Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

陸上 の検索結果:

疲労骨折(fatigue fracture)

…・3中足骨部に好発し陸上競技、球技、剣道などで多くみられ、行軍骨折ともよばれます。第5中足骨の近位骨幹部の発生は、ジョーンズ骨折ともよばれます。 ④踵骨疲労骨折:長距離の歩行やランニングで着地の衝撃やアキレス腱の牽引により発生します。 他に尺骨、腰椎、骨盤、大腿骨、腓骨、足の舟状骨などでもみられます。 施術 施術は主に、局所安静を保ちながら経過観察をして骨癒合を待ちます。難治性の部位では手術療法を考慮します。負担やストレスを貯めないようにストレッチや水分補給などをまめに行い予…

コンプレックストレーニングの即時的効果に関する研究(CTの実行に際して考慮すべき非常に重要な要素は、コンプレックス内の休息時間(Intracomplex rest interval:ICRI)、すなわち高強度エクササイズと低強度エクササイズの合間の時間になる)

…のスプリント、および陸上スプリントなどになります。 CTが有効であることを示した研究もある一方、CTがCT以外の手法に比べて大きなパワーを引き出すという結果を示さなかった研究もあります。 ただし、注目すべき点として、CTによるパワーの有意な増大を認めなかった研究も、そのほとんどはCTがマイナスの効果を生じなかったと報告していることになります。 したがってCTは、筋力とパワーを同一セッション内で強化し、ワークアウト効率を高める手段として実行可能であると考えられます。 http:…

フィールドスポーツ選手のスプリント(フィールドスポーツ選手を対象とするプログラムとしては、近最大または最大スピードが達成されうる15~35mのスプリントをトレーニングに含めるなどして、直線スプリント能力を向上させるような十分な刺激を提供すべきとされている)

フィールドスポーツと陸上選手 第二の誤解は、フィールドスポーツでは短い距離の全力疾走だけが求められ、したがって、最大スピードに達するためにはより長い距離(50~60m)が必要である以上、トップスピードは達成されないというものになります。 Vescoviらは、27mのあとの9.1mのスプリットタイムが変化しないことを根拠として、サッカーとラクロスの女子選手が20~30mの間で実際にトップスピードに達していることを示しました。 これは、大学の体育科の学生において最大スプリントスピ…

最大スピード:スプリントに関する誤解(フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、最大スピードに達するために必要な距離には到達していない)

…指すことへの反論は、陸上競技の100m走の選手は50~60m地点まで最大スピードに達しないという知識に端を発しています。 フィールドスポーツのスプリント距離は通常10~30m(約2~3秒)であり、したがって、最大スピードに達するために必要な距離には到達していないことになります。 しかし、一般に見過ごされてきた2つの重要な観点があります。 すなわちフィールドスポーツでトップスピードに達するために必要な持続時間または距離と、短い距離ではトップスピードに達せないとする見方との関係、…

現場への応用としてのアシスティッドジャンプスクワット(このエクササイズの最も興味深い点のひとつは、バンドが動作を補助する結果、速度特性が変化する)

…が、エリートジュニア陸上選手の下肢のパワー向上に非常に有効な手段となりうることを発見しました。 スクワットの下降局面において、バンドはバーの負荷を軽減するため、ジャンプ動作の可動域中で最も弱い(力を発揮しにくい)ポイントを、本来よりも小さな力で乗り越えることができます。 また、負荷の軽減によって膝や背部にかかるストレスの多くが取り除かれるため、このエクササイズが若年アスリートにとって安全に実施できるものとなります。 筋パワーを向上させ、競技パフォーマンスを高める3つの基本トレ…

肩の内旋可動性(オーバーヘッド動作を行なうアスリートは、利き手の肩の外旋可動域が反対側の肩に比べ有意に大きく、内旋可動域は有意に小さい傾向にある)

…、テニスなどの選手や陸上競技の投てきの選手など、オーバーヘッド動作を行なうアスリートの成功にとって重要な要素になります。 外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す) ピッチャーにおける減速中の伸張性ストレス Reinoldらの指摘によると、ピッチャーは腕の減速中に伸張性ストレスがかかるため、登板後、肩の内旋が困難になること傾向があります。 この一時的な…

スクワットテスト(フロント、バック、およびオーバーヘッドスクワットは、筋力プログラムの基盤となるものである)

…行い、フットボールと陸上の重量投てき種目の選手には、1RMおよび3RMの負荷を、その他の選手には1~5RMの負荷を用います。 このバックスクワットのテスト結果を基に、期分けトレーニングプログラムで行うフロントスクワット(バックスクワットの70%1RM)、シングルスクワット(同40%1RM)、ランジ(同30%1RM)、およびオーバーヘッドスクワット(同20%1RM)に用いる負荷の割合が決定されます。 ストラクチュラルエクササイズと代替エクササイズ(スクワットやデッドリフトなどの…

男女の水泳時における腹腔内圧の比較(女子の絶対的な筋力は、男子の3分の2程度であり、特に体幹部では男子の63.8%になる)

…6kPaであった) 陸上と水泳時におけるIAP 随意最大IAPを求めるために行うバルサルバ法(息を止める)は、腹部や骨盤を囲むすべての筋活動であることから、随意最大IAPの違いは、被験者の性差の影響を受けたことによるものと考えられます。 また%maxIAPは、最大下努力クロール泳と比較して高い割合を示しているものの、陸上で測定された他の動作と比較すると、かなり低い値を示しています。 この理由は、上述した最大下努力泳で述べたとおりであり、水泳時には、泳速度の高低や泳者本人の努力…

競泳選手のトレーニングプログラム(プライオメトリックトレーニングを加え、股関節、膝関節、足関節のトリプルエクステンションに焦点を当てることで、タイムを短縮できる)

…要になります。 陸上でのストレングス&コンディショニング(S&C)をトレーニングプログラムへ導入することは、1/100秒が試合結果を左右するようなスポーツにとって、強みとなります。 肩甲帯、膝関節、股関節内転筋群の傷害リスク軽減を目的とするトレーニングプログラムをデザインする場合は、全身の筋力とパワーを向上させるエクササイズを含む必要があります。 プレシーズン期におけるレジスタンストレーニング(パワー出力の向上は、多くの競技においてパフォーマンスの成功を左右する生理学的主因と…

力発揮の諸特性(スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似している)

…ール、バレーボール、陸上競技などのスポーツパフォーマンスにプラスの影響を及ぼすことを明らかにしました。 また、抵抗に対して素早い加速を要求する運動が、選手に利益をもたらすことを示唆し、実際、スナッチとクリーンのプル局面とジャークのドライブ局面の運動力学や運動学はあらゆる競技の特異的な加速パターンと類似しています。 諸研究によると、ウェイトリフティングとバーティカルジャンプのパフォーマンスとの間には相関関係が存在します。 バーティカルジャンプテストはパワー出力指数とみなされてお…

高校生アスリートにおけるウェイトリフティング導入のためのプレトレーニング(十分な関節可動域、バランスの良い発達、健全な運動学習スキル、必要な動作パターンを確認するにはオーバーヘッドスクワット、スクワットスナッチプレス、フロントスクワット等が挙げられる)

…び込み競技、ダンス、陸上競技の安定したバックグラウンドを有するアスリートは、十分な関節可動域、バランスの良い発達、健全な運動学習スキル、必要な動作パターンを既に身につけていると考えられており、この場合は、直ちにリフトのテクニックを学習するプログラムに入り、通常のトレーニングを開始するとよいとされています。 またその他のアスリートも、関節可動域にも姿勢にも問題が無い場合は、矯正のためのストレングストレーニングに進む一方で、テクニックの習得に取り組みます。 しかし、特にボディビル…

無酸素性競技のアスリートにとって長時間の有酸素性運動は必要か?(Pcrの再合成を促進して疲労に達する時間を引き伸ばし、筋の毛細血管を著しく増加させる)

…能力 トップレベルの陸上や競泳の短距離選手の中には、無酸素系アスリートであるにもかかわらず、エリスロポエチンのドーピング疑惑をかけられた選手もいました。 ※エリスロポエチンとは通常、長時間にわたって競技を行う持久系アスリートが、血液の酸素運搬能力を向上させるために使用される薬物になります。 ここで、ひとつの疑問は、一流の無酸素系アスリートが有酸素性パフォーマンスの増強薬物を使用するのはなぜかということになります。 想像される答えは、激しい運動間の回復のためになり、無酸素系アス…

線維筋痛症と有酸素性エクササイズ(中枢神経系の処理障害であり、上行性または下行性の神経経路の操作に異常が発生し、痛覚の増幅が生じている)

…りになります。 陸上エクササイズまた水中エクササイズからなる 1回20~30分間 軽~中強度のエクササイズ 少なくとも4週間にわたり、週に2~3回実施 線維筋痛症のクライアントのために個別化されたプログラムをデザインする際は、この推奨基準を出発点とすると良いとされています。 有酸素性機構が活発に働けば働くほど筋疲労の原因となる水素イオンの分解効率を上げる(短距離の選手であっても有酸素性能力を高めておく必要性がここにある) 引用・索引Adsuar JC Del Pozo-Cru…

小児・青少年のスピードトレーニングの意義(思春期直前期の急成長は主に神経系の発達、思春期の急成長は内分泌系を介した発達をする)

…す用語になりますが、陸上での競技においてはさらに細分化され、「踏み出しの素早さ」「加速」「最大スピード」「ゲームスピード」が含まれます。 適応加速期とは 思春期直前期の急成長は主に神経系の発達により、また思春期の急成長は内分泌系を介した発達によるとみなされています。 自然に発生する適応加速期は、トレーニングへの反応が高まる「絶好の機会」であり、この時期にスピードの発達を最大化させることに失敗すると、将来的な潜在能力が狭まるとまで主張する研究者もいます。 また、スピードの発達に…

筋力トレーニングは何歳から始めるべきか?(男性ホルモン分泌が盛んになる年代が適切)

…チャーに多い野球肘、陸上競技やサッカー、バレーボール、バスケットボール選手に多いオスグッド病などがあります。 これらは、成長期の骨、関節に対し過度の繰り返しの負荷がかかるために起こり、通常のスポーツ活動においてさえ、このような障害が起こりやすい時期には、大きな負荷がかかる筋力トレーニングは当然避けなければなりません。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3729 年代による成長 骨の伸びは身長の伸びによって現れますので、身長の伸…

運動とストレスホルモン(適応しない場合は副腎肥大、胸腺萎縮、胃潰瘍の徴候がみられる)

…受性の低下が報告され、軽度のうつ病と類似します。 日本の陸上長距離選手は月間1,000km以上を走るランナーが多く、成功例もありますが、意欲低下や抑うつ症で離脱する選手も少なくないことから走りすぎによるストレス不適応に注意が必要になります。 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6635 引用・索引 スポーツ・運動生理学概説 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

酸素借とパフォーマンス(エネルギー供給系からトレーニングを考える上で貴重な情報)

…00mまでのトップの陸上競技選手を対象とした研究では、走行中の有酸素性エネルギー供給の貢献度は、200m(平均22秒)で29%、400m(平均49秒)で43%、800m(平均1分53秒)で66%、1500m(平均3分56秒)で84%に達すると報告されています。 運動時のエネルギー供給機構から考えると、有酸素性と無酸素性の貢献度の比率が等しくなるのは、陸上選手で例えると400mと800mの間であり、時間でいうと1~2分になります。 最大酸素借とパフォーマンスの関連性は、無酸素性…

無酸素性エネルギー産生(酸素が無い状況でもATPを合成でき、瞬間的に爆発的なエネルギーを供給できるのは無酸素性エネルギー供給機構によるもの)

…酸から水素イオン(H+)が解離すると次のように反応し、水素イオン濃度を下げます。 HCO3+ + H+ → H2O + CO2 陸上競技の400m、水泳の100mなどで高いパフォーマンスを発揮できる一流選手は緩衝能力は高いといえます。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3488 引用・索引 スポーツ・運動生理学概説 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

長距離選手とタンパク質(1時間を超えるような運動を行う場合、エネルギー源として糖質、脂質のほかにタンパク質も利用される)

…エネルギー源 従来、陸上長距離に代表される持久系種目の選手にとって、最も注目される栄養素は炭水化物になります。 長時間の運動によるエネルギーの枯渇を防ぐためには糖質の備蓄が必要あるとしてグリコーゲンローディングが盛んに行われてきました。 ところが、最近の研究によれば、1時間を超えるような運動を行う場合、エネルギー源として糖質、脂質のほかにタンパク質も利用されていることがわかり、これは、トレーニング後の尿を調べることによってわかります。 運動時間が長くなればなるほど、尿にはタン…

トレーニング内容と食事(オフシーズンとインシーズンでのタンパク質、炭水化物の摂取量の違い)

…) 野球におけるチームの期分けトレーニングプログラム(競技シーズンと期分け) 引用・索引 勝ちに行くスポーツ生理学 《送料無料》スポーツ・運動栄養学 価格:2,808円(税込、送料込) 元オリンピック強化スタッフトレーナー相川義光の「速走!トップランナー育成バイブル」~中学校陸上部で中距離・長距離・駅伝・マラソンを頑張っているお子様が速く走るために手助けしてあげましょう! (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

高地トレーニングによる最大酸素摂取量向上の生理学的メカニズム(低圧・低酸素環境下によりヘモグロビン濃度を上げる)

…アなど)出身の選手は陸上競技の長距離種目で強さを示します。 彼らの生理学的特性を調べてみると、全身持久力を評価する最大酸素摂取量が低地出身の選手よりも高いという傾向あります。 乳酸性作業閾値からみる持久的トレーニング(乳酸は、ミトコンドリアの酸化可能量を超えて糖質が多量に分解された時にできる) 最大酸素摂取量とヘモグロビン 最大酸素摂取量は、血液中のヘモグロビン濃度により左右され、ヘモグロビンは血液中で酸素を運搬する役目を果たすもので、これが多ければ多いほど筋肉に送られる酸素…

体脂肪とスポーツ選手(脂肪は比重が軽い(約0.9g/c㎥)ため、競泳やシンクロなど水中や水上で動作を行う種目の選手は、ある程度の体脂肪が必要)

…係といえます。 陸上で行う多くの種目では自体重を水平に、あるいは垂直に移動させなければいかず、このとき、体脂肪は余分な重量負荷となるため、できるだけ少ないほうが有利となります。 最新の生体エネルギー学(高強度運動中のATP産生クレアチンリン酸(PCr)が継続的に最大18分間にわたって利用されている) 体脂肪が有利に働くケース 一方、脂肪は比重が軽い(約0.9g/c㎥)ため、体脂肪が多ければそれだけ浮力が増し、そのため競泳やシンクロナイズドスイミングなど水中や水上で動作を行う種…

パワーを高める効率的な方法(スピード要素を加味し神経系機能向上を目的とした筋力トレーニングをする必要がある)

…重を移動させるだけの陸上競技短距離走や跳躍、負荷といっても比較的軽いボールや道具を扱う球技、脚の素早い動きが生命線の自転車などはその典型になります。 筋力トレーニングで陥りやすい落とし穴は、最大筋力かスピードかどちらかに偏りすぎることです。 スポーツ種目の特異性を考慮し、適切な配分で最大筋力を高め、動作スピードを高めることによってパワーを養うこと、試合時と同じスピードで動作を行い、それに対して負荷をかけることが大切になります。 スピード向上におけるストライド長とストライド頻度…

筋力とパワーの違い(筋力が単純な力を指すのに対し、パワーは力に動作スピードが掛け合わされた値)

…に相当します。 陸上競技の100m走を例にとると、 体重60kgの男性が100mを走った場合、この男性がした仕事率は、 60kg×100m=6,000kg・mとなります。 これを所要時間で割った数字が仕事率です。 もし、1分かかったならその仕事率は、 6,000÷60=100(kg・m/秒) 10秒なら、 6,000÷10=600(kg・m/秒)となります。 この数値からわかるように、1秒当たりの仕事率は後者の方が6倍大きくなり、これは、すなわちパワーが6倍大きいことを意味し…

トレーニングの特異性の原則(競技時の運動の強度、さらにオーバーロードの原則に従う)

…の特異性です。 陸上競技の走種目や水泳に代表されるように、各スポーツ種目の動作には独特のリズムとピッチがあり、これを、出来る限りレースや試合に合わせてトレーニングすることが重要です。 もし動作速度が異なれば、動員される運動単位(筋線維)がことなり、速い速度で運動すれば速筋線維が多く動員され、遅い場合は遅筋線維がより多く動員されます。 レースや試合と極端に異なる速度で筋肉を収縮させた場合、意図しているものとは異なる筋線維をトレーニングしていることになります。 運動時間の特異性 …

トレーニングにおける全面性の原則(あらゆる競技は局所ではなく全身の筋肉を駆使して行うもの)

…駆使して行うもので、陸上選手が脚だけ鍛えればよいわけではなく、水泳選手が腕だけ鍛えれば良いということでは無いということにつながります。 ※スポーツは全身の筋肉を駆使して行うもので、鍛える部位に優先順位があっても手落ちがあってはいけません。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-3182 競技における全面性の原則 全ての運動能力(エネルギー供給機構)を高めるという点でも全面性の原則が当てはまります。 それぞれののスポーツ種目にはいわ…

筋疲労を防ぐ方法とは:重曹(NaHCO3)とクレアチン

…れは特に有効とされ、陸上競技の400mや800mの選手に対して走る前に重曹を摂取させた実験では明らかにタイムが良くなるという結果がでていますが、これを摂取すると半数くらいが下痢をしますので取り入れる選手はほとんどいないです(重曹はドーピング禁止薬物ではありません)。 クレアチン サプリメントで人気があるクレアチンは、水素イオンに対して中和的に働きかけると言われています。 筋細胞の中にクレアチンリン酸が多く存在していると、水素イオンが筋細胞の中で中和(緩衝)され、筋収縮を抑制す…

血中乳酸値を測定すると何がわかるか?(ピリオダイゼーション、休養)

…指します)。 ※陸上競技の種目でいえば400~800m、水泳でいえば、泳法にもよりますが、50~200mがそれに相当します。 これらの種目を全力で行った後に乳酸値の最高値がどれくらいであったかを測ります。 乳酸は筋肉で発生してから血液中に拡散するまで時間がかかるので、乳酸値は運動直後ではなく3~8分後に最高値を示すという特性があり、そのタイミングでとらえた最高値は、筋収縮のエネルギー獲得過程で乳酸性機構(解糖系)をどれだけ動員したかを示します。 ※乳酸性機構(解糖系)では筋肉…

食べる人の身体のコンディションニングが違うと、食後の血糖上昇反応に大きな違いが出てくる(筋肉や肝臓のグリコーゲンの回復に差がつく)

… これは、大学の陸上長距離選手を被験者にして得られた科学情報になり、夕方の5時から6時30分まで20km走を、数日空けて2回走ってもらい、グループを半分に分けて、夕食をランニング終了の30分後か2時間30分後に食べてもらいました。 このようなトレーニング後の夕食のタイミングの違いは、運動で消費された筋肉や肝臓のグリコーゲンの回復に差をつけます。 ※一般的にトレーニングのすぐ後に食事をとると、グリコーゲンは速やかに回復しますが、2時間以上も間隔を空けて食事をとると、その回復は半…

運動前・運動中の分岐鎖アミノ酸(BCAA)摂取の生理学的効果

…ります。 ※大学陸上選手が25Kmランニングをしたときの筋肉組織のダメージによる血中CPK(クレアチンフォスフォキナーゼは心臓をはじめ骨格筋、平滑筋など筋肉のなかにある酵素)とLDH(LDH乳酸脱水素酵素は肝臓や筋肉や赤血球の細胞がこわれた場合にも上がるの)の上昇は、BCAA摂取で抑えられる傾向にありました。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-2251 引用・索引 実践的スポーツ栄養学 カラダを守る筋肉の栄養素「BCAA」を1…