Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

腕 の検索結果:

身体前面および背面のセラーぺ:回旋動作のコア(競技動作において、大部分のパワーを生み出すのは股関節の筋群になり、このパワーは運動連鎖によって上へ向かい「硬く」なったコアを通じて腕に伝達される)

…」なったコアを通じて腕に伝達されます。 スティフネス(硬さ)は、安定性と効率的な力の伝達に不可欠な条件であり、また傷害予防のカギを握る要素になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society for Exercise Physiology Position Stand The use of insability to tra…

自重トレーニングの漸進(自重トレーニングは、伝統的なウェイトトレーニングと同様に、コンディショニングの効果的な手段であり、適切に操作すれば、体力とスタミナの両面で有益な効果が得られる)

自重トレーニングの欠点 自重トレーニングの欠点とは 自重トレーニングの最大の欠点のひとつは、経験を積んだ人には易しすぎ、初心者には難しすぎるという印象をもたれるところにあります。 自重の2倍近い負荷でベンチプレスを行える人にとって、プッシュアップは非常に簡単なエクササイズに思えるかもしれませんが、そのような人がいざプッシュアップを適切なフォームで数レップをこなせといわれると、必ずしも簡単にはいきません。 それは、プッシュアップはベンチプレスよりもはるかに大きなコア(体幹)の筋…

肘関節脱臼

…で、肘関節伸展位・前腕回内位で手をついたことにより、肘関節の進展を強制する外力が加わり脱臼します。 症状 疼痛、腫脹が著明で、肘頭が後方に突出し自動運動不能です。 フォルクマン拘縮をきたすことがあるため、速やかな整復がとても重要です。 橈骨頭や鈎状突起の骨折、尺骨神経麻痺の合併症をきたすこともあります。 肘内障 小児の場合、肘関節脱臼よりも頻度が高く、外傷の中でも好発する疾患です。 手を引っ張った際、寝返りした際などに起こりやすく、転倒した際にも発症することがあり、この時は骨…

バックスクワットの体幹のポジション(アスリートが股関節屈曲角度が約120°に達する前に脊椎を曲げる場合は、大殿筋に停止する腸脛靭帯(IT)の後部線維に制限があるか、腰椎のコントロールが不足していると考えられる)

…リートに対し頭上に両腕を上げておくように、または軽い負荷を持つように指示することは、体幹を直立させた姿勢をとるための身体的な刺激を提供します。 www.nakajimabonesetter.com 腰椎の自然な前弯姿勢を習得するには 骨盤の後傾または脊椎後弯がスクワット中に観察される場合の修正法は、最初にアスリートが腰椎の自然な前弯姿勢を習得し確実に保持できるようにすることに重点を置きます。 これは通常の立位での活動中に行うことができます。 アスリートが望ましいポジションを理…

コア:体幹のスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

…コッキング期には、右腕と左脚が伸張、外転することでアンテリアセラーペ(右腕から左足にかけて身体前面を斜めに走る筋群)に負荷がかかります。 続くレイトコッキング期には、左足が地面を踏み込み、左股関節の前方推進力を減速させる一方で、右股関節はさらに前進を続けます。 この左足の踏み込みは、運動連鎖する身体各部の弾性要素にも負荷をかけ、一定の弾性エネルギーが貯蔵されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Behm D Drinkwater E Will…

離断性骨軟骨炎(OCD)

…骨軟骨炎 肘外側の上腕骨小頭に生じる上腕骨小頭離断性骨軟骨炎が多くを占めます。 10~14歳の男子に好発し、野球の投球動作が主な発症原因であり、外側型野球肘の病態でもあります。 後ろの肘の違和感、腫脹、可動域制限、ときにロッキングがみられます。 膝離断性骨軟骨炎 大腿骨遠位部の内側顆に好発し、その他、大腿骨外顆、膝蓋骨にも生じます。 10歳代の男子の好発し、膝の疲労感、脱力感、徐々に疼痛が出現します。 ときにロッキングがみられます。 www.nakajimabonesette…

コレクティブエクササイズからパフォーマンス向上エクササイズへと漸進するタイミング(優れた運動パターンおよび安定性と可動性との適切なバランスを獲得した時点で漸進する)

…す。 例えば、両腕を前方の異なる位置へと動かすラテラルケーブルホールドなどがあります。 最後にコアの筋力、持久力、およびコントロールを必要としながら素早い力発揮を促進する特別な状況に備えるために、コンポジットエクササイズを導入してもよいとされています。 www.nakajimabonesetter.com コンポジットエクササイズ 頭上でスラムボールを回転させるコンポジットエクササイズは、3つの軸のすべてにおいて、コアの筋力と持久力を強化します。 例えば、12時と6時の方向で…

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

…ーマネー」ドリル(上腕を体側につけて、両腕の肘を90°に曲げて行なう動的な肩の外旋運動で、肩の外旋可動域の末端まで動かしてから体幹へと戻し、上部にくる手を各レップごとに変えながら繰り返す)を単独で、またはスキップなどの下肢の運動と組み合わせて用いることで、全身の運動調節と併せてSERMを促進できます。 www.nakajimabonesetter.com まとめ 可動性と柔軟性は相互に関連がありますが、独自の能力として個々に取り組むべき固有の概念になります。 若年アスリートの…

上腕二頭筋長頭腱の損傷

上腕二頭筋長頭腱の損傷 上腕二頭筋は上腕二頭筋長頭腱と上腕二頭筋短頭とがあり、力こぶをつくる筋肉です。 上腕二頭筋長頭腱は肩甲骨から上腕骨結節間溝という上腕骨のみぞを通り、前腕の橈骨に付着しています。 上腕二頭筋短頭は肩甲骨の烏口突起から長頭と同じところに付着します。 上腕二頭筋は力学的にストレスを受けやすく、ケガをしやすいところではあります。 上腕二頭筋長頭腱断裂 重量物の挙上や、上腕二頭筋に対して強い伸長力が加わった際に負傷しやすく40~50歳前後の肉体労働者に多発し、ス…

バーナー症候群(バレ・リュウ症候群)

…肩の下制強制によって腕神経叢が伸展されたり、頚椎が圧迫され生じる外傷です。 症状は、一過性のしびれ、電撃痛、灼熱感、頚部から上肢にかけての放散痛などがみられます。 頸椎から出て上肢を支配する神経、腕神経叢が傷害を受け症状が起こるといわれています。 www.nakajimabonesetter.com 頚椎捻挫 頚椎捻挫は、いわゆる“むちうち”ともいわれ、頚部に強力な外力が加わり軟部組織の損傷です。 頚部に過伸展が加わり、頚部周辺の筋肉を損傷し、ときとして後頭部痛を訴えることも…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(投球中の外反モーメントは120Nmで、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されている為、肘内側の主要な動的スタビライザーの筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

…をリリースするまで前腕、手、ボールの加速を助けます。 投球中の外反モーメントは120Nmであることがわかっていますが、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されており、バイオメカニクスのトルク測定値と死体のトルク測定値との相違は、動的安定性の重要性を示しています。 www.nakajimabonesetter.com 肘関節動的安定性 肘関節をまたぐ筋群は動的なスタビライザーとして働き、それらは外反ストレスに対する主動筋、共同筋、共縮筋として機能します。 具体的には、…

前額面の膝のコントロール:動的外反(膝関節のバイオメカニクスの変化、特に着地やカッティング動作および減速中の膝の前額面のコントロールの欠陥は、ACL断裂を含む膝の傷害や膝蓋大腿疼痛症候群の大きなリスク因子である)

…が軽く、関節のてこの腕の長さが短く、発揮するパワーも小さいため、傷害件数は比較的少なくなります。 したがって、成熟した集団でみられるような動的外反の負荷が生じにくくなります。 結果として低年齢のアスリートは、年長のアスリートよりも少ないパワーでもスポーツ活動をすることができます。 これが、低年齢のアスリートにおける傷害発生率の低さを説明していると思われます。 したがって、傷害リスクを高める大きなパワーを発揮し始める前の思春期直前期に、INTプログラムの適切なテクニックを確率す…

ケトルベルの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには(上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達される)

…はKBを動かすために腕を利用すべきではありません。 腕はあくまでもKBと股関節によって生み出された原動力とを結びつける単なる鎖になります。 KBの慣性に打ち勝ち運動量を与えるためには、上体に完全に合力が上半身に伝達される状態で股関節伸展筋群を強力に収縮させる必要があり、それにより、硬くなったコアを通じて力が上半身に伝達されるのです。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Math/Science Department Kapiolani Commun…

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

…多数のドリルでは、上腕の水平外転、外旋、屈曲を大いに活用すべきであり、それらのすべてが肩甲骨の下制と内転に好影響を及ぼします。 若年アスリートでは四つ這いでの回旋ドリルなどが、股関節部の安定性を強化しつつTSMを促進するのに有益になります。 www.nakajimabonesetter.com 肩甲帯の安定性 肩甲帯周囲の不十分な筋機能は、肩に痛みのある人ほぼ全員に認められます。 僧帽筋中部と下部および前鋸筋の動員が不十分なアスリートは、大抵小胸筋も短く柔軟性に欠けます。 こ…

下肢における筋挫傷および慢性障害予防(障害予防には下肢筋群の柔軟性の改善、さらに適切なアライメントには、骨盤周囲の体幹筋群の安定性が重要になる)

…い姿勢から対角線上の腕と脚を挙上する(アーム&レッグレイズ)すると、多裂筋および脊柱起立筋を中心に、大殿筋やハムストリングなどを活性化することができます。 www.nakajimabonesetter.com 自体重エクササイズの例 自体重による下肢筋群の強化エクササイズは、股関節・膝関節・足関節の3つからの関節のアライメントを意識しながら、スクワット、バランスマット上でのスクワット、フロントランジ、ラテラルランジ、アングルランジ、シングルスクワット、カーフレイズなどの実施が…

肩鎖関節脱臼

…疼痛、圧痛、腫脹、上腕の挙上運動制限などがみられます。 大抵は鎖骨の先端周囲の痛みであることが多いでが、ピンポイントに鎖骨の先端だけが痛いとは限らず、周辺の痛みを訴える方もいます。ピアノキーサインといって突出した鎖骨遠位端を押すと征服されますが、離すと再び浮き上がるという症状もみられます。 損傷度合いも大切ですが、鎖骨外端骨折との鑑別もとても重要となり、骨折の場合、腫脹、皮下出血斑が著明にみられます。 www.nakajimabonesetter.com X線像 X線像では、…

コンパートメント症候群(区画症候群)

…トメント症候群は、前腕や下腿の筋区画(コンパートメント)の内圧が上昇し、手足がしびれたり痛くなったり、場合によっては手足の血行を阻害する病態です。 外傷などを原因とする急性コンパートメント症候群と、激しい運動を原因とする慢性コンパートメント症候群があります。 急性コンパートメント症候群 外傷や外固定による圧迫を契機に急激に発症するコンパートメント症候群です。 進行すると阻血性拘縮をきたし、重大な運動障害を残すため迅速な対応を要します。 要因 骨折などによる外傷性の筋肉内出血や…

胸郭出口症候群

胸郭出口部において、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで、上肢の感覚障害や運動麻痺をきたす疾患です。 牽引型と圧迫型、混合型に分類されます。 ①好発:首が長いなで肩の20~30歳代女性(牽引型)または、筋肉質の30歳代男性(圧迫型)で男女比は1:2~3です。 ②上肢の疼痛、しびれ、だるさ、肩こり、握力低下などの感覚障害、運動麻痺があります。 ③誘発テスト(アドソンテスト、ライトテスト、モーレイテスト)で陽性となります。 必要に応じて画像検査などをおこないます。 日…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

上腕部での圧迫や、上腕骨骨折のような外傷によって、橈骨神経が末梢神経損傷をきたしたものです。 「土曜夜の麻痺まひ」や「腕枕症候群」とも言われたり、アルコールを飲んで眠りこけてしまった場合などに発症することもあります。 原因 主な原因として、長時間の不良肢位での睡眠での圧迫、または上腕骨骨折やモンテギア骨折などの肘周辺の外傷後、ガングリオンなどの腫瘤、神経炎、筋肉の酷使、長時間の手術後などを原因として生じることが多いです。 病態 腋窩や上腕骨中央部の橈骨神経溝での圧迫などによっ…

頚肩腕症候群

…ではない疾患群を頸肩腕症候群といいます。(頸椎疾患、胸郭出口症候群などの器質的異常が明らかなものは除外します。) かつてはキーパンチャーやタイピストの労働災害として知られ、キーパンチャー症候群とも呼ばれました。 最近では、主に仕事が原因でおこっているこの病気のことを、頸肩腕障害と呼ぼうということになり、その予防対策や治療について、いろいろと研究が進められています。 原因・症状 前傾姿勢など一定の姿勢で長時間手指を使う作業や単調なデスクワーク、ストレスなどが原因と考えられていま…

肘部管症候群

…m 肘部外反変形 上腕骨外側顆骨折など、肘部骨折が原因である場合は、肘部外反変形(外反肘)がみられることがあります。 外反変形が進行すると、肘部管における尺骨神経の牽引および摩擦が大きくなり、絞扼の要因となります(遅発性尺骨神経麻痺)。 骨折後の偽関節によって外反変形をきたす場合もあり、X線像で判別できます。 チネル徴候 診断や治療効果の測定に行われます。 肘部管付近を4~6回叩打または60秒間圧迫すると、尺骨神経支配領域である環指尺側と小指の指尖部にチクチク感や蟻走感を訴え…

踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

…炎(OCD)...上腕骨小頭などで障害され、10~14歳男子に好発 ・パンナ―病…上腕骨小頭で障害され、4~10歳の男児に好発 ・キーンベック病…月状骨で障害され、10~450歳代の男性に好発 ・プライザー病…手の舟状骨で障害され、ステロイド大量投与を受けた者に好発 ・ショイエルマン病…脊椎椎骨で障害され、13~17歳の男子に好発 ・坐骨結節骨端症…坐骨結節部で障害され、11~成人の者に好発 ・ペルテス病…大腿骨頭で障害され、6~7さいの男児に好発 ・シンディングラーセンヨハ…

肩こり・頸部痛

…頸や肩のこり、腰痛、腕や手の痛みなどをさらに悪化させるものに、冷えやストレスがあります。 身体の冷えは、筋肉の緊張を招き、血流が滞り、また、ストレスは交感神経を活発にすることで、筋肉を緊張させます。 デスクワークなどで同じ姿勢を続ける人は、冷えやストレスにも気をつけましょう。 ちょっとした息抜きやリラックスとして喫煙という人もいますが、タバコは交感神経を興奮させ、血管を収縮させます。 さまざまな疾病のリスクも高まるので、禁煙に取り組むことをおすすめします! 身体のこりを防ぐに…

肩の疾患④ 腱板断裂(肩腱板断裂‐Rotator cuff tear)

…4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結して、主に肩関節の回旋運動に働いています。 腱板は肩関節の周囲を袖口(cuff)のように取り囲んでいる様子からローテーターカフ(rotator cuff)ともいいます。 www.nakajimabonesetter.com 病態 肩の疼痛(運動時痛、安静時痛、夜間痛)、脱力がみられます。 腱板は、加齢に伴う退行変性により断裂をきたしやすく、上方の腱板である棘上筋腱の断裂が最も多く、断裂の程度により、完全断裂(全層性断裂)と不完全断裂(部分断裂)が…

肩の疾患③ 肩峰下インピンジメント症候群

…(特に棘上筋腱)や上腕骨の大結節と衝突し、肩の疼痛や引っ掛かり感を生じる状態のことをいいます。 主な原因 ①腱板断裂 ・腱の断端の衝突 ・上腕骨の上方化 ・肩峰下の骨棘形成 ②腱板炎 ・炎症による腱板の肥厚 ③石灰性腱炎 ・石灰化による腱板の肥厚 www.nakajimabonesetter.com 病態と施術 上腕を外転する課程で、上腕骨と肩峰の間に腱板の一部や肩峰下滑液包などが挟み込まれ、繰り返して刺激が加わると滑液包に浮腫や出血が起こります。 安静にするとこの変化は正常…

肩の疾患② 五十肩(凍結肩)

…に急性期) ・肩から腕にかけての運動時痛 ・安静時痛や夜間時痛も出現 ・夜間痛は患側を下にしたときの側臥位痛、寝返りの時の疼痛が特徴的です。 ・疼痛を和らげるため肩関節を内転・内旋位の姿位に保持します。。 ②日常生活動作困難 ・衣服の着脱や結髪、結帯(上肢を後方へ回す動作)など様々な日常生活が困難になる。 画像検査では異常はみられず、このように症状や検査をして肩の特別疾患を除外したうえで、明らかな疾患がない(突発性)として五十肩と診断します。 自動運動、他動運動共に可動域制限…

肩の疾患① 石灰性腱炎 (石灰沈着性腱板炎-Calcific tendinitis)

…4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結して、主に肩関節の回旋運動に働いています。 腱板は肩関節の周囲を袖口(cuff)のように取り囲んでいる様子からローテーターカフ(rotator cuff)ともいいます www.nakajimabonesetter.com 症状と施術 急性期 疼痛が最も強い時期で運動時痛のほか、安静時痛、夜間痛も出現しうる。 【日常生活指導】 ・患部の安静(動きが最小限ですむよう、着衣時は先に患側の上肢を袖に通す様にすなど) ・患部の保温 ・夜間痛などに対しては就…

腰痛(筋膜性腰痛)

….com 体幹とは 腕・脚を除いた胴体部分のことです。 体幹は姿勢を維持する、動きを生み出す土台、身体の軸となるような役割があり、体幹が弱くなってしまうと怪我だけでなく、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなどにもつながっていきます。 www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科P50、51 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});…

反復性肩関節脱臼(Addictive shoulder joint dislocation)

…だけで、物を取ろうと腕を上げたらなど容易に脱臼してしまうようになったりします。 施術 習慣性脱臼は脱臼後、安静が必要で、その後再脱臼予防のためリハビリをきちんと行うこと、肩関節周囲の筋力強化、ストレッチを行ようにしましょう。 根治には靭帯を修復するような手術療法が適用な場合もあります。 www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科 (adsbygoogle =…

肩関節脱臼(Shoulder joint dislocation)

…となります。 上腕骨頭が前方に転移いているため三角筋が扁平化して肩峰が突出してみえ、肩関節は軽度の外転位になり、腕を戻そうとしても外転位に戻ります(ばね様固定)。 自動運動は不能となります。触診で肩関節の前方に上腕骨の骨頭を蝕知できます。 感覚障害を合併することもあり、腕神経叢の皮膚感覚地帯で腕神経損傷を合併している場合、肩外側に感覚障害が生じます。 神経断裂はまれで、整復後に自然に回復することがほとんどです。 施術 脱臼は徒手整復を基本として整復し、整復後、包帯固定やバンド…