Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酸素 の検索結果:

喘息とエクササイズ(フィジカルコンディショニングは喘息の管理全般に有益であり、心肺系のコンディショニング、筋フィットネス、および生活の質全般を向上させる)

喘息とは 喘息は、複雑で発生頻度の高い気道の慢性炎症疾患であり、一般的には、様々な刺激に対する気道の過敏性が関与して起こると考えられており、小児期の発症が多いですが、あらゆる年齢の人に起こりうる疾患です。 喘息クライアントに典型的にみられる間欠性呼吸困難、喘息、息切れ、胸部圧迫感は直接的には下気道の狭窄(気管支収縮)によって生じますが、この狭窄は、下気道による炎症過程、粘液の過剰分泌、および平滑筋の機能不全が組み合わさって引き起こされます。 喘息クライアントにおいては、気道の…

スポーツ環境における黄色ブドウ球菌の影響とは(非常に深刻な深部感染症を引き起こすことがあり、急性・致死性の菌血症、壊死性肺炎、および壊死性筋膜炎が挙げられる)

黄色ブドウ球菌(SA) 黄色ブドウ球菌(SA)は、米国の救急外来が対応する感染症の原因菌として最も多く、皮膚軟部組織感染症の59%を占めるとされています。 近年、スポーツをする人の間で、市中感染型メチシリン耐性黄色ブドウ球菌への感染例が増えています。 元来は院内感染するものと考えられていたメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)が、従来の危険因子を持たない集団の間に広まっており、スポーツを行う集団において、CA-MRSAは多くの場合、皮膚や軟部組織への感染症として発生します。…

無酸素性競技のアスリートにとって長時間の有酸素性運動は必要か?(Pcrの再合成を促進して疲労に達する時間を引き伸ばし、筋の毛細血管を著しく増加させる)

有酸素性トレーニングの有用性 長時間の有酸素性運動は、有酸素系競技のアスリートおよび無酸素系競技のアスリートのトレーニングプログラムの主要な構成要素として長く実施されてきました。 このトレーニング様式が、代謝系および心臓血管系パフォーマンスを向上させるような多くの生理学的効果を誘発する可能性があることに疑問の余地はありませんが、無酸素系アスリートが他の運動様式によっても同様の適応を獲得できるか、長時間の有酸素性運動は必要かどうかは多くの意見があります。 www.nakajim…

クライマーの生理学的代謝(高強度インドアクライミングでは一般に25~80%VO2Peak、すなわち20~45mL O2/kg/minと報告されている)

…が高くなると心拍数と酸素摂取量が上昇することから、インドアでのリードクライミングとトップロープクライミングには有酸素的代謝が重要であると指摘しています。 クライミング中の最高酸素摂取量(VO2Peak)は通常、個人内ではランニングや自転車運動における値より低く、トレーニングを積んだ男性クライマーにおいて、自転車運動のVO2Peakは約45mL O2/kg/min、ランニングは55mL O2/kg/minであったと報告されています。 これに比べて、実際のクライミングにおけるVO…

SSCの増強作用(第4の仮説では、反動動作中の筋の予備伸長中によって脊髄反射が起こり、短縮性局面の筋活動を増大させるのに役立つ)

SSCの増強作用に関する4つの可能性 Van Ingen Schenauらの論文では、SSCの増強作用に関して、可能性のある4つの仮説が提示されています。 SSCの増強作用は、筋内の弾性エネルギーの貯蔵、特に直列弾性要素(SEC)によるものである 反動動作は短縮性筋活動の開始前に、筋が最大の筋活動状態に達するまでの時間を提供する 活動している筋の予備伸長中に収縮機構の特性が変化し、その後の短縮性筋活動を増強する 脊髄反射の作用 www.nakajimabonesetter.c…

FATの羅患率(相当数の女子アスリートや運動を行う若い女性が、低エネルギー供給率や月経異常を発症しながら、低骨密度を患っている:全てを同時に有する羅患率は4.3%とされる)

FATの3つの構成要素 近年の調査により、FATの3つの構成要素(低エネルギー供給率、月経異常、低BMD)すべてを同時に有する羅患率は4.3%であることが示されています。 しかし、相当数の女子アスリートや運動を行う若い女性が、3つの兆候を個別に(すなわち1つか2つの構成要素を)有していることが報告されており、これは完全なFATに進行する可能性をはらんでいます。 女子アスリートが低エネルギー供給率や月経異常(3つの構成要素の初めの2つ)を発症しながら、骨密度(第3の構成要素)に…

クライマーの筋収縮のタイプ(平均38%は静止姿勢に費やされ、そのことは酸素摂取量に比べて心拍数が過度に高い原因となるが、これは筋代謝受容器反射の活性が促進されるために起こる)

…費やされ、そのことは酸素摂取量に比べて心拍数が過度に高い原因となっていますが、これは筋代謝受容器反射の活性が促進されることによるものとされています。 www.nakajimabonesetter.com 等尺性筋収縮の血管適応 持続的な等尺性筋活動は、局所的に血流を低下させ、場合によっては筋疲労を引き起こすことから、クライマーに特有の課題となります。 そして、等尺性筋活動は、繰り返すことによって血管適応をもたらす可能性があります。 等尺性筋活動はクライマーに非常に特異的である…

低エネルギー供給率が月経異常と骨密度に関係する(エネルギーの不足により、視床下部からGnRHが抑制され、LHの正常な血中濃度が撹乱されると、低エストロゲン状態になり最終的に、不規則な月経周期や、月経が停止する無月経に陥る)

低エネルギー供給率が身体に与える影響 エネルギーの不足により、視床下部からゴナドトロピン(性腺刺激ホルモン)放出ホルモン(GnRH)の分泌が抑制されると考えられています。 通常、GnRHは、下垂体から黄体形成ホルモン(LH)と卵胞刺激ホルモンの分泌を誘発します。 GnRHが抑制されると、LHの正常な血中濃度が撹乱(GnRHが抑制されると、LHの卵胞刺激ホルモンの分泌を誘発する)され、卵巣によるエストロゲンとプロゲステロンの分泌が抑制されます。 また、低エネルギー供給率は、レプ…

エクササイズと喘息(水泳は湿度の高い環境で行われ、水平な姿勢をとるため粘液が喉に詰まりにくい利点がある)

喘息を持つクライアントに対してのエクササイズプランニング エクササイズ専門職にとって、現在または過去の喘息の症状、重症度、誘発機序(気温、湿度、アレルゲン)へのモニタリングを入念に行い、正式なプランを立て、トレーニングに伴うEIB(運動誘発性気管支収縮)のピーク時間を把握することが、エクササイズ処方の決定プロセスに役立つ可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 「喘息行動計画」 アスリートや喘息のクライアントは、自らの喘息の状態を多くの側面でう…

産前産後の女性のためのエクササイズガイドライン(姿勢とバランスは体重の変化により悪影響を受け、移動と固有感覚にも影響を受け、ホルモン分泌により一時的な胸郭のリモデリングが起こり、残気量と予備呼気量の低下および最大吸気量の増加が起こる)

…呼吸器系の反応は、有酸素性コンディショニング中に起こる反応に似ていますが、その変化のメカニズムは多様になります。 さらに、妊娠によって分泌されるホルモン(プロゲステロン、エストロゲン)により一時的な胸郭のリモデリングが起こり、これは、残気量と予備呼気量の低下および最大吸気量の増加をもたらします。 プログラムデザインにおいて、これらの生理学的および形態的変化を考慮する限り、妊娠中および産後のエクササイズには多くの利点があります。 www.nakajimabonesetter.c…

ケトルベルの安全性(ケトルベルによる最大心拍数(HRmax)の少なくとも76%に達する活動は、心臓血管系の健康向上に利益をもたらす「活発な」エクササイズに分類される)

…Bトレーニングが、有酸素性体力向上のための基準を満たす十分な強度の課題を心臓血管系に与えると示唆しています。 この研究では、大学生年代の被験者が、35秒の運動と25秒の休息という運動・休息比を利用して、8kg(女性)または16kg(男性)のKBを用いて10分間のトレーニングを行いました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Baker D.Comprison of upper-Body strength and power between prof…

女子アスリートの3主徴(持久系/有酸素系競技に多くみられる摂食異常はエンドルフィン値の上昇が食欲不振の原因といわれる)

… これは、持久系/有酸素系競技に多くみられ、エンドルフィン値の上昇が食欲不振の原因といわれています。 エンドルフィンがもたらす多幸感は、アスリートの運動意欲をさらに刺激し、食事の必要性が食欲によってきちんと示されないために、栄養必要量を満たしていないことをアスリート自身が気づかないことがあります。 食事制限あ意図的なものであろうとなかろうと、ビタミン、ミネラル、その他の栄養素の不適切な摂取は、深刻なエネルギー不足につながります。 運動に必要なエネルギーを補償した後に残っている…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

フィールドスポーツと陸上選手 第二の誤解は、フィールドスポーツでは短い距離の全力疾走だけが求められ、したがって、最大スピードに達するためにはより長い距離(50~60m)が必要である以上、トップスピードは達成されないというものになります。 Vescoviらは、27mのあとの9.1mのスプリットタイムが変化しないことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピ…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…す。 これらの無酸素性エネルギー供給系は、筋力トレーニングにも用いられるものであり、また、酸化的代謝によって補充される代謝産物を含んでいます。 したがって、エネルギー源の有酸素的回復と乳酸の除去能力を改善することが、投手の回復能力向上につながると考えられます。 腕の疲労を乳酸の蓄積と関連づける通説により、投手はそのキャリアのどこかで、不適合トレーニング(不適切な代謝、筋、および神経経路をトレーニングすること)を多少なりとも取り入れている可能性があります。 投手の有酸素性トレー…

代謝コンディショニングを測定するフィールドテストのまとめと現場への応用(信頼性の高いMRSを提示する能力、求めたい生理学的状態を測定する妥当性について、テストを比較する必要がある)

…別化するためには、有酸素性機構が優位なプロトコルをvVO2maxとの関係に基づいて選択しなければなりません。 したがって、テスト手順の実施上の制約(必要なスペースなど)に基づいて、タイムトライアルかUMTTを用いるべきです。 これらのテストは速度の測定が容易であり、様々な体力レベルのアスリートに適しています。 さらに、5分間タイムトライアル(またはそれに近い持続時間の距離)を用いることで、最も時間効率の良いテストを行なうことが可能であり、コンディショニングレベルの違いに応じて…

アルファリポ酸:αリポ酸(肥満のザッカーラットでは、ALA{1時間に体重1kg当たり100mg}を10日間運動なしで投与することにより、インスリン刺激によるグルコースの運搬と代謝が促進された)

主要効果 インスリン感受性も、運動後のグリコーゲンの再貯蔵と、その後起こる筋タンパク質代謝にとって重要になります。 インスリン抵抗性を持つ、高インスリン血症、脂質異常症の動物モデルである肥満のザッカーラットでは、ALA(1時間に体重1kg当たり100mg)を10日間運動なしで投与することにより、インスリン刺激によるグルコースの運搬と代謝が促進されました。 www.nakajimabonesetter.com

間欠的テストと持続的テストとの比較(間欠的テストは、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適している)

…テストと比較して、無酸素性エネルギーが最大限に寄与するため、最大超トレーニングの強度の設定により一層適しています。 30-15IFTやYYIRTなどの最大超テストの最終MRSは、(vVO2maxを上回る)無酸素性速度予備量に対するいずれかの割合となるため、予想されるように、非常に異なる速度をもたらします。 例えば、vIFTはvVO2maxより一貫して20~25%速く、またvUMTTよりおよそ15~25%高い値になります。 また30-15IFTのテスト中は、UMTTと比較すると…

30-15間欠的体力テスト(最終的な到達速度{vIFT}はVO2maxやカウンタームーブメントジャンプの跳躍高、および10mスプリントのタイムと有意な相関関係がある)

…十分な時間と、十分な酸素摂取量が生じる状態をもたらします。 さらに、15秒という回復時間は、ホスフォクレアチンなどのエネルギー基質の完全といはわないまでも次動作にとって十分な回復を可能にします。 www.nakajimabonesetter.com 生理学的応答 40mのシャトルの距離は20mシャトルと比較すると、血中乳酸濃度の低下に役立つと考えられています。 方向転換能力がシャトルのスピードに及ぼす影響により、走時間から0.7秒の値を各方向転換から差し引きます。 例えば、1…

筋肥大のための高ホルモン状態(子供の成長において、成長ホルモン:GHの分泌が骨量や筋量を増加させることはかねてから知られていた)

成長と筋肥大 動物や(ヒト)子供の成長において、成長ホルモン:GHの分泌が骨量や筋量を増加させることはかねてから知られてきました。 生理的な分泌量以上のGHを投与した際にはコラーゲンタンパクの合成を刺激するということについては否定できませんが、このようなGHの投与が直接的な骨格筋量の増大に関与しているかについては直接的な支持を得られていません。 もっともらしい議論としては、外因性のGH増加による結合組織の増加がより多くの仕事量を可能にする、というものですが、これについては研究…

Yo-Yo間欠的回復テスト(スポーツ選手の反復運動能力と運動間の回復能力を評価するために作成された)

…の相違は、おそらく無酸素性エネルギー機構の貢献とシャトルに基づくプロトコルに埋め込まれた回復時間の違いに起因すると思われます。 裏付けとして、トレッドミルを用いたVO2maxの測定中よりもYYIRT1中の血中乳酸濃度(La+)が一層高いことが明らかとなっています。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yoテスト中の生理学的状態 テスト中に最終的に到達する生理学的状態は最大超のVO2maxであると思われます。 10秒の休憩時間を取り入れているにもかかわら…

クライミングにおける動的筋力およびパワー(高度に強調された短縮性筋活動は、クライミングにおいて身体重心を移動させ、素早くパワフルなクライミング動作の代表例としてはダイノがある)

短縮性筋活動 高度に強調された短縮性筋活動は、クライミングにおいて身体重心を移動させる役割を担います。 例えば、壁を登る際、広背筋は短縮性筋活動によって肩を内転させて胸部のモーメントアームを短縮し、それと同時に肩の伸展にも三角筋後部とともに寄与しています。 また、上腕骨の伸展と内転に伴い、他の様々な肩甲骨安定筋群(菱形筋、僧帽筋下部および中部)および肩甲上腕関節(上腕二頭筋および僧帽筋上部)は、短縮性筋活動によって登攀面に最大限の力を伝えています。 www.nakajimab…

トレーニングと一酸化窒素:NOの生理学(血小板粘着や白血球付着を低減し、平滑筋の細胞増殖を抑え、神経伝達と筋萎縮/肥大を調節し、衛星細胞の増殖を刺激し、血流と免疫防御を向上させる)

…が、運動中の骨格筋へ酸素や栄養素(アミノ酸、脂肪酸、グルコースなど)の運搬を増加させることを示唆しています。 さらに、エクササイズパフォーマンス後も血流の増加は維持され、エクササイズからの回復も向上させ、筋肥大をもたらします。 一酸化窒素とエクササイズ エクササイズトレーニングと食事摂取に絶えず適切に気を配ることが体格の発達と身体能力における成功の大部分を左右します。 また、NOが高強度のセッションに応じて増加し、定期的なトレーニングへの適応としてとして増加することも理解する…

酸素カプセル紹介ユーチューブ

酸素カプセルを紹介するユーチューブ作成しました。 是非ご覧ください。 酸素カプセル紹介 www.nakajimabonesetter.com 中島恵

競技のための一酸化窒素補給(一酸化窒素:NOは、平滑筋の血管弛緩をもたらすことが発見された為、当初は内皮由来血管弛緩因子と呼ばれていた)

アスリートの栄養摂取 アスリートは常に、脂肪を落とし、筋量を増やし、速く、強く、爆発的になる方法を探しています。 このような目標において成功するためには、適切に設計されたトレーニングセッションでの実施と、理想的な栄養摂取(加工食ではない自然食品とシェークやバーなどの代替栄養食など)の2点がカギを握ることを、知識のあるアスリートは明確に理解しています。 アスリートは身体美とパフォーマンスにおいて遺伝子の限界を極めようとしてトレーニングを行います。 その際、上記2点ともう1点、す…

最大超トレーニングのための走速度の設定(高強度での疲労困憊までの時間は、vVO2maxよりも無酸素性速度予備力とより強い相関関係がある)

無酸素性速度予備量 無酸素性速度予備量とはアスリートの最大スプリント速度とvVO2maxとの差であると考えられています。 無酸素性速度予備量が高いほど、vVO2max以上の高強度エクササイズの相対的な運動強度(無酸素性速度予備量の比率)が低下し無酸素性エネルギーの貢献と末梢疲労が減少します。 高強度での疲労困憊までの時間は、vVO2maxよりも無酸素性速度予備力とより強い相関関係があります。 無酸素性速度予備量は個人の無酸素性仕事量を考慮しています。 しかし、最大スプリント速…

20シャトルランテスト:20SRT(VO2maxを測定する目的で作成されたテストであり、速度が漸増する持続的なシャトルランテストになる)

…害され、その結果、有酸素性機構の十分な貢献が妨げられるためであると考えられています。 さらに、減速と再加速が必要であるため、シャトルランの速度は直線速度よりも遅くなり、シャトルテストと線形テストとの間では開きがあります。 20SRTは推定値を提供するだけであり、20mプロトコルは高い体力レベルのアスリートには適していないとも示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com 最大下トレーニング処方のためのテストプロトコル テスト 様式 プロトコル 開始速…

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

股関節形成術後の有酸素性能力 股関節形成術(HA)を受けた多くのクライアントは長年にわたる身体障害と活動レベルの低下を経験しているために、有酸素性能力も低下しています。 したがって、これらのクライアントが有酸素性能力と持久力を回復し、生活の質を向上させることができるように、心臓血管系の強化を狙ったエクササイズを実施することが有益とされています。 特異性の原理に従うと、特に、歩行を中心とするトレーニングは、HA後のクライアントの正常な歩行運動を回復し機能的能力を復活させる上で適…

モントリオール大学トラックテストUMTT:The University of Montreal Track Test(UMTTで達成された速度{vUMTT}は、実験室で行ったトレッドミル試験の測定値と同程度に正確なvVO2maxの推定値を提供する)

…TTプロトコルは、無酸素性エネルギー機構の貢献をわずかに増加させる可能性があり、これは完全な疲労困憊また途中棄権が起きた時点で終了し、MRSが計算されるためです。 このテストはサッカーなどのスポーツで使われてきましたが、持続的で線形のトレーニング様式を用い、有酸素性持久力に依存するあらゆるスポーツに適しているとされます。 www.nakajimabonesetter.com 最大下トレーニング処方のためのテストプロトコル テスト 様式 プロトコル 開始速度 速度の上昇 最終速…

喘息のクライアントへのエクササイズ(有酸素性コンディショニングプログラムを実施することで最大酸素摂取量、換気量が上昇し、喘息のコントロール全般を間接的に改善する上で役立つ)

…アントは一般的に、有酸素性およびレジスタンストレーニングを含むトレーニングに対する十分な耐性を有するという既存のエビデンスを支持しています。 さらに、同レビューは、フィジカルトレーニングによって、喘息のクライアントへの最大酸素摂取量に臨床的に有意な上昇がみられ(平均差:5.57ml/kg/分、95%信頼区間CI:4.36~6.78)とのエビデンスを示しています。 自転車運動、グループエクササイズ、水泳などのフィジカルトレーニングプログラムを1回30~60分、週2~3回実施した…

最大下のトレーニングのための走速度の決定(12分間クーパー走テストは、パフォーマンスがトレッドミルで限定されるVO2maxに有意に関連付けられる持続的フィールドテストになる)

…される持続時間は、無酸素性機構の関与が低下して、有酸素性機構の貢献が最大となるために必要な時間が根拠となっています。 vVO2maxでの疲労困憊までの平均時間は4分から8分の間であり、有酸素性機構に最大ストレスをかけてvVO2maxを調査するために必要な時間は4分58秒であることが報告されています。 さらに、vVO2maxと5分間タイムトライアル(v5TT)および1500mトライアルの平均速度の間には、有意な相関関係が報告されています。 したがって、同じ生理学的状態がより時間…