Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

野球肘 の検索結果:

肩の外旋可動性(プレス動作(ベンチプレスなど)ばかりを行なうアスリートには、肩の外旋不足はよくみられ、外旋が不十分であると肩のインピンジメントを引き起こす)

…促進できます。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) まとめ 可動性と柔軟性は相互に関連がありますが、独自の能力として個々に取り組むべき固有の概念になります。 若年アスリートの可動性の強化には、目標を定めた動的な柔軟性ドリルと具体的な姿勢の手がかりを用いて、ウォームアップを最大限に効果的かつ効率的に行なうことが含…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…れ、リトルリーグ肘(野球肘)、リトルリーグ肩(野球肩)、テニス肘、腱板炎などとして知られており、過度の練習や不適切なフォームなどが主たる原因になります。 下肢のオーバーユース障害では、ジャンプやカッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折である脊椎分離症は、器械体操や捻り動作を繰り返すバレーボール、テニス、野球のピッチャーによくみら…

最大身長速度(PHV:Peak Height Velocity)とオーバーユース(PHVに達していない子供達に対して疲労困憊するような練習を繰り返すことは、怪我の発生率を高め、運動学習効果の低下にもつながる)

…くありません。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) ジュニア選手におけるウォームアップ ジュニアスポーツにおいては、プロ野球のようにある一定の体力レベルに到達しているわけではなく、子供の体力レベルにかなりばらつきがあるため、疲労を招くようなウォームアップは行わないほうがよいと考えられます。 ウォームアップはゆっ…

投げ込みとオーバーユース障害(子供や青少年におけるオーバーユースの約50%は予防可能とされており、特に外的因子の「不適切な練習方法」の影響が最も強い)

…されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 投げ込みとオーバーユース障害 一方で「投げ込み」推進派の指導者はいまだに多く、キャンプ中に2,000~3,000球のノルマを課すこともあります。 こういったプロ野球の動向にジュニアスポーツも少なからず影響を受けており、実際、高校野球などにおいても投げ込みは行わ…

投球肘の評価:可動域の測定(正常な運搬角は11~15°外反であるのに対し、成人の投手は15°を超える外反アライメントが一般的であるとされ、前額面可動域が大きいことは慢性的に伸張されて悪化した靭帯の弛緩性を示す)

…筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる) 肘関節におけるスクリーニング スクリーニングには、肘関節組織の構造と機能に関する視診と触診、肘関節可動域の測定評価、さらに安定性を評価するための徒手筋力テストに基づく肘関節の内反・外反ストレス測定を含める必要があります。 標準的な肘の受動的可動域は0~140°(矢状面前腕回旋)であり、回内と回外(軸平面での前腕回旋)は80~90°、外反アライメント(前額面前腕回旋)は11~15°といわれています。 運搬角は外反アライメントの程度…

外反ストレスの影響と肘関節の伸展速度(腕の振り遅れと大きな肘関節の伸展が重なると、慣性モーメントが増大、肘関節の外反ストレスが増大する)

…されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) ストレッチングの重要性 関節の可動性を回復するために、試合直後と24時間後にストレッチングを行ないますが、その前に上腕二頭筋の筋膜を緩めるために、ローリングピンまたは他の用具を用いて2~5分筋膜リリースを行ないます。 軟部組織の癒着が緩み、自己抑制反応が起こる…

外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す)

…係があります。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 上腕回旋筋と肩関節包の重要性 上腕回旋筋の伸張性負荷と肩関節包の受動的伸展が、腕のコッキング期後半から加速期までのMER-M、肩関節の回転速度、およぼ軌道(関節位置)をコントロールします。 上腕内旋筋群の伸張性トレーニングにより組織の弾性が増大する可能性があり…

肩関節最大外旋と肘の傷害との関連(関節包靭帯の伸張とそれに続く関節の弛緩により肩関節内旋速度が速くなり、ボールのリリース速度は速くなるが、肘にとっては有害になる)

…されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 引用・索引Aguinaldo A,Chambers H.Correlation of throwing mechanics with elbow valgus load in adult baseball pitchers.Am J sports Med37:…

投球のキネティックチェーンと投球速度(ボールリリースにおける手の最高速度は、肩関節の最大外旋と肩関節の最大外旋モーメント、ピーク肘関節伸展速度の大きさと相関関係がある)

…筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる) 外反ストレスの影響と肩関節の最大外旋 肩関節の外旋が大きいほどボールの速度が速くなることが報告されていますが、外反ストレスも同時に増大します。 したがって、MERの柔軟性を増進するエクササイズは利益と禁忌の両方をもたらします。 オーバーハンドの投球では、通常、肩関節の内旋可動域が小さくなると外旋角度が大きくなりますが、これは靭帯、腱、関節包の集合的な適応(前部の緩みと後部の硬さ)のためです。 この状態は一般的に、肩関節内旋制限(…

投球時の肘関節内側部における外反モーメントと内反モーメント(肘内側の主要な動的スタビライザーである尺側手根屈筋や浅指屈筋、および円回内筋の活動張力、筋力、および持久力が野球肘予防には重要になる)

肘関節外反モーメントと内反モーメント UCLの損傷は34Nmで報告されている 投球のたびに肘関節内側部の開口に反応して、内側開口を引き起こす外反モーメントに抵抗する内反モーメントが肘関節内側全体に発揮されます。 内反モーメントは引張応力を軽減し、肘関節外側周辺の圧迫を抑制し、ボールをリリースするまで前腕、手、ボールの加速を助けます。 投球中の外反モーメントは120Nmであることがわかっていますが、UCLの損傷は34Nmで報告されており、バイオメカニクスのトルク測定値と死体のト…

投球時の肘内側傷害の原因(コッキング期後半と加速期における内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、肘内側への非常に大きく反復的な外反力が加わる)

…因 肘関節内側損傷(野球肘)の主な原因とされているのは、コッキング期後半と加速期における肘内側への非常に大きく反復的な外反力になります。 オーバーハンドの投球中は、キネティックチェーンを通じて双方向の関節モーメントが伝達され、下半身から始まり体幹の回旋を通じて、肩の大きな内側モーメントにより上肢が前方へと加速され、この間、肘関節に対して極めて大きな外反ストレスが働きます。 上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を…

プッシュアップのバイオメカニクス(大胸筋は水平屈曲動作における主働筋であるため、肘を開くと筋の長さ-張力関係が向上する)

…とができます。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) ワイドベースとナロウベース 最もよく実施されるバリエーションは手の位置の変更になり、用いられる手の位置は数多く存在しますが、最も一般的な分類として、ワイドベース(肩幅の150%)、ノーマルベース(肩幅)、ナロウベース(肩幅の50%)の3種類があります。 ワイド…

投手の投球障害予防(肩関節内旋筋群と肘関節屈曲筋群の強化は加速と減速をより適切に制御できるようになり、内側牽引(高力橈骨小頭接触)、および後部内側剪断(骨棘形成)を制御する)

… 上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション(機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス)の効果がある) 青少年投手の肘関節傷害を予防するための現行の推奨基準 [table id=72 /] 上記の表は少年野球の投手における肘関節の傷害予防のために、現在推奨されているガイドラインの要約になります。 その中心は球種と投球頻度および投球数のの管理になりま…

肘関節内側の動的安定性(投球中の外反トルクはaUCLの損傷の発生点のほぼ2倍を上回り、肘の機能的な関節可動域をコントロールする共働筋によって影響を受ける)

…的にリトルリーグ肘(野球肘)といわれる肘関節内側損傷の危険にさらされている青少年は約200万人に上るとされています。 リトルリーグ肘になりやすい原因として、不適切な投球メカニクス、骨の可塑性、靭帯の弛緩性、骨端軟骨の未成熟、身体組成、そして筋力低下などが指摘されています。 野球肘:上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない) 外反ストレスと肘内側 現在、指導法が改善され、スポーツバイオメカニクス…

投手の体幹はパワーの産生に不可欠であり障害リスクを減らす(体幹の筋が強力で安定し、効率的ならば、パワーを吸収・変換する能力が向上し、四肢にかかるストレスを減少させる)

…用して投球を行い、肩の傷害リスクを減らすことが可能になります。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 引用・索引 Handzel.T.M(2003)Core Training for Improved Performance NSCA PerformanceTrainingJournal2.26-30

野球のジュニア選手の投球動作(投球動作を高いレベルへ導く要因として、体幹や下肢の強さが求められるが、下肢の筋量は遅れて増加する傾向がある)

…とになります。 野球肘:投球動作のレイトコッキング期(投球側の肩における外旋トルクの増大は、肘内側の傷害度の上昇と高い相関関係) 発育モデルと投球動作 青少年の身体発育モデルでは、早い段階で、将来の競技特異的動作の構造的な基礎となるFMS(基本的運動スキル)の習得を目指しています。 [table id=29 /] さらに、幼児期から学童期といった思春期前は神経系の発達が著しいことから、調整能力(平衡性、敏捷性、巧緻性など)に関与する至適時期でもあり、野球の投球動作においても、…

脊椎系の機能とコア(体幹)トレーニング(上肢および下肢動作中、上肢および下肢の筋が活動する前に、「腹横筋」が先行して活動する)

…とがあります。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) Hodges&Richardsonらによると 上肢および下肢動作中、上肢および下肢の筋が活動する前に、「腹横筋」が先行して活動することを示しました。 すなわち「あらゆる動作は体幹部で発生するか、体幹を通じて結びつけられる」ということになります。 野球のスイング…

野球医学―飛田穂洲選集 野球読本:基礎練習編(シーズン前のコンディショニングの重要性)

…による障害(野球肩、野球肘)が発生しやすい部分のチェックを行うことが推奨されています。 少年野球ではなおさらで、「離断性骨軟骨炎:野球肘」の有無をチェックすることが重要です。 専門医受診の重要性 練習中の負傷は、いち早く専門医の診察、施術を受けることが重要です。 コンディショニングの重要性 野球において爪は損傷しやすいので、十分にケアをしておくようにと、また、新しいスパイクではマメが出来やすいので、できにくくなる工夫をするようにと記載されています。 飲食物 もっとも注意するの…

Mポジション投手(踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメントと肘内側の障害を起こすリスクが高くなる)

…カニクスは、肘内側(野球肘)の障害を引き起こしやすい傾向にあります。 踏み出し足の接地局面における肩関節の内旋角度が大きい投手は、肩のインピンジメント(野球肩)と肘内側の障害を起こすリスクが高くなります。 体幹の前方への基準ベクトル(0°の中立軸とみなされる)から前腕ベクトルの内旋変位置量が、肩の内旋角度を示すと考えられています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

…投げられます。 野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる) サイドスロー投手の肘への影響 効果的な投法ではありますが、サイドスローを用いる投手には、肘への外反ストレスによる固有の受傷リスクが存在します。 肘に加わる内反トルクに関連して、体幹側屈と肩外転の回帰分析が行われ、その結果、肘内反トルクを最小限に抑える上で最適なアームスロットの方向は、肩外転が100°、体幹側屈が非投球腕側(反対側)に対して10°であることが明ら…

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

…オーバーハンドスローイングアスリートにおいて最も向上させたい変数であり、この変数は投球速度につながる サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる) 引用・索引 Strength & Conditioning Journal Volume33 Number3 pages45-55 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

上腕骨内側上顆炎:野球肘のリハビリテーション(伸張性エクササイズを導入することで、インスリン様成長因子を増加させ、細胞増殖と基質の再造形を促進するメカノトランスダクション(機械的な負荷を細胞の反応に転換するプロセス)の効果がある)

…可能にします。 野球肘:上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない) エクササイズモデル エクササイズは、漸進的な負荷モデルを採用し、手関節屈筋群と肩関節の全体的な強化に重点を置きます。 漸進モデルには、第一段階の日ごとに漸進を調節するレジスタンスエクササイズから、上肢の筋群の競技特異的フィットネスへの回復を目的とする、第三段階の伝統的な筋力トレーニングまで含まれます。 [table id=48…

野球肘:上腕骨内側上顆炎のリハビリテーション(回外と回内、およびニュートラルな肢位での肘関節屈筋群の十分な強化を含めなければならない)

…ートによくみられ、「野球肘」「ゴルフ肘」また成長期が関与していると「リトルリーグエルボー」と言い換えられます。 上顆炎に関しては、テニスのバックハンドストロークのように、前腕伸筋群のオーバーユースにより起こる外側上顆炎(Lateral Epicondylitis)がより多くみられることから、「テニス肘」の用語が生まれました。 内側上顆炎は、外側上顆炎ほど発症頻度は高くはありませんが、全体の10~20%の割合で報告されています。 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:…

野球選手におけるオフシーズンからプレシーズンへのトレーニング(筋力と爆発力をともに訓練するエクササイズを組込まなければならない)

…ら開始します。 野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する) トレーニングブロック後の進め方 [table id=33 /] ※※ME=最大筋力、UB=上半身、LB=下半身、DE=動的努力、SL=シングルレッグ、SA=シングルアーム、RE=反復努力 次に、ブロックAとは対象的に、様々な動作パター…

野球肘とピッチングメカニクスの評価(ピッチングの加速期において肘が肩の高さに届かない不適切な位置の場合、肘内側にかかる外反ストレスは増大する)

…とになります。 野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる) 投球動作と外反ストレス ピッチングの重要な特徴を適切に実行していない若年投手には、ピッチングドリルが重要になります。 投手腕の挙上が適切ではない場合、ピッチングの加速期において肘が肩の高さに届かない不適切な位置になるおそれがあります。 この不適切な肘の位置は肘内側にかかる外反ストレスを増大させます。 野球肘とフィジカル…

野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる)

…明らかになっており、野球肘(リトルリーグ肘:LLE)のりクスを抱える若年野球選手の特定に役立つ可能性があります 。 [table id=29 /] 野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる) Kieselらの研究 Kieselらの研究ではフットボールにおけるFMSと受傷リスクの関連性を明らかにしており、同研究によると、National Football LEAGUE(NFL)においてFMSのスコアが15点以下であった選…

野球肘とレジスタンストレーニング(コッキング期とアクセレーション期において運動学的神経筋トレーニングプログラムは下肢、体幹、上肢への効率的なエネルギー伝達を促進することにより神経筋コーディネーションを改善し障害リクスを低減する)

…%増加します。 野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限(非投球側より25°)がある場合、肩肘疾患の危険因子となる) 体幹強化を含めたレジスタンストレーニング 体幹の筋群は野球のピッチング動作において特に重要になり、体幹強化を含めたレジスタンストレーニングは若年野球投手の受傷リスクを低減する可能性があります。 ピッチングと体幹筋力の力の伝達 ピッチングにおいては、ピッチング効率を最大限に高めるために、脚部と体幹が発揮した力が協調された動作で投球腕とボー…

野球肘とフィジカルコンディション(投球側肩甲上腕関節の内旋角制限(非投球側より25°)がある場合、肩肘疾患の危険因子となる)

…コンディション不足と野球肘(リトルリーグ肘:LLE) フィジカルコンディション不足はLLE(野球肘)の要因と考えられます。 フィジカルコンディショニングプログラムはパフォーマンスを最大限に高め、受傷リスクを最小限に抑えることを重点におくべきです。 若年野球選手における野球肘危険因子(オーバーユースと二次的骨化中心を考える) フィジカルコンディショニングプログラム フィジカルコンディションを高めるプログラムには、ウォームアップや静的ストレッチ、レジスタンストレーニング、体幹強化…

インピンジメント(野球肩)を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…うGH関節の最大外旋位はGH関節の上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす) サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる) 野球肩の機能解剖と評価・肩関節複合体 引用・索引 NSCA JAPAN Volume20 Number8 page61 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする)

…因しています。 野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる) カーブは有害ではないとする声も 一方で、カーブは必ずしも他の球種に比べて有害ではないとする研究もあります。 Fleisigらは、カーブの投球時に関節に加わる負荷は速球の負荷に比べて有意に大きくないと報告しています。 Dunnらの研究結果もこれと一致しており、9~14歳の若年レベルの投手にとってカーブは速球よりも有害であ…