Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹2017~SV Horn (Austria) Physio/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

野球肩 の検索結果:

野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する)

肩関節複合体 肩関節は非常に複雑な領域であり、この領域においては、肩甲上腕関節(GH)、胸鎖関節、肩鎖関節、および肩甲胸郭関節など多くの関節が互いに依存しあって存在し、これらは肩関節複合体を構成する要素となります。 これらを構成する関節のいずれかひとつが動くと、ひとつかそれ以上の他の関節も同時に動くため、ひとつの関節が受傷すると、多くの場合、他の関節の運動学的要素も変化し、機能的動作における筋の代償作用が生じます。 www.nakajimabonesetter.com

ローテーターカフの疾患(肩甲骨外転を伴う肩甲上腕関節の最大外旋位は上後部における棘下筋と棘上筋の圧迫により内部インピンジメントを引き起こす)

…テーターカフの疾患(野球肩)には、腱障害、インピンジメント症候群、および様々な程度の筋/腱断裂が含まれます。 www.nakajimabonesetter.com 腱障害 腱障害は、特にローテーターカフ筋群にストレスをかけるポジションでの上肢のオーバーユースに関連して生じます。 急性の腱障害は、休息とアイシングにより改善します。 インピンジメント症候群 インピンジメント症候群はいくつかのタイプに分けられます。 一次的インピンジメントは、棘上筋腱が肩峰下で圧迫される直接の原因に…

インピンジメント症候群を抑えるトレーニングとは(棘上筋を効果的に鍛え、肩峰下腔の狭小化を抑え機械的圧迫の増大とインピンジメントの助長を防ぐ)

…されています。 野球肩のリハビリテーションの基本原則(ローテーターカフの筋力とバランス、GH関節の不安定性は肩甲骨のポジショニングと肩甲上腕リズムに影響する) www.nakajimabonesetter.com 引用・索引Wathen D Baechle TR and Earle RW Periodization In Essentials of Strength Training and Conditioning Baechle TR and Earle RW eds C…

肩の不安定性に対するウェイトトレーニング(肩関節外転外旋を行う「ハイファイブ」の姿勢は肩関節包前部に負荷を与えるために、肩前部の過弛緩を引き起こし、不安定性をもたらす)

肩関節不安定性とは 肩の不安定性とは、「上腕骨頭を関節窩の中央に維持できないこと」と定義できます。 したがって、肩前部(肩甲上腕関節)の不安定性とは、関節窩に対する上腕骨頭の過剰な前方移動(動き)と定義されます。 前部不安定性の原因は多岐にわたり、単独または複合的に存在する数多くの因子が考えられ、例えば、外旋による傷害、筋のアンバランス、関節の位置を維持する軟部組織(靭帯と関節包)の恒久的な伸張などが原因になります。 肩関節複合体が前部不安定性を起こす原因のひとつは、一般的に…

ジュニアスポーツにおける急性外傷(適度な練習はトレーニング適応を引き起こし、骨、筋、腱、靭帯などの組織を強くさせるが、怪我の30~60%は、オーバーユースに起因する)

…)、リトルリーグ肩(野球肩)、テニス肘、腱板炎などとして知られており、過度の練習や不適切なフォームなどが主たる原因になります。 下肢のオーバーユース障害では、ジャンプやカッティング動作お行うサッカー、バスケットボール、バレーボール、器械体操などで多くみられ、膝ではオスグッド病、下腿や足部では疲労骨折、足部の踵ではシーバー病が特徴的です。 また腰部の疲労骨折である脊椎分離症は、器械体操や捻り動作を繰り返すバレーボール、テニス、野球のピッチャーによくみられます。 このようなオーバ…

野球選手が棘上筋トレーニングを選択するポイント(棘上筋の活動に比べ三角筋の活動量が過剰になると上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔のインピンジメント{野球肩}が生じる)

エンプティカン(Empty Can:EC)フルカン(Full Can:FC) ECを行うと、FCに比べて三角筋が過剰に活動します。 棘上筋の活動に比べて三角筋の活動量が過剰になると、上腕骨骨頭の上方移動と肩峰下腔の狭小化が生じ、また、肩甲骨の位置によっても肩峰下インピンジメントが生じる場合もあり、肩甲骨は前方へ引き出すと内旋して前傾し、肩峰下腔を狭小化させます。 さらに、ECでは肩甲骨の内旋と前傾がFCに比べて大きく、肩峰下腔の狭小化が生じます。 ECにおける肩関節の内旋は、…

上腕二頭筋長頭腱の損傷

上腕二頭筋長頭腱の損傷 上腕二頭筋は上腕二頭筋長頭腱と上腕二頭筋短頭とがあり、力こぶをつくる筋肉です。 上腕二頭筋長頭腱は肩甲骨から上腕骨結節間溝という上腕骨のみぞを通り、前腕の橈骨に付着しています。 上腕二頭筋短頭は肩甲骨の烏口突起から長頭と同じところに付着します。 上腕二頭筋は力学的にストレスを受けやすく、ケガをしやすいところではあります。 上腕二頭筋長頭腱断裂 重量物の挙上や、上腕二頭筋に対して強い伸長力が加わった際に負傷しやすく40~50歳前後の肉体労働者に多発し、ス…

ベーカー嚢胞(膝窩嚢胞)

ベイカー嚢胞 膝後方で半膜様筋腱と腓骨筋腱内側頭の間に生じる滑液包炎であり、大きくなると膝窩部の鈍痛、緊張感などの症状をきたします。 膝の後方の滑液包が弁構造となっており、関節液が弁を通して嚢胞を形成する、という説が有力です。 変形性膝関節症や関節リウマチに合併して生じるものが多いです。 www.nakajimabonesetter.com 症状 膝窩部のやや内側より鶏卵大の波動性の腫瘤を認めます。 圧痛、熱感はなく、疼痛はさほど強くなく膝後方の不快感や正座時の緊張感を訴える…

野球肩、野球肘へとつながる非投球側のKnee-in(足部と股関節を結んだ線より膝が内側に位置する)

Knee in という状態は、投球側、非投球側下肢とともに生じる代表的な代償運動になります。 足部と股関節を結んだ線よりも内側に膝関節が位置した状態を便宜上Knee-inと呼んでいます。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2988

姿勢が野球肩・野球肘に影響する(不良姿勢が投球動作時の肘下がりにつながる)

[caption id="attachment_15886" align="alignnone" width="686"] The University of Iowa baseball team participates in their strength and conditioning program Wednesday, Feb. 5, 2014 at Carver-Hawkeye Arena in Iowa City. (Brian Ray/hawkeyespor…

投球の運動連鎖(姿勢が悪いと肩の運動が制限され肘下がりになる:野球肩・野球肘のリスク大)

痛みが生じている部位とその患部ばかりに目を奪われてしまうと、本当の施術につながりません。 痛みを生じた患部は結果であって原因部位ではないことがほとんどです。 肩・肘の障害がなぜ生じたのかを、さらに、ある関節の運動が隣接する他の関節へ影響を及ぼす原因を詳しく調べていく必要があります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2988

野球肩:肩関節評価法2)ストレステスト

肩関節インピンジメントテスト(HERT:hy-per external rotation test) 方法:肩を90°~120°外転させ、もう一方の手は肩甲骨を固定し、肘を固定し、ゆっくり外旋させ、疼痛を誘発させます。 評価:過外旋させ、後方痛が出現すれば陽性。 ※前方痛の場合は三角筋や前方関節包の伸張痛と評価します。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3004

野球肩・肩関節の評価法1)可動域

可動域 肩甲上腕関節の可動域の評価をします。 CAT:combined abduction test 肩関節を固定し、肩甲上腕関節の外転可動域を評価します。 方法:背臥位の状態から肩甲骨を固定し、もう一方の手で肩を外転させます。 評価:投球側が非投球側と比較して小さければ陽性(肘の位置で比較すると解かりやすいです。) https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3088

野球肩、野球肘における肩甲上腕関節周囲の軟部組織の適応

Pollockは下関節上腕靭帯に伸張ストレスを加え、靭帯の機械的特性について下記のように述べています。 伸張ストレスの反復は前方関節包を不可逆性に伸張させる結果となり、後天的な不安定肩の要因になると述べ、そして、内旋可動域の減少に関しては後方関節組織の伸張性低下が示唆され、Burkhartらは投球時のfollow through phaseにおける牽引力の適応であるとしました。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2988…

野球肩、野球肘障害を施術するためには、投球動作を理解する事が重要

投球動作は、上肢を中心に行われる動作ですが、よく見ると股関節、体幹、上肢へと連動する全身運動であることがわかります。 一般にWind up期、Early cocking期、Late cocking期、Acceleration期、Follow through期から構成されます。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3579

野球肩の機能解剖と評価・肩関節複合体

肩関節は複数の関節から複合体になります。 ※狭義の肩関節である肩甲上腕関節は骨構造上、不安定な関節であるために、その安定性を軟部組織に依存しています。 関節包による肩甲上腕関節の安定化は肩関節肢位の変化に伴う緊張部位に依存しています。 ※上肢下垂位での外旋では前上方、内旋では後上方、外転外旋位では前下方、屈曲内旋位では後下方が緊張します。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2180

野球肩を有するお客の身体的特徴:骨の形態的変化

投球障害肩の成因として肩関節の使い過ぎによる問題が多く示唆されます。 野球などのオーバーヘッドの競技特性より肩甲上腕関節に投球動作による反復ストレスをかけ続ける結果となり、それに適応するように骨形態および肩甲上腕関節周囲の組織は基質的変化を生じることが報告されており、特に野球選手における投球側の外旋可動域の拡大と内旋可動域の減少が非常に問題になっています。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2142

少年野球選手に対するメディカルチェックの目的(野球肩、野球肘早期発見)

野球肩・野球肘障害例の身体特性 少年野球選手におけるメディカルチェックでは成長期の野球選手に特有の身体特性を把握したうえで、野球を楽しく続けていけるかどうかを判断することが重要で、その中で障害発生に関わる危険因子を見つけ出し、その結果のフィードバックを行うことで障害の予防・早期発見に結び付けていかなければなりません。 投球肩・肘障害の発生に関わる危険因子として、投球側肩関節における後方構成体の伸張性低下や下肢・体幹筋の柔軟性低下があげられます。 投球肩・肘障害の為に診した選手…

野球肩のキャッチボール開始基準に何を用いるか(疼痛再現テスト)

肩の投球時痛は、肩甲上腕関節がzeroポジションにから外れ、late cocking phaseでの水平伸展、acceleration phaseでの外転位外旋、follow through phaseでの水平屈曲、、屈曲位内旋が生じた時に発生します。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-7167

野球施術・野球肩の評価・カウンセリング(投球障害肩の4つのパターン)

投球障害における主訴のほとんどは投球時に発生する痛みであり、そのほとんどは肩甲上腕関節がzeroポジションから外れた時に発生します。 投球障害肩に対して十分な施術効果を上げるためには、原因となる個々の部位を対象とした正確な評価、施術技術が不可欠になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2180

野球施術における野球肩・投球肩障害の施術

投球肩障害の施術 投球肩障害とは投球を障害する病変を持っている肩の総称(症候群)になります。 施術としては保存療法が原則になり、安静期間を十分に設け、オーバーユースによる関節包や滑液包の炎症を取り除き悪循環を断ち切ることが必要です。 3~4日間の投球禁止と理学療法の後、段階的に投球レベルを上げ、筋力回復訓練、投球再開へと進めます。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11775

野球施術・野球肩のスポーツ障害の診断へのアプローチ

肩のスポーツ障害には多くの病態が存在し、来院時の訴えも痛み・不安定感・運動制限など様々です。 その原因も脱臼や骨折のように明らかな大外傷によるものから、オーバーユースを基盤としたものまで様々です。 肩関節の安定化機構 肩関節の静的安定性の多くは関節上腕靭帯が担っています。 上前方には上関節上腕靭帯(SGHL)、中前方には中関節上腕靭帯(MGHL)、下方部には下関節上腕靭帯(IGHL)前方部は前下関節上腕靭帯(AIGHL)、後方部には後下関節上腕靭帯(PIGHL)、下方部は液窩…

野球施術(野球肩、野球肘)リハビリテーション・スローイングまでの流れ

第1段階 炎症症状が消失してから肩、肘などの筋機能を再教育、強化してきます。 順番として徒手抵抗、ゴムチューブ、ダンベル、ウェイトマシーンなどを利用し、マイナーマッスルから、メジャーマッスルへと取り込み、フォームの教育をもう一度やり直します。 テイクバック時の腕の軌道を確認し、その選手の肩甲上腕リズムにあったトップでの上腕骨の外転位置(肘の位置)、肘関節屈曲位の適正化などを徒手抵抗をかけながらチェックします(コックアップ時の状態のチェック)。 痛みが消失してきたら、事前に徒手…

野球施術における投球障害リハビリテーション・患部トレーニングの流れ(野球肩、野球肘)

関節可動域改善訓練 まずは、関節の可動域を健全な状態に戻すように自動運動や自動介助運動、またはトレーナーなどによる抵抗運動を用いて、ストレッチングを行います。 セルフストレッチ 肩の内転(水平内転・屈曲) 肩の外転(外転・屈曲) 水平外転・伸展 パートナーストレッチ 静的(スタティックストレッチング) 抵抗をかけて行うもの(肩甲骨を固定して行う) https://nakajima-bonesetter.com/sports/baseball

野球におけるリハビリテーションプログラムの実際(野球肩・野球肘)

今回、野球における肩、肘の障害についてのリハビリテーションプログラムシリーズを紹介していきます。 まず、今回は〘野球の動き〙から分析し、動きを分析してみると、 ボールを捕る ボールを投げる ボールを打つ 走ること に大別できます。 https://nakajima-bonesetter.com/sports/baseball/baseballbio