Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

首 の検索結果:

中手骨骨折

…位がみられ、整復が必要な場合整復をして固定します。 症状により約3~6週間固定し、その中で徐々にリハビリをしていきます。 中島恵 引用元:柔道整復学実技編P107~112 www.nakajimabonesetter.com Healifty 親指スタビライザー関節炎親指スプリント手首スピカスプリントサポートブレース痛み、捻挫、ひずみ、関節炎、手根管とトリガー親指イモビライザー 出版社/メーカー: Healifty メディア: ヘルスケア&ケア用品 この商品を含むブログを見る

胸郭出口症候群

…ます。 ①好発:首が長いなで肩の20~30歳代女性(牽引型)または、筋肉質の30歳代男性(圧迫型)で男女比は1:2~3です。 ②上肢の疼痛、しびれ、だるさ、肩こり、握力低下などの感覚障害、運動麻痺があります。 ③誘発テスト(アドソンテスト、ライトテスト、モーレイテスト)で陽性となります。 必要に応じて画像検査などをおこないます。 日常生活において、牽引型では荷物を手にぶら下げる姿勢や長時間の事務作業、圧迫型では上肢挙上位などにより症状が出現します。 なので、生活習慣の改善によ…

橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺)

…骨神経低位麻痺) 手首の背屈と手指の付け根の関節(MP関節、中手指骨関節)が伸ばせなくなくなります(伸展不能)。 手首と指が下がった状態になるので、こう呼ばれます。 第1関節(DIPとIP)と第2関節(PIP)は伸展可能です。 下垂指(drop finger)―橈骨神経麻痺(橈骨神経高位麻痺) 手首の背屈は可能ですが、手指の付け根の関節の伸展ができなくなります。 指のみが下がった状態になるので、下垂指と呼ばれます。 後骨間神経という運動神経のみが傷害された場合は、感覚の異常は…

頚肩腕症候群

…す。 肩が凝る、首筋が凝る、前腕がだるい、背中が痛い、腰が痛い、手が冷たい、脚が冷える、手にハンドバッグなどを下げているのがつらい、電話の受話器を持っているのがつらい、不眠、頭痛などで頚肩腕の疲労と自律神経の失調が目立ちます。 ひどくなると腕時計をはめているのさえ苦痛になります。 頸部・肩、背部、上肢などに筋のこり、だるさ、しびれ、疼痛、動きの悪さなど多彩な症状がみられるが、神経学的異常所見は認められません。 持続的な筋力が低下します。 頭部保持テスト、上肢保持テスト、下肢挙…

頚部痛:エクササイズの留意点(頭頸部の滑らかな運動と方向性は、環境に対する位置覚に必要になり、これらのメカニズムが機能するためには、筋と感覚の制御が少なからず必要になる)

…されています。 首は驚くほど可動性が高く、体幹、上肢、頭部の交差路の役割を果たしています。 頭頸部の滑らかな運動と方向性は、環境に対する位置覚に必要になり、これらのメカニズムが機能するためには、筋と感覚の制御が少なからず必要になります。 NPの有病率と機能的な仕事を行なう際の頸部の重要性を考慮し、トレーニングや施術を調整することが必要になります。 www.nakajimabonesetter.com むち打ち症 むち打ち症は交通事故や転倒などによる外傷の後に発症することが多く…

手根管症候群

…をきたすものです。手首には「手根管」と呼ばれるトンネル状の形態を示す部分があり、このトンネル内には正中神経や腱けんなどが通っています。 なにかしらの原因で指先の感覚や手の運動に重要な役割をする正中神経が障害される結果、正中神経が圧迫されると、それによって症状が誘発されます。 主に手関節の使い過ぎが原因になっていることが多いです。 手のしびれで睡眠中に目が覚めることは、この症候群に特徴的です。 正中神経 正中神経のはたらきは、前腕を内側にひねるように回す運動(回内)、手首、手指…

狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)

…ポーツや日常生活で手首を繰り返し良く使う人に出やすい症状で、特に女性に多くみられます。その他、リウマチによる腱鞘炎、細菌による化膿性腱鞘炎などがあります。 www.nakajimabonesetter.com 症状 母指基部から手関節撓側にかけての疼痛、圧痛、腫脹がみられ、フィンケルシュタインテスト(母指を包み込むように握り、母指側の手首を伸ばすように手関節を曲げる)で痛みを訴えます。 ドアノブを開ける、ふきんを絞る、ズボンを穿くなどの手首を捻るような動作でも疼痛を訴えること…

ばね指

…い疾患です。 手首の伸筋側には伸筋支帯という伸筋が通る線維鞘が形成されています。伸筋支帯は6つの管に分かれ、短母指伸筋と長母指伸筋が通る第1管の部分は反復的に圧迫を受けやすく、それにより炎症が生じます。 指の付け根で炎症が起きやすくばね様症状が表れやすいです。 www.nakajimabonesetter.com g/post-12196 症状 主に使い過ぎたりして、腱に炎症をきたし指を曲げ伸ばしする際にカクッとばねをはじくような、引っ掛かりを感じます。 その際に痛みを伴った…

脊髄損傷(SCI)における身体能力向上の目標(報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験している)

…が、これは肩、肘、手首においてオーバーユースによる傷害や腱の炎症や関節の変形を招きやすく、車椅子競技者を調査したところ、報告されている傷害の60%近くが肩と肘で発生しており、20%以上の車椅子競技者が手根管症候群を経験していることが判明しています。 反応する筋群のトレーニングをバランスよく行なうために弱い筋の筋力を向上させるつつ、強い/張っている筋を伸張させることも重視することが必要になります。 運動誘発性筋痙攣の生理学的メカニズム(筋紡錘からの求心性神経活動が増加し、ゴルジ…

睡眠前の心配と不安(トレーニング/試合に関連する過度の心配と不安は、深刻な情緒反応を引き起こして睡眠の質を低下させる可能性がある)

…から始めて、額、顔、首、背中、腹部、脚、足先へと順に弛緩させる。 同時に呼吸をコントロールして、次第に深くゆっくりと呼吸するように伝える。 競技を行っているつもりになって、至適パフォーマンスを思い描かせる。 落ち着いている、自信がある、リラックスしている、集中しているなどのキーワードを何度も繰り返させる。 運動学習法としての集中法と分散法(疲労は、反応時間やコーディネーション能力、運動の緻密さや筋出力など低下させ、筋の衝撃吸収能力をも減退させるため、肉離れなどの傷害を誘発させ…

機能的動作とは(身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱している)

…は、大きなスカーフを首の後ろに巻きつけ、身体の前でクロスさせて、ベルトの下にたくし込んだような形状をしています。 このモデルは、身体のコアが有する螺旋状の特性、より具体的にいうと、身体前面の加速筋群が対角線上に配列している特性について視覚的特性について視覚的知見を提唱しています。 競技特異的なトレーニングルーティンを作成するには(コアの強化はまず、股関節、体幹、および肩関節領域を含む多関節動作への漸進を伴う、アイソメトリックな安定性の獲得を通じて達成され、これを基盤とすること…

肩前部の不安定性や疼痛を予防する現場への応用(腹臥位での肩甲平面の外転エクササイズを選択することは、肩とローテーターカフの筋組織の活性化に有効であることが明らかになっている)

… これは、また、首の後ろではなく体幹の前部でバーを動かすことを要求するエクササイズ(ラットプルダウンやバーベルプレスtoフロント)を選択することによっても達成できます。 エクササイズ処方および筋骨格傷害の診断や施術にかかわる専門職は、RT集団において最大限の安全性を確保し、傷害のリスクを低減し、筋骨格障害を予防するためガイドラインを開発しなければなりません。 レジスタンストレーニングと肩の傷害(RT集団において、通常のエクササイズ中の不適切な肩のポジションが原因で肩の傷害が起…

肩関節に対するスリーパーストレッチおよびクロスアームストレッチ(いずれのストレッチングも効果が確認されており、また比較的簡単に行え、そのうえ、症状の有無に関わらず誰でも容易に実施できる)

…ッチする側の腕を(手首の辺りをつかんで)ベッドのの方向へ押し、内旋させます。 ストレッチする側を下にして側臥位をとることで、肩甲骨を安定させた状態が保持されます。 www.nakajimabonesetter.com 外反ストレスの影響と肩関節の外旋トルク(上腕内旋筋群の伸張性トレーニングは理論的には、肩関節の最大外旋、最大内旋モーメントの短縮性負荷を軽減し、手の最高速度を生み出す) 引用・索引Kolber Mj Beekhuizen K Cheng M and Hellma…

試合開催地への到着からウォームアップの流れ(この時間を利用して神経筋を刺激し、化学経路の準備を整え、その日の試合に対する精神的集中を高める)

…るリカバリー戦略(足首で最低18mmHg、大腿中央部では8mmHgのコンプレッションウェアはパフォーマンスを向上させ、血中乳酸の除去を促進するだけではなく、運動後の筋肉痛を緩和させる) ウォームアップの流れ ウォームアップには、試合ごとに内容を変えたハンドリングを必ず含め、静的および動的ストレッチングをその間に挟みます。 ウォームアップが進むとシンプルなコンタクトドリルも実施しますが、対パッドコンタクトから最終的には制御い状態での対人コンタクトへと進みます。 短い加速スプリン…

大会期間中におけるリカバリー戦略(足首で最低18mmHg、大腿中央部では8mmHgのコンプレッションウェアはパフォーマンスを向上させ、血中乳酸の除去を促進するだけではなく、運動後の筋肉痛を緩和させる)

… 研究によると、足首で最低18mmHg、大腿中央部では8mmHgのコンプレッションウェアはパフォーマンスを向上させ、血中乳酸の除去を促進するだけではなく、運動後の筋肉痛を緩和させます。 選手のトーナメント管理と回復戦略(トレーニングへの適応が最終的に確実にプラスへの結果をもたらし、マイナスの効果:オーバートレーニングの徴候を最小化することが重要になる) ストレッチングとマッサージ さらに、大会開始前日の休養日の夕刻におけるチームミーティング/ビデオ分析の直後に、全身の静的スト…

ジャンプエクササイズと素早く力を発揮する能力(プライオメトリックエクササイズと比較すると、これらの運動は力-時間曲線の初期の傾きを大きくし、素早く力を発揮する能力が向上する)

…より下肢、膝、背部、首などの傷害を起こす危険性はありますが、主に力発揮能力を改善します。 これと比べスナッチとクリーンの成否は、負荷の大きさにかかわらず、動作速度、特にセカンドプルの速度に依存しています。 バレーボールに対する傷害予防(ウェイトリフティングプログラムは、神経筋コーディネーションを改善するだけではなく、下肢の結合組織を強化し、脊椎の安定性を促進することにより、傷害の危険性を最小限に抑える) 複合トレーニングとパワーの強化 複合トレーニングでは、パワーの強化を図る…

人工逆肩関節置換術後の柔軟性エクササイズ(脱臼のリスクを考え、ミリタリープレス、バックスクワット、ラットプルダウン、ストレートバー・ベンチプレスなど肩の外転と水平伸展と外旋を伴うエクササイズを行わないように注意する)

…肩の慢性症状は、肩と首とに関連する多数の弱点をもたらし、このようなお客は、肩甲骨周囲の筋組織が脆弱で関節全体の硬さによりメカニクスも衰えている可能性が高くなっています。 人工逆肩関節置換術後の合併症(前方脱臼は肩の内旋と内転だけではなく、外転と水平伸展と外旋を組み合わせた位置で最も起こりやすくなる) 柔軟性エクササイズ 柔軟性は、rTSAを受けたお客のためのS&Cプログラムを作成する際に考慮すべき重要な要素となっています。 しかし、伝統的なTSAとは異なり、rTSAを受けたク…

サイドスローと野球肘リスク(サイドスローのバイオメカニクスは、肩外転の減少と前額面における同側への体幹側屈を伴い、肘の内反負荷を増大させる)

…大させると考えられています。 基準回旋軸すなわち体幹の回旋部分からセグメント質量を離していくと慣性(遠心効果)外反モーメント方向への加速が増大させます。 野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする) 引用・索引 Strength & Conditioning Journal Volumes33 Number5 pages1-24 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

大学野球選手のトレーニング(複合ピリオダイゼーションを利用し筋サイズ、筋力、パワーを向上させる)

…す。 肩、肘、手首の関節 野球選手のトレーニングにおいて用心すべきもうひとつの要素は、野球という競技のすべてにおいて、肩、肘、手首の関節が重要であり、これらの関節の柔軟性、可動性、安定性が欠けるとスナッチやクリーンにて適切にラックに戻すことができずにいずれの関節も負傷のリスクがあるということです。 その動作パターンとメカニクス、傷害リスクを考えるとウェイトリフティングよりもメディスンボール、プライオメトリックトレーニングを用いた動作のほうがパワーを引き出すと同時にリスクも低く…

野球肘と球種(変化球は速球に比べてより大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする)

…大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする」事実に基づいており、手、手首、および前腕の位置と動きをの違いが肘の障害につながるということに起因しています。 野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる) カーブは有害ではないとする声も 一方で、カーブは必ずしも他の球種に比べて有害ではないとする研究もあります。 Fleisigらは、カーブの投球時に関節に加わる負荷は速球の負荷に比べて有意…

野球肘と基礎運動技能(ファンクショナルムーブメントスクリーンを理解することが投球障害予防につながる)

…大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする) FMSと若年アスリート FMSは、スローイングやさらに高度なスキルである野球のピッチングなど、若年アスリートにおける基礎運動技能の評価に利用できます。 若年者の野球のピッチングにはステップやランジ、スクワット、ツイスト、バランス、リフティングなどの基本的動作を必要とします。 FMSを用いれば、実施が用意で信頼性の高いテスト形式によってこれらのスキルを評価することが可能になります。 FMSによって非効率的な動作パターンが見つかった場合…

野球肘とピッチングメカニクス(若年野球投手の肘内側に加わる力は最大64.6Nに達し、肘外反ピークトルクは肩関節が最大外旋する直前に最大になる)

…大きな前腕の回外と手首の動きを必要とする) 野球肘とファンクショナルムーブメントスクリーン:FMS(肘に影響を与える可能性として、近位から遠位へのコーディネーションの低下、股関節のROM制限/筋力低下、体幹の筋力低下、肩の柔軟性低下が挙げられる) 野球肘とピッチングメカニクスの評価(ピッチングの加速期において肘が肩の高さに届かない不適切な位置の場合、肘内側にかかる外反ストレスは増大する) 引用・索引 NSCA JAPAN Volume19 Number3 pages-15-1…

心拍数を用いたトレーニング管理(乳酸値のカーブと心拍数、運動強度は正の相関関係にある)

…定する必要があり、これには一時的に運動を中断して、あるいはインターバルタイムに手首で脈拍を図るという方法もありますが、最近は腕時計型のトレーニング専用心拍計が多種販売されていますので、それらを使用するとより正確になります。 アスリートの回復のための栄養とは(糖質摂取の種類により血中乳酸濃度、グリコーゲン再合成、筋損傷の回復に影響する) 引用・索引 勝ちに行くスポーツ生理学 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

「ボディパートエクササイズ(BPE)」と「ストラクチュラルエクササイズ(SE)」

…ば、リストカール(手首を巻き込む)から始めるということになります。 しかし、一般的には重要な筋群は、体幹に近い場所にある大きな筋群であり、したがって、一般的なプライオリティの原則は「大きな筋群の種目から始めて、徐々に小さな筋群の種目に移行する」ことになります。 ※具体的に示すと、大筋群のSE→大筋群のBPE→少筋群のBPEの順にトレーニングを行うということになります。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-11526 引用・索引 …

足関節内反捻挫の不安定性の残存の三要素(可動域制限、筋力低下、動作の要素)

…外側に偏りやすく、足首が不安定な感じがする」「疲れやすく、長く歩くと足関節周囲にだるさがある」などの訴えを伴うことがあり、しかし、以下の問題を取り除くことで保存療法でも症状が改善する例も多いです。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/post-10373 可動域制限 内反捻挫後に足関節不安定性が残存する例では、背屈制限を生じることが多く、背屈制限は足関節を底屈位にするトゥークリアランスを悪くします。 ※身体重心を後方に偏位させるなどの理由…

トレーニング種目の配列:プライオリティの原則(ストラクチュラルエクササイズとボディパートエクササイズ)

…ば、リストカール(手首を巻き込む)から始めるということになりますが、一般的に重要な筋群は、体幹に近い場所にある大きな筋群になり、したがって一般的なプライオリティの原則は「大きな筋群の種目から始めて、徐々に小さな筋群の種目に移行する」ことになります。 ※NSCA(全米ストレングス&コンディショニング協会)、ACSM(アメリカスポーツ医学会)もトレーニングプログラムの指針の一つとしてこれを採用しています。 https://nakajima-bonesetter.com/blog/…

野球におけるチームの期分けトレーニングプログラム(競技シーズンと期分け)

…帯のエクササイズ 足首 トゥーレイズ、足首の内反、外反 専門的エクササイズ 投球動作 プルオーバー、メディシンボール・オーバーヘッドスロー、シングルスクワットなど 守備動作 サイドランジ、リーチランジなど http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6087 引用・索引 NSCA JAPAN Volume19 Number3 pages-15-16 【新品】【書籍・コミック 医学・科学・技術】1から学ぶスポーツ生理学 価格:2,376円(…

野球施術における投球障害リハビリテーション・患部トレーニングの流れ(野球肩、野球肘)

…2~3セット 肘・手首のトレーニング 投げる動作では、肩の内旋と肘、手首の回内など、複合的な動きが関係しており、トレーニングにも肘、手首の種目を加えなければなりません。 無負荷での動きの確認 肘の回内をしながら屈曲し、最終屈曲位まできたら回外しながら伸展を行います。 回内、回外(プロネーション、スピネーション) リストカール、リバースリストカール 尺屈、橈屈 http://nakajima-bonesetter.com/blog/post-6087 引用・参考文献 アスレティ…