Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

野手 の検索結果:

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…されやすいのに対し、野手の場合、ポジションによっては、試合での影響が少ない場合もあり、状態がかなり悪化するまでプレーが継続される危険性も考えられ、指導する側においては、すべてのポジションの選手に対して注意深い観察や管理が求められると同時に、子供立ち自身が、自ら行った投球動作の分析と、その投球の結果を結びつけながら試行錯誤できるような指導や管理が求められています。 野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる) ジュニア野球…

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

…以上でボールを投げ、野手は本塁から1塁まで通常3.9秒から4.4秒で走ることを考慮すると、大学レベルで戦うためには、大きな力パワー、効率、力の立ち上がり速度(RFD)が動作に要求されます。 インピンジメント(野球肩)を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ) 同時的複合ピリオダイゼーションの手法(Concurrent Conjugatedmethod Of Periodization)方針 大学野球の…

野球におけるリハビリテーションプログラムの実際(野球肩・野球肘)

…対して投球をする。 野手が打者走者をアウトにするために、送球する。 この為、ボールを任意の距離にコントロール良く投げなければならない。 ●ボールを投げることにおいて大切な事 肩関節の形状、構造上、球関節で3次元の動きをするため、パワーゾーンとも呼ばれる可動範囲がある。 腕を挙上する為には、上腕骨、肩甲骨、鎖骨、肋骨、胸骨、椎骨など様々な骨が関与する。 微妙な筋のバランスを崩すことにより元々肩関節に緩みのある選手が痛みを発症する場合もあり、使い過ぎによる疲労、及びフォームを崩す…