Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

腰痛 の検索結果:

バランストレーニング(バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成される)

バランストレーニングと成熟段階 バランストレーニングと神経筋パフォーマンス バランストレーニングは、成熟段階と神経筋パフォーマンスの能力に応じた、多数の漸進的課題で構成されます。 青少年の動的安定性は、正しい姿勢と下肢のアライメントを強調する静的バランスエクササイズから始めるべきとされています。 アスリートが静的バランスの正しいパフォーマンスを行うことができるようになってから、指導者は動的バランスや動的安定性のエクササイズなど、より複雑なバランス課題へとトレーニングを進めるこ…

骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられる股関節の障害とは(アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になる)

…関連の傷害、例えば、腰痛や股関節屈曲筋、ハムストリングスおよび鼠径部の挫傷、腹部ヘルニアなどは、多くの場合、骨盤の不安定性やそれに伴う筋のアンバランスに関連付けられます。 アスリートによくみられるパターンのひとつが、股関節屈曲筋群や腰部伸展筋群は強固ではあるが硬く、その一方で、腹筋群や股関節伸展筋群は伸張性はあるが弱いという状態になります。 このような筋のアンバランスや筋力不足を修正する最善の方法は、短縮した構造の伸張と可動化を行ない、それと同時に、等尺性筋活動を用いて股関節…

胸椎の可動性(胸椎可動性(TSM:thoracic spine mobility)は、上肢および腰椎の双方の正常性にとって不可欠にであり、TSMの制限と肩のインピンジメントは、慢性腰痛と関連づけられている)

…満の人において、慢性腰痛と関連づけられてきました。 TSMに取り組む間、胸部の伸展と回旋に対して、大きな関心を払うべきであり、大多数の現代人は着座している時間が極端に長いため、結果的に、日常生活では胸部を屈曲させるほうがはるかに多いからです。 したがって、この様式の大多数のドリルでは、上腕の水平外転、外旋、屈曲を大いに活用すべきであり、それらのすべてが肩甲骨の下制と内転に好影響を及ぼします。 若年アスリートでは四つ這いでの回旋ドリルなどが、股関節部の安定性を強化しつつTSMを…

機能的テストを利用した体幹の脆弱性(体幹の機能が低下していれば、胴体の側屈や股関節の内転・内旋・膝外反が確認でき、大殿筋や中殿筋の機能低下は、ランジの際に下肢のポジションを制御不能にする主な原因になる)

… 米国人の約80%が腰痛に悩まされているという報告があり、腰部の障害に伴う痛みが身体に障害を引き起こし、身体機能に影響を及ぼすこともあります。 アスリートが腰痛で6~8週間以上も試合に出られなくなれば、本人だけではなく、チーム成績にも多大な影響を及ぼします。 腰部障害のリスクを減らすために、スポーツ医学の専門家らは、体幹(コア)の障害を特定する目的で、シーズン前にアスリートの機能的テストを行うことを推奨しています。 これにより、矯正しなければ、腰部障害につながる筋の脆弱性や機…

臀筋の活性化(外転と外旋は運動の重要な要素であり、股関節可動域の末端での伸展と骨盤の後傾を達成するために殿筋群を矢状面で用いるGA(殿筋活性化)ドリルは傷害予防の観点からも重要になる)

…と股関節伸展筋力は、腰痛と膝痛の症状に関連があるとされています。 シングルレッグ・スパインブリッジやその他類似のエクササイズは、GAの活性化に有益になります。 www.nakajimabonesetter.com 股関節の内転および内旋可動性 傷害予防やリハビリテーションでは股関節外転筋や外旋筋の強化に大きな比重が置かれるため、股関節内転筋と内旋筋の筋力不足は見落とされがちになります。 しかし、股関節の内転および内旋可動性(HIRM:hip internal rotion m…

梨状筋症候群

股関節を支える筋肉、梨状筋の圧迫や刺激を受け、坐骨神経が骨盤出口部で傷害されることによっておこる絞扼性神経障害です。 筋肉は通常柔らかいですが、なんらかの原因で硬くなり、これが圧迫の原因になり疼痛が起きている状態のことです。 腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症に比べると、まれな疾患です。 原因 日常生活やスポーツで繰り返し負担がかかった場合や、腰部・臀部の外傷や梨状筋・坐骨神経の破格(機能的な問題を生じない範囲でみられる、解剖学的な個体差のこと)などがあります。 股関節を…

腰部脊柱管狭窄症

…ます。 第4,5腰痛に好発します。 原因 原因として、加齢による変性(変性脊椎すべり症、変形性脊椎症)が大半を占め、他に、骨代謝疾患によるものや先天性のもの、医原性のものなどがあります。 腰部以外では、後縦靭帯骨化症が頸部、黄色靭帯骨化症や後縦靭帯骨化症が引き起こします。 病態 様々な脊椎疾患により脊椎が狭窄すると、神経組織を圧迫し、圧迫部位の阻血や脳脊髄液の還流不全を起こすため神経組織が栄養不良をきたします。 圧迫される神経組織は脊髄(馬尾)と神経根に分けられます。 神経根…

椎体圧迫骨折(椎体圧迫骨折)

脊椎に屈曲圧迫力がかかることによる椎骨の骨折です。 中高年者や骨粗しょう症のような骨強度が低下した人に多く、平地での店頭などの軽微な外力によって生じる場合や、受傷機転が不明な場合もあります。 脊椎の安定性は保たれることが多いですが、まれに脊髄症状を呈することもあります。 www.nakajimabonesetter.com 病態 中高年者や骨粗しょう症のような骨強度が低下した人に多く、平地での転倒などの軽微な外力によって生じる場合や、受傷機転が不明な場合もあります。 原因疾…

肩こり・頸部痛

…因に 頸や肩のこり、腰痛、腕や手の痛みなどをさらに悪化させるものに、冷えやストレスがあります。 身体の冷えは、筋肉の緊張を招き、血流が滞り、また、ストレスは交感神経を活発にすることで、筋肉を緊張させます。 デスクワークなどで同じ姿勢を続ける人は、冷えやストレスにも気をつけましょう。 ちょっとした息抜きやリラックスとして喫煙という人もいますが、タバコは交感神経を興奮させ、血管を収縮させます。 さまざまな疾病のリスクも高まるので、禁煙に取り組むことをおすすめします! 身体のこりを…

腰痛(筋膜性腰痛)

腰痛は一般的に肋骨の際下端と殿溝の間の領域に認められる疼痛とされていて、さらに、頭側の胸椎の領域までの痛みを含め、腰背部痛とよばれることもあります。腰痛は誰もが経験しうる痛みです。 一般的な慢性腰痛は感覚的な主訴としては、「だるい」「重たい」というような鈍痛です。 日常生活の姿勢や動作によって、腰の骨を支える筋肉に疲労がたまることが原因で起こり、体を動かすと痛みが軽減されることがあるが、長時間の運動で悪化するというのも特徴というように、軽い症状ならばすぐに回復しますが、筋肉の…

コア(体幹)の動的安定化(Core Stability)とは(スポーツ活動中の脊椎の整合性と下肢のコントロールを維持するための不可欠な要素になる)

…たコアの傷害や弱点(腰痛傷害など)を確認することが重要になります。 例えば、背中の傷害は中枢神経が脊椎をコントロールするために用いる筋の動員方法の特定の変化に繋がり、通常、この種類の傷害は大概、深層筋群(腹横筋や腰部多裂筋など)の活動低下を伴い、それはしばしば表層筋群(腹直筋や広背筋など)の過活動と関連しています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引School of Health and Sports Sciences Universitat …

腰痛とケトルベル(KBトレーニングでは、適切に行った場合、補強されたコアとニュートラルな脊椎を利用して股関節伸展筋群から筋パワーを発揮することが要求されるため、クライアントが体幹の望ましくない運動をコントロールしながら股関節からパワーを発揮することに役立つ)

腰痛の軽減とケトルベル 腰痛の軽減に関して、KBトレーニングの潜在的利益に関する研究はこれを支持する結果を示しています。 KBスイングで生じるハムストリングスへの伸張性負荷が、運動中に伸張性負荷を経験するアスリート(スプリントの振り出し局面など)の保護に役立つ可能性があるとされています。 Jayらの研究では、8週間のKBトレーニングの後、腰痛が軽減されたことが報告されました。 これらの結果は、Jayらの別の研究結果でもさらに裏付けられており、8週間のKBトレーニングプロトコル…

肋骨骨折

肋骨骨折は、胸部周辺の中で最も多い外傷です。 肋骨は左右12本ずつで胸椎から胸骨まで覆うように胸郭を形成し、心臓など内臓を保護していて(第11,12肋骨は胸骨に付着していません)皮膚の直下にあり外力を受けやすいところです。 強力な外力が作用した場合、多発骨折や胸部腹部内蔵損傷に留意し、逆に軽微な外力によるものは骨粗鬆症などの可能性もあるので注意しなければなりません。 発生機序分類 ①外傷性骨折【直達外力:転倒して机や浴槽のふちにぶつけたり、交通事故での直接的な外力によって受…

スプリントにおける水平方向の力発揮(速度を維持するためには水平方向の推進力はブレーキと等しくなくてはならないが、速度を向上させるためには推進力がブレーキを上回らなくてはならない)

最大速度でのスプリントにおける決定的因子 最大速度でのスプリントにおける決定的因子は水平方向の推進力の増大であるとする説もあります。 速度を維持するためには水平方向の推進力はブレーキと等しくなくてはなりませんが、速度を向上させるためには推進力がブレーキを上回らなくてはなりません。 このことは、水平方向の推進力が速度向上と加速に重要な役割を果たしていることを示唆しています。 www.nakajimabonesetter.com ストライド頻度とストライド時間(ストライド頻度はス…

可動性ドリル(可動域全体を通して行う高強度の動作を含めることによって、運動前の休息状態とこれから行なう特異的なエクササイズとの効果的な橋渡しの役割を果たす)

…殿筋の不十分な機能は腰痛の原因としてたびたび指摘されている一方、中殿筋と側方の股関節回旋筋群の不十分な筋力と運動制御は、腸脛靭帯炎や膝前部痛のリスク増加と結び付けられています。 上半身では、僧帽筋上部と僧帽筋中部、前鋸筋などの動員が不十分であると、肩痛を起こす肩甲帯の機能障害に関連があるとされています。 ストレッチの生理学的作用(受動的なストレッチを10分行うと速筋である指伸筋のAkt活動が有意に増大し、機械的張力が、速筋線維内のAktを活性化する仕組みに関わる可能性がある)…

屈曲により腰痛が改善するクライアント(脊柱管狭窄症などの退行性変性による疾患を抱えるクライアントは、屈曲を重視した運動で好ましい反応が得られる傾向にある)

…の立位や歩行を行うと腰痛(LBP)を訴え、通常、座っている時や前屈姿勢をとっているときに症状が緩和します。 このような場合はウォームアップに反復的な屈曲動作を含めると良いとされますが、骨粗鬆症による圧迫骨折などの併存疾患があるクライアントや股関節置換術などを受けたクライアントは、屈曲が禁忌になる可能性があり、クライアントの既往歴を確認することはきわめて重要になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-9062 屈曲が効果的なク…

ランジにおける上体のポジション(女性における腰痛や下肢傷害において股関節伸展筋群のバランス不良が関連している)

…併せて、女性における腰痛や下肢傷害についても股関節伸展筋群のバランス不良が関連していると推測されています。 サスペンショントレーニングのテクニック(全身を一つのユニットとして動作を統合できるように、片脚の筋力とパワー、神経筋を鍛えることは、急な減速やカット、爆発的な加速は、試合の勝敗を決定づけるプレーの創造に必要なツールになる) 引用・索引Farrokhi.S.Pollard.CD.Souza.RB.Chen.YJ.Reischi.S and Powers.CM.Trunk …

伸展により症状が改善するクライアントへのエクササイズ(大腿部、下腿または足部へと痛みが伝わる末梢化を引き起こす運動は、LBPの改善の有無にかかわらず禁忌になる)

…かし、症例によって、腰痛(LBP)が改善する一方で、下肢の痛みが悪化する場合があります。 したがって、このような集団を指導する際には、痛みのパターンと部位に最新の注意を払うことが重要になります。 重要な注意点として、いかなる運動も、大腿部、下腿または足部へと痛みが伝わる末梢化を引き起こす運動は、LBPの改善の有無にかかわらず禁忌になります。 伸展による緩和効果が認められるクライアントが実施できる、伸展に重点を置いた運動をS&C指導者は、エクササイズの前後にこれらの運動を取り入…

腰部痛が改善する運動方向への運動介入(運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は症状の悪化を意味するため、「末梢化(Peripheralization)」を起こす運動は避ける)

腰痛と運動の反復 一定方向の運動を反復することは、腰痛(LBP)の症状に影響を及ぼします。 運動パターンには症状を悪化させるものも、緩和させるものもあり、後者はクライアントが運動を行うための準備に役立ちます。 クライアントが症状が緩和したと気づく運動方向は、クライアントにとって「好ましい運動方向(Directional Preference)」であり、LBPの改善に効果的であることが示唆されます。 一方で、運動に伴いLBPが増悪し、痛みが脚部への下方へ放散する現象は「末梢化(…

脊椎屈曲エクササイズと柔軟性(脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高め、向上した柔軟性は、結合組織の強度の増加、神経筋コーディネーションを改善する)

脊椎の柔軟性と腰痛 脊椎の屈曲エクササイズは脊椎の機能的な柔軟性を高めるのに役立ち、それが腰痛(LBP)の発生を減らす可能性があります。 多数の研究により、矢状面での脊椎の柔軟性不足がLBPの発症増加に関連していることが明らかになっています。 レジスタンスエクササイズは、活発な形態の柔軟性トレーニングとしての役割を果たし、機能的な可動域内において関節の可動性の改善に役立つことがが知られており、脊椎屈曲エクササイズが矢状面での脊椎の可動性を高めることも明らかになっています。 h…

脊椎屈曲エクササイズの利点(脊椎の屈曲は椎間板後部の厚さを37%減少させるため、椎間板後部全体へのグルコースの十分な供給が保証され、小さな溶質の拡散と大きな溶質の流入が増加する)

…、脊椎の屈曲と伸展が腰痛(LBP)の軽減に有益となりうることが示唆されています。 椎間板変性疾患の概要(加齢、アポトーシス(プログラム化された細胞死)、コラーゲンの異常、血管の内植、力学的負荷およびプロテオグリカンの異常など椎間板の劣化が進むことで、髄核は一層固くなり、線維化、繊維輪の層が減少する) 引用・索引Strength & Conditioning Journals Volumes33 Numbers4 pages8-18 (adsbygoogle = window.…

脊椎の屈曲は椎間板損傷をもたらすか?(エクササイズによって椎間板損傷が起こるのは、疲労が適応によるリモデリングの速さを上回った場合であり、その際の圧縮負荷が約2,000Nである)

…けとして、Videmanらは椎間板の病変をもたらす可能性が最も低いのは適度な中程度の身体的負荷であり、最も大きな退行変性は、きわめて高強度の活動と不活動とで起こることを明らかにしました。 大腰筋の活動:腰痛と自律神経系(交感神経)の関係 引用・索引Strength & Conditioning Journals Volumes33 Numbers4 pages8-18 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

椎間板変性疾患の概要(加齢、アポトーシス(プログラム化された細胞死)、コラーゲンの異常、血管の内植、力学的負荷およびプロテオグリカンの異常など椎間板の劣化が進むことで、髄核は一層固くなり、線維化、繊維輪の層が減少する)

… 大腰筋の活動:腰痛と自律神経系(交感神経)の関係 髄核の機能 髄核の機能は、クッションのように長軸方向の負荷から椎骨を保護し、隣接する椎体終板に圧力を一様に分散することになり、終板の成分は主にⅡ型コラーゲンで、その厚さは1mmにも満たず、椎間板まで伸びる線維を含みます。 椎体終板は髄核が隣接した椎骨中に飛び出すのを防ぐことに加え、脊椎の負荷によって起こる静水圧の吸収を助け、栄養分をいきわたらせます。 腰椎椎間板ヘルニアの障害神経検査 椎間板の変性 椎間板の変性疾患は、遺伝的…

産前産後の女性のためのエクササイズガイドライン(姿勢とバランスは体重の変化により悪影響を受け、移動と固有感覚にも影響を受け、ホルモン分泌により一時的な胸郭のリモデリングが起こり、残気量と予備呼気量の低下および最大吸気量の増加が起こる)

…は、妊娠中に何らかの腰痛を経験し、結合組織の弛緩も促進されます。 女性アスリートと月経異常と骨密度(低エネルギー供給率によって引き起こされる月経異常が青年期に発生すると、新しい骨の形成が制限され骨密度が低下し、疲労骨折のリスクが増加する) 心臓血管系変化 妊娠中の女性の多くは、心臓血管系の変化も経験します。 安静時、および最大下の活動を行っている際の心拍数が上昇、これは、妊娠開始後早ければ2~5週で始まり、妊娠後期まで続きます。 安静時心拍数は、第8週までに1分当たり平均8拍…

ハムストリング損傷のリハビリテーション(股関節伸展と対側のハムストリング伸張との間に両側性の連結が確認されている為、腰椎-骨盤域における筋の神経筋制御を狙うエクササイズが再発予防に有効)

… 大腰筋の活動:腰痛と自律神経系(交感神経)の関係 アジリティ&体幹スタビライゼーション群とストレングス&ストレッチ群のリハビリテーションの比較 ハムストリング挫傷後に漸進的アジリティ&体幹スタビライゼーション(Progressive Agility and Trunk Stabilization:PATS)プログラムを実施した被験者と、ハムストリングのストレングス&ストレッチング(SS)プログラムを実施した被験者とが比較されました。 どちらのプログラムも週に最低5回実施され…

筋肥大のメカニズム(収縮タンパク質(アクチンとミオシン)のサイズと量、サルコメア(筋節)の数が同時に増加する)

…量がより多くなります。 これは、トレーニング方法の違いにより、筋形質性筋肥大は非機能的であるとされますが、細胞膨潤に影響を及ぼす長期的適応により、タンパク質の合成増加が起こり、それが、大きな収縮性要素の成長をもたらすとされています。 大腰筋の活動:腰痛と自律神経系(交感神経)の関係 引用・索引 NSCA JAPAN Volume19 Number10 page59 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

運動すると肩こりや腰痛が緩和するのはなぜか?(血流量低下は、乳酸から分解した水素イオンが細胞の外に浸出し、ヒスタミンなどの発痛物質を発生させ、痛覚を刺激し筋肉に凝りや痛みを生じさせる)

…していると、肩こりや腰痛になることがあります。 デスクワークや自動車の運転をすることが多い人は、このどちらかを必ずといっていいほど経験しています。 肩凝りや腰痛の原因の一つとして考えられているのが、筋肉に対する血流量の減少によって患部の筋肉に乳酸など疲労物質が停滞してしまうことです。 特にスポーツ活動をしなくても、姿勢維持をするだけで肩(肩甲骨周辺)や腰の筋肉は持続的な収縮を繰り返します。 その結果、代謝産物として乳酸が生じ、身体をダイナミックに動かしていないとその筋肉への血…

加齢による基礎代謝が低下する原因(タンパク質合成能力の低下)

中年から発生しやすくなる肥満と生活習慣病は、基本的に基礎代謝の減少による脂肪分解力の低下に原因していると考えられています。 それでは、なぜ、基礎代謝が中年から低下するのかですが、加齢に伴い、タンパク質合成能力が低下する為と考えられています。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3083

スポーツ選手の腰痛の特徴(特有の運動様式の習慣化)

腰痛を伴うスポーツ選手は非常に多く、腰痛を有するスポーツ選手を対象とした調査では、腰椎分離症は16.0%認められています。 ※腰椎伸展時痛を有する10~18歳の若年者で、ほぼ毎日スポーツ活動をしている症例を対象に調査した結果、腰椎分離症の発生頻度は50.6%と報告されています。 腰椎分離症とそれに続発するすべり症、腰椎終板障害は発育期特有の病態であり、発育期のスポーツ選手によくみられる椎体終板の変形は、この成長軟骨部への過度の力学的ストレスの結果生じるとの報告があります。 ※…

大腰筋の活動:腰痛と自律神経系(交感神経)の関係

…-5758 大腰筋と腰痛 大腰筋は腰椎のS字形を維持する機能を持つことから、腰痛の発症にも関連する可能性があり、実際、黒人選手では白人や黄色人種選手よりも腰痛の発症率が低いといわれています。 大腰筋が弱いと、腰椎を前方に引く力が弱くなるばかりでなく、骨盤が後傾しますので、極端な場合、腰椎や胸椎を前屈し、顎を前方に突き出すようにしないと、直立時のバランスが取れないことになり、「猫背」の姿勢になります。 ※猫背はそもそも腰椎の椎間板や棘間靭帯にストレスをかけるもとになります。 大…