Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

腕 の検索結果:

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…示します。 投球腕の関節が過度の牽引力にさらされると、非投球腕に比べて肩関節外旋が増大し、肩関節内旋が減少する傾向があります。 ※伸張性筋活動の反復は投球腕におけるROMの低下に関連していることがいくつかの研究において明らかになっています。 肩甲上腕関節内旋制限(Glenohumeral Internal Rotation Deficit:GIRD) 投球腕の肩関節の内旋角度が非投球腕の肩関節より小さくなっていることを肩甲上腕関節内旋制限(GIRD)といいます。 はっきりした…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

…量が過剰になると、上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、筋の緊張を増大させることによって棘上筋の活動を最大化すると考えられていますが、FCとECを分析したところ、FCは筋電図とMRIにおいてECと同等の棘上筋の活動を示し…

肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる)

…および小円筋)は、上腕骨を安定させ、三角筋と棘上筋の外転を可能にすることにより、肩甲上腕関節(GHJ)の効率的な動作に必要な偶力を生み出します。 同様に、肩甲骨を安定させるための偶力は、僧帽筋上部と下部が、菱形筋および前鋸筋(SA)と共同で働くことによって生じます。 これらの筋がすべて順番に発火する理想的な状況下においては、肩甲胸郭(SCT)関節とGHJの正常なバイオメカニクスが存在し、これを肩甲上腕リズムといい、肩甲骨を回旋させながら、肩を屈曲、外転、および挙上させる際に生…

野球のスイング中のパワー(体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある)

…した。 先端の上腕三頭筋(長頭)を強化すると、打者はバットに伝達できる力を増加させることができる 体幹を安定させるために腹筋群の重要性を認識する 試合中バッティング前に、負荷を加えたバットを振ることに利点は無いこと さらに、研究者らは、スイング中に体幹と四肢の12箇所の筋活動のパターンを筋電図(EMG)にて説明しました。 特に、ShafferはEMGによる四肢の筋群の分析に基づき、運動連鎖の原理を裏付けました。 その報告によると、野球のスイングは調和のとれた一連の筋活動であり…

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

…回旋させます。 腕を前方に伸ばしながら片側に回旋して水をキャッチする際は、三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋、広背筋、腹筋群、前鋸筋、棘上筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋が動員されます。 水を後方へかきながら逆方向に回旋するときは、三角筋、上腕三頭筋、広背筋、腹筋群が動員されます。 そして、この2つの動作を行う間中、絶えず脚で水を蹴り続けるため、腹筋群、大殿筋、中殿筋、大腿四頭筋、股関節屈筋群、ハムストリングス、腓腹筋が動員されます。 クロールは一般に最も速い泳法のひとつのとして知られて…

スクワットジャンプとRFD(膝を110°と150°に屈曲させてSJを行った男性アスリートが、同じ膝の関節角度で等尺性筋活動やCMJを行った場合に比べ、最も大きなRFD{RFDmax}を達成した)

…アスリートは、肩から腕を伸展させて行うか、両手を腰に保持したまま行います。 SJの利用はアスリートのRFD(筋の立ち上がり速度)の向上が目的であり、したがって、SJの特徴として、アスリートが静止状態から運動を開始することが重要になります。 例えば、3点支持または4点支持の姿勢からスタートするアスリートは、SJトレーニングを行うことにより、最短時間で力を発揮する能力を高めることができます。 www.nakajimabonesetter.com 弾性エネルギーの貢献度 Wiiso…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…期と加速期には、投球腕側の肩、体幹、骨盤、および左右の股関節の最適な柔軟性とROMが必要になります。 それと同時に下半身と体幹は、バランスを維持しながら体重を一方の足から他方の足へ移動させるのに必要な筋力と安定性を供給しなければなりません。 FMSを用いて機能やピッチングパフォーマンスに影響を及ぼす制限を特定することにより、受傷リスクが低減される可能性があります。 野球選手の投球腕と肘に影響を及ぼす可能性のあるもの よくみられる制限のうち、野球選手の投球腕、肘に影響を与える可…

ダンベル・ハングパワースナッチの利点(左右交互、片腕ずつの動作を行うことは肩関節の安定が向上、多くの競技と類似し、パワーの発揮能力を向上させる)

…性の動作、左右交互の腕の動作、片腕ずつの動作の全てが可能になることです。 競技によっては、片腕ずつ、あるいは左右交互の腕の動作のほうが競技動作に近くなります(ボールを投げる、ラケットを振る、ランニングバックにタックルしながらブロッカーを撃退するなど)。 非アスリートにとっては、左右交互にあるいは一度に片腕ずつの動作を行うことは、トレーニングのバリエーションを増やすメリットがあり、競技のパフォーマンスの向上を目指すアスリートにとって、ダンベル・ハングパワースナッチは、多くの競技…

肩の内旋可動域の重要性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある)

…よると、ピッチャーは腕の減速中に伸張性ストレスがかかるため、登板後、肩の内旋が困難になること傾向があります。 この一時的な内旋障害は適切な可動性エクササイズで防ぐことができますが、何度も登板を繰り返す間に、また競技シーズン中を通して、注意を向けずに放置することにより、最終的に、上腕関節の内旋不足や全体的な肩の痛みなど、多くの問題を引き起こします。 オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にありま…

レジスタンストレーニングと末梢神経損傷(末梢神経損傷の発生頻度は、RTによる傷害の8%以下であり稀ではあるが、ある種の神経は、その存在部位の結果、伸展性または圧迫性の神経障害になりやすくなる)

…T集団の間では、烏口腕筋と上腕筋の肥大が原因であると報告しています。 Braddom&Wolfは高強度のRTに起因する筋皮神経障害の症例を3件報告し、筋内の圧迫が負傷のメカニズムであることを示唆しました。 長胸神経 長胸神経と内側胸筋神経の障害は、RT集団において報告されており、それぞれ神経牽引と筋内の筋肥大の結果生じると仮定されています。 ミリタリープレスやラットプルダウンなどの特定のエクササイズは、長胸神経の障害の原因として関連性が指摘されています。 ウェイトを頭上に挙上…

脊髄損傷の分類(完全型では、損傷発生部位よりも下で刺激される筋の運動が阻害{麻痺}され、不完全型ではある程度の筋活動が可能{不全麻痺}になる)

…がT1より上の場合は腕、体幹、脚に影響が現れ、四肢麻痺となります。 www.nakajimabonesetter.com 脊髄損傷と運動 SCIは、身体活動反応を妨げ、得に、電気刺激による場合は別として、大筋群を用いた持久力エクササイズを実施する能力が低下します。 主な制限因子は、激しい有酸素性活動や高い代謝反応を適切に支持できるレベルまで、自律神経系と心臓血管系が刺激されないことにあります。 SCIのお客において最も注意すべきことは自律神経反射異常といわれています。 自律神…

パワーパフォーマンス向上のための長期的なクレアチンモノハイドレートの利用(典型的なローディング期は、クレアチン20g(体重1㎏当たり約0.3g/日)を4等分し、1日4回およそ5日間にわたり投与する)

…「全力で」運動中の両腕の発揮パワーを計測するもので、研究の第1週(ローディング期)に、クレアチン群の柔道選手はブドウ糖液に溶かした5.5gのクレアチンを1日4回(1日約22gのクレアチンモノハイドレート)を摂取し、第2週(メンテナンス期)には、被験者は約5.5gのクレアチンを溶かした20gのブドウ糖液を摂取し、プラセボ群の柔道選手は同じプロトコルに従って、ブドウ糖液を摂取しました。 2週間の摂取プロトコルの前後で上肢の30秒間のウィンゲートテストを実施し、クレアチン群では、ピ…

非外傷性の労作性虚脱を起こす原因(熱中症と間違えやすい鎌状赤血球化による虚脱は血液が不足することで衰弱感を生じることによる鈍い虚血痛のため適切に対処しなければならない)

…吸 胸部、頸部、顎、腕の痛み 意識消失 息切れまたは呼吸数低下 めまいまたは立ちくらみ 悪心または嘔吐 不安感 熱痙攣は、激しい痛み、圧迫感、および触診可能な強い筋収縮を引き起こす。 熱疲労および熱射病は、失見当識、失神、意識消失、悪心、嘔吐、めまい、悪寒、被刺激性頭痛を引き起こす。 通常は虚脱後も意思疎通が可能である。 触診しても筋の外観と触感は正常であるが、本人は痛みと衰弱感を訴える。 鎌状赤血球化による痛み(通常は脚部、臀部、用部に生じる)は痙攣に比べていくらか軽く、虚…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…子の駆動には上半身と腕の筋力を必要としますが、これは肩、肘、手首においてオーバーユースによる傷害や腱の炎症や関節の変形を招きやすく、車椅子競技者を調査したところ、報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験していることが判明しています。 反応する筋群のトレーニングをバランスよく行なうために弱い筋の筋力を向上させるつつ、強い/張っている筋を伸張させることも重視することが必要になります。 www.nakajimaboneset…

急性労作性横紋筋融解症(ミオグロビンやその他の細胞性酸素を血液中に放出すること腎不全を引き起こし、電解質と酵素の不均衡が筋衰弱を引き起こし、場合により心停止に至る)

…動を行わせたところ、腕部の静脈血から鎌状赤血球が確認されており、したがって、運動による低酸素血症が進むと、鎌状赤血球は動脈循環に蓄積し、筋の血管を詰まらせてAERを引き起こすだけではなく、血流を阻害して心臓や脳などの重要臓器の組織を壊死させる可能性が考えられています。 脾臓への血流阻害は脾梗塞の原因となり、その前兆として、左上腹部または下胸部の痛み、悪心、嘔吐がみられ、脾梗塞の症状は胸膜炎、気胸、脇腹痛、腎疝痛に似ています。 フットボール選手とバスケットボール選手の血液サンプ…

競技における加速と減速の目的(最小限の時間でできるだけ大きな力を用いて身体の推進力(質量×速度)を減少させ、完全な停止か新たな方向への運動を生じさせる(力×時間=質量×速度))

…傾 直立または後傾 腕 体側に沿う、肘関節屈曲 外転、肘関節屈曲 支持期 足 拇指球 足底の完全な接地 足関節 底屈 脛骨が垂直軸を通過するまで背屈 脛骨 垂直軸の前 垂直軸より前に移動 膝関節 伸展 90°屈曲 股関節/骨盤 伸展 屈曲増大 体幹部 45°前傾 直立または後傾 腕 相対する肩関節の大きな屈曲と伸展 外転、肘関節伸展 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引 Andrews J McLeod W Ward T and Howard K …

ジャンプシュラッグ(スナッチやクリーンより重いウェイトを利用できるために、バリスティックなエクササイズを過負荷で行うことになり、最終的に大きな力の立ち上がり速度を獲得できる)

…腹斜筋、腰方形筋、上腕三頭筋(長頭)、三角筋、肩甲下筋、広背筋、前腕の屈曲筋群と伸展筋群、腕撓骨筋、僧帽筋、頭板状筋、頚板状筋、肩甲挙筋、棘下筋、下後鋸筋、大菱形筋、小菱形筋、棘上筋。 反動動作の下降局面(下肢) ハムストリングス(大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋)、大殿筋、大腿四頭筋(大腿直筋、中間広筋、内側広筋、外側広筋)、腓腹筋、ヒラメ筋、後脛骨筋、長母指屈筋、指屈筋、長腓骨筋、短腓骨筋。 バーの最下点からの上昇局面と大腿中央部からの推進局面(セカンドプル、全身) 僧帽筋…

体幹が身体の他の部位における運動能力を高める(股関節周辺の筋力が十分ではない選手でも、体幹の筋群が股関節の機能を補助し、その課題を行うことが明らかにされた)

…アと骨盤、脚部、肩、腕の連携をもたらす多関節筋、すなわち広背筋と腰筋も含まれ、解剖学的、バイオメカニクス的にみた骨盤との相乗効果を考慮すれば、臀筋群も主要なパワー発生源として本質的な構成要素として考えられます。 コアの筋組織は、四肢の筋群とは機能的に異なり、頻繁に共縮して剛性を高め、すべての筋群が共同筋として活動することを可能にします。 したがって、コアを鍛えるには、四肢の筋群とは異なる方法でトレーニングを行う必要があります。 www.nakajimabonesetter.c…

競泳選手に爆発的筋力発揮(ストリームラインスクワットジャンプとスクワットランジジャンプは、水泳選手にとって有用な2種類のプライオメトリックエクササイズであり、スタート時とターン時に壁を使って行われるフルエクステンションに焦点を合わせている)

…線型(両手を重ねて両腕を頭上でロックし、上腕二頭筋を耳に押し付ける)で入水して、水面に達するまでキックを続けます。 ターンでは、プールの底と平行に壁を蹴って股関節、膝関節、足関節を力強く伸展させ、スタート時と同じく流線型を保ち、水面に達するまでキックを続けます。 www.nakajimabonesetter.com プライオメトリックトレーニングと競泳 プライオメトリックトレーニングは、「素早い伸張性筋活動(減速)から素早い短縮性筋活動(加速)への切り返しを向上させる」もので…

身体前面および背面のセラーぺ:回旋動作のコア(競技動作において、大部分のパワーを生み出すのは股関節の筋群になり、このパワーは運動連鎖によって上へ向かい「硬く」なったコアを通じて腕に伝達される)

…」なったコアを通じて腕に伝達されます。 スティフネス(硬さ)は、安定性と効率的な力の伝達に不可欠な条件であり、また傷害予防のカギを握る要素になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society for Exercise Physiology Position Stand The use of insability to tra…