Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

酸素 の検索結果:

加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)と栄養(最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきた)

サルコペニアの予防と栄養管理 サルコペニアの予防と栄養管理におけるタンパク質の役割についての最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきました。 また、ロイシン摂取は若年者と高齢者の運動後6時間の骨格筋タンパク質合成を促進させることが報告されています。 ただし、高齢者の骨格筋タンパク質合成は若年者に比べるとスピードが遅く、高強度ではなくても、骨格筋タンパク質代謝は回復、維持されることも明らかとなっています…

ケトルベルの安全性(ケトルベルによる最大心拍数(HRmax)の少なくとも76%に達する活動は、心臓血管系の健康向上に利益をもたらす「活発な」エクササイズに分類される)

…Bトレーニングが、有酸素性体力向上のための基準を満たす十分な強度の課題を心臓血管系に与えると示唆しています。 この研究では、大学生年代の被験者が、35秒の運動と25秒の休息という運動・休息比を利用して、8kg(女性)または16kg(男性)のKBを用いて10分間のトレーニングを行いました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Math/Science Department Kapiolani Community College University …

変形性膝関節症

…頭筋など) ・有酸素運動 ・ストレッチ 装具療法(関節の安定性を改善し内側への負担を軽減して、症状を緩和する) ・膝装具 ・足底版 ほか、疼痛改善のために鎮痛薬や関節内注射をする場合もあります。 関節内注射では、ステロイド関節症に注意が必要です。 そして、保存療法無効な場合、手術療法が選択肢に含まれます。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P400.401.402.403 清田恵 (adsbygoogle =…

肩こり・頸部痛

…から取り入れた栄養や酸素を体の各所に供給するほか、二酸化炭素や老廃物、発痛物質や疲労物質などを回収して流し去る働きを担っています。 血行が悪くなると、本来なら流し去られるはずの発痛物質や疲労物質が筋肉に留まってしまうため、痛みやこりが起こるのです。 一般的にその個人の体系や生活様式に起因するものと、病気によって二次的に引き起こされるものとに分ける傾向があります。 冷えやストレス、喫煙は筋肉が緊張し、血行が悪くなく原因に 頸や肩のこり、腰痛、腕や手の痛みなどをさらに悪化させるも…

医薬品に共通する特性と基本的な知識 副作用 登録販売者の知識

副作用とは、医薬品を使用したときに、病気の施術には関係のない作用が起きたり、健康に害を及ぼす作用が起きることをいいますが、どのような副作用であれ、起きないことが望ましいといえます。 副作用の定義 世界保健機関(WHO):「疾病の予防、診断、施術のため、または身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」 副作用の分類 薬理作用による副作用 薬理作用とは、薬をいう物質、すなわち薬物が、生体の生理機能に影響を与えることをいいます。 一…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

…抗する力)の増加、無酸素性運動能力の向上、時速12km、14km、16km、および18kmのランニングスピードにおけるREの向上、および2.4km走、3km走、および5km走におけるタイムの向上をもたらすことが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性エネルギーと無酸素性エネルギー Paavolainenらは、プライオメトリックストレーニングを実施した結果、一定速度でのランニングテストにおける足の接地時間が時短したと報告しています。…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。 アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。 www.nakajimabonesett…

高強度の反復活動に対する疲労耐性(中枢疲労が競技中の複雑な課題遂行能力の低下に重大な影響を及ぼす)

…るために、SSGが有酸素性インターバルトレーニングの代用となること、またパフォーマンスレベルと関係がある一部の側面は(試合中、高強度活動を行なうのに要した時間)、この種の運動によって改善されることが広く認められています。 しかし、この種のトレーニングを実施する際は、試合に基づくトレーニングはより高い傷害リスクを伴うこと(他の選手との)接触回数が高まること、また試合中の変化が大きいことが重要になります。 さらに、スキルがまだ不十分な選手がSSGから得られる利益は、従来のHIIT…

第5中足骨疲労骨折(Jones骨折)

疲労骨折は通常、一度に強い外力が加わって骨折するものと異なり、一定の場所に繰り返しストレスが加えられ骨折してしまうものです。 ジョーンズ骨折は、スポーツなど、日々のトレーニングで第5中足骨部が疲労骨折してしまったもので、つま先立ちの姿勢で足をひねった時になることなどもあります。 症状 ジョーンズ骨折は、第5中足骨基底部骨折(下駄骨折)よりも少し骨幹部より(足趾より)のところで骨折します。 健側と比べて足背部に腫脹がみられ、圧痛、疼痛もありますが、骨が疲労骨折になるまでの過程で…

長距離を走る能力における筋力、プライオメトリックス(神経筋の適応を向上させてランニングエコノミーを改善する)

…スの決定因子は、最大酸素摂取量(VO2max)および競技中に維持できる%VO2maxであると考えられてきました。 しかし、長年トレーニングを積んでいる持久系アスリートの場合、すでにVO2maxの伸びがプラトーに達しており、VO2maxを高めることではランニングパフォーマンスの向上を引き起こせない可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋特性と無酸素特性 Noakesは、エリートレベルの持久系アスリートの場合、神経筋特性と無酸素特性の相互作…

ハーフスクワットとランニングエコノミー(ハーフスクワットの1RM、テストで測定したRFDが同時トレーニング後に向上し、またRFDとREの間には正の相関関係がある)

…ところ、それ以上の有酸素性能力(>70ml/kg/minのVO2max)を有するランナーが被験者として、筋力トレーニングがランニングパフォーマンスに及ぼす影響を調査した研究は実施されていません。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Effects of Performing Endurance and Strength or Plyometric Training Concurrently on Running Economy and Perfor…

無酸素系競技と有酸素性トレーニング(持久系運動がもたらす適応が、激しい運動間の回復時間を短縮するという点に着目することは有益になる)

有酸素性トレーニングと無酸素性トレーニング 筋の適応の最大化を目的とした同時トレーニングに関する諸文献は、無酸素性運動をほぼ同時に併用することによる「干渉効果」をめぐり意見が分かれています。 しかし、近年Lundbergらのよって行われたトレーニング研究では、6時間の休息を挟んでレジスタンスエクササイズとサイクリングエクササイズを行うと、筋機能は損なわれず、またレジスタンスエクササイズを単独で実施した場合よりも筋全体のサイズを増大させました。 しかも、速筋線維(遅筋線維の5~…

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

…の分野は他に呼吸器(酸素を取り入れ二酸化炭素吐き出す)、循環器(酸素、栄養、老廃物などを運ぶ)、消化器(食べ物の消化と吸収)があります。 生活習慣や加齢により運動器の衰え、障害により、歩く、立つなどの機能低下を生じたものをロコモティブシンドローム(運動器症候群)と言います。 日常生活にも支障をきたし、運動不足から始まり、筋力低下になり筋、神経、骨の衰え・障害に、そして身体活動の低下になり、進行すれば要介護や寝たきりになることもあります。 日本だけでなく世界中、平均寿命がどんど…

脳・認知機能(海馬と側頭葉の容積は体力の高い成人のほうが大きく、運動トレーニングにより海馬の血流循環が増加することが明らかになってきている)

…験を行ったところ、有酸素運動が海馬前部のサイズを増加させ空間記憶の改善をもたらしました。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-9392 運動と海馬 運動トレーニングにより加齢に伴う海馬容積減少の1~2年分に相当する2%を可逆的に増加させたことになります。 まとめると、海馬は老年期においても可塑性は維持されており、1年間の有酸素性運動は海馬容積を増やすのに十分であり、増加した海馬は、より高いBDNFや記憶機能改善につながります。 こ…

活動後増強(PAPとは、筋収縮の後に発揮能力が即時的に増大する現象であり、『コンプレックストレーニング』の前提条件である)

…ビジョンⅠに属する無酸素性競技の選手21名に、5RMの高強度スクワットの後にカウンタームーブメントジャンプ(CMJ)を実行させたところ、筋力が最大の被験者(男性6名、女性2名)と最小の被験者(女性6名、男性2名)とで、CMJのパフォーマンスに生じた反応に差は見られませんでした。 National Strengh and Conditioning Association(NSCA)がプライオメトリックトレーニングの実施に関して定めているような、一定レベルの筋力を獲得することが推…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

…ために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである」というものになります。 この推奨基準は、個人的ワークアウト中であっても、この強度で運動しているすべてのアスリートに当てはまります。 しかし、間欠的運動(テニスなど)の場合は必要量が少々異なります。 なぜならば、ジムで利用する一般的な運動様式(一定ペースで行うトレッドミルランニングなど)よりも間欠性が高いからです。 間欠的運動は短時間の高エネルギー活動を特徴とするため…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

…、筋力/筋持久力、有酸素性能力、関節の柔軟性、高度なスキルを必要とする機能課題/レクリエーション課題に対処可能なコーディネーションなど、身体能力に関わる主な要素がすべて含まれているべきです。 より限定的に言うと、SCIお客のエクササイズにおいて最優先されるべきことは有酸素性能力と筋力/筋持久力であり、次いで血圧の維持と総合的健康になります。 運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、筋紡錘の求心性活動を増加させる一方で、ゴルジ腱器官の求心性活動を低下さ…

脊髄損傷に対するレジスタンストレーニングの身体機能の観点(脊髄損傷(SCI)のお客が日常生活の諸活動を行なうためには予備心拍数の最大25%の増加を必要とし、車椅子を手で動かして坂を上るには予備心拍数の最大50%の増加が必要となる)

…させる) SCIと有酸素性能力 鍛えられた筋において筋力/持久力が増大する仕組みは、SCIのお客であっても同じであり、漸進的なレジスタンスエクササイズの原理に従います。 しかし、有酸素性能力の向上は、主に、筋力の向上と鍛えられた筋組織への酸素拡散の増加によってもたらされます。 今のところ、SCIのお客が、心拍数、1回拍出量、心拍出量などの心臓血管系のピーク反応を有意に増大させうることを示す研究結果は存在しません。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活…

脊髄損傷に対するトレーニングの注意点(脊髄損傷(SCI)のお客は起立性低血圧(姿勢によって発生する低血圧)および運動性低血圧、また体温調節機能にも問題を抱えている可能性がある)

…があるため、激しい有酸素性運動には耐えられません。 しかし、トレーニングが適切であれば、有益な生理学的適応を得ることが可能になります。 Figoniらは、ピークパワーとピーク酸素消費量において10~20%の向上を報告しました。 これ以外にも、SCIのお客が日常的に筋力および持久力エクササイズを行なう場合に期待される成果として、活動する筋量の増大、筋力の向上、手に車椅子の駆動力の向上、機能的自立が挙げられます。 運動誘発性筋痙攣に対する神経学的刺激(持続的で異常な脊髄反射活動、…

トレーニングに対する硝酸塩の影響(血漿硝酸塩濃度に対するBRの急性効果のためには、トレーニングあるいは試合のおよそ2.5時間前にBRを摂取することが推奨される)

…る可能性がある) 有酸素性パフォーマンスへの影響 有酸素性パフォーマンスに対する急性効果は、長期間の補給によるパフォーマンスの向上の可能性を示唆しています。 BPは疲労耐性の向上をもたらし、トレーニング量を増加させ、その結果、パフォーマンスに利益をもたらすと考えられています。 定期的にBRを摂取している間は、セッション中の運動量や運動強度が増加するため、BRの摂取がトレーニングに対してより大きな適応をもたらすと考えられます。 今後はさらに、レジスタンストレーニングに対するBR…

亜硝酸塩摂取とパフォーマンス(BRを使って一時的に食事から硝酸塩を補給することにより、準上級サイクリストの4kmおよび16.1kmのTTパフォーマンスに、有意かつ実質的な意味をもつ向上をもたらした)

…間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある) 引用・索引Bailey SJ Fulford J Vanhatalo A Winyard PG Blackwell JR Dimenna Fj Wilkerson DP Benjamin N and Jones AM Dietary nitrate supplementation enha…

脊髄損傷の分類(完全型では、損傷発生部位よりも下で刺激される筋の運動が阻害(麻痺)され、不完全型ではある程度の筋活動が可能(不全麻痺)になる)

…制限因子は、激しい有酸素性活動や高い代謝反応を適切に支持できるレベルまで、自律神経系と心臓血管系が刺激されないことにあります。 SCIのお客において最も注意すべきことは自律神経反射異常といわれています。 自律神経反射異常とは、筋活動に対する自律神経系の過剰反応であり、急速が血圧上昇(例:300/200mmHg)をもたらします。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ腱器官からの入力が低下すると、結果的に運動ニューロン細胞体で弛緩を命じ…

脊髄損傷(脊髄とは、脳と末梢神経の間の知覚インパルスおよび運動インパルスを伝える道筋になる)

…ンスエクササイズと有酸素性運動に参加することによって、健康面と体力面において多大な効果を得ることができます。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ腱器官からの入力が低下すると、結果的に運動ニューロン細胞体で弛緩を命じるシグナルが受信されなくなる) 引用・索引Spinal Cord Injury Information Available at http://SCI-info-pages.com/facts.html.Accessed…

亜硝酸塩の摂取によるパフォーマンス向上(硝酸塩の摂取が血中乳酸を増加させずに運動中の酸素需要を低下させ、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善した)

…増加させずに運動中の酸素需要を低下させたこと、それがホスホクレアチンの分解を相殺し、被験者の疲労困憊までの時間を改善したことを明らかにしました。 LansleyらもBRジュースを飲んでNOを補給することにより、運動の酸素需要が低下したこと、またBRに含まれる硝酸塩量がパフォーマンス向上の原因であることを示しました。 Barleyらは、BRの形で食事から硝酸塩を補給することにより、被験者のNO2-の血漿濃度が96%増加し、BPが低下し、運動の酸素需要量が低減したことを明らかにし…

亜硝酸塩の運動パフォーマンスへの影響(葉物野菜とBRに多く含まれる硝酸塩は、筋の収縮性の増大、血圧低下をもたらす低酸素性血管拡張、さらに運動中の酸素需要の減少など一連の生物学的反応をもたらす)

…血圧低下をもたらす低酸素性血管拡張、さらに運動中の酸素需要の減少など一連の生物学的反応をもたらすことが知られています。 さらに筋活動とグルコースの吸収を促進し、それによりパフォーマンスが最適化される可能性があります。 BRを1回摂取した場合、摂取後最大5時間までは、上述の血行動態反応のすべてが一時的に促進されます。 さらに、4~15日以上補給を続けると、反応がより一層促進され、血行動態の改善が示されます。 硝酸塩と亜硝酸塩(NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolの…

血圧と血行動態(BRジュースの摂取は血圧を有意に低下させ、拡張期BPが5%(-4mmHg)、収縮期BPが3%(-4mmHg)低下したことを明らかにした)

…ニズムのひとつに、低酸素状態によって促進されるというものがあります。 このとき、酸素濃度の低下した筋の一部ではより多くのNOのが産生されます。 したがって、血圧低下のこのメカニズムが、酸素の必要量に応じた局所的な血流の増大を助け、骨格筋内における酸素のより均一的な分布を実現させると考えられます。 運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen spec…

ビーツジュース摂取の有用性(亜硝酸塩を含む唾液を飲み込み続けると、NOを含む各種の窒素酸化物が生成され、それらが生物学的活性を有する分子に変換される)

…経路は、運動状態で低酸素分圧とアシドーシス(酸性血症)が起こると促進されます。 運動とMIPS(高強度または長時間に及ぶ運動は、活性酸素種(ROS:Reactive oxygen species)と活性窒素種(RNS:Reactive nitrogen species)を過剰に産生する可能性がある) 血中亜硝酸塩濃度 Baileyらは、1日に500mlのBRジュースを6日間摂取すると、血漿中の亜硝酸塩(NO2-)と硝酸塩(NO3-)が、プラセボに比べ平均137%有意に増加する…

亜硝酸塩の摂取(血中硝酸塩を増加させることは、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されている)

…流を増やすことは、有酸素性および無酸素性双方のパフォーマンスにおける運動容量を増大させます。 さらに、血流の増加により栄養補給も増加するため、回復を促進する可能性もあります。 このような潜在的理由から、一酸化窒素の産生促進効果があるとされるL-アルギニンのサプリメントの人気は、この10年間で特に高まってきています。 しかし、研究では、L-アルギニンの摂取により血管拡張が増大することは裏付けられていません。 対照的に、ビーツジュースなどの硝酸塩濃度の高い食物を摂取することは、血…

回復促進のためのサプリメントとは(筋グリコーゲンが枯渇すると、アデニンヌクレオチドが減少し、筋のホスホクレアチンの分解が促進され、最終的に疲労が増大する)

…糖質補給の重要性 有酸素性運動でも無酸素性運動でも、運動中の適切な運動パフォーマンスを支えるためには、骨格筋内に十分なグリコーゲンが必要になります。 有酸素性運動でもレジスタンストレーニングでも、筋グリコーゲンが枯渇する可能性があることは明白な事実として確定されています。 筋グリコーゲンが枯渇すると、アデニンヌクレオチドが減少し、筋のホスホクレアチンの分解が促進されて、最終的に疲労が増大します。 したがって、運動を始める前にアスリートの筋グリコーゲンが枯渇した状態であると、運…

栄養と免疫における脂肪酸(オメガ3系PUFAは、体内のサイトカインおよび炎症性プロゲステロンの反応を抑制する可能性がある)

…VO2max’(最大酸素摂取量)以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少する) 脂肪酸と身体の炎症反応 EPAとDHAを十分に摂取することは、身体の炎症反応の鎮静化を促進します。 また、これらのオメガ3系PUFAは、体内のサイトカインおよび炎症性プロゲステロンの反応を抑制する可能性があります。 アスリートの増量に関連する栄養補給(運動直後に補給する糖質に関しては、1~1.2g/kg(BW)/hがよいとされ、それに準じて3:1の比率に応じてタンパク…