を開始することが重要になります。 例えば、3点支持または4点支持の姿勢からスタートするアスリートは、SJトレーニングを行うことにより、最短時間で力を発揮する能力を高めることができます。 www.nakajimabonesetter.com 弾性エネルギーの貢献度 Wi…

プッシュアップのバリエーション(BOSUを用いたプッシュアップは、肩関節安定筋群、すなわち僧帽筋の上部、中部、下部における筋活動を増加させ、前鋸筋の筋活動を減少させる)

…たプッシュアップは、肩関節安定筋群、すなわち僧帽筋の上部、中部、下部における筋活動を増加させ、前鋸筋の筋活動を減少させることが示されています。 またLehmanらの研究では、手を不安定なサーフェス(すなわちスタビリティボール)を利用し、足を手よりも高い位置に置くほうが肩甲帯安定筋に大きな刺激を与えることが報告されています。 トレーニングの観点からみると、足を床につけて手をスタビリティボールに置くよりも、足をベンチの上に乗せ、手を床につけてプッシュアップを行うほうが、肩甲帯安定…

サスペンディッドプッシュアップ(標準的なプッシュアップよりも大きなコア筋群の筋活動を誘発する)

プッシュアップのバリエーション プッシュアップはサスペンション器具や、手の位置を調節する特別な器具や用具を用いて行うこともできます。 Beachらは、サスペンディッドプッシュアップが標準的なプッシュアップよりも大きなコア筋群の筋活動を誘発することを示しました。 このような器具のひとつであるBOSU Perfect Push-upは、バイオメカニクス的にプッシュアップからより多くの成果を引き出すように設計されています。 www.nakajimabonesetter.com…

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

…t Swing Velocity」 投球障害 予防&治療プラクティカルガイド−メディカル・スキル・コンディショニングの架け橋に発売日: 2020/06/01メディア: 単行本 投球障害肩 こう診てこう治せ−これが我々の切り口!作者:山口 光國,牛島 和彦発売日: 2016/12/26メディア: 単行本 パフォーマンスUP! 運動連鎖から考える投球障害~診察室からグラウンドまでをつなぐアプローチ~作者:森原 徹,松井知之,高島 誠発売日: 2014/04/10メディア: 単行本

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…節、膝関節、足関節、肩関節、および胸椎の両側、対称、および機能的可動性を評価する ハードルステップ 股関節、膝関節、および足関節の両側の機能的可動性と安定性を評価する インラインランジ 股関節の可動性と安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み合わせて肩関節の両側の可動域を評価する アクティブ・ストレート・レッグレイズ 骨盤を安定させ、反対側の脚を能動的に伸展させた状態でのハムストリングスと腓腹…

ダンベル・ハングパワースナッチの利点(左右交互、片腕ずつの動作を行うことは肩関節の安定が向上、多くの競技と類似し、パワーの発揮能力を向上させる)

…ます。 さらに、肩関節の安定を促進する効果もあると考えられており、バーベルでは1つのウェイトをコントロールするのに対して、ダンベルでは2つのウェイトを別々にコントロールしなければならず、これにより肩関節の安定が向上し、肩の傷害予防効果も高まると考えられています。 さらに、ダンベルは動作パターンのバリエーションも広くなり、これはバーベルと比べて前後左右の動きが容易になるからです。 ダンベルを用いるもうひとつの利点は、両側性の動作、片側性の動作、左右交互の腕の動作、片腕ずつの動作…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面{前額面、矢状面、水平面}全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…に骨盤、脊柱、および肩甲骨のコントロールに重点を置いて評価する必要があります。 複合的なプログラムデザインは、3つの構造(骨盤、脊柱、肩甲骨)を支える筋群に重点を置いた、戦略的なエクササイズ処方に役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 野球は3平面においての動作を必要とする 野球では、身体の3平面(前額面、矢状面、水平面)全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められます。 Flam…

肩の内旋可動域の重要性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある)

肩の内旋可動性(SIRM:shoulder internal rotion mobility) 肩の内旋可動性(SIRM:shoulder internal rotion mobility)を保持することは、野球、競泳、テニスなどの選手や陸上競技の投てきの選手など、オーバーヘッド動作を行なうアスリートの成功にとって重要な要素になります。 www.nakajimabonesetter.com ピッチャーにおける減速中の伸張性ストレス Reinoldらの指摘によると、ピッチャーは…

レジスタンストレーニングと末梢神経損傷(末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではあるが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなる)

…経における神経障害 肩甲上神経 肩甲上神経障害は、一般的人の集団よりも、ウェイトリフティングの選手集団において多くの症例が報告されています。 報告によると、肩甲上神経はミリタリープレスなどのエクササイズ中に圧迫され、影響を受けることが示唆されています。 筋皮神経 筋皮神経障害は、RT集団の間では、烏口腕筋と上腕筋の肥大が原因であると報告しています。 Braddom&Wolfは高強度のRTに起因する筋皮神経障害の症例を3件報告し、筋内の圧迫が負傷のメカニズムであることを示唆しま…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…要としますが、これは肩、肘、手首においてオーバーユースによる傷害や腱の炎症や関節の変形を招きやすく、車椅子競技者を調査したところ、報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験していることが判明しています。 反応する筋群のトレーニングをバランスよく行なうために弱い筋の筋力を向上させるつつ、強い/張っている筋を伸張させることも重視することが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Spi…

7人制ラグビーの傷害発生調査(15人制よりもプレーのスピードと強度が高く、高頻度で高強度のランニング、ステッピング/カッティング、方向転換動作が行われることが、足関節と膝関節の高い傷害発生率を生んでいる可能性がある)

…くみられた傷害部位は肩(15.8%)であり、続いて大腿部(14.5%)と手(14.5%)でした。 そして、全傷害の43%以上が下肢で発生しており、主に大腿部、膝関節および足関節が関与しており、試合の後半のほうが傷害発生率が高くなることが示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com 7人制ラグビーにおける傷害発生率の高さの要因 Fullerらは、7人制ラグビーにおける傷害発生率の高さは、15人制よりもプレーのスピードと強度が高いこと、理論上は、選手の…

プッシュアップのバイオメカニクス(大胸筋は水平屈曲動作における主働筋であるため、肘を開くと筋の長さ-張力関係が向上する)

…まで真っ直ぐに保ち、肩と肘を屈曲、伸展させて身体を上下させる必要があります。 肩甲骨は内転、または外転させて、肩関節の動作を手助けします。 www.nakajimabonesetter.com 標準的なプッシュアップのバイオメカニクス的データ 相対負荷 最上点での自重の69% 最下点での自重の79% 第4/5腰椎にかかる圧縮力 1,838N 最大随意収縮と比較した際の主働筋の筋活動(平均)の割合 大胸筋61% 上腕三頭筋66% 三角筋前部42% 最大随意収縮と比較した際の上半…

腰部痛が改善する運動方向への運動介入(運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は症状の悪化を意味するため、「末梢化(Peripheralization)」を起こす運動は避ける)

腰痛と運動の反復 一定方向の運動を反復することは、腰痛(LBP)の症状に影響を及ぼします。 運動パターンには症状を悪化させるものも、緩和させるものもあり、後者はクライアントが運動を行うための準備に役立ちます。 クライアントが症状が緩和したと気づく運動方向は、クライアントにとって「好ましい運動方向(Directional Preference)」であり、LBPの改善に効果的であることが示唆されます。 一方で、運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は「末梢化(…

椎間板変性疾患の概要(加齢、アポトーシス(プログラム化された細胞死)、コラーゲンの異常、血管の内植、力学的負荷およびプロテオグリカンの異常など椎間板の劣化が進むことで、髄核は一層固くなり、線維化、繊維輪の層が減少する)

…- Lumbar Degenerative Disc Disease 肩関節理学療法マネジメント−機能障害の原因を探るための臨床思考を紐解く発売日: 2019/08/03メディア: 単行本 エキスパート直伝 運動器の機能破綻はこう診てこう治す[Web動画付] (理学療法NAVI)発売日: 2019/05/20メディア: 単行本 運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略: 運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略作者:工藤 慎太郎発売日: 2017/05/10メディア: 単行本

競技における加速と減速の目的(最小限の時間でできるだけ大きな力を用いて身体の推進力(質量×速度)を減少させ、完全な停止か新たな方向への運動を生じさせる(力×時間=質量×速度))

…は後傾 腕 相対する肩関節の大きな屈曲と伸展 外転、肘関節伸展 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Andrews J McLeod W Ward T and Howard K The cutting mechanism Am J Sports Med 5:111-121 Speed and Agility Drills with NFL Players SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸…

筋肥大とエクササイズの選択(多関節運動は単関節運動に比べ、テストステロンとGH濃度を高める)

…僧帽筋は、上部線維は肩甲骨を引き上げ、中央部は肩甲骨を外転、下部は肩甲骨を押し上げるように細分化されています。 大胸筋に関しても、デクラインベンチプレスを行う際には,胸骨頭が鎖骨頭より有意に活性化し、さらに、大胸筋の鎖骨頭と上腕三頭筋の長頭は、グリップが広いベンチプレスに比べ狭いグリップ幅の時に一層活性化し、三角筋前部は体幹の傾きが増すほど活動が活発になります。 www.nakajimabonesetter.com 多関節運動は全身の安定を大きく刺激する 筋肥大に特異的なルー…

伸展により症状が改善するクライアントへのエクササイズ(大腿部、下腿または足部へと痛みが伝わる末梢化を引き起こす運動は、LBPの改善の有無にかかわらず禁忌になる)

…sion in Standing 自分で治せる! 腰痛改善マニュアル作者:ロビン・マッケンジー発売日: 2009/08/28メディア: 単行本 世界40カ国が認めた! ひざ痛をリセットするマッケンジーメソッド作者:ロビン・マッケンジー,グラント・ワトソン,ロバート・リンジー発売日: 2019/10/31メディア: 単行本 首の痛み・肩こり・頭痛改善マニュアル - 自分で治せる! マッケンジーエクササイズ作者:ロビン・マッケンジー発売日: 2011/04/21メディア: 単行本

脊椎の機能と損傷メカニズム(脊椎が若干右方向へ偏って屈曲されている場合、左の後方側面の椎間板が突出する可能性が高く、それに続く回旋が線維輪の周辺部に亀裂をもたらすクライアントにとっては、マッケンジーの脊椎伸展法は症状を悪化させる)

…ics,2008 397-402 世界40カ国が認めた! ひざ痛をリセットするマッケンジーメソッド作者:ロビン・マッケンジー,グラント・ワトソン,ロバート・リンジー発売日: 2019/10/31メディア: 単行本 自分で治せる! 腰痛改善マニュアル作者:ロビン・マッケンジー発売日: 2009/08/28メディア: 単行本 首の痛み・肩こり・頭痛改善マニュアル - 自分で治せる! マッケンジーエクササイズ作者:ロビン・マッケンジー発売日: 2011/04/21メディア: 単行本

頸部の可動性(オーバーユース障害のあるクライアントでは、頸部前傾姿勢(FHP:forward head posture)が健康なコントロール群に比べ有意に多くみられる)

…ます。 同様に、肩も同時に丸めたFHPは、症状の有無にかかわらす、肩の屈曲中(頭上に手を上げる)の肩甲骨の前方突出と前傾を増大させます。 www.nakajimabonesetter.com 「チンタック(顎を引く)」ドリル FHPを呈するアスリートのために、ウォームアップに様々な「チンタック(顎を引く)」ドリルを取り入れることは効果的であると思われますが、FHPの矯正に有効な介入では、キネティックチェーンの下方までを含めた修正エクササイズに取り組むことが多く、その中には、肩…

のどの腫れや痛みはなぜ起こる?

のどの腫れや痛みはなぜ起こる? まず、風邪ウイルスが鼻やのどから侵入し、のどの粘膜に付着し、感染します。 すると、感染したと脳が指令を出し、ブラジキニンやヒスタミンなどが産生され、これらの物質は血管を拡張して、ウイルスに対抗するための白血球などを集めます。 この時、血管が拡張して、血流量が増えたおかげで、部分的に熱を持ったり、赤くなったりするのです。 やがて、拡張した血管から、白血球や血漿タンパク質、水分などが外に漏れだし、この状態が続くことで、腫れが生じます。 また痛み増強…

RPEスケールによる選手ごとの評価の重要性(試合終了後、能動的(スローペースのクールダウンジョギング/運動やストレッチングなど)および受動的(交代浴/シャワー)回復戦略を実施させるとともに、栄養的にも回復/リカバリーを図る)

…了直後などに、頭部、肩、上背部に冷やしたタオルを羽織らせます。 試合終了直後に、競技区域の脇で2人1組みになり静的ストレッチングを行わせます。 その日の最終試合終了後、能動的(スローペースのクールダウンジョギング/運動やストレッチングなど)および受動的(交代浴/シャワー)回復戦略を実施させるとともに、栄養的にも回復/リカバリーを図ります(水分補給と三大栄養補給)。 トレーナーは傷害について徹底的に聞き取りを行ない、必要な対処をし、ホテルに戻った後は夕食を取り、必要な施術を受け…