Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酸素 の検索結果:

主観的情報の収集と理解(カウンセリングは構造および機能を理解するうえで重要な情報であり、過去の傷害の原因となる機能不全・アンバランスを知ることもできる)

スポーツパフォーマンステストの概要 主観的情報の収集と理解 アスリートの目標、運動能力、ニーズを探し出し、競技に参加できる状態かを確認します。 例:PAR-Q(Physical Activity Readiness Questionnaire)カウンセリング等。 運動をどの活動レベルから始められるかを確認します(※心肺機能障害がないかを確認するためにも実施)。 www.nakajimabonesetter.com

アネロビックキャパシティー(30秒から10分程度で疲労困憊に至る運動では、運動時間が長くなるにつれて総酸素借が多くなり、そのピークが2~3分程度で疲労困憊に至る値を最大酸素借という)

…mansen博士は、酸素需要量を測定できない超最大強度(最大酸素摂取量よりも高い強度)の酸素需要量を最大下の強度における運動強度(走運動であれば走速度{m/min}、自転車エルゴメーターならワット)と酸素摂取量の直線関係から、外挿し、酸素需要量を求めました。 www.nakajimabonesetter.com アネロビックキャパシティーとは 2分から3分程度の疲労困憊に至る最大酸素摂取量の140%の強度の酸素需要量を推定し、その最大酸素摂取量(l/min、ml/kg/min…

心臓血管系疾患のためのエクササイズ(4METs(代謝当量)以上の身体活動を実施することが、心臓病による死亡率の低下と強い相関関係がある)

…最も一般的な様式は有酸素性トレーニングですが、最近ではレジスタンストレーニングとインターバルトレーニングも導入されています。 これらの運動様式は、心機能や最大酸素摂取量(VO2max)を高め、総合的な運動耐性の向上をもたらし、健康状態を改善します。 www.nakajimabonesetter.com 心臓血管系疾患の疫学 心臓血管系疾患(CVD)は高血圧や肥満および不活動など関連して発症し、アメリカでは年間死亡者の26%はCVDが原因で亡くなっています。 トレーニングは、C…

インディバアクティブセラピー

…血流を通して循環する酸素供給や栄養の供給を助けます。 また、循環系の活性化がコラーゲンを生成する線維芽細胞の増殖や代謝活性を促し、組織の再生へとつながります。 電流量の調節で、温熱作用(慢性期)・非熱作用(急性期)を使い分けることができ、さらに体内金属にも可能です。 電流作用 脂肪細胞減少、脂肪細胞増殖抑制など 温熱作用 血管拡張、神経伝達速度上昇、疼痛閾値上昇、柔軟性改善、内臓脂肪燃焼促進、リフトアップ、代謝促進、冷え性改善、HSP(ヒートショックプロテイン)増加、免疫力増…

パワーの長期的な向上を狙うウェイトリフティング(ウェイトリフティングプログラムに参加したアスリートは、タイプⅡa線維の横断面積の増加とともに、タイプⅡxからタイプⅡa線維への移行が観察され、その典型的な結果として、力を産生する筋量の増加が起こる)

…は、筋線維の適応、有酸素性および無酸素性代謝の向上、バランスや柔軟性および運動感覚の改善、さらに除脂肪体重の変化などが含まれます。 筋線維タイプの特徴は主に遺伝因子に起因しますが、ウェイトリフティングのきわめて大きなパワー発揮は確実な身体刺激を提供できます。 ウェイトリフティングの選手は、通常、1RMの80%以上の高負荷でのエクササイズに相当な時間を使うため、特にプルの動作中には、通常、筋線維タイプの移行と筋肥大がよく起こります。 ウェイトリフティングプログラムに参加したアス…

ストライド長を改善するには(柔軟性と筋の動員を向上させ、そしてストライド長を改善する上で特に重要な要素のひとつは、股関節屈筋(仰向けの姿勢)とハムストリングス(うつ伏せの姿勢)を鍛えることとが重要になる)

…トのフォーム作りと無酸素性能力のコンディショニング 次のレベルでは、スプリントのフォーム作りと無酸素性能力のコンディショニングを重点的に行います。 スピードウォームアップと各種のストライド強化ドリルを利用して柔軟性を高め、フォームを改善します。 さらにヘビースレッドプルを取り入れ、ステップを踏み出す際にアスリートが低い姿勢を保ち、膝を高く上げてストライド長を稼げるようにすることで、スプリントのフォームを調整します。 www.nakajimabonesetter.com 段階的…

Tabata Protocolとは(運動後に続く酸素摂取量の高値は分泌が急増するカテコールアミン等の血中濃度が長く運動前の値に戻らないことによる心拍数の高値や、筋のナトリウム、カリウム、ATPase等が高値を取ることに関係する)

…Protocol 無酸素性エネルギー代謝量 従来、無酸素性エネルギー代謝量は、酸素負債(Oxygen Deficit)により定量評価されてきました。 酸素負債とは、運動後に長く続く安静時よりも高い酸素摂取量になります。 一方、酸素借とは、最大下の同一運動強度で運動を行っている場合に、運動初期に観察される定常状態(運動開始数分後に観察される酸素摂取量が定量となる現象で、その酸素摂取量が当該運動の酸素摂取量を示しており、これが当該運動強度の酸素需要量となる)よりも低い酸素摂取量と…

心臓血管系疾患と高強度インターバルトレーニング(VO2max向上、安静時および運動時の心拍数(HR)低下し、心電図のST(心室の全体が興奮状態となって、興奮からの回復が始まるまでの部分)低下がより高強度で起こり、左心室機能の改善が認められる)

…乳酸性作業閾値と最大酸素摂取量(VO2max)の間の強度で行われます。 したがって、代謝物質(水素イオンと無機リン酸)が蓄積し、ホスホクレアチンが徐々に消耗するため、各エクササイズを長時間継続することはできません。 ITの2つの大きな利点は、有酸素性運動(AT)よりもトレーニングの継続時間が短いことと、連続的な有酸素性エクササイズを上回る大きな適応が生じることにあります。 www.nakajimabonesetter.com 心臓血管系疾患お客の高強度インターバルトレーニング…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

思春期のアジリティ能力 方向転換速度の発達は直線的ではない 既存の断続的および横断的研究によって、青少年期の子供における方向転換速度(CODS)は自然に発達するものの、その発達は直線的ではないことが間接的に示されています。 この見方は近年の調査においてさらに強まり、12歳の少年よりも14歳の少年のほうがCODSが有意に大きいことが示されています。 またアジリティ関連の課題において、思春期直前は男女が同等の能力を示しますが、成長期開始頃に性差が生じ始めます。 男子の場合、COD…

水分補給(アスリートは、ホルモン分泌、アルドステロン系の刺激、交感神経、腎溶質と水分排出量の影響を理解することが重要)

…失われただけでも、有酸素性運動能力、起立耐性、および認知機能の大幅な低下を引き起こす可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 体温と脱水 運動中に深部体温が上昇すると、それに伴い熱の放散が起こり、熱放散は皮膚血管を拡張させ、熱の伝達と交換に変化をもたらします。 放熱や対流による熱伝達で熱負荷が十分に下がらないと、発汗が起こり、汗の蒸発によって熱が失われます。 水分の喪失量が摂取量を上回ると(軽度脱水[Hypohydration]と呼ばれる状態)…

皮膚とビタミン

…ニンの産生を促す活性酸素を抑え、メラニンの増加を間接的に抑えます。 一方、無色の還元メラニンが、メラニンに戻るのを防ぐビタミンCの働きを間接的に助ける働きがあります。 このように、ビタミンEは、ビタミンCと共同して色素沈着(シミ・そばかす)を防ぐ効果があるのです。 メラニンと紫外線とビタミンC メラニンは、褐色~黒色で、表皮基底層のケラチン細胞の間に点在しているメラニン産生細胞(メラノサイト)でチロジンから生成されます。 産生されたメラニン色素の大部分は、ケラチン細胞、特に基…

スポーツにおけるパフォーマンスと疲労耐性(神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされている)

スポーツにおける疲労 スポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵 チームスポーツやラケットスポーツにおけるパフォーマンスの成功の鍵は、高強度の運動を反復する能力を発達させることですが、それは疲労のマイナス効果を減じるために、神経筋系と心肺系の効率を高めることによって初めて達成できます。 この能力は、パフォーマンスの向上だけではなく、傷害予防にも重要な役割を果たします。 神経筋の疲労はスポーツ傷害の大きなリスク因子のひとつとみなされています。 最近、高強度インターバルトレーニング…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

…るために、SSGが有酸素性インターバルトレーニングの代用となること、またパフォーマンスレベルと関係がある一部の側面は(試合中、高強度活動を行なうのに要した時間)、この種の運動によって改善されることが広く認められています。 しかし、この種のトレーニングを実施する際は、試合に基づくトレーニングはより高い傷害リスクを伴うこと(他の選手との)接触回数が高まること、また試合中の変化が大きいことが重要になります。 さらに、スキルがまだ不十分な選手がSSGから得られる利益は、従来のHIIT…

蚊用虫ケア

蚊用虫ケア 蚊は、約1億5000年前から存在する、双翅目の昆虫です。 吸血で嫌がられるだけでなく、恐ろしい病気を媒介します。 蚊とは 一度に跳べる距離は15~50ⅿ、時速8kmで跳びます。 メスは羽を震わせて440Hzの音を出しオスを呼びます。 人から発生するにおいや炭酸ガスで近寄り、温度や湿度、色、形、動きなどを感知して吸血します。 メスは、産卵時の栄養源として吸血を行い、1回で自分の体重と同じくらいの量の血を吸います。 オスは、植物に汁を吸って生活します。 www.nak…

サッカー選手における身体能力テストの順序(安静下で行うテストや疲労をもたらさないテストを最初に実施し、次にアジリティ、パワーと筋力、スプリント、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施する)

…、局所的筋持久力、無酸素性能力、そして最後に有酸素性能力のテストを実施するように主張しています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性テスト サッカー選手の競技中におけるエネルギー産生の90%が有酸素性であるため、サッカー選手のための身体能力テスト群に有酸素性能力テストを組み込むことは不可欠になります。 有酸素性能力を測定するフィールドテストは複数開発されています。 VO2maxを測定する有酸素性フィールドテストの多くは、指定時間に最大距離を走ること…

サッカーのパフォーマンスは生理学的変数が強い相関関係を示す(選手の有酸素性能力(VO2max、乳酸-無酸素性作業閾値、ランニングエコノミー)が、サッカーのパフォーマンス、例えば、ゲーム中に走る距離やボールの保持時間、ゲーム中のスプリントの数などの統計的数値と正の関係にある)

有酸素性能力 身体能力テストとゲームパフォーマンス ストレングス&コンディショニングプログラムを開始する前に、あるいは試合前、すなわちオフシーズンかプレシーズン中に(基準値を測定するため)身体能力テストを実施することはきわめて重要になります。 アスリートの進歩を評価して、必要に応じてプログラムを変更するためには、シーズン中に複数回のテストを実施することが望ましく、試合期に実施するには、疲労がテストにもゲームパフォーマンスにも影響を及ぼさないように、試合前後2日以内はテストを実…

紫外線と日焼け

… UVC波 空気中の酸素分子とオゾン層で完全にさえぎられて地表には届きません。 www.nakajimabonesetter.com 日焼けの種類 サンバーンとサンタンの2種類あります。 サンバーンは紫外線に当たって数時間後から現れ、サンタンは赤い日焼けが消失した数日後に現れ、数週間から数ヵ月続く黒い日焼けです。 サンバーン UVB波によって血管拡張などの炎症が起きることによって皮膚が赤くなります。 強い紫外線を大量に浴びると、皮膚が赤くなったり水ぶくれができたりするのは、U…

ヨーヨー間欠性テストのレベルとタイプ(近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml/㎏-0.75min-1であることが示されている)

…、YYIEテストは有酸素性能力に関係が高く、YYIRテストは有酸素性能力にも無酸素性能力にも関係しています。 www.nakajimabonesetter.com YYIEテストとYYIRテスト 若年選手やアマチュア選手には、YYIEテストのレベル1を経験させてから、レベル2へ進ませることが推奨されています。 高強度でも何度も走ることが可能なエリート選手には、YYIRテストのレベル1またはレベル2を実施することが推奨されます。 近年のサッカー選手のVO2peakは約200ml…

サッカーにおけるアジリティ(アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されている)

サッカーにおけるアジリティとは アジリティとは アジリティとは一般に、バランスを失うことなく、筋力、パワー、神経筋系のコーディネーションを複合的に用いて、素早く身体を方向転換させる能力と定義されています。 素早い動作は、選手の動作の中でわずかな割合(約11%)を占めるに過ぎませんが、平均すると、1人の選手が1試合において約50回の方向転換を行っています。 素早い動作は試合の重要局面で発生することが多く、得失点の明暗を分けます。 サッカーにおいてアジリティは非常に重要であり、様…

継続的な持久力トレーニング(持久力トレーニングにより身体のIMTG(筋内トリグリセリド)貯蔵量が増えるため、トレーニング経験を積んだアスリートはより多くのIMTGを利用する)

…事実は、絶食状態で有酸素性エクササイズを行うことは、筋量の増大に努めているアスリートにとって賢明とはいえないことを示しています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56 エンデュランストレーニングの科学 −持久力向上のための理論と実践−作者: Iñigo Mujika,長谷川博,中村大輔,安松幹展,桜井智野風,久保啓太郎,禰屋光,伊藤…

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

最大スピードとフィールドスポーツ 最大スピードはフィールドスポーツにおいて重要か? 最大スプリントスピードは大多数の競技にとって重要な領域になります。 フィールドスポーツ(サッカー、ラクロス、フィールドホッケーなど)にとって、最大スピードの向上は重要でないとみなされることが多いです。 これらの競技において最大スピードの向上を目指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント…

インスリンと高ホルモン状態とタンパク質同化(インスリンがIGF-1レセプターのリン酸化(そしておそらく活性化)を刺激することが知られており、運動はこれに影響しない)

インスリンとタンパク質同化 インスリンがヒトに与える影響 インスリンがIGF-1レセプターのリン酸化(そしておそらく活性化)を刺激することが知られており、運動はこれに影響しません。 インスリンがヒトにおけるMPSの調節を担っている唯一のものだとすると、これらのデータは、IGF-1が、たとえあるとしても、レジスタンスエクササイズに起因するMPSの増大への効果は最小であることを示唆してます。 事実、高齢女性における年間のIGF-1の動態と、骨もしくは体組成について顕著な関係性はあ…

伸張反射がジャンプパフォーマンスにもたらす利益を増大させるためには(伸張性から短縮性局面への方向転換の強度が、CMJ中に筋に加わる強度よりも大きくなければならない)

ジャンプパフォーマンス SSCとジャンプパフォーマンス SSCにはVJパフォーマンスに寄与する多くの変数があり、弾性エネルギーの貯蔵と放出、力発揮の時間(すなわち長いSSC)、短縮性筋活動での力の立ち上がり速度(RFD)、そして伸張反射の潜在的な貢献などがあります。 伸張反射は、筋紡錘が刺激を受けることにより生じます。 筋紡錘は筋線維の張力が増したことを感知すると、タイプⅠa線維の求心性神経を介して活動電位を送ります。 この活動電位が脊髄に入り、介在ニューロンを介して遠心性の…

サッカー選手の有酸素能力とVO2maxおよび換気閾値におけるVO2と速度(YYIEL2とYYIRL1テストにおいて達成されるレベルは有意に相関している(r=0.75、p=0.00002))

サッカー選手の有酸素性能力 ヨーヨー間欠性テストとVO2peak Castagnaらは、YYIE(ヨーヨー間欠性持久力テスト)L1中のVO2を調査して、VO2peakにおいて多段階的なトレッドミルテストと有意差がないことを見出しました。 また、最近のレビューでは、特にYYIR(ヨーヨー間欠性回復力テスト)L1テスト中のVO2を分析した研究が欠如していることが指摘されています。 Castagnaらは同時期に、YYIEL2、YYIRL1、トレッドミルテストの比較を行なっていますが…

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…す。 例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。 コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 直線的スピードは、サッカーに対す…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…ジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処するトレーニング処方を開発し、監督する必要がある一方で、チームの身体能力およびスキルレベルを検討する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期に入る前の一連のテスト スタティックVSカウンタームーブメントバーティカルジャンプ:スコア間の有意差は、下肢筋力またはパワーの相対的欠如を示し、差が有…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…Players 最大酸素摂取量の科学作者: 山地啓司出版社/メーカー: 杏林書院発売日: 2001/03/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 【日本正規品・日本語版】GARMIN(ガーミン) ForeAthlete® 235J BlackRed フォアアスリート235J ブラックレッド + TRAN(R) トラン - ガーミン フォアアスリート 230J/235J 対応 液晶保護用ガラスフィルム セット (ネットプランニング(R))出版社/メーカー: GARMI…

サッカーの指導現場でのYo-Yo IRテスト(Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関がある)

…ング速度より速く、有酸素性とともに無酸素性エネルギー供給系にも強く負荷されます。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yo IR1テストとYo-Yo IR2テスト Bangsboらは、ユース(12~16歳)選手や中程度にトレーニングされた選手にはLevel1の実施を、プロサッカー選手にはLevel2の実施を推奨しています。 しかし、Yo-YoテストのCDに添付された説明書にはYo-Yo IR1テストの結果が800m以上の選手には、Yo-Yo IR2テス…

脱水と水分補給における競技パフォーマンスへの影響(口渇反応のメカニズムは、血漿浸透圧が280~295mOsm/kgH2Oの範囲に維持されるように作用する)

脱水とパフォーマンス 体水分とパフォーマンス 最近の研究により、体水分が正常な状態で運動を開始することの重要性が明らかになっています。 脱水状態で運動を開始すると、心拍数と深部体温の上昇により、パフォーマンスと生理学的機能が低下することが明らかになっています。 研究の結果、若年者を含むアスリートは練習開始時、さらには競技イベントの開始時でさえ脱水状態であることが多いと複数の報告があります。 したがって、このようなアスリートに対しては、特に運動開始時における自身の水分補給につい…