Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

腕 の検索結果:

人工逆肩関節置換術後のレジスタンストレーニング(患側の肩関節のバイオメカニクスが変わるため、三角筋と僧帽筋上部は、より強力な力を発揮する力を発揮するが、動きは小さくなることを理解する必要がある)

…上で行う際は、肩甲上腕関節の構造、特に棘上筋と三角筋が肩を外転する際に最適なアライメントであることが重要です。 この集団における術後の肩のトレーニング中に最もよく起こる問題は、肩峰の疲労骨折であるため、運動に対する各疾患の耐性をモニタリングするために、施術を行っている医師や理学療法士との間におけるコミュニケーションの必要性がさらに強調されます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze…

セラーぺの構造と運動(螺旋状の硬いコアを形成することで、股関節および肩関節の筋群の近位端がしっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になる)

…しっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になります。 これは、ランニング(特にスプリント)、投動作、キック、方向転換、階段昇り、薪割り、さらには片側での挙上や運搬も含め、あらゆる素早い両側交互動作に不可欠な要素になります。 以上のことから、「近位のスティフネスは遠位の可動性と運動能力を向上させる」という身体運動の普遍的法則が導き出されます。 そしてそのためには、セラーぺを用いてコアのスティフネスを増大させる必要があります。 コアの体幹において回旋パワー…

野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係がある)

…度の変化、脊柱の投球腕側への側屈、肩の外転の減少、水平外転速度の増加、最大水平外転位における手関節の回外、およびMERにおける肘の伸展の増大などによって、さらに悪化します。 www.nakajimabonesetter.com レイトコッキング期 一連の投球動作のうち、MERは投球側の手がレイトコッキング期に生じます。 MERにおいては、ローテーターカフの内旋筋、ならびに内旋筋群とその結合組織に伸張性負荷が加わることにより、弾性位置エネルギーが生成されます。 ※予備伸張(すな…

野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる)

基礎運動技能のカテゴリ ピッチングのスキルは高度に統合された動作であり、通常は基礎運動技能を練習することで上達していきます。 基礎運動技能は4つのカテゴリに分けられ、「移動系運動」「非移動系運動」「操作系運動」「動作意識」になります。 www.nakajimabonesetter.com

人工逆肩関節手術法と意義(肩関節内の回転の中心をより内側に寄せることになり、遠心的に三角筋の活動を増加させ、上腕を頭上に挙上できるまでに機能を改善する)

…かな違いは、凸状の上腕骨頭の代わりに凹型の部品を用いることであり、rTSAでは本来凹型の関節窩が凸状の部品に置換されます。 このような方法で関節表面を逆転させることは、肩関節内の回転の中心をより内側に寄せることになり、遠心的に三角筋の活動を増加させ、最終的には(上腕を頭上に挙上できるまでに)肩の機能を改善します。 人工逆肩関節置換術の手術法 通常、手術は烏口突起の真横を切り開くことから始まり、上腕前部に沿ってさらに10~15cmほど末端に向かって(下方へ)切り進み、それから、…

プル・ツーニーとは(ウェイトリフティング動作のクリーンまたはスナッチのファーストプルを、適切なバイオメカニクスを強化して再現する筋力トレーニング動作になる)

…寛骨大腿関節、肩甲上腕関節、および腕撓関節を安定させるために以下の筋の等尺性筋活動が生じます。 脊柱起立筋群(腸肋筋、最長筋、多裂筋、および棘筋)、深部棘筋(回旋筋、棘間筋、多裂筋、および横突間筋)、腹直筋、腹横筋、外腹斜筋、内腹斜筋、腰方形筋、上腕三頭筋(長頭)、三角筋、肩甲下筋、広背筋、橈側手根伸筋、腕撓骨筋、僧帽筋、頭板状筋、頚板状筋、棘下筋、下後鋸筋、大菱形筋、小菱形筋、および棘上筋。 プル・ツーニーの挙上局面には、以下の筋が関与します。 上肢 僧帽筋、頭板状筋、頚板…

野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする)

…比べて「より大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする」事実に基づいており、手、手首、および前腕の位置と動きをの違いが肘の障害につながるということに起因しています。 www.nakajimabonesetter.com カーブは有害ではないとする声も 一方で、カーブは必ずしも他の球種に比べて有害ではないとする研究もあります。 Fleisigらは、カーブの投球時に関節に加わる負荷は速球の負荷に比べて有意に大きくないと報告しています。 Dunnらの研究結果もこれと一致しており、9~…

野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する)

…協調された動作で投球腕とボールに伝達したければならず、体幹の筋力が十分にあれば、肘の筋系に要求される力が減少し、受傷リスクが低減する可能性が考えられます。 力の伝達には体幹の筋力だけではなく、適切なタイミングと動きの流れが求められます。 Aguinaldoらの研究(ピッチングと体幹筋力の力の伝達) Aguinaldoらの研究では、体幹を回旋させるタイミングは若年者、高校生、大学生、およびプロ投手の間で有意に異なることを明らかにしました。 それによると、上位レベルの投手は踏み出…

Mポジション投手とは(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

…とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。 www.nakajimabonesetter.com Mポジション Mポジションは、ローテーターカフの外旋筋群から開始される外旋の速度を高めると推測されており、高められた外旋速度は、投球側の手の加速と、踏み出し足の接地から重心の前方移動とが同時起こるように調整されます。 理論上、高い外旋速度は、MERにおける投球側の前腕の慣性を増大させることが証明されており、前腕が外旋位に向かう加速度が増…

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…最終的な部分でもある腕の振りだけから、選手の技術の習得度合を判断することは避けなければなりません。 身長、筋量の増加と下肢筋群の割合 筋量の増加に関わるPWV(Peek weight Velocity:筋量の急激な増大がみられる時期)のタイミングはPHV(Peek Height Velocity:最も伸張が伸びる時期)に遅れて訪れ、さらにこれを体重に占める上肢、下肢の筋量の割合で見た場合、上肢はほとんど変化が無いのに対して、下肢についてはPHV付近より筋量増加の割合が高くなる…

野球肘の危険因子:オーバーユース(骨格的に未成熟なアスリートは、成長軟骨を有するためにオーバーユースを起こしやすくなる)

…る総称であり、特に上腕骨内側上顆(肘の内側)の障害や上腕骨小頭部の離断性骨軟骨炎(骨やその上を覆う軟骨が剥がれる症状)を指すことがおおくなります。 リトルリーグ肘の特徴 この疾患の特徴は、ピッチング動作のコッキング期とアクセレーション期において肘に外反ストレスがかかることで生じる肘内側部痛になります。 外反ストレスが加わると通常、肘内側に牽引力、肘後方に剪断力、そして肘外側に圧縮力が加わります。 屈筋を収縮させると痛みが生じ、肘の可動性が制限される場合もあります。 LLEの重…

野球における上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…トロークのように、前腕伸筋群のオーバーユースにより起こる外側上顆炎(Lateral Epicondylitis)がより多くみられることから、「テニス肘」の用語が生まれました。 内側上顆炎は、外側上顆炎ほど発症頻度は高くはありませんが、全体の10~20%の割合で報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 病態とメカニクス 肘関節の内側は、投球後半のコッキングや初期加速動作、テニス/ラケットボールのサーブやフォアハンドストロークなどの外反力(前腕が正…

野球のバッティングパフォーマンスに関する補足レジスタンストレーニング(手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング速度、手の速度、およびバット-ボールコントロールまでの時間に有意に増加させる)

…球における手関節と前腕、手のトレーニング研究 野球のバッティングパフォーマンスに関する補足的なレジスタンストレーニングの効果を明らかにするために、最近、前腕および手のトレーニング研究が実施されました。 www.nakajimabonesetter.com 手関節、前腕のトレーニングとスイング速度 Szymanskiらは、手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング速度、手の速度、およびバット-ボールコントロールまでの時間に及ぼす効果を報告してい…

野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる)

…身を前方へ回旋させ、腕を投球位置まで挙上します。 コッキング期 踏み出し足が接地してから肩関節が最大外旋するまでを指します。 この期には、肘内側に大きな牽引力と肘外側に圧縮力が加わります。 若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に生じます。 アクセレーション(加速)期 加速期は、肩関節が最大外旋してからボールが手を離れるまでを指します。 肘の伸展速度はピーク時で約3346°/秒に達し、肩の内旋速度は9000°/秒を超…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

…システム 投手の投球腕のピーク角速度と球速は、一般にキネティックチェーンと称される、投手の連鎖的な力発揮システムと関係があります。 キネティックチェーンとは、フォロースルー期までの各部位(剛体)の加速と減速を通じて、部位間でエネルギーを順番に伝達する仕組みになります。 キネティックチェーンは地面や野球用スパイク、ピッチングマウンドの隆起などから足にもたらされる摩擦力と垂直床反力から始まります。 オーバーハンドの投球中は、相互の関節モーメントがキネティックチェーンを通じて伝達さ…

野球における投球時の外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…い減少します。 腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメント(主に上腕骨の軸回転)が増大し、結果的に肘関節の外反ストレスが増大し、加速段階のピークEEV(肘関節伸展速度)は、筋活動よりもむしろ「腕の振り遅れ」との関係が大きいことが知られています。 これは、上腕三頭筋が急速に肘関節を伸展するのを助けるために、体幹と上腕骨の間で遠心力が働くためです。 www.nakajimabonesetter.com 肘関節屈曲筋群の伸張性筋活動 肘関節屈曲筋群の拘縮により、肘関…

施術風景ユーチューブ更新しました。2

ユーチューブを更新しました。 施術風景です。 是非ご覧ください。 www.youtube.com www.nakajimabonesetter.com 中島恵

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション{機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス}の効果がある)

上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション 上腕骨内側上顆炎におけるリハビリテーションにおいて重要な事項は、入念なストレッチと厳密なストレングスプログラムが推奨されています。 筋力およびパワーの向上を目指す前に、持久力トレーニングを最初のトレーニング目標とし、軽めの負荷と痛みのない関節可動域で行い、このような漸進は、負荷を次第に増加させることに役立ち、知覚、固有感覚、運動パターンの再教育を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com エクササイズモデル エク…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

…域においては、肩甲上腕関節(GH)、胸鎖関節、肩鎖関節、および肩甲胸郭関節など多くの関節が互いに依存しあって存在し、これらは肩関節複合体を構成する要素となります。 これらを構成する関節のいずれかひとつが動くと、ひとつかそれ以上の他の関節も同時に動くため、ひとつの関節が受傷すると、多くの場合、他の関節の運動学的要素も変化し、機能的動作における筋の代償作用が生じます。 www.nakajimabonesetter.com ローテーターカフの筋力 ローテーターカフ(回旋筋腱板)は、…

投手の投球障害予防を考える(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引{高力橈骨小頭接触}、および後部内側剪断{骨棘形成}を制御する)

…ん。 肩甲帯、上腕骨および肩甲上腕の筋機能は、力学的な「てこ」のためにも、また投球腕の加速や減速のためにも根本的に重要になります。 しかし、一般的に、トレーニングにおける肘の健康状態は疎かにされており、オーバートレーニング状態の選手やコンディションが不十分な選手は、近位の筋群がアンバランスであり、非効率的な力発揮や弛緩の増大などを経験することが多く、そのいづれによっても肘関節内側傷害が起こりやすくなります。 www.nakajimabonesetter.com 青少年投手の肘…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

…°、体幹側屈が非投球腕側(反対側)に対して10°であることが明らかになっています。 これに対し、サイドスローのバイオメカニクスは、一般に肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、それらは肘の内反負荷を増大させることが示されています。 理論上、投球側の前腕の遠心力(前腕を回旋軸から外反位に向って加速させる)は、反作用である内反モーメントを増強します。 オーバースローとサイドスロー 伝統的なオーバースロー投手と比較すると、サイドスロー投手は、踏み出し足の接地に対する体幹…

投球時の肘内側傷害の原因(コッキング期後半と加速期における内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、肘内側への非常に大きく反復的な外反力が加わる)

…これが、加速期で投球腕を前方へ加速させるために、肩関節が内旋し近位の上腕骨周りで水平内転するにつれて、弾性エネルギーが伝達されます。 前腕はその慣性の結果として上腕は長軸周りで反回転し(ねじれ)、近位の末端が内旋し遠位外旋します。 この段階で、外反ストレスがUCLの引張感度を超える場合があり、UCLの長期間にわたる微細損傷また急性断裂を起こしやすくなります。 三次的動作分析を用いて動的に測定された外反モーメントの測定値は、死体研究によるaUCLの最大引張強度よりも有意に大きい…

人工逆肩関節全置換術(関節炎が進行したクライアントやローテーターカフに修復不能な損傷のあるクライアントのために考案された複雑な手術法である)

…節症は、最終的には、腕の偽性麻痺(きわめて重症なローテーターカフの断裂により、腕を上げることができない)をもたらし、特に挙上や外旋を担うローテーターカフの筋群は修復できません。 rTSAの適応症例には、そのほかにTSAの失敗、半関節形成術(部分的な肩関節置換)の失敗、続発性骨折、不安定性および腫瘍などがありますが、これらに制限されるものではありません。 肩関節形成術を受けるクライアントの2/3は65歳以上であり、可動域が減少し、腕を頭より高く上げることができないなど、手術前に…

人工逆肩関節置換術後の合併症(前方脱臼は肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と外旋を組み合わせた位置で最も起こりやすくなる)

…ルポジションを超えて腕を伸展することは一定期間制限することが必要になります。 前方亜脱臼または脱臼のリスクを考慮すると、リハビリテーション後のプログラムを実施する前に、これらの危険因子を評価することが重要になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze MR and KolberMJ Postrehabilitation exercise considerations follo…

野球肘の機能解剖学(結合組織と筋群が肘関節の静的および動的安定化機構として作用する20~120°の肘屈曲角度において生じる)

…橈骨、尺骨、および上腕骨からなります。 関節の安定性は、靭帯組織、関節包組織、軟骨、および、筋腱によってもたらされています。 これらの軟部組織は、肘関節の内側、外側、前方、および後方に起始、付着し動作の機能性と安定性をもたらします。 肘関節は、腕撓関節、腕尺関節、および、橈尺関節という3つの関節からなる複合体になります。 www.nakajimabonesetter.com 肘内側安定化機構:尺側側副靭帯(UCL) 肘関節障害の多くは、結合組織と筋群が肘関節の静的および動的安…

投手におけるカーブと肘の受傷リスク(運動力学的にカーブが肘に加えるストレスは、直球を上回るものではない)

…ずれも、若年者の投球腕の負荷を低減する上で望ましい投法は「カーブ」であることが示されました。 カーブと肘の負担 カーブは、若年投手の外反ストレス、肩外旋トルク、肘の伸展速度、および肘の伸延を低減します。 その他の球種との比較において、頻繁にカーブを投げるほうが受傷リスクが高くなる可能性を示唆しているものは、両者のMER(最大外旋位)の比較と、MERにおける前腕の回外角度の比較になります。 速球における平均MERはプロネイティッドグリップで170~180°、カーブにおけるMER…

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

…原因として発症し、上腕二頭筋腱、または棘上筋前部の圧迫を引き起こし、内部インピンジメントは、肩甲骨外転を伴うGH(肩甲上腕関節)関節の最大外旋位によって発症し、GH関節の上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫を引き起こします。 また内部インピンジメントはオーバーヘッド動作を行うアスリートに多くみられ、オーバーヘッドの投球動作のポジションでは、これら組織が近接し、さらに上腕骨後捻、肩後部の緊張、および肩甲骨外転が生じるためです。 上記のインピンジメント症候群は、いずれも棘上筋、棘下…

野球肘に関連づけられる力学的欠陥とは(成人の場合、投球側の肘は平均64Nm の外反トルク:肘内側を開く回旋力に耐えなければならない)

…場合の遠心力とは、前腕を肘関節の中心から外側方向へ回転しながら遠ざけようとする見かけ上の力)。 肘関節に作用する遠心力は、骨盤、体幹、および肩関節の高速外旋がもたらす回転エネルギーによって生じると考えられています。 一連の投球動作中、上腕の安定化機構は、常に前腕に力を加えて前腕の平行移動と関節の伸延(関節面同士が離れること)に抵抗してます。 関節反力は、内側方向が240~360N(前腕の外側への平行移動に抵抗)、前方が240N(前腕の後方への平行移動に抵抗)、そして圧縮力が1…

投球側の肘関節の評価:機能的外反ストレステスト(外反伸展過負荷は外反ストレスと強力な上腕三頭筋の伸展を合わせた肘関節後内側の傷害メカニズムのひとつであり、投手の間で肘頭骨棘形成を起こす根本的原因になる)

…クスした状態で、やや腕を外転し、肘関節を20~30°屈曲させ、この状態で肘関節内側に外反ストレスを加えます。 結果は、前腕の回旋軸により異なるため、外反ストレステストは前腕を回外および回内して行ない、前腕が最大限まで回外した状態で、肘関節内側部の開口が1mm以下であれば標準的であると考えられています。 www.nakajimabonesetter.com 外反伸展過負荷 外反伸展過負荷(VEO:Valgus Extension Overlosd)は、外反伸展テストを用いて検査…

人工逆肩関節置換術後のリハビリテーション(肩甲下筋の修復過程により、関節の保護、三角筋と肩甲骨周囲筋群の強化、機能的な可動域の確保を目的とする)

…然行う運動、どちらの腕も挙上重量の限界は10~15ポンド(4.5~6.5kg)とするといったものになります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Brueilly KE,Schoenfeld BJ Darbouze MR and KolberMJ Postrehabilitation exercise considerations following hip arthroplasty,Strength Cond J 35:19-30.2013 肩関…