Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

野球, トレーニング の検索結果:

カウンセリングによる障害予防とは(オーバートレーニングの兆候を認識すること、オーバーユース障害に注意を払うこと、思春期半ばまでは、1種目の競技に特化しないことなどが必要になる)

…休みを取ってから春の野球のシーズンに参加する)。(SORT C) ・思春期の中期または後期まで、ひとつの競技種目だけに特化しない。(SORT B) ・団体競技(トレーニング、練習、試合など)の週ごとの合計期間が、娯楽としてのスポーツを行なう時間(休み時間や放課後の友人とのバスケットボールなど「自由な遊び」とみなされるスポーツ)の2倍を超えてはならない(例えば、休み時間や放課後にクラスメートとバレーボールやバスケットボールを6時間行なう場合、サッカーチームに参加する時間は10時…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

肘関節屈筋群の伸張性筋活動エクササイズ 肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動を組み合わせることにより、投手を外反伸展の過負荷(VEO:Valgus Extension Overload)から保護できます。 VEOは、肘関節外反トルクの安定化が不十分で、投球腕の加速がピークに達した際に、素早い肘の伸展が重なって生じます。 肘関節の伸展が慢性的に不十分だと、肘関節屈曲筋群の伸張性機能が損なわれ、VEOが増大し、後内側の肘頭骨棘形成をもたらし、肘関節のインピンジメント症候群や離断を引き…

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

野球における特異的な動作を考える 多平面での回旋運動、特にそのほとんどが野球に関連づけられている肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、またこれらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とします。 また、これらの特異的な動作に加えて、守備や走塁範囲を爆発的に前後左右へ素早く移動しなければならないことが、野球選手にさらなる外的課題をもたらしています。 健康な野球選手にとって、一度にひとつの競技スキルのみ集中して取り組むことは、有益…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

肩関節後部の緊張を改善するには 肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして、多くのエクササイズが推奨されています。 ただし、後部構造をストレッチするものとしてよく処方される肩関節複合体の動作、例えば水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがあります。 www.nakajimabonesetter.com

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…ユース障害としては、野球、バレーボール、テニス、水泳など上肢を高頻度で使うジュニア選手に多くみられ、リトルリーグ肘(野球肘)、リトルリーグ肩(野球肩)、テニス肘、腱板炎などとして知られており、過度の練習や不適切なフォームなどが主たる原因になります。 下肢のオーバーユース障害では、ジャンプやカッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

投球の三次元メカニズム 投球腕の三次元動作分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります。 投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。 肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。 MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向か…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

肩関節外旋と肘傷害 MER(肩関節の最大外旋)と肘の傷害との関連は避けがたく、その理由として反復ストレスによる関節包靭帯の伸張(クリープ)とそれに続く関節の弛緩により肩関節の内旋速度が速くなり、結果的にボールのリリース速度は速くなりますが、肘にとっては有害だからということになります。 しかし、MERの機能障害は、投球フォームの運動学的分析と機能的な可動域評価(ROMA:Range of Motion Assessment)、および肩に目標を定めたレジスタンストレーニングを取り…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…n&Duplerは、野球の1シーズン中の本塁から一塁への全力疾走(1シーズンにつき約1,300回)の半数が最大スプリントスピードの90%以上で行われていることを示し、27mで近最大スピードを達成する能力の存在を明示しました。 ところがこのエビデンスの存在にもかかわらずColeman&Duplerは、野球選手は試合で50~60mを全力疾走しない、すなわちトップスピードには滅多に達しないため、スピード向上のための一般的手法を適用するべきではないと結論づけています。 www.nak…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

…ぼします。 プロ野球では先発投手が4人~5人へ変化したことから、疲労管理が重要となっています。 www.nakajimabonesetter.com プロ野球投手の登板スケジュール プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息を摂る事を前提に組まれています。 化学的な裏付けはありませんが、投球練習とトレーニングセッションを同じ24時間内の別々の時間に行う場合(プロ野球やサマー…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…グ 既存の研究では、野球投手のようなパワー系アスリートのコンディションにおいて、有酸素性トレーニングを主体することの妥当性を裏付けていません。 投手の有酸素性トレーニングを重視しすぎることから生じる不適合トレーニングについて取り上げた既存研究では、速筋線維の形態、生化学、力発揮、および神経筋の動員による悪影響を及ぼすことが明らかになっています。 筋パワーに不適合トレーニングの影響を及ぼすことを避けるために、インターバルトレーニングを推奨することを推奨されています。 インターバ…

プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数{挙上重量を体重比で示す}との間には、高い相関関係が存在する)

…ンディショニングでは野球、ボクシング、格闘技などのトレーニングに利用されるとともに、米陸軍の基本トレーニングプログラムにおいて際立った役割を果たしています。 時間制限の有無を含め、様々なプッシュアップテストが体力評価の一環として広く実施されており、幅広い集団においてテストの妥当性が証明されています。 またプッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数(挙上重量を体重比で示す)との間には、高い相関関係が存在することが研究によって示されています。 したがって、フリーウエイトテスト…

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

肩関節後部の緊張と肩関節痛の発症 肩関節後部の緊張(PST)は、肩関節痛の発症に関与する一般的な障害の一つになります。 肩関節の疾患は、人口の67%において生涯に一度は羅患するといわれています。 肩関節痛を引き起こす原因は様々ですが、発生頻度の高い疾患については、可動性不足など特定の障害がその原因と考えられています。 なかでも、肩関節後部の緊張は、インピンジメント症候群や肩関節唇断裂など、多くの肩関節疾患に関与しています。 バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕…

オーバーハンドスローイングにおけるパワー(オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数がパワーであり、この変数は投球速度につながる)

…な役割を果たし、特に野球、ソフトボール、フットボール(クォーターバック)、ハンドボール、クリケット、投擲、水球などの競技では、投球速度を向上させ、強化し、維持することが試合や競技の結果を左右するために、重要視されます。 www.nakajimabonesetter.com オーバーハンドスローイング選手におけるストレングストレーニング 投球速度を目指すレジスタンストレーニングプログラムは、漸進的過負荷とトレーニングの特異性に重点を置きます。 漸進的過負荷 オーバーハンドスロー…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…コンディション不足と野球肘(リトルリーグ肘:LLE) フィジカルコンディション不足はLLE(野球肘)の要因と考えられます。 フィジカルコンディショニングプログラムはパフォーマンスを最大限に高め、受傷リスクを最小限に抑えることを重点におくべきです。 www.nakajimabonesetter.com フィジカルコンディショニングプログラム フィジカルコンディションを高めるプログラムには、ウォームアップや静的ストレッチ、レジスタンストレーニング、体幹強化トレーニングおよび神経筋…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

エンプティカン(Empty Can:EC)フルカン(Full Can:FC) ECを行うと、FCに比べて三角筋が過剰に活動します。 棘上筋の活動に比べて三角筋の活動量が過剰になると、上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、…

野球のスイング中のパワー(体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある)

理論的スイング 「野球の物理学(The Physics of Baseball)」という著書には、スイングはふたつの要素に分けられると述べられており、メジャーリーグの打者の場合、ボールが投手の手を離れてからバットとボールのコンタクトまでに0.2秒でスイングされますが、スイングの前半の0.1秒は、打者の運動によって支配され、スイングの後半の0.1秒(バット-ボールコンタクトまで)は、バットの反動で決定されます。 スイングにおける構成要素の間に、身体の連続的なトルクの発生の動作に…

野球選手におけるオフシーズンからプレシーズンへのトレーニング(筋力と爆発力をともに訓練するエクササイズを組込まなければならない)

…em)「3×4+」 野球のような競技のトレーニングプログラムデザインを行う際は、Kennの段階システム(Tier System)「3×4+」を利用します。 ※「3×4+」とは、週3回のワークアウトに、4つの段階(ブロック)を設けそれに加えてポストワークを行うということです。 段階システム同様に、ブロックAはその日に重点が置かれる基礎パターンであり、ブロックBはDEあるいはRFDのブロック、ブロックCとDはメインおよびサブの補助ワークを行うブロックになります。 オフシーズン期の…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

…肘内側痛 アマチュア野球の参加により、一般的にリトルリーグ肘(野球肘)といわれる肘関節内側損傷の危険にさらされている青少年は約200万人に上るとされています。 リトルリーグ肘になりやすい原因として、不適切な投球メカニクス、骨の可塑性、靭帯の弛緩性、骨端軟骨の未成熟、身体組成、そして筋力低下などが指摘されています。 www.nakajimabonesetter.com 外反ストレスと肘内側 現在、指導法が改善され、スポーツバイオメカニクスが進歩したにもかかわらず、肘関節内側損傷…

ジュニア選手の最も身長が伸びる時期PHV:Peak Height Velocityを考える(急激な骨の伸長により骨密度が一時的に停滞もしくは低下し、筋の組織形態が追いつかず張力の高い状態{柔軟性の低下}になる)

優れたアスリートへ成長するために ジュニア選手に関わる場合、そこでは長期的な育成計画の導入、つまりジュニアの期間が、将来より優れたアスリートへと成長するための準備期間であるとの認識が求められています。 特にStrength&Conditioningの立場からは、子供の発育段階において、様々な体力要素に注目しつつ、それらの発達がより強調される時期に、適切なトレーニングを導入することが望まれています。 www.nakajimabonesetter.com

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

… 動作の適正化 野球においては獲得すべき技術が多いことから、特に動作の適正化において細かく対応することは現実的には難しく、特に発育過程にある野球のジュニア選手に対しては、成長に伴い適応させていく点が多いことからも、そうした経験の機会を広げる基本的な体力の獲得を目指すことが望まれます。 そして、青少年の身体発達モデルでも全年齢で強調されているように、筋力の獲得が重要となりますが、これにより、例えば安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化したり、静的および動的なバランス能力を…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…明らかになっており、野球肘(リトルリーグ肘:LLE)のりクスを抱える若年野球選手の特定に役立つ可能性があります。 テスト名 目的 ディープスクワット 股関節、膝関節、足関節、肩関節、および胸椎の両側、対称、および機能的可動性を評価する ハードルステップ 股関節、膝関節、および足関節の両側の機能的可動性と安定性を評価する インラインランジ 股関節の可動性と安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み…

野球選手の安定性-基礎を作る(野球では、身体の3平面{前額面、矢状面、水平面}全てで動作を行わなければならないため、関節運動およびローカル筋群の柔軟性について、より高度な適応と向上が求められる)

…ん。 そのため、野球選手向けのあらゆるプログラムでは、初期段階においてアイソメトリックな安定性を、特に骨盤、脊柱、および肩甲骨のコントロールに重点を置いて評価する必要があります。 複合的なプログラムデザインは、3つの構造(骨盤、脊柱、肩甲骨)を支える筋群に重点を置いた、戦略的なエクササイズ処方に役立ちます。 www.nakajimabonesetter.com 野球は3平面においての動作を必要とする 野球では、身体の3平面(前額面、矢状面、水平面)全てで動作を行わなければなら…

肩の内旋可動域の重要性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある)

…)を保持することは、野球、競泳、テニスなどの選手や陸上競技の投てきの選手など、オーバーヘッド動作を行なうアスリートの成功にとって重要な要素になります。 www.nakajimabonesetter.com ピッチャーにおける減速中の伸張性ストレス Reinoldらの指摘によると、ピッチャーは腕の減速中に伸張性ストレスがかかるため、登板後、肩の内旋が困難になること傾向があります。 この一時的な内旋障害は適切な可動性エクササイズで防ぐことができますが、何度も登板を繰り返す間に、ま…

ジュニア野球選手の技術へのアプローチ(スクワットなどの基本的なトレーニングは「足の裏全体で実施する」「正しい背中のラインを維持する」野球の技術でも要求される重要な動作に発展する)

…異的動作につながる 野球の技術を習得するにあたり、その技術に要求される前提条件を分析することは重要になります。 つまりこれが、野球の技術トレーニングの繰り返しで習得可能か、またStrength&Conditioningからのアプローチのほうが効率的かなどの判断にもつながります。 例えば、要求される技術の習得のために必要となる柔軟性が欠如していたり、練習を繰り返すだけの体力が不足していたりする場合は、S&Cからのアプローチが効率的かもしれません。 また、野球の実戦で要求される走…

ロコモ予防

自粛期間中、自宅で過ごすことも増えていると思います。 自宅でも、外でも出来る体幹トレーニングを少しづつ紹介していきたいと思います。 是非やってみて下さい。 体幹トレーニング ラインスクワット www.nakajimabonesetter.com 体幹トレーニング KOBAトレ コバトレ 高機能性トレーニングマット KOBAファンクショナルマット <br />木場克己 プロデュース 野球 サッカー 世界一受けたい授業 メディア: その他 中島恵

椎間板の組織修復とオーバーユース(椎間板は血管が少なく、代謝産物の運搬レベルも低く、他の骨格組織に比べリモデリング、回復に多くの時間が必要である為、健全なコア強化のルーティンは、各トレーニングセッションで60レップを超えるべきではないとされている)

…よる疫学的研究では、野球、ソフトボール、ゴルフ、水泳、ダイビング、ジョギング、エアロビクス、ラケットスポーツ、ウェイトリフティングなどのスポーツへの参加は、椎間板ヘルニアの増加リスクとは関連がなく、むしろヘルニアに対する予防効果すら提供することが明らかになっています。 Kelseyらは、椎間板脱出に関しても類似の結果を報告し、これらのスポーツの多くは、屈曲を含む脊椎の運動を高頻度で行うが、その事実は人の脊椎の屈曲回数には上限があるという理論に疑問を投げかけています。 www.…

筋肥大のメカニズム(骨格筋が過負荷の刺激にさらされると収縮タンパク質(アクチンとミオシン)のサイズと量、サルコメア(筋節)の数が同時に増加する)

…パワーリフティング、野球、サッカーなど主要な目標になります。 被験者が非鍛錬者の場合、レジスタンストレーニングの初期段階では、筋力向上の大部分が神経系の適応に起因するために、筋肥大は事実上起こりません。 しかし、トレーニングを始めて2ヶ月も経つと、筋肥大が最も有力な要因となり、下肢より先に上肢の筋が肥大化します。 遺伝的背景、年齢、性別、その他の要因がトレーニングプロトコルに対する筋肥大反応をもたらし、除脂肪体重の増加量と増加率の双方に影響を及ぼします。 さらに、トレーニング…

アンテリアおよびポステリアセラーぺ(ランニングから投球動作、バーベルを持ち上げる動作(例:デッドリフト)まで、あらゆる動作を実行する際に身体が用いる力発揮パターンを容易に追跡する手段となる)

…etter.com 野球における打者の筋膜の負荷 左打ちのバッターは、バックスイングで左脚に負荷をかけ、同時に肩関節を左に回旋させます。 この動作は、左脚から右肩にかけての能動的に活動するポステリアセラーぺ筋群と、関連する受動的な筋膜に負荷をかけます。 左の腓腹筋/ヒラメ筋 左のハムストリングス 左の殿筋群および股関節外転筋群 右の広背筋 ポステリアセラーぺが左下から右上にかけて活性化すると、アンテリアセラーぺの右下から左上にかけて、以下の筋に負荷がかかります。 右の股関節屈…

前十字靭帯(ACL)損傷と女性選手(解剖学的因子:顆間切痕幅と膝関節の弛緩、ACL伸張強度や月経状態などの成長因子、性ホルモン因子とバイオメカニクス的因子:動作パターン、筋力不均衡、筋活動パターン)

…、バスケットボール、野球、ソフトボールにおける重度の傷害発生率を検証した研究によると、すべての競技を合算した場合、男子(r=0.45)は女子(r=0.26)よりも重度の傷害の発生率は高くなりました。 しかし、同研究においては、競技毎における重度の傷害発生率を男女で比較すると、バスケットボールおよびサッカーにおいては、女子は男子よりも傷害発生率は高いことが示されています。 男女の障害発生率の差は、膝関節においても存在し、膝は高校生アスリートにおいて一般的な障害部位になり、外科的…

ウェイトリフティングの生理学的変化(ウェイトリフティング選手は、非鍛錬者よりも一層多くの機械的仕事を行い、より高い血中乳酸濃度に達することができる)

…が、これはラグビーや野球、バレーボールなどのエネルギー供給によく似ています。 ウェイトリフティングと同様に、短時間で最大努力を行うエネルギー源は主にホスファゲン機構になります。 そして、速い解糖系とそれに続く酸化代謝が高エネルギーのリン酸を回復できるように、回復時間の長さと併せて、トレーニング活動の強度と持続時間を調節する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度エクササイズと血中乳酸濃度 高強度エクササイズを十分な回復時間を伴わずに反復す…