Nakajima整骨院Official Blog

世界中の治療やトレーニングを研究してます。2013年アスリートの治療に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業。🇦🇹元SV Hornトレーナー/柔道整復師/NASM-PES/NSCA-CPT/初級がい者スポーツ指導員/WFA Periodization Specialist。

優れたアスリートはいいトレーナーから Nakajima整骨院 代表 中島裕之三浦淳宏氏対談①

f:id:nakajimabonesetter:20190402064557j:plain

プロフィール

中島裕之

「選手に寄り添う仕事」 としてトレーナーへの道を選び、猛勉強を重ねて柔道整復師の国家資格を取得。その他にもNSCA (全米ストレングス&コンディショニング協会) 認定パーソナルトレーナー、NASM-PES(Performance Enhancement Specialist)としての資格も有する。

2013年1月、アスリートの施術に特化したNakajima整骨院を横浜市に開業した。 2016-2017シーズンは本田圭佑選手がオーナーを務めるオーストリア2部のサッカークラブ「SVホルン」にてトレーナーも務める。

アスリートが恐れる限界点は技能だけではない。怪我をした身体の状態は、むしろそれ以上に恐るべき限界点と言える。「もう競技を思い切りできないのではないか」 「次に怪我をしたら治らないのではないか」。

Nakajima整骨院の中島裕之院長は、そんなアスリートたちの不安に寄り添い、我がことのように親身の施術とトレーニング指導を行う。まさに、プロユースクオリティを持つスポーツトレーナーなのである。

選手と関わる仕事がしたい

三浦淳宏

インタビュアー 三浦淳寛(サッカー元日本代表)

三浦 Nakajima整骨院の中島院長はアメリカのストレングス&コンディショニング協会認定パーソナルトレーナー、NASM-PES(Performance Enhancement Specialist)や柔道整復師などの資格をお持ちだということで、いわゆる整骨院とは施術スタイルが異なる印象を持ちます。スポーツ分野の施術に特化されているのですか?

 

中島 肩こりや腰痛などのような一般施術ではなく、基本的にはアスリートや選手の方を、怪我の施術に加えてその予防やトレーニングの指導まで行うというのがコンセプトです。近隣には整骨院が多いので、そういった部分で差別化を図っています。

 

三浦 ご自身もスポーツがお好きでこのお仕事を始めたと思うのですが、プレイヤーではなくトレーナーの道を選ばれたのはなぜだったんでしょう。

 

中島 子供の頃からサッカーが大好きでしたが、腰椎椎間板ヘルニアの手術も受け選手への夢は難しいなと。いっぽうで 「でも選手と関わる仕事がしたい」 との思いがあり、トレーナーを目指すことにしました。トレーナーとして選手の身体に触れるのは医療行為にあたり国家資格が必要と知ってからは、猛勉強の毎日でしたね。

 

下記↓次ページへ続く

nakajimabonesetter.hatenablog.com