Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

酸素 の検索結果:

股関節形成術後の有酸素性エクササイズ(手術後の最初の8週間は、ハリス股関節質問票により評価をし、中強度でゆっくりと長距離を走る下半身のための心臓血管系エクササイズで予備心拍数の40~60%が適切である)

股関節形成術後の有酸素性能力 股関節形成術(HA)を受けた多くのクライアントは長年にわたる身体障害と活動レベルの低下を経験しているために、有酸素性能力も低下しています。 したがって、これらのクライアントが有酸素性能力と持久力を回復し、生活の質を向上させることができるように、心臓血管系の強化を狙ったエクササイズを実施することが有益とされています。 特異性の原理に従うと、特に、歩行を中心とするトレーニングは、HA後のクライアントの正常な歩行運動を回復し機能的能力を復活させる上で適…

モントリオール大学トラックテストUMTT:The University of Montreal Track Test(UMTTで達成された速度{vUMTT}は、実験室で行ったトレッドミル試験の測定値と同程度に正確なvVO2maxの推定値を提供する)

…TTプロトコルは、無酸素性エネルギー機構の貢献をわずかに増加させる可能性があり、これは完全な疲労困憊また途中棄権が起きた時点で終了し、MRSが計算されるためです。 このテストはサッカーなどのスポーツで使われてきましたが、持続的で線形のトレーニング様式を用い、有酸素性持久力に依存するあらゆるスポーツに適しているとされます。 www.nakajimabonesetter.com 最大下トレーニング処方のためのテストプロトコル テスト 様式 プロトコル 開始速度 速度の上昇 最終速…

喘息のクライアントへのエクササイズ(有酸素性コンディショニングプログラムを実施することで最大酸素摂取量、換気量が上昇し、喘息のコントロール全般を間接的に改善する上で役立つ)

…アントは一般的に、有酸素性およびレジスタンストレーニングを含むトレーニングに対する十分な耐性を有するという既存のエビデンスを支持しています。 さらに、同レビューは、フィジカルトレーニングによって、喘息のクライアントへの最大酸素摂取量に臨床的に有意な上昇がみられ(平均差:5.57ml/kg/分、95%信頼区間CI:4.36~6.78)とのエビデンスを示しています。 自転車運動、グループエクササイズ、水泳などのフィジカルトレーニングプログラムを1回30~60分、週2~3回実施した…

最大下のトレーニングのための走速度の決定(12分間クーパー走テストは、パフォーマンスがトレッドミルで限定されるVO2maxに有意に関連付けられる持続的フィールドテストになる)

…される持続時間は、無酸素性機構の関与が低下して、有酸素性機構の貢献が最大となるために必要な時間が根拠となっています。 vVO2maxでの疲労困憊までの平均時間は4分から8分の間であり、有酸素性機構に最大ストレスをかけてvVO2maxを調査するために必要な時間は4分58秒であることが報告されています。 さらに、vVO2maxと5分間タイムトライアル(v5TT)および1500mトライアルの平均速度の間には、有意な相関関係が報告されています。 したがって、同じ生理学的状態がより時間…

パワーを増大させるトレーニングとしてのプライオメトリックス(このタイプのトレーニングは、特に下肢パワーが活動の主な構成要素である場合に、無酸素性パワーを増大させる手段として促進されてきた)

…要素である場合に、無酸素性パワーを増大させる手段として促進されてきました。 プライオメトリックスエクササイズ後にパワー発揮の増大が認められる理由は、プライオメトリックスエクササイズにおける運動単位の作用方法に伴って、タイプⅠおよびタイプⅡ両方の筋繊維サイズが増大することにあると考えられています。 共同筋の活性化と収縮に伴って拮抗筋が抑制される事が、プライオメトリックスエクササイズによってパワー発揮の増大が得られる重要な理由の一つであるかもしれません。 www.nakajima…

亜硝酸塩の摂取(血中硝酸塩を増加させることは、血行動態に好ましい変化をもたらし、短期的な運動パフォーマンスの向上をもたらす可能性があることが示されている)

…流を増やすことは、有酸素性および無酸素性双方のパフォーマンスにおける運動容量を増大させます。 さらに、血流の増加により栄養補給も増加するため、回復を促進する可能性もあります。 このような潜在的理由から、一酸化窒素の産生促進効果があるとされるL-アルギニンのサプリメントの人気は、この10年間で特に高まってきています。 しかし、研究では、L-アルギニンの摂取により血管拡張が増大することは裏付けられていません。 対照的に、ビーツジュースなどの硝酸塩濃度の高い食物を摂取することは、血…

ロッククライミングの生理学的要求(握力の持久力低下と相関しているクライミング中の血中乳酸濃度は3~10mmol/Lに達すると報告されている)

…クライマーはそこで有酸素的に回復し、チョークを手につけ、次のムーブを計画します。 ただし、クライミング中の休息時間の長さは個々のルートの状況によって異なり、例えば、簡単なホールド(壁にとりついた状態を保つのに高強度の等尺性筋活動を必要としない)の上では30秒以上休息するかもしれませんが、すべてのホールドが高強度の等尺性筋活動を要するような高難度のルートで休息する場合は、登攀することに最大限の代謝エネルギーを費やすために、チョークをつけるのに使う時間を最小限に抑えがちになります…

代謝コンディショニングのパラメータを最大限に発達させるには(有酸素性、無酸素性機能の正確な評価は、最大酸素摂取量{VO2max}での速度{vVO2max}になる)

…は、筋力、パワー、有酸素性および無酸素性コンディショニングなど幅広い身体能力が必要になります。 これらのパラメータを最大限に発達させるためには、それぞれのアスリートに合わせて、トレーニング強度を個別に設定しなければなりません。 一般化されたトレーニング処方では、あるアスリートにとって運動強度が低すぎたりあるいは高すぎたりする結果、適応が全く起こらなかったり、オーバートレーニングを引き起こす可能性があります。 www.nakajimabonesetter.com トレーニング速…

身体不活動時の酸化シグナルと骨格筋リモデリング(活性酸素ストレスが長期の骨格筋の不活動でも発生することや不活動条件下での酸化還元の障害が、筋萎縮や筋核アポトーシス{細胞死}による筋リモデリングを制御していることはよく知られている)

反応性酸素分子種(ROS) 反応性酸素分子種(ROS)の一過性増加は、細胞の適応と生存を助長しますが、長期にわたるROS産生はシグナル伝達経路に異変を起こし、タンパク質分解や細胞死につながります。 活性酸素ストレスが長期の骨格筋の不活動でも発生することや不活動条件下での酸化還元の障害が、筋萎縮や筋核アポトーシス(細胞死)による筋リモデリングを制御していることはよく知られています。 逆に、不活動性筋萎縮は細動外抗酸化物質濃度の増加で遅らせることが可能になります。 www.nak…

酸素カプセルのユーチューブ作ってみました。

酸素カプセルのYouTube作りました。 是非ご覧ください。 酸素カプセル紹介 マスク生活での酸欠による体調不良にも www.nakajimabonesetter.com 中島恵