Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

野球, トレーニング の検索結果:

ジュニア野球選手の技術へのアプローチ(スクワットなどの基本的なトレーニングは「足の裏全体で実施する」「正しい背中のラインを維持する」野球の技術でも要求される重要な動作に発展する)

…異的動作につながる 野球の技術を習得するにあたり、その技術に要求される前提条件を分析することは重要になります。 つまりこれが、野球の技術トレーニングの繰り返しで習得可能か、またStrength&Conditioningからのアプローチのほうが効率的かなどの判断にもつながります。 例えば、要求される技術の習得のために必要となる柔軟性が欠如していたり、練習を繰り返すだけの体力が不足していたりする場合は、S&Cからのアプローチが効率的かもしれません。 また、野球の実戦で要求される走…

ロコモ予防

自粛期間中、自宅で過ごすことも増えていると思います。 自宅でも、外でも出来る体幹トレーニングを少しづつ紹介していきたいと思います。 是非やってみて下さい。 体幹トレーニング ラインスクワット www.nakajimabonesetter.com 体幹トレーニング KOBAトレ コバトレ 高機能性トレーニングマット KOBAファンクショナルマット <br />木場克己 プロデュース 野球 サッカー 世界一受けたい授業 メディア: その他 中島恵

椎間板の組織修復とオーバーユース(椎間板は血管が少なく、代謝産物の運搬レベルも低く、他の骨格組織に比べリモデリング、回復に多くの時間が必要である為、健全なコア強化のルーティンは、各トレーニングセッションで60レップを超えるべきではないとされている)

…よる疫学的研究では、野球、ソフトボール、ゴルフ、水泳、ダイビング、ジョギング、エアロビクス、ラケットスポーツ、ウェイトリフティングなどのスポーツへの参加は、椎間板ヘルニアの増加リスクとは関連がなく、むしろヘルニアに対する予防効果すら提供することが明らかになっています。 Kelseyらは、椎間板脱出に関しても類似の結果を報告し、これらのスポーツの多くは、屈曲を含む脊椎の運動を高頻度で行うが、その事実は人の脊椎の屈曲回数には上限があるという理論に疑問を投げかけています。 www.…

筋肥大のメカニズム(骨格筋が過負荷の刺激にさらされると収縮タンパク質(アクチンとミオシン)のサイズと量、サルコメア(筋節)の数が同時に増加する)

…パワーリフティング、野球、サッカーなど主要な目標になります。 被験者が非鍛錬者の場合、レジスタンストレーニングの初期段階では、筋力向上の大部分が神経系の適応に起因するために、筋肥大は事実上起こりません。 しかし、トレーニングを始めて2ヶ月も経つと、筋肥大が最も有力な要因となり、下肢より先に上肢の筋が肥大化します。 遺伝的背景、年齢、性別、その他の要因がトレーニングプロトコルに対する筋肥大反応をもたらし、除脂肪体重の増加量と増加率の双方に影響を及ぼします。 さらに、トレーニング…

アンテリアおよびポステリアセラーぺ(ランニングから投球動作、バーベルを持ち上げる動作(例:デッドリフト)まで、あらゆる動作を実行する際に身体が用いる力発揮パターンを容易に追跡する手段となる)

…etter.com 野球における打者の筋膜の負荷 左打ちのバッターは、バックスイングで左脚に負荷をかけ、同時に肩関節を左に回旋させます。 この動作は、左脚から右肩にかけての能動的に活動するポステリアセラーぺ筋群と、関連する受動的な筋膜に負荷をかけます。 左の腓腹筋/ヒラメ筋 左のハムストリングス 左の殿筋群および股関節外転筋群 右の広背筋 ポステリアセラーぺが左下から右上にかけて活性化すると、アンテリアセラーぺの右下から左上にかけて、以下の筋に負荷がかかります。 右の股関節屈…

前十字靭帯(ACL)損傷と女性選手(解剖学的因子:顆間切痕幅と膝関節の弛緩、ACL伸張強度や月経状態などの成長因子、性ホルモン因子とバイオメカニクス的因子:動作パターン、筋力不均衡、筋活動パターン)

…、バスケットボール、野球、ソフトボールにおける重度の傷害発生率を検証した研究によると、すべての競技を合算した場合、男子(r=0.45)は女子(r=0.26)よりも重度の傷害の発生率は高くなりました。 しかし、同研究においては、競技毎における重度の傷害発生率を男女で比較すると、バスケットボールおよびサッカーにおいては、女子は男子よりも傷害発生率は高いことが示されています。 男女の障害発生率の差は、膝関節においても存在し、膝は高校生アスリートにおいて一般的な障害部位になり、外科的…

ウェイトリフティングの生理学的変化(ウェイトリフティング選手は、非鍛錬者よりも一層多くの機械的仕事を行い、より高い血中乳酸濃度に達することができる)

…が、これはラグビーや野球、バレーボールなどのエネルギー供給によく似ています。 ウェイトリフティングと同様に、短時間で最大努力を行うエネルギー源は主にホスファゲン機構になります。 そして、速い解糖系とそれに続く酸化代謝が高エネルギーのリン酸を回復できるように、回復時間の長さと併せて、トレーニング活動の強度と持続時間を調節する必要があります。 www.nakajimabonesetter.com 高強度エクササイズと血中乳酸濃度 高強度エクササイズを十分な回復時間を伴わずに反復す…

思春期頃のアジリティ能力向上の要因(ホルモン変化が神経系のさらなる発達、筋横断面積の増大、波状角の増大、筋線維タイプの分化を促し、力発揮能力を向上させる)

…ポーツ アジリティ 野球 サッカー フットサル テニス バスケットボール 練習 エクササイズ フィットネス 速度 スピード 敏捷性 瞬発力 アップ 陸上 連結可能 小学生 収納袋付き (イエロー, 5M)出版社/メーカー: Kodiメディア: その他この商品を含むブログを見る SAQトレーニング [最新版]子どもからトップアスリートまであらゆるスポーツ競技者の能力を伸ばす作者: 日本SAQ協会,ベースボール・マガジン社出版社/メーカー: ベースボール・マガジン社発売日: 20…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

… こういったプロ野球の動向にジュニアスポーツも少なからず影響を受けており、実際、高校野球などにおいても投げ込みは行われており、ノルマとして強制的に課している指導者も存在します。 これらの指導者は「More is Better」、「たくさん練習すれば、もっとうまくなる」という考えに基いて練習を行わせていると指摘されています。 しかし、このような投げ込みはメジャーリーグでは存在しません。 メジャーリーグの指導者の間では、医学的知見から必要以上に投げ込むことによる肩や肘の障害発生に…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(投球中の外反モーメントは120Nmで、UCL(肘内側側副靱帯)の損傷は34Nmで報告されている為、肘内側の主要な動的スタビライザーの筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

…を調べた死体研究は、野球の投球メカニクスを十分に反映してるとは言えず、それは前腕の回内が受動的な張力を和らげ、外反ストレスに対するUCLの不安定性を助長するという事実があるからです。 筋腱複合体が伸張される際、受動的な張力が外反/内反のサポートを提供し、そこでは不十分なUCLが前腕回外の下で受動的に安定化します。 受動的な安定化は高速での関節運動に若干の利点を提供しますが、神経の同時的発火を特徴とする尺側手根屈筋や浅指屈筋、および円回内筋の活動張力、筋力、および持久力が、肘関…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…ウォームアップ プロ野球のある球団のファーム(2軍)における練習は非常に厳しく、若手をしっかりと鍛え上げているといいます。 その球団の練習を観察すると、ウォームアップが毎日1~1.5時間行われています。 スポーツをする上でウォームアップは重要なことですが、このウォームアップが終わった時点で、選手達はすでに疲労しています。 これはウォームアップというより、体力トレーニングに位置付けられ、そして、このウォームアップ後にチーム練習が長時間続くことになりますが、疲労した状態でメイン練…

競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができる)

…ニングを行なう事で、野球のパフォーマンスを最大限に向上させるために必要なすべてのスキルをさらに伸ばすことが可能になります。 コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成されます。 これを基盤とすることで、さらなる能力の向上を最も効率的な形で周期的に起こすことができます。 ここでの課題は、従来のレジスタンスおよび爆発力、およびスピードを最大限に向上させることを目的とした、漸進的で競技特異的なトレーニン…

疲労骨折(fatigue fracture)

…骨疲労骨折:ゴルフや野球のスイング動作では第2~9肋骨,剣道やウエイトトレーニングなどでは第1肋骨に多くみられます。 ②脛骨疲労骨折:脛骨近位・遠位部に好発する疲労骨折は疾走型とよばれ、予後は良好、脛骨中央部での発生は少ないが飛躍型とよばれ球技系のスポーツに多く、難治性といわれています。 ③中足骨疲労骨折:第2・3中足骨部に好発し陸上競技、球技、剣道などで多くみられ、行軍骨折ともよばれます。第5中足骨の近位骨幹部の発生は、ジョーンズ骨折ともよばれます。 ④踵骨疲労骨折:長距離…

手根管症候群

手根管症候群とは、指先や手掌のしびれや痛みなどの症状をきたすものです。手首には「手根管」と呼ばれるトンネル状の形態を示す部分があり、このトンネル内には正中神経や腱けんなどが通っています。 なにかしらの原因で指先の感覚や手の運動に重要な役割をする正中神経が障害される結果、正中神経が圧迫されると、それによって症状が誘発されます。 主に手関節の使い過ぎが原因になっていることが多いです。 手のしびれで睡眠中に目が覚めることは、この症候群に特徴的です。 正中神経 正中神経のはたらきは…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

…n&Duplerは、野球の1シーズン中の本塁から一塁への全力疾走(1シーズンにつき約1,300回)の半数が最大スプリントスピードの90%以上で行われていることを示し、27mで近最大スピードを達成する能力の存在を明示しました。 ところがこのエビデンスの存在にもかかわらずColeman&Duplerは、野球選手は試合で50~60mを全力疾走しない、すなわちトップスピードには滅多に達しないため、スピード向上のための一般的手法を適用するべきではないと結論づけています。 www.nak…

セラーぺの構造(螺旋状の硬いコアを形成することで、股関節および肩関節の筋群の近位端がしっかりと固定され、腕や脚を身体の前で高速で動作させることが可能になる)

…ん。 同じ理屈が野球の投球動作にも当てはまります。 投球動作を観察すると、股関節と肩関節が動いているのに対し、体幹の回旋はごくわずかであり、反対に回旋力が高いと回旋速度を低くして体幹の産生パワーを抑制しなければなりません。 以上のことから、トレーニングでは体幹を硬くして、股関節と肩関節の回旋動作を強調する必要があります。 具体的には、パロフプレス、バードドッグ、ショートケーブル/バンドローテーション、ワンアームプッシュアップ、およびワンアームスタンディングケーブルプレスなどの…

野球に特異的な適応(多平面での回旋運動、特に肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、これらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とする)

野球における特異的な動作を考える 多平面での回旋運動、特にそのほとんどが野球に関連づけられている肩、体幹、および股関節における回旋では、協調性を必要とし、またこれらの動作の想起と反覆を連続的にも散発的にも実行できる筋群と関節構造を必要とします。 また、これらの特異的な動作に加えて、守備や走塁範囲を爆発的に前後左右へ素早く移動しなければならないことが、野球選手にさらなる外的課題をもたらしています。 健康な野球選手にとって、一度にひとつの競技スキルのみ集中して取り組むことは、有益…

野球における戦略的エクササイズ処方:傷害予防とパワー発揮の両立(競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになる)

野球の競技力向上における中心的要素 レジスタンストレーニングと無酸素性コンディショニングは、今なお野球の競技力向上における中心的要素になります。 野球の競技力向上プログラム作成にあたって、常に特別な注意を払うべきことは、多様な角度と速度を用いた様々な筋刺激を通じて、特異的適応を獲得することになります。 しかもそのような刺激を効果的に実施し、反復的に適用しなければなりません。 長く持続する耐久力を野球選手に身につけさせるためには、股関節、脊柱、および肩甲骨を含む動作を中心に、高…

本日は"野球人のカラダを考える会" -第1回研究会- 選手育成〜フィジカルトレーニングの考え方

-第1回研究会- 選手育成〜フィジカルトレーニングの考え方 高校球児の栄養補給とチーム強化、高校球児の投球障害〜リハビリ現場でのフィジカルチェック ケガ人ゼロのチームを目指して!少しでも選手に還元できるように。塩多先生ありがとうございました(^-^) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…ユース障害としては、野球、バレーボール、テニス、水泳など上肢を高頻度で使うジュニア選手に多くみられ、リトルリーグ肘(野球肘)、リトルリーグ肩(野球肩)、テニス肘、腱板炎などとして知られており、過度の練習や不適切なフォームなどが主たる原因になります。 下肢のオーバーユース障害では、ジャンプやカッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折…

運動学習法としての集中法と分散法(疲労は、反応時間やコーディネーション能力、運動の緻密さや筋出力など低下させ、筋の衝撃吸収能力をも減退させるため、肉離れなどの傷害を誘発させる)

…どです。 実際の野球の試合における1イニングの平均投球数は約20球前後、所要時間は約5~15分であるので、休息を入れながらの分散練習は、まさに試合状況に近い実践練習といえます。 また、疲労による怪我予防の観点から分散法に切り替えることが望ましいとされています。 疲労は、反応時間やコーディネーション能力、運動の緻密さや筋出力など低下させるだけではなく、筋の衝撃吸収能力をも減退させるため、肉離れなどの傷害を誘発させるリスクが高まります。 投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年…

肩甲胸郭関節の安定化の重要性(ローテーターカフと肩甲胸郭関節安定筋群の両方が疲労、筋力不足が存在すると、上腕骨頭を安定させる棘上筋の機能に悪影響を及ぼし、肩甲上腕リズムに変化が生じる)

…ようなエクササイズは、GHJの動作における肩甲上腕リズムを維持するのに役立つとされています。 野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する) 引用・索引Strength & Conditioning Journal Volumes33 Numbers4 pages83-87 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩(過剰な動き)を引き起こし、不安定性をもたらす)

…見出し、さらに臨床検査を行なった結果、WT実施者の22%が肩前部不安定性に関して陽性でした。 野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する) 引用・索引Strengh & Conditioning Journal Volumes32 Number4 pages52-55 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

野球のバッティングパフォーマンスに関する補足レジスタンストレーニング(手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング速度、手の速度、およびバット-ボールコントロールまでの時間に有意に増加させる)

野球における手関節と前腕、手のトレーニング研究 野球のバッティングパフォーマンスに関する補足的なレジスタンストレーニングの効果を明らかにするために、最近、前腕および手のトレーニング研究が実施されました。 野球のバッティング能力に影響を及ぼす因子(バットスイングスピードは体重、除脂肪体重、握力、背筋力との間に有意な相関関係が認められる) 手関節、前腕のトレーニングとスイング速度 Szymanskiらは、手関節と前腕のエクササイズが高校野球選手の直線スイング速度、撃心でのスイング…

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) ストレッチングの重要性 関節の可動性を回復するために、試合直後と24時間後にストレッチングを行ないますが、その前に上腕二頭筋の筋膜を緩めるために、ローリングピンまたは他の用具を用いて2~5分筋膜リリースを行ないます。 軟部組織の癒着が緩み、自己抑制反応が起こる…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

…係があります。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 上腕回旋筋と肩関節包の重要性 上腕回旋筋の伸張性負荷と肩関節包の受動的伸展が、腕のコッキング期後半から加速期までのMER-M、肩関節の回転速度、およぼ軌道(関節位置)をコントロールします。 上腕内旋筋群の伸張性トレーニングにより組織の弾性が増大する可能性があり…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

…ックチェーンは地面や野球用スパイク、ピッチングマウンドの隆起などから足にもたらされる摩擦力と垂直床反力から始まります。 オーバーハンドの投球中は、相互の関節モーメントがキネティックチェーンを通じて伝達され、下半身から始まり体幹を通り、ボールリリースでその力は頂点に達します。 腕のコッキング中の肩甲骨、上腕、および手関節周辺のコーディネーションのとれた伸張性筋活動により弾性エネルギーが伝達され、投球腕を加速する際の短縮性筋力が増大し、最大の運動エネルギーを投球腕にもたらします。…

投球時の肘内側傷害の原因(コッキング期後半と加速期における内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、肘内側への非常に大きく反復的な外反力が加わる)

…因 肘関節内側損傷(野球肘)の主な原因とされているのは、コッキング期後半と加速期における肘内側への非常に大きく反復的な外反力になります。 オーバーハンドの投球中は、キネティックチェーンを通じて双方向の関節モーメントが伝達され、下半身から始まり体幹の回旋を通じて、肩の大きな内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、この間、肘関節に対して極めて大きな外反ストレスが働きます。 上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を…

投手の投球障害予防(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引(高力橈骨小頭接触)、および後部内側剪断(骨棘形成)を制御する)

… 上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション(機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス)の効果がある) 青少年投手の肘関節傷害を予防するための現行の推奨基準 [table id=72 /] 上記の表は少年野球の投手における肘関節の傷害予防のために、現在推奨されているガイドラインの要約になります。 その中心は球種と投球頻度および投球数のの管理になりま…