Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酸素 の検索結果:

一酸化窒素:NO増加のために利用される薬剤(NOの生合成を増加させる、あるいはNOを維持することによって、最終的には血管拡張を促すことに成功して使用されている医薬品は数種類存在する)

…ており、その結果、低酸素状態(高地でのエクササイズ)においてパフォーマンスを向上させることが見出されています。 しかし、酸素正常状態(海面気圧でのエクササイズ)ではパフォーマンスの向上は認められず、被験者の反応にはかなりの変動がみられました。 初期研究結果から判断すると、これらの薬品は平地でのエクササイズパフォーマンスを向上させないようです。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Richard J.Bloomer Cardiorespiratory…

βヒドロキシβメチルブチレートと無酸素性運動(ロイシンの代謝産物であるHMBは骨格筋の損傷修復のスピードを速め、レジスタンストレーニング後の筋力やパワーおよび筋肥大を増大させる)

ロイシンとHMB すでに論じていられるように、ロイシン(BCAA:分岐鎖アミノ酸)には抗異化作用があり、骨格筋の損傷に対する防護効果をもつことが知られています。 この抗異化作用には、ロイシンの代謝産物であるHMBが大きく寄与していると仮定されており、HMBが骨格筋の損傷修復のスピードを速めること、また、長期間のレジスタンストレーニング後の筋力やパワーおよび筋肥大を増大させることが研究により証明されています。 そのメカニズムのひとつは、筋を損傷させる新たな高強度エクササイズを行…

女子サッカーにおけるGPSの利用(GPS分析は、モニタリングやトレーニングに役立つ他、トレーニング目標が達成されていないことをコーチやトレーニングスタッフが知る手がかりとなる可能性がある)

GPSトレーニング GPSは、トレーニングにおける動作パターンの追跡と分析を可能にします。 トレーニングは多くの場合、スタジアム以外で行われ、また実施回数が多いため、ビデオ分析には時間を要します。 Maraらは、エリート女子サッカーチームのトレーニングを1シーズン全体にわたって分析したところ、プレシーズンからシーズン終盤にかけて総移動距離が低下していることから(6.646±111mから4604±110m)、仕事率は低下したと推測されています。 これは試合のスケジュールに伴いト…

カフェインは、摂取後45分で胃と小腸から完全に吸収され、体内での半減期は約3~4時間になる(酸素摂取量、カテコールアミンの放出、代謝速度が増加する)

…フェインの作用による酸素摂取量、カテコールアミンの放出、代謝速度の増加も報告されています。 カフェインのエルゴジェニックエイド用量は、体重1kg当たり2~9mgの範囲とされ、通常これより高用量では、不安、不眠、頭痛などパフォーマンスに有害な副作用をもたらす可能性があります。 カフェインの選手の認識 Desbrow&Leverittは2005年のIronman Triathlon(アイアンマン・トライアスロン)に出場した140名の持久系アスリートのうち、大多数のアスリートが、カ…

GPSによるポジション間の差(ミッドフィルダーとフォワードはいずれも、スプリント速度{>19km/h}での移動距離がディフェンダーを有意に上回っている)

…ける要求に合わせた有酸素性トレーニングの作成にも役立つ可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Vescovi JD. Sprint profile of professionalfemale soccer players during competitivematches: Female Athletes in Motion (FAiM)study. J Sports Sci 30: 1259–1265, 2012. STATSpo…

高強度ランニングおよびスプリントの分析(高強度ランニングは、試合結果に決定的な影響を及ぼし、実行量、繰り返す能力は、エリート選手と下位レベルとを分けるパフォーマンス特性であるとされている)

…2名を対象に、最大有酸素性ランニング能力のテスト(VO2maxテスト)を実施し、その上で、第二の換気性作業閾値におけるスピード(VT2speed)を用いて高強度ランニングを定義しました。 VT2speedに基づく個々の選手の閾値を試合のランニングデータに適用したところ、高強度スピードでの移動距離はHIR能力と強く相関していました。 この相関は、群の平均閾値である12.6km/h(3.5m/sec)を用いると低下しました。 しかし、Bradley&Vescoviは、個別のHIR…

亜硝酸塩の運動パフォーマンスへの影響(葉物野菜とBRに多く含まれる硝酸塩は、筋の収縮性の増大、血圧低下をもたらす低酸素性血管拡張、さらに運動中の酸素需要の減少など一連の生物学的反応をもたらす)

…血圧低下をもたらす低酸素性血管拡張、さらに運動中の酸素需要の減少など一連の生物学的反応をもたらすことが知られています。 さらに筋活動とグルコースの吸収を促進し、それによりパフォーマンスが最適化される可能性があります。 BRを1回摂取した場合、摂取後最大5時間までは、上述の血行動態反応のすべてが一時的に促進されます。 さらに、4~15日以上補給を続けると、反応がより一層促進され、血行動態の改善が示されます。 www.nakajimabonesetter.com 運動耐性の向上と…

疲労の指標としての移動距離のモニタリング(総移動距離と仕事率は、試合中の各時間帯における疲労をモニタリングする上で有用なパフォーマンス指標になる)

疲労の指標としての移動距離 総移動距離と仕事率は、試合中の各時間帯における疲労をモニタリングする上で有用なパフォーマンス指標になります。 移動距離や仕事率の低下は、試合結果、対戦相手のランク、および選手のフォーメーションなど、状況の変化によって生じる場合も考えられますが、サッカーの交代選手をGPSを用いて分析したところ、試合途中から参加した交代選手は、試合全体に参加した選手に比べて試合の最後の12分間における仕事率が高かったことから、疲労はやはり仕事率低下の変数であることが考…

マグネシウムのエネルギー生成の調節(ATP-Mg複合体を形成し、酵素上の活性部位に基質を固定、反応を触媒し、代謝経路の速度を高めることによりエネルギー生成に寄与している)

…は、高強度運動中は無酸素の解糖系経路における需要が高まるため、水区画への流入、代謝の向上、発汗を通じてMg2+の移動と喪失が増大することが証明されています。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Aagaard P, Magnusson PS, Larsson B, Kjaer, M, and Krustrup P. Mechanical muscle function, morphology and fibre types in lifelong …

グローバル・ポジショニング・システム:GPS(主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査している)

グローバル・ポジショニング・システム(GPS) グローバル・ポジショニング・システム(GPS)を用いた研究は、主に試合のパフォーマンス、疲労、およびトレーニング強度を調査しています。 特にサッカー、ラグビーなどの間欠的ランニングを特徴とする競技において利用されています。 これらの競技では、タックルや方向転換が頻繁に実施され、最も多くみられる身体活動はランニングであるため、試合の分析において移動距離、最大スピード、高強度ランニングに関する特性の分析に焦点を当てています。 www…

β-アラニンの補給は、筋内カルノシン濃度を高め、筋力やパワーおよび有酸素性能力の向上を促す(1日に3.2gと6.4g摂取により、外側広筋のカルノシン用量がそれぞれ42%と61%増加する)

…筋力やパワーおよび有酸素性能力の向上をもたらします。 www.nakajimabonesetter.com 筋内カルノシンと筋反応 筋内カルノシン濃度に及ぼすβ-アラニンの影響には用量反応関係があるとされており、例えば、1日に3.2gと6.4gのβ-アラニンの摂取により、外側広筋のカルノシン用量がそれぞれ42%と61%増加します。 しかし、β-アラニン3gを1回で投与すると、重度の感覚異常をもたらします。 したがって、副作用を経験することなくパフォーマンスを高めるために現在推…

大学野球選手のトレーニングプログラム(ウェイトルームでは筋力-パワーの向上、フィールドトレーニングでは始動速度:RFD、1~6秒間のエネルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかける)

…ルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかけるショートインターバルトレーニングを主として行います。 プレシーズンA(筋力-スピード)のピリオダイゼーション ※DE=動的努力、ME=最大筋力、RE=反復努力、DEリフト=調節抵抗を受けない安定したセット、RI=相対的強度 ※メディスンボールを用いる(量が増えることあり) この時期は、3週間の負荷漸進期間と、1週間の負荷減少期間を設けます。 通常、最初の3週間はトレーニングの量、負荷、相対的強度(努力)を毎週3~6%漸…

緑茶と緑茶抽出物:GT,GTE(茶を1日3回、1週間にわたり摂取すると、トレーニング後の酸化的損傷からの保護を促す)

…給させたところ、最大酸素摂取量の60%で自転車を30分こいだ後の脂肪の酸化が17%増加したことが報告されています。 www.nakajimabonesetter.com 副次効果 GTは同じくインスリン感受性を改善することが報告されており、レクリエーションレベルの活動的な若年男性に、GTE(ポリフェノール890mgとエピガロカテキン没食子酸塩EGCG366mg、合計1,256mg)を研究室での試験の前日に2回摂取させたところ、2時間の経口グルコース負荷試験(75gのグルコース…

投球障害予防トレーニングプログラムを選定する上で考慮すべきこと(片側性動作とオーバーヘッド動作の重要性)

…カバリー能力として有酸素性能力も決して軽視してはいけません。 野球の特異性 野球のプレーは大きく「打つ」「投げる」「走る」の3つの動作に分けられます。 野球の障害の大部分もこの3つの動作から生じていますが、動作の特異的な動作として「片側性動作」と「オーバーヘッド動作」が挙げられます。 障害の多くは投球動作に伴う肩・肘にかかるものが圧倒的であり、肩のインピンジメント症候群や投球側における肘内側側副靭帯損傷などがその代表的な例になります。 ※プロ野球の障害部位別の比率として上肢(…

先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力(先発投手は試合においてより長いイニングを受け持つために、より高いレベルの基礎有酸素性能力が必要になる)

酸素消費量の回復による2つの回復 上昇した酸素摂取量の基準値へ戻る速度が速いものと遅いもので2つの回復メカニズムがあります。 運動後の酸素摂取量は、運動のエネルギー要求に応じて使用されたエネルギー源の種類を表しており、その人の運動からの回復能力を推測できます。 EPOC(Excess Post-exercise Oxygen Consumption):運動後過剰酸素消費の数値はまた、運動後に必要な生理学的修復(構造タンパク質の形成、コラーゲンの合成、免疫学的機能)の程度を示し…

サッカーにおける1日のトレーニング計画(有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために計画する必要がある)

…のトレーニングも、有酸素性トレーニングがその後に続く筋力トレーニングに及ぼす影響を最小限に抑えるために、注意深く計画する必要があります。 Blagroveは、筋力およびパワートレーニングを処方するのに、有酸素性また技術/戦術トレーニングの実施量が最も少ない日を選択するように提言しています。 さらには、有酸素性トレーニングと筋力トレーニングの間に最も長く回復時間を挟むことが推奨されています。 その場合、先行研究が推奨する回復時間は6時間以上ですが、これは、プロのサッカー競技にお…

青少年の伸張-短縮サイクル:Stretch Shortening Cycle(高強度のプライオメトリックエクササイズは、最大努力と大きな関節負荷を伴う活動であると説明されており、適切な運動メカニズムの正しい発達を保証する)

伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)と傷害 プライオメトリックストレーニングにより、青少年アスリートの筋パワーが向上し、スポーツパフォーマンスが高まり、傷害リスクが低下することが知られています。 このトレーニング方法は、伸張-短縮サイクル(SSC:Stretch Shortening Cycle)の能力向上に基づくものになります。 SSCは、筋の急激な伸張(伸張性筋活動)とそれに続いて起こる急激な短縮(短縮性筋活動)によって成り立ちま…

レジスタンストレーニングのウォームアップ(プライオメトリックエクササイズは1RMバックスクワットの向上と関連づけられている)

動的ウォームアップルーティン 多数のストレングスコーチにとっては、動的ウォームアップルーティンは最適とされています。 なぜならばこのタイプのルーティンは、適当な場所があれば、約15~20分で完了するからです。 レジスタンストレーニングセッションの時間的制約は、しばしば厳しい現実としてのしかかります。 プライオメトリックエクササイズやWBV(Whole Body Vibration:全身振動刺激)は最初の低強度のウォームアップ完了後に利用するとよく、また独立したテクニックとして…

トレーニング前の食物摂取(IMTGの貯蔵量は、タイプⅠ筋線維のほうがタイプⅡ筋線維に比べ、約3倍多く、またそれらの貯蔵量の脂肪分解は65%VO2maxで運動を行ったときに最も促進される)

…と比較して、運動後の酸素摂取量が有意に大きくなりました。 他の研究も同様の結果を得ていることから、エクササイズ前の食事に伴う明らかな熱発生効果が証明されました。 ここで、トレーニング中に動員される脂肪組織の部位も考慮しなければならず、低強度から中強度のトレーニングを定常状態で行う間、エネルギー源として脂肪の貢献度は総エネルギー消費量の約40~60%に相当します。 www.nakajimabonesetter.com 筋グリコーゲンと脂肪分解 しかし、非鍛錬者では、さらにそのう…

ランニングエコノミーと筋力トレーニング(ハーフスクワットの1RMテストで測定したRFDが同時トレーニング後に向上、またRFDとREの間には正の相関関係がみられたことを報告している)

持久力トレーニングと筋力トレーニング Storenらは、ハーフスクワットの1RMテストで測定したRFDが同時トレーニング後に向上し、またRFDとREの間には正の相関関係がみられたことを報告しています。 この研究の結果、RFDの向上がREを高める重要な因子であることを示唆したHoffらの研究を裏付けています。 またこの研究結果は、神経筋系の因子が持久力パフォーマンスの決定因子のひとつであることを示唆したNoakesの研究も裏付けています。 REに対する有益な効果を示した上述の研…

硝酸塩と亜硝酸塩(NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolのNO3-を含むBRJを1日に500ml摂取することにより、筋細胞が収縮するときのアデノシン三リン酸の転換率、すなわち使われるエネルギー量が減少する可能性がある)

…塩(NO2-)は、低酸素状態の間、硝酸還元酵素の触媒により還元され、その結果、一酸化窒素(NO)が生じます。 したがって、運動強度の増加に伴い利用可能な酸素が減少し、一酸化窒素合成酵素を介したNOの産生が減少する際に、硝酸塩-亜硝酸塩-NO経路によりNOの産生が加速されます。 www.nakajimabonesetter.com 副次効果 NOに対する影響に加えて、少なくとも5.1mmolのNO3-を含むBRJを1日に500ml摂取することにより、筋細胞が収縮するときのアデノ…

絶食後の心臓血管系トレーニング(最終的に酸化されなかった遊離脂肪酸は、脂肪組織で再エステル化されるため、エクササイズ前の絶食による脂肪分解効果は無効になる)

…中強度から高強度の有酸素性エクササイズ中は、トレーニング強度とは無関係に、絶食状態であれば、身体が燃料として使えるよりも有意に多くの脂肪が分解されます。 しかし、最終的に酸化されなかった遊離脂肪酸は、脂肪組織で再エステル化されるため、エクササイズ前の絶食による脂肪分解効果は無効になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Dose Cardio After an Overnight Fast Maximize Fat Loss?54-56 Ta…

野球における戦略的エクササイズ処方:傷害予防とパワー発揮の両立とは(競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになる)

…ンストレーニングと無酸素性コンディショニングは、今なお野球の競技力向上における中心的要素になります。 野球の競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになります。 しかもそのような刺激を効果的に実施し、反復的に適用しなければなりません。 長く持続する耐久力を野球選手に身につけさせるためには、股関節、脊柱、および肩甲骨を含む動作を中心に、高度で戦略的、そして各選手個別のエクササイズ処…

プロサッカーにおいてシーズン中は維持か向上か?(シーズン中の負荷設定によっては、疲労のレベルを高める可能性があり、試合に向けて回復に悪影響を及ぼすおそれがある)

…えられることから、有酸素性コンディショニングとの同時トレーニングの干渉作用も影響していると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 頻度 ジムで行なうトレーニングセッションは多くの場合、試合のスケジュールに左右されます。 先行研究は、レジスタンストレーニングを週に複数回実施するほうが、優れた結果が得られることを示唆しています。 しかし、Ronnestadらは、筋力と40mスプリントのスピード週1回のみのトレーニングセッションで維持することが可能であ…

長距離を走る能力における筋力、プライオメトリックス(神経筋の適応を向上させてランニングエコノミーを改善する)

…スの決定因子は、最大酸素摂取量(VO2max)および競技中に維持できる%VO2maxであると考えられてきました。 しかし、長年トレーニングを積んでいる持久系アスリートの場合、すでにVO2maxの伸びがプラトーに達しており、VO2maxを高めることではランニングパフォーマンスの向上を引き起こせない可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com 神経筋特性と無酸素特性 Noakesは、エリートレベルの持久系アスリートの場合、神経筋特性と無酸素特性の相互作…

血圧と血行動態(BRジュースの摂取は血圧を有意に低下させ、拡張期BPが5%{-4mmHg}、収縮期BPが3%{-4mmHg}低下したことを明らかにした)

…ニズムのひとつに、低酸素状態によって促進されるというものがあります。 このとき、酸素濃度の低下した筋の一部ではより多くのNOのが産生されます。 したがって、血圧低下のこのメカニズムが、酸素の必要量に応じた局所的な血流の増大を助け、骨格筋内における酸素のより均一的な分布を実現させると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 低酸素状態と亜硝酸塩 これまでに蓄積された、データは、亜硝酸塩がNOの貯蔵プールとして機能し、生理学的な低酸素信号分子として働い…

ランニングにおいて鉛直方向の力発揮(離地前に身体の前進速度を増大させる推進力があれば、着地時に身体の速度を低下させるブレーキ力は容易に相殺されると考えられている)

重力に抵抗して発揮される力を増大させるには 一定速度でのランニングにおいては、打ち勝つべき水平方向の抵抗はほとんどないかゼロであり、離地前に身体の前進速度を増大させる推進力があれば、着地時に身体の速度を低下させるブレーキ力は容易に相殺されると考えられています。 また重力に打ち勝つ必要上、補助を必要とするのはストライドの鉛直成分のほうになります。 したがって、重力に抵抗して発揮される力を増大させれば離地時の鉛直速度が増大し、その結果、走速度の向上が得られると予想されます。 ww…

サッカーにおけるシーズン中のトレーニング(サッカーのパフォーマンスにおいて、同時トレーニングとは、筋力、パワートレーニングと有酸素性コンディショニングを並行して実施することを意味する)

…ワートレーニングと有酸素性コンディショニングを並行して実施することを意味します。 同時トレーニングが、筋力トレーニングの効果に干渉作用をもたらす可能性があることが示唆されています。 Leveritt&Abernethyは、高強度の間欠的運動を筋力トレーニングの直前に実施すると、筋力トレーニングを完遂する能力が低下する可能性があると示唆しています。 Sporer&Wengerは、先に有酸素性運動を実施すると、その後、最大8時間にわたって筋力トレーニングのパフォーマンスに影響を及…

パフォーマンス向上のための負荷(発揮パワーは効率的な神経筋プロセスの結果、競技力に重要な要素である為、疲労がレップの質にマイナスの影響を及ぼさないように注意すべきである)

発揮パワーを最大化するには パフォーマンス向上のために、トレーニング経験を積んだ選手は、発揮パワーを最大にする負荷を用いるべきとされています。 力と速度の逆相関関係を前提とすると、比較的重い負荷を用いることは低速での大きな力発揮を引き出し、その逆もまた同様です。 www.nakajimabonesetter.com

トレーニングに対する硝酸塩の影響(血漿硝酸塩濃度に対するBRの急性効果のためには、トレーニングあるいは試合のおよそ2.5時間前にBRを摂取することが推奨される)

…tter.com 有酸素性パフォーマンスへの影響 有酸素性パフォーマンスに対する急性効果は、長期間の補給によるパフォーマンスの向上の可能性を示唆しています。 BPは疲労耐性の向上をもたらし、トレーニング量を増加させ、その結果、パフォーマンスに利益をもたらすと考えられています。 定期的にBRを摂取している間は、セッション中の運動量や運動強度が増加するため、BRの摂取がトレーニングに対してより大きな適応をもたらすと考えられます。 今後はさらに、レジスタンストレーニングに対するBR…