Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

野球, トレーニング の検索結果:

野球肘に関連づけられる力学的欠陥とは(成人の場合、投球側の肘は平均64Nm の外反トルク:肘内側を開く回旋力に耐えなければならない)

投球動作のバイオメカニクス理解の重要性 肘内側の慢性障害の場合、メカニクスを調節するためには、投球動作のバイオメカニクスについてより深く、理解する必要があります。 投球パフォーマンスと受傷リスクを管理するためには、下半身の踏み込みによる最適なエネルギー産生と支持、上半身の機械的動作のタイミング、および関節力の効率的伝達に最適な関節位置について理解することが重要になります。 外反モーメントは、遠心力の組み合わせ効果によって生じることが研究によって示唆されています(この場合の遠心…

大学野球選手のトレーニングプログラム(ウェイトルームでは筋力-パワーの向上、フィールドトレーニングでは始動速度:RFD、1~6秒間のエネルギー供給が可能な無酸素性のATP-CPr系に負荷をかける)

…ing and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522 www.youtube.com 「野球力」を上げるトレーニングメソッド 作者:木場克己,小宮山悟 カンゼン Amazon 初動負荷理論による野球トレーニング革命 作者:小山 裕史 ベースボールマガジン社 Amazon 甲子園強豪校の880日トレーニング論 作者:謙太郎, 塚原 竹書房 Amazon

投球障害予防トレーニングプログラムを選定する上で考慮すべきこと(片側性動作とオーバーヘッド動作の重要性)

…etter.com 野球の特色 野球は一般的にエネルギー形態からは主にATP-CP系と解糖系の組み合わせと考えられ、1試合当たりの総消費カロリーはそれほど高くないとされています。 しかし、シーズンスポーツとして考えた場合、数ヶ月におよぶ公式戦において可能な限り安定したパフォーマンスを達成していくためには、リカバリー能力として有酸素性能力も決して軽視してはいけません。 野球の特異性 野球のプレーは大きく「打つ」「投げる」「走る」の3つの動作に分けられます。 野球の障害の大部分も…

先発・中継ぎ・抑え投手それぞれに必要な有酸素性・無酸素性能力(先発投手は試合においてより長いイニングを受け持つために、より高いレベルの基礎有酸素性能力が必要になる)

…RW eds Champaign IL Human Kinetics.2008pp507-522 立花龍司の野球トレーニング大辞典 (小中学生編)スタジオタッククリエイティブAmazon コーチが怒鳴りっぱなしで結果の出ないチームに 野球指導者に贈る: 目からウロコの指導論 元プロ野球トレーニングコーチ 赤川貴弘からの提言 スポーツチーム 部活指導者のバイブル作者:赤川 貴弘Amazon 初動負荷理論による野球トレーニング革命作者:小山 裕史ベースボールマガジン社Amazon

野球における戦略的エクササイズ処方:傷害予防とパワー発揮の両立とは(競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになる)

野球の競技力向上における中心的要素 レジスタンストレーニングと無酸素性コンディショニングは、今なお野球の競技力向上における中心的要素になります。 野球の競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになります。 しかもそのような刺激を効果的に実施し、反復的に適用しなければなりません。 長く持続する耐久力を野球選手に身につけさせるためには、股関節、脊柱、および肩甲骨を含む動作を中心に、高…

野球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

肘関節評価の重要性 投球側の肘関節と非投球則の肘関節の比較は、構造的な異常や不安定性、および可動域不足を識別するために欠かすことができません。 多くの場合、減少した可動域は関節の拘縮あるいは損傷を示唆していますが、反復的な投球中に蓄積されたストレスは、疼痛や機能不全の症状を呈することのない、筋および骨の別の症状をもたらす場合があります。 スポーツ参加中に急性または慢性の特徴を有する傷害を確認し、モニタリングするためには、シーズン中を通じて頻繁な肘関節のスクリーニングを行うこと…

インピンジメント症候群を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…されています。 野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する) www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds C…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩を引き起こし、不安定性をもたらす)

肩関節不安定性とは 肩の不安定性とは、「上腕骨頭を関節窩の中央に維持できないこと」と定義できます。 したがって、肩前部(肩甲上腕関節)の不安定性とは、関節窩に対する上腕骨頭の過剰な前方移動(動き)と定義されます。 前部不安定性の原因は多岐にわたり、単独または複合的に存在する数多くの因子が考えられ、例えば、外旋による傷害、筋のアンバランス、関節の位置を維持する軟部組織(靭帯と関節包)の恒久的な伸張などが原因になります。 肩関節複合体が前部不安定性を起こす原因のひとつは、一般的に…

競技タイプと競技種目における傷害発生率の違い(個人競技の参加者はオーバーユース障害の発生率が高く{個人43%、団体32%}、より重度のオーバーユース障害を負う確率が高くなった{個人17%、団体11%})

…、バスケットボール、野球など)の試合に出場していたことを明らかしました。 しかし、個人競技と団体競技どちらでも、傷害の発生率は男女間で差はありませんでした。 例えば、団体競技の参加者の間では、男女とも約31%が急性外傷を経験したのに対し、個人競技では、急性外傷の診断を受けたのは男子で18%、女子で16%でした。 総合的な傷害発生率はよく似ている(個人73%、団体76%)にもかかわらず、個人競技の参加者はオーバーユース障害の発生率が高く(個人43%、団体32%)、より重度のオー…

カウンセリングによる障害予防とは(オーバートレーニングの兆候を認識すること、オーバーユース障害に注意を払うこと、思春期半ばまでは、1種目の競技に特化しないことなどが必要になる)

…休みを取ってから春の野球のシーズンに参加する)。(SORT C) ・思春期の中期または後期まで、ひとつの競技種目だけに特化しない。(SORT B) ・団体競技(トレーニング、練習、試合など)の週ごとの合計期間が、娯楽としてのスポーツを行なう時間(休み時間や放課後の友人とのバスケットボールなど「自由な遊び」とみなされるスポーツ)の2倍を超えてはならない(例えば、休み時間や放課後にクラスメートとバレーボールやバスケットボールを6時間行なう場合、サッカーチームに参加する時間は10時…

肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動エクササイズの組み合わせ(外反伸展の過負荷を減少させ、肘頭骨棘形成、インピンジメント症候群や離断を防ぐ)

肘関節屈筋群の伸張性筋活動エクササイズ 肘関節屈筋群の伸張と伸張性筋活動を組み合わせることにより、投手を外反伸展の過負荷(VEO:Valgus Extension Overload)から保護できます。 VEOは、肘関節外反トルクの安定化が不十分で、投球腕の加速がピークに達した際に、素早い肘の伸展が重なって生じます。 肘関節の伸展が慢性的に不十分だと、肘関節屈曲筋群の伸張性機能が損なわれ、VEOが増大し、後内側の肘頭骨棘形成をもたらし、肘関節のインピンジメント症候群や離断を引き…

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

野球における特異的な動作を考える 多平面での回旋運動、特にそのほとんどが野球に関連づけられている肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、またこれらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とします。 また、これらの特異的な動作に加えて、守備や走塁範囲を爆発的に前後左右へ素早く移動しなければならないことが、野球選手にさらなる外的課題をもたらしています。 健康な野球選手にとって、一度にひとつの競技スキルのみ集中して取り組むことは、有益…

肩関節後部の柔軟性エクササイズ(水平内転{クロスアームストレッチ}などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがある)

肩関節後部の緊張を改善するには 肩関節後部の緊張(PST)を改善するものとして、多くのエクササイズが推奨されています。 ただし、後部構造をストレッチするものとしてよく処方される肩関節複合体の動作、例えば水平内転(クロスアームストレッチ)などは、肩甲骨を安定させずに行なうと、肩甲胸郭関節が代償運動を行ない、本来の効果が得られないおそれがあります。 www.nakajimabonesetter.com

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…ユース障害としては、野球、バレーボール、テニス、水泳など上肢を高頻度で使うジュニア選手に多くみられ、リトルリーグ肘(野球肘)、リトルリーグ肩(野球肩)、テニス肘、腱板炎などとして知られており、過度の練習や不適切なフォームなどが主たる原因になります。 下肢のオーバーユース障害では、ジャンプやカッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

投球の三次元メカニズム 投球腕の三次元動作分析から推定すると、肩関節内旋の角速度は7000°/秒で、肘関節伸展の角速度は3000°/秒になります。 投球腕を加速するために必要とされるコーディネーションのとれた筋活動は、最初に、蓄えられた弾性エネルギーが肩関節内旋筋から放出されることから始まります。 肘関節伸展筋群の短縮性筋活動がこれに続き、それらの同期した活動が投球のクリティカルインスタント間に手の速度を最大化します。 MIR-M(肩関節の最大内旋モーメント)は、ホームに向か…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

肩関節外旋と肘傷害 MER(肩関節の最大外旋)と肘の傷害との関連は避けがたく、その理由として反復ストレスによる関節包靭帯の伸張(クリープ)とそれに続く関節の弛緩により肩関節の内旋速度が速くなり、結果的にボールのリリース速度は速くなりますが、肘にとっては有害だからということになります。 しかし、MERの機能障害は、投球フォームの運動学的分析と機能的な可動域評価(ROMA:Range of Motion Assessment)、および肩に目標を定めたレジスタンストレーニングを取り…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…n&Duplerは、野球の1シーズン中の本塁から一塁への全力疾走(1シーズンにつき約1,300回)の半数が最大スプリントスピードの90%以上で行われていることを示し、27mで近最大スピードを達成する能力の存在を明示しました。 ところがこのエビデンスの存在にもかかわらずColeman&Duplerは、野球選手は試合で50~60mを全力疾走しない、すなわちトップスピードには滅多に達しないため、スピード向上のための一般的手法を適用するべきではないと結論づけています。 www.nak…

野球における疲労の管理(プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息をとる事を前提に組まれている)

…ぼします。 プロ野球では先発投手が4人~5人へ変化したことから、疲労管理が重要となっています。 www.nakajimabonesetter.com プロ野球投手の登板スケジュール プロの先発投手の登板スケジュールは、投手の神経系、筋系、免疫系、および代謝状態に加えられる生理学的ストレスからの回復を図るために、5日間の競技休息を摂る事を前提に組まれています。 化学的な裏付けはありませんが、投球練習とトレーニングセッションを同じ24時間内の別々の時間に行う場合(プロ野球やサマー…

野球における回復の理解(インターバルトレーニングを用いての有酸素性能力の向上は、イニング間の休息、競技シーズン中の回復能力を決める)

…グ 既存の研究では、野球投手のようなパワー系アスリートのコンディションにおいて、有酸素性トレーニングを主体することの妥当性を裏付けていません。 投手の有酸素性トレーニングを重視しすぎることから生じる不適合トレーニングについて取り上げた既存研究では、速筋線維の形態、生化学、力発揮、および神経筋の動員による悪影響を及ぼすことが明らかになっています。 筋パワーに不適合トレーニングの影響を及ぼすことを避けるために、インターバルトレーニングを推奨することを推奨されています。 インターバ…

プッシュアップのバイオメカニクス(プッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数{挙上重量を体重比で示す}との間には、高い相関関係が存在する)

…ンディショニングでは野球、ボクシング、格闘技などのトレーニングに利用されるとともに、米陸軍の基本トレーニングプログラムにおいて際立った役割を果たしています。 時間制限の有無を含め、様々なプッシュアップテストが体力評価の一環として広く実施されており、幅広い集団においてテストの妥当性が証明されています。 またプッシュアップの能力と、ベンチプレスのレップ数(挙上重量を体重比で示す)との間には、高い相関関係が存在することが研究によって示されています。 したがって、フリーウエイトテスト…

アスリートに発生する肩関節後部の緊張の改善(バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕骨頭の偏位異常に関与し、それが前述したような肩関節疾患を引き起こしている可能性が考えられる)

肩関節後部の緊張と肩関節痛の発症 肩関節後部の緊張(PST)は、肩関節痛の発症に関与する一般的な障害の一つになります。 肩関節の疾患は、人口の67%において生涯に一度は羅患するといわれています。 肩関節痛を引き起こす原因は様々ですが、発生頻度の高い疾患については、可動性不足など特定の障害がその原因と考えられています。 なかでも、肩関節後部の緊張は、インピンジメント症候群や肩関節唇断裂など、多くの肩関節疾患に関与しています。 バイオメカニクス的観点からみて、PSTは直接的に上腕…

オーバーハンドスローイングにおけるパワー(オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数がパワーであり、この変数は投球速度につながる)

…な役割を果たし、特に野球、ソフトボール、フットボール(クォーターバック)、ハンドボール、クリケット、投擲、水球などの競技では、投球速度を向上させ、強化し、維持することが試合や競技の結果を左右するために、重要視されます。 www.nakajimabonesetter.com オーバーハンドスローイング選手におけるストレングストレーニング 投球速度を目指すレジスタンストレーニングプログラムは、漸進的過負荷とトレーニングの特異性に重点を置きます。 漸進的過負荷 オーバーハンドスロー…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限{非投球側より25°}がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…コンディション不足と野球肘(リトルリーグ肘:LLE) フィジカルコンディション不足はLLE(野球肘)の要因と考えられます。 フィジカルコンディショニングプログラムはパフォーマンスを最大限に高め、受傷リスクを最小限に抑えることを重点におくべきです。 www.nakajimabonesetter.com フィジカルコンディショニングプログラム フィジカルコンディションを高めるプログラムには、ウォームアップや静的ストレッチ、レジスタンストレーニング、体幹強化トレーニングおよび神経筋…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

エンプティカン(Empty Can:EC)フルカン(Full Can:FC) ECを行うと、FCに比べて三角筋が過剰に活動します。 棘上筋の活動に比べて三角筋の活動量が過剰になると、上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、…

野球のスイング中のパワー(体幹の筋群の大きな筋活動を維持するため、股関節から発揮する下肢のエクササイズを強調させる必要がある)

理論的スイング 「野球の物理学(The Physics of Baseball)」という著書には、スイングはふたつの要素に分けられると述べられており、メジャーリーグの打者の場合、ボールが投手の手を離れてからバットとボールのコンタクトまでに0.2秒でスイングされますが、スイングの前半の0.1秒は、打者の運動によって支配され、スイングの後半の0.1秒(バット-ボールコンタクトまで)は、バットの反動で決定されます。 スイングにおける構成要素の間に、身体の連続的なトルクの発生の動作に…

野球選手におけるオフシーズンからプレシーズンへのトレーニング(筋力と爆発力をともに訓練するエクササイズを組込まなければならない)

…em)「3×4+」 野球のような競技のトレーニングプログラムデザインを行う際は、Kennの段階システム(Tier System)「3×4+」を利用します。 ※「3×4+」とは、週3回のワークアウトに、4つの段階(ブロック)を設けそれに加えてポストワークを行うということです。 段階システム同様に、ブロックAはその日に重点が置かれる基礎パターンであり、ブロックBはDEあるいはRFDのブロック、ブロックCとDはメインおよびサブの補助ワークを行うブロックになります。 オフシーズン期の…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

…肘内側痛 アマチュア野球の参加により、一般的にリトルリーグ肘(野球肘)といわれる肘関節内側損傷の危険にさらされている青少年は約200万人に上るとされています。 リトルリーグ肘になりやすい原因として、不適切な投球メカニクス、骨の可塑性、靭帯の弛緩性、骨端軟骨の未成熟、身体組成、そして筋力低下などが指摘されています。 www.nakajimabonesetter.com 外反ストレスと肘内側 現在、指導法が改善され、スポーツバイオメカニクスが進歩したにもかかわらず、肘関節内側損傷…

ジュニア選手の最も身長が伸びる時期PHV:Peak Height Velocityを考える(急激な骨の伸長により骨密度が一時的に停滞もしくは低下し、筋の組織形態が追いつかず張力の高い状態{柔軟性の低下}になる)

優れたアスリートへ成長するために ジュニア選手に関わる場合、そこでは長期的な育成計画の導入、つまりジュニアの期間が、将来より優れたアスリートへと成長するための準備期間であるとの認識が求められています。 特にStrength&Conditioningの立場からは、子供の発育段階において、様々な体力要素に注目しつつ、それらの発達がより強調される時期に、適切なトレーニングを導入することが望まれています。 www.nakajimabonesetter.com

ジュニア野球選手の基本的な体力の獲得の意義(安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化、静的、動的なバランス能力を向上させることで、野球の技術向上における基礎、障害のリスクを軽減させる)

… 動作の適正化 野球においては獲得すべき技術が多いことから、特に動作の適正化において細かく対応することは現実的には難しく、特に発育過程にある野球のジュニア選手に対しては、成長に伴い適応させていく点が多いことからも、そうした経験の機会を広げる基本的な体力の獲得を目指すことが望まれます。 そして、青少年の身体発達モデルでも全年齢で強調されているように、筋力の獲得が重要となりますが、これにより、例えば安定性を得ることで、動作の中での可動を効率化したり、静的および動的なバランス能力を…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…明らかになっており、野球肘(リトルリーグ肘:LLE)のりクスを抱える若年野球選手の特定に役立つ可能性があります。 テスト名 目的 ディープスクワット 股関節、膝関節、足関節、肩関節、および胸椎の両側、対称、および機能的可動性を評価する ハードルステップ 股関節、膝関節、および足関節の両側の機能的可動性と安定性を評価する インラインランジ 股関節の可動性と安定性、大腿四頭筋の柔軟性、および足関節と膝関節の安定性を評価する ショルダーモビリティ 内旋と内転、および外旋と外転を組み…