Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

頭痛 の検索結果:

なぜ風邪をひくのか。

…身症状】・・・発熱、頭痛、関節痛、全身倦怠感など かぜ かぜは主にウイルスが鼻や喉などに感染して起こる上気道の急性炎症の総称で、数日~数週間程度で自然緩解し、予後は良好です。 流行原因のウイルスには、活動に適した環境があり、季節や時期によりウイルスの種類が違いますが、いずれも上気道の粘膜から感染し、急性の炎症を引き起こします。 8割はウイルス(ライノウイルス、コロナウイルス、アデノウイルスなど)の感染が原因ですが、細菌感染、冷機や乾燥、アレルギーなどなどの非感染性の要因の場合…

頚肩腕症候群

…るのがつらい、不眠、頭痛などで頚肩腕の疲労と自律神経の失調が目立ちます。 ひどくなると腕時計をはめているのさえ苦痛になります。 頸部・肩、背部、上肢などに筋のこり、だるさ、しびれ、疼痛、動きの悪さなど多彩な症状がみられるが、神経学的異常所見は認められません。 持続的な筋力が低下します。 頭部保持テスト、上肢保持テスト、下肢挙上テストなどにて誰にでも容易に判断できます。 業務との関連性が明確であって、機能的または器質的異常がみられる場合、頸肩腕症候群と呼ばれる場合があります。 …

急速減量法が引き起こす徴候や症状に対する予防のための認識と方法(急速減量法(RWL)が引き起こす徴候や症状を認識し、健康法な代替方法をクライアントに提供することが、長期的な減量の成功には重要になる)

…唇の乾燥とひび割れ、頭痛、めまい、色の濃い/においの強い尿筋痙攣、および胃腸障害などになります。 それらを予防するため、極端な水分制限、利尿剤、下剤、過度のトレーニング(特に重ね着をしたりスウェットスーツを着用した状態)、および極端な高温下での長時間運動や長時間のサウナ使用といった手法は避けるべきです。 体重調整における運動前の栄養摂取(脂質の分解に対するインスリンの抑制効果を最小限にするために、グリセミック指数の低いCHOを摂取すること、また運動の約3時間前までに摂取する)…

青少年の慢性疼痛施術に修正した神経筋トレーニングを役立てることは可能か?(慢性疼痛は、6ヶ月以上にわたって日常的に、または繰り返し生じる痛みと一般的に定義される)

…ます。 しかし、頭痛、腹痛、筋骨格痛など、青少年によくみられる慢性疼痛の多くは、はっきりとした医学的説明がつかず、そのため医療従事者にとっては診断や施術上の大きな困難に、また、お客や家族にとっては大きな悩みの種になります。 これら慢性、非悪性の疼痛症候群は、しばしば生活に深刻な支障を生じさせ、日常生活機能の多くの領域に影響を及ぼします。 例えば、慢性疼痛を有する青少年は通常、生活の質(QOL)が大幅に低下し、身体活動や社会活動に支障をきたし、学校を欠席しがちになり、抑うつ、不…

線維筋痛症の薬理学介入の理解(エクササイズプログラムを計画する際は、投薬の相互作用に留意する理由として、筋のパフォーマンスに影響を及ぼしたり(筋弛緩薬など)、疼痛レベルを隠したり(鎮痛薬など)、服用者を不活溌にする(鎮静薬など)可能性がある)

…めまい、眠気、口渇、頭痛、便秘、疲労があります。 トレーニング指導者は線維筋痛症のお客の身体活動に投薬がどのように影響するかの理解を深めることが重要になります。 線維筋痛症と有酸素性エクササイズ(中枢神経系の処理障害であり、上行性または下行性の神経経路の操作に異常が発生し、痛覚の増幅が生じている) 引用・索引Adsuar JC Del Pozo-Cruz B Parraca JA Olivares PR Gusi N Whole Body vibration improves…

カフェインは、摂取後45分で胃と小腸から完全に吸収され、体内での半減期は約3~4時間になる(酸素摂取量、カテコールアミンの放出、代謝速度が増加する)

…量では、不安、不眠、頭痛などパフォーマンスに有害な副作用をもたらす可能性があります。 栄養ドリンクと競技パフォーマンス(Red Bullは、注意力を向上させることにより、選択的反応時間や集中力や記憶力を向上、認知的パフォーマンスを改善させる) 栄養ドリンクの安全性(β作用体化合物を含む栄養ドリンクにおいて運動熱耐性を低下させたり、体温調節を損なう可能性がある) カフェインの選手の認識 Desbrow&Leverittは2005年のIronman Triathlon(アイアンマ…

栄養ドリンクの安全性(β作用体化合物を含む栄養ドリンクにおいて運動熱耐性を低下させたり、体温調節を損なう可能性がある)

…は、不眠、神経過敏、頭痛、頻脈がありますが、血圧に変化を及ぼすかは結論が出ていません。 www.nakajimabonesetter.com 栄養ドリンクの安全性 栄養ドリンクの摂取に関する安全性の問題をめぐっては近年議論が行われていますが、エフェドラアルカロイドやシトラスオーランティアムなどのβ作用系(シネフリン)を含む栄養ドリンクは、過度の交感神経反応を引き起こすリスクが高いとされています。 栄養ドリンクが心室性頻拍や心筋虚血のリスクを増大させる可能性には複数の事例報告が…

痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子(この遺伝子を除去するか、薬理学的に遮断することにより、正常な急性痛に影響を及ぼすことなく、神経因性疼痛を消失させる)

…に約1人が、関節炎や頭痛などを含む慢性痛に罹患していると言い、今回の結果は、慢性痛を制御するHCN2遺伝子が産生するタンパク質を遮断するための新薬開発への可能性を広げるものである、と同研究者らは述べています。 痛覚神経終末部に発現するHCN2遺伝子は、何年も前から知られていますが、痛みを制御する役割については解明されていませんでした。 本研究では、同研究者らが痛覚神経からHCN2遺伝子を除去し、続いて、細胞培養でこれらの神経に電気刺激を用いて、HCN2を除去することにより、ど…

高所トレーニング順応までの低圧/低酸素環境での生理応答

…ります。 これは頭痛を中心として、吐き気、めまい、疲労感などを伴う症状になります。 AMSは、普通の人で2,500m以上で起こり、人によって1,500mくらいから起こることもあります。 また、3,500m以上に急速に到達した場合にはほとんどの人で起こります。 AMSは通常数日で消失しますが、時には悪化して高所性肺水腫に発展し、死亡することもあります。 低酸素環境では肺の血管が収縮し、肺動脈圧が上昇します(肺動脈高血圧)。 この影響で、肺胞内に体液がしみ出して貯まり、水に溺れた…

アルコールとスポーツ選手(アルコールは代謝率を低下させ、筋肉や肝臓内のグリコーゲンの蓄えを枯渇させる)

…下させ、筋肉や肝臓内のグリコーゲンの蓄えを枯渇させるのです。 又ご存知二日酔いは、選手を頭痛と共にうつ気味にさせ、過敏症にもさせます。 あなたがもし真剣にスポーツに勤しんでいるのなら、アルコールと適度に付き合うののが妥当と言えるでしょう。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-12465 (Sports Med 2000) (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});