Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

酸素 の検索結果:

身体能力テストを行う際のガイドライン(有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適している)

…す。 例えば、有酸素性能力を評価するには、YYIRテストがエリート選手の有酸素性能力の把握に最も適しています。 コースが複雑なアジリティテストだけではなく、方向転換を含まない直線的スピードテスト(加速度と最大速度の両面で)も実施するべきとされています。 この2つは相関関係にあるものの、身体能力要素としては別物であるため、両方のテストを実施することによって判別妥当性が向上すると考えられます。 www.nakajimabonesetter.com 直線的スピードは、サッカーに対す…

プレシーズン期の準備トレーニング(競技特異的適応を促すために特異的なコンディションを向上させるには、乳酸耐性トレーニング(LAT)、無酸素耐性トレーニング(ATT)、リン酸系トレーニング(PST)が推奨される)

…ジリティ、柔軟性、無酸素性持久力、除脂肪体重などの諸特性を向上させる時期になります。 この時期の重要性を考えるとS&Cコーチは、上記の目標に対処するトレーニング処方を開発し、監督する必要がある一方で、チームの身体能力およびスキルレベルを検討する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com プレシーズン期に入る前の一連のテスト スタティックVSカウンタームーブメントバーティカルジャンプ:スコア間の有意差は、下肢筋力またはパワーの相対的欠如を示し、差が有…

サッカーにおける最大スピードの分析(Jullienらによると、若年の成人男性サッカー選手の10mスプリントの平均タイムは1.85秒になる)

サッカーにおけるスピードとは 最大スピードの分析 最大スピードの分析には様々なテストが利用されていますが、20~40mの直線距離をスプリントさせることが多くなります。 加速力を考慮する必要がない場合は静止スタートで測定されますが、これはフィールド競技の動作に特異的ではないため、最大スピードは「ローリング」スタートで測定されることが多くなります。 測定機器の利用が可能であれば、テストの効率化のために、1回の試技において10m地点とゴール地点の2か所でタイムを計り、加速力と最大ス…

ヨーヨー間欠性テストには2つのバリエーションがある(ヨーヨー間欠性テスト(YYIE)は回復時間が5秒であり、ヨーヨー間欠性回復力テスト(YYIR)は回復時間が10秒になる)

…Players 最大酸素摂取量の科学作者: 山地啓司出版社/メーカー: 杏林書院発売日: 2001/03/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 【日本正規品・日本語版】GARMIN(ガーミン) ForeAthlete® 235J BlackRed フォアアスリート235J ブラックレッド + TRAN(R) トラン - ガーミン フォアアスリート 230J/235J 対応 液晶保護用ガラスフィルム セット (ネットプランニング(R))出版社/メーカー: GARMI…

サッカーの指導現場でのYo-Yo IRテスト(Yo-Yo IRテストの結果が、サッカー選手が試合でみせる持久力と強く相関がある)

…ング速度より速く、有酸素性とともに無酸素性エネルギー供給系にも強く負荷されます。 www.nakajimabonesetter.com Yo-Yo IR1テストとYo-Yo IR2テスト Bangsboらは、ユース(12~16歳)選手や中程度にトレーニングされた選手にはLevel1の実施を、プロサッカー選手にはLevel2の実施を推奨しています。 しかし、Yo-YoテストのCDに添付された説明書にはYo-Yo IR1テストの結果が800m以上の選手には、Yo-Yo IR2テス…

脱水と水分補給における競技パフォーマンスへの影響(口渇反応のメカニズムは、血漿浸透圧が280~295mOsm/kgH2Oの範囲に維持されるように作用する)

脱水とパフォーマンス 体水分とパフォーマンス 最近の研究により、体水分が正常な状態で運動を開始することの重要性が明らかになっています。 脱水状態で運動を開始すると、心拍数と深部体温の上昇により、パフォーマンスと生理学的機能が低下することが明らかになっています。 研究の結果、若年者を含むアスリートは練習開始時、さらには競技イベントの開始時でさえ脱水状態であることが多いと複数の報告があります。 したがって、このようなアスリートに対しては、特に運動開始時における自身の水分補給につい…

最大酸素摂取量とYo-Yo-test(多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行っている)

…nce)”というと有酸素性能力を指すことが多くなり、多くの指導者はYo-Yo IR2テストと同時に、有酸素性能力の代表値である最大酸素摂取量(ml/Kg・min)の測定も行ってきました。 Yo-Yo IR2テストと最大酸素摂取量の測定結果には、育成年代において年齢変化の観点で多くの相違点があり、先行研究では、プロサッカー選手を対象にした場合、Yo-Yo IR2テストの結果と最大酸素摂取量には有意な相関相関があるものの、その相関係数は0.47~0.58の中程度であることが報告さ…

筋疲労と若年アスリート(疲労に起因する神経筋コントロールの低下により、ACL断裂、足関節捻挫などのスポーツ傷害に対するリスク因子が増加する)

筋疲労 筋疲労とは 筋疲労は、筋力とパワーの最大発揮能力が徐々に低下することと定義できます。 したがって、筋疲労が発生した後は、最大下の筋収縮が持続することを意味しています。 疲労はスポーツ課題を実行中の神経筋コントロールの変化と下肢の動的な関節安定性の低下に関連します。 さらに、疲労はコーディネーションの低下、固有感覚の変化、膝や股関節の屈曲の減少など、下肢のバイオメカニクスの変化、膝の動的外反、地面反力の増加、関節が安定するまでの時間の増加などとも関連があります。 www…

水分補給と環境条件による競技パフォーマンス(暑熱環境下においては、水分欠乏に加えてかなりの暑熱負荷がかかることが予想されるため、自分のペースで運動できることは非常に重要になる)

水分補給と暑熱環境下 体重減少と競技パフォーマンス パフォーマンス低下を防ぐために、2%以上の体重減少を避けることを推奨していますが、その一方で、近年のメタ分析は、体重減少がかえって自転車タイムトライアルの結果を向上させた可能性があると結論づけています。 ただし、これらの自転車タイムトライアルは、温和な環境条件下(気温26℃)で行われた点に注意しなければならず、2%以上の体重減少を避けることは、複数の研究においては、これを支持する結果が出ています。 www.nakajimab…

水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響(3%の体重減少によって、上下肢の無酸素性パワー発揮能力が低下、運動中の心拍数上昇、主観的運動強度の上昇、およびレップ数の低下がみられた)

…分補給 水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響 水分補給が無酸素性運動に及ぼす影響については、1~3%余りの体重減少を生じさせる水分欠乏によって、無酸素性パフォーマンスが低下したことが一部研究で明らかになりました。 その中には、水分欠乏によって、バスケットボールとサッカーのスキルパフォーマンスが低下したとする研究もあり、また、筋力とパワーが脱水の悪影響を受けたとする研究もあります。 www.nakajimabonesetter.com パフォーマンスに影響を与える因子 Hayes…

3,200m走テスト(3,200m走は、最大酸素摂取量(ml/kg・min)やV-OBLA(OBLA出現時の走速度)の有酸素性能力指標と有意な相関関係にあり、また成熟段階の影響を受けない)

3,200m走と最大酸素摂取量 U-14以降の選手のYo-Yo IR2テスト U-14以降の選手の場合、Yo-Yo IR2テストでは、有酸素性能力の発達を妥当に評価できないことがわかっています。 一般的に有酸素性能力は中学生時代にトレーサビリティが高く、その年代以降よりも効率よくその能力を高めることができます。 すなわち、この時期に積極的に有酸素性トレーニングに取り組み、有酸素性能力を高めておくことが、将来の間欠的運動能力の高さに効いてきます。 確かに、中学生年代の選手に対し…

サッカーの試合において激しい身体活動を行う能力、およびそこから回復する能力の重要性(最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていた)

…から回復する能力(無酸素性持久力)もまた、サッカーのパフォーマンスに影響を及ぼすことが示されています。 最高レベルの選手は、平均レベルの選手と比較すると、試合の最も激しい局面において2倍の無酸素性ランニングを行っていました。 そして、そのような激しい身体活動から素早く回復して、それを反復することができる選手は、特に接戦状況において優れたパフォーマンスを示すと考えられています。 トレーニング研究によると、高強度の身体能力において向上を示し、試合による疲労が低下しました。 したが…

サッカー選手の身体活動(サッカーに特異的な20mシャトルランテスト、いわゆるヨーヨー間欠性テストはBangsboらによって開発され、1994年に発表された)

…動 UMTT(最大有酸素速度) 試合中の選手の身体活動は一定であり、この点においてはUMTT(最大有酸素速度)のような連続的ランニングテストは適切ですが、動作の方向とペースは厳しいランニング、ジョギング、ウォーキング、そして完全な休息にわたって頻繁に変化します。 Ramsbottomらは、20mの漸進的シャトルラン(20mの距離に置かれた2つのマーカーの間を走るスピードを漸進させる)と、呼気を採取してVO2maxを直接測定する実験室でのトレッドミルテストを比較しました。 その…

サッカーにおけるランニングスプリント(短時間の反復スプリントテスト:RST(12×20m、回復時間20秒)におけるPD(パフォーマンスの減衰)とVO2peakの間には有意な相関関係がある

…プ数の増加に伴って有酸素性機構の関与が増大したことを示しています。 Bangsboは、上記テストに類似したテストを開発し、7回のスプリントを回復時間25秒で行うものですが、10~20mの間に横へ5mの方向転換が含まれています。 Wraggらは、変動係数1.8%、信頼区間95%として、このテストを信頼性のあるものとみなしました。 この点をみると、このテストは妥当性のあるテストのように思われますが、横への動作にはアジリティの要素が組み込まれています。 www.nakajimabo…

サッカー選手の間欠的運動能力の発達とその評価(近年ではBangsboによって開発されたYo-Yoテスト、その中でもYo-Yo Intermittent Recovery(Yo-Yo IR)テストが世界的に広く利用されるようになってきている)

…Level 1 最大酸素摂取量の科学作者: 山地啓司出版社/メーカー: 杏林書院発売日: 2001/03/01メディア: 単行本この商品を含むブログを見る 【日本正規品・日本語版】GARMIN(ガーミン) ForeAthlete® 235J BlackRed フォアアスリート235J ブラックレッド + TRAN(R) トラン - ガーミン フォアアスリート 230J/235J 対応 液晶保護用ガラスフィルム セット (ネットプランニング(R))出版社/メーカー: GARMI…

前十字靭帯損傷と外反モーション(ACLを受傷した選手は、プレシーズンのスクリーニングにおいて着地の初期接地における膝関節の外転角度が大きく、着地中の最大変位も大きかった)

前十字靭帯と外反モーション 女子アスリートと外反モーション Malinzaらは、女子アスリートはすべてのカッティング課題中に一貫して外反モーションを示し、これはランニング動作に関しても同じであることを見出しました。 また、女子アスリートが男子よりも外反モーションを示す傾向は、男女差のある身長などの因子とは無関係に一貫していました。 例えば、身長に関して数値を正規化しても、女子バスケットボール選手は男子と比べて、着地中に有意に多くの外反モーションを示す傾向にありました。 しかし…

糖質と間欠的運動のパフォーマンス(一般的なトレーニング目標のために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである)

…ために中~高強度の有酸素性および無酸素性運動を行っている間は、1時間あたり30~60gの糖質を摂取すべきである」というものになります。 この推奨基準は、個人的ワークアウト中であっても、この強度で運動しているすべてのアスリートに当てはまります。 しかし、間欠的運動(テニスなど)の場合は必要量が少々異なります。 なぜならば、ジムで利用する一般的な運動様式(一定ペースで行うトレッドミルランニングなど)よりも間欠性が高いからです。 間欠的運動は短時間の高エネルギー活動を特徴とするため…

ランニングと競技パフォーマンス(有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げた)

有酸素性能力 有酸素性能力を測定するフィールドテスト ランニングと競技パフォーマンスに対する関心が増大した1980年代、有酸素性能力を測定するフィールドテストは、連続的多段階トラックテストと、最大努力による多段階シャトルランテストの導入によって変革を遂げました。 これらのテストはいずれも強度が次第に増加して、テストが終わる頃には、被験者の最大努力による運動を必要とし、通常は、録音された音に合わせて運動を行ないます(ビープテスト)。 しかし、それぞれのテストは独自のものであり、…

最大酸素摂取量と年齢変化(最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示した)

最大酸素摂取量と年齢変化 プロサッカー選手と最大酸素摂取量 Jリーグクラブに所属する選手では、最大酸素摂取量には年齢変化がみられず、U13からU18までほぼ一定の約65ml/kg/minを示しました。 この最大酸素摂取量の年齢変化は、上述したYo-Yo IR2テストの結果が暦年齢とともに上昇し続け、暦年齢の強い影響下にあることと大きく異る結果になりました。 さらには、年齢カテゴリーごとにYo-Yo IRの結果と最大酸素摂取量との相関関係を調べたところ、U-13では両者に関係性…

血液の働き ①赤血球

…に欠かせない栄養素や酸素を運ぶ、生存に適した一定の範囲内に保持しようとする性質があり、ホルモンや老廃物の運搬、生体防御や体温調節などの大切な働きにも関与しています。 この生体の恒常性を維持するといった働きをホメオスタシスといいます。 www.nakajimabonesetter.com 赤血球 赤血球は、酸素を各組織に運び、炭酸ガス(二酸化炭素)を運び去る働きをしています。 血液全体の約40%占め、形は中央が凹んだ円板状をしていて、その赤血球内容の約34%は鉄を含むヘモグロビ…

サッカーにおける間欠的運動能力(サッカーの試合におけるエネルギー需要のうち98%は有酸素的に賄われるが、 勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になる)

…需要のうち98%は有酸素的に賄われます。 しかし、サッカーで勝敗を決するのは、ゴール前の競り合いなどで行われるスプリントやジャンプといった、残り2%の高強度な無酸素的活動になります。 つまり、ウォーキングやジョギングなどで疲労回復を図りながら、続く高強度運動をいかに強く、高く、早く繰り返し行なうことができるか、がサッカーで求められる持久力の特徴になります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度ランニングとサッカー選手 Bangsboらは、サッカーの試合…

U-15選手と間欠的運動能力(U-15になると、盤石な選手においても、下肢の筋量・筋パワーがYo-Yo IR2テストを制限することがない程度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響する)

…度まで発達し、より有酸素性能力がYo-Yo IR2テストに影響するようになります。 そのため、早熟な選手と同等の有酸素性能力を獲得していれば、晩熟な選手における間欠的運動能力は、早熟な選手に追いつくことができます。 すなわち、U-13において拡大した早熟な選手と晩熟な選手における間欠的運動能力の差は、その時期の一時的なものであり、晩熟な選手における間欠的運動能力は早熟な選手に遅れて発達し、いずれその差は消失します。 一方で、有酸素性能力の発達状況から間欠的運動能力の発達をみて…

血液の働き ①血漿

…に欠かせない栄養素や酸素を運ぶ、生存に適した一定の範囲内に保持しようとする性質があり、ホルモンや老廃物の運搬、生体防御や体温調節などの大切な働きにも関与しています。 この生体の恒常性を維持するといった働きをホメオスタシスといいます。 血液は、血漿と血球からなり、細胞成分が血球で、液状の間質を血漿といいます。 www.nakajimabonesetter.com 血漿 血液全体の約55%を占め、黄色味を帯びた液体で血漿の90%が水分であり、アルブミン、グロブリンなどのたんぱく質…

脂肪燃焼と空腹状態(エクササイズ前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少するのはインスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量が増加すること、そして、脂肪酸の運搬と酸化にかかわる遺伝子の発現が減少する)

空腹時に行う有酸素性エクササイズ 脂肪の減少を促進させるために空腹時に有酸素性エクササイズを行うという概念は、エクササイズセッション中に燃焼する脂肪量へと効果だけを考えても誤っていると言わざるを得ません。 確かに非鍛錬者においては、複数の研究により、低強度の有酸素性エクササイズ(約60%VO2max)の前に糖質を摂取することにより、ミトコンドリアへの長鎖脂肪酸の流入が減少することが示されています。 その原因は、インスリンの作用により脂肪組織の脂肪分解が制限されること、解糖流量…

加齢性筋肉減弱症(サルコペニア)と栄養(最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきた)

サルコペニアの予防と栄養管理 サルコペニアの予防と栄養管理におけるタンパク質の役割についての最近の知見では、タンパク質と炭水化物を同時に摂取すると高齢者は若年者に比べて同化作用が低下することが明らかになってきました。 また、ロイシン摂取は若年者と高齢者の運動後6時間の骨格筋タンパク質合成を促進させることが報告されています。 ただし、高齢者の骨格筋タンパク質合成は若年者に比べるとスピードが遅く、高強度ではなくても、骨格筋タンパク質代謝は回復、維持されることも明らかとなっています…

ケトルベルの安全性(ケトルベルによる最大心拍数(HRmax)の少なくとも76%に達する活動は、心臓血管系の健康向上に利益をもたらす「活発な」エクササイズに分類される)

…Bトレーニングが、有酸素性体力向上のための基準を満たす十分な強度の課題を心臓血管系に与えると示唆しています。 この研究では、大学生年代の被験者が、35秒の運動と25秒の休息という運動・休息比を利用して、8kg(女性)または16kg(男性)のKBを用いて10分間のトレーニングを行いました。 www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Math/Science Department Kapiolani Community College University …

変形性膝関節症

…頭筋など) ・有酸素運動 ・ストレッチ 装具療法(関節の安定性を改善し内側への負担を軽減して、症状を緩和する) ・膝装具 ・足底版 ほか、疼痛改善のために鎮痛薬や関節内注射をする場合もあります。 関節内注射では、ステロイド関節症に注意が必要です。 そして、保存療法無効な場合、手術療法が選択肢に含まれます。 www.nakajimabonesetter.com 引用元:病気がみえるvol.11運動器・整形外科P400.401.402.403 清田恵 (adsbygoogle =…

肩こり・頸部痛

…から取り入れた栄養や酸素を体の各所に供給するほか、二酸化炭素や老廃物、発痛物質や疲労物質などを回収して流し去る働きを担っています。 血行が悪くなると、本来なら流し去られるはずの発痛物質や疲労物質が筋肉に留まってしまうため、痛みやこりが起こるのです。 一般的にその個人の体系や生活様式に起因するものと、病気によって二次的に引き起こされるものとに分ける傾向があります。 冷えやストレス、喫煙は筋肉が緊張し、血行が悪くなく原因に 頸や肩のこり、腰痛、腕や手の痛みなどをさらに悪化させるも…

医薬品に共通する特性と基本的な知識 副作用 登録販売者の知識

副作用とは、医薬品を使用したときに、病気の施術には関係のない作用が起きたり、健康に害を及ぼす作用が起きることをいいますが、どのような副作用であれ、起きないことが望ましいといえます。 副作用の定義 世界保健機関(WHO):「疾病の予防、診断、施術のため、または身体の機能を正常化するために、人に通常用いられる量で発現する医薬品の有害かつ意図しない反応」 副作用の分類 薬理作用による副作用 薬理作用とは、薬をいう物質、すなわち薬物が、生体の生理機能に影響を与えることをいいます。 一…

プライオメトリックスと持久力トレーニングの同時実施がランニングエコノミーにおよぼす影響とは(下肢スティフネスが増加した結果、弾性エネルギーの蓄積と放出の効率が向上する)

…抗する力)の増加、無酸素性運動能力の向上、時速12km、14km、16km、および18kmのランニングスピードにおけるREの向上、および2.4km走、3km走、および5km走におけるタイムの向上をもたらすことが明らかになっています。 www.nakajimabonesetter.com 有酸素性エネルギーと無酸素性エネルギー Paavolainenらは、プライオメトリックストレーニングを実施した結果、一定速度でのランニングテストにおける足の接地時間が時短したと報告しています。…