Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酸素 の検索結果:

線維筋痛症の薬理学介入の理解(エクササイズプログラムを計画する際は、投薬の相互作用に留意する理由として、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり{筋弛緩薬など}、疼痛レベルを隠したり{鎮痛薬など}、服用者を不活溌にする{鎮静薬など}可能性がある)

線維筋痛症における薬物療法 クライアントが服用している薬を知り、それが身体活動にどのような影響を及ぼすかを知っておくことは非常に重要になります。 薬物療法は主として症状への対処に用いられ、疼痛の軽減と機能の向上を目的とします。 線維筋痛症の施術でよく用いられる薬は、鎮痛薬、オピオイド、抗うつ薬、鎮静薬、筋弛緩薬になります。 エクササイズプログラムを計画する際は、投薬と身体活動の相互作用に留意する必要があり、薬によっては、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり(筋弛緩薬など)、疼…

サッカーにおけるピリオダイゼーション(試合期または実践期、移行期の組み方)

…るため、サッカーは有酸素性運動としての特徴がより際立つ競技であり、高いレベルの疲労とコルチゾール濃度を伴います。 そのようなサッカーにとって、目標は筋力低下を最小限に抑えることといえます。 試合期のメゾサイクルの例 インシーズン(試合期) セッション1 負荷 セット数レップ数 セッション2 負荷 セット数レップ数 ラックプル 70%1RM 5×3 パワークリーン 80%1RM 5×3 1/2バックスクワット 90%1RM 3×3 ボックスジャンプ BW 5×5 ストレートレッ…

脊髄損傷(脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になる)

…ンスエクササイズと有酸素性運動に参加することによって、健康面と体力面において多大な効果を得ることができます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Spinal Cord Injury Information Available at SCI-info-pages.com facts.html.Accessed:March5.2009 脊髄損傷リハビリテーションマニュアル 第3版発売日: 2019/06/03メディア: 単行本 脊髄損傷理学療法マニュ…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷{SCI}のクライアントは起立性低血圧{姿勢によって発生する低血圧}および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

…があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。 Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。 これ以外にも、SCIのクライアントが日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果として、活動する筋量の増大、筋力の向上、手に車椅子の駆動力の向上、機能的自立が挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com 有酸…

ベアフットとショッドランニングの生理学的、バイオメカニクス的違い(ベアフットは酸素消費量が5.7%低下、最大酸素摂取量が1.3%少なくなるが、股関節外転筋群と股関節屈筋群の弱さは、腸脛靭帯炎につながる)

…ランニングと比較して酸素消費量が5.7%低下することが明らかになっており、70%VO2maxペースのベアフットランニングは地面上でもトレッドミルでも、ショッドランニングよりも経済的であることが判明しています。 さらに、別の研究によると、ベアフットランニングはショッドランニングよりも最大酸素摂取量が1.3%少なくなります。 ストライド頻度が10%を超えて増加すると、相対的な主観的運動強度が増加しますが、それによる酸素消費量と心拍数の有意な増加は発生せず、以上の研究結果は、ベアフ…

糖尿病を有するアスリートに対する栄養指針(有酸素性トレーニングに先立ちレジスタンストレーニングを実施することで、運動による血糖低下を抑制、運動誘発性の低血糖症状はほとんど引き起こされない)

…ストレーニングvs有酸素性トレーニング 低血糖になるという恐怖心から、アスリートは運動強度を上限まで上げるのを抑えてしまうかもしれませんが、最近の研究において、運動時にはどの程度、そしていつ低血糖が生じるのか、またその影響について検討されています。 オワタ大学の人間環境生理学研究部により、1型糖尿病お客におけるレジスタンストレーニングおよび有酸素性トレーニングによる影響について研究が行われ、この結果、レジスタンストレーニングでは血糖が緩やかな減少を示したのに対し、有酸素性トレ…

サッカー選手のピリオダイゼーション(シーズン前に誘導された異化環境{高いコルチゾール濃度、低いテストステロン濃度}が試合期に入った際の選手のコンディションを決定する因子の可能性がある)

…-スピード 試合 有酸素性能力(70~80%MHR) スピード-筋力 筋力の維持 コーディネーション 最大速度 パワーの維持 可動性 乳酸性と非乳酸性能力の向上 有酸素性、無酸素性パワーの能力 反応アジリティ 十分な回復 サイクル2のトレーニング目標 筋力 有酸素性パワー(80~100%MHR) ランニングドリル コーディネーションと方向転換 シーズン中のミクロサイクルの例 月曜 火曜 水曜 木曜 金曜 土曜 日曜 午前 休息 身体能力:8対8または11対11 身体能力:個人…

インスリン抵抗性を有するクライアントへの安全への配慮(低血糖症(血糖値が70mg/dl以下)を起こした人は、血糖値が正常の範囲に戻るまでエクササイズを行ってはならない)

有酸素運動とレジスタンストレーニングの組み合わせ 有酸素性トレーニングとレジスタンストレーニングは、インスリン抵抗性を管理する上で同等の効果を有しますが、いずれか一方のみ行うよりも、両方のトレーニングを組み合わせ、いずれか一方のみの場合よりもエクササイズ合計時間を長くして行うほうが、血糖コントロールにより大きな効果を発揮するとみられます。 エクササイズ初心者向けに両方のエクササイズを組み合わせる効果的な手段としては、有酸素とレジスタンスを交互に行うサーキットトレーニングプログ…

一酸化窒素(NO)の作用機序(NOの作用機序は、環状グアノシン一リン酸(cGMP)依存性のシグナル伝達系と非依存性のシグナル伝達系の両者によって媒介される)

…、運動中の骨格筋への酸素や栄養素(アミノ酸、脂肪酸、グルコースなど)の運搬を増加させることを示唆しており、これはエクササイズパフォーマンスを向上させることを意味しています。 さらに、血流の増加はエクササイズ後も維持され、エクササイズからの回復を向上させ、これは筋肥大をもたらすとされています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory metabolic Laboratory The …

運動による筋肥大経路(機械的刺激が標的細胞に形質導入し分解よりも合成に有利に働くよう筋タンパク同化シグナル伝達経路を刺激する)

筋原性経路 運動によって起こる筋肥大は、多くのシグナル伝達経路によって促進されます。 機械的刺激が標的細胞に分子的に形質導入され、分解よりも合成に有利に働くように筋タンパク質のバランスを変えます。 いくつかの主要なタンパク同化シグナル伝達経路が確認され、その中には、Akt/哺乳標的ラパマイシン標的タンパク質(mTOR)、マイトジェン(分裂促進因子)活性化プロテインキナーゼ(MAPK)、カルシウムイオン(Ca2+)依存経路があります。 www.nakajimabonesette…

脊髄損傷の分類(完全型では、損傷発生部位よりも下で刺激される筋の運動が阻害{麻痺}され、不完全型ではある程度の筋活動が可能{不全麻痺}になる)

…制限因子は、激しい有酸素性活動や高い代謝反応を適切に支持できるレベルまで、自律神経系と心臓血管系が刺激されないことにあります。 SCIのお客において最も注意すべきことは自律神経反射異常といわれています。 自律神経反射異常とは、筋活動に対する自律神経系の過剰反応であり、急速が血圧上昇(例:300/200mmHg)をもたらします。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Spinal Cord Injury Information Available at…

青少年の線維筋痛症における神経筋トレーニング(筋骨格痛を有する青少年は、健常者と比べて歩行が変化し{ストライド長の短縮}、バイオメカニクス的機能が低下する{下肢の筋力と姿勢制御の低下}傾向にある)

…は、通常、長時間の有酸素性エクササイズや多量のレジスタンストレーニングを含みますが、これらは若年性線維筋痛症のお客が実行するには望ましくない可能性があり、間欠的な活動からなる神経筋トレーニングを実施するほうが、エクササイズにより誘発される症状や疼痛を抑える上で、より有益であると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引American pain Society.Guideline for Management of Fibromyalgi…

インスリン抵抗性とレジスタンストレーニング(骨格筋はグルコース取り込みの75~95%を担っているために、筋量を増加させることは、正常な血中グルコース値の維持に重要である)

…ントロールにおいて有酸素性トレーニングと同等の効果を有する可能性が考えられます。 レジスタンストレーニングは週3回行うことが望ましいとされ、また、すべての大筋群を強化対象とし、多関節エクササイズによってすべての大筋群のインスリン感受性を高めることに重点を置くことが重要になります。 骨格筋はグルコース取り込みの75~95%を担っているために、筋量を増加させることは、正常な血中グルコース(BG:血糖)値の維持に劇的な効果をもたらします。 www.nakajimabonesette…

青少年の慢性疼痛施術に修正した神経筋トレーニングを役立てることは可能か?(慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義される)

慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年 慢性的な筋骨格系の痛みを訴える青少年の多くは、身体活動で疼痛が再燃する苦痛や不安のために、非活動的な生活を送っています。 慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義され、お客数はアメリカで推定約1億人にのぼるにもかかわらず、見過ごされている公衆衛生問題になります。 慢性疼痛の有病率は、心疾患、糖尿病、がんを合わせたもより多く、その施術費は毎年6,350億ドルの経済的負担となっています。 慢性疼痛に苦し…

サッカー選手における筋力とパワーの重要性(跳躍高(r=0.78)、10m(r=0.94)、30m(r=0.78)のスプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係がある)

…スプリント、および有酸素性持久力が男子プロサッカー選手の最大筋力と高い相関関係があります。 カウンタームーブメントジャンプ(CMJ)は主に下半身のパワーを測定、またスクワットジャンプ(SJ)は下半身の筋力を筋力を測定するための有効なテストとみなされています。 www.nakajimabonesetter.com Wisloffの報告 Wisloffらは、ノルウェーの上級サッカーリーグの優勝クラブであるRossenburgと、最下位でシーズンを終えたStrindheimを比較し…

鎌状赤血球傾向(激しい最大運動を行なっている際、酸素濃度低下より、一部の赤血球が正常な円盤状から鎌または半月のような形状に変化することがあり、筋、腎臓、その他の臓器の血管に詰まり、組織の壊死と機能不全を引き起こす)

…動を行なっている際、酸素濃度の低下によって、一部の赤血球が正常な円盤状から鎌または半月のような形状に変化することがあり、これらの鎌状赤血球は、筋、腎臓、その他の臓器の血管に付着して詰まり、組織の壊死と機能不全を引き起こします。 運動の強度が激しく、速度が速いほど、鎌状赤血球化は短時間かつ高確率で起こり、鎌状赤血球化による障害または死亡事例のほとんどは、わずか800~1,200mのスプリントまたは2~3分の激しい運動中に発生しています。 アスリートが限界を超えて運動しようとした…

運動と筋のパフォーマンス(運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L/分)にまで上昇することに反映される)

…蔵の減少、そして活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)の産生になります。 www.nakajimabonesetter.com 運動と筋の血管 運動により、活動中の筋の血管拡張と活動していない筋の血管収縮による血液の著しい再配分が始まりますが、これは非活動的なクライアントでは心拍出量(心拍数と1回拍出量の積)が約4倍(20~22L/分)、上級アスリートでは8倍(35~40L…

レジスタンスサーキットトレーニングの目的(最大筋力、筋持久力、筋肥大、結合組織の強度の増加、および筋間コーディネーションの向上にある)

筋力の向上 レジスタンスサーキットトレーニング(RCT)の目的は、最大筋力、筋持久力、筋肥大、結合組織の強度の増加、および筋間コーディネーションの向上になります。 RCTに40~60%1RMという低いパーセンテージの負荷を用いると、トレーニング経験のない男女において最大筋力が下半身、上半身ともに向上することが明らかになっています。 ところが、トレーニング経験を積んでいる集団に同じ負荷(40~60%1RM)を適用しても、最大筋力の向上には同程度の効果がみられない可能性があり、し…

心臓血管系疾患とレジスタンストレーニング(運動中の心臓血管反応が正常であることを確認するために、セッション中の心拍数{HR}と収縮期血圧{BP}の規則的なモニタリングが必要になる)

…間後に、監督下での有酸素性運動(AT)を最大で4週間完了したクライアントに限り開始すべきとされています。 さらに、報告によると、心臓発作を起こしたクライアントでも、30ポンド(13.6kg)を運ぶ程度の活動であれば、発症後わずか3週間でも安全に実施できます。 運動中の心臓血管反応が正常であることを確認するために、セッション中の心拍数(HR)とBPの規則的なモニタリングを行うことが推奨されています。 冠状動脈バイパス手術を行なったクライアントのための特別な配慮としては、胸骨の十…

線維筋痛症と有酸素性エクササイズ(中枢神経系の処理障害であり、上行性または下行性の神経経路の操作に異常が発生し、痛覚の増幅が生じている)

…tter.com 有酸素性エクササイズと線維筋痛症 これまでの研究によると、有酸素性エクササイズには線維筋痛症の症状を軽減する効果があるとみられます。 Gowans&deHueckらは、29名(平均年齢45.8±1.6歳)を対象として23週間の有酸素性プログラム(週に3回各30分)を監督下で開始し、6ヶ月後と12ヶ月後の時点で身体機能と気分に対する効果を評価(6分間歩行テスト、BeckDepressionInventory:ベック式うつ評価尺度、State-Trait Anx…

筋損傷と筋肥大(マクロファージ(大食細胞)は、筋で合成されたサイトカイン(マイオカイン)の分泌を通して筋肥大を媒介する)

…られています。 活性酸素種(ROS:Reactive Oxygen Species) ROSは運動により誘発される適応的な遺伝子発現において、重要な細胞シグナリング分子として作用し、平滑筋と心筋の両方の成長を促進し、骨格筋に対しても同様の肥大効果を及ぼすことが示唆されています。 筋細胞とサテライト細胞 筋損傷は、サテライト細胞(幹細胞)の活性化を促進することにより筋肥大をもたらすとされています。 メカニカルストレスによって刺激を受けると、サテライト細胞は前駆細胞(筋芽細胞)を…

非外傷性の労作性虚脱を起こす原因(熱中症と間違えやすい鎌状赤血球化による虚脱は血液が不足することで衰弱感を生じることによる鈍い虚血痛のため適切に対処しなければならない)

…分の休息と水分および酸素補給で回復することもある。 兆候と症状 胸が締めつけられる 咳 喘鳴 息切れ 呼吸補助筋を用いた呼吸 胸部、頸部、顎、腕の痛み 意識消失 息切れまたは呼吸数低下 めまいまたは立ちくらみ 悪心または嘔吐 不安感 熱痙攣は、激しい痛み、圧迫感、および触診可能な強い筋収縮を引き起こす。 熱疲労および熱射病は、失見当識、失神、意識消失、悪心、嘔吐、めまい、悪寒、被刺激性頭痛を引き起こす。 通常は虚脱後も意思疎通が可能である。 触診しても筋の外観と触感は正常であ…

サッカーにおける反復スプリント能力(短い回復時間{≦60秒}により分断された一連のスプリント{≦10秒}において、最高のパフォーマンスを発揮する能力と定義される)

…オフシーズンは主に有酸素性と無酸素性のインターバルトレーニング、試合期にはSSGやRSAを組み合わせてトレーニングを行うことが賢明です。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Plisk SS and Gambetta V. Tactical metabolic training: Part 1. Strength Cond J 19: 44–53, 1997. Google I/O 2015 - A little badass. Beautiful…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷のクライアントが日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

….com SCIと有酸素性能力 鍛えられた筋において筋力/持久力が増大する仕組みは、SCIのクライアントであっても同じであり、漸進的なレジスタンスエクササイズの原理に従います。 しかし、有酸素性能力の向上は、主に、筋力の向上と鍛えられた筋組織への酸素拡散の増加によってもたらされます。 今のところ、SCIのお客が、心拍数、1回拍出量、心拍出量などの心臓血管系のピーク反応を有意に増大させうることを示す研究結果は存在しません。 www.nakajimabonesetter.com …

サッカーのミニゲーム(SSG:small sided game)とは(4対4の場合、相対的VO2maxの平均値は82%、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、試合よりも各選手の高強度運動の回数は多く、ボールの支配時間も長くなる)

…、選手に相当大きな有酸素性、無酸素性の負荷がかかることが報告されています。 4対4の試合の場合、相対的VO2maxの平均値は82%で、平均血中乳酸値は4.5~4.9mmolであり、実際の試合(11対11)よりも、各選手の高強度運動の回数は多くなり、またボールの支配時間も長くなります。 www.nakajimabonesetter.com 心拍数や乳酸値 Reilly&Whiiteらの報告によると、心拍数や乳酸値に関しては、HIITとSSGの間に有意差は認められなかったとのこと…

有酸素性運動のための分岐鎖アミノ酸(持久系エクササイズ中にBCAAを補給すると、トリプトファンの吸収が相対的に減り、セロトニン中枢性疲労が軽減する)

BCAAと持久系能力 BCAA(分岐鎖アミノ酸)は従来、主観的運動強度を低下させ、持久系パフォーマンスの向上をもたらすために使用されています。 このような目的によるBCAAの摂取はセロトニン中枢性疲労仮説に基いており、この仮説によると、持久系エクササイズ中は循環する血中脂肪酸が増加し、アルブミン輸送タンパク質に結合しているトリプトファンに取って代わります。 その結果、血中のトリプトファンが増加し、吸収量が増加して、セロトニンへの生成量も増大するために中枢性疲労が起こるとされて…

サッカーにおける高強度持久力運動の重要性(トレーニングを試合の身体的要求に合致させるためには、短い休息時間で反復的な高強度活動を行う能力に重点を置く必要がある)

…レーニングに比べ、有酸素性能力と無酸素性能力をより大きく改善できることが報告されています。 さらに、HIITのトレーニング様式は、伝統的な継続的な方法の約半分の時間しか必要としないため、選手の意欲と継続を促しやすく、技術的また戦術的な練習の時間を増やせる利点もあります。 またHIITは、基本的に、その重要性を後述するタイプ(タイプⅡ線維の動員による)筋力とパワーに弊害をもたらす可能性が低くなります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度持久力トレーニン…

リン酸ローディングによる持久的能力の向上(最大酸素摂取量{VO2max}、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間などの改善がされる)

…ています。 最大酸素摂取量(VO2max)をはじめ、無酸素性閾値、疲労困憊に至るまでの時間などの改善がされるとされています。 これらの測定値の改善はパフォーマンス変数の全領域に及んでおり、どのスポーツを選択しても、これらの測定値の向上がトレーニングを試合に有利であることは疑いはありません。 さらに生理学的検査や臨床試験によれば、、リン酸の補給は、標高への生理学的適応を助けるといわれています。 その中には、血漿リン酸および2,3ジフォスフォグリセリン酸(2,3-DPG)の増加が…

サッカーにおけるパフォーマンスの決定因子(有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数は正の相関がある)

…手は、高いレベルの有酸素性、無酸素性コンディショニングを維持し、スピード、アジリティ、筋力、パワーはすべてがサッカーの優れたパフォーマンスの決定因子となります。 www.nakajimabonesetter.com 代謝コンディショニング サッカー選手においてきわめて重要な要素であり、そのレベルは試合への貢献度を決定し、制限する因子でもあります。 有酸素性持久力は、試合中の選手の走行距離、ボールの支配時間、スプリント回数など、サッカーのパフォーマンスにおけるパラメータと正の相…

亜硝酸塩の摂取によるパフォーマンス向上(硝酸塩の摂取が血中乳酸を増加させずに運動中の酸素需要を低下させ、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善した)

…増加させずに運動中の酸素需要を低下させたこと、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善したことを明らかにしました。 LansleyらもBRジュースを飲んでNOを補給することにより、運動の酸素需要が低下したこと、またBRに含まれる硝酸塩量がパフォーマンス向上の原因であることを示しました。 Barleyらは、BRの形で食事から硝酸塩を補給することにより、被験者のNO2-の血漿濃度が96%増加し、BPが低下し、運動の酸素需要量が低減したことを明らかにし…