Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

腕 の検索結果:

肩鎖関節脱臼

…疼痛、圧痛、腫脹、上腕の挙上運動制限などがみられます。 大抵は鎖骨の先端周囲の痛みであることが多いでが、ピンポイントに鎖骨の先端だけが痛いとは限らず、周辺の痛みを訴える方もいます。ピアノキーサインといって突出した鎖骨遠位端を押すと征服されますが、離すと再び浮き上がるという症状もみられます。 損傷度合いも大切ですが、鎖骨外端骨折との鑑別もとても重要となり、骨折の場合、腫脹、皮下出血斑が著明にみられます。 www.nakajimabonesetter.com X線像 X線像では、…

コンパートメント症候群(区画症候群)

…トメント症候群は、前腕や下腿の筋区画(コンパートメント)の内圧が上昇し、手足がしびれたり痛くなったり、場合によっては手足の血行を阻害する病態です。 外傷などを原因とする急性コンパートメント症候群と、激しい運動を原因とする慢性コンパートメント症候群があります。 急性コンパートメント症候群 外傷や外固定による圧迫を契機に急激に発症するコンパートメント症候群です。 進行すると阻血性拘縮をきたし、重大な運動障害を残すため迅速な対応を要します。 要因 骨折などによる外傷性の筋肉内出血や…

胸郭出口症候群

胸郭出口部において、腕神経叢や鎖骨下動脈が牽引または圧迫されることで、上肢の感覚障害や運動麻痺をきたす疾患です。 牽引型と圧迫型、混合型に分類されます。 ①好発:首が長いなで肩の20~30歳代女性(牽引型)または、筋肉質の30歳代男性(圧迫型)で男女比は1:2~3です。 ②上肢の疼痛、しびれ、だるさ、肩こり、握力低下などの感覚障害、運動麻痺があります。 ③誘発テスト(アドソンテスト、ライトテスト、モーレイテスト)で陽性となります。 必要に応じて画像検査などをおこないます。 日…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

上腕部での圧迫や、上腕骨骨折のような外傷によって、橈骨神経が末梢神経損傷をきたしたものです。 「土曜夜の麻痺まひ」や「腕枕症候群」とも言われたり、アルコールを飲んで眠りこけてしまった場合などに発症することもあります。 原因 主な原因として、長時間の不良肢位での睡眠での圧迫、または上腕骨骨折やモンテギア骨折などの肘周辺の外傷後、ガングリオンなどの腫瘤、神経炎、筋肉の酷使、長時間の手術後などを原因として生じることが多いです。 病態 腋窩や上腕骨中央部の橈骨神経溝での圧迫などによっ…

頚肩腕症候群

…ではない疾患群を頸肩腕症候群といいます。(頸椎疾患、胸郭出口症候群などの器質的異常が明らかなものは除外します。) かつてはキーパンチャーやタイピストの労働災害として知られ、キーパンチャー症候群とも呼ばれました。 最近では、主に仕事が原因でおこっているこの病気のことを、頸肩腕障害と呼ぼうということになり、その予防対策や治療について、いろいろと研究が進められています。 原因・症状 前傾姿勢など一定の姿勢で長時間手指を使う作業や単調なデスクワーク、ストレスなどが原因と考えられていま…

肘部管症候群

…m 肘部外反変形 上腕骨外側顆骨折など、肘部骨折が原因である場合は、肘部外反変形(外反肘)がみられることがあります。 外反変形が進行すると、肘部管における尺骨神経の牽引および摩擦が大きくなり、絞扼の要因となります(遅発性尺骨神経麻痺)。 骨折後の偽関節によって外反変形をきたす場合もあり、X線像で判別できます。 チネル徴候 診断や治療効果の測定に行われます。 肘部管付近を4~6回叩打または60秒間圧迫すると、尺骨神経支配領域である環指尺側と小指の指尖部にチクチク感や蟻走感を訴え…

踵骨骨端症(セーバー病、シーバー病)

…炎(OCD)...上腕骨小頭などで障害され、10~14歳男子に好発 ・パンナ―病…上腕骨小頭で障害され、4~10歳の男児に好発 ・キーンベック病…月状骨で障害され、10~450歳代の男性に好発 ・プライザー病…手の舟状骨で障害され、ステロイド大量投与を受けた者に好発 ・ショイエルマン病…脊椎椎骨で障害され、13~17歳の男子に好発 ・坐骨結節骨端症…坐骨結節部で障害され、11~成人の者に好発 ・ペルテス病…大腿骨頭で障害され、6~7さいの男児に好発 ・シンディングラーセンヨハ…

肩こり・頸部痛

…頸や肩のこり、腰痛、腕や手の痛みなどをさらに悪化させるものに、冷えやストレスがあります。 身体の冷えは、筋肉の緊張を招き、血流が滞り、また、ストレスは交感神経を活発にすることで、筋肉を緊張させます。 デスクワークなどで同じ姿勢を続ける人は、冷えやストレスにも気をつけましょう。 ちょっとした息抜きやリラックスとして喫煙という人もいますが、タバコは交感神経を興奮させ、血管を収縮させます。 さまざまな疾病のリスクも高まるので、禁煙に取り組むことをおすすめします! 身体のこりを防ぐに…

肩の疾患④ 腱板断裂(肩腱板断裂‐Rotator cuff tear)

…4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結して、主に肩関節の回旋運動に働いています。 腱板は肩関節の周囲を袖口(cuff)のように取り囲んでいる様子からローテーターカフ(rotator cuff)ともいいます。 www.nakajimabonesetter.com 病態 肩の疼痛(運動時痛、安静時痛、夜間痛)、脱力がみられます。 腱板は、加齢に伴う退行変性により断裂をきたしやすく、上方の腱板である棘上筋腱の断裂が最も多く、断裂の程度により、完全断裂(全層性断裂)と不完全断裂(部分断裂)が…

肩の疾患③ 肩峰下インピンジメント症候群

…(特に棘上筋腱)や上腕骨の大結節と衝突し、肩の疼痛や引っ掛かり感を生じる状態のことをいいます。 主な原因 ①腱板断裂 ・腱の断端の衝突 ・上腕骨の上方化 ・肩峰下の骨棘形成 ②腱板炎 ・炎症による腱板の肥厚 ③石灰性腱炎 ・石灰化による腱板の肥厚 www.nakajimabonesetter.com 病態と施術 上腕を外転する課程で、上腕骨と肩峰の間に腱板の一部や肩峰下滑液包などが挟み込まれ、繰り返して刺激が加わると滑液包に浮腫や出血が起こります。 安静にするとこの変化は正常…

肩の疾患② 五十肩(凍結肩)

…に急性期) ・肩から腕にかけての運動時痛 ・安静時痛や夜間時痛も出現 ・夜間痛は患側を下にしたときの側臥位痛、寝返りの時の疼痛が特徴的です。 ・疼痛を和らげるため肩関節を内転・内旋位の姿位に保持します。。 ②日常生活動作困難 ・衣服の着脱や結髪、結帯(上肢を後方へ回す動作)など様々な日常生活が困難になる。 画像検査では異常はみられず、このように症状や検査をして肩の特別疾患を除外したうえで、明らかな疾患がない(突発性)として五十肩と診断します。 自動運動、他動運動共に可動域制限…

肩の疾患① 石灰性腱炎 (石灰沈着性腱板炎-Calcific tendinitis)

…4つの筋は肩甲骨と上腕骨を連結して、主に肩関節の回旋運動に働いています。 腱板は肩関節の周囲を袖口(cuff)のように取り囲んでいる様子からローテーターカフ(rotator cuff)ともいいます www.nakajimabonesetter.com 症状と施術 急性期 疼痛が最も強い時期で運動時痛のほか、安静時痛、夜間痛も出現しうる。 【日常生活指導】 ・患部の安静(動きが最小限ですむよう、着衣時は先に患側の上肢を袖に通す様にすなど) ・患部の保温 ・夜間痛などに対しては就…

腰痛(筋膜性腰痛)

….com 体幹とは 腕・脚を除いた胴体部分のことです。 体幹は姿勢を維持する、動きを生み出す土台、身体の軸となるような役割があり、体幹が弱くなってしまうと怪我だけでなく、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなどにもつながっていきます。 www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科P50、51 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});…

反復性肩関節脱臼(Addictive shoulder joint dislocation)

…だけで、物を取ろうと腕を上げたらなど容易に脱臼してしまうようになったりします。 施術 習慣性脱臼は脱臼後、安静が必要で、その後再脱臼予防のためリハビリをきちんと行うこと、肩関節周囲の筋力強化、ストレッチを行ようにしましょう。 根治には靭帯を修復するような手術療法が適用な場合もあります。 www.nakajimabonesetter.com www.nakajimabonesetter.com 清田恵 引用元:病気がみえるVol11運動器・整形外科 (adsbygoogle =…

肩関節脱臼(Shoulder joint dislocation)

…となります。 上腕骨頭が前方に転移いているため三角筋が扁平化して肩峰が突出してみえ、肩関節は軽度の外転位になり、腕を戻そうとしても外転位に戻ります(ばね様固定)。 自動運動は不能となります。触診で肩関節の前方に上腕骨の骨頭を蝕知できます。 感覚障害を合併することもあり、腕神経叢の皮膚感覚地帯で腕神経損傷を合併している場合、肩外側に感覚障害が生じます。 神経断裂はまれで、整復後に自然に回復することがほとんどです。 施術 脱臼は徒手整復を基本として整復し、整復後、包帯固定やバンド…

外側上顆炎

…好発します。 上腕骨の外側上顆に付着する手関節・手指の伸筋群の腱に炎症を生じ、肘の外側の疼痛(主に運動時痛)、圧痛、腫脹、握力低下が診られ、外側上顆には長橈側手根伸筋、短橈側手根伸筋、総指伸筋、尺側手根伸筋という筋が付着していていますが、主に短撓側手根伸筋の腱が傷害されやすいです。 疼痛誘発テスト トムゼンテスト:肘を伸ばし握りこぶしをして手関節を背屈(伸展)の姿位を維持してもらうようにします抵抗を加えた際、疼痛が誘発されます。 チェアテスト:肘を伸ばし前腕回内位で片手で椅子…

手根管症候群

…神経のはたらきは、前腕を内側にひねるように回す運動(回内)、手首、手指の屈曲、親指を手の平と垂直に立てる運動(外転)、親指と小指をつける運動(母指対立)などです。 知覚神経は親指、人差し指、中指の全部と薬指の親指側半分の手のひら側と、親指側半分の手のひらです。 正中神経は手首部にある手根管という狭いトンネルを通り抜ける構造になっており、周囲三方向を骨の壁、残りの一方は強靭な靭帯によって囲まれています。 そのため、この部分で正中神経が圧迫されやすい構造になっており、手の使いすぎ…

鎖骨骨折

…え、頭を患側に傾け、腕を反対の手で保持したり疼痛を緩和させるような態勢をとります。腫脹、圧痛、疼痛、皮下出血斑が診られます。 転移が少ないもの、不全骨折、小児の場合など外観上変形や腫脹が少なく、外観上わりにくい事もあり、小児では腕を動かさなくなった場合、鎖骨骨折している可能性もあり注意しなければいけません。 鎖骨はS字状で湾曲していて、特に中外3分の1の部分で好発します。 鑑別疾患として、肩鎖関節脱臼、胸鎖関節脱臼、肋骨骨折などがあげられます。 施術・固定 転移がみられる場合…

肘内障

…いて身体の下になった腕が自重で引っ張られた際、着替えの際、転倒した際、というように前腕回内位で引っ張られた際受傷します。 外観上、腫脹もほぼ診られず、患肢をだらんとさせ使ったり動かそうとせず、橈骨頭部触る、前腕を開く動作(回外動作)をしようとすると嫌がります。 1歳児などのように話せなかったりする場合、多くは泣いて痛みを訴えます。やはり、患肢を使おうとせず、触ろうとすると嫌がります。すぐに医療機関へ受診しましょう。 自然整復されることもありますが、徒手整復を要することが多く、…

CMJの力発揮は、ニュートンの第3法則に従っている(すべての動きには、同じ大きさで逆方向の反作用があり、より大きな力が地面に対して働く結果、より大きな上向きの力が働き、垂直方向の変位が大きくなる)

…割に関する研究では、腕振りを伴うCMJを用い、その結果によると、VJの変位のほぼ半分は、ピークRFDに起因し、第2がピークフォースで約25%を占めることが明らかになっています。 フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプリントや垂直跳びのパワーなど、スピード筋力を要する様々なスキルのパフォーマンスと正の相関関係になる) 引用・索引Various Jump Training Styles for Improvement of Ver…

スクワットジャンプとRFD(膝を110°と150°に屈曲させてSJを行った男性アスリートが、同じ膝の関節角度で等尺性筋活動やCMJを行った場合に比べ、最も大きなRFD(RFDmax)を達成した)

…アスリートは、肩から腕を伸展させて行うか、両手を腰に保持したまま行います。 SJの利用はアスリートのRFD(筋の立ち上がり速度)の向上が目的であり、したがって、SJの特徴として、アスリートが静止状態から運動を開始することが重要になります。 例えば、3点支持または4点支持の姿勢からスタートするアスリートは、SJトレーニングを行うことにより、最短時間で力を発揮する能力を高めることができます。 フロントスクワットと競技パフォーマンス(ウェイトリフティング動作の1RM値の合計は、スプ…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

…子の駆動には上半身と腕の筋力を必要としますが、これは肩、肘、手首においてオーバーユースによる傷害や腱の炎症や関節の変形を招きやすく、車椅子競技者を調査したところ、報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験していることが判明しています。 反応する筋群のトレーニングをバランスよく行なうために弱い筋の筋力を向上させるつつ、強い/張っている筋を伸張させることも重視することが必要になります。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(…

脊髄損傷の分類(完全型では、損傷発生部位よりも下で刺激される筋の運動が阻害(麻痺)され、不完全型ではある程度の筋活動が可能(不全麻痺)になる)

…がT1より上の場合は腕、体幹、脚に影響が現れ、四肢麻痺となります。 運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下させる) 脊髄損傷と運動 SCIは、身体活動反応を妨げ、得に、電気刺激による場合は別として、大筋群を用いた持久力エクササイズを実施する能力が低下します。 主な制限因子は、激しい有酸素性活動や高い代謝反応を適切に支持できるレベルまで、自律神経系と心臓血管系が刺激されないことにあり…

パワーパフォーマンス向上のための長期的なクレアチンモノハイドレートの利用(典型的なローディング期は、クレアチン20g(体重1㎏当たり約0.3g/日)を4等分し、1日4回およそ5日間にわたり投与する)

…「全力で」運動中の両腕の発揮パワーを計測するもので、研究の第1週(ローディング期)に、クレアチン群の柔道選手はブドウ糖液に溶かした5.5gのクレアチンを1日4回(1日約22gのクレアチンモノハイドレート)を摂取し、第2週(メンテナンス期)には、被験者は約5.5gのクレアチンを溶かした20gのブドウ糖液を摂取し、プラセボ群の柔道選手は同じプロトコルに従って、ブドウ糖液を摂取しました。 2週間の摂取プロトコルの前後で上肢の30秒間のウィンゲートテストを実施し、クレアチン群では、ピ…

機能的動作とは(身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱している)

…」なったコアを通じて腕に伝達される) コアを通じて力を伝達する Logan&Mckinneyが最初に提唱したセラーペ効果は、身体がコアを通じて力を伝達する際に用いる力発揮パターンに関して、一定の知見を提唱しています。 しかし、Logan&Mckinneyは、彼らのセラーペ効果はあくまでも複数のシステムが関与するモデルの一要素にすぎないことを明確に示しています。 Logan&Mckinneyが提唱した最初のセラーペは、大きなスカーフを首の後ろに巻きつけ、身体の前でクロスさせて、…

セラーぺの構造(螺旋状の硬いコアを形成することで、股関節および肩関節の筋群の近位端がしっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になる)

…しっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になります。 これは、ランニング(特にスプリント)、投動作、キック、方向転換、階段昇り、薪割り、さらには片側での挙上や運搬も含め、あらゆる素早い両側交互動作に不可欠な要素になります。 以上のことから、「近位のスティフネスは遠位の可動性と運動能力を向上させる」という身体運動の普遍的法則が導き出されます。 そしてそのためには、セラーぺを用いてコアのスティフネスを増大させる必要があります。 コアの体幹において回旋パワー…

コア筋群のスティフネスの調整(筋群は力発揮ならびにスティフネスの調整を行ない、この「調整」は基本的に、能動的な筋力と、その他の組織(靭帯、腱、および筋膜など)の弾性収縮力を組み合わせて利用することを可能にする)

…質量の小さい投手の右腕を「引き寄せ」ます。 競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができる) スティフネスの調整 一方、股関節の反時計回りの回旋は左脚の伸展によって加速し(左股関節は後方へ引く動作)、左股関節は引き続き前方へ移動します。 ボールが手を離れるとアク…

身体前面および背面のセラーぺ:回旋動作のコア(競技動作において、大部分のパワーを生み出すのは股関節の筋群になり、このパワーは運動連鎖によって上へ向かい「硬く」なったコアを通じて腕に伝達される)

…」なったコアを通じて腕に伝達されます。 スティフネス(硬さ)は、安定性と効率的な力の伝達に不可欠な条件であり、また傷害予防のカギを握る要素になります。 野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする) 引用・索引Behm D Drinkwater E Willardson JM and Cowley PM Canadian Society …

コアのスティフネスはどのように四肢の速度と筋力を高めるか(基本的なスポーツ動作のひとつ、投動作を例に考えてみると、右投げの投手は、ワインドアップにおいて左脚を上げ、右脚の股関節と膝関節を軽く屈曲させてバランスをとる)

…コッキング期には、右腕と左脚が伸張、外転することでアンテリアセラーペ(右腕から左足にかけて身体前面を斜めに走る筋群)に負荷がかかります。 続くレイトコッキング期には、左足が地面を踏み込み、左股関節の前方推進力を減速させる一方で、右股関節はさらに前進を続けます。 この左足の踏み込みは、運動連鎖する身体各部の弾性要素にも負荷をかけ、一定の弾性エネルギーが貯蔵されます。 野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

…より誘発される一般的な肩の障害を避けるうえで有益になる。 エクササイズの選択と肩の傷害(ベンチプレスの下降(伸張性)局面は、特に腕が体幹より低く下ろされた場合には、多くの傷害の原因とされている) 引用・索引Department of Physical Therpy Nova Southeastern University Fort Lauderdale Florida (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});