Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Horn physio,柔道整復師,NASM-PES,NSCA-CPT。

顔 の検索結果:

頚肩腕症候群

…われ方は、一人一人の顔が違い、体つきが異なるように、少しずつ微妙に違っていきます。 体、心を休める、食事、衣類、靴などの見直す、筋肉の疲れをとる、運動をして疲れをとるなどをして痛みを我慢してはいけません。 そして、規則正しい生活、食事、睡眠、冷暖房など日常生活を改善していくことで症状の回復、予防になります。 温熱療法、NSAIDs内服、筋弛緩薬投与など治療法はありますが、運動療法として、姿勢の改善、ストレッチはとても大切です。 www.nakajimabonesetter.c…

睡眠前の心配と不安(トレーニング/試合に関連する過度の心配と不安は、深刻な情緒反応を引き起こして睡眠の質を低下させる可能性がある)

…、頭から始めて、額、顔、首、背中、腹部、脚、足先へと順に弛緩させる。 同時に呼吸をコントロールして、次第に深くゆっくりと呼吸するように伝える。 競技を行っているつもりになって、至適パフォーマンスを思い描かせる。 落ち着いている、自信がある、リラックスしている、集中しているなどのキーワードを何度も繰り返させる。 運動学習法としての集中法と分散法(疲労は、反応時間やコーディネーション能力、運動の緻密さや筋出力など低下させ、筋の衝撃吸収能力をも減退させるため、肉離れなどの傷害を誘発…

競泳自由形短距離選手のための競技特異的トレーニング(50m自由形レースの半分がパワーと爆発的動作によって構成され、残りの半分が筋力とテクニックによって構成されている)

…面を割り、前進の際は顔面を下に向けて、腹部(肩関節から股関節)と下半身(股関節から足関節)を左右に回旋させます。 腕を前方に伸ばしながら片側に回旋して水をキャッチする際は、三角筋、上腕三頭筋、僧帽筋、広背筋、腹筋群、前鋸筋、棘上筋、肩甲下筋、棘下筋、小円筋が動員されます。 水を後方へかきながら逆方向に回旋するときは、三角筋、上腕三頭筋、広背筋、腹筋群が動員されます。 そして、この2つの動作を行う間中、絶えず脚で水を蹴り続けるため、腹筋群、大殿筋、中殿筋、大腿四頭筋、股関節屈筋…