Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

腕 の検索結果:

フットボールにおけるタックル動作のための筋力トレーニング(タックルにおいて生じる力ベクトルを再現するために選手の力ベクトルは、ボールキャリア、および合力ベクトルに対してやや斜めの角度になることが多く、そのため左右非対称の負荷を用いる)

…で前傾姿勢をとり、両腕を(伸展および外転位から)屈曲および水平内転させて、ボールキャリアの「ラップアップ(抱え込み)」を行っています。 また、その間も、選手は支持脚の踏み込みを継続し、股関節と膝関節を伸展、足関節を(背屈位から)底屈させたところで、今度は反対側の脚を前に出して踏み込みます。 ボールキャリアはタックルに備えて側方へ移動することが多いため、タックルを行う選手の力ベクトルは、ボールキャリア、および望ましい合力ベクトルに対してやや斜めの角度になることが多く、そのため左…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

…定化が不十分で、投球腕の加速がピークに達した際に、素早い肘の伸展が重なって生じます。 肘関節の伸展が慢性的に不十分だと、肘関節屈曲筋群の伸張性機能が損なわれ、VEOが増大し、後内側の肘頭骨棘形成をもたらし、肘関節のインピンジメント症候群や離断を引き起こします。 www.nakajimabonesetter.com 上腕二頭筋トレーニング時の注意点 バイセップスカールは、肘関節の屈曲トルクを改善する効果的なエクササイズですが、不適切な挙上角度は外反安定性を損ない、動的安定筋群を…

バーが床から離れる瞬間:Moment of separation(ファーストプル局面はMOSからバーを膝または膝より少し上の高さに持ち上げるまでを指し、クリーンおよびスナッチの可否を左右する主要な決定因子になる)

…の角度を一定に保ち、腕を真っ直ぐ伸ばして肘を外側へ向けます。 身体のCOGがバーのCOGと離れるとバランスを崩す恐れがあり、したがって、バランス維持を左右するのは、(身体とバーの)COGと支持基底面(両足)との関係になります。 身体のCOGとバーのCOG関係は、「合成COG」とも呼ばれています。 これを改善するためには、肩をバーの真上か前方に維持したまま、バーと膝を後方へ向かって移動させなければなりません。 このようにすると適切なテクニックが実行され、その結果2つのCOGが互…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…Little league elbow:Risk factors and prevention strategies Strength and Cond J.32(6):22-37 臨床実践 スポーツ傷害膝の理学療法 (教科書にはない敏腕PTのテクニック)発売日: 2020/12/16メディア: 単行本 スポーツリハビリテーションの臨床発売日: 2019/09/03メディア: 単行本 スポーツ外傷・障害の理学診断・理学療法ガイド発売日: 2015/05/01メディア: 単行本

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

…次元メカニズム 投球腕の三次元動作分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります。 投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。 肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。 MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向かって上腕…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…させて保持し、次に前腕を可動域の末端にまで徐々に(地面に向かって)内旋させます。 肩関節の内旋角度は、スリーパーストレッチングの姿勢における静止位置から可動域末端までの腕の角度と解釈されます。 ※可動腕は、肘頭の直線上通る尺骨茎状突起と一直線に揃えます。 従来から行われている内旋のROMAは、アスリートが仰臥位をとり、肩関節を90°外転させ、肩甲骨平面に向かって水平に 10°内旋させ測定します。 利き腕と非利き腕の内旋角度に20°以上の差がある場合にはGIRDまたはその他関連…

水泳選手にとっての競技特異的トレーニング(競技特異的トレーニング群は、非競技特異的トレーニング群よりも肩関節傷害が40%少なくなった)

…の研究を行い、肩甲上腕関節周辺の筋群の安定性を高めて肩関節痛を減少させる手段として、競技特異的エクササイズを付加する方法を検証し、その結果、競技特異的トレーニング群は、非競技特異的トレーニング群よりも肩関節傷害が40%少なくなりました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Fig G and Santana JC.Strength training for swimmers:Training the core.J Strength Cond Res…

レジスタンストレーニングと肩関節傷害の考察(関節関連の傷害には肩前部の不安定性があるが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されている)

…が発生する部位は、上腕二頭筋、ローテーターカフ、および大胸筋の筋組織になります。 それらの症例のうち、既知の病因学によるとハイファイブポジションをとる必要のあるエクササイズと並び、ベンチプレスが頻繁に原因として指摘されています。 関節関連の傷害には肩前部の不安定性がありますが、これは多くの場合、ビハインドネック・ミリタリープレスやラットプルダウンなどのエクササイズ中にとるハイファイブポジションの結果であると想定されています。 バイオメカニクス的観点から、ハイファイブポジション…

アスリートに多発する肩関節後部の緊張のバイオメカニクス的考察(肩関節後部構造の可動性制限は、肩関節の機能不全の発生と継続にかかわる要因となる)

…れに伴う屈曲、内旋(腕を90°外転させた状態)、および水平内転の可動性障害は通常、肩関節の関節包後部とローテーターカフ後部の筋系(棘下筋および小円筋)の柔軟性、また三角筋後部の柔軟性に関連して生じます。 しかし、研究で特に注目を集めているのは関節包後部になります。 関節包後部の制限は、内旋(腕を90°外転させた状態)および水平内転の可動域減少を引き起こす主因の一つと考えられています。 Myersらは、投動作を伴う競技の選手を調査したところ、PSTの影響による内旋と水平内転の制…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

…が300球以下(投球腕のトレーニング不足)の投手と、600球以上(投球腕のオーバートレーニング)の投手は、いずれも上肢に重い障害を発症する確率が高くなりました。 安定化機構 筋肉は、複数の関節角度に対して高い引張力およびトルクを発生させる動的安定化機構になります。 さらに、筋肉は高い速度、セグメントの回旋、および平行移動に反応します。 動的安定化機構は、応力反応性が低く、引張力も小さい組織からなる静的安定化機構を補助します。 ※静的安定化機構を構成する組織は、主に結合組織(靭…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…考えられます。 腕の疲労を乳酸の蓄積と関連づける通説により、投手はそのキャリアのどこかで、不適合トレーニング(不適切な代謝、筋、および神経経路をトレーニングすること)を多少なりとも取り入れている可能性があります。 投手の有酸素性トレーニングのデメリットを解消するインターバルトレーニング 既存の研究では、野球投手のようなパワー系アスリートのコンディションにおいて、有酸素性トレーニングを主体することの妥当性を裏付けていません。 投手の有酸素性トレーニングを重視しすぎることから生じ…

水泳選手と肩関節傷害予防(およそ47~80%の選手が肩関節に傷害を発生していることから、ローテーターカフの強化、あらゆる方向や平面における刺激により、コア{体幹}を強化することも必要になる)

…押し上げ、胸、肩、上腕三頭筋を用いた上肢のプレス動作により最終姿勢をとるエクササイズになります。 このエクササイズは、スターティングブロックからの飛び込み時間の短縮や、プール内におけるターンの時間を短縮させることに役立ち、さらにメディスンボールを用いたドンキーキックエクササイズは試合におけるターン時の力およびパワー発揮能力を向上させうる競技特異的なエクササイズになります。 オフシーズンにおけるレジスタンストレーニングプログラム例 エクササイズのタイプ エクササイズ セット数/…

ファーストプル「開始姿勢またはセットポジション」(上半身の姿勢は、胸を張り、肩甲骨を内転させ、背部はまっすぐにするか軽く反らし、肺をふくらませて胸腔内圧と腹腔内圧を高め{バルサルバ法}、プル中に脊柱が前屈しない)

…す。 1つめは、腕と脚が長く、体幹が短い体型。 2つめは、腕と脚、体幹の長さが釣り合っている体型。 3つめは、腕と脚が短く、体幹が長い体型。 適切な開始姿勢のとり方は、ただしゃがんでバーをつかむという単純なものではなく、ウェイトを床から効率的に持ち上げるためには、考慮に入れるべき要素がいくつかあります。 はじめに、挙上者はバーの中央付近に立ち、バーが中足指節関節の上にくる位置に足を置き、足裏全体を床面につけてかかとを腰幅に開き、体重は足(支持基底面)の中程に乗せます。 挙上者…

オメガ3脂肪酸摂取のメリット(オメガ3脂肪酸の摂取が炎症マーカーを低下させ、運動中の血流を最大36%増大させる)

…力パラメータ、疼痛、腕囲および弛緩時の肘角度を測定、また、筋損傷の指標であるコルチゾール、CK、IL-6、TNF-α、マロンジアルデヒドおよび血清鉄についても測定されました。 その結果、運動の48時間後に、弛緩時の肘角度および筋力に有意な減少がみられました。 また、別の研究では、健康な非鍛錬者の男性40名(18~35歳)に14日間、ミックストコフェロールを300mg、フラボノイドを800mgおよびDHAを300mg含有する製品(n=20)またはプラセボ(n=20)を摂取させ、…

プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数{挙上重量を体重比で示す}との間には、高い相関関係が存在する)

…は プッシュアップ(腕立て伏せ)は、上半身の筋力、パワー、および局所的筋持久力を向上させる目的で広く利用されています。 プッシュアップの負荷は個人の体重と各部位の長さによって制限されるものの、バイオメカニクス的に多様な実施方法があります。 例えば、手や足の位置の変更は、筋の動員パターンと関節負荷に影響を及ぼします。 www.nakajimabonesetter.com プッシュアップの役割 フィットネスの分野では、プッシュアップは定番エクササイズであり、ストレングス&コンディ…

クリーンプルとスナッチプル(ダブルニーベントとトリプルエクステンションを用いるエクササイズになり、過負荷刺激によって力発揮効率を高める目的に使用される)

…初期に股関節、肩甲上腕関節、および腕橈関節を安定させるために、以下の筋の等尺性筋収縮が生じます。 脊柱起立筋群(腸肋筋、最長筋、および棘筋)、深部棘筋(回旋筋、棘間筋、多裂筋、および横突間筋)、腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腰方形筋、上腕三頭筋(長頭)、三角筋、肩甲下筋、広背k筋、橈側手根伸筋、腕撓骨筋、僧帽筋、頭板状筋、頚板状筋、棘下筋、下後鋸筋、大菱形筋、小菱形筋、および棘上筋。 クリーンプルとスナッチプルの上昇局面には、以下の筋が関与します。 上肢 僧帽筋、頭板状…

クライミングにおける動的筋力およびパワー(高度に強調された短縮性筋活動は、クライミングにおいて身体重心を移動させ、素早くパワフルなクライミング動作の代表例としてはダイノがある)

…ます。 また、上腕骨の伸展と内転に伴い、他の様々な肩甲骨安定筋群(菱形筋、僧帽筋下部および中部)および肩甲上腕関節(上腕二頭筋および僧帽筋上部)は、短縮性筋活動によって登攀面に最大限の力を伝えています。 www.nakajimabonesetter.com 短縮性筋活動における速度 加えて、短縮性筋活動は、非常に幅広い速度のクライミングにおいて生じます。 例えば、特に難度の高い登攀面において、クライマーは最大限のコントロールと安定性を確保するため、非常に遅い速度で動作をするこ…

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

…、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられています。 www.nakajimabonesetter.com PSTと可動性 PSTは、屈曲、内旋、および水平内転といった肩関節の可動性の制限に関与しています。 オーバーヘッド動作を伴う競技の選手やウェイトトレーニングの実践者は、PSTを生じやすい傾向にあることが研究によって示唆されています。 そのため、肩関節後部構造の可動性を改善するストレッチ方法を模索する取り…

グリップの向きによる筋活動の違い(プルアップでは、スピネイティッドグリップ{45±22%最大随意等尺性筋活動:MVIC}よりもプロネイティッドグリップ{56±21%MVIC}のほうが、僧帽筋下部の筋活動が大きくなる)

… さらに、大胸筋と上腕二頭筋の筋活動は、プロネイティッドグリップ(それぞれ44±27%MVIC、78±32%MVIC)よりもスピネイティッドグリップ(57±36%MVIC、96±34%MVIC)のほうが大きくなりました。 また、各エクササイズにおいて広背筋の%MVICは、測定された全ての筋の%MVICよりも大きかったことは注目すべき値になります。 www.nakajimabonesetter.com グリップ幅と向きによる筋活動への影響 Luskらは、グリップ幅(ワイドとナロ…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…示します。 投球腕の関節が過度の牽引力にさらされると、非投球腕に比べて肩関節外旋が増大し、肩関節内旋が減少する傾向があります。 ※伸張性筋活動の反復は投球腕におけるROMの低下に関連していることがいくつかの研究において明らかになっています。 肩甲上腕関節内旋制限(Glenohumeral Internal Rotation Deficit:GIRD) 投球腕の肩関節の内旋角度が非投球腕の肩関節より小さくなっていることを肩甲上腕関節内旋制限(GIRD)といいます。 はっきりした…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

…量が過剰になると、上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、筋の緊張を増大させることによって棘上筋の活動を最大化すると考えられていますが、FCとECを分析したところ、FCは筋電図とMRIにおいてECと同等の棘上筋の活動を示し…

バレーボール選手の肩関節傷害予防(ローテーターカフと三角筋、肩甲骨内転筋群を強化するオーバーヘッド動作を含むウェイトリフティングエクササイズを行うことにより、肩の傷害の危険性は最小限に抑えることができる)

…インピンジメント、上腕二頭筋腱炎、ローテーターカフの炎症、肩甲下神経の障害などの症状を起こすリクスが高くなります。 Ferrttiらによると、バレーボールにおける肩の傷害は、筋力不足と筋萎縮を起こす可能性があり、しばしば選手のパフォーマンスを低下させるとしています。 Kuglerらは、「バレーボールのアタッカーにおける筋のアンバランスと肩痛」という研究において、肩の筋と関節包のパターンが利き腕と非利き腕の肩では大きく異なることを明らかにしました。 例えば、利き腕の肩甲骨は、相…

肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる)

…および小円筋)は、上腕骨を安定させ、三角筋と棘上筋の外転を可能にすることにより、肩甲上腕関節(GHJ)の効率的な動作に必要な偶力を生み出します。 同様に、肩甲骨を安定させるための偶力は、僧帽筋上部と下部が、菱形筋および前鋸筋(SA)と共同で働くことによって生じます。 これらの筋がすべて順番に発火する理想的な状況下においては、肩甲胸郭(SCT)関節とGHJの正常なバイオメカニクスが存在し、これを肩甲上腕リズムといい、肩甲骨を回旋させながら、肩を屈曲、外転、および挙上させる際に生…

野球のスイング中のパワー(体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある)

…した。 先端の上腕三頭筋(長頭)を強化すると、打者はバットに伝達できる力を増加させることができる 体幹を安定させるために腹筋群の重要性を認識する 試合中バッティング前に、負荷を加えたバットを振ることに利点は無いこと さらに、研究者らは、スイング中に体幹と四肢の12箇所の筋活動のパターンを筋電図(EMG)にて説明しました。 特に、ShafferはEMGによる四肢の筋群の分析に基づき、運動連鎖の原理を裏付けました。 その報告によると、野球のスイングは調和のとれた一連の筋活動であり…

ラットプルダウンの種類による筋活動の違い(ビハインドネック・ラットプルダウンよりもフロントネック・ラットプルダウンのほうが広背筋と三角筋後部の筋活動が大きい)

…リップで行う場合、上腕二頭筋と広背筋の筋活動にはいかなる有意差もなく、興味深いことに、広背筋の筋活動が最大であったのは、肩甲骨を内転させてシーティッドロウを実施した場合でした。 同様にLuskらによると、ラットプルダウンにおけるグリップ幅は広背筋、上腕二頭筋、僧帽筋中部の筋活動にいかなる差異ももたらしませんでした。 www.nakajimabonesetter.com グリップ幅と関節可動域 Sperandeiは、ラットプルダウンに関して、ワイドグリップのフロントネックと、標…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

…軟部組織の抵抗力と上腕骨内側上顆の骨形成の成熟度により異なります。 肘の傷害からの回復には、平均3ヶ月のリハビリテーションが必要であり、その間のスポーツへの参加は禁止されており、成人のUCL(内側側副靭帯)を断裂した場合、回復には1年必要になります。 成人は骨端軟骨の炎症や動揺よりもむしろ靭帯の損傷が起こりやすいために、外反ストレスに対する反応が異なります。 外反ストレスに対するUCLおよび肘関節内側の筋組織の反応を検証した死体研究では、UCLは主要な静的スタビライザーである…

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

…回旋させます。 腕を前方に伸ばしながら片側に回旋して水をキャッチする際は、三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋、広背筋、腹筋群、前鋸筋、棘上筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋が動員されます。 水を後方へかきながら逆方向に回旋するときは、三角筋、上腕三頭筋、広背筋、腹筋群が動員されます。 そして、この2つの動作を行う間中、絶えず脚で水を蹴り続けるため、腹筋群、大殿筋、中殿筋、大腿四頭筋、股関節屈筋群、ハムストリングス、腓腹筋が動員されます。 クロールは一般に最も速い泳法のひとつのとして知られて…

レジスタンストレーニングに起因する肩関節複合体の傷害(疫学的報告によると、肩関節複合体は主要な負傷部位であり、その羅患率は22~36%に及ぶ)

…ローテーターカフ、上腕二頭筋、および大胸筋の筋組織が含まれます。 RT中の傷害を報告した121名のウェイトリフティング選手の調査では、27%がRT中の肩関節痛により最長7日間エクササイズを行なう能力が制限されました。 最も多く確認された疼痛の部位は、上腕二頭筋長頭(肩の起始部分)と棘上筋の筋組織になりました。 骨組織の核医学的検査を実施した12名のアマチュアウェイトリフティング選手をサンプルとして傷害パターンを調査した研究では、サンプルは、主にスポーツ活動のための筋力増大を図…

スクワットジャンプとRFD(膝を110°と150°に屈曲させてSJを行った男性アスリートが、同じ膝の関節角度で等尺性筋活動やCMJを行った場合に比べ、最も大きなRFD{RFDmax}を達成した)

…アスリートは、肩から腕を伸展させて行うか、両手を腰に保持したまま行います。 SJの利用はアスリートのRFD(筋の立ち上がり速度)の向上が目的であり、したがって、SJの特徴として、アスリートが静止状態から運動を開始することが重要になります。 例えば、3点支持または4点支持の姿勢からスタートするアスリートは、SJトレーニングを行うことにより、最短時間で力を発揮する能力を高めることができます。 www.nakajimabonesetter.com 弾性エネルギーの貢献度 Wiiso…

プッシュアップのバリエーション(BOSUを用いたプッシュアップは、肩関節安定筋群、すなわち僧帽筋の上部、中部、下部における筋活動を増加させ、前鋸筋の筋活動を減少させる)

…、EMGで観察した上腕三頭筋と腹筋群の筋活動は、身体を床と平行にして行う場合もそうでない場合も、安定したサーフェスを利用して行うプッシュアップよりも、スタビリティボールを利用して行うほうが有意に大きいことを示しました。 これらの結果は、スタビリティボールなどを利用した不安定なサーフェスでは、運動中の筋活動を増加させるとみられることを示しています。 したがって、筋活動の点からみると、体幹部の角度が同じであり、足ではなく手が不安定なサーフェス上にあるならば、安定したサーフェスで行…