Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酸素 の検索結果:

プロサッカー選手におけるYo-Yo IRテスト(国際レベルの選手のほうが国内レベルの選手よりも試合中の高強度ランニングが多いことが明らかされている)

…51.2008 最大酸素摂取量の科学作者:山地 啓司発売日: 2001/03/01メディア: 単行本 【日本正規品・日本語版】GARMIN(ガーミン) ForeAthlete® 235J BlackRed フォアアスリート235J ブラックレッド + TRAN(R) トラン - ガーミン フォアアスリート 230J/235J 対応 液晶保護用ガラスフィルム セット (ネットプランニング(R))メディア: その他 毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 月間たった80k…

のどの腫れや痛みはなぜ起こる?

…が、ひどくなると強い痛みを感じるのは、こうしたメカニズムのためです。 www.nakajimabonesetter.com 【指定第2類医薬品】新コンタック かぜ総合 24カプセル ※セルフメディケーション税制対象商品 発売日: 2017/08/28 メディア: ヘルスケア&ケア用品 中島恵 Nakajima整骨院ホームページはこちら INDIBA(インディバ)について 酸素カプセルについて パーソナルトレーニングについて www.nakajimabonesetter.com

発熱はなぜ起こる?

… ホーム&キッチン 酸素カプセル・インディバで基礎体温をアップ、免疫力アップしウイルスに負けない身体を作っていきましょう。 ・酸素カプセル について twitter.com ・インディバ・アクティブについて 中島恵 Nakajima整骨院のホームページはこちら Nakajima整骨院staff on Instagram: “来院の際はアルコール消毒準備してあります。 #nakajima整骨院 #酸素カプセル #酸素 #疲労回復 #横浜 #ヨコハマ #みなとみらい #桜木町 #…

運動と食事摂取における代謝調節の概要(65%VO2max{最大酸素摂取量}以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少する)

…水素、炭素、窒素及び酸素の安定同位体を測定する)を用いた初期の研究によると、65%VO2max’(最大酸素摂取量)以上の強度では、CHOの利用率が圧倒的に高いのに対し、脂質の酸化が減少することが示されています。 さらに、中強度のエクササイズをより長時間行うにつれて、CHOへの依存度が低下し、脂肪組織の分解から得られる血漿中の遊離脂肪酸への依存が増します。 このような基質の利用の変化を制御している正確な細胞内メカニズムは、簡単に言えば、高強度エクササイズに伴って増加した解糖流量…

長距離選手の筋力トレーニング(筋におけるパワー発揮を高める:中枢神経系に刺激を与え運動単位の動員を促し、ランニング効率と持久的パフォーマンスを向上させる)

…すものは、骨格筋の有酸素的および無酸素的代謝能力のほか、神経-筋コーディネーション、骨格筋の力学およびエネルギー学的要素、および代謝性パワーの機械的パワーへの変換効率になります。 走っているとき、足は地面にほんの一瞬しかつかず、そのような短時間ではとても最大の力発揮はできず、これは、力の立ち上がり速度(RFD)を高めることが重要という事を示しています。 www.nakajimabonesetter.com パワー系の筋力トレーニング パワートレーニングは、高重量を用いるトレー…

クレアチンの摂取とトレーニング(筋クレアチンとクレアチンリン酸の濃度が上昇し、除脂肪体重、筋力、スプリントパフォーマンス、パワー、力の立ち上がり速度、筋の直径などが増大する)

クレアチン摂取とパフォーマンス増強 豊富な研究結果が、クレアチンの摂取によるパフォーマンス増強効果を裏付けています。 www.nakajimabonesetter.com

固有感覚と爆発力(アイソメトリック:等尺性における安定性の優れた基礎が構築されていると、動作の必要性が生じた場合に、固有感覚、すなわち動作を伴う関節安定化の作用によって、より素早く効率的な反応が調整される)

…ることで、望ましい無酸素性トレーニング効果を促進させることも可能になります。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522 …

骨格筋低周波電気刺激法:EMSによる運動療法の可能性(電気刺激は低い運動強度で解糖系エネルギー利用の高い速筋線維の動員を可能にし、筋エネルギー消費、グリコーゲン代謝、糖代謝を活性化できる有用な手段である)

EMS

…疾患などのために、有酸素運動を行えない人々が多数存在します。 さらに、糖尿病合併症や心血管系合併症などの臓器障害により運動制限を必要とするクライアントも多く認められます。 このような人々は、身体の不活動がもたらす不利益を受けなければならない状況にあり、有酸素運動やレジスタンストレーニングなどの代償となる運動方法の開発が望まれていました。 近年、骨格筋低周波刺激法:EMS(体表に貼り付けた表面電極を介して骨格筋に電気刺激を加え、筋収縮を誘発させる)を利用して、糖・エネルギー代謝…

EMSトレーニングと競技特異的トレーニングの併用(電流の「強度(ミリアンペア)」とそれによって「引き起こされる力(%最大随意収縮)」は強い相関関係がある)

EMS

…ることがなく筋力と無酸素性パフォーマンスを向上させる可能性があります。 EMSトレーニングはトレーニングセッションの初め(すなわち準備段階の最初)に1回10~15分で、3~4週間にわたって週に2~3セッション行うことが最も効率が良いと報告されています。 電流の「強度(ミリアンペア)」とそれによって「引き起こされる力(%最大随意収縮)」は強い相関関係にありますが、EMSトレーニング強度をきちんと定量化するためにはこの2つを常に厳密に制御しなければなりません。 また、少なくとも最…

EMSトレーニングが競技パフォーマンスに及ぼす効果(最大筋力、無酸素性発揮パワー:垂直跳びとスプリント能力の有意な向上が認められた)

EMS

…、場合によっては、無酸素性の発揮パワー(マットスイッチと光電管を利用して測定した垂直跳びとスプリント能力)の向上が認められたことを報告しています。 www.nakajimabonesetter.com 競技パフォーマンスとEMS 年 第一著者 競技 筋 週(セッション回数/週) EMSのタイプ(設定、周波数Hz) 主な知見 1989 Delitto ウェイトリフティング Q 6(3) I-LE;2500 ↑ウェイトリフティング 1989 Wolf テニス Q 3(4) C-S…

有酸素性運動のためのHMB摂取の有益性(回復を促進し、筋損傷を軽減、2週間のHMB摂取によりVO2ピークまで時間が延長(8%)、血中乳酸濃度蓄積開始点の%VO2maxが向上した)

有酸素性運動のためのHMB摂取の有益性 HMBが回復を促進し、長距離走後の筋損傷を軽減する 持久系アスリートにおけるHMB(ロイシンから合成されるHMBには、細胞内での筋たんぱく質合成を制御する働きがあります)の効果に関する研究は多くはありませんが、その結果はかなり有望です。 Knitterらの研究において、HMBが回復を促進し、長距離走後の筋損傷を軽減することが明らかになりました。 また、Vukovichらの研究では、エリート自転車競技選手において、2週間のHMB摂取により…

身体における成長の遅速の問題(平均的なU-13において、身長の最大発育速度(PHV:Peak Heght Velocity)を迎える)

…す。 ただし、無酸素性能力や下肢筋パワーについてはPHV年齢以降の1~2年にわたって大きく発達することも示しています。 ここで注意が必要なのは、発育スパートを迎えるタイミングが選手によって異なり、PHV年齢には最大5歳程度の個人差があることです。 そのため、同じU-13チームにも発育スパートを早く迎えPHVを過ぎた早熟な選手と、これからPHVを迎える晩熟な選手が混在することになります。 結果的に、同じ暦年齢であるにもかかわらず、無酸素性能力や下肢の筋量・筋パワーに大きな違いが…

急性外傷とRICE(コールドスプレーは筋スパズムや筋・筋膜トリガーポイントなど神経終末には作用は認められるが、深部組織への効果はないとされる)

…傷部位周辺が二次的低酸素症にさらされると、内出血、腫脹が拡大します。 したがって、受傷後すぐに受傷部位周辺の組織温度を下げるとともに、安静、圧迫、挙上によって二次的低酸素症を軽減し、組織の損傷度合を最小限にすることが求められます。 ※受傷直後ではなく、帰宅後のRICEでは、すでに内出血や腫脹が進行し、二次的低酸素症が時間の経過とともに拡大し怪我が悪化します。 練習や試合への早期復帰のためにもRICE実施のタイミングは非常に重要なポイントになります。 www.nakajimab…

スピードとアジリティ:その定義とトレーニング(スピードを向上させるには、アスリートの身長や体重に関係なく、ストライド長とストライド頻度を最大限に向上させなければならない)

…キュラム 基本的な有酸素性能力のプレコンディショニング スプリントのフォーム作りと基本的な無酸素性能力のトレーニング ストライド長のトレーニング ストライド頻度のトレーニング パワーと加速力のトレーニング プレコンディショニングのレベルでは有酸素性能力の向上を目標とします。 つまり、基本的な有酸素性能力を高め、アスリートにスプリントを指導できるようにします。 ハイニーグラブやハイニーウォーキング、バットキックウォーキング、バットキックなど、特異的なダイナミックウォームアップド…

筋力を最大化するためのパワートレーニング(最大筋力を発揮する能力とパワーを発揮する能力とは、互いに異なる能力であることを考慮する)

パワートレーニング トレーニング概念 一般にパワーリフティングのルーティンでよくみられる方法は、筋力パフォーマンスを向上させるためにパワーの向上に重点を置きます。 筋パワーの低下は、バックスクワットおよびベンチプレスの挙げる動作局面の序盤、デッドリフトのリフトオフの局面、そしてそれぞれのリフティングのスティッキングポイントといわれる部分に悪影響を及ぼす事が示唆されています。 www.nakajimabonesetter.com

トレーニング変数(解糖系の多量のボディビルスタイルプログラムは、少量のルーティンより急性テストステロン濃度を大きく高め筋肥大を促す)

トレーニング変数 トレーニング量 1セットは、休息なしで継続的に実施するレップ数を意味し、トレーニング量は、当該トレーニングセッションで完遂した全レップ数とセット数および負荷の積と定義できます。 筋肥大の増強に関しては、一貫して、より多量である複数セットのプロトコルが、単一セットよりも優れていることが証明されています。 www.nakajimabonesetter.com

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

有酸素性能力 下肢の筋量・筋パワーとYo-Yo IR2テスト U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。 すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期…

クレアチン(筋内のクレアチンリン酸貯蔵量を増やすことは、高強度エクササイズのパフォーマンスに関与するホスファゲン機構で細胞の生体エネルギーを高める)

…う間の仕事量など、無酸素性運動パフォーマンスの多くの要素を改善します。 www.nakajimabonesetter.com クレアチンとクレアチンリン酸 食事から摂取するクレアチンが増加すれば、筋内の総クレアチンとクレアチンリン酸の濃度も増加します。 さらにクレアチンリン酸の貯蔵量は、特に高強度エクササイズ中のエネルギー代謝に大きな貢献的役割を果たし、理論的には、筋内のクレアチンリン酸貯蔵量を増やすことは、高強度エクササイズのパフォーマンスに関与するホスファゲン機構において…

ヒトのエネルギー供給機構(3大栄養素のうち、炭水化物だけが直接的に酸素無しでエネルギー産生の為に代謝され、ATPの化学結合に蓄えられたエネルギーは、筋活動を行うために使われる)

…ホスファゲン機構 無酸素性機構、酸素を必要としない。 解糖系 2つのタイプがあり、速い解糖、遅い解糖がある。 酸化機構 有酸素性機構、酸素を必要とする。 ※3大栄養素のうち、炭水化物だけが直接的に酸素無しでエネルギー産生の為に代謝され、ATPの化学結合に蓄えられたエネルギーは、筋活動を行うために使われます。 さらに、骨格筋でのエネルギーでの再合成は3つの基本的なエネルギー供給機構でなされます。 www.nakajimabonesetter.com ホスファゲン機構 ホスファゲ…

パフォーマンスの基礎となるプレシーズン期(試合期が近づくにつれて、予備テストと継続的評価によって決定された適切な特異的トレーニングを行うことが最優先される)

…ジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、および除脂肪体重が含まれますが、それだけに限られるわけではありません。 特に重要となるのは、トレーニングスケジュールであり、選手の身体能力を評価する必要性を高め、ひいては有効なプレシーズン期のコンディショニング処方を設計することを要求することです。 プレシーズン期にあらゆる構成要素に対処することは重要ですが、対立する身体能力特性を同時にトレーニングすることは逆効果を招く可能性があり、例として有酸素性トレーニングは行き過ぎると、除脂肪体重や筋力…

レジスタンス・サーキットトレーニングと乳酸性作業閾値(高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する)

…性作業閾値 乳酸 有酸素性エクササイズは、反復的で循環的な運動とみなすことができますが、そのような運動を高強度(75%VO2max)で行うと、血液と筋に乳酸が蓄積する場合があります。 この乳酸の蓄積が除去量を上回るポイントが乳酸性作業閾値であり、これは最終的には筋活動の一時停止引き起こしかねません。 閾値への到達点を変えることができれば、運動中の筋疲労に至るまでの時間を遅らせ、パフォーマンスに変化をもたらすことが可能となります。 レジスタンスサーキットトレーニング中に乳酸値が…

レジスタンスサーキットトレーニングの身体の適応(運動中における身体の最大酸素摂取量の上昇、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が起こる)

…中における身体の最大酸素摂取量)の上昇が一部にみられるほか、疲労困憊に至るまでの時間の遅延、安静時血圧の低下、筋力の向上、および血中コレステロール濃度と血中ホルモン濃度の変化が挙げられます。 www.nakajimabonesetter.com レジスタンスサーキットトレーニングとは レジスタンストレーニングの1手法としてレジスタンスサーキットトレーニング(RCT)は、ステーション、すなわちウェイトトレーニング機器を使用し、規定の休息時間を挟んで行う多様なエクササイズによって…

最新の生体エネルギー学(高強度運動中のATP産生クレアチンリン酸(PCr)が継続的に最大18分間にわたって利用されている)

…、遅い解糖系である有酸素性機構)に分けられます。 3つの機構がエネルギーを供給する時間帯は、通常、それぞれ運動開始後の0~10秒、10秒~30秒、30秒以降であるとされています。 しかし、高強度パワー運動時には、各エネルギー機構によるこのようなエネルギー供給時間は全く当てはまりません。 www.nakajimabonesetter.com アデノシン三リン酸 筋におけるアデノシン三リン酸(ATP)産生の最初の主要基質はクレアチンリン酸(PCr)になります。 PCrの利用は、運…

ウォーミングアップの生化学反応と生理学観点(ウォーミングアップを行うことで酸素摂取量が容易になり、運動初期の酸素不足は少なくなり、運動中に利用できる有酸素エネルギーは増加するので運動の遂行に有利になるとされている)

…動による体温の上昇 酸素の供給量増加:ヘモグロビンの酸素解離曲線が右に移動するため、酸素の解離が容易になって活動筋に対する酸素の供給が多くなります。 エネルギーの発生:生化学反応が促進されるために多量のエネルギーを発生させます。 筋粘性低下・障害予防:筋の粘度が低くなるために俊敏な動きを行いやすく、運動による障害のリスクが軽減します。 体温上昇の軽減:トレーニングの継続によって、一定強度の運動による体温上昇が軽減されます。 www.nakajimabonesetter.com…

運動中の糖質の代謝(50~65%VO2peak以上強度が高まると筋グリコーゲンに対する依存が高まる)

…されるか、または、有酸素性(酸化)代謝のためにミトコンドリアに入ります。 運動強度が高くなると利用できる酸素が減少し、タイプⅠ線維より、ミトコンドリアの少ないタイプⅡ線維が動員されるために、糖質への依存が高まり、より多くの乳酸が産生されます。 運動強度が高まる際に、エネルギー基質としての糖質への依存が増大することは、高強度運動中の呼吸変換効率の上昇と血中乳酸濃度により明らかになっています。 エネルギー消費に対する脂肪酸の寄与率はおよそ50~65%VO2peakで最大値に達する…

高強度運動時のアシドーシスの原因(筋内乳酸の蓄積は、ミトコンドリアが適切な割合でATPを供給できなくなるタイミングとされる)

…r.com 乳酸は有酸素性機構のための糖の中間体 乳酸は代謝産物というよりも、速い解糖系(2ATPを産生)によって生み出された、有酸素性機構のための糖の中間体とみなすほうが適切になります。 これがモノカルボン酸輸送担体(MCT)によってミトコンドリアに入り、クレブス回路(36ATPを産生)で酸化されます。 実際、持久系アスリートはMCT受容体と酸化酵素を多く有しているために、VO2maxに対する比率(%VO2max)が高まっても乳酸を産生することができます。 したがって、乳酸…

健康の生理学的指標にサーキットトレーニングがもたらす効果(週3日50~60%1RM強度で10週間行う事でHDL値上昇、グルコース処理能力も改善する)

…麻痺お客を対象に、有酸素性の筋力向上サーキットと漸進的過負荷を用いた研究においては、低密度リポタンパク質コレステロール(LDL-C)および総コレステロールの対HDL-C比の低下も認められました。 グルコース処理能力に与える影響 そのほかサーキットトレーニングを1日3セット、50~60%1RM強度で10週間行った研究では、グルコース処理能力の改善もみられました。 グルコース処理能力の潜在的な改善効果は、2型糖尿病とリポタンパク質をコントロールする上で、レジスタンスサーキットトレ…

ランニングスピード向上のためのトレーニング(パワーと力積の両方を左右する発揮筋力とテクニックドリルはスピードを向上させる重要項目になる)

ランニングスピード向上のためのトレーニング テクニックドリルの重要性 スピードを向上させるには、身体のコンディショニングを行う総合的な反復的スプリントだけではなく、テクニックドリルや筋パワーを向上させる運動も必要になります。 テクニックドリルはランニングメカニクスの改善と維持を目標としており、次のようなエクササイズが含まれています。 Aマーチ、Aスキップ、Bマーチ、Bスキップ、ファストレッグ左・エブリーサードステップ、ファストレッグ右・エブリーサードステップ、ファストレッグ左…

長距離ランナーのための有酸素性能力(VO2maxを向上させるには最大強度付近でのインターバルトレーニングが有効{58mL/kg/minを超える})

…離ランナーのための有酸素性能力 有酸素性能力を決める要因 有酸素性能力を決める要因は3つあり、「最大酸素摂取量:VO2max」「乳酸組成作業閾値:LT」そして「ランニングエコノミー:RE」になります。 最大酸素摂取量と乳酸組成作業閾値の適応は同時に起こるとされ、高強度インターバルトレーニングが最適とされています。 ランニングエコノミーは、筋力、パワー、およびプライオメトリックトレーニングが最適とされ持久系トレーニングの1/3をジムベースのトレーニングに置き換えると最も効果が高…

疲労耐性に対する持久的トレーニングの効果(全発達段階を通じて、成熟と技能的スキルの両方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要がある)

…方を考慮しながら、有酸素性能力を発達させる必要があります。 最新の研究レビューから、初心者アスリートの疲労耐性の向上を目的に実施する課題は、楽しくできること、またゲームプレイを含む有酸素性でインターバルに基づく課題を行なう間に技術的スキルを身につけることに焦点をあわせるべきとされています。 アスリートが発達段階の後半に入って成熟するにつれて、有酸素性能力と技術的スキルを高めるために、高強度のSSGにより大きな重点を置くことができます。 www.nakajimabonesett…